映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« アーサー・ウォントナー版ホームズ『四つの署名』 | トップページ | 『アナコンダ4』 »

2020.03.02

Hollywood Express #865◆2020.02.29(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 No Time to Die (2020) が新型コロナウィルスの影響で中国での宣伝ツアーをキャンセルした話題。色々と大変なようです。
◆ベン・アフレックがインタビューでアル中でジェニファー・ガーナーとの離婚やバットマン役降板を語った話題。新作はアル中の役だそうです。洒落になっていないような。
◆『アラジン』 Aladdin (2019)がヒットしたので続編製作が決まった話題。監督キャストとそのまま続投がスタジオ側の意向らしい。
◆『ソニック・ザ・ムービー』 Sonic the Hedgehog (2020) から、ジェームズ・マースデンのインタビューがあります。相変わらずの好青年だ。
◆ルース・ウィルソンのインタビューから、英国人のルース・ウィルソンが新作 The Book of Ruth では実在のアメリカ人 ルース・コッカー・バークスを演じる話題。ルース・コッカー・バークスは1980年代にエイズ患者の看護に尽力した人だそうです。
◆ジェフ・ブリッジスのインタビューから、ジェフ・ブリッジスは俳優以外には色々と芸がありますが今度は娘が出版する絵本のイラストレーターをやるそうです。親ばかのバリエーションだ。いいもんだ。
◆ Fantasy Island (2020) のロケ地はフィジーだという話題。ルーシー・ヘイルのインタビューがあります。
◆チャールズ・ディケンズの有名な小説を映画化した The Personal History of David Copperfield (2019) の話題。デヴ・パテル主演。ある男の波乱万丈の一生の話しらしい。小説は読んでいない。

◆red carpet
◆『2分の1の魔法』 Onward (2020) のプレミアの風景。クリス・プラット、音楽担当のマイケル・ダナとジェフ・ダナ、製作コーリー・レイ、デイヴ・フォーリーのインタビューがあります。Pixar Animation Studios/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。

◆inside look
◆新作紹介特集
◆ The Invisible Man (2020) は透明人間にストーカーされるSFホラー。
◆『2分の1の魔法』 Onward (2020) ピクサーの3D CGアニメ。
◆『クワイエット・プレイス PARTII』 A Quiet Place Part II (2020) は続編ホラー。
◆『ムーラン』 Mulan (2020) ディズニーのアニメ実写化大作。
◆『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 No Time to Die (2020) 『007』シリーズ第25作でダニエル・クレイグ主演最終作。もちろん『007』シリーズは続きます。強欲なプロデューサーが終わらせるわけがない。
◆『ブラック・ウィドウ』 Black Widow (2020) マーベルアメコミアクション大作。
◆『野性の呼び声』 The Call of the Wild (2020) のメイキング。ハリソン・フォードと犬の組み合わせは興行的には最強になってます。

◆Hollywood gossip
◆ハーベイ・ワインスタインがセクハラ裁判の評決で有罪になった話題。そんなわけで速攻で入院したそうです。そうなると歩行器を使って同情をさそうプロモーションは失敗したようです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ The Invisible Man (2020) リー・ワネル監督、エリザベス・モス、オルディス・ホッジ主演の透明人間ホラー。透明人間にストーカーされて悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Greed (2019) マイケル・ウィンターボトム監督、スティーブ・クーガン、デヴィッド・ミッチェル主演の風刺コメディ。ファンション業界の富裕層が労働搾取でぼろ儲けしてやりたい放題する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が The Photograph (2020) ステラ・メギー監督、ラキース・スタンフィールド、イッサ・レイ主演のラブロマンス。写真家の母親が残した写真からラブロマンスする話しのようです。興行収益totalは1760万ドル。
◆9位が『ジュマンジ/ネクスト・レベル』 Jumanji: The Next Level (2019) ジェイク・カスダン監督、ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック主演の『ジュマンジ』シリーズ続編アドベンチャー大作。いつもと同じ話しのようです。女優さんはカレン・ギラン。興行収益totalは3億1080万ドル。
◆8位が『パラサイト 半地下の家族』 ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ、チェ・ウシク主演のドラマ。貧乏一家が金持ち一家を乗っ取る話しのようです。興行収益totalは4880万ドル。
◆7位が『1917 命をかけた伝令』 1917 (2019) サム・メンデス監督、ジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ=チャップマン主演の全編ワンショットの戦争映画。伝令で悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは1億5180万ドル。
◆6位が Fantasy Island (2020) ジェフ・ワドロフ監督、マイケル・ペーニャ、マギー・Q、ルーシー・ヘイル主演の島ホラー。謎の島でホラーする話しのようです。興行収益totalは2020万ドル。
◆5位が Brahms: The Boy II (2020) ウィリアム・ブレント・ベル監督、ケイティ・ホームズ、オウェイン・イェーマン主演の『ザ・ボーイ ~人形少年の館~ 』 The Boy (2016) の続編人形ホラー。謎の人形でホラーする話しのようです。興行収益totalは580万ドル。
◆4位が『バッドボーイズ フォー・ライフ』 Bad Boys for Life (2020) アディル・エル・アラビ、ビラル・ファラー監督、ウィル・スミス、マーティン・ローレンス主演の『バッドボーイズ』シリーズ久しぶりの続編大作アクション。女優さんはヴァネッサ・ハジェンズ。いつものようにアクションする話しのようです。興行収益totalは1億9110万ドル。
◆3位が『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』 Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn (2020) キャシー・アン監督、マーゴット・ロビー、ユアン・マクレガー主演のDCアメコミアクション。ハーレイ・クインの話しのようです。興行収益totalは7230万ドル。
◆2位が『野性の呼び声』 The Call of the Wild (2020) クリス・サンダース監督、ハリソン・フォード、ダン・スティーヴンス主演のジャック・ロンドンの古典的冒険小説『野性の呼び声』 The Call of the Wild (1903) の最新リメイクアドベンチャー。誘拐され色々とあり野生になった犬の話しのようです。女優さんはカレン・ギラン。興行収益totalは2470万ドル。
◆1位が『ソニック・ザ・ムービー』 Sonic the Hedgehog (2020) ジェームズ・ファウラー監督、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー主演のゲームキャラ・アクションコメディ。SEGAのゲームキャラ ソニックが活躍する話しのようです。肝心のCGIキャラ ソニックのキャラデザインは不評でしたが何とか修正したようです。女優さんはチカ・サンプター。興行収益totalは1億640万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。

◆ending
◆Megan Thee Stallion and Normani's “Diamonds” from “Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn (2020)”


« アーサー・ウォントナー版ホームズ『四つの署名』 | トップページ | 『アナコンダ4』 »

映画」カテゴリの記事

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アーサー・ウォントナー版ホームズ『四つの署名』 | トップページ | 『アナコンダ4』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。