映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『アリバイなき男』 | トップページ | Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.07.20(月) »

2020.07.19

『夜の人々』

このフィルム・ノワール映画の感想はネタバレ全開になっています。
ニコラス・レイ監督、ファーリー・グレンジャー、キャシー・オドネルの主演の犯罪者カップル・フィルム・ノワールのようです。

1948年 RKO Radio Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆95分
原題◆They Live by Night
プロット◆成り行きで強盗から逃避行になる話しのようです。
音楽◆リー・ハーライン

キャスト
ファーリー・グレンジャー→若いボウイ
キャシー・オドネル→父親がロクデナシのキーチ

ハワード・ダ・シルヴァ→片目のチカモウ
ジェイ・C・フリッペン→強面のティーダブ
ヘレンクレイグ→協力者のマティ

ウィル・ライト→キーチの父親でロクデナシのモブリー
イアン・ウルフ→結婚登録所のホーキンス
ウィル・リー→宝石店の主人

ニコラス・レイ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のフィルム・ノワールになってます。プロデューサーのドア・シャーリーの意向が強く反映されるいる感じです。

キャシー・オドネルはレア・セドゥに似ています。
ファーリー・グレンジャーはいつもの通りで何だか頼りない。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。カクカクは少しある。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもあります。
メニュー画面

『夜の人々』
They Live by Night
バックに音楽は流れてます。

前説字幕です。
この青年・・・
そしてこの娘
2人の物語はこの世界に
知られることはなかった。
決して・・・

RKO Radio Pictures, Inc.
They Live by Night
a Dore Schary presentation

starring
Cathy O'Donnell Keechie
Farley Granger Bowie
by arrangement with Samuel Goldwyn
Howard Da Silva Chickamaw

with
Jay C. Flippen T-Dub
Helen Craig Mattie
Will Wright Mobley
Marie Bryant Singer
Ian Wolfe Hawkins
William Phipps Young Farmer
Harry Harvey Hagenheimer
スタッフの紹介
一部マスクか被ってます。
タイトルバックは荒野を走るクルマです。

本編にて。
クルマには4人乗ってます。
そのうち1人はカージャックされた被害者でした。
クルマがパンクしたので被害者をボコボコにして後席に放り込む。

クルマを捨て徒歩が移動する3人。
ファーリー・グレンジャー→若いボウイ
ハワード・ダ・シルヴァ→片目のチカモウ
ジェイ・C・フリッペン→強面のティーダブ
と、フィルム・ノワールでおなじみのキャストになってます。

隠れ家まで20キロはある。
ボウイは足を痛めて広告看板の下に隠れる。
女性キャラの看板なので女と一緒でいいだろと言われてる。

夜になってます。
救援を待ってるボウイ。犬が来たりしてます。
そんなところにトラックが来ます。近くで止まってます。

トラックにコンタクトするボウイ。
運転手は女の子です。これはビックリ。
マジで迎えのクルマがこれでした。

チカモウの兄モブリーの自宅にて。キーチの父親です。
ここから森の小屋まで徒歩で移動です。

隠れ家にて。
3人います。
チカモウとティーダブ。それにじいさん。
じいさんはチカモウの兄モブリーです。娘がキーチ。
モブリーは明日の夜までマティとクルマで戻るとか打ち合わせになってます。
クルマは1500ドルだとボッタクリのモブリー。

無期刑囚3名が刑務所を脱走。
農民を人質に逃走。
片目のエルモ・モブリ 通称チカモウ

銀行強盗の相談になってます。
襲うには3人が必要。そんなわけでボウイも脱走になったようです。
溶暗になります。

ガレージにて。
チーチとコンタクトするボウイ。最初の印象が悪い。
ボウイは23歳。刑務所生活は7年。そんな会話になってます。

そんなところにクルマが来ました。
モブリーが運転してマティが乗ってる。そのままガレージにぶつかってます。
マティはぶつけたモブリーをアル中だと非難する。

ボウイとキーチ。
2人とも母親が男と逃げた。
ガレージ付きガソリンスタンドをやりたいと言ってるボウイ。
新聞記事を見せて最高裁場所まで争えば釈放されるつもりです。
メキシコに行く話しもしてる。
ボウイはキーチとあいさつしてクルマで移動となります。
マティはキーチにあの男と一緒だと不幸になると警告する。

クルマで移動中の3人。
まずはテキサス州ゼルトンの銀行を狙う。

ゼルトンにて。
宝石店で買物をして高額紙幣を出して銀行の両替にするボウイ。
そんな感じで偵察をしてます。

マティの用意した隠れ家にて。
ここにマティもいます。マティは分け前で刑務所暮らしの旦那を釈放させるつもり。
協力はしてるけど無愛想で友好的ではないマティです。
ボウイが地図を描いて打ち合わせになってます。

ゼルトンの銀行にて。
もう銀行強盗になってます。ボウイは運転担当で待ってます。
開店前の銀行に入り込んで出勤した店長を待ち伏せしてるようです。
それはいいけど宝石店の主人に話しかけられて困惑のボウイ。こまったものです。
しょうがないで主人の手を叩いて振り切って仕事になってます。これでは顔を覚えられてしまう。

とりあえず銀行強盗は成功して逃走になってます。
途中でクルマを乗り換えてます。それまでのクルマは燃やしてる。

移動シーンにはやたら俯瞰を使ってます。
まだドローン+デジタルビデオカメラはないので大掛かりでカネがかかるヘリコプター撮影になります。

洋服屋でいいスーツを買ってるボウイとチカモウ。
中古車屋でいいクルマを買ってるボウイとチカモウ。
金遣いが荒くてこれだけでも捕まりそうな感じ。

ボウイが交通事故をやらかしてしまう。怪しまれる以前の問題になった。
ケガをしたボウイをチカモウは見捨てずにクルマに乗せてる。
そんなとこに警官が来て怪しむ。警察に来てくれとなる。
ここで警官を撃つチカモウ。あとでわかりますがボウイのリボルバーを使ってます

逃走中のクルマにて。
ケガをして意識もうろうなボウイは母親の男達の話しをしてます。

隠れ家にて。
とりあえずキーチのとこに来てボウイを押し付けるチカモウ。
チカモウはカネはモブリーではなくキーチに渡してます。
しかしチカモウがいなくなるとキーチはカネをモブリーに渡してしまう。

ボウイを看病するキーチ。
色々な話しをボウイから聞いてます。
その前にキーチは束ねていた髪を梳いてます。やる気満々といった感じ。
キーチにここを出たいか?と聞くボウイ。カネはあるぞ。
宝石店で買った腕時計をキーチにプレゼントするボウイ。

チカモウですが分け前の入ったカバンは残していました。
ボウイはまだ弁護士を雇えば何とかなると思っています。
しかしクルマからボウイのリボルバーが指紋付きで押収されたと新聞を見せるキーチ。
撃たれた警官は死んではいない。
そんなわけでボウイが主犯に祭り上げられています。これは大変。

キーチは何なら一緒に行ってあげると言ってます。
ボウイは今何時だ?と聞く。腕時計をプレゼントしたのでそう聞きます。

長距離バスで移動中にて。
席は離れてるけど一緒に移動中のボウイとキーチ。
赤ちゃんが泣いて成り行きであやしてるボウイ。

長距離バスが10分休憩で止まります。
コーヒーを飲んでるボウイとキーチ。新聞で情報確認になります。
外に結婚登記所のネオン看板を見る。

長距離バスに乗り込むボウイとキーチ。
20ドルで結婚式の話しになって気が変わってバスを降りています。
長距離バスは行ってしまった。
それはいいけどおカネのカバンを忘れそうになってるボウイ。こまったものです。

結婚登録所にて。
腕時計をプレゼントしたので何かと時間を聞くボウイ。
ここの主人がここんとことベジル・ラスボーン主演のホームズ映画でおなじみのドイツ顔のイアン・ウルフです。役名をホーキンス。
証人のティリーとハーマンを呼んでます。しかし20ドルの最低料金なので無愛想です。
キャサリンとアーサー。これがキーチとボウイの名前です。
セールスの結婚指輪を買ったので25ドルになった。証人2人にはチップを渡す。

ホーキンスは新婚旅行から中古のクルマはどうですか?とセールスをする。
行き先はメキシコがお勧めです。知り合いを紹介しますとホトンド逃がし屋みたい。
しかしボウイは他に行くと主張する。
肝心のクルマは2700ドルと手数料500ドル。大金です。

買ったオープンカーで移動のボウイとキーチ。

ランバートイン管理事務所にて。
ここに入るボウイとキーチ。レンタルキャビンです。貸し小屋。
主人のランバートと息子のアルビン。
1番離れたキャビンを借ります。
これからどうすると話し込んでキスになるボウイとキーチ。

警察にて。多分そうだと思う。
キーチの父親モブリーが事情聴取されてます。
娘を連れて行ったボウイを逆恨みしてます。
2人は脅えながら暮らすんだと尋問してる側。新聞社のような感じもする。

ランバートインのキャビンにて。
ボウイとキーチ。
ノックの音がします。アルビン少年でした。そんなに脅えた感じはない2人。
クリスマスの飾り付けをするボウイとキーチ。エサを食べない犬のたとえ話になる。

時間が経過していきなりチカモウがやってきます。
お前は常に新聞に載ってる。他の強盗は襲うたびにボウイと騙ってる。
チカモウは分け前を博打でスって文無し。
ティーダブはキャンプ場を買って文無し。
マティの旦那は結局刑務所から出所出来なかった。
そんな感じで他の面々は上手くいかなったようです。

そんなわけでシダーズの銀行を襲おうと話すチカモウ。
まだ持ち金があるボウイは断る。
チカモウは3人で話し合おうと帰ります。

出かけてたキーチが戻ってきます。
ソファがタバコで焦げてるので強盗仲間が来たとわかる。
チカモウが来たと話すボウイ。出かける支度をしてる。
ボウイは今度が最後の仕事だと主張する。キーチは反対する。
脱獄させてもらった恩があるボウイ。
話しだけ聞くとキーチにキスして出かける。
キーチをはボウイに腕時計をプレゼントします。出かける前に時刻を合わせる2人。

アジトにて。
ボウイ、チカモウとティーダブ。
俺はやらないと主張するボウイを顔を張るチカモウ。
脱獄させてやっただろうと恩を着せて協力させます。

クルマで逃走中のボウイとチカモウ。
会話から結局銀行強盗は失敗してティーダブは射殺されたとわかる。
チカモウはボウイのリボルバーを使って罪を押し付けたくせにボウイが有名になるとそれはそれで面白くないようです。
そんなわけでもめてチカモウをクルマから下ろすボウイ。

ランバートインのキャビンにて。
戻ったボウイ。ラジオを聞いてたキーチはもう事情がわかってるみたい。
それに水道管が破裂したのか水浸しになってます。こまったものです。
チカモウは酒屋に押し込み強盗をやらかして射殺されたとか。

ボウイとキーチが口論してるとこに管理人と修理人が来ます。
修理人の名前はルーディー。
キーチは医者に行ってた。妊娠してるとボウイに話す。
ルーディーが工具をとりに帰った隙に2人はクルマで逃げる。

クルマで逃走中のボウイとキーチ。
キーチは一緒にいるわよと言ってます。子供は絶対に産むわと主張する。
移動中のモンタージュが入ります。
ミシシッピー川を渡ってどこに行く?

モーテルにて。
ここに入るボウイとキーチ。
仲がいいとこでノックの音がします。
朝食がきました。ハビランドと名乗ってるようです。

それから2人でスーツ姿で出かけてます。
乗馬やクリケットする人達を見てるボウイとキーチ。

クラブにて。
食事になってるボウイとキーチ。ダンスの人達を見てる。
ダンスの次は歌が入ってます。黒人女性歌手です。有名だと思う。
メキシコに行こうと言い出すボウイ。
そんなところに酔っ払いがぶつかってケンカになりそうになるがキーチが止める。

クラブのトイレにて。
ボウイは男にいきなりホールドアップされる。
強盗ではなく地元のギャングのようです。
トリガーハッピーには用はないと放免されるボウイ。
1時間以内に町から出ていけと言われてる。いいんだか悪いんだか。こまったものです。

クルマで移動中のボウイとキーチ。

プレイリープラザモーテルにて。
ここに入るボウイとキーチ。とりあえずあの町からは出たみたい。

このモーテルはマティがフロントをやってます。オーナーなのか?
満室だと断るマティを脅かして部屋を確保するボウイ。
それから医者を呼ぶとなるが自分でやってくれと非協力的なマティ。

警察にて。
密告してるマティ。警察はご満悦。
そんなわけでマティの旦那が保釈されるのが条件でした。マティにはマティの事情があるわけです。
細かく条件を付けてるマティ。これまで色々と失敗したので慎重になってます。
警察は密告は必要なんだとマティに言ってます。
慰めにはならないわと聞いてないマティ。

プレイリープラザモーテルにて。
ボウイとキーチ。
キーチの体調は悪そうです。もう医者が来て帰ったようです。
まだメキシコに行くとキーチに言ってるボウイ。あの人なら手引きしてくれる。
あの人って誰なんだ?と思ったら結婚登記所のホーキンスのことでした。
2日後にはメキシコだと出かけるボウイ。

結婚登記所にて。
ホーキンスに交渉するボウイ。
カネをあっても出来ないと断るホーキンス。今は無理だ。

プレイリープラザモーテルにて。
戻ったボウイはマティと話しをする。
マティに頼みがあると言い出すボウイ。黒い羊に居場所はない。
要するにボウイは自分はいなくなるのでキーチを頼むとお願いする。
マティは最後にキーチに会った方がいいと言い出す。
キーチへの伝言を書くボウイ。

マティがここですぐ逃げたらボウイに逃げられてしまうのでそう言ったのか、マジでキーチに会ってからの方がいいと思ったのか、そのへんは曖昧になってます。

ありがとうと外に出てキーチに会いに行くボウイ。
しかし当局は待ち伏せています。マシンガンが多数。

キーチを窓越しにお別れを言うとこでいきなりホールドアップされ撃たれるボウイ。
外に出たキーチがボウイのとこに行くがもうボウイは死んでいた。

ボウイの伝言を読むキーチ。子供を育ててくれ。2人に会いに行く・・・
愛してるわとキーチ。

エンドとなります。
cast of characters


そんなわけで普通のフィルム・ノワールのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


« 『アリバイなき男』 | トップページ | Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.07.20(月) »

映画」カテゴリの記事

1940年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『アリバイなき男』 | トップページ | Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.07.20(月) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。