映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『オルガ・キュリレンコ 慰めと報酬』 | トップページ | ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シャーロック・ホームズの殺しのドレス』 »

2020.02.10

Hollywood Express #862◆2020.02.08(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆ディズニーアニメ『バンビ』 Bambi (1942) のリメイクが発表された話題。『ライオン・キング』 The Lion King (2019) と同じように実写とCGIを合わせた超実写と称する方式でリメイクされるそうです。ディズニーなのでいつものような出来でしょう。
◆クライム・ドラマ The Burnt Orange Heresy (2019) にミック・ジャガーが出演する話題。ミック・ジャガーは若い時から時々映画に出てます。有名なミュージシャンなのでさすがに存在感はあるけど出演作品に恵まれてるデヴィッド・ボウイほどでのキャリアではない。
◆『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』 Fast & Furious 9 (2020) の予告編が公開された話題。このシリーズ本家のビン・ディーゼルは相変わらず家族の絆路線でやってるようです。果たして出来は?
◆クエンティン・タランティーノ監督がコダックフィルムアウォードで生涯功労賞を授与された話題。クエンティン・タランティーノ監督は映画をフィルム撮影してるのでコダックのお得意様なのです。
◆『コンテイジョン』 Contagion (2011) がiTunesで人気になってる話題。この作品は現在の新型コロナウィルスの正確なシミュレーションになってるそうです。
『コンテイジョン』(2011年)
◆ Fantasy Island (2020) の予告編が公開された話題。1970年代のTVシリーズ Fantasy Island (1977–1984) をホラーにしたそうです。ルーシー・ホール、マギーQ主演。果たして出来は?
◆ロン・ハワード監督がポリティカル・サスペンス The Fixer の監督に決まった話題。アメリカ当局とマフィアがフィデル・カストロ暗殺を計画した話しのようです。
◆2018年に配信された『好きだった君へのラブレター』 To All the Boys I've Loved Before (2018) の続編『好きだった君へ: P.S.まだ大好きです』 To All the Boys: P.S. I Still Love You (2020) の話題。複数カップルのグランドホテル形式の設定らしい。何だかわからん。原作ジェニー・ハンのインタビューがあります。

◆red carpet
◆『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』 Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn (2020) のプレミアの風景。マーゴット・ロビー、クリス・メッシーナ、脚本クリスティーナ・ホドソン、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、キャシー・アン監督のインタビューがあります。監督、脚本、主演が全て女性だそうです。果たして出来は?

◆inside look
◆ The Rhythm Section (2020) のメイキング。ブレイク・ライブリーがジュード・ローの特訓を受けて復讐する話しらしい。鼓動はドラム。呼吸はベース。それで The Rhythm Section となるようです。なるほど。
◆ Gretel & Hansel (2020) のメイキング。魔女役のアリス・クリーグは『サイレントヒル』 Silent Hill (2006) でも魔女みたいなキャラで出ていました。ショーン・ビーンも出てて珍しく死なないけど役立たずの役でした。ショーン・ビーンらしい。主役はラダ・ミッチェルでナウシカみたいに活躍してました。
『サイレントヒル』(2006年)

◆Hollywood gossip
◆ミラ・ジョヴォビッチが第3子を出産した話題。子供ですがお姉さんはママソックリ。妹はパパソックリ。3人目はどうなる。パパはポール・W・S・アンダーソン監督。
◆ポール・W・S・アンダーソン監督ですがネットでは下手くそな監督とこき下ろされてますがまあ普通の腕前の監督です。

◆Hollywood gossip速報編
◆カーク・ダグラスが亡くなった。享年103歳。功成り名遂げて天寿を全うしました。RIP
◆スタンリー・キューブリック監督に説教w出来る唯一の人がカーク・ダグラス。2人とも見た目通りで有能だが気難しいタイプ。同じタイプ同志なら馬が合いそうな気もするがそうではない。そんなわけで『突撃』 Paths of Glory (1957) に出てやって『スパルタカス』 Spartacus (1960) の監督をやらせてやった。お前が映画監督としていい暮らしを出来るの誰のおかげなんだと恩を着せてます。マジで自伝にそう書いてます。あの世に行ったら速攻でキューブリック監督にまた説教してると思える。
◆カーク・ダグラスの出演作品でお勧めは『探偵物語』 Detective Story (1951) になります。自らのコンプレックスと偶然の不運で色々とあり過ぎる男の物語。映画を見て泣いたことはない私が泣いた映画2本のうちの1本です。自信を持ってお勧めします。
もう1本泣いたのは『曽根崎心中』(1978年)です。
『探偵物語』(1951年)

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』 Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn (2020) キャシー・アン監督、マーゴット・ロビー、ユアン・マクレガー主演のDCアメコミアクション。ハーレイ・クインの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ The Last Full Measure (2019) トッド・ロビンソン監督、セバスチャン・スタン、クリストファー・プラマー主演のベトナム戦争後遺症ドラマ。命の恩人に勲章を送るために色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆今週はNFLスーパーボウルがあって誰も映画なんか見に行かない週です。そんなわけで興行は全体的に低調だったようです。
◆肝心のNFLスーパーボウルの結果ですが私が大嫌いなサンフランシスコ・49ersが負けたのがよかった。いつものようなゲーム開始前が1番盛り上がるワンサイドゲームではなく珍しく接戦逆転になっていました。そんなわけでカンサスシティ・チーフスが優勝してます。おめでとうございます。
◆10位が The Rhythm Section (2020) リード・モラーノ監督、ブレイク・ライブリー、ジュード・ロー主演のクライム・アクション。復讐する話しのようです。興行収益totalは270万ドル。興行は沈没したようです。批評もよくない。こまったものです。
◆9位が The Turning (2020) フローリア・シジスモンディ監督、マッケンジー・デイヴィス、フィン・ウルスハード主演のヘンリー・ジェームズの有名な原作『ねじの回転』 The Turn of the Screw (1898) のリメイク・ホラー。ベビーシッターが子供2人に悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは1160万ドル。
◆8位が『ストーリー・オブ・マイライフ/ わたしの若草物語』 Little Women (2019) グレタ・ガーウィグ監督、シアーシャ・ローナン、エマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン主演のドラマ。若草物語の話しのようです。興行収益totalは9880万ドル。
◆7位が『スターウォーズ/ スカイウォーカーの夜明け』 Star Wars: Episode IX - The Rise of Skywalker (2019) J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、アダム・ドライヴァー主演の『スターウォーズ』シリーズ全9部作完結編の最新作大作。いつもと同じ話しのようです。興行収益totalは5億700万ドル。
◆6位が The Gentlemen (2019) ガイ・リッチー監督、マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム主演のクライム・コメディ。いつもの犯罪絡みの話しのようです。他にコリン・ファレル、ヘンリー・ゴールディング。女優さんミシェル・ドッカリー。興行収益totalは1830万ドル。
◆5位が『ジュマンジ/ネクスト・レベル』 Jumanji: The Next Level (2019) ジェイク・カスダン監督、ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック主演の『ジュマンジ』シリーズ続編アドベンチャー大作。いつもと同じ話しのようです。女優さんはカレン・ギラン。興行収益totalは2億9120万ドル。
◆4位が Gretel & Hansel (2020) オズ・パーキンス監督、ソフィア・リリス、サミュエル・リーキー主演の童話ホラー。グリム童話でホラーする話しのようです。興行収益totalは610万ドル。
◆3位が『ドクター・ドリトル』 Dolittle (2020) スティーヴン・ギャガン監督、ロバート・ダウニー Jr.、アントニオ・バンデラス主演のリメイク・ミュージカル大作。動物と会話出来るドクター・ドリトルの話しのようです。興行収益totalは5510万ドル。
◆2位が『1917 命をかけた伝令』 1917 (2019) サム・メンデス監督、ジョージ・マッケイ、ディーン・チャールズ=チャップマン主演の全編ワンショットの戦争映画。伝令で悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは1億1900万ドル。
◆1位が『バッドボーイズ フォー・ライフ』 Bad Boys for Life (2020) アディル・エル・アラビ、ビラル・ファラー監督、ウィル・スミス、マーティン・ローレンス主演の『バッドボーイズ』シリーズ久しぶりの続編大作アクション。女優さんはヴァネッサ・ハジェンズ。いつものようにアクションする話しのようです。興行収益totalは1億480万ドル。

◆ending
◆“(I'm Gonna) Love Me Again” from “Rocketman (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『オルガ・キュリレンコ 慰めと報酬』 | トップページ | ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シャーロック・ホームズの殺しのドレス』 »

映画」カテゴリの記事

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『オルガ・キュリレンコ 慰めと報酬』 | トップページ | ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シャーロック・ホームズの殺しのドレス』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。