映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『デザート・ストーム』 | トップページ | Hollywood Express #852◆2019.11.22(金) »

2019.11.24

『ロストサンクチュアリ』

この学校でホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
マシュー・オルランド監督、ミーシャ・バートン主演の仇討ちホラーのようです。

2013年 Jamie Kennedy Entertainment/Levine Pictures/Archstone Distribution アメリカ作品
ランニング・タイム◆90分
原題◆A Resurrection
プロット◆ゾンビで仇討ちする話しのようです。
音楽◆ジェイコブ・ヨフィー

キャスト
ミーシャ・バートン→カウンセラーのジェシー
デヴォン・サワ→トラビス保安官助手
マイケル・クラーク・ダンカン→アディソン校長

J・マイケル・トラウトマン→何かに脅えてるイーライ
パトリック・レデバー→イーライの兄デヴォン

ニック・ジャンドル→アメフトのブランドン
ブレンドン・ミアーズ→アメフトのアレックス
スチュアート・ストーン→アメフトのニック
モーガン・ウォーク→チアリーダーのダイアン
アランナ・ジャネル→チアリーダーのタミー (as Alanna Romansky)

アニー・キトラル→魔女オバサンのブルハー
マシュー・ウィリング→ブランドンの父ヴィンス
アントニオ・コスタ→イグナシオ用務員
ジェイソン・マキュン→ケント保安官

マシュー・オルランド監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。
邦題が何だかピント外れです。アドベンチャー物かと思えた。

キュリオスコープ/アメイジングD.C.発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に少し黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

著作権のアラート

新作情報
キュリオスコープ◆『MAFIA マフィア』(2011年)◆ビング・レイムズのギャング映画。
キュリオスコープ◆『ダスト』(2012年)◆謎ホラー。買って見てます。
キュリオスコープ◆『恋に至る病』(2011年)◆日本映画。入れ替わりコメディ。
キュリオスコープ◆『悪魔の毒々モンスター<ノーカット無修正完全版>(1984年)◆ロイド・カウフマンのトロマの逆襲2013
キュリオスコープ◆『チキン・オブ・ザ・デッド/悪魔の毒々バリューセット』(2008年)◆ロイド・カウフマンのトロマの逆襲2013 第2弾
TWA◆『アース・ウォー』(2013年)◆侵略B級アクション。
TWA◆『ラブ・レクイエム』(2009年)◆カナダのB級アクション。

Curiouscope
Archstone Distribution
Levine Pictures
Jamie Kennedy Entertainment
タイトル
Archstone Distribution presents

in association with
Levine Pictures
and
Jamie Kennedy Entertainment

Mischa Barton Jessie Parker
Devon Sawa Travis
and
Michael Clarke Duncan Addison

A Resurrection

J. Michael Trautmann Eli Driggers
Nick Jandl Brandon
Stuart Stone Nick
Alanna Janell Tammy (as Alanna Romansky)
Morgan Wolk Dian
Annie Kitral The Bruja
Patrick de Ledebur Devon
Matthew Willig Vince
Brenden Meers Alex
スタッフの紹介
associate producerにミーシャ・バートン。名前だけか。
タイトルバックは学校や墓地の風景。怪しげなイラスト。雪が降ってます。

主人公イーライの自宅にて。
オナニーではなく悪夢を見ていたイーライ。
起きると外には誰かいます。ドアノブが動かされてます。
窓から外を見るといきなり血まみれの手が張り付いたりする。
と思ったら夢オチでした。それでどうなる。

ベッドでいい感じのカップルが登場。
カウンセラーのジェシーと保安官代理のトラビス。

イーライの自宅にて。
怪しいスケッチが大量にあります。

ジェシーとトラビス。
トラビスの父は牧師でジェシーは挨拶に行くのが何だか苦手そうです。

イーライの自宅にて。
デヴォンを偲んで。イーライの兄のことです。

学校にて。
1人だけ教科書を開かないでスケッチをしてるイーライ。

ジェシーのオフィスにて。
ドイル夫妻が来てイーライへの援助を打ち切る話しをするジェシー。
激怒した旦那のドイルは訴えてやると帰ります。
校長が来て何があった?と声をかける。

食堂にて。
アメフトとチアリーダーがいます。
そんなとこにイーライはチアリーダーのダイアンにスケッチを見せる。
彼がやってくると警告するイーライ。

ジェシーのオフィスにて。
トラビスと電話してるジェシー。会話からブレア保安官代理と名前がわかる。

イーライが下校する時に待ち伏せしたアメフトのブランドンが言いがかりを付ける。
そんなこんなでもめてるとこにオッサンの先生が止めに入る。
オッサンはアメフトのヘッドコーチのようです。

帰りがけのジェシーですが校長に止められる。
イーライのスケッチの件でもめたのでオフィスに戻るジェシー。

ジェシーのオフィスにて。
イーライは兄デヴォンを亡くしたばかり。自宅近くで轢き逃げされた。
ブランドン、ダイアン、アレックス、ニック、タミー、この5人がメンバーです。

イーライと面接するジェシー。
全く答えないイーライ。それでどうする。
ようやく兄は殺されたと話すイーライ。奴等全員に・・・
校長ですが廊下で待機しています。
奴らは嫉妬して兄を殺したと主張するイーライ。

回想です。
帰宅途中だった兄デヴォン。
そんなとこにクルマのブランドン一行が迫る。
そんな感じでマジにブランドンがクルマでデヴォンを轢き殺したようです。
それでどうなる。

外にて。
ブランドンのクルマを調べてる校長。
そんなとこにブランドンの父ヴィンスが来て校長に意見する。
鹿を轢いて修理に出したと領収書を見せてるヴィンス。
これには用意がよすぎるだろうと突っ込む校長。

ジェシーのオフィスにて。
面接中のジェシーとイーライ。
轢き逃げ事故の証人はニックだと主張するイーライ。

校長はニックを呼びます。

ジェシーのオフィスにて。
面接になるジェシーとニック。当然知らないと主張するニック。

墓地にて。
ジェシーの電話を受けるトラビス保安官代理。
轢き逃げされた高校生の話しになってます。
ちょうどデヴォンの墓にいるトラビス保安官代理。掘り起こしたら死体はなかった。
ジェシーにブランドン一行を引き止めてくれと伝えます。

ジェシーのオフィスにて。
イーライにスケッチしててとここを出るジェシー。
兄の墓を見たんだねと聞いてるイーライ。

ブランドン一行がいる教室にて。
ニックに何か喋っただろうと絡むブランドン。俺達同罪だとブランドン。
ブランドンを演じてるニック・ジャンドルはベン・アフレックにソックリで非常に合ってるキャスティングになってます。→背が高くてアメフトのクオーターバックなタイプ。

パトカーで移動中のトラビス保安官代理。
怪しげなオバサンに注目してます。それからイーライの自宅に行く。

イーライの自宅にて。
玄関ドアをノックしたら開いてます。そのまま入るトラビス保安官代理。
ダイアンの写真があったりします。兄デヴォンのガールフレンドだった。
イーライのスケッチも当然ある。
何だか凄い臭いがしてます。それは腐乱死体があるからでした。これはビックリのトラビス保安官代理。

学校にて。
ジェシーと校長。
イーライは墓地のことを知っていたと話すジェシー。
校長はまだ慎重な態度です。
そんなとこに電話です。ミドルトン高校のアディソンと名乗る校長。
ニックのお母さんから心配する電話です。
で、校長はジェシーに皆は救えないぞと軽く警告する。

パトカーにて。
無線で検死官を派遣してくれと要請するトラビス保安官代理。
そんなとこでイーライの自宅から誰かが出てきます。追います。

学校にて。
ジェシーはイーライのいる教室に来たがいない。
スケッチは残ってる。首を絞められている女の子のスケッチです。

原っぱにて。
ショットガンを持って追うトラビス保安官代理。話し合おうと呼びかけてる。

学校にて。
廊下を移動中のジェシー。イーライを探してる。
ブランドン達がいる教室に入りますがイーライを探してるとは言わない。
ブランドンはジェシーに絡む。しかし保安官代理の名前が出ると動揺するブランドン。

原っぱにて。
ドラム缶のたき火にテントがある場所に来たトラビス保安官代理。
いきなり後にホームレスのオッサンがいます。見たと言ってますがオッサンは逃げてしまった。

学校にて。
ジェシーはまた廊下を移動中。イーライを探す。
いきなり用務員のイグナシオに遭遇してビックリのジェシー。イーライのことを聞くが要領を得ず。

男子トイレを伺うジェシー。ここにイーライはいました。
イーライを説得するジェシー。

またオフィスに戻って面接の続きになるジェシーとイーライ。
相変わらず彼がやってくると主張するイーライ。
ジェシーにはアンタはいい人だから逃げてと警告してます。
兄デヴォンが復讐に来ると言ってます。ジェシーをパーカー先生と呼んでる。

死んでいる。死んでいない。そんな論争になってます。
デヴォン轢き逃げの第1発見者はイーライだった。
メキシコ人達に助けを求めたら悪霊を払ったりする呪術師のおばさんに頼んだ。
悪霊を兄に入れて現場に戻しその後警察に通報した。
そんなわけで墓場から復活したと主張してるわけです。復活には6日かかるので墓地に埋まっていた。

当然この話しをジェシーは信じない。
神を信じるか?そんな話しになっているイーライ。
ジェシーはキリスト教原理主義者でないのでそのへんは怪しくなってます。
パーカー先生は利口なサルだと言い出すイーライ。神を信じていない。
ジェシーを妹を病気で亡くしてます。そんなわけで感情的になる。

先生の恋人は母を見たはずだと言い出すイーライ。
会話から何で婚約者と知ってると突っ込むジェシー。
イーライにスケッチをしてなさいとここから出ていくジェシー。

ブランドン一行の教室にて。
イーライの兄デヴォンの前ガールフレンドのダイアンに絡むブランドン。
ここでニックはトイレに行くと出ていきます。

ジェシーのオフィスにて。
スペイン語の魔術本を読んでるジェシー。スペイン語は少しはわかるようです。
6人の魂を云々・・・

そんなとこにニックが来て告白をする。僕らが彼を轢いた・・・
あれは事故だったとニック。ブランドンが脅かそうとしただけ。
デヴォンにガールフレンドのダイアンをとられて、大学への特待生扱いもとられて、メンツ丸つぶれになったブランドン。それが理由なのか。
ニックには保安官代理が来るから教室に戻ってと言うジェシー。

トラビス保安官代理から電話です。ニックの証言を伝えるジェシー。
イーライの母親が死んでいたと聞きます。自殺だ。
そのイーライの話し伝えるジェシー。魔女のオバサンを見ていたトラビス保安官代理。

ニックを別の教室に入れてるジェシー。
イーライの教室に行きニックの証言を伝えるジェシー。忙しい。

パトカーにて。
トラビス保安官代理は無線でジェシーに伝言を頼んでます。携帯電話がつながらない。

学校にて。
ジェシーは校長のオフィスに入ります。
しかし校長は咽をかっ切られて死んでます。これはビックリのジェシー。
ジェシーは電話で通報するがつながらない。携帯電話はみつからない。

イーライの教室に行ったジェシーですがイーライがいない。
また探すことになってようです。

魔女オバサンの自宅にて。
ここに来たトラビス保安官代理。
魔女オバサンにデヴォンの話しをしてあなたに助けを求めたとこまで話す。
助けてたことを認めてる魔女オバサン。
で、イーライは特別な子なのよと言い出す。人に見えないものが見える。
普段は人助けをしてる魔女オバサン。私は祈っただけ。それから通報した。

学校にて。
ブランドンは廊下を伺う。ニックは喋ったに違いないと決めつけてる。
で、いつの間にかドアが廊下側から鎖でロックされてます。出れない。

ジェシーはニックを呼ぶ。
それらからブランドン一行の教室にいったらドアを鎖でロックされていてビックリ。
窓から出てと指示するジェシー。しかし窓は開かない。

魔女オバサンの自宅にて。
そのへんを見回ってるトラビス保安官代理。小さなバッジを見つけます。

学校にて。
ジェシーとニックは階段を降りて学校から脱出しようとする。
血の跡があります。これを追って物置部屋にはいるジェシー。
結局誰もいなかった。ジェシーは尖った工具を護身用にする。
階段に戻ったジェシー。しかしニックはいない。
ニック探しになってるジェシー。トイレの手洗いが血まみれ。

ブランドン一行の教室にて。
相変わらず出ることが出来ません。ドアの下からスケッチが入ってる。
どうやらデヴォンが来る予告スケッチのようです。動揺する面々。

講堂にて。
ニックを探してるジェシー。
舞台にニックが咽をかっ切られています。まだ死んでない。
いきなりイーライがいてビックリのジェシー。

パトカーにて。
トラビス保安官代理は林の道路の真ん中でブタの死体を囲んでるメキシコ系一行にコンタクトします。
無線を使おうとしたらマイクケーブルが切れてるのでビックリのトラビス保安官代理。

学校にて。
ジェシーに助けてくれと声が聞こえてます。
これは倒れているイグナシオ用務員でした。で、いきなり首を絞められるジェシー。
反撃して逃げるジェシー。

林の道路にて。
とりあえず何をしてる?と聞くトラビス保安官代理。
ブルハーの仕業と主張するメキシコ人。魔女のことらしい。

学校にて。
イグナシオ用務員がジェシーを探してる。隠れいるジェシー。
しかし見つかってしまう。ジェシーの意識が薄れて黒味が入ります。

気がついたジェシー。何とか無事です。イグナシオはいない。
殺されなかったけど足には大けがをしてます。これは大変。

ブランドン一行の教室にて。
キックしてドアを開けようとするブランドン。開かない。
そんなとこを廊下を這って移動するジェシーがいてビックリの面々。
あれはイーライがやったに違いないとなってます。
ジェシーはそのまま這って移動して行ってしまった。

街にて。
ブランドンのパパの携帯電話に息子ブランドンから助けてくれと入る。
しょうがないので学校に向います。

学校にて。
這って移動のジェシー。そんなところにイーライがいたりします。
イグナシオのことは知らないイーライ。
会話から墓を掘ったのはイーライらしい。それはともかく医務室に移動となります。

林の道路にて。
ブタはトラックに積んでます。そのまま全員乗せて行ってしまった。
パトカーに乗り込んだとこで本部のメアリーからの携帯電話が鳴ってます。無線が呼んでもつながず電話にしたようです。
電話会社によると学校の電話回線は切れているとのこと。
携帯電話でジェシーに電話するがつながらない。
そんなとこでいきなり後席にいたイグナシオが襲ってきます。これはビックリ。

学校にて。
医務室で応急手当をしてるジェシー。それにイーライ。
イーライはカギを持っていた。6人必要だと主張する。逃げろと警告もしたと言う。
そうなるとジェシーはイーライが全部やったのねとなってます。まあそう思う。

彼が来ている。イグナシオが悪い。そんな話しになってます。よくわからん。
ニックを殺したのがイグナシオなのか?
ジェシーはイーライとイグナシオが共謀したと思ってます。説得しようとする。
壁の時計は6時になってます。イーライはここから出ていく。

ブランドン一行の教室にて。
相変わらずここから出れない。窓を何とかしようとするが開かない。

医務室にて。
ジェシーはまた這って移動しようとする。

ブランドンのパパが学校に来てます。ブランドンを呼ぶ。
ここですよと返事をするブランドンですが伝わっていない。そんなとこで教室の照明が消えてます。

ブランドンのパパはドアが勝手に開いたので入り込んでます。
中にはイーライがいます。イーライは奥に消える。
ジェシーはドアの隙間からブランドンのパパがやられるのを見ているだけ。

ブランドン一行の教室にて。
ここに何者かが接近してます。イーライでした。ドアの鎖を外す。
イーライなのかと余裕でしたが何だか他にもいるようです。
ダイアンがデヴォンと呼びかけて接近するといきなり首を絞められて持ち上げられる。
すっかりゾンビになってるデヴォンは引き続きを残り3人を片づけたようです。

ドアの外にはイーライ。医務室が出ようとするジェシー。
ようやく医務室から出たジェシーは自分のオフィスに行く。

ジェシーのオフィスにて。
例のスペイン語の魔術本を調べるジェシー。

ブランドン一行の教室にて。
用が済んだデヴォンが出てきます。
イーライが中を見ると4人とも死亡してるわけです。

ジェシーのオフィスにて。
例のスペイン語の魔術本を調べるジェシー。霊魂の力を弱める方法があるとわかる。
それは主の祈りを捧げることだ。これはジェシーが苦手なやつだ。

イーライとデヴォンは廊下を移動中。
ジェシーは祈りを唱えてます。とりあえず出来たみたい。
その祈りが効いてるのかデヴォンの動きがおかしくなる。
イーライはジェシーのオフィスに向う。ジェシーを引きずって廊下に出してます。

そんなとこにトラビス保安官代理がやって来ます。
来たのはいいけどアッサリとデヴォンにやられたようです。そうなの?
今度はデヴォンが苦しんでます。祈りが効いてるのか?

何だか正気に戻ったようなデヴォン。
この騒ぎでケガをしたイーライを抱えて引き上げてます。
マジでトラビス保安官代理は死んだようです。泣いてるジェシー。

魔女オバサンは葉巻を吹かしてます。

クルマのジェシーはイーライを抱っこしてるデヴォンにクルマを突っ込ませる。
しかし寸前で止めています。やっぱり出来ないみたい。
黒味が入ります。

教会にて。
トラビス保安官代理の葬式になってます。
こんな状況で父親の神父と初めて会うことになったジェシー。
神父のお祈りから自宅ベッドで泣いてるジェシーにつながります。

魔女オバサンの自宅にて。
ここに来てるジェシー。誰もいないので中に入るとイグナシオの写真があります。
外に出るジェシー。ケント保安官がいて色々と説明する。
ヴィンスは元アメフト選手。ブランドンの父親です。死んでいた。
用務員のイグナシオも死んでいた。クルマでトラビス保安官代理に撃たれた。
イグナシオはここに住むブルハーの孫だった。
そんなこんなでケント保安官は体格的に問題がありそうだがイーライの犯行だとしてます。

墓地にて。
イーライのお墓があります。
墓参りに来てるのはデヴォンです。普通の人間に見えてます。
デヴォンはライトトラックで引き上げます。助手席には魔女オバサンがいます。
この作品はよく雪が降ってます。人工で降らすほど予算はないので偶然なのでしょう。
エンドとなります。

後タイトル
マイケル・クラーク・ダンカンの想い出に・・・
スクロールする
キャスト
スタッフ


そんなわけで普通のホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


« 『デザート・ストーム』 | トップページ | Hollywood Express #852◆2019.11.22(金) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『デザート・ストーム』 | トップページ | Hollywood Express #852◆2019.11.22(金) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。