映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『その女諜報員 アレックス』 | トップページ | Hollywood Express #862◆2020.02.08(土) »

2020.02.09

『オルガ・キュリレンコ 慰めと報酬』

このお気軽なコメディ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ローラン・デュソ監督、パスカル・エルベ、アトマン・ケリフ、オルガ・キュリレンコ主演のお気軽コメディのようです。

2006年 Une Production Cipango pour M6/En Co-Production avec Fontana et RTL-TVI フランス=スイス作品
ランニング・タイム◆90分
原題◆Le porte-bonheur
プロット◆ストリッパーを助ける話しのようです。
音楽◆フランソワ・スタール

キャスト
アトマン・ケリフ→不運なマルス・クパド
パスカル・エルベ→幸運なテオ・ランドリー
オルガ・キュリレンコ→子持ちのストリッパー ソフィア
不明→人質の息子サーシャ

ベアトリス・アジェナン→マルスの母親
フィリップ・リゴ→不運な依頼人のオッサン

フィリップ・クラジャク→ロシアンマフィアのセルゲイ
ミグレン・ミルチフ→ロシアンマフィアのオレグはピョートルなの?

アンドレ・ペンバーン→神父Abbé Grégoire
ティエリー・パーキンス-リオテイ→ストリップバーの店長 (as Perkins Lyautey)
アンカ・ラディシ→ストリッパーのシンディ
セシル・バル→ナースのソフィ
セディナ・バルデ→Marvin

ローラン・デュソ監督の演出はよいと思います。
全体的にルイ・ド・フュネス主演作品みたいなフランスの伝統的お気軽コメディになってます。
オルガ・キュリレンコのポニーテールの髪形が素敵でこれだけ見てればよかった。

タキ・コーポレーション/ファインディスクコーポレーション発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示だと黒枠なのでプレーヤーでズームにします。
画面サイズはワイド。ズームで上下左右黒味無しのフルスクリーン。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ノイズまたはシーンのつながりで多少の違和感があります云々のアラート

いきなり黒枠です。他のDVDの予告編かと思ったら違った。
プロローグ
出産のシーンから始まってます。
Une Production Cipango pour M6
En Co-Production avec Fontana et RTL-TVI
子役が登場。最初に恋した相手はソフィだった・・・
30歳になって主人公のマルスが登場。とにかく不運な男らしい。

Le porte-bonheur

Atmen Kelif Mars Kupad
Pascal Elbé Théo Landry

Olga Kurylenko Sophia
Olivier Brocheriou Antoine

avec la participation de
Béatrice Agenin Gabriella
et de
André Penvern Abbé Grégoire
avec la participation ampoule
Natacha Lindinger ... Infirmière rousse
スタッフの紹介
プレーヤーの設定でズームにすると黒枠からワイドのフルスクリーンになります。
画質は当然落ちるがそんなに気にする程度ではない。

いかにもなコメディアン アトマン・ケリフが扮するマルスが主役です。
オルガ・キュリレンコは一応ヒロインです。出番はそれなりにある。

マルスはペドレティス旅行会社に勤めています。
少人数の観光客をクルマでパリを案内するのが仕事です。

母親からマルスに運が悪いと電話です。今夜は外出してはダメよ。
星占い師の母親はいい商売になってるようです。
しかし上司がトップモデルの案内というので仕事にするマルス。

夜の街にて。
ワンボックスカーを運転するマルス。
お客はマルセイユのサポーター数人。当然ガラが悪い。
ハンドガン型のライターを使うマルス。そうなると伏線なのかと思える。
お客達はストリップバーに行ってマルスはクルマで待ってます。寝てる。

ストリップバーにて。
ここでオルガ・キュリレンコのソフィアが登場。
マルスは店に入ってます。携帯電話を貸してとソフィアとお知り合いになってます。

ソフィアは携帯電話で相手ともめてます。
そんなわけで携帯電話を壊しています。あまり気にしないマルス。
携帯電話が壊れてもSIMカードを外せばいいとマジで気にしていないんです。日本以外ではこれが普通らしい。
マルス・クパド、赤毛のソフィアと自己紹介になります。

どこかの店にて。
男2人組が登場。ソフィアの子供を人質にしてます。

ストリップバーにて。
マルスとソフィア。
そんなとこでお客達の支払いを押し付けられるマルス。クレジットカードを使う
端末装置、クレジットカード、暗証番号で手続き完了と思ったらカードが使えない。

そんなわけで店からたたき出されるマルス。
ワンボックスカーにはスプレーで落書きされているし。こまったものです。
クルマを蹴飛ばしたら馬の蹄鉄が落ちてます。これも伏線なのか?
お前はマルセイユのサポーターなのかとパリのサポーターが絡まれるマルス。不運です。

ストリップバーにて。
ソフィアは私服になって帰宅します。ポニーテールにしているがいい。
タクシーは止まらない。そんなとこにマルスがコンタクトしてくる。
あんた誰?といった感じのソフィア。
電話番号を教えてるマルス。さすがフランス人だ。
24時間以内に3万ユーロが必用なソフィア。息子の身代金だ。
ようやくタクシーか止まって乗って帰るソフィア。

ペドレティス旅行会社にて。
上司に前借りをお願いするがまだ次の給料日まで30日あると嫌味を言われるマルス。
その上司ですがマルスの母親の占い通りにしてカジノで2万ユーロ儲けた話しをする。

マルスは仕事です。観光案内でワンボックスカーの運転手です。
今度の客はアジア系数人です。白人からするといいカモとしか見えない。

母親のオフィスにて。
オッサン相手に商売中。そんなところにマルスが来てます。
お客は天本英世みたいなオッサンです。自分は不運だと主張する。

お客が帰って3万ユーロいると母親にお願いするマルス。
自分に危険が迫るとお願いして何とか占ってもらう。
運のいい人と一緒にいれば大丈夫なのよとなる。その人は・・・

街にて。
ポストと話しをしてるマルス。中には友人がいる。
当局の仕事をしてる友人に無理やり人捜しを頼んでるマルス。
その名前はテオ・ランドリー。サンアンドリーユ修道院。

そんなわけで仕事をしながらテオを探すマルス。
まずはエッフェル塔を案内する。次はディズニーランドですとなります。
田園地帯でトラクターが前にいて進めない。ここはゴッホで有名なんですとか適当のことを言ってるマルス。

サンアンドリーユ修道院にて。
ここの神父と交渉するマルス。テオはどこだ?

テオは若い男です。
運がいいのかサイコロ3つを使わせる。何だかダメみたい。
帰ろうするマルスですか教会の鐘が3時を知らせたとこで15時以降だと思い出す。
またテオにサイコロを使わせます。そうなると続けて4-2-1を出します。
テオの強運は15時から24時間だけの制限があります。

テオはここから出たことがないと説明する神父。
マルスは妻子2人が重病なんですと出任せを言って説得する。
それでもダメなマルスはビッコをひいて同情を誘って帰ろうとする。
24時間でテオを返しますと神父と交渉するマルス。
そんなこんなでテオを連れて行くマルス。

ここまで26分経過です。
この作品ですがビデオ撮りみたい。東映のVシネマと同じような感じ。

今度はサクレクール寺院に行くようです。
アジア系の観光客はもうどうでもよくなってます。さすがカモな客だ。

母親は占い中。マルスに電話をする。

クルマで移動中のマルスに母親から電話です。
速度取り締まりレーダー探知器に雷が落ちて助かったマルス。そんなわけでテオがいれば強運らしい。
寺院の前にカジノに行くようです。

グランカジノにて。
ここに来ています。アジア系観光客は大喜びでカジノに突撃していなくなる。
残ったマルスとテオ。まずは店のソフィアに電話する。万事順調。
テオを説得にかかるマルス。カジノでテラ銭の95パーセントは教会の修理に当てられるとか出任せを言ってます。

テオにその服ではダメだとアジア系観光客のトランクをこじ開けてるマルス。
白人ギャグがどんどんエスカレートしていきます。
テオに合う服が見つかったみたい。

カジノに入るマルスとテオ。
普通に歩けとテオに説教するマルスですがテオからビッコはどうしたと突っ込まれる。

ルーレットをやるマルスとテオ。マルスの有り金50ユーロから始めます。
マルスが例えで36と言ったらテオは36にチップを置く。これはマルスが言った数なので40ユーロをすってしまう。残りは10ユーロだけです。
テオはまた36にチップを置く。今度は自分の意志で置いたとテオ。当りです。

店にて。
ソフィアと同僚から大丈夫なのか?と言われてる。
3万ユーロあると言われると同僚は引っ込む。
マネージャーが来ます。マルスという男から電話があったと知らせる。

誘拐した2人のうち片方のの名前セルゲイ。
名前からすると典型的なロシアンマフィアです。

カジノにて。
順調に儲けてるマルスとテオ。
テオは儲けては教会のためにならないと負けようしてるが勝ってます。
隣り席のオバサンがテオに便乗して同じ数に賭けて勝ってます。
テオはすってるオッサンに負けるためにどうしてるのか?と嫌味ではなく天然で聞いてます。

アジア系のお客はスロットマシンをやってます。儲けてるかは不明。
カウンター席でソフィアに電話するマルス。テオは放ったらかし。

テオの隣り席オバサンは2万8千ユーロ儲けたと引き上げています。
次はあの不運なオッサンが来てます。全財産をすったら首吊りだとなってます。
テオと同じ13にするオッサン。

カウンター席のマルスはソフィアと電話する。
最初は誰なの?と言われてるマルス。
3万ユーロを用意したとマルス。今夜カネを持っていく。

で、マルスがルーレットに行くとテオのチップがありません。
テオは不運なオッサンに同じ数に賭けて全部すってこれで教会のためになった主張する。

ロシアンマフィア2人はクルマで移動中。
後席には人質のサーシャを乗せてます。ゲームをやってるサーシャ。
1人はそのゲームは暴力的で悪影響を与えるとやめさせようとしてます。マフィアなのに。

カジノにて。
ヤケになって暴れていたので外に放り出されてるマルス。
ガックリのマルス。何だかわからんテオ。
祈りよりカネが必用なんだとマルス。俺は運が悪いだとテオから離れれば池に落ちる。

修道院がカットバックで短く入ります。
宗教画が出てきてこれと同じ感じになるらしい。

アジア系観光客は置き去りにしてクルマで移動するマルスとテオ。
GS寄ってガソリンを入れるついでにテオがくじ引きをしてぬいぐるみをゲットしてます。

もう夜です。繁華街を移動するマルスとテオ。
ストリップバーに来てます。カネがないのにどうするつもり。
まだ妻子が病気の話しをしてるマルス。信じてるテオ。
ソフィアで来てありがとうと言ってるがお金のことをまで言ってない。
何だかテオとソフィアは知り合いみたいな感じ。マルスにはわからん。
で、浮世離れしてるテオはヤクでラリッてることにしてるマルス。

3人でストリップバーに入ります。カフェはもう閉まってるでこうなった。
テオには女の子を付けてるソフィア。

クルマで移動するマルスとソフィア。テオを置いていったら強運はなくなる。
で、カネはないんだと話すマルス。驚愕するソフィア。
3万ユーロは息子の身代金なのよとソフィア。
とにかくクルマで移動してます。

ストリップバーにて。
女の子とテオ。
テオが修道士と聞くと結構受けてたりする。

クルマで移動中のマルスとソフィア。
上手い具合に息子の乗ったクルマを見つけて尾行となります。
身代金はないけどとにかく尾行はする。
パリの街は相変わらず路上駐車だらけです。これが普通だと思う。

ストリップバーにて。
女の子とテオ。
会話から女の子の名前はシンディとわかる。シンディからキスになってます。

クルマで移動中のマルスとソフィア。
ロシアンマフィアのコネで来たソフィア。売春はないはずだったが違っていた。
ストリップバーを辞めるには手切れ金がいる。

ロシアンマフィアが入った店に潜入するソフィア。1人で何とかするつもり。
会話から2人組の片方の名前がピョートルとわかり。セルゲイとピョートルです。
この店は生演奏が入った食堂兼酒場といった感じです。

クルマで待ってるマルスに電話です。
母親からあなたには女性が必用だと生まれ等のデータを言ってます。

店にて。
そんなこんなで息子を連れ出したソフィア。
クルマで脱出となります。
しかしソフィアがマルスの名刺を落としてました。電話番号も書いてある
マフィアコンビには親分から電話がかかってきたが問題ありませんとごまかす。

ストリッパーに戻るソフィア。ここにいたテオを連れ出す。
4人でマルスの自宅アパートに行くようです。

マルスの自宅アパートにて。
階段を登った4階です。で、ドアのキーを折ってしまうマルス。
何とかするといなくなるマルス。残ったテオとソフィア。息子は寝てる。
ハシゴを使って窓から入り込むマルス。慣れてるらしい。
ようやくドアが開いて他の3人が入ります。

テオにソフィアに何を言ったとしつこく聞くマルス。
ソフィアは仕事に行くといなくなる。

ストリップバーにて。
仕事中のソフィア。
仕事を終わってマネージャーに今日で辞めると言い出すソフィア。
もめそうな感じですが何とかなってます。4000ユーロやるからやらせろの取引は断ってます。

マルスの自宅アパートにて。
息子と金魚にいたずらしてます。外に放り出してしまう。
そんなとこにオッサンが来ます。マルスに説教してるので母親の兄か弟みたい。アントワーヌという名前です。

テオにはソフィアと息子を自分の病気の妻子ということにしてるマルス。
さすがに何だかおかしいとなってるテオ。違うだろと突っ込む。
ハンドガン型ライターで狂言自殺をやらかすマルス。テオは止めてる。

そんなとこにマフィアコンビが接近してます。
マルスの電話番号から足がついたわけです。

息子はハンドガン型ライターでマルスとテオを脅してます。とにかくそうなってる。
ハンドガンがライターだわかってテオは怒って出ていく。説得しようとするマルス。

マフィアコンビとは入れ替わりになってます。
そんなわけでマルスとテオがもめてるとこで息子の悲鳴が聞こえる。

マルスが戻るがアッサリとノックアウトされる。
短い夢を見てるとこで戻ってきたソフィアに起こされる。
息子が消えたのでそれでどうする?となる。

テオが戻っています。荷物をとりにと電車賃貸して欲しいと言ってます。
また息子が誘拐されたと伝えます。

電話です。脅迫で3万ユーロから6万ユーロに値上げです。
払わなければガキは臓器商人に売ると脅かしてます。明日の正午に6万ユーロだ。

テオは祈れば救えると主張するがそれどころではない。
ついてにソフィアはマルスの妻ではないと言ったりするのでまたもめてます。
怒って帰るテオにまたカジノで儲けようと持ちかけるマルス。
そんなこんなで助けに行くのかカジノにいくのかでもめてます。

ストリップバーにて。
またここに来てるソフィア。
オーディション中のマネージャーにコンタクトするソフィア。
マネージャーの両手を接着剤で付けてます。10を数えてねとお願いしてる。
それからキーをゲットし金庫を開けるソフィア。

マルスの自宅アパートにて。
マルスとテオ。
テオにスクラッチのくじをやらせています。さすがにそんなに都合よく当らない。

ストリップバーにて。
金庫には12000ユーロしかない。
もう銀行に預けたとうそぶくマネージャー。

マルスの自宅アパートにて。
マルスとテオ。
まだスクラッチのくじをやってます。何とか48000ユーロぐらいになった。
そんなところにソフィアが戻ってきます。12000ユーロなのでちょうど6万ユーロになった。映画だから。
電話するソフィア。受け渡しの打ち合わせです。
サクレクール寺院が受け渡し場所です。何だかおなじみな感じ。

部屋の外に出たところでマルスがクルマのキーを忘れて取りに行く。
唐突にテオにキスしてるソフィア。
それはいいけどいきなりか引ったくりにカネの入ってトランクを盗まれしまう。
引ったくりを追いかけるテオ。物騒な街です。
戻ったマルスがテオを追うが引ったくりには逃げられてしまったあとでした。
それでどうする。

サクレクール寺院にて。
宗教の絵からのインスピレーションの案でトランクに鳩を入れて空けてビックリしたとこを取り押さえるとなります。
寺院に光が差してるを見るテオ。話しの通りになった。

取引にて。
まずは太った方が来ます。そうなるとピョートルの方です。
いよいよトランクを開けるがカギが開かないでのピョートルにやらせます。
いきなりハンドガンでトランクを撃ちまくるピョートル。トランクは開いたが鳩は当然蜂の巣で血まみれです。作戦は失敗となる。

そんなとこでいきなり警察だと張り込みの警察達が大勢出てきます。
これはビックリのロシアンマフィアコンビ。マルスもビックリ。
どうやらマルスの当局の知人が勝手にやっていたようです。
それはいいけど撃たれたマルス。馬の蹄鉄で助かったなと言われるが実は足の甲を撃ち抜かれていました。死にはしないけど非常に痛い。

とりあえずマルスに感謝してるソフィア。キスの前にマルスは担架が運ばれてしまった。
当局の知人はあれからずっと盗聴していたとマルスに説明してます。
彼女は今日強制送還だと言ってます。

テオは1人ベンチに座ってます。
神父が来ましたがテオは消えてます。鳥カゴの鳥もいなくなってます。

病院にて。
車イスのマルスを押してるテオ。
マルスはナースとぶつかってそのナースが幼なじみのソフィだとわかる。
そんなわけでソフィといい仲になってます。

テオはソフィアに電話してます。そうなるとどうなる。
黒味になってエンドとなります。

スクロールする後タイトル
ローラン・デュソ監督
キャスト
スタッフ


そんなわけでお気楽コメディのまあまあな作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『その女諜報員 アレックス』 | トップページ | Hollywood Express #862◆2020.02.08(土) »

映画」カテゴリの記事

2000年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『その女諜報員 アレックス』 | トップページ | Hollywood Express #862◆2020.02.08(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。