映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シャーロック・ホームズ危機一髪』 | トップページ | Hollywood Express #854◆2019.12.07(土) »

2019.12.08

ベイジル・ラスボーン版ホームズ『ワシントンのシャーロック・ホームズ』

このホームズ映画の感想はネタバレ全開になっています。
ロイ・ウィリアム・ニール監督、ベイジル・ラスボーン主演のホームズ映画のようです。

1943年 Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆71分
原題◆Sherlock Holmes in Washington
プロット◆マクガフィンの秘密文書を巡る話しのようです。
音楽◆Frank Skinner

キャスト
ベイジル・ラスボーン→探偵のシャーロック・ホームズ
ナイジェル・ブルース→相棒のワトソン医師

マージョリー・ロード→結婚間近のナンシー・パートリッジ
ジョン・アーチャー→ナンシーの婚約者ピーター・メリアム大尉

ジョージ・ザッコ→組織の親玉スタンリー
ヘンリー・ダニエル→組織のイースター
ドン・テリー →手下のハウ 拷問専門
イアン・ウルフ→骨董店の店員 (uncredited)

ホームズ・ハーバート→内務省のアーレンス
ギャヴィン・ミューア→政府関係のバート・ラング
エドマンド・マクドナルド→グローガン警部補

ジェラルド・ハマー→ジョン・グレイソン事務弁護士/アルフレッド・ペティボーン諜報員
ギルバート・エメリー→ヘンリー・マーチモント卿
サーストン・ハル→バブコック上院議員

マーガレット・セドン→ネズミのプリングル婦人
アリス・フレミング→ヘンリー卿と一緒にいたジェリソン婦人
メアリー・フォーブス→Mother Pettibone (uncreditedn)
レジナ・レギナ→Mrs. Partridge (uncredited)
メアリー・ゴードン→ハドソン夫人

クラレンス・ムース→ポーターのジョージ
不明→鉄道会社のムーア

ロイ・ウィリアム・ニール監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホームズ映画になってます。
秘密文書は典型的なマクガフィンになってます。本『映画術』によると話しの進行のカギになるがそれ以上でもそれ以下でもない。これがマクガフィンです。
要するにマクガフィンの中味にこだわる必要はないんです。

コスミック出版発売のDVDにて。
画質は普通です。カクカクはある。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

cosmic pictures
一部に画像の乱れノイズがありますと一応著作権のアラートもある。
メニュー画面

『ワシントンのシャーロック・ホームズ』
Sherlock Holmes in Washingto
バックにはUniversalのタイトル音楽が流れる。
タイトル
Universal presents

Basil Rathbone Sherlock Holmes
and
Nigel Bruce Doctor Watson
in
Sherlock Holmes in Washingto

with
Marjorie Lord Nancy Partridge
Henry Daniell William Easter
George Zucco Stanley
Don Terry Howe
Holmes Herbert Mr. Ahrens
Thurston Hall Senator Henry
Edmund MacDonald Detective Lt.
Bradley Page Cad
Gavin Mui Bart Lang
スタッフの紹介
base on character created Sir Arthur Conan Doyle
原作はありません。ホームズのキャラクターだけのようです。
途中で一部隠されています。Universal Pictures

前説字幕
名探偵シャーロック・ホームズはコナン・ドイルが生み出した不滅のキャラクターだ
現在の重大事件でも彼は変わらず演繹的な推理を見せている。

ロンドン・ターミナル。空港にて。
イースターという男が登場。旅客機に乗る前の手続きをする。
ヘンリー・マーチモント卿の特使が登場。議員で秘密文書を持ってます。
最後にジョン・グレイソン。ファーローナッシュの事務弁護士。

旅客機は出発します。おなじみのダグラスDC-3です。
グレイソンは何だか目立つ。

ニューヨーク行きと出て飛行艇が着水してます。もうニューヨークのようです。
ダグラスDC-3が巨大飛行艇になってるわけです。昔の映画は豪快だ。

移動中の列車にて。
英国特使がワシントンに向かう。そんな感じになってます。

客室ではイースターと子分2人がミーティングです。
本物の諜報部員を突き止めるのが目的のようです。秘密文書を奪え。
ジョン・グレイソンが怪しいと見当をつけてます。ヘンリーは囮だろう。

移動中の列車のラウンジにて。
カウンターでバブコック上院議員とグレイソン。
ヘンリー卿は中年の御婦人と話し中。他にも色々といる。
ネズミを飼ってる別の中年の御婦人もいます。

グレイソンは若い御婦人のタバコに紙マッチで火を点けてます。
で、若い御婦人にわからないような紙マッチをバッグに入れてます。

いきなり照明が消されて大騒ぎになります。
グレイソンは拘束されている。
ネズミは逃げた。それがオチかい。

ワシントン駅にて。
若い御婦人の婚約者ピーターが登場。御婦人の名前はナンシー。
ナンシーに指輪をプレゼントするピーター。婚約パーティーがあるようです。
グレイソンはそのまま連行されています。ナンシーに挨拶はしてる。

新聞の見出しです。
列車から男性が誘拐される。
事務弁護士のグレイソン氏とみられる。
英国人が米国で行方不明。

ロンドンBBCのラジオニュースです。
ここでも同じニュースを流してます。

ホームズの自宅アパートにて。
ワトソンはクリケットの記事に夢中です。重大事件だと言ってる。
何故クリケットを見に行かないと言い出すホームズ。
初歩的なことだよとワトソンが行かない理由を解説してます。

そんなところに来客があります。英国政府の使いです。
内務省のアーレンスさんはホームズとワトソンも顔見知りのようです。

グレイソンの件ですかと察しがいいホームズ。話し込みます。
機密文書を運んでいたグレイソン。
外交特使のヘンリー・マーチモントは持っていない。囮だ。
グレイソンの実の名前はペティボーン。アルフレッド・ペティボーン。ホームズもワトソンも知っています。
機密文書はタイプされた2枚の紙だ。グレイソンは文書を隠したはずだ。
そんなわけで文書を取り戻すのがホームズの仕事です。

アメリカに行くことになるホームズとワトソン。
ワトソンは野球の試合が見れるのかと興味津々。クリケットだと思ってるのか?
その前にグレイソン=ペティボーンの自宅に行きます。

ペティボーンの自宅にて。
母親が出ます。ペティボーンの自室を見せてもらうホームズとワトソン。
家捜ししています。何故か天井から足音が聞こえてます。
どうやら文書は燃やされているようです。そうなると・・・
カメラマニアのペティボーン。他にも色々と収集しています。
アメリカの紙マッチがあります。
そうなるとナンシーのバッグに入れた紙マッチにマイクロフィルムが仕込んであるのか?

映写機があります。ここにあるマイクロフィルムを映写すると紙マッチが写る。
ホームズは紙マッチの厚紙を剥がしてマイクロフィルムを仕込んだと確信します。
これで目的はわかったとなります。

帰る時に母親と足音がしましたと話題になります。古い家ですだけで納得する。
しかし警戒したホームズが外にで出ると見せかけて出ないと屋根からブロックが落ちてきます。直撃したら死んでいる。下手人は逃げた。

タクシーで移動中のホームズとワトソン。
狙われているとホームズ。相手組織はカネも人員もあると警戒してます。

飛行機で移動中のホームズとワトソン。
もうニューヨーク上空です。ここは通過してワシントンに向かう。
アメリカのマナー本に夢中のワトソンはホームズから言われてニューヨークの景色を見る。ちょうどマンハッタンあたりが見れてます。

ワシントンの飛行場にて。
無事に到着してるホームズとワトソン。
政府のラング、グローガン警部補が紹介されます。

クルマで移動中のホームズとワトソン。
運転手にラングとグローガン警部補も乗って5人です。
リンカーン記念館が見えます。
ホームズは電報を受け取ったと言うがラングは聞いていない。
ワシントン記念塔が見えます。
連邦議会議事堂が見えます。
そんな感じでワシントンの名所が映像で紹介されてます。説明セリフはない。

ホテルにて。
電報で紹介されたホテルにしてるホームズ。
4人でミーティングです。グレイソンにコンタクトした乗客リストを検討してます。
プリングルさんはネズミの御婦人。
ジェリソン婦人の本を拾ったグレイソン。ヘンリー卿と一緒にいた。
で、グレイソンとコンタクトした議員や婦人の自宅が荒らされているとか。
相手組織は文書を探していると推測出来る。

そんなととこに大きなトランクが届けられる。
ホームズ宛てですがホームズは知らない。勝手に送られてきたトランクの中味は?
開けると映像では見せませんがグレイソンの死体でした。
誘拐されて殺されたグレイソン。たぶん拷問もされてる。
グレイソンは本名ペティボーンで英国の諜報員ですと説明するホームズ。

全員でこの事態を推測します。
文書はすでに手に入れてグレイソンには用がなくなった?
それは違うと指摘するホームズ。

トランクや死体を包んだ毛布は当局の研究所で調べることになります。
ホームズとワトソンはラウンジ車両を調べに行きます。

保管されてるラウンジ車両にて。
ポーターと鉄道会社のムーアが案内します。
しかしラウンジ内はめちゃくちゃに荒らされています。
当局の調べは終わっててその後にこうなったと推理するホームズ。

現場検証のホームズ。
とにかく現場を再現するホームズ。ワトソンに代役をやらせる。
若い女性の隣にマーチモント氏。ジェリソン婦人と訂正してるポーター。記憶力はいい。
タバコに火を点けた話しをするポーター。

ポーター若い女性をに迎えに来たのはどんな男?と聞くホームズ。
制服から海軍のパイロットの大尉。休暇が3日で婚約パーティのことを証言してます。
指輪のことも憶えてます。優秀な証人のポーター。たいしたものです。
そんなこんなで現場検証は終わります。黒人のポーターにチップをやるホームズ。

アジトにて。イースターと他2人。
新聞に写真が載ってるこの女性だろうと見当をつけてます。
花瓶に仕込んだインターホンでボスと連絡をとってます。
配膳業者が1人。客が1人。残りは泥棒。そんな段取りになってます。

ホテルのホームズとワトソン。
フラッシュゴードンの漫画を見て感心してるワトソン。
それでホームズが社交欄を見ているのからかう。
ホームズとこの女性だと推理してます。大尉と婚約するカップルは他にはいない。

その女性の自宅にて。あとでわかりますが名前はナンシー。
タバコに火を点けるナンシー。あの紙マッチを使ってます。
早速怪しい男が外から伺ってます。

タクシーで移動中のホームズとワトソン。

ナンシーの自宅にて。
婚約者のピーターが来てキスになってるナンシー。
改装した2人用の部屋の話題になってます。見に行くのか?
紙マッチをナンシーのバッグにしまう。部屋から出る2人。
入れ替わりに男が侵入して家捜しをする。文書はない。

婚約バーティにて。
客と配膳業者になってる組織2人も入り込んでます。
ナンシー・パートリッジ、ピーター・メリアム大尉がフルネームです。
まずはピーターを改装部屋に呼び出す組織。小部屋にたたき込む。
次はナンシーを呼び出して薬で眠らせてカーペットでくるむ。

その前にピーターですが紙マッチをナンシーから借りる。
その紙マッチはピーターの上司がまた借りる。
上司は紙マッチをウエイターのお盆に置く。そのままです。

お盆の紙マッチは次から次へと使われる。またお盆に戻る。
呼ばれたナンシーはお盆の紙マッチを回収してバッグに入れた。
これで誘拐されてしまう。

タクシーで到着のホームズとワトソン。
外でラングと話し込んでる後ではカーペットがクルマに積まれています。
さすがのホームズもデータがないのでわからん。

パートリッジ婦人から話を聞くホームズ。
ナンシーはいなくなった話題になるがあまり気にしてないパートリッジ婦人。
敷物に何か問題がと聞くホームズ。気がついていたようです。
とりあえず改装部屋を見に行きます。

改装部屋にて。
足跡が作業員のゴム底以外にもあることに気がつくホームズ。
革靴にヒールがある。ヒールの足跡はここで消えたと敷物のとこです。

カギのかかったドアを開けるとピーターが昏倒しています。
ここはワトソンが具合を確認する。
ホームズはラングと打ち合わせです。まだ研究所のトランクの手がかりはない。

研究所にて。
ここに来て自分でもトランクや毛布を調べるホームズ。
この毛布は家具を梱包してたとワトソンに話すホームズ。古い椅子だ。
そうなるとアンティークな骨董店が怪しいとなります。
ナンシーの命も危ないので急を要する。

ホームズとワトソンが色々な骨董店を聞き込みするモンタージュが入ります。
たどり着いたのがスタンリー骨董店です。ここに違いないとホームズ。

スタンリー骨董店にて。
店の前のホームズとワトソン。それでどうする。

店内のアジトにて。
スタンリーとナンシー。
まだ元気なナンシーはカーペットで誘拐なんてひどいと抗議してる。そんな場合か。
スタンリーは文書を渡せと言ってるがナンシーには何だかわからん。
そのスタンリーですが紙マッチを持っています。2人とも知らない。
グレイソンとコンタクトしたがスタンリーの根拠です。
彼は死んだとナンシーを脅かすスタンリー。

ナンシーはグレイソンを覚えていないようです。グレイソンの影の薄いタイプは目に入らないでしょう。
それにナンシーは紙マッチを受け取ったとは知りません。
タバコに火を点けたいナンシー。スタンリーが紙マッチを使う。
で、紙マッチのことを思い出したナンシー。しかし話さないようです。
スタンリーはインターホンで手下のハウを呼びます。拷問専門です。これは大変。

店の前にて。
まずはホームズが客として入り、外で待機のワトソンがホームズから合図をされたら当局に通報する。そんな段取りになります。

入店したホームズはこれは偽物だとクレーマーになって騒ぎを起こす。
店員のオッサンがこの当時は悪役でよく見るドイツ顔タイプです。名前はわからん。
ホームズは鏡の照明を消してこれがマジックミラーだと見破る。隣りの事務所から店内が見られる仕掛けです。
ホームズは研究所から持ってきた破片が売り物に一致すること確認します。この店が組織のアジトなのは間違いない。
親指を立ててワトソンに合図を送ります。ワトソンは通報しに行く。

わざと壺を割るホームズ。
店員から2300ドルを請求されます。いや600ドルだろと不毛な会話になってます。
経営者を呼べとクレーマーと化してるホームズ。

そんなわけで店員はインターホンで経営者に連絡する。
経営者のスタンリーは事務所に通せと伝える。

事務所にて。
スタンリーは秘密の隠しドアから事務所に入る。ドアはエジプトの縦型棺桶です。
これが安っぽいセットなのがいい。ユニバーサル得意のミイラシリーズのセットの流用です。

ホームズとスタンリー。
まだ紙マッチを持ってるスタンリー。
ホームズは気が付いてます。まずは普通のクレーマーの会話をする。
600ドルだ。それでいいとあっさりと譲歩するスタンリー。
それでホームズはどうする。何が望みだホームズ君と言い出すスタンリー。
最初から正体を見破られていたホームズ。それじゃダメじゃん。

本名はケンクル、今はリチャード・スタンリーかと負けずに正体を暴くホームズ。
ドイツ皇帝の秘密諜報員、現在は機密売買の國際スパイ組織の親玉というわけです
私は骨董店をやってる善良な市民だとうそぶくスタンリー。

ホームズはタバコを出して火を点けて欲しそうにする。
スタンリーも別に損はないので紙マッチで点けてます。そのままポケットしまう。
それでホームズはどうする。

書類は切手の大きさになってると話し始めるホームズ。
ナンシーを帰せと取引の材料にしてます。
書類を探すホームズですが物入れを用心して開けるとトラップになってました。危ない。

成り行きでリボルバーをゲットするホームズ。
花瓶のインターホンを見つけて手下にナンシーを連行してこいと命じる。

しかしホームズは用心したつもりで隠しドアに背を向けてしまう。
そんなわけで出てきた手下達に捕まるホームズ。それでどうなる。

ホームズとスタンリーですが勝負はどうなんだとまだ口論してます。
で、ナンシーには君を助けに来たが失敗したと言ってるホームズ。こまったものです。
それでもピーターは無事だとフォローしてるホームズ。

そんなこんなでいよいよ危険な状態になるホームズとナンシー。まずは縛られます。
いよいよリボルバーで片づけようとするスタンリー。
そんなとこに店側から大きな音がします。警察が押し込んできたようです。

事務所に警察がなだれ込んで大騒ぎになります。
そんなこんなでスタンリーは逃げて手下は捕まった。ホームズとナンシーは助かった。

ホームズはタクシーに乗って上院議員のとこへ行けと言ってます。そうなの?
スタンリーが書類はバブコック上院議員が持ってると判断したと推理してるらしい。

バブコック上院議員の自宅にて。
支持者達からの嘆願書にうんざりしてる上院議員。
そんなところにホームズが来ます。リチャード・スタンリーが命を狙っていますと用件を伝える。
グレイソンから封筒を受け取ってる上院議員。この切手だとなります。そうなの?

そんなところにスタンリーがリボルバーで押し込み封筒を渡せとなります。
ホームズはタバコを吸っていいかと言い出す。紙マッチで火を点けるスタンリー。
上手いことを言って紙マッチをゲットするホームズ。それでどうなる。

用が済んだスタンリーは引き上げようとする。
しかしドアの外には当局一行がいて後からスタンリーを押さえつけて逮捕してます。

封筒を取り返す上院議員。しかしホームズと封筒を燃やしてしまう。
で、これですよと紙マッチの厚紙を剥がしてマイクロフィルムを見せる。

エピローグ
クルマで移動中のホームズとワトソン。
連邦議会議事堂を見て民主主義云々と言うホームズ。
他にも色々と格言らしきことをいいますが当時のチャーチルの引用でした。
エンドとなります。
A Universal Picture
the players


そんなわけで普通のホームズ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


« ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シャーロック・ホームズ危機一髪』 | トップページ | Hollywood Express #854◆2019.12.07(土) »

映画」カテゴリの記事

1940年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベイジル・ラスボーン版ホームズ『シャーロック・ホームズ危機一髪』 | トップページ | Hollywood Express #854◆2019.12.07(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。