映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.04.27(月) | トップページ | 『ハッピー・デス・デイ』 »

2020.05.02

『ハッピー・デス・デイ 2U』

この続編タイムループホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
クリストファー・ランドン監督、ジェシカ・ロース主演の続編タイムループホラーのようです。

2019年 BH Blumhouse Productions/Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆100分
原題◆Happy Death Day 2U
プロット◆またタイムループで悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ベアー・マクレアリー

キャスト
ジェシカ・ロース→やりマンではないけど色々と大変なツリー
イズラエル・ブルサード→ダニエルのボーイフレンド カーター

スラージ・シャルマ→インド系のサマー
サラ・ヤーキン→インド系のアンドレア
フィー・ヴー→カーターのルームメイト アジア系のライアン

ルビー・モディーン→ルームメイトのロリ
レイチェル・マシューズ→ツリーのライバル?ダニエル

スティーヴ・ジシス→嫌味な学部長
チャールズ・エイトキン→グレゴリー・バトラー先生
ローラ・クリフトン→グレゴリー先生の奥さんステファニー

カレブ・スピルヤーズ→ゲイの男ティム
ブレイン・カーム 三世→ダニエルの部屋にいたニック
ロブ・メロ→殺人鬼トゥーム
ジミー・ゴンザレス→見張りの警官

ジェイソン・ベイル→ツリーのパパ デイヴィッド・ゲルブマン
ミッシー・ヤガー→ツリーのママ ジュリー・ゲルブマン

クリストファー・ランドン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の続編になってます。脚本の伏線回収がやり過ぎだと思える。最近の映画によくあるパターンです。

NBCユニバーサル・エンターテイメント発売のBlu-rayにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は DTS-HD MSTR multi

読み込み中です。
ユニバーサルの読み込み中アイコン。
Universalのタイトル
読み込み中です。
ミニオンの免責事項と著作権のアラート。見ててイライラする。
読み込み中です。
メニュー画面です。ということは予告編はない。
読み込み中です。

Universalがスプリットスクリーンになってこの作品のコンセプトを表してます。
BH Blumhouse Productions
タイトル
Universal Pictures presents
もう始まってます。
クルマで寝ているカーターのルームメイト ライアンが登場。

クルマから出るカーター。
犬に吠えられる。
ホームレスのオッサンに絡まれる。
スケートボードの男にぶつかりそうになる。
女の子とすれ違う。

ベイフィールド大学にて。
温暖化防止の署名は英語が喋れないと方便で断るライアン。

寮にて。
トロンボーンの太った男がうるさいは怒鳴られる。
部屋に戻ったらちょうどツリーが目を覚ましてカーターは話し込んでいたとこでした。
また追い出されるライアン。
サマーからライアンに電話です。呼ばれて研究室に向かいます。

量子力学研究室にて。
そうなるとマジで多次元宇宙物になるのか。
インド系の男女がいます。男から思ったら女の子です。
男がサマー。女がアンドレア。
そんなとこに学部長が来てここの研究は停電騒ぎを起こすしカネにならないで中止だと勧告します。
学部長はもうボナー教授に伝えたと冷たい態度。この研究は終わりだ。
一段落して1人になってライアンに電話です。スマホには何故か今の自分が映ってます。

第2研究室にて。
ここに入るライアン。照明が消えて暗い。誰もいない。怪しい物音がしてます。
そんなところに突然サマーが来てビックリのライアン。
で、いきなりお面男にやられるライアン。

クルマで目を覚ますライアン。復帰してます。
クルマから出て前の繰り返しになります。部屋に戻っても同じです。
ライアンはカーターとツリーに相談する。繰り返している。
ツリーはアンタがそうなったのねと察しがいい。
トゥームもロリも死んだ。そうなるとお面男は誰なんだ?となってます。

ツリーは前作のダイジェストを説明する。
ライアンは夢か。『インセプション』 Inception (2010) かと現実逃避になってます。
それで死んだ現場に3人で行くことになります。
『インセプション』(2010年)

第2研究室にて。
木製バットを持ってるツリー。それにカーターとライアン。
クローゼットではなくストレージと表示されてます。要するに物置だ。
お面を付けた男が出現するがサマーでした。お面は廊下に落ちていたと主張する。
これは実験のせいだとなります。

量子力学研究室にて。
18日の月曜日に実験をやった。土曜日の実験室ではない。
これでタイムループを作ったのかと推測するツリー。

食堂にて。
関係者5人で話し込む。
ツリーとカーター。ライアン。サマーとアンドレア。
そんなとこにダニエルが来ます。いつものようにツーに嫌味を言う。
私は11回死んだとツリー。安全なとこに行こう。そんな話しになる。

体育館にて。
バスケットボールの試合を観てます。大勢いるから安全というわけ。
それはいいけどお面を付けてる人が大勢います。あまり安全ではないみたい。
ゲイのティムがいたりします。しっかりとボーイフレンドがいる。
ツリーのパパから電話があったりします。
前回は何かの運命かと思ったが単なる科学の実験だったとなってるツリー。

キスしようと思ったらアラートが鳴り響き全員避難となります。訓練ではありません。
避難中のライアンはお面男に気がつき逃げます。

人気の無い倉庫に逃げ込んでしまうライアン。
いきなり後からお面男に襲われるライアン。危ないとこでツリーが助ける。
このお面男の正体は誰だ?となりお面をとるが誰なんだ?

量子力学研究室にて。
どうやらお面男の正体はライアンでした。そうなると同じ世界にライアンが2人いることになります。そうなるとどうなる。
双子だろとボケをかます発言もある。
平行時空に入って互いに危険だ。バタフライ効果だとなります。。

ライアンをこの状況から元に戻ろうと実験を始めます。
もう1人のライアンは実験をやめろと主張する。
そんなところにサマーとアンドレアが来て。学部長とガードマン2人も来る。
実験は始まってスローモーションの世界になる。
溶暗になります。

目を覚ますツリー。何だかいつもの復帰になってます。
ここはカーターとライアンの部屋です。18日の月曜日。また元に戻ってしまったではないかと驚愕するツリー。
ライアンを呼ぶツリー。あんたのせいよと激怒してる。
こうなったら量子力学研究室で実験装置シシーを動かし元に戻せと迫る。

部屋から出るとツリーのいつものルーティンになっています。
署名にスプリンクラーに・・・
先にケリをつけると意気込むツリーは女子寮に戻る。

女子寮にて。
ここに戻ったツリーですがダニエルがいない。もう前回と違います。
部屋に戻るとロリはいます。ケーキはない。微妙に違ってます。

食堂にて。
ツリーはライアンに話しをする。カーターもいます。
今度は『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』 Back to the Future Part II (1989) の話しになってます。
相変わらずツリーは映画のことは知らない。私も見てないけど。

前回のツリーの状況とは違うのでは?とライアン。
別の君は多元宇宙の平行次元にいる。

それはいいけどフレドリック・ブラウンの多元宇宙SF小説の傑作『発狂した宇宙』 What Mad Universe (1949) が映画化されないのが不思議です。『火星人ゴーホーム』 Martians, Go Home (1955) は映画になってるのに。
昔ならともかく現在のCGIとデジタル合成があれば映画化出来るはずです。

そんなところにダニエルが来ます。唐突にカーターとキスをする。
これはビックリのツリー。この世界ではカーターとダニエルがいい仲なんです。
『奇跡の人』のオーディションがあると言い出すダニエル。役作りをしてると。しかしアンネ・フランクとヘレン・ケラーを混同してます。大丈夫なのか。

ツリーに電話です。パパと食事なのと席を外す。

レストランにて。
マジでパパと食事になってます。あと1人くるとパパ。
誰なのかと思ったらママでした。前作では3年前に亡くなっていた。
そんなわけでマジで違う世界だとわかります。

量子力学研究室にて。
サマーとアンドレア。カーターとライアン。実験をするつもり。
そんなところにツリーが来て実験を中止させる。

外にて。
カーターに事情説明するツリー。
ここでグレゴリー先生と奥さんを目撃するツリー。

ツリーの自室にて。
スマホの映像を見てるツリー。しかし何かが違う。
ダニエルが来ます。今夜のパーティは行けないと言うツリー。困惑のダニエル。
サプライズパーティのことを言うツリー。申し訳ないが・・・
そうなるとダニエルはロリがアンタに告げ口したと曲解する。
停電になってます。これはルーティンだ。

そんなとこでTVニュースが気になるツリー。
連続殺人鬼トゥームは逮捕されてる。被害者は6人。
そうなるとロリが危険だとなるツリー。

病院にて。
ここに来てるツリー。まずは非常の際に使う斧をゲットします。
見張りの警官にホールドアップされるツリー。
看護師がトゥームを逃がして私を殺すと主張するツリー。
これを全く信じない警官はツリーに手錠をかける。
それはいいけどトゥームはいない。看護師が手術室に連れて行った。

いきなりお面男が出てきて警官を片づける。そんなわけで逃げるツリー。
エレベーターに逃げたツリー。ドアが開くとロリがいたりします。逃げ込むツリー。
トゥームは私が手術室に連れていったとロリ。少し違ってる。

何とか助かったと思ったら停電でエレベーターが止まる。
ロリが手動でドアを開けて工事中の5階に出ます。

工事現場を進むハンマーを持ったロリと手錠のツリー。
いきなりロリが刺されて退場となる。お面男がいます。逃げるツリー。

階段に逃げるツリー。追うお面男。
屋上に逃げるツリー。追うお面男。逃げるツリーですが勢いがつき過ぎて屋上から転落する。それじゃダメじゃん。

復帰するツリー。カーターの部屋です。
まだダニエルがガールフレンドのカーターです。

1時間後の量子力学研究室にて。
ライアンに科学の天才なんだから何とかしろと責めるツリー。
実験を繰り返すしかないとなってます。そうなるとツリーはまた何回を殺される。殺される回数は何回になるのかはわからん。
リセットされても君の記憶は残ると言い出すカーター。その記憶は重要なデータだ。
サマーからは殺される前に自殺すればいいといった意見も出てます。

そんなわけで実験のモンタージュになります。
風呂にドライヤーを落として自殺するツリー。
キスを見てからドラッグストアに行ってトレイ洗剤を一気飲みして自殺するツリー。
グレゴリー先生とロリを見てるツリー。ロリは嫌がってる感じ。
そんな世界がモンタージュされます。ママは生きてる。
スカイダイビングの訓練に下着姿で参加するツリー。パラシュートは無しだ。
材木処理機にダイビング自殺するツリー。ツリーは木なのでちょうどいい。
いつもの鐘楼から背面ダイビング自殺するツリー。シーン転換でベッドに落ちる。

それはいいけど何だか調子が悪そうなツリー。
あとでわかりますが死ぬことを繰り返すとダメージが残るとのこと。
そんなわけで気絶するツリー。溶暗になります。

病院にて。
ベッドで寝てるツリー。カーターが来てます。
ここは危険なのよとツリー。いきなり停電になります。
停電から復帰したらグレゴリー先生がいます。カーターを追っ払う。
この世界ではグレゴリー先生の講義には出ていないツリー。微妙に違ってる。
そんなわけで初対面です。私はバトラー医師だと名乗ってるグレゴリー・バトラー先生。

09:30でロリが殺されると心配なツリー。
この世界ですがグレゴリー先生とロリが関係してるようです。

トゥームの病室に突撃するツリー。
まずは警官を張り倒してハンドガンを奪う。
廊下に血が垂れてます。それを追い病室に入る。ロリが殺されています。
もう後にお面男がいる。速攻でハンドガンで撃つツリー。お面男の正体はオッサンです。そうなるとトゥームなのか?
またお面男がいて襲われるツリー。苦し紛れにガスボンベを撃って大爆発となる。

また復帰します。カーターの部屋からリスタート。
量子力学研究室にて。
これまで得たデータの講義をするツリー。これは凄いと感心してる面々。
このデータで実験すれば間違いないとなります。ツリーを元の次元に戻すことが出来る。

それはいいけどライアンからツリーの判断はどっちだ?となります。
残るを選択するツリー。実験はやらないのか?

それとともかく実験はやるようです。しかしコンピューターウィルスが入って失敗する。
どうやらサマーがポルノサイトを見てウィルスに感染したようです。
そうなるとデータの手動入力が必要になる。6時間はか7時間かかる。

カーターと口論になるツリー。
残るなんて自分だけ助かっていいのかと責めるカーター。
ママが生きてるこの世界がいいのとツリー。
それは違うだろうと説得するカーター。

レストランにて。
パパとママと食事のツリー。
何だか具合が悪そうなツリー。ママは妊娠だ思ってるのか?
病院へととなるが病院は危険なのよとツリー。ママに何だかわからんけど。
大学から出来るだけ離れた方がいいと主張するツリー。
そんなわけで一家3人でクルマで移動となります。

量子力学研究室にて。
実験の準備作業の面々。ループを永遠に閉じる実験となります。

クルマで移動中のツリーの一家3人。
微妙に記憶が違う世界に違和感のツリー。
ベイフィールド変電所を通過してます。

病院にて。
カーターが来てます。ロリを助けようとしてるのか?。お面男はいます。

モーテルにて。
ここに泊まるツリーの一家3人。
TVでは『大アマゾンの半魚人』 Creature from the Black Lagoon (1954)を放映してます。
『大アマゾンの半魚人』(1954年)
『半魚人の逆襲』(1955年)

そういえば日本はクルマで移動して気軽に泊まるとこがないのか?
モーテルはセックス専門でセックス抜きでは寂しいし料金が高過ぎる。

ママから妊娠したのと聞かれるツリー。違います。
ママに違う人生だったとどうすると聞くツリー。

TVニュースです。大学病院で悲劇が3人の犠牲者。看護師。警官。学生。
これはビックリのツリー。必死こいてライアンに電話するが留守電です。
そんなわけでクルマで出かけるツリー。

実験はもう始まってます。クルマで駆けつけるツリーとカットバックになる。
もう間に合わないので変電所にクルマで突撃するツリー。大クラッシュになります。
見込み通り辺り一帯が停電して実験もストップしてます。
黒味になります。

ベイフィールド大学にて。
復帰するツリー。カーターは変わらず。
これが最後と気合いをいれてるツリー。

量子力学研究室にて。
最後の実験の準備になってます。それはいいけどツリーの選択は?

外にて
ロリと話すツリー。近くにはグレゴリー先生がいたりします。
あの男はダメよと警告するツリー。不倫はダメよとロリを説得します。

女子寮にて。
ダニエルの部屋に行くツリー。
ここにはニックがいました。ボーイフレンドはカーターだったのでは?
そんなわけで気まずい雰囲気になってます。

レストランにて。
パパとママがいます。
ツリーとママだけになって話し込みます。
要するにママとお別れのあいさつになってます。ママは知らない。
ケーキのロウソク1本をふき消すツリーとママ。

量子力学研究室にて。
いよいよ実験が始まります。お別れのあいさつになるツリー。
最後の実験が始まります。そんなところに学部長と手下2人が来て実験装置を回収してしまう。これは大変。

ツリーですが殺されたり自殺して復帰するのはいいが体調は悪くなってます。
そんなわけであと1回が限界だとなってます。

カーターは実験装置を取り返そうと他の面々を説得する。
陽動作戦をダニエルに頼むことになります。カーターが頼んでくれる。

学部長の部屋にて。
ここを訪ねるダニエル。盲目のフランス人を装う。
学部長の名前ですがブロンソンとようやくわかった。
ダニエルは実験装置がある部屋のカギをゲットする任務があります。

そんなこんなでようやくダニエルがカギをゲットして渡します。
速攻で実験装置を回収して運びます。

量子力学研究室にて。
ようやく最後の実験にかかります。
ツリーは殺人を止めに病院に向うようです。忙しい。

病院にて。
トイレ中の警官をまたホールドアップしてるツリー。
そんなこんなでロリを救出するツリー。

実験は始まってます。
学部長と手下2人がドアを破ろうてするのを止めてるインド系2人。

そんな感じでカットバックになってます。

病院にて。
お面男ですがグレゴリー先生でした。そうなの?
奥さんにバレた。トゥームを犯人犯に仕立て上げてロリを殺そうとした。
今度は奥さんが出てきてロリを撃つ。それからツリーが撃たれそうになる。
グレゴリー先生はいきなり奥さんを撃つ。前からそうしたかったようです。
それから瀕死のロリとツリーを撃とうとする。
そんなとこにカーターが来てグレゴリー先生をとめる。ツリーは逃げる。

ツリーはMRI検査室に逃げ込む。あの強力な磁力が発生する検査機です。
スイッチをオンにするツリー。装置に張り付くグレゴリー先生。
とどめでドライバーを飛ばすツリー。これでグレゴリー先生は退場となります。

ロリはカーターが介抱してます。戻ったツリー。
ここは病院なので速攻で運ばれるロリ。何とか助かりそう。

ツリーとカーター。
実験の結果が出る時間が来たようです。病院の照明が点滅してる。
これでツリーは元の世界に戻れるのか。カウントダウンがゼロになります。
キスしたとこで戻るみたい。
白みから溶暗になります。

エピローグ
量子力学研究室にて。
何だか関係者全員がそろってます。学部長までいる。
そんなこんなでエンドになります。

後タイトル
スタッフの紹介

Jessica Rothe Tree Gelbman
Israel Broussard Carter Davis
Rachel Matthews Danielle Bouseman
Suraj Sharma Samar Ghosh
Charles Aitken Gregory Butler
Phi Vu Ryan Phan
Ruby Modine Lori Spengler
and
Steve Zissis Dean Roger Bronson
Sarah Yarkin Andrea 'Dre' Morgan
Laura Clifton Stephanie Butler
Missy Yager Julie Gelbman

A Blumhouse Production
A Christopher Landon film

Happy Death Day 2U

外にて。
ライアンとアンドレア。外の掃除をやってます。
他の面々も同じ作業をしてます。懲罰のボランティア活動なのか?
そんなとこにメンインブラックなクルマがやって来ます。
ライアンが指名されてます。他の面々も連れて行かれる。

立派な研究所にて。
実験装置がここに回収されています。パーカー博士から説明がある。
ライアンはこれの仕組みの説明で呼ばれたわけです。
肝心の被験者は誰?なります。成り行きでダニエルがいいとなる。

スクロールする後タイトル
スタッフ
キャスト
スタッフ

最後に一瞬Japaneseと出てます。
ユニバーサルの映画ソフトは色々と面白過ぎです。映画より面白い。


そんなわけで普通の続編映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.04.27(月) | トップページ | 『ハッピー・デス・デイ』 »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると◆2020.04.27(月) | トップページ | 『ハッピー・デス・デイ』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。