映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『恐怖城』(1932年) | トップページ | 『トゥ・ヘル』(2018年) »

2020.04.13

Hollywood Expressの代わりに自分の映画索引を見ていると・・・

◆BS193 WOWOW放映の映画紹介番組Hollywood Expressが新コロナウィルスの影響で全米映画館が休館しハリウッドの映画製作が休止してこの番組も休止となっています。そんなわけで手短なネタになっています。

自分の映画索引の50音順の並び方でも色々と思えてきます。

赤い3本立て
『赤い河』(1948年)→ハワード・ホークス監督の開拓ウエスタン。
『赤い天使』(1966年)→増村保造監督の戦争メロドラマ。
『紅い眼鏡』(1987年)→押井守監督のミュージカル調のアクションコメディ。
赤い3作が並ぶとこうも違う作品だなと感心する。

『赤い河』(1948年)のジョン・ウェインの演技をを見てジョン・フォード監督があいつに演技が出来るななんて知らなかったと言ったエピソードがあります。
そんなわけで『駅馬車』(1939年)以来放ったらかしだったジョン・ウェインをまた使うようになって黄金コンビとして傑作を連発するようになったのです。
ジョン・ウェインは『赤い河』(1948年)のラストに描かれた絵をモチーフにしたベルトのバックルを幸運のアイテムして他の作品で使用していました。さすがにジョン・フォード監督作品では外していたけど。


赤ちゃん2本立て
『赤ちゃん教育』(1938年)→ハワード・ホークス監督のロマンティック・コメディ。マシンガントークがいい。
『赤ちゃん泥棒』(1987年)→コーエン兄弟監督の赤ちゃんコメディ。ニコラス・ケイジがいい。
傑作コメディ2本立てになってます。


ふたりの2本立て
『ふたりの人魚』(2000年)→ロウ・イエ監督の人魚ドラマ。
『ふたりのベロニカ』(1991年)→クシシュトフ・キエシロフスキー監督の双子のようなドラマ。
こちらはアートシアター向け作品ですが十分に面白い。女優さんが最高なのがいいんです。


私の映画感想の索引
ジャンルを問わず私の好みで偏向してそろえてあります。
そんなわけで色々と抜けてるジャンルに作品が多くなってます。<あ〜か行>◆<あ〜か行>
<さ〜た行>◆<さ〜た行>
<な〜は行>◆<な〜は行>
<ま〜わ行>◆<ま〜わ行>

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


« 『恐怖城』(1932年) | トップページ | 『トゥ・ヘル』(2018年) »

私の映画索引」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『恐怖城』(1932年) | トップページ | 『トゥ・ヘル』(2018年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。