映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『パラサイト 禁断の島』 | トップページ | Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.06.01(月) »

2020.05.31

『Z Bull ゼット・ブル』

このSFアクション映画の感想はネタバレ全開になっています。
リン・オーディング監督、ブレントン・スウェイ、ジェーン・レヴィ主演の巻き込まれSFアクションのようです。

2018年 filmray productions/Rumble Riot Pictures/Mind the GAP Productions/the exchange/Hudson private アメリカ作品
ランニング・タイム◆89分
原題◆Office Uprising
プロット◆謎のドリンクで悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ティム・ジョーンズ

キャスト
ブレントン・スウェイツ→経理部のデズモンド
ジェーン・レヴィ→デズモンドの幼なじみサマンサ
カラン・ソーニ→デズモンドの同僚ムラド イスラム系

カート・フラー→デズモンド同僚レントワース 白人のオッサン
イアン・ハーディング→開発部のフローン博士
サム・デイリー→差別主義者のマーカス もちろん白人

グレッグ・ヘンリー→アモテック社のフランクリン・グラントCEO
ザカリー・リーヴァイ→経理部上司アダム・ナスバウム
アラン・リッチソン→宣伝部上司ボビー
アシュトン・デグルート→人事部上司のリサ
ケネス・チョイ→アジア系上司

バリー・シャバカ・ヘンリー→門番はクラレンス。
ブレンダン・パトリック・コナー→受付のトニー。太ってるオッサン。
チェスタ・ドレイク→ナスバウム上司の秘書 太ったおばあさん ヘレン。

リン・オーディング監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SFになってます。一発アイデア倒れな感じもしないではない。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。

番組一覧
音声は5.1chではない。さすが低予算。

the exchange.
Mind the GAP

プロローグ
フランクリン・ガントCEOが口上を述べる。
アモテック社。
新型マシンガン
クレイモア地雷
ドイツ人にアメリカの娯楽を教えた。バーベキュー。 火炎放射器のことです。
そんな感じの兵器製造会社です。アメリカ唯一の得意な産業。

Office Uprising

A Hudson private presentation
in association with the exchange
A Mind the GAP Production

テキサス州ラボック アモテック武器製造会社。
遅刻した主人公デズモンドは正門ゲートで難儀してる。門番はクラレンス。

Rumble Riot Pictures
filmray productions

受付のトニー。太ってるオッサン。
ここも何とか通過してるデズモンド。

エレベーターにて。
幼なじみのサマンサからまた遅刻したと言われてるデズモンド。
アラームがセットされて腕時計をもらってます。

経理課にて。
仕事するふりをしてゲームアプリの開発をやってるデズモンド。
そんなとこでナスバウム上司からお呼びです。

上司のオフィスにて。
ナスバウム上司の秘書は太ったおばあさんです。名前はヘレン。
遅刻癖を責められるデズモンド。
アルトリア社と合併するのでリストラがあると脅かされています。
この会社はクラスター爆弾で有名。他にVXガス。炭疽菌。
そんなこんなで仕事しろと説教される。

経理課にて。
ようやく戻ったデズモンドはオッサンから呼ばれる。
アルトリア社では経理部が半数クビにされた・・・
そんな感じでリストラのうわさ話になってます。

主人公の白人オタク デズモンド
白人のオッサン レントワース
インド系の男 ムラド

差別主義者のマーカス もちろん白人
そのマーカスが来てムラドを人種差別でバカにする。

そんなとこでマジでレントワースが上司から呼ばれる。
肝心のクレイトン報告書を作成してるデズモンド。
しかしフローン博士から内線電話で研究開発部に呼ばれる。

歩きながら仕事の関するステップを唱えてるデズモンド。
ここは『ゾンビランド』(2009年)と同じです。そのまま字幕で出てる。
このビルの上に行くほど極悪非道になる。

途中で宣伝部のミーティングに引っ掛かるデズモンド。
バスケットボールを受け取りキャッチフレーズを言わされる。
無難なキャッチフレーズでごまかすデズモンド。

研究開発部にて。
フローン博士にコンタクトするデズモンド。
用件は研究に必要な材料発注のことです。
それはいいけどフローン博士と不仲な博士がいるようです。

実験のとばっちりで血まみれになったデズモンド。
ステップに従って材料発注書を捨てています。

物置に隠れてマリファナを吸ってるデズモンド。
お仲間のオッサンがいます。レントワースもいる。

ステップ7 自分のケツは自分で拭け.
要するに副業をするようです。
クビになる前にビデオゲームの開発をやってるデズモンド。

仕事中のデズモンド。
内線電話です。ナスバウムからでビックリのデズモンド。
これはムラドのいたずら電話でした。

オフィスでは私用電話は禁止です。
そんなわけでコールセンターにかけるデズモンド。やっばりダメでした。

デズモンドとムラド。雑談になります。
サマンサとは幼なじみのデズモンド。
そんなとこに自己啓発セミナーを4時から開催するとお知らせが入る。

自己啓発セミナーにて。
まずはフランクリン・ガントCEOの口上が入ります。
グレッグ・ヘンリーはどこに出てると思ったらこのCEO役でした。上手いメイクなのか老けたのか最初はわからず。
デズモンドはクレイトン報告書作成のために勝手にオフィスに戻ってます。
新たに開発されたゾルトとエナジードリンクが配布されてる。
デズモンドですが会社から帰宅してます。

自宅アパートにて。
帰宅したデズモンド。しかし同居人が4人ぐらいいます。
シェアハウスにしては人数が多過ぎな感じ。全員ゲーム仲間です。
明日の朝までにクレイトン報告書を完成させると意気込むデズモンド。

外にて。
しかし路上のマリオカートゲームに参加してるデズモンド。
これが買物用カートを使った実際に体を使うゲームです。

翌日にて。
例によって寝坊して遅刻のデズモンド。
肝心のクレイトン報告書はどうなった?何だかコンピューターはおかしな動きをしてる。

会社にて。
博士みたい男がクルマで慌てて出勤してる。
遅刻のデズモンドですが正門や受付は通過出来てる。
受付のデブのオッサンは死んでる。デズモンドは気が付かない。
会社内は血だらけで死体も転がってますがまだデズモンドは気が付かない。

そのままオフィスに来たデズモンド。
速攻で上司ナスバウムからお呼びです。
一応クレイトン報告書を印刷してるデズモンド。そうなの?

ナスバウム上司のオフィスにて。
鉛筆削りの超クローズアップショットが入ります。ナスバウムのお気に入り。
泥でパンケーキを作って貧乏な開発途上国に輸出すると主張してるナスバウム上司。
デスクの陰に尖った鉛筆が大量刺さった死体に気がついて驚愕するデズモンド。
死体の名前はジェリー・ソロモン。誰なんだ?

そんなわけでナスバウム上司は完全におかしい。それでどうする。
クレイトン報告書の文法の間違いを執拗に指摘するナスバウム上司。
成り行きはここからたたき出されるデズモンド。まだ死んではいない。
解雇手当は死亡だと言い出すナスバウム上司。

大勢に追われて逃げるデズモンド。
とりあえずどこかのオフィスに隠れてやり過ごす。
ここのカーターに状況を聞くがうっかりつまずいてコンピューターの電源ケーブルを抜いてしまう。
そうなると作成途中の書類を消えてしまいます。激怒するカーター。
バックアップがあるのでは?とフォローするデズモンド。
格闘アクションになって成り行きでカーターを片づけたデズモンド。

コールセンターに電話して警察に電話してくれ頼むデズモンド。
相変わらず私用の外線電話は禁止ですと融通が利かないコールセンターのおばさん。
おばさんですがオッサン上司にやられたみたい。

物置に隠れるデズモンド。
ステップ 仕事してるふりをする。に従ってクリップボードを持って移動になります。

そんな感じで大騒ぎの中を移動するデズモンド。とりあえず無事です。
宣伝部を通過するとバスケットボールでは生首を投げられ受け取るデズモンド。
またキャッチフレーズを言えと強要される。ここも何とか通過します。

非常階段を使うデズモンド。
腕時計のアラームが鳴ったのでサマンサのオフィスに向かいます。

サマンサのオフィスにて。
ヘッドホンしながら仕事中のサマンサにコンタクトするデズモンド。
ここは危険だ警告するデズモンド。
それはいいけどサマンサもゾルトを飲んでいました。缶の半分とのこと。
うっかりして半分残ったゾルトの缶を倒して中味をこぼすデズモンド。
そうなると激高するサマンサ。いきなり凶暴になります。半分でも十分に効いてる。
サマンサに上に乗られて危うく貞操を失いそうになるデズモンド。ここはハードカバーの本で殴打して回避する。

サマンサをダクトテープで台車に拘束して話しをしようとするデズモンド。
私は正常なのよと主張するサマンサですが全く違います。

台車のサマンサを押して非常階段を下りるデズモンド。
しかし非常階段も大騒ぎで無理っぽい。下から大勢やって来ます。

物置に隠れたとこで今度はムラドに襲われるデズモンド。
ムラドですがラマダン中でゾルトを飲んでなかった。そんなわけで正常です。
サマンサは危険だから殺そうと主張するムラド。

経理部のナスバウム上司一行対宣伝部のボビー上司一行になってます。
ガイ上司は宣伝があるから製品が売れる。経理部は何の役にたっていないと罵倒する。
ゾルトの空き缶を投げつけられたナスバウム上司は空き缶で即席回転カッターを作ってボビー上司に投げつける。
文字通りクビを切断されたボビー上司は退場となります。
大乱闘になるが経理部が押してるようです。

そんなこんなで3人で逃げることになります。
非常階段は大騒ぎで無理。エレベーターにします。
エレベーターのドアを開けると肝心のゴンドラがない。無理です。
次は通気孔にします。台車で拘束のサマンサには無理です。
ダクトテープを剥がせと主張するサマンサと口論にもなってます。

ここでカッコいいとこを見せつけようとするデズモンド。
プリンターを窓に投げつけてガラスを割ろうとします。
ガラスは割れずにセンサーが作動してビル全体に強化シャッターが降りてしまう。
緊急防護壁稼働とお知らせが流れてます。
これはまた大変なことをやらかしたデズモンド。こまったものです。
テロ対策だと解説してるムラド。解除コードを知ってるのは経営陣だけだ。
そんなわけで最上階に行かなくとはならない。

しょうがないのでまた3人で移動です。
サマンサは相変わらず台車にダクトテープ状態。
今度は大騒ぎの中をゾルトでイカレタふりをする作戦になります。

太ったおばあさん秘書ヘレンと遭遇する3人。
十分に凶暴化してるヘレンおばあさん。
80歳のおばあさんを花瓶で殴ったと反省するデズモンド。
しかしヘレンおばあさんはいつの間にか復活してムラドを襲う。
結果的にヘレンおばあさんを片づけPTSDになってるムラド。色々と大変だ。
次は人事部に行こうと言うサマンサ。

人事部にて。
ここは女性上司と女性ばかりです。
何故かここに来てるレントワースののオッサン。正常みたい。
放送で経理部のナスバウム上司を騙ってレントワースを助けようするデズモンド。
ステップ こまった時にわけのわからん専門用語を使う。これに従って適当なイニシャルを連発してます。
→日本ではカタカナ英語を使うと何でもごまかせるようになってます。

何だか余計なことを言ったのか雰囲気が悪くなってます。
人事部のリサ上司。ケイティ。他にも色々といます。
ここはサマンサの口車で中傷合戦にして仲間割れを狙う作戦になります。
そんなわけでリサ上司は退場となってます。どさくさにまぎれて逃げる3人。

今度の階はアジア系上司一行がいます。何課なのかはわからん。営業か?
最初は上手く通過している3人にレントワースを加えて4人になった。
まずは物置で即製で武器を造ります。ダクトテープが役に立ってる。
サマンサはもう拘束から解放してくれと要求する。暴れたら殺してといいと主張する。

そんなとこをしてるとアジア系上司一行に注目されています。
大乱闘になってます。何とか突破してる4人。

また1人コンタクトしてきます。マジで正常みたい。
しかしムラドが間違えて殺してしまった。それじゃダメじゃん。
そんなこんなで次を目指す4人。

CEO室にて。
グラントCEOにお付き2名がいます。
監視カメラでやって来た4人を見ています。当然ドアを開けない。
しかし通用口から清掃員がゴミを持ち出してます。ここから入る4人。

お偉方3人と交渉する4人。
まずはゾルトの正体を言えと要求するデズモンド。
フローン博士の部下がやったと主張するグラントCEO。失敗作なのはわかっていた。

グラントCEOは大騒ぎが終わるの待ってるつもり。
ゾルトの解毒剤はと聞くデズモンド。
あっさりとないと答えるグラントCEO。
私の親指で緊急防護壁が解除出来るとうそぶくグラントCEO。指紋認証のことです。
解毒剤ですがフローン博士に聞けといくらか役に立つことも言ってます。

地域担当部長が来てるそうです。誰かと思ったらナスバウム上司とその一行です。
緊急防護壁を解除してくれと要求するナスバウム上司。
拒否するグラントCEOはチタン製ドアを破ってみろと挑発する。

ドアはチタン製だが壁は予算を中抜きした手抜き工事だと指摘するナスバウム上司。
そんなわけで壁を非常用斧で破ろうとする。その壁ですがあっけなく穴が開いてる。破られるのは時間の問題です。

ムラドですがPTSD状態です。
デズモンドは説得して協力させようとする。

レントワースはゾルトを飲んでます。
それで自分もおかしくなった連中の仲間になって生き延びようとする。しかし壁の開いた穴から出たとこで斧にやられて退場となります。

侵入したナスバウム上司一行を迎撃するグラントCEO。
自動式のショットガンを使う。お付き2名をすぐにやられて退場になってます。
いい調子でショットガンを撃っていたグラントCEOですが左手首を斧で切断される。
それからショットガンで頭を撃たれ頭が吹っ飛び退場となります。
で、指紋認証の左手首だけがあればいいとふそぶくナスバウム上司。

デズモンドはナスバウム上司に交渉する。
しかしナスバウム上司は妄想が進んで世界征服の話しを始めてる。
そんなわけで交渉は決裂します。デズモンドとショットガン実包が入ったボウルをショットガンで撃つとボウルに入った実包がまわり中に撃ち出されて一掃してます。
そんな感じで結果オーライの典型になってます。よい子は真似をしてはいけません。
今度はサマンサの具合が悪くなってます。解毒剤はない。

ナスバウム上司はまだ無事でグラントCEOの左手首を使って緊急防護壁を解除してます。
ゾルトを全国にばらまくと意気込むナスバウム上司。

研究開発部 フローン博士のオフィスにて。
サマンサを抱えて来たデズモンド。フローン博士に交渉する。
ゾルト騒ぎですがフローン博士のライバル博士が嫉んでやったようです。
解毒剤ですがデズモンドが捨てた発注書の材料がないと作れないと言い出す。
それに違う材料で代用したので副作用が起きたと責任をなすりつける。

それでもサマンサは元に戻る可能性はあると言ってるフローン博士。
その材料は倉庫になる。現在ナスバウム上司一行がいるけど。
そんなわけで倉庫に忍び込むデズモンドとムラド。制限時間は30分。

会社の博物館にて。
ここで武器を調達するデズモンドとムラド。どれも年代物です。
トンプソンのサブマシンガンもある。これは古い。
悪名高い火炎放射器もあります。日本軍が散々やられた非人道兵器です。

倉庫にて。
ヤク仲間のラルフがいたけど不始末をやらかして粛正されてます。
忍び込んだつもりのデズモンドとムラドですが監視カメラでアッサリとバレてます。
まずは地雷を使うが誰も引っかからず。
次はムラドが火炎放射器を使う。かなり強力ですがすぐに燃料切れになる。

ナスバウム上司はXL-9ロボットを使うようです。要するに強化スーツ。
台車にのってサブマシンガンを乱射するデズモンドとムラド。
次はリボルバーで2挺拳銃。このリボルバーですがシングルアクションみたいだけど。それだと片手で連射は出来ない。

ようやくお目当ての棚にたどり着くデズモンドとムラド。
そんなところにナスバウム上司ロボットがやってきます。
ここは俺にまかせて逃げてくれとムラドには材料を届けに行かせるデズモンド。
とっとと行ったムラド。迎え撃つデズモンド。

ロボットですがミニミサイルを撃てる。凄い。
あとは定番のマシンガンです。当然自動小銃の実包使用だと思う。
デズモンドは最新自動小銃をここでゲットしてます。

肝心のムラドが差別主義者マーカスに捕まっています。
伏線のキーで刺せを実行したムラドは気合い入れてその他大勢から脱出する。

デズモンド対ナスバウム上司ロボット一行。
俺は16ヶ月勤務で全く働いてないぞと上司を挑発するデズモンド。
最新自動小銃を発射しようとしたら出来ない。取り扱い手順を間違えたようです。
そんなわけでいつも仕事で仕様書を読まないこと突っ込まれてます。
ようやく作動した最新自動小銃を撃ちまくるデズモンド。その他大勢を片づける。
上司はまだ生きてるマーカスの腕をもぎ取ってECOなロボットの有機燃料にしてます。

唐突にサマンサが助っ人に来てます。速攻の解毒剤が効いたらしい。
まだ上司ロボットはいる。それでどうなる。
C-4爆薬を仕掛けたビルから脱出する3人。

いよいよC-4爆薬の起爆スイッチを入れるデズモンド。
しかし爆発しない。爆破信管を取り付けるのを忘れたようです。
しょうがないでの残っていた旧式地雷を使います。
これは上手い具合に上司ロボットが踏んでC-4爆薬も誘爆し大爆発になります。

ちょうど外に脱出した3人は助かります。
ようやくヘリコプターやパトカーが押し寄せています。
キスになるデズモンドとサマンサ。立ち小便するムラド。
そんなこんなでエンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介。
タイトルは色々な武器のCGIです。

Brenton Thwaites Desmond
Jane Levy Samantha
Karan Soni Mourad
Kurt Fuller Lentworth
Ian Harding Nicholas Frohm
Alan Ritchson Bob
Barry Shabaka Henley Clarence
Sam Daly Marcus Gantt
Kenneth Choi Freddy Wong
with
Gregg Henry Franklin Gantt
and
Zachary Levi Adam Nusbaum

Office Uprising

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで普通のSFアクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『パラサイト 禁断の島』 | トップページ | Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.06.01(月) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『パラサイト 禁断の島』 | トップページ | Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.06.01(月) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。