映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« ベイジル・ラスボーン版ホームズ『恐怖の館』 | トップページ | Hollywood Express #859◆2020.01.18(土) »

2020.01.19

ベイジル・ラスボーン版ホームズ『死の真珠』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロイ・ウィリアム・ニール監督、ベイジル・ラスボーン、ナイジェル・ブルース主演のホームズ映画のようです。

1944年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆68分
原題◆The Pearl of Death
プロット◆盗まれた真珠と連続殺人を追う話しのようです。
音楽◆Paul Sawtell (uncredited)

キャスト
ベイジル・ラスボーン→探偵のシャーロック・ホームズ
ナイジェル・ブルース→相棒のワトソン医師

マイルズ・マンダー→主犯のジャイルズ
イヴリン・アンカース→手下のナオミ
ロンド・ハットン→凶暴な手下クリーパー
不明→皿洗いのナディ

デニス・ホーイ→レストレード警部
メアリー・ゴードン→ハドソン夫人

ハリー・コーディング→石膏像工房の主人ゲルダー
イアン・ウルフ→骨董屋の店主
チャールズ・フランシス→フランシス・デグビー館長
リチャード・アハーン→ベイツ警備員 (as Richard Nugent)
リリアン・ブロンソン→殺されたハーカー少佐の家政婦
コニー・レオン→殺された老婦人の知人か身内のケアリー夫人
ジョン・マーキー→ジュリアン・ボンコート医師

ロイ・ウィリアム・ニール監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホームズ映画になってます。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面
『死の真珠』
The Pearl of Death

バックにはUniversalのタイトル音楽が流れる。

タイトル
Universal presents

Basil Rathbone Sherlock Holmes
and
Nigel Bruce Doctor Watson
in
The Pearl of Death

with
Dennis Hoey Lestrade
Evelyn Ankers Naomi Drake
Miles Mander Giles Conover
Ian Wolfe Amos Hodder
Charles Francis Digby
Rondo Hatton The Creeper
スタッフの紹介
原作は『6つのナポレオン像』になってます。

船にて。ドーバーとカレーの定期船らしい。
御婦人が登場。名前はナオミ。
船室のオッサンが真珠をトランクに隠してます。電報で呼ばれます。
この隙にナオミが合い鍵で船室に入っています。
船員があと15分でドーバーですと知らせてます。
上手い具合に仕事をしたナオミは合い鍵を海に捨てる。

ナオミの隣の椅子で寝てたオッサンが登場。神父らしい。
先ほどのオッサンが船室に戻ってます。
バラが自慢の神父。ナオミは税関がうるさいのでカメラを預かってと頼み込む。
引き受ける神父。

ドーバーの税関にて。
美術の運搬人のオッサンが真珠を申告するがトランクから出したケースは空でした。
ボルジア家の真珠ですと説明したのに肝心の真珠が無いのでこれはビックリのオッサン。

神父とナオミ。
カメラはナオミに戻ってます。このまま別れてます。

ナオミは迎えのクルマに乗り込む。
ジャイルズと呼んでしまいクルマに入る前に呼ぶなと怒られてるナオミ。
クリーパーの話しをするジャイルズ。クリーパーが苦手なナオミ。

で,カメラの中味を調べるジャイルズ。真珠はなかった。メモが入ってます。
ボルジア家の真珠は持ち主に返しておく。S.H.
シャーロック・ホームズなのか?とジャイルズ。

ホームズの自宅アパートにて。
留守番のワトソン。そんなことに帰宅するホームズ。
変装を外しながら5万ポンドの真珠だと説明してます。
それからナオミとジャイルズの話しになってます。ヨーロッパ中を荒らし回ってる。

そんなところに誰かが来ます。これはレストレード警部でした。
ワトソンは真珠を口の中に隠していました。それがオチかい。

ロイヤル・リージェント美術館にて。
フランシス・デグビー。館長の部屋です。
ホームズ、ワトソン、レストレード警部が来てます。真珠を引き渡すホームズ。

真珠を厳重な警備の展示ケースに入れている館長。
ワトソンが真珠を盗む実演をやります。スイッチが入り非常ベルが鳴って非常ドアが閉まります。完璧な警備だとご満悦な館長。
ホームズは電動式警備装置はダメだと決め込んでます。

警備員の1人がベイツと名前がわかった。
怪しいヒゲの男がいます。怪しい清掃員もいます。→どうやらヒゲの男が清掃員になったらしい。

いきなりホームズは果物のお盆をひっくり返す。
その隙に壁のケーブルを抜いてます。

壁の絵画を外してみろとワトソンにいいます。ワトソンは辞退してレストレード警部が盗む実演をやる。
非常ベルは鳴りません。ホームズが壁のケーブルを抜いたからです。
ここを清掃員の男が掃除するふりをして伺ってます。

種明かしをするホームズ。壁のケーブルを抜いたからだと。
そんなわけで電動式は当てにならないと言いたいわけです。
まだ清掃員の男が伺ってます。それでいいのか。

その清掃員は突然階段を登って窓を割って逃げたので大騒ぎになってます。
館長室のドアもロックされて出れない。
それで展示ケースの真珠が盗まれてます。ホームズはケーブルを抜いたので非常ベルは鳴らなかった。
犯人は清掃員だと報告があります。
そんなわけで面目丸つぶれのホームズ。どうするんですと皮肉を言う館長。

犯人のジャイルズ・コノバーはわざと捕まったようです。清掃員に変装していた。
ホームズはジャイルズがどこに真珠を隠したのかを推理します。
無理やりでもジャイルズは2日しか勾留出来ないとレストレード警部。

警察にて。
起訴手続室のレストレード警部。
ジャイルズには出前をとらせる。おそらくこれで外部と連絡する。ここで情報をゲットする作戦になります。大丈夫なのか。
そんなわけでジャイルズが食べ終えた出前セットを調べるレストレード警部。
熱心に調べて急須にメモが入ってるのを発見するがこれはレストレード警部宛てのバカにしたメモでした。激怒するレストレード警部。ここはお笑いの一席といった感じ。

配膳室にて。
先ほどのの出前セットが皿洗いにきてます。
皿洗いの女がお皿を食べ残りを洗って皿に書かれた情報をゲットしてます。
会話から女の名前はナディとわかる。ナディは嫌味な上司と口論になって速攻で辞めてます。
『お前の代わりはいくらでもいる』と『こんなとこはいつだって辞めてやる』が対等な立場になってます。現在の日本でもこうありたいものです。

ホームズの自宅アパートにて。
バイオリンを弾いてるホームズ。そんなとこにワトソンが帰宅します。
どうやらワトソンはホームズをこき下ろした新聞記者を殴ったようです。そのようにホームズが初歩的なことだよと推理してます。

来客です。レストレード警部でした。
ジャイルズは保釈済みだと伝えるレストレード警部。で、殺人事件があったと話す。
被害者はフラス・ハーカー。軍人。背骨を折られていた。
この殺人事件に興味津々のホームズは現場に行きたがる。そんなわけで レストレード警部は迷惑そうにしてるがワトソンを連れて行きます。

殺人現場にて。
死体の回りはめちゃくちゃになってます。陶器の破片とのこと。
家政婦がいますがショック状態になっていて病院送りになります。
壁の絵から被害者はナポレオン好きとわかります。
レストレード警部は普通の強盗だろうとあまり乗り気ではない。
ホームズはそれは違うと否定する。皿や石膏像は割れているのよテーブル上の他の物は壊れていないとは指摘する。
オクストンの怪物クリーパーで関与してるらしい。クリーパーは脱獄した時に死んだのでは?となるが違うようです。
ホームズは割れた陶器を全部自宅アパートまで運んでくれと依頼する。割れた陶器なんてどうでもいいレストレード警部は承知する。

街にて。
ホームズとワトソン。歩きながら熱心に話しこんでます。
クリーパーはジャイルズの手下だ。
近くにはマッチ売りがいたりします。これがナオミでした。笛を吹いて合図をする。

そうなるとクルマがホームズとワトソンに接近する。
ワトソンにリボルバーを用意させてるホームズ。
いきなり撃ち合いになってます。クルマは逃げてしまった。

ホームズの自宅アパートにて。
ハーカー少佐殺害の新聞記者をスクラップしてるワトソン。
成り行きで新聞記事が腕に張り付いて行方不明になってます。
どこなんだ?と新聞記事を探してるワトソン。ようやく見つけました。どうやらギャグのようです。

そんなところに来客です。ジャイルズですが偽名を名乗る。
分厚いレンズの眼鏡。持参した分厚い本には仕込みナイフが仕掛けてあります。
ワトソンは来客にあなたは誰なのか推理しましょうとなるが全然当らない。
ファンズワース卿の兄弟?執事?違います。
テオヒリス・カービー。作家と名乗る来客。実はジャイルズです。
分厚い本はジョンソン博士の大辞典。ホームズへのプレゼントです。最初に本を開くのはホームズだけですと力説するカービー。
言うだけ言ってカービーは帰ります。

ワトソンは分厚い本を自分で開けようしてます。これは大変。
そんなところに電話です。間違い電話のようです。
また分厚い本を開けようとするワトソン。
そんなところにまた来客です。ハドソン夫人です。紅茶とお茶菓子を持ってくる。

ハドソン夫人と入れ違いでホームズが帰宅します。
ファーズワース卿のおじカービーが来たと伝えるワトソン。
ホームズは葉巻の匂いが気になる。カービーは葉巻を吸わないはず。
葉巻からジャイルズだと推理するホームズ。それで分厚い本をステッキを使って開けるとスプリング仕掛けでナイフが飛び出して天井に刺さる。これはビックリのワトソン。
ホームズはこんなことをするようならジャイルズはまだ真珠を見つけていないだろとうと推理します。

電話です。レストレード警部からまた殺人事件の知らせです。
老婦人が背骨を折られて死んだ。

殺人現場にて。
老婦人の死体の回りにはまた陶器の破片が散らばってます。
知り合いなのか親類なのかわからんケアリー夫人が証言してます。
陶器は英語ではチャイナと言ってます。お皿のことです。

死体の下には陶器の破片はないだろうと推理するホームズ。
実際に死体をどかすとありません。そうなると殺してから割ったことになります。
これには何か理由があるはずだと推理するホームズ。また陶器の破片を集めて送ってくれと依頼してます。
この事件。怪物は野放し理由も目的もわからんとホームズ。大変だということです。

ある家にて。
怪しい男が忍び込んでます。猫がいます。棚にある陶器に注目してる怪しい男。
オッサンが起きてきます。怪しい男に接近してアッサリとやられてます。
それからお皿を割ってる怪しい男。

新聞の見出しです。
またも同一犯。折れた背骨と割れた陶器。いかれた殺人犯いまだ逃走中・・・

ホームズの自宅アパートにて。
陶器の破片を調べてるホームズとワトソン。
何故お皿を壊すと議論になってます。
他に壊した何かを隠すためだとホームズ。石膏まで割ってると指摘するワトソン。
その石膏の破片を集めてと胸像の一部で帽子や軍の制服だとわかります。この軍人は誰だ?となります。
ジャイルズを捕まえた警備員にコンタクトするために外出するホームズ。

現場にて。
警備員に聞いてるホームズ。それにワトソン。
近くにゲルダー石膏像の工房があります。

工房にて。
ここに入り主人のゲルダーに質問するホームズ。警備員は帰ります。ワトソンはいる。
犯行当時にナポレオン像6体を製作していた。

ワトソンにジャイルズが何をしたか実演させてるホームズ。
奴は何をした?。短い時間で何をした?。
そんなこんなで真珠はナポレオン像1体の中に隠したとなります。
納品した店を聞きます。それでナオミらしき女が同じことを聞きに来たとのこと。
ホッダーの店に納品したとわかります。

ホッダーの店にて。
聞き込みのホームズはワトソン。
店員にナオミがいたりします。主人はおなじみのドイツ顔の俳優です。→イアン・ウルフ
ナオミは仕事初日にナポレオン像2体を壊したと愚痴が出てる主人。
主人から聞き込みをするホームズ。6体買って2体は店で壊れた。
残り4体。そのうち3体は少佐、ケアリー夫人、サンドフォードで殺された老婦人。
残り1体は誰が買った?となります。帳簿にはジョセフ・カルデゴット医師と記されてます。

ナオミは奥に隠れてジャイルズに電話をかけてます。

ホームズの推理で帳簿は書き直されてるとわかります。
最後に買ったのはジョセフ・カルデゴット医師ではない。似た名前だ。
主人は思い出そうとしてるが出てこない。それでどうなる。

ホームズは店の電話をとる。ちょうどナオミとジャイルズが通話中です。
ちょうどいいので黙って盗み聞きのホームズ。
ナオミはクルーバーは嫌がってるようです。クルーバーはナオミにぞっこんなんです。
電話を切ったジャイルズに変わってナオミと会話するホームズ。立派な騙りです。
本物の名前はジュリアン・ボンコート医師とわかります。
ワトソンに電話で通報するように指示したホームズは裏口に急ぐ。

裏口にて。
窓から逃げて非常ばしごを降りたことでホームズは警官に捕まるナオミ。
ナオミは警官に任せたホームズは急いでいます。

ワトソンはジュリアン・ボンコート医師に電話するが出ません。

ジュリアン・ボンコート医師の自宅にて。
ナポレオン像はあります。手術中なのか?。自宅兼病院なの?

クルマで移動中のジャイルズ。
他には運転手。後席にはクルーバーがいてナオミの持ち物を大事に握ってる。
ジュリアン・ボンコート医師の自宅に到着します。

ジュリアン・ボンコート医師の自宅にて。
勝手口から中には入るジャイルズとクルーバー。
手術中のボンコート医師に接近するジャイルズ。ナポレオン像の話しをする。
で、ボンコート医師はホームズの変装でした。これは見てる方もビックリ。

ジャイルズをホールドアップするホームズ。
隙をみて格闘アクションに持ち込むジャイルズ。アッサリとリボルバーを奪われてホールドアップされてるホームズ。それじゃダメじゃん。
そのホームズにケーブルを抜くのは美術館で見たと皮肉を浴びせるジャイルズ。

ホームズはクルーバーに聞こえるようにナオミの話しをする。
そんなわげでクルーバーに首を絞められるジャイルズ。これで退場になったようです。
ホームズにも迫るクルーバー。何だか撃ち合いになってるみたい。

ワトソンとレストレード警部。それに警官2人が駆けつけてます。
ドアが開いてホームズが出てきます。ボンコート医師は2階に避難してる。
あの2人には銃も手錠もいらないと話すホームズ。

ナポレオン像は帽子を被せて隠してありました。
像を割るホームズ。真珠はないのか?と思わせて実はありました。結構慌てていたようなホームズでした。

ホームズとワトソン。
この真珠はまた5人の血を吸ったと話すホームズ。
またボルジア家云々と格言らしきことを連発してます。

エンドとなります。
A Universal Picture
the players


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« ベイジル・ラスボーン版ホームズ『恐怖の館』 | トップページ | Hollywood Express #859◆2020.01.18(土) »

映画」カテゴリの記事

1940年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベイジル・ラスボーン版ホームズ『恐怖の館』 | トップページ | Hollywood Express #859◆2020.01.18(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。