映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『コントロール 洗脳殺人』 | トップページ | Hollywood Express #864◆2020.02.22(土) »

2020.02.23

『イット・カムズ・アット・ナイト』

この立てこもりホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
トレイ・エドワード・シュルツ監督、ジョエル・エドガートン、カーメン・イジョゴ主演の立てこもりホラーのようです。

2017年 Animal Kingdom production/A24/GAGA+ アメリカ作品
ランニング・タイム◆92分
原題◆It Comes at Night
プロット◆森の一軒家で孤立して色々とある話しのようです。
音楽◆ブライアン・マコンバー

キャスト
ジョエル・エドガートン→元教師のポール
カーメン・イジョゴ→ポール夫人のサラ
ケルヴィン・ハリソン・Jr.→息子のトラヴィス

クリストファー・アボット→やって来たウィル
ライリー・キーオ→ウィル夫人のキム
グリフィン・ロバート・フォークナー→幼い息子のアンドリュー

デビッド・ペンドルトン→死んだおじいさんのバド

トレイ・エドワード・シュルツ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラー映画になってます。製作総指揮と主演のジョエル・エドガートンの意向が強く反映し実質の監督なのかもしれない。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 3/2.1ch

番組一覧
音声は5.1ch

GAGA+
A24
Animal Kingdom

タイトル
A24 presents
an Animal Kingdom production

プロローグ
黒味に呼吸音がしてます。
いきなり具合の悪そうなおじいさんが登場。会話から名前はバド。
ガスマスクの3人が見守ってます。ポール、サラ、トラビスの3人。

一輪車におじいさんを乗せて森に運んでます。
運んでるの父親のポールと息子のトラビス。
お別れになってます。いきなり枕を顔にかぶせてリボルバーで撃つ。
それから穴に落として火を点けてます。

It Comes at Night

森の一軒野にて。
ポール、サラ、トラビスの食事になってます。
湿っぽい感じです。食事は進まない。息子のトラビスは17歳。

トラビスは犬のスタンリーと一緒の部屋で寝ています。
電灯がないのでランタンを持ち歩いてます。
絵画のモンタージュが入り何が起こったのか描写されています。何だかわからん。
要するに謎の病気がおこり滅亡に至る段階らしい。

暗い屋内をカメラが動く。赤いドアを開けるとおじいさんがいたりします。
これはトラビスの夢オチでした。

サラが誰かが家にいると知らせる。
そんなわけで大騒ぎになります。夜なので危険です。
あの赤いドアのノブが動いてます。マジで誰かが侵入してる。

ドアを破って侵入者が入る。銃を持った男です。
何とか制圧して銃を取り上げ床に伏せさせるポール。
男は自分1人だと言ってます。殴りつけて気絶させる。

外に出て調べるポール。他にはいないみたい。
ポールが戻ります。どうやらマジで男は1人だった。

男を一輪車に乗せて森に運びます。
そのへんの木に縛りつけて拘束します。頭に袋を被せる。

それから壊れたドアの修理をするポールとトラビス。
森の男は死んではいない。
溶暗になります。時間が経過します。

夜中にトラビスは様子を見に行ってます。これは夢オチでした。
昼になってのぞき穴から外を伺うトラビス。

外にて。
マスクを付けたポールが拘束した男を尋問します。
手のひらを見ると病気のある無しがわかるようです。確認してガスマスクを外す。
何故侵入した?とここから入る→誰もいないと思った。
妻と息子が森にいる。80キロ先の廃屋にいる。水が切れて探しに来た。
トラックで130キロ移動した。廃屋でトラックは故障。誰も見なかった。

男は逆にポールを説得しようとする。食料はある。ヤギやニワトリがいる。
そんなこんなで取引に応じるポール。まずは水を与える。
ここをドアののぞき穴から見ているトラビス。

家にて。
戻って来たポールに煙を見たことは?と突っ込むサラ。
男はおじいさんを燃やした煙のこと言ってた?
そんな感じで色々と相談になってます。トラビスもいる。
サラは家畜ごと引っ越した方がいいと主張する。
ポールはあちら3人は健康なのか?と心配してる。

とっておきのトラックのエンジンをかけるポール。
男の拘束を外すポール。男をトラックの荷台に乗せて移動になります。
見送るトラビス。

トラックで森を移動中。
いきなり撃たれます。これはビックリのポール。トラックは道を外れて止まる。
ライフル銃で反撃するポール。1人片づけた。
それから男ともみ合いこっちも片づけるボール。
荷台の男は何で撃ったと非難する。情報がとれるかもしれなかったのに。
ポールは男の話しとは違う何も見なかったと言ってたと逆に非難する。

ようやく男の名前を聞いてます。ウィルと名乗る。
死体の手のひらを確認してるポール。
ウィルはトラックのタイヤ交換をやってます。色々と大変だ。

自宅にて。
窓から外を見てるトラビス。トラックが帰ってきました。
迎えに出るサラとトラビス。ウィルと2人にあいさつになります。
ウィルとキム、まだ子供の息子アンドリュー。

ポールは注意事項をウィル達に説明する。これが細かいんです。
奥の部屋に続く赤いドアはここはロック。この赤いドアを通じて外に出入りしてる。
赤いドアの部屋で外にを通じてるわけで宇宙船の出入りの減圧室みたいな感じです。ここでは減菌室か?

トラビスはウィルとキムの夫婦生活が気になるようです。
アンドリューの相手もするけど。

森にて。
ポールがウィルに色々と説明してます。
トラビスにまき割りのコツを説明してるウィル。

そんな感じで新しい日々の生活のモンタージュになります。
最初は上手く行ってる感じです。

またウィルとキムの夫婦生活が聞いてるトラビス。
トラビスはキムにキスをされています。そうなると血を吐いてるキム。
これとビックリのトラビス。夢オチでした。

夜中にて。
眠れないトラビスがランタンを持って台所に行くとキムがいます。
そんな感じで不眠の話しになります。
次は好みの食べ物の話しになってます。
何歳と聞かれるトラビス。17歳だ。
で、お休みのあいさつをしています。

次の日、森にて。
またまき割りのウィルとトラビス。ポールはライフル銃で警戒中。
ポールはトラビスにあまり信用するなと警告してます。

犬が吠えています。何か来てるのか。警戒体制になる。
で、リードが外れて犬が森に行ってしまった。トラビスが犬を追って森に入る。

トラビスを追ってウィルが来ました。何かいるとトラビス。
しかし何も見えない。犬の鳴き声は消えた。
ようやくポールが来てトラビスに1人で勝手に森に入るなと激怒してます。
ポールは犬は自分で帰るだろうと無理やりトラビスを帰らす。

夜、家にて。
犬は戻っていない。トラビスに声を掛けフォローするポール。
スタンリーは帰ってくるとポール。明日探し行こう。
トラビスですがスケッチを描いてます。悪霊みたいなスケッチです。

ポールとウィルがおじいさんの部屋にいます。
おじいさん秘蔵の酒をウィルに振る舞うポール。
会話からポールが義父と言ってるのでサラの父親のようです。

ウィルの身の上話しを聞くポール。
建設作業や修理をやっていたウィル。
ポールは教師でした。歴史の教師。ローマ帝国のことなら聞いてくれと言ってる。

ウィルが一人っ子だと聞いて兄の家にいた話しは?突っ込むポール。
それはキムの兄で義兄だと説明するウィル。つじつまはあってるけど証明は出来ない。
そんなこんなでおやすみのあいさつになってます。

夜中にて。
寝ているトラビス。また起きてランタンを持って歩き回る。
何故かアンドリューがそのへんで寝ています。どうやらおじいさんの部屋らしい。
アンドリューを起こして寝室まで送るトラビス。それでどうなる。

トラビスは何か気になってます。赤いドアが気になる。
ポールを起こすトラビス。家に誰ががいると知らせる。

そんなわけで大騒ぎになります。
赤いドアの部屋には血が流れてます。犬が大けがしてるみたい。
犬が病気だとトラビスに知らせるポール。しかし犬は見せない。

ポールとウィルが外に行って中が待ってるサラ、トラビス、それにキム。

外にて。
犬を穴で燃やしてます。そうなるとマジで病気だったみたい。

家にて。
全員そろってミーティングです。
外出はポールとウィルだけ。犬の感染ルートとわかっていない。
トラビスに赤いドアを開けたか?確認するがドラビスは開けていない。ドアは開いていたと証言する。

アンドリューが寝室にいなかった話しをするトラビス。
おじいさんの部屋にいたアンドリュー。寝室に送ってから赤いドアを開いてるのに気がついた。これでトラビスの話しの流れです。

アンドリューは何も覚えていないと主張してます。
夢遊病かと指摘するポール。ウィルとキムは強く否定する。

相変わらずトラビスは赤いドアは開いていたと言ってます。
そんなこんなでしばらくウィルとキム、アンドリューは部屋にこもってくれとなります。
ポールとサラ、トラビスも部屋にこもると言う。
別々に隔離みたいな感じになるようです。数日で結果はわかるとポール。

ポールとサラ、トラビスだけになってまた赤いドアのことを聞くポール。
トラビスはドアは開いていたと変わらない。
ドアには触っていない。アンドリューには触った。マスクと手袋は付けていない。

とりあえずシャワーを浴びようとなってシャワーを使ってるトラビス。
それから寝ているトラビス。溶暗になります。

また夢を見ているトラビス。
ランタンを持って赤いドアに接近する。ドアは開いてます。
何故か外に出ているトラビス。夜です。犬の鳴き声が聞こえてます。
地面にライフル銃が落ちてます。拾ってライフル銃のライトを点灯させます。
犬の鳴き声を追って森を移動となります。
何かを見て驚愕するトラビス。これも夢オチになります。

で、血を吐いてるトラビス。これは大変。
マジで病気になってるようです。そうなるとどうなる。
キムに血を吐かれて浴びたのは夢ではなかったの?
と思ったらまた夢オチでした。二段階の夢オチというわけ。

目を覚ましたトラビスはドアを外を伺う。何か聞こえてます。
部屋から出てウィル一家の部屋を伺うトラビス。いいのか。

自分たちの部屋に戻るトラビス。
アンドリューが病気だと知らせる。ウィルとキムが出ていくと相談してる。
それはいいけどトラビスの心配をするポール。アンドリューとコンタクトしていた。

トラビスは自分も病気なのかもといった感じ。
警戒体制のポールとサラはマスクと手袋にライフル銃で武装して出動する。

ウィル達の部屋をノックするポール。
アンドリューが怖い夢を見たと説明するウィル。しかしドアは開けない。
ドアを開けろ開けないと口論になってます。

ようやくドアを開けるウィル。
いきなりリボルバーでポールをホールドアップします。リボルバーを隠し持っていた。
マスクを外せとウィル。外すポール。
ここを出ていくと言ってるウィル。水と食料を要求する。

ポールをホールドアップして部屋を出るウィル。
サラはポールとにらみ合いになる。ウィルは3つ数えて同時に銃を下ろそうと言い出す。
銃を下ろしたらポールはウィルのリボルバーを奪う。
キムとアンドリューは逃げたが出入り口の部屋でサラがホールドアップする。

トラビスは部屋で待機です。

外にて。
ウィルを一輪車で運ぶポール。キムとアンドリューも連行してる。
そんなとこでウィルが反撃してポールを銃床でめった打ちにする。

トラビスは部屋から出て外に向う。

ついにサラが銃を撃つ。これでウィルが退場となります。
そんなこんなで実はアンドリューも被弾して退場となったみたい。
そんなわけでキムは私も殺してと錯乱する。
ポールはキムも撃った。さすがにこのシーンは見せてない。
そんなわけでウィル一家は全滅となった。

ここはしっかりとトラビスに見られてます。
トラビスですがマジで鼻から血が出ています。
黒味になります。

家にて。
ポールは酒を飲んでます。
トラビスは自分では大丈夫だと言ってるがしっかりと血を吐いてます。病気です。
サラはトラビスに大丈夫だと言ってるがそうではない。
黒味になります。

ランタンを持ったトラビスが赤いドアに向う。
ドアは開いている。入り込むトラビス。

残ったポールとサラ。トラビスはいない。
黒味が入ってエンドとなります。

後タイトル
Joel Edgerton Paul
Christopher Abbott Will
Carmen Ejogo Sarah
Kelvin Harrison Jr. Travis
David Pendleton Bud
Griffin Robert Faulkner Andrew
and
Riley Keough Kim

It Comes at Night

スクロールせずに
スタッフ
Joel Edgerton executive producer
キャスト
スタッフ


そんなわけで風変わりなホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『コントロール 洗脳殺人』 | トップページ | Hollywood Express #864◆2020.02.22(土) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『コントロール 洗脳殺人』 | トップページ | Hollywood Express #864◆2020.02.22(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。