映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019.06.30

『デンジャラス・トレジャー/狙われた秘宝』

この中東サスペンス映画の感想はネタバレ全開になっています。
アミン・マタルカ監督、スタナ・カティック主演の巻き込まれサスペンスのようです。

2016年 Halsted Pictures Production アメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆The Rendezvous
プロット◆弟の死因を追って色々とある話しのようです。
音楽◆オースティン・ウィントリー

キャスト
スタナ・カティック→L.A.から中東へ行くレイチェル・ロズマン
ラザ・ジャフリー→アメリカ国務省のジェイク・アリシャディ
グレン・フレシュラー→ヨルダンのアメリカ大使館員コンラッド・ハンリー

ロナルド・ガットマン→フランス人収集家のデュ・プレシ
アルフォンソ・バッサベ→雇われのベルトラン・レイエス
不明→雇われのアーニャ・スロービン

メグ・シオーニ→過激派のリスベス サイコな女
アハマド・サラフ→過激派のカリエール 筋肉男

ナビル・サワルハ→パーティのアル・アファマド教授
ナディム・サワルハ→巻物のファワズ・アザム教授
ブレット・ウィアー→弟のデイヴィッド・ロズマン

アミン・マタルカ監督の演出はよいと思います。
全体的にセックスシーンがないハーレクインロマンスみたいになってます。
ちゃんと現地ロケをやってるようです。ロサンゼルス周辺とかそのへんでごまかしていない。
そうなるとスタナ・カティックは中東観光も兼ねて出たのかもしれない。

何となくミーシャ・バートンに似てるスタナ・カティック。
ミーシャ・バートンのお姉さんみたいです。実際の年齢はそんなに変わらないと思う。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC5.1ch
DSPはサイファイ。

番組一覧
音声は5.1chです。

前説字幕
1947年ヨルダンで死海文書が発見された。
文書は7つの戦争が予言されていた。
最終戦争ハルマゲドンの鍵を秘めた文書は
今もどこかに眠っている。

プロローグ
砂漠にて。
ラクダの少年がクルマで男が死んでいるのを発見する。
ハンドルに手錠。腕には傷がある。

A Halsted Pictures Production
A Amin Matalqa film

The Rendezvous

Stana Katic Rachel Rozman
Raza Jaffrey Jake Al-Shadi
Alfonso Bassave Beltran Reyes
Glenn Fleshler Conrad Hanley
Darby Stanchfield Ruthie
Meg Cionni Lisbeth
Nabil Sawalha Professor Al Ahmad
and
Ronald Guttman Charles Du Plessis
スタッフの紹介
タイトルバックはアニメで追っかけになってます。

プールにて。
泳いでいる主役のレイチェルが登場。

ロサンゼルスの街中にて。
有名なHollywoodの看板が見えます。
クルマで移動中のレイチェル。運転しながら何か食べてます。
行き倒れのホームレスを病院に連れて行く。

病院にて。
ここはレイチェルの勤務先です。医者です。
医院長から呼ばれるレイチェル。

レイチェルと医院長。
てっきりホームレスの件だと思っていたら違いました。
国務省のジェイク・アリシャディと名乗る男が悪い知らせを持ってきます。

レイチェルとジェイク。
弟のデイヴィッドがお亡くなりになりましたと知らせるジェイク。
ヨルダンまで身元確認で現地までいくことになるレイチェル。
今夜のフライトですと急なことになってます。

レイチェルの自宅にて。
娘に猫2匹の世話を頼んでるレイチェル。たぶんそうだと思う。

もう飛行機で移動中です。
レイチェルとジェイク。会話は少なめですが・・・
弟デイヴィッドの話になってます。考古学者志望で発掘関係の仕事をしてた。

ヨルダン、アンマンにて。
レイチェルとジェイク。クルマで移動になってます。
クルマはトヨタ・ランドクルーザーです。
→2013 Toyota Land Cruiser [J200]

モルグというかアメリカ領事館か?
遺体確認になってますが太ったオッサンが遺体は渡せませんとなる。
事件性が疑い調査するとなってる。盗掘容疑がかかってるらしい。
オッサンの名はコンラッド・ハンリーです。ヨルダンのアメリカ大使館員。

事情聴取されるレイチェル。オッサンとオバサンが相手です。
デュー・プレシーなる名前が出ています。ドバイ在住のフランス人の大富豪の収集家。
弟の仕事のことを聞かれるレイチェルですが何にも知りません。
腕の傷は自分で掘ったダイイングメッセージと言われるが何だかわかりません。

ようやく弟の遺体とご対面になるレイチェル。
ドアの向こうではジェイクとコンラッドが打ち合わせやってます。

またクルマで移動中です。
レイチェルとジェイク。弟の泊まっていた部屋を見に行きます。
実は弟からまずいことがあった出国したいと電話があったと話すレイチェル。

ホテルにて。
710号室が弟の泊まっていた部屋ですがフロントが入れてくれない。
アメリカ国務省のバッジを見せるジェイクですが効果はない。

710号室にて。
しょうがないので勝手に入ることにします。
まずはドアロックを解錠するジェイクですがレイチェルが押したらドアは開いてた。
部屋の中は荒らされています。当局の捜査のあとから何者かが荒らした。
で、2人で家捜しをやってます。

回想が入ります。弟から猫をもらったレイチェル。

家捜しの方はパーティの招待状が見つけるジェイク。
考古学のアル・アファマド教授。それで弟はタキシードを着てたわけです。

大学にて。
アル・アファマド教授にコンタクトするレイチェルとジェイク。
弟とパーティの帰りに死んだ。追われていると言ってた。パーティでは女性と一緒だった。そんな感じで色々と喋ってるアル・アファマド教授。

またクルマで移動中です。
レイチェルとジェイク。
もっと調べて欲しいレイチェル。それは仕事ではないとジェイク。
そんな感じで口論になってます。
もう探偵ごっこは出来ないと空港ホテルに向かうようです。出発は明朝。
あのホテルに泊まると言い出すレイチェル。ダメですとジェイク。

あのホテルにて。
ここに来てる。レイチェルとジェイク
部屋はないと言われてフロントにチップを弾んで泊まることになります。

801号室と802号室になったレイチェルとジェイク。
802号室のレイチェルはすぐに710号室に行く。

710号室にて。
また家捜しのレイチェル。
赤いブラジャーがあります。それに歯ブラシ2本もある。
写真があります。プールで3人。別の男と女が写ってます。

802号室にて。
電話で病院の同僚と話すレイチェル。
弟には女がいたとか。真相がわかるまで帰らないと意気込むレイチェル。

プールで泳ぐレイチェル。
回想になります。子供の頃。弟とハイキングに行ったらしい。
草原で一人きりになってたレイチェル。
それはいいけどレイチェルを見張る男がいるようです。

シャワーにて。怪しい男がいるのですぐに出るレイチェル。
階段でジェイクと会って食事にいくことになります。怪しい男はまだいる。

食事になってるレイチェルとジェイク。
ユダヤ教のレイチェルとイスラム教のジェイク。
同じケースのカップルが結婚まで行った話しになってます。改宗して花嫁になった。

それからまだ他のとこで食事になってるレイチェルとジェイク。
ドバイのデュー・プレシーに会うつもりのレイチェル。反対するジェイク。
レイチェルをアメリカに帰して残るつもりのジェイク。

レストランにて。
ジェイクとコンラッドが打ち合わせになってます。
怪しい男の話題になってます。ムーサ・アビアド。爆弾専門のテロリストでアンマンに送り込まれてパン屋になってる。
レイチェルは囮に使えとコンラッド。反対するジェイク。

町の俯瞰シーが入ります。翌日のホテルにて。
レイチェルに内線電話をかけるジェイクですがいない。

飛行機にて。
ドバイ行きの飛行機に乗ってるレイチェル。
そんなところにジェイクが姿を表す。ルーティンで話しは進む。
デュー・プレシーとのアポイントはとってるとレイチェル。

UAE アラブ首長国連邦 ドバイにて。
タクシーで移動中のレイチェルとジェイク。
→2010 Hyundai Sonata [YF]

デュー・プレシーの屋敷にて。
レイチェルとジェイクですが普通にコンタクトしてます。
色々と喋るデュー・プレシー。死海文書の話しを延々とする。
レイチェルの弟には死海文書の残りを探せと依頼した。
それで死海文書を見つけた弟。しかしデュー・プレシーには届かなかった。
そんなわけで激怒するデュー・プレシー。無傷の死海文書。値は付けられない。手に入れればデュー・プレシー文書とはして後世に残るはずだったのに。
とりあえずこの件は危険ですよと警告はしてます。
ハルマゲドンの話しもしています。腕の傷の意味は?
ブールの写真を見せるレイチェル。男と女の名前は?→ベルトラン・レイエスとアーニャ・スロービンと即答のデュー・プレシー。
特にアーニャは娘も同然だったと主張してる。
2人はヨルダンにいるとのこと。居場所のメモを書いてます。

そんなわけでこの死海文書の争奪戦となってるようです。
しかし低予算作品なので人員は少ない。こじんまりとしてる。

席を外して電話してるジェイク。続けろと言われてます。
アイシスとカルト集団が死海文書を追ってるらしい。

飛行機で移動のレイチェルとジェイク。
ドバイからヨルダンに戻ります。

ホテルにて。
ベルトランとアーニャにコンタクトするつもりレイチェルとジェイク。
しかしアーニャはもう殺されていました。ベルトランはまだ死んでない。
弟の友人と名乗ってるベルトラン。とりあえずここから逃げます。

ベルトランに案内されて逃げるレイチェルとジェイク。
教会で落ち合おうとベルトラン。別行動になります。

変装しろと言われてと適当に中東風のかぶり物を使ってます。
しかし変装にならずに追われるレイチェルとジェイク。
市場に入って追っかけになってます。このシーンはすぐに終わった。惜しい。

街中を追っかけられるレイチェルとジェイク。
目的地の教会はどこだとなってます。スマートホンで地図を見たりする。
シスターとぶつかって教会の場所を聞いたりする。

打ち合わせ通りの迎えのクルマだと思って乗り込むレイチェルとジェイク。
助手席には女がいます。リスベスと名乗る。ベルトランの知り合いなのかと思ったら何だか違うみたい。カルト教関係らしい。
そんなわけで眠らされるジェイク。それにレイチェル。
溶暗になります。

アジトにて。
捕まってるレイチェルとジェイク。
ハンドガンを持ってる男の子の見張りがいます。
リスベスが来て尋問となります。死海文書はどこ?。
終末の話からレイチェルに改宗を迫ってるような感じになってます。
レイチェルが断ったのでカリエールを呼んでます。筋肉ムキムキの男です。

カリエールはジェイクを痛めつける。それでも話さないレイチェル。
回想が入るレイチェル。何か気がついたようです。傷の意味がわかった。
それでも知らないと言ってるレイチェル。
何となく引き上げてるリスベスとカリエール。見張りの男の子は残る。

男の子を説得しようとするレイチェル。
そのうちにロープがほどけて男の子を取り押さえて縛りつける。
ジェイクと脱出するレイチェル。

外に出たらここは砂漠の真ん中でした。
レイチェルがクルマに乗ったとこでカリエールが姿を表してジェイクが相手をする。
そんなこんなでクルマで脱出するレイチェルとジェイク。

移動中のクルマにて。
レイチェルとジェイク。謎解きが出来たとレイチェル。
聖書学者、スペイン人の仲間。ベルトラン。
ファワズ・アザム教授。わざわざ猫の名前にしてた。ファジーとザム。
ベルトランの案内でファワズ・アザム教授にコンタクトすればいい。

そんなとこでクルマが追ってきて砂漠でカーチェイスになってます。
クルマはアメ車とミツビシのようです。
→Cadillac Escalade ESV
→Mitsubishi Pajero [V98W]
景気よくハンドガンを撃ってたリスベスですが作動不良になり誤作動で運転してるカリエールを撃ってしまう。
そんなわけで追跡を振り切ったレイチェルとジェイク。

移動中のクルマにて。レイチェルとジェイク。
メッセージの解説をして結局ファワズ・アザム教授に聞けということらしい。
ベルトランにコンタクトして云々と話し込んでます。
そんなとこでガス欠になてっストップします。

砂漠の真ん中で立ち往生の。レイチェルとジェイク。
まずはクルマの影が休んでます。このまま救援を待つ。
マスクをして呼吸での水分放出を防いでます。

砂漠の中でレイチェルは弟のことを思う。
回想が入ります。子供の頃のレイチェルと弟。
いなくなった弟は木の根元が何かを見つけてました。この頃から発掘してたらしい。

そんなレイチェルにジェイクは歩こうと提案する。
実は遊牧民出身のジェイク。砂漠には慣れてるはず。

ドバイにて。
ベルトランと電話中のデュー・プレシー。
2人を見失いましたと報告を受ける。怒ってるデュー・プレシー。

そんなとこをコンラッドに見つかってるベルトラン。
普通に会話になってます。
教会で会おうとクルマを取りに行ったが2人は来なかったとベルトラン。
名刺を渡して引き上げてるコンラッド。

砂漠にて。
徒歩で移動中のレイチェルとジェイク。
まずは砂漠から脱出しないとなるが携帯電話は圏外です。
もう夜になってます。まだ砂漠です。
ジェイクは何やら動物の鳴き真似をしてます。そうなるとどうなる。

夜は寒いので抱き合って暖め合ってます。医者なので合理的にやってます。
砂漠でユダヤ教とイスラム教のカップルはなかっただろうとなる。
ここで死んだら身元確認はどうなるとか雑談になってます。

星空から夜が明けてます。
何かの鳴き声が聞こえてます。丘を越えると何故か鞍付きのラクダ2頭がいたりします。
これはラッキーと乗ってるレイチェルとジェイク。そのままラクダの気が向くままに移動となってます。
そういえばラクダは臭いがきついらしい。

送電線がある場所に出ています。まだ砂漠ですが送電線をたどれば町に出られる。
ようやく建物がある場所にたどり着いてます。

Wi-Fiがある店にて。
コンピューターでインターネットを検索してます。ファワズ・アザム教授を調べる。
携帯電話もつながるようです。ジェイクは外に出て連絡してる。

レイチェルはベルトランから電話です。出るレイチェル。
ファワズ・アザム教授の名前を出してます。大丈夫なのか。
ベルトランは僕たちの先生だと言ってる。アメリカ政府の目的も話すみたい。
ジェイクにベルトランから電話があったと伝えるレイチェル。

店先にて。
口論になってるレイチェルとジェイク。
ベルトランが信用出来るのか?とか。
脱出したのは私が縄脱けしたからだとか。
そんなところで出店のオッサンから奥さんに服でも言われて買ってます。

クルマで移動になってのレイチェルとジェイク。
コンラッドが迎えに来てくれた。クルマは何だかわかりません。
→2014 Toyota Land Cruiser Prado [J150]

いよいよファワズ・アザム教授のところに行きます。
何だか観光地の売店街みたいなことです。

ファワズ・アザム教授とコンタクトするレイチェルとジェイク。
ベルトランもいます。大丈夫なのか。
弟からある物を渡してくれと言われてるファワズ・アザム教授。それがマジで発見された死海文書でした。巻物ケースに入ってます。
適切な研究所に預けるのがいいとアドバイスするファワズ・アザム教授。

どうやら弟はハルマゲドン教に殺されたようです。
そんなとこで外が騒がしくなってます。いきなり撃つ怪しい連中。
撃たれたファワズ・アザム教授はアッサリと退場になってます。
ここから逃げるレイチェルとジェイク。ベルトランは撃ち返す。

3人が逃げて追っ手が迫ってきます。
クルマで待機のコンラッドもやられています。
ベルトランのクルマで逃げることになります。
→Honda Civic

移動中のクルマにて。
ジェイクとベルトランの口論からジェイクはクルマから出されることになる。
レイチェルはベルトランの方を信用した。
置き去りにされたジェイクはしょうがないので徒歩で移動となる。

移動中のクルマにて。
レイチェルとベルトラン。
ベルトランはデュー・プレシーに雇われているはず。でも怪しい。

道路にて。
ジェイクは接近してるトラックを見る。
何だか空に向けて自動小銃を乱射してます。大丈夫なのか。
どんな人達なのかと思ったら結婚を祝う一族でした。テロリストではない。
そんなわけで同乗して調子を合わせてるジェイク。携帯電話も借りて連絡してる。

移動中のクルマにて。
レイチェルとベルトラン。色々と説明してるベルトラン。
アーニャは色仕掛けをしたとか。

ジェイクは迎えに来た若い男と話しをする。
どうやらジェイクはこの件から外されてるようです。もうCIAの案件になった。
携帯電話を借りて上司と話すがどうにもならないジェイク。
そんなわけで若い男を張り倒してハンドガンとクルマのキーを奪ってます。
→2010 Hyundai Elantra [MD]

移動中のクルマにて。
レイチェルとベルトラン。いよいよベルトランは正体を表してます。
腕には組織の刺青があります。ハルマゲドンの一味でした。
それに弟を殺したのもベルトランのようです。巻物をゲットしてます。

ジェイクはデュー・プレシーに電話してます。
クルマを盗まれましたか?→どうやらベルトランのクルマのようです。
そんなわけでジェイクは特急でベルトランのクルマを追います。

クルマのレイチェルとベルトラン。
ヤギの群れが道路を塞いでます。この隙に逃げるレイチェル。巻物をゲットしてる。
ここはペトラというところです。何だかわからん。

観光地みたいな遺跡があります。
ここに逃げ込むレイチェルですが追ってきたベルトランはガード2人をあっさりと撃ち殺してます。さすがカルト教になると強い。

しょうがないのでまた逃げるレイチェル。追うベルトラン。
果たしてジェイクは間に合うでしょうか。多分間に合う。

遺跡の上にて。
ここに逃げたレイチェルですがもうその先は断崖絶壁です。
ベルトランに追いつめられてとこで巻物を落とすわよとレイチェル。
そんなとこでジェイクが間に合います。
と思ったらリスベスが来てしまう。ベルトランのお仲間です。

そんな感じで追いつめれてるレイチェルとジェイク。
ハンドガンを捨てるジェイク。巻物を渡そうとするレイチェル。
ここで巻物をケースごとベルトランに投げつけるレイチェル。

このショックで巻物ケースから出た死海文書は衝撃で四散してしまう。
後を追ったリスベスは断崖から転落する。

ジェイクはベルトランに腹を撃たれて倒れる。
死海文書がダメになり逆恨みしたベルトランはレイチェルを撃とうとする。
ここでジェイクがベルトランを撃つ。転落するベルトラン。
何故か先に転落したリスベスと並んで倒れています。偶然が過ぎてます。
負傷したジェイクを励ますレイチェル。下には救急車も来てるようです。
俯瞰になって溶暗になってます。

半年後。ロサンゼルスの博物館にて。
調査収集室のレイチェルとジェイク。ジェイクは回復してます。
ここで現在はロズマンの巻物展が開催されてます。まだ死海文書が残っていたらしい。

外に出てるレイチェルとジェイク。
私があなたを救ったのよとレイチェル。そんな感じの口論となる。
キスになってエンドとなります。

後タイトル
for Clair
スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで普通の巻き込まれサスペンスのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.29

『10x10 テン・バイ・テン』

この監禁サスペンス映画の感想はネタバレ全開になっています。
スージー・ユーイング監督、ルーク・エヴァンス、ケリー・ライリー主演の監禁サスペンスのようです。

2018年 Head Gear Films/Altitude/Dignity Film Finance/Unstoppable Entertainment/GAGA★ 英国作品
ランニング・タイム◆87分
原題◆10x10
プロット◆拉致されて悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Christopher Holmes

キャスト
ルーク・エヴァンス→拉致したルイス
ケリー・ライリー→拉致されたキャシー

オリヴィア・チェネリー→ルイス夫人のアラナ
スカイ・ルシア・デグルットラ→娘のサマー
ノーマ・ディクジット→家政婦のアロンドラ

ノエル・クラーク→ダイナーのデニス
ジェイソン・メイザ→警官のウェイランド
ステーシー・ホール→Officer Gray
ジル・ウィンターニッツ→Jen

スージー・ユーイング監督の演出はよいと思います。
全体的に普通の監禁ドラマになってます。

ルーク・エヴァンスとクリス・エヴァンスを混同してました。
名前が違うので当然別人です。こまったものです。
ところでルーク・エヴァンスは『ガール・オン・ザ・トレイン』(2016年)に出てた?→出てました。
ルーク・エヴァンスはそのうちにショーン・ビーンみたいになると思える。意味ありげに登場してアッサリと死ぬタイプです。それもそれでいいけど。

ケリー・ライリーの作品では監禁ではないけど湖と森を舞台にした追われる不条理サスペンスの『バイオレンス・レイク』(2008年)見てます。この作品のケイリー・ライリーも大変な状況になってました。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。

GAGA★
Unstoppable Entertainment
Dignity Film Finance
Altitude
Head Gear Films
タイトル
俯瞰の森と湖です。
俯瞰の町の風景です。

10x10

本編です。
赤毛の女性が登場。名前はキャシー。花屋を持ってます。キャシーの花。
通りを挟んだダイナーから見てる男が登場。あとでわかりますが名前はルイス。

ダイナーにて。
ここに来たキャシー。ダイナーの主人とは知り合いです。
ルイスは店から出ています。少ししてキャシーも出ていく。

駐車場にて。
キャシーのクルマはSUVです。
→2015 Jeep Renegade [BU]
ルイスのクルマはダッジの4ドアセダン。
→2006 Dodge Charger [LX]
キャシーのクルマを尾行するルイス。
左ハンドルなのでアメリカのようです。英国ではない。

ジムにて。フィットネスクラブ。
キャシーはジム。ルイスはクルマで待つ。
ルイスはキャシーのクルマを調べたりする。何やら準備もしてます。
そんな感じでジムのキャシーと準備のルイスがカットバックしてます。

ルイスの携帯電話に電話です。
アロンドラさんからです。今夜の準備は?とか。何だかわからん。

ジムのロッカーにて。
指導員のケーシー先生の話しになってるキャシーと知人。

ジムの前にて。
キャシーはまた知人と話しになる。SNS名はジェニファー・ラズ。
クルマのルイスはリボルバーや結束バンドを用意してます。

クルマに乗り込もうとするキャシーを襲うルイス。
頭にビニール袋を被せたが上手くいかず。助けを求めるキャシー。
ダクトテープで口をふさぎ、結束バンドで手足を拘束され転がされるキャシー。
ルイスがクルマに戻ってる間に隣りのクルマが発進して行ってしまった。
そんなわけでルイスのクルマのトランクに放り込まれるキャシー。
トランクが閉まり黒味が入ります。

クルマで移動中のルイス。
信号待ちで隣りがパトカーですが落ち着いてるルイス。
郊外に出て森と湖の俯瞰になってます。
黒味が入ります。

ルイスの自宅にて。
帰宅するルイス。ガレージのドアは途中までしか開かない。
ブラシをつっかい棒にしてるルイス。
クルマをバックで入れてます。キャシーをトランクから出すのでまあそうする。

いよいよトランクを開けてキャシーを出すルイス。監禁部屋にキャシーを放り込む。
ここは隠し部屋です。出入り口は擬装されている。

それから片づけからやってるルイス。
キャシーは拘束されたままです。

監禁部屋にて。
この部屋は精神病院の隔離病室に似た感じになってます。床はタイル張りですが壁はコンクリートに厚さ120cmの吸音シートを貼り付けてある。
ルイスが入ってきます。まずはこの部屋の説明から入る。DIYで作ったとか。

キャシーとルイス。
叫んでも無駄だとルイス。しかし叫んでるキャシー。
そんなわけでルイスは部屋から出ていく。

ルイスはパソコンで部屋の音声をモニターしてます。録音もやっていた。
それからバケツに水を入れてます。何をするのかと思ったからキャシーの足のケガから出て血で汚れた床の掃除してます。

キャシーはドアに体当たりしてますが開かない。
この監禁部屋には換気口があります。そこに向けて助けを求めるキャシー。しかし誰も来ない。

ルイスはTVでニュースを見る。
リボルバーに実包を装填してます。

リボルバーを持って監禁部屋に入るルイス。
本題に入るとルイス。
5万ドルの貯金があるからやると言ってるキャシー。
カネではないとルイス。屠殺場の牛の話しをする。塀をジャンプして逃げた牛・・・
クルマから足がつく、黙ってるからとキャシー。

名前を聞くルイス。キャシー・ニューランドと答えるキャシー。
部屋から出ていくルイス。

キャシーの荷物を調べるルイス。スマートホンも調べてます。
TVでニュースを見るルイス。キャシーに関するニュースはない。

キャシーは拘束を何とかしようとする。後ろ手に結束バンド。足も結束バンド。
料理を作ってるルイス。

キャシー後ろ手の拘束を足をくぐらせて前に出してます。これで楽になる。
ルイスが入ったとこでいきなり殴打するキャシー。逃げようとする。
廊下の花瓶でルイスを殴打してるキャシー。結構やるじゃん。

電話で通報しようするキャシー。しかしルイスがリボルバーで電話機を撃ち抜く。
隙を見て置物でルイスを殴打して逃げるキャシー。何だか素人でない。
バッグから出したスマートホンで通報しようとする。まずはパスワードになってます。

それから包丁をゲットして結束バンドを切って外に逃げようとするキャシー。
戸締まりがしてあり外に出れません。

ルイスが気がついたので包丁を構えるキャシー。
君の仕事にしては貯金が多い。何故仕事を知ってる?とキャシー。

食事をしながら話そうと持ちかけるルイス。まずは名前だとなります。
あんたは何者?となってるキャシー。まあそう聞く。
リボルバーのルイス。包丁のキャシー。それでテーブルに座る。
ルイスは君の名前はキャシーではないとしてます。それでしつこく名前を聞く。
まだ私はキャシーと言ってるキャシー。

それから成り行きで格闘アクションになってます。
結構強いキャシー。結束バンドを利用してルイスの首を絞めてます。
そんなこんなでキャシーを制圧したルイス。

そんなとこにクルマが来ます。
誰なんだ?と思ったらおばさんです。通いの家政婦といった感じ。
キャシーを監禁部屋に放り込むルイス。
アロンドラ。携帯電話で相手でした。マジで家政婦です。
今日はいいと言ってるルイス。しかしあたりは格闘アクションで散らかってます。
大丈夫ですか?ルイスさんと言われてます。ようやくルイスと名前がわかった。
で、何も問題はないと言ってようやく家政婦を追い出してるルイス。

で、アロンドラさんのクルマはキアみたい。→2008 Kia Pro cee'd [ED]
安いクルマで家政婦には合ってます。日本なちスズキ・アルトになるかも。スズキと言えばディーラーでのやりとりで『安っぽいのではくな安いんです』が有名。

散らかったので掃除をしてるルイス。色々と大変だ。

監禁部屋のキャシーは気がつく。それでどうなる。
ルイスが入ってきます。今度は包丁持参です。縛り直すといって黒味になる。

シャワーを浴びてるルイス。かなり血が流れてる。

キャシーですがスマートホンはゲットしていました。やるじゃん。
床のタイルが割れてることに気がつくキャシー。剥がせばナイフ代わりになる。

ルイスはTVニュースを見てます。特に変わったニュースはない。

また監禁部屋に入るルイス。今度は椅子とリボルバーを持参です。
まだ名前を聞くルイス。誕生日。出身地。出身校。大学での専攻は。卒業後は?。教会に通っていた?。そんなこんなで色々と細かく質問のルイス。

何ヶ月も君を見ていたとルイス。そんなわけで今の答えは嘘だなる。
リボルバーで壁を撃ってまた質問する。本当のことを言え・・・
今度の答えはカリフォルニア州ではなくウィスコン州グリーンベイだとなるキャシー。父親が働いてたデトロイトには近くなってます。
イーストスター高校。先ほどとは違い教会には通っていた。
で、あなたは誰?と聞くキャシー。まあそう聞く。

母親は看護師、父親はフットボールのチームドクター。
その父親はチアリーダーと駆け落ち。双子の妹は自殺。
専攻は医療関係。看護師をしていた。

最後の質問で名前は?となる。まだキャシーと言ってます。
それは君の死んだ妹の名前だと指摘するルイス。

またリボルバーを撃ってるルイス。ナタリーと答えるキャシー。
ナタリー・スティーブンスが本名のようです。
拉致の理由だが君はもう知ってると指摘するルイス。
部屋から出ていくルイス。それでどうなる。
キャシーはまたタイルを剥がそうしてる。

ルイスはTVニュースを見てますと思ったらホームビデオでした。
自分と赤ちゃんのホームビデオです。

キャシーはタイル剥がしがやめて換気口に注目してる。
携帯電話を換気口近くに差し出して電波状態をよくして警察に通報しようとする。

ホームビデオを見てるルイス。

マジで警察に通報してるキャシー。

ホームビデオを見てるルイス。
奥さんに携帯電話が呼び出し音が鳴ってます。

マジで警察に通報してるキャシー。クルマはダッジのセダン・・・

ホームビデオから気がついたルイスはキャシーの携帯電話を探すがありません。
監禁部屋に急行します。

キャシーに携帯電話はどこだと迫るルイス。見つけて壁に叩きつけ壊します。
君は病院で働いていたと話し始めるルイス。何人かの患者が不審死を遂げた。
その不審死に俺の妻がいた。アラーナ・M・ルイス。3番目の死亡者。
複数の看護師が関わってて裁判までやって無罪になったらしい。
そんなわけで過去の名前を捨てて新しい名前で再スタートしたキャシー。

何で逃げたとルイス。奥さんは気の毒だったとキャシー。
君が殺した理由を聞きたいと迫るルイス。
で、部屋から出るルイス。

パソコンの音声モニタをチェックしてます。
またホームビデオを見ているルイス。アラーナと娘サマーが出ています。

キャシーは相変わらずタイルを剥がそうしてます。それから入り込んだアリを見ていたりする。
このへんはホームビデオとカットバックになってます。

またリボルバーを持って監禁部屋に入るルイス。
リボルバーを向けられてキャシーは今度は話すと言い出す。
まずは妹と教会通いの話から始まります。
しかし父親は妹の親友と何ヶ月も浮気をしていた。
母親が気がついて夫婦げんかになった。それで父親は家を出た。
そんなわけで世間体が悪くなって教会通いも出来なくなった。
妹はこれを苦にして納屋で首を吊った。最初の発見者は自分だった。

それで看護師仕事に精を出したキャシー。
しかし患者の風紀は乱れていた。色々な人から色々と聞いた。
それでルイスの奥さんアラーナの話しを始めるキャシー。
結婚指輪を外していたのは浮気で他の男と寝ていたからだ。

これはビックリのルイス。まだ信じない。
アラーナを雌犬呼ばわりするキャシー。浮気男が見舞いに来た話しまでしてる。
あんたの奥さんは罪人の娼婦なのよとキリスト教原理主義なことを言ってます。
そんな感じでルイスを言葉攻めにしてるキャシー。悪いのは誰?なる。

私がやったと言い始めるキャシー。
どうやらマジでアラーナを殺したようです。理由はもう話した。

アラーナのホームビデオを見ているルイス。
携帯電話にかかってるとこを何回も繰り返し再生してます。
それからそのへんの物に当たり散らすルイス。色々と面倒だ。

クルマで出かけるルイス。気分転換のようです。
キャシーは監禁中。外れたスマートホンのカバーに気がつくキャシー。
カバーを道具にしてタイル剥がしを始めます。

湖にて。ここに来てるルイス。

キャシーはようやくタイルの破片をゲットしてます。ナイフ代わりになる。

湖にて。ルイスのそばにパトカーが止まる。
→Ford Crown Victoria
お巡りコンビに職務質問されるルイス。免許証を見せろと始まる。
これに似たクルマについて通報があったとお巡り。キャシーの通報は届いていた。

次はトランクを見せてくれとなり見せるルイス。
もしかしてキャリーの血の跡と思ったがそれはなかった。女物の靴は妻の物ですでごまかせた。

ルイスの自宅にて。
ようやく帰宅してるルイス。それでどうする。

監禁部屋に入るルイス。
娘に母親のことを何て言ったらいいんだとキャシーに絡むルイス。
それでキャシーに自首しろと言ってます。

そんなとこでいきなり反撃のキャシー。
タイルの破片で思い切りルイスの首筋を刺す。
結束バンドの拘束はタイルの破片で切断出来ていた。
次はルイスの首を絞めてるキャシー。私はキャシーなのよと言いつつ絞めてる。
適当なとこで逃げたキャシー。まだ生きてるルイス。

リビングのホームビデオはアラーナの静止画像のまま。
とりあえずキャシーは包丁をゲットする。それからまたルイスを殺しに監禁部屋に向かいます。

監禁部屋に来たキャシーですが肝心のルイスがいない。
隠れていたルイスは包丁を奪ってキャシーを監禁部屋に押し込もうとする。
しかしキャシーは逃げてしまう。包丁を持って追うルイス。

リビングにて。
ルイスはリボルバーを探す。床に転がってる。
リボルバーを巡って争いになるルイスとキャシー。
キャシーがリボルバーをゲットします。これは大変。

そんなとこに家政婦のアロンドラが娘のサマーを連れて帰る。
キャシーはアロンドラを撃つ。これでアロンドラは退場となります。

サマーを人質にしてルイスを脅すキャシー。
せっかく上手く行ってたのに愚痴が出てるキャシー。
ルイスがナタリーと呼んだら、私はキャシーよと激昂してます。逆効果でした。

ルイスはサマーだけは撃たないでくれとお願いする。
今度はサマーはアンタの娘なの?と衝撃的展開な話しを始めるキャシー。

自首しなくていいと譲歩してるルイス。娘のためなのか?
そんな感じでルイスはキャシーを説得しようとする。
それにこれまで経過は全て録音してると言い出す。これはマジでそうなってます。

サマーが逃げてまたルイスとキャシーのもみ合いになってます。
ルイスはキャシーの首を絞める。動かなくなるキャシー。
まだ死んでないキャシーは反撃する。リボルバーで撃つルイス。
これでキャシーは退場となったのか?

娘のサマーを探すルイス。監禁部屋にいました。
リビングに戻ると娘はあの人が消えたと言う。マジでキャシーがいない。

ガレージにて。
とりあえずルイスはサマーを連れてクルマで脱出しようとする。
そんなところにリボルバーを持ったキャシーが出現する。ゾンビ並みだ。
これまでとなったがリボルバーの実包は撃ち尽くしていました。助かった。

そんなわけでまた格闘アクションになってます。
キャシーは結構強い。ルイスは負傷してるせいもあって押されっ放し。
農機具のフォークを持ち出してルイスを串刺しにしようとするキャシー。これは大変。
そんな感じで死闘になってます。

そんなこんなでガレージドアを支えていたつっかい棒が外れます。
ドアが落ちてキャシーが下敷きになる。マジでキャシーは退場となります。

生き残ったルイスとサマー。
2人が抱き合ってるとこでパトカーが多数接近してるようでパトライトの光が映り込む。
エンドとなります。

後タイトル。
スタッフの紹介

Luke Evans Lewis
Kelly Reilly Cathy

スタッフの紹介
女性がやたら多い。ごの作品は女性映画でもあるみたい。
タイトルバックは監禁部屋等の図面です。
in memorys of
Lucy Ewing and Robert Wyatt
RIP

スクロールする
キャスト
スタッフ


そんなわけで普通の監禁サスペンスのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.24

Hollywood Express #830◆2019.06.21(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『フォードVS.フェラーリ』 Ford v Ferrari (2019) の話題。マット・デイモンとクリスチャン・ベイル主演の1960年代のル・マンを舞台にしたカーレース映画。ジェームズ・マンゴールド監督。アメリカ人のOHV V8エンジン信仰はこのへんから始まったかもしれない。
◆ディズニーのアニメを実写化路線の『ライオン・キング』 The Lion King (2019) の話題。ビヨンセがVCで出てるそうです。Fairview Entertainment/Walt Disney Pictures製作配給。
◆『ペット2』 The Secret Life of Pets 2 (2019) から、VC初出演のハリソン・フォードに関してダナ・カービーのインタビューがあります。お笑い芸人なので当然ヨイショでハリソン・フォードを褒めちぎってます。
◆『アド・アストラ』 Ad Astra (2019) の話題。ブラッド・ピット主演のSF大作の予告編が公開された話題。父親役がトミー・リー・ジョーンズ。ジェームズ・グレイ監督。女優さんはリヴ・タイラー。果たして出来は?。
◆シャーリーズ・セロンがアメリカン・シネマテーク・アワードを授与される話題。女優業と製作で映画界に貢献したのが評価されたそうです。
◆『ペット2』 The Secret Life of Pets 2 (2019) がTVゲーム原作の映画として北米で歴代最高の興行収益になった話題。おめでとうございます。
◆来年のアカデミー賞は2月9日と決まった話題。毎年決まった日程にはなっていないそうです。例年は2月の最終日曜日とのこと。まさか2月第1週のNFLスーパーボウルに当てないと思う。そんなことをしたら視聴率がゼロになります。
◆ Pavarotti (2019) から、ロン・ハワード監督のインタビューがあります。ルチアノ・パバロッティとは以前に挨拶程度のコンタクトはあったとのことです。

◆red carpet
◆デンゼル・ワシントンがAFI生涯功労賞を授与された話題。デンゼル・ワシントンのインタビューがあります。スパイク・リー監督、モーガン・フリーマンのインタビューもあります。モーガン・フリーマンはもうAFI生涯功労賞を授与済みだそうです。

◆inside look
◆ Shaft (2019) のメイキング。サミュエル・L・ジャクソン、リチャード・ラウンドトゥリー、ジェシー・T・ユーシャーのインタビューがあります。アレクサンドラ・シップとレジーナ・ホールのインタビューもあります。
◆ Late Night (2019) のメイキング。ミンディ・カリングのインタビューがあります。時節柄MeToo運動ネタも入ってます。

◆Hollywood gossip
◆キューバ・グッディング Jr.が『この人痴漢です』ではないけどそんな感じで当局に出頭した話題。当然否認してます。日本なら速攻で容疑者扱いになります。果たしてどうなる。
◆次の話題でキアヌー・リーヴスも捕まったのかと思ったら違う話題でした。こっちは女性と一緒に写真を撮る時には無駄にタッチしないようにしてるという話題。セクハラ訴訟対策なのか自然にそうしてるのかは不明。両方かもしれない。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『トイ・ストーリー4』 Toy Story 4 (2019) ジョシュ・クーリー監督、トム・ハンクス、ティム・アレンVCの『トイ・ストーリー』シリーズ最新作の3D CGアニメ。いつもと同じ話しのようです。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『チャイルド・プレイ』 Child's Play (2019) ラース・クレヴバーグ監督、マーク・ハミルVC、オーブリー・プラザ主演の『チャイルド・プレイ』シリーズのリブート最新作。以前とは違いハイテクなチャッキーに悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Anna (2019) リュック・ベンソン監督、サーシャ・ルス、ルーク・エヴァンス主演の殺し屋アクション。モデルが殺し屋になって色々とある話しのようです。ハイライトシーンで当局の取り調べの役で何故か主役のサーシャ・ルスよりきれいに撮れてるキリアン・マーフィーが見れます。ビックリした。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。この作品はルーク・エヴァンスやキリアン・マーフィーが出てるので女性客の方が多いのでは?と思える。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、ロバート・ダウニー・ジュニア、クリス・エヴァンス他主演のマーベルアメコミアクション大作完結編。強敵サノスに反撃する話しのようです。興行収益totalは8億3070万ドル。大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。劇場で100回以上見てる人がいるそうです。これはビックリ。
◆私は劇場公開の1回目から自宅TVを加えて『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年)を50回以上見てます。それぐらいのお気に入り作品なのでメディアが変わって販売されるたびに買ってます。
◆9位が Late Night (2019) ニーシャ・ガナトラ監督、エマ・トンプソン、ミンディ・カリング主演のTV内幕コメディ。低視聴率になったTV番組のてこ入れで悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは550万ドル。
◆8位が『ジョン・ウィック: パラベラム』 John Wick: Chapter 3 - Parabellum (2019) チャギ・スタエルスキ監督、キアヌ・リーヴス、ハリー・ベリー主演のシリーズ3作完結編。殺し屋と殺し屋達がアクションする話しのようです。興行収益totalは1億4890万ドル。大ヒットしてゆるやかにランクを落としてます。
◆7位が『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 Godzilla: King of the Monsters (2019) マイケル・ドハティ監督、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ主演の怪獣映画。渡辺謙とサリー・ホーキンスも出てます。複数の怪獣が戦う話しのようです。興行収益totalは9430万ドル。観客層が似た他の作品とバッティングしてるようでまだ1億ドルには達していません。
◆6位が Shaft (2019) ティム・ストーリー監督、サミュエル・L・ジャクソン、リチャード・ラウンドトゥリー、ジェシー・T・ユーシャー主演の『シャフト』シリーズ最新作アクション。シャフト3代が勢ぞろいする話しのようです。女優さんはレジーナ・ホール。興行収益totalは890万ドル。興行はイマイチのようです。
◆5位が『X-MEN : ダーク・フェニックス』 Dark Phoenix (2019) サイモン・キンバーグ監督、ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ主演の『X-MEN』シリーズ最新作のマーベルアメコミアクション大作。若いジーン・グレイがダーク・フェニックスで色々とある話しのようです。興行収益totalは5210万ドル。興行はイマイチのようです。
◆4位が『ロケットマン』 Rocketman (2019) デクスター・フレッチャー監督、タロン・エガートン、ジェイミー・ベル主演のエルトン・ジョンの半生を描く伝記映画。エルトン・ジョンの話しのようです。女優さんはブライス・ダラス・ハワード。興行収益totalは6670万ドル。他に似たような作品がなく観客層が重ならずランクを1つ上げてます。
◆3位が『アラジン』 Arajin (2019) ガイ・リッチー監督、メナ・マスード、ナオミ・スコット主演のディズニー名作アニメ実写映画。アラジンの話しのようです。興行収益totalは2億6400万ドル。さすがにミュージカルシーンは素晴らしい。音楽とシンクロしたカット割りがいいんです。ガイ・リッチー監督はセンスがいい。この雇われ仕事で実績を上げてまた自分が好きなように出来る作品が撮れるでしょう。
◆2位が『ペット2』 The Secret Life of Pets 2 (2019) クリス・ルノー、ジョナサン・デル・ヴァル監督、パットン・オズワルド、ハリソン・フォードVCの『ペット』シリーズの続編 3D CGアニメ。ペット達が色々とある話しのようです。Fuji Television Network/Dentsu/Illumination Entertainment (as A Chris Meledandri Production)/Universal Animation Studios/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは9260万ドル。
◆1位が『メン・イン・ブラック: インターナショナル』 Men in Black: International (2019) F・ゲーリー・グレイ監督、クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン主演の『メン・イン・ブラック』シリーズ最新作SFアクション大作。エイリアンと色々とある話しのようです。リーアム・ニーソン、エマ・トンプソンも出てます。興行収益totalは3000万ドル。スタジオ側の皮算用よりは低調な興行だそうです。

◆ending
◆“Lovely Day” from “The Secret Life of Pets 2 (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.23

『透明光線』

この隕石ホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
ランバート・ヒルヤー監督、ボリス・カーロフ、ベラ・ルゴシ、フランセス・ドレイク主演の謎の隕石ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

1936年 Edmund Grainger Production/Universal Picture/Carl Laemmle presents アメリカ作品
ランニング・タイム◆80分
原題◆The Invisible Ray
プロット◆謎の隕石で色々とある話しのようです。
音楽◆フランツ・ワックスマン

キャスト
ボリス・カーロフ→色々と大変なルーク博士
ベラ・ルゴシ→協力者のベネ博士

フランセス・ドレイク→ルーク博士夫人のダイアン
フランク・レイカー→探検家のロナルド

ウォルター・キングスフォード→スティーブンス卿
ビューラー・ボンディ→スティーブンス卿夫人のアナベラ

バイオレット・ケンブル・クーパー→ヤノシュ・ルーク博士の母
メイ・ベイティ→下宿の大家 ルグラン

ランバート・ヒルヤー監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。

ボリス・カーロフは何故かカーロフのみの表記になってます。
ベラ・ルゴシは相変わらず背が低そうに見えます。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。そんなに悪くはない。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

A Universal Picture
タイトル
Carl Laemmle presents
Boris Karloff Dr. Janos Rukh (as Karloff)
and
Bela Lugosi Dr. Felix Benet
in
The Invisible Ray

with
Frances Drake Diane Rukh
and
Frank Lawton Ronald Drake
スタッフの紹介
An Edmund Grainger Production
directed by Lambert Hillyer

the players
Boris Karloff Dr. Janos Rukh (as Karloff)
Bela Lugosi Dr. Felix Benet
Frances Drake Diane Rukh
Frank Lawton Ronald Drake
Violet Kemble Cooper Mother Rukh
Walter Kingsford Sir Francis Stevens
Beulah Bondi Lady Arabella Stevens
Frank Reicher Professor Meiklejohn (Mendelssohn in end credits)
Paul Weigel Monsieur Noyer
Georges Renavent Chief of the Surete (as Georges Renevant)

前説字幕
現在科学的事実だと認められているものは
始めは狂気の産物と言われたものばかりだ。
透明光線等地球には存在しないと誰が断言できようか。
透明光線も科学界では眉唾物とされているが
明日には真理と認められているかもしれない。

お屋敷の全景から始まります。ミニチュアです。
ヤノシュ・ルーク博士の屋敷にて。
夫人のダイアナとヤノシュの母親が登場。
ルーク博士はまだ研究室なのかと話題になってます。
ヤノシュの母は以前に旦那の助手をしてて事故で失明をしてます。
窓から接近する来客のクルマが見えてます。
ダイアナがルーク博士に知らせに行きます。ドアを何回も開けています。広い。

ルーク博士の天文台にて。
望遠鏡で観察のルーク博士。ダイアナ夫人が来客を知らせる。
スティーブンス卿とパリ大学のベネ博士が来ました。

クルマが到着します。
ベネ博士
スティーブンス卿
その夫人、
夫人の甥のロナルド

カルパチアの山頂にあるルーク博士の屋敷。
もしかしかここはアメリカではないのか?そんな感じ。
ルーク博士とベネ博士ですが不仲なようです。
甥のロナルドはアフリカを探検したことがあるようです。
ダイアナ夫人と甥のロナルドは最初からいい感じになってます。いいのか。

夕食のあとに望遠鏡に集合になりルーク博士が研究成果を説明します。
アンドロメダ大星雲からの光線を捕えて研究室の投影機に映す。
そうすれば宇宙の過去を遡れることになってます。

実験室の投映機でプラネタリウムみたいなってます。
月、ここを通過しています。次は土星を通過
オリオン大星雲、地球から500光年。
いよいよアンドロメダ大星雲に到達してます。

隕石にはラジウムより力がある。それがアフリカに落ちた。そんな話しにもなる。
それで隕石が地球のアフリカに落ちる映像が入ります。
これは数十億年前に起きたことですと説明するルーク博士。
そんな感じで実験は成功したみたい。とりあえず文句は出ていない。

リビングにて。
お酒を飲んでフリートークになります。
隕石はアフリカにある。そんな話題になる。
ルーク博士に調査隊に協力するか?と声がかかる。
しかしルーク博士の母親は反対する。人付き合いが出来ないからだと。それが理由か。
溶暗になります。

雑誌『世界の科学』の記事の見出しです。
ベネ調査隊の探検の目的とラジウムX
関係者によるとルーク博士は本隊を離れてラジウムXの探索を続けるという。
ベネ博士も化学の研究を続けている。

雑誌のアフリカの地図から現地になります。
調査隊のキャンプにて。
ベネ博士は原住民の赤ん坊の治療というか実験をやってます。
とりあえず赤ん坊は回復したみたい。結果オーライです。結構凄い。

ダイアナ夫人はルーク博士が奥地に行ったきりなので退屈してます。
ロナルドとスティーブンス卿の夫人がハンティングから戻ってます。
スティーブンス卿の夫人はロナルドにダイアナとの関係をあおる。
このキャンプはルーク博士が戻ってるのを待ってる状況のようです。
スティーブンス卿はいつまでここにいるんだと文句たらたら。

ルーク博士と原住民達は隕石探しで移動中。
何やら異音がするので調べています。ルーク博士は興味津々。原住民達は戦々恐々。
煙を吹いてるクレーターがあります。これは隕石だ。
原住民のリーダー格がチャコ?
ルーク博士は伝令に手紙を持たせます。1日ぐらいで着く。

キャンプにて。
食事にて。
相変わらず文句が多いスティーブンス卿。ダイアナ夫人とロナルドはいい感じ。

食事の席で伝令からダイアナ夫人に手紙が届く。
当分は戻ってこれない。場所は不明。発見まであと少し。
伝令から返信を下さいと言われダイアナ夫人はどうする。

ダイアナ夫人のテント前にて。
ロナルドが心配して来ます。ダイアナ夫人は現地に向かうことにしてる。
同行するのかと思ったら普通にお別れのあいさつになってます。
溶暗になります。特に意味がない溶暗です。時間経過はしてる。

現地にて。
防護服を着込んだルーク博士はロープでクレーター内部に降りてます。
無事に隕石の標本をゲットしてるルーク博士。

標本をゲットしてご満悦のルーク博士。
原住民達は恐れてます。リーダー格が全員撤退しますと言い出す。
あの岩石に注目しろと標本をエネルギー源にして光線を発射させ岩石を溶かしてます。
この岩石を溶かす特撮は見事です。
これはビックリの原住民達。仕事しろとルーク博士。これで騒ぎは収まります。
溶暗になります。

夜になっても仕事中のルーク博士。
何だか体が光ってます。これは大変。ちょうどいた原住民がビックリして逃げる。
自分の体が光ってることに気がつくルーク博士。それでどうなる。
テントに入りランタンを点けると光らなくなる。消して暗くなると光る。そんな感じ。
犬は光ってても気にしない。思わず光ったままの手で撫でると犬は死に至る。
これは大変となるルーク博士。

そんなとこにダイアナ夫人が到着してます。
ルーク博士はテントに立てこもり入れない。帰ってくれと言ってる。
とりあえずダイアナ夫人は今晩は泊まることになる。明日になったら帰る。

ルーク博士は防護服を持ってどこかに行きます。
溶暗になります。

キャンプにて。
ベネ博士のとこに防護服を着込んだお忍びのルーク博士がやって来ます。
事情を話して助けを求めるルーク博士。
隕石を見つけた。ラジウムの1000倍。そのせいで重病になった。
暗くなると光ると実際に見せてます。私に触ると死ぬと警告する。

中和する薬は隕石から作れるとベネ博士。標本は持ってきてるルーク博士。
そんなわけでルーク博士を資材テントに隠し特急で薬を作るベネ博士。

ダイアナ夫人はまだキャンプに戻ってません。戻る途中です。
溶暗が入ります。

キャンプにて。
ベネ博士は薬を完成させてます。ルーク博士に説明する。
薬が効いて光らなくなるルーク博士。しかし完治は出来ず毎日注射する必要がある。
注射は死ぬまでやらなければならない。薬を使わないと体が燃えて灰になる。
それに副作用で脳に異常があるかもと言ってるベネ博士。
ルーク博士は現場に戻って研究を続けると言う。そうなるとダイアナ夫人とはすれ違いになってしまいます。
溶暗になります。

ダイアナ夫人とロナルド。
ついにあなたを愛してるとなってるロナルド。いいのか。
ダイアナの父親がルーク博士に心酔してて成り行きで結婚したようです。
溶暗がよく入ります。

現場にて。
研究中のルーク博士のとこにベネ博士が来てます。
具合はどうかねとなるベネ博士。普通です。
研究は完成したとルーク博士。何千キロも離れた街を破壊出来るってそんな兵器を造っていたのか。それでも威力を弱めれば病気治療に使えると主張する。

ベネ博士は最近の情勢を説明する。
スティーブンス卿がパリの学会に向かった。標本を預けてある。
要するにのこの研究をルーク博士だけではなく学会が管理する。
それにダイアナ夫人はスティーブンス卿の夫人秘書で同行した。ロナルドも同行してる。
ダイアナ夫人の手紙を読むルーク博士。他の男に心変わりしたと書かれてるようです。

そんなわけで研究とダイアナ夫人を一気に失ったルーク博士は激昂する。まあそうなる。
ベネ博士は随分と損な役を請け負ったようです。あまり気にしていないみたいだけど。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
ベネ調査隊アフリカから帰国。
数々の大発見を成し遂げたベネ調査隊が調査を中断し英国へ帰還。
ルーク博士もカルパチアの自宅に到着した。

ルーク博士の屋敷にて。
1人で研究してるルーク博士。
それから母の目を治療してます。これが本来の目的だったのか?
治療は上手くいって母の目が見えるようになってます。
ついに完成したと喜ぶルーク博士。この研究は私のものだと言ってるのが少しおかしい。

明日パリに出発しますと母に伝えるルーク博士。
母は悲劇を招くだけよとまた反対してます。理由は前と同じです。
ルーク博士は母に預かって下さいと研究の全てを書いた書類を渡します。
溶暗になります。

パリにて。
雑誌『医学ジャーナル』の記事です。
ベネ博士のラジウムXは医療界を揺るがす。
ラジウムXが奇跡の治癒力を持つと噂になり
何千もの人々がベネ博士の医院に殺到
未知の物質によってすでに数百人の患者が治療を終えた。

ベネ博士の病院にて。
ラジウムXは学会が管理してるのでベネ博士も使えるわけです。
そんなとこにルーク博士が来ます。患者の行列は自分の名前を出してスルーする。

女の子の患者の眼を治療してるベネ博士。
そんなとこにルーク博士が来てます。
いきなりなのでビックリのベネ博士。何だか微妙な雰囲気になってます。
ノーベル賞は君のものだと持ち上げるベネ博士。体調はどうだとも聞く。
ダイアナ夫人はスティーブンス卿の夫人秘書になってると聞くルーク博士。
ロナルドとはまだ結婚してない。まだ別居中だし。
会話からルーク博士は行方不明になってるようです。そうなの?
で、ラジウムXを完璧に操れるのは私だけだと嫌味を言ってるルーク博士。
溶暗になります。

街を歩くルーク博士。
そのへんの屋台で不景気そうなオッサンに声をかける。協力してくれ・・・

スティーブンス卿の屋敷にて。
秘書仕事のダイアナ。夫人の口述筆記をやってます。
そんなとこにメイドが新聞を持ってくる。口述筆記中なので不機嫌な夫人。

新聞見出しは、
ラジウムXの発見者が事故死。
ルーク博士が宿泊先で死亡した。
遺体の損傷が激しく所持品から本人だと特定。
警察は実験中の事故とみて捜査を打ち切った。

どうやらルーク博士がスカウトしたオッサンを身代わりにしたようです。
とりあえず悲しんでるダイアナ。そうなるとどうなる。
溶暗になります。

教会にて。
ダイアナとロナルドの結婚式になってます。話しが早すぎ。
物陰から見ているルーク博士。それから教会上の6つの像に注目してます。
6つの像を自分を含めた調査隊の面々に当てはめてます。

教会付近の下宿にて。
部屋を借りるルーク博士。教会が見える部屋にしてる。
ここの大家のオバサンはルグラン。
1人になってスティーブンス卿、泥棒めと呟くルーク博士。

スティーブンス卿の屋敷にて。
ベネ博士と夫人が話し込んでるとこにメイドが悲鳴を上げてやって来る。

現場を急行するベネ博士と夫人。
ベッドでスティーブンス卿は死亡していました。
目を見開いたままなので紫外線カメラで写真を撮るベネ博士。
一応夫人に許可をとってます。アッサリと許可してる夫人。

ベネ博士の研究室にて。
写真を現像して調べるとスティーブンス卿の瞳にルーク博士が映っていました。
そんな仕掛けなのかとこれはビックリ。
しかし証拠になる肝心の写真乾板を落として割ってしまうベネ博士。こまったものです。

ルーク博士の下宿てに。
外では教会の像の1つが消えて大騒ぎになってます。
ルグランが食事と新聞を持ってきて像が消えた話題になってます。
例のラジウムX砲を使えば像は簡単に消せます。使ってるシーンはない。低予算なのでそうなってる。

新聞の見だしです。
ラジウムXの研究者変死。
スティーブンス卿の変死体が自宅で発見。
事件は多くの謎に包まれている。
ルーク博士が事故死したばかりで・・・

街にて。
号外で3人目の犠牲者が出たと大騒ぎになってます。
ラジウムX、3人目の犠牲者。
スティーブンス卿の夫人が夫の後を追うかのように自宅で死亡。
3人の研究者が続けて亡くなり巷では呪いとの噂も広がっている。
そうなるとルーク博士も数に入ってるようです。

スティーブンス卿の自宅にて。
新婚旅行から戻ったダイアナとロナルド。
ベネ博士が警察に色々と説明する。
暗くして下さい。そうなると夫人の首に手の跡が光って見えてます。
明るいと見えない。警察が言うリンではない。ラジウムXだと断言するベネ博士。
ダイアナは私が結婚しなければと言ったりする。
ロナルドの方は何故かやる気満々。

シーンは変わってまたベネ博士が色々と説明してます。
ルーク博士は生きていると言い切ってます。本人はパリで生きてるはず。
そうなるとここは英国なのか?→同じパリみたい。

新聞の見出しです。Paris Herald
溶けた聖像、脅える群衆。
6聖人の像の一体が突然消えるのを多くの人が目撃した。
警察は聖像が溶けてなくなったと判断。
現場は騒然とし気絶する女性もいた。
聖職達は祈りを捧げた。

ベネ博士の研究室にて。
ルーク博士対策を相談するベネ博士とロナルド。
殺すたびに聖像を溶かしてると推測してます。
ロナルドは新聞におびき寄せる広告を出そうと言い出す。
ラジウムXの関するネタの講演会なら必ずルーク博士は来るとベネ博士。ノリノリです。
変装しても暗くすれば光るのでわかる。
溶暗になります。

ベネ博士の自宅にて。
雨が降ってます。10:10PM頃。ここで講演会をやるようです。
身元確認をやってる警察。しかし顔写真はないみたい。員数合わせにはなるけど。

ベネ博士の自宅付近のルーク博士は何とか入ろうと思案してます。
マイケルジョン博士というおじいさんにコンタクトします。
言葉巧みにブランデーを飲ませて昏倒させ入れ替わります。もう慣れてる感じで立派な犯罪者です。

ベネ博士の自宅にて。
そんなわけでマイケルジョン博士を騙って入るルーク博士。
警察は12:00ちょうどに灯を消せと打ち合わせしてます。
ルーク博士は窓の外から中を伺ってます。

ベネ博士はハンドガンを用意してます。
いきなり通用口からルーク博士が来ます。これはビックリのベネ博士。
ちょうど灯が消えたので光ってるルーク博士。
5人の泥棒のうちまだ3人残ってると言ってます。
ベネ博士は副作用でそんなになったのかと言うとルーク博士も自覚してるみたい。

ルーク博士を説得しようとするベネ博士。
隙を見てハンドガンを出そうとしたら手を押さえられて死に至るベネ博士。
そうなると残りはダイアナとロナルドだけになります。

ダイアナはメイドが付いてるのにロナルドを呼んでと部屋から出してます。
何故かルーク博士の母が呼ばれて来てます。ロナルドが案内してます。
12:00になって警察がブレーカーを切って灯が全部消えます。

暗闇で光ってるルーク博士はダイアナの部屋に入る。
これはビックリのダイアナ。ロウソクを落としてます。光ってるルーク博士。
逃げようとするダイアナ。首を絞めようとするルーク博士。

会場ではベネ博士が来ないと騒ぎになってます。
研究室に行くとベネ博士は死んでてまた騒ぎになります。ルーク博士が入り込んでる。

さずがにダイアナの首を絞めるのは出来ないようです。
しかしロナルドは殺すと意気込んで部屋を出るルーク博士。
これは大変となってるダイアナ。

部屋から出たルーク博士はいきなり母と対峙する。
そんなとこにロナルド一行も来てます。
そんなこんなで母はルーク博士の大事な注射器セットを叩き壊してしまう。
それからルーク博士に説教をしてます。ルーク博士も納得してる。

追っ手の逃れて2階の窓から身を投げるルーク博士。
途中から火だるまになって落ちた時は燃え尽きて灰になってます。

無事なダイアナとロナルド。
ヤノシュ・ルークは死にましたと母。
でも彼の研究は永遠に生き続けます。人類の未来のために。
it's A Universal Picture the endとなります。


そんなわけで普通のホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.22

『ドクターXの帰還』

この血液ホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
ヴィンセント・シャーマン監督、ウェイン・モリス、デニス・モーガン、ハンフリー・ボガート、ジョン・リテル主演の吸血鬼ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

1939年 First National Pictures/Warner Bros. アメリカ作品
ランニング・タイム◆62分
原題◆The Return of Doctor X
プロット◆謎の吸血鬼に悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Bernhard Kaun (uncredited)

キャスト
ウェイン・モリス→新聞記者のウォルター・ギャレット
デニス・モーガン→医者のローズ先生
ローズマリー・レイン→ナースのジョアン

ジョン・リテル→血液学のフレッグ博士
ハンフリー・ボガート→助手のケイン/グザビエ博士

リア・リス→女優のアンジェラ・メロヴァ
ジョン・リジリー→血液提供者のロジャース

チャールズ・C・ウィルソン→キンケイド警部補 (as Charles Wilson)
クリフ・ソウム→モラン部下刑事

ハンツ・ホール→資料室担当のピンキー
フランク・ファー→新聞社の夜間編集担当のアンディ

ヴィンセント・シャーマン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。

ハードボイルドで有名なスター。ハンフリー・ボガートが唯一出演したホラー映画だそうです。
ホントなのか知りませんがワーナー首脳陣に対して不遜な態度だったので出されたという説もあります。
当然ハンフリー・ボガートはこの作品を嫌ってます。しかし演技は普通にこなして手抜きはしていません。偉い。

私のこの当時のワーナーに対する印象は本『ザナック ハリウッド最後のタイクーン』から来ています。そんなわけであまりよろしくない。
ハリウッド黎明期の頃、仲の悪いワーナー4兄弟はいつも儲けの取り分で争っていた。第1次世界大戦時に安手の反ドイツ映画で一山当てて、勢いで巨大スタジオを建てたのはいいが、ハリウッドで1番カネ払いが悪いので誰もよりつかず、ポツポツとたまに当たる映画の取り分を4兄弟で争っていたが、そのポツポツもなくなっていよいよ倒産の亡霊が迫ってきた時、たまたま雇ったプロデューサー ダリル・F・ザナックのおかげで盛り返したとなってます。
ジャック・ワーナーは本物の悪党でスープを盗むのにポケットをゴム張りにする奴だ。といった感じで『ザナック ハリウッド最後のタイクーン』の描写はホトンドこんな調子なんです。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

前説字幕
本作に登場する人や出来事は全て創作である。
実在のまたは実在した人物にもし似ていたとしてら
それは偶然のなせる業である。
→責任逃れもいいとこです。さすがワーナー。

Warner Brothers Pictures inc. presents
タイトル
Wayne Morris Walter Garrett
Rosemary Lane Joan Vance
Humphrey Bogart Marshall Quesne
in

The Return of Doctor X
A First National Picture

with
Dennis Morgan Michael Rhodes
John Litel Dr. Francis Flegg
Lya Lys Angela Merrova
スタッフの紹介
タイトルバックは実験室の風景です。
一応ハンフリー・ボガートは3人まとめてですがトップで表示されてます。

モーニング・ディスパックチ紙の見出しです。
アンジェラ・メロヴァ プロードウェイ公演。

モーニング・ディスパックチ紙にて。
電話でアンジェラ・メロヴァにアポをとるの主人公ウォルター・ギャレット記者が登場。

ホテルにて。
電話したアンジェラ・メロヴァに黒い影が迫り口を塞ぐ。
ペットのサルが見ていますが役に立たない。

モーニング・ディスパックチ紙にて。
インタビューに向かうウォルター記者。

パーク・ヴィスタ・ホテルにて。
ウォルター記者が来ます。部屋の呼び鈴を押しても出ない。
ドアは開いてます。寄り掛かったので倒れ込むウォルター記者。
誰でも入れるじゃないかとジョークが入ります。それからタバコをくすねたりしてる。

アンジェラが倒れているのを発見するウォルター。これは大変。
そんなわけでまずは電話です。警察ではなく会社です。特ダネだ。
会社のアンディと話し込むウォルター。警察よりネタの確保が優先なんです。
警察には記事で教えてやろうとうそぶくウォルター。

見出しです。
ステージの花殺害される。有名女優ホテルの自室で死亡。

パーク・ヴィスタ・ホテルにて。
警察が来てます。ウォルターは新聞を広げて待ってます。
さっそく警部補から名探偵と皮肉を言われてるウォルター。

しかし警察が来たら肝心の死体がありません。違う意味でこれは大変なウォルター
死体がないぞ次の記事まで隠す気かと激怒してる警部補。
そんなわけで警察は引き上げます。面目丸つぶれのウォルターはどうする。

ウォルターだけになったらドアが開いてます。誰かがいます。
これはペットのサルでしたとオチがつきます。
部屋から出るウォルター。溶暗になります。

モーニング・ディスパックチ紙にて。
資料室にいるウォルター。資料室担当のピンキーから突っ込まれてます。
電話で社長に呼ばれるウォルター。また大変。

社長室にて。
速攻で社長からクビだと言われてるウォルター。それでどうなる。
そんなところに死んだはずにアンジェラが来ます。これはビックリのウォルター。
誤報の名誉棄損で10万ドルの告訴するとアンジェラ。ホテルからは5万ドルです。
社長からマジでクビと言い渡されるウォルター。

ジュールズ記念病院にて。
館内放送でローズ先生受付へ来てくださいとなりローズ先生が登場。
ウォルターがローズ先生に相談に来てます。知りあいのようです。

ローズ先生とナースのおばさん。
血液提供者のロジャースの話題になってます。
血液学で有名なフレッグ博士も来て手術になるので血液提供者が必要となってます。
そんなわけで若いナースに電話させてる。

ロジャースの自宅アパートにて。
電話を受けてるロジャース。

病院にて。
ウォルターとローズ先生。アンジェラのレントゲン写真を見ながら話し込んでます。
アンジェラは全身の血が抜けたように真っ白だった。
そんなところにローズ先生はフレッグ博士から電話でお呼びがかかります。
ウォルターは待つことになる。

ロジャースがまだ来ないとまた若いナースに電話させてます。

ロジャースの自宅アパートにて。
電話は鳴ってるが倒れているロジャース。これは大変。電話に出れません。

病院にて。
若いナースが私が血液提供者になると志願してます。血液型は1型と言ってます。
この作品では血液型をAとかBではなく番号で言ってます。

手術室にて。
ローズ先生とフレッグ博士。手術になってます。
輸血の作業をやってるローズ先生。手回しポンプなのか。

手術後に手を洗ってるローズ先生とフレッグ博士。
血は命であると力説してるフレッグ博士。
今日の血液提供者はナースのジョアン・ヴァンスですと話すローズ先生。
それでフレッグ博士に大動脈に達する深い傷を負いながら死なない人間がいるのか?と聞いてます。友人が遭遇した・・・
そんな質問に酔ってるのかと相手にしないフレッグ博士。

病室にて。
ジョアンを見舞うローズ先生。さっそく仲よくなってます。
そんなわけで今夜はダンスに行こうとなってます。
いいとこでウォルターが来てます。

ウォルターとローズ先生。
まずは安酒を飲むなと忠告するローズ先生。
そんなとこにローズ先生に警察から電話です。
ゴア通り438番地に来い。緊急事態・・・
当然ウォルターも同行する気です。

現場にて。ゴア通り438番地。
ここはロジャースの自宅アパートでした。死んでます。
ローズ先生とウォルターが来たら警部補がいたりします。
警部補から何でお前がいると言われるウォルター。
ロジャースはローズ先生と会う予定のメモを残してました。それで呼ばれたわけです。

ローズ先生はロジャースは血液提供者ですと普通に答える。
で、ロジャースは失血死だとしてます。
外科用のメスで切られていると警部補。そんなわけでローズ先生も容疑者みたい。

検死報告書を見たローズ先生。
ロジャースの血液1型なのに、検死報告書は4型になってると疑問を抱く。そんなわけで速攻でサンプルを採ってます。
帰り際に警部補は街から出ないようにと言われてるローズ先生。

病院にて。
ウォルターとローズ先生。
サンプルを検査してるローズ先生。ロジャースの血とは違うようです。
とりあえず今日はここまでとなってます。
ウォルターを帰してからも検査の続きをやってるローズ先生。それからサンプルを持って出かけます。

外にて。
クルマで張ってるウォルター。タクシーで移動するローズ先生を尾行する。

フレッグ博士の自宅にて。
ここに来たローズ先生。ウォルターは窓から中を伺う。
助手が出てきます。ハンフリー・ボガート扮するケインが登場。
髪にメッシュ。メガネ、白塗りメイクといった感じ。ウサギを抱いてます。

ローズ先生が握手すると手が冷たいケイン。怪しい。
挨拶からあなたと議論がしたいと主張するケイン。これは伏線です。

フレッグ博士が来ます。仕事に戻れと言われたケインは席を外す。
ローズ先生は血液型の判定を依頼してます。例のサンプルです。
ケイン助手の顔色は悪いですねと言ってるローズ先生。

顕微鏡の準備から検査になるフレッグ博士。
これは血液提供者のロジャースですとローズ博士。微妙な雰囲気になる。
ケインがガラス機材を握りつぶして割りケガをする。フレッグ博士が治療して下がれと言ってます
肝心の血液検査ですが不審なとこはなく4型だとなってます。
不満そうなローズ先生ですが帰ります。サンプルはちゃんと返してもらう。

外にて。
ウォルターが隠れて張ってるとこにあの女優のアンジェラがやって来ます。

フレッグ博士の自宅にて。
アンジェラはフレッグ博士に助けを求める。倒れます。
ケイン助手はフレッグ博士に君の実験は失敗だと言ってます。どういう関係なんだ?
フレッグ博士はアンジェラに輸血をしてるようです。
溶暗になります。

病院にて。
ウォルターとローズ先生。
サンプルの結果は異常はなかっと話すローズ先生。4型だった。
青白い男の話しをするウォルター。ケインをどこかで見たことがあるといいだす。
そんなとこにフレッグ博士が来ます。ウォルターに席を外させる。

ローズ博士とフレッグ博士。
頼みがあるとフレッグ博士。私のとこで見たことを忘れてくれ。職業上の秘密だ。
それと血液提供者の名前を聞いてます。ナースのジョアンだと教えるローズ博士。

フレッグ博士が帰るとウォルターが戻って話し込む。
ウォルターはフレッグ博士が怪しいと主張する。女優のアンジェラが来て輸血した話しもする。
何で知ってる?となるローズ先生。
それからケインの話題になる。死人みたいだ・・・
で、今夜はジョアンとデートだよと言い出すローズ先生。
ウォルターはそれより調べようとヤケに仕事熱心になります。
溶暗になります。

パーク・ヴィスタ・ホテルにて。
クルマで来てるウォルター、ローズ先生、それにジョアン。
ジョアンをクルマに待たせて2人はホテルに入る。

アンジェラの部屋に入るウォルターとローズ先生。
またドアが開いてるギャグが入ります。
アンジェラは何だか具合が悪そうにしてます。
血液検査や1型の血液に殺人犯の話題になってます。

いよいよアンジェラが事情を話す。
口を手で塞がれ、胸に鋭い痛みを感じた。その後はわからん。
で、明日新聞社に行くと言ってるアンジェラ。

そんなところにケインが来ます。フレッグ博士の代理と称してます。
ウォルターとローズ先生が帰ったとこでケインがアンジェラに迫る。

クルマで待ってるジョアンに合流するウォルターとローズ先生。
次は社長の自宅に行くようです。

社長の自宅にて。
ウォルターとローズ先生に寝てるとこを起こされた社長は不機嫌です。
カンザスに帰れと罵倒されてるウォルター。

特ダネがありますと主張するウォルター。
アンジェラが刺されたことを認めて明日会社に来る。ローズ先生が証人です。
そうなると機嫌がよくなる社長。

会社に電話する社長。アンディが出てます。
速報でアンジェラが死んだとわかったと知らせるアンディ。
そんなわけでまた不機嫌になった社長は激怒してウォルターとローズ先生を追い出す。

クルマにて。
もどったウォルターとローズ先生から次は葬儀店?と聞いてビックリのジョアン。
いつダンスにいくのかとなってます。

ビクスビー葬儀店にて。
ここに入るウォルターとローズ先生。
アンジェラの遺体はどこですかとなります。友人だと言ってる。
ウォルターが葬儀店のオッサンの相手をしてる間にローズ先生が遺体を調べる。
フレッグ博士からの連絡で遺体を引き取ったと話すオッサン。
そんなこんなで引き上げるウォルターとローズ先生。
やはり自然死に見えると推定するローズ先生。

クルマにて。
ウォルターとローズ先生が戻ってもう帰ると言われてビックリのジョアン。

新聞の見出しです。
アンジェラ・メロヴァ 自室で死亡。

会社にて。
資料室のウォルター。担当のピンキーが社長に見つかったらクビになると愚痴が出る。
まだ復帰してないので無職なウォルターはケインのことを調べてます。昔の記事を漁る。

ようやく見つけました。ドクター・グザビエ。ドクターXです。
グザビエの名前からドクターXになっていたけわけです。
食事を与えない実験で少年を殺したドクター・グザビエ。
電気椅子送りで死刑になってました。

そんなところに社長が来てしまいます。これは大変。
そんなこんなで大騒ぎになってます。

病院にて。
ウォルターとローズ先生。
ドクター・グザビエの話しをするウォルター。
死刑から死亡確認はフレッグ博士がやった。怪しい。
今夜墓地に行こうとなります。

夜,グリーンローン墓地にて。
ウォルターとローズ先生。それに墓地の管理人。ウォルターが知り合いらしい。
モーリス・グラビエ 1937年死亡。
棺桶を掘り出して中を確認すると空っぽでした。
あとは管理人に任せて引き上げるウォルターとローズ先生。

フレッグ博士の自宅にて。
ここに来たウォルターとローズ先生。
ケインとグザビエ博士は同一人物だと話すフレッグ博士。

フレッグ博士がたとえ話をする。
100年前は麻酔が大発見だった。
50年前はレントゲンが驚きだった。
20年前は人間の心臓を手術で救えるなど誰も信じなかった。
そんなわけでグビザエ博士の復活もそうだとしてます。
それから研究室で実演をするフレッグ博士。

研究室にて。
死んだウサギで実演をやり始めるフレッグ博士。
まずウサギに電気を流します。グザビエ博士の時は電気椅子で死刑だったのでこの工程は省くことが出来たと説明してます。そうなの?
それで血液を入れ替えると生き返るようです。
電気を流しながら注射を打ってます。そんな感じ。
ライブのレントゲン映像でウサギの心臓が動き出してウサギは生き返った。
人間の場合はウサギより時間がかかると解説するフレッグ博士。

何でグザビエ博士を生き返らせた?と聞くウォルター。
殺人鬼でも医学の天才なグザビエ博士。そんなわけで生き返らせたそうです。
失うには惜しい人材のグザビエ博士。それに自分の生き返らせる実験をしたかった。

それはいいけど窓の外からケインが伺っていたりします。
どうにも不用心なところです。

アンジェラも私の患者だったので生き返らせたとフレッグ博士。
それでも殺人はやっていないと主張する。生き返らせることだけだ。
生き続けるために絶えず輸血が必要になる。
人工血液を作る研究をしているがまだ出来ない。

ケインが生き続けいているのは人間の血を輸血してるからだと推測するウォルター。
フレッグ博士はさすがにそれは断ったと主張する。ケインが勝手にやってる。
それで1型血液を集めていたわけです。

アンジェラが最初の被害者で生き返らせた。
そんな感じでフレッグ博士は一応反省はしてるらしい。

ウォルターは警察に通報して記事を書かなければとなる。
さすがに警察への通報を先にしてる。
ここを出るウォルターとローズ先生。

外に出たらいいあんばいに警部補がいたりします。
何故かウォルターとローズ先生が逮捕されるようです。容疑は墓荒らしです。

外でもめてるとこで中ではケインがフレッグ博士にコンタクトしてます。
血液タイプ1型のリストを渡せと迫るケイン。

外にて。
いきなり中から銃声です。警察2人とウォルターとローズ先生が入る。
フレッグ博士は撃たれてケインはズラかってます。
そうなるとあのナースのジョアンが狙われることになります。
会話から警部補の部下刑事の名はモランとわかる。

街にて。
ケインはジョアンにコンタクトしてます。
ローズ先生がフレッグ博士の自宅で待ってますとタクシーに乗せる。

パトカーがジョアンのところへ猛スピードで向かってます。
コマ落としになってるので速いこと。さすがワーナー。
ジョアンはもういない。新聞の売り子に聞き込みます。
タクシーで青白い男といなくなったとわかります。どこに行った?

移動中のタクシーにて。
フレッグ博士は引っ越したと適当なことを言ってるケイン。
本当は沼地のアジトに向かってます。ジョアンが怪しんだので薬で眠らせる。

沼地のアジトにて。
タクシー運転手は普通です。着きましたと商売のみに徹してる。いいのか。

コマ落としで移動中のパトカーにて。
ケインはどこに行った?となってます。

沼地のアジトにて。
速攻で作業にかかるケイン。

ようやくパトカーが接近してますが沼地でスタックする。
タクシーは平気なのにパトカーはダメなのか。それはともかく徒歩で移動になります。
4人で移動です。クルマには3人しかいなかったけどあまり気にしない。

沼地のアジトにて。
いきなり撃つ警察。撃ち返すケイン。
そんな感じでギャング映画のワーナーらしい激しい撃ち合いの展開になってます。

とりあえずジョアンはローズ先生に救出されています。
ケインは屋根に逃げる。追うウォルター。刑事2人は外に待機してる。

屋根に上ったケインは警察に撃たれて転落します。
それでケインはこれで議論はおあずけだとローズ先生に伝えてくれと伏線を回収して死に至ります。

見出しです。
警察ドクターXを追いつめる。
ドクターX再び墓場へ。
ギャレット記者お手柄で・・・

エピローグ
社長室にて。
ウォルターと社長。
小説家に転向したとウォルター。カンザスに帰って土と共に生きる・・・
引き止めたい社長。
そんなとこに色っぽい秘書が入ってます。一目ぼれのウォルター。
そんなわけで契約書に署名してるウォルター。
ナースのジョアンはどうした?となるがワーナーなのであまり気にしない。
エンドとなります。

後タイトル
A First National Picture
キャスト=the players


そんなわけでワーナーらしいホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.17

Hollywood Express #829◆2019.06.14(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆シルヴェスター・スタローン主演のアクション『ランボー』シリーズ最新作 Rambo: Last Blood (2019) の話題。一応最終作ということになってます。シルヴェスター・スタローンが歳も歳なので嫌でも最終作になりそうです。
◆人道活動家でもあるジーナ・デイヴィスがアカデミー特別賞ジーン・ハーショルト人類愛賞を授与される話題。その手の活動に最適な代表作『テルマ&ルイーズ』 Thelma & Louise (1991)があるのでちょうどいいのかもしれない。何にせよ女優さんには代表作は大切なのです。
◆アカデミー特別賞の名誉賞がデビッド・リンチ監督に授与される話題。同じくネイティブ系の大御所俳優になったウェス・スティディ。『セブン・ビューティーズ』 Pasqualino Settebellezze (1975) のリナ・ウェルトミューラー監督に授与されるそうです。
◆『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 Godzilla: King of the Monsters (2019) からミリー・ボビー・ブラウンのインタビューがあります。映画初出演らしい。
◆ディズニーピクサーの新作3D CGアニメ Onward (2020) の話題。トム・ホランド、クリス・プラットがVCを担当するそうです。郊外の町で暮らすクリーチャー達の話しらしい。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。
◆『ロケットマン』 Rocketman (2019) のタロン・エガートンから、実はエルトン・ジョンは自身を別の俳優が演じると思っていた話題。ビデオクリップで自身を演じてたジャスティ・ティンバーレイクだと思ってたとのこと。
◆ Little (2019) で製作主演したマルセイ・マーティンが新作でも製作主演をするかもしれない話題。
◆英国の有名なTVシリーズの映画版 Downton Abbey (2019) から、パットン・オズワルドのインタビューがあります。

◆red carpet
◆ Late Night (2019) のプレミアの風景。リード・スコット、デニス・オヘア、ミンディ・カリングのインタビューがあります。

◆inside look
◆『ペット2』 The Secret Life of Pets 2 (2019) のメイキング。レイク・ベル、パットン・オズワルド、ハリソン・フォードのインタビューがあります。ハリソン・フォードのアニメVCは初出演だそうです。
◆『X-MEN : ダーク・フェニックス』 Dark Phoenix (2019) のメイキング。マイケル・ファスベンダー、サイモン・キンバーグ監督、コディ・スミット=マクフィーのインタビューがあります。キャストはこの作品で一段落して新作があるとすればキャストは交代するようです。

◆Hollywood gossip
◆ニコラス・ケイジがスピード結婚してスピード離婚をした話題。酔っていたそうです。
◆クリス・プラットが2度目の結婚をした話題。相手はキャサリン・シュワルツェネッガー。古女房アンナ・ファリスを捨てて逆玉を目論んでるようです。大丈夫なのか。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Shaft (2019) ティム・ストーリー監督、サミュエル・L・ジャクソン、リチャード・ラウンドトゥリー、ジェシー・アッシャー主演の『シャフト』シリーズ最新作アクション。シャフト3代が勢ぞろいする話しのようです。女優さんはレジーナ・ホール。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Late Night (2019) ニーシャ・ガナトラ監督、エマ・トンプソン、ミンディ・カリング主演のTV内幕コメディ。低視聴率になったTV番組のてこ入れで悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『メン・イン・ブラック: インターナショナル』 Men in Black: International (2019) F・ゲーリー・グレイ監督、クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン主演の『メン・イン・ブラック』シリーズ最新作SFアクション大作。エイリアンと色々とある話しのようです。リーアム・ニーソン、エマ・トンプソンも出てます。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Booksmart (2019) オリヴィア・ワイルド監督、ケイトリン・ディーヴァー、ビーニー・フェルドスタイン主演の青春ドラマコメディ。まじめな女の子2人が羽目を外そうと一晩で色々とあり過ぎる話しのようです。興行収益totalは1780万ドル。
◆9位が『名探偵ピカチュウ』 Pokémon Detective Pikachu (2019) ロブ・レターマン監督、ライアン・レイノルズVC、ジャスティス・スミス主演のピカチュウ・アクションコメディ。ピカチュウと一緒に色々とある話しのようです。女優さんはキャスリン・ニュートン。興行収益totalは1億3760万ドル。
◆8位が『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、ロバート・ダウニー・ジュニア、クリス・エヴァンス他主演のマーベルアメコミアクション大作完結編。強敵サノスに反撃する話しのようです。興行収益totalは8億2440万ドル。
◆7位が『ジョン・ウィック: パラベラム』 John Wick: Chapter 3 - Parabellum (2019) チャギ・スタエルスキ監督、キアヌ・リーヴス、ハリー・ベリー主演のシリーズ3作完結編。殺し屋と殺し屋達がアクションする話しのようです。興行収益totalは1億3860万ドル。
◆6位が Ma (2019) テイト・テイラー監督、オクタヴィア・スペンサー、ダイアナ・シルヴァース主演のおばさんホラー。謎のおばさんに悪戦苦闘する話しのようです。他の女優さんはマッケイリー・ミラー。興行収益totalは3270万ドル。
◆5位が『ロケットマン』 Rocketman (2019) デクスター・フレッチャー監督、タロン・エガートン、ジェイミー・ベル主演のエルトン・ジョンの半生を描く伝記映画。エルトン・ジョンの話しのようです。女優さんはブライス・ダラス・ハワード。興行収益totalは5030万ドル。
◆4位が『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 Godzilla: King of the Monsters (2019) マイケル・ドハティ監督、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ主演の怪獣映画。渡辺謙とサリー・ホーキンスも出てます。複数の怪獣が戦う話しのようです。興行収益totalは7850万ドル。
◆3位が『アラジン』 Arajin (2019) ガイ・リッチー監督、メナ・マスード、ナオミ・スコット主演のディズニー名作アニメ実写映画。アラジンの話しのようです。興行収益totalは2億3250万ドル。2億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆2位が『X-MEN : ダーク・フェニックス』 Dark Phoenix (2019) サイモン・キンバーグ監督、ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ主演の『X-MEN』シリーズ最新作のマーベルアメコミアクション大作。若いジーン・グレイがダーク・フェニックスで色々とある話しのようです。興行収益totalは3280万ドル。スタジオ側の皮算用を大きく下回った興行のようです。そうなるとどうなる。→言い訳と吊るし上げ大会になるわけです。
◆1位が『ペット2』 The Secret Life of Pets 2 (2019) クリス・ルノー、ジョナサン・デル・ヴァル監督、パットン・オズワルド、ハリソン・フォードVCの『ペット』シリーズの続編 3D CGアニメ。ペット達が色々とある話しのようです。Fuji Television Network/Dentsu/Illumination Entertainment (as A Chris Meledandri Production)/Universal Animation Studios/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは4750万ドル。やっばり犬映画は強いなと思えます。猫その他も出てるし。

◆ending
◆Naomi Scott's “Speechless” from “Arajin (2019)”


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.16

『バーン・アフター・リーディング』

このブラック・コメディ映画の感想はネタバレ全開になっています。
イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン監督、ジョン・マルコヴィッチ、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ティルダ・スウィントン、フランシス・マクドーマンド主演のブラック・コメディのようです。

2008年 Mike Zoss Productions/Working Title production/StudioCanal and Relativity Media/Focus Features presents アメリカ作品
ランニング・タイム◆98分
原題◆Burn After Reading
プロット◆機密文書と浮気で色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆カーター・バーウェル

キャスト
ジョン・マルコヴィッチ→元CIAのオズボーン・コックス
ティルダ・スウィントン→夫人で女医のケイティ・コックス

フランシス・マクドーマンド→整形手術がしたいリンダ・リツキ
ブラッド・ピット→パッパラパーのチャド・フェルドハイマー
リチャード・ジェンキンス→ジムの支配人テッド
ラウール・アラナス→ラテン系のマノロ

ジョージ・クルーニー→浮気大好きの警護官ハリー・ファラー
エリザベス・マーヴェル→夫人で童話作家のサンディ・ファラー

J・K・シモンズ→パーマーの上司
デヴィッド・ラッシュ→CIA上司パーマー
ハミルトン・クランシーツ→CIAのペック
アーマンド・シュルCIAのオルソン
ブライアン・オニール→尾行したハル。

オレク・クルパ→ロシア大使館のクラプトキン
マイケル・カントリーマン→出会い系のアラン

イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン監督の演出はよいと思います。
全体的にアイロニーが効いたコメディになってます。

J・K・シモンズは『レディ・キラーズ』(2004年)での空回り演技を取り返す好演で名誉挽回しています。

スカパー! BS252 IMAGICA BSにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は Dolbydigital 2/0ch

番組一覧
音声はと思ったらWOWOWではなくBS252 IMAGICA BSなのでわからん。
どうやらAAC 2/0chで普通のステレオのようです。
P-12指定のアラート

Focus Features
Working Title
タイトル
Focus Features presents
in association with StudioCanal and Relativity Media
A Working Title production

George Clooney Harry Pfarrer
Frances McDormand Linda Litzke
John Malkovich Osborne Cox
Tilda Swinton Katie Cox
Richard Jenkins Ted
Elizabeth Marvel Sandy Pfarrer
David Rasche CIA Officer
J.K. Simmons CIA Superior (as JK Simmons)
Jeffrey DeMunn Cosmetic Surgeon
and
Brad Pitt Chad Feldheimer

Burn After Reading

タイトルバック俯瞰でワシントン遥か上空から地上へカメラの迫るシーンです。

CIA本部 ヴァージニア州ラングレー
主人公のオジーが登場。上司に呼ばれてます。ペックとオルソンが同席してます。
オジー=オズボーン・コックス。君を担当から外すといきなり言われる。
上司の机にはパーマー何とかと表示されてます。
オジーには飲酒問題があるようです。そんなわけで激昂するオジー。

オジーの自宅アパートにて。
奥さんのケイティも帰宅して頼んでいたチーズ談義になる。それから口論です。

時間が経過してホームパーティになってます。
ケイティの浮気相手のハリーと奥さんのサンディも来てます。
ハリーの奥さんサンディは絵本作家です。

クルマで移動中のハリーとサンディ。
何だか微妙な雰囲気になってます。

オジーの自宅アパートにて。
仕事を辞めたオジーは口論になるケイティ。まだクビになったとは言ってない。
口論からケイティは医者のようです。あとでわかりますが小児科です。
コンサルタントや執筆活動とか言ってるオジー。

ヨットにて。
オジーと父親。
CIAを辞めたと話すオジー。全く返事がない父親。
どうやら父親も国務省にいたらしい。
愚痴が出てるオジー。自伝を書く。暴露本だ。

離婚専門弁護士事務所にて。
ケイティが離婚についての相談になってます。
まずは旦那の財政状況を調べてみればとアドバイスする弁護士。

オジーの自宅アパートにて。
ICレコーダーで音声メモをとってるオジー。
音声メモはいいけどテキストおこしが大変なんです。音声メモ時間の4倍はかかります。
電話です。ケイティに電話なのでコックス社ですと言ってるオジー。
TVを見てるオジー。執筆は進まない。酒を飲んでます。進まない。

ヨットにて。
ケイティはハリーと浮気してました。

オジーの自宅アパートにて。
帰宅するケイティ。オジーはプリンストン大学の同窓会に行ったとメモがあります。

ジョギング中のハリー。クルマが通り過ぎる。

オジーの自宅アパートにて。
ケイティはオジーのパソコンからCDに書類をコピーしてます。
財政状況を調べる一環のようです。このパソコンはCRTモニターです。古い。

図書館にて。プリンストン大学の同窓会。
やはり酒を飲んでるオジー。
黒味が入ります。

整形手術の病院にて。
医者が診察し相談中のリンダが登場。色々と相談してます。
それから事務所でも相談になってます。

ハードボディジムにて。
チャドとリンダ。
パソコン操作が出来ないリンダがチャドに出会い系サイトをやってもらう。
それから保険会社に電話するリンダ。整形手術費用を出させようとするがダメです。

公園にて。
出会い系の男とコンタクトするリンダ。無愛想なアランが相手です。
映画館にて『幸せのデイジー』をみるリンダとアラン。全く笑わないアラン。
それで食事からセックスになってます。
寝てるアランの財布を調べるリンダ。買物メモがあるので既婚者とわかる。

ヨットにて。
浮気中のハリーとケイティ。
結婚の話しになるハリー。ケイティはオジーと離婚するつもり。
ハリーは何だか押されぎみな感じ。

ホームセンターにて。
ここで買物をするハリー。長いパイプ材を買ってます。
ステーションワゴンの後ろ窓を開けたまま積み込んで運ぶ。
→1995 Buick Roadmaster Estate Wagon

ジムにて。
また保険会社に電話してるリンダ。やはりカネは出ません。
それから支配人のテッド。ラテン系のマノロ。チャドとリンダがそろいます。
マノロが女性用ロッカー室で拾ったCDの話題になってます。パソコンで中味を見るとこれはCIAの機密情報だと大騒ぎになる。

クルマで移動中のハリー。尾行が付いてます。帰宅するハリー。

ハリーの自宅にて。
鉄パイプを地下室の工房に運び込むハリー。それから溶接作業になってます。

バーにて。
リンダとテッド。
給料の前借りの話しになるリンダ。無理だろうとなるテッド。
君は今でもきれいだよと言ってくれるテッド。
テッドはメリーランド州でギリシャ正教会の神父を14年やっていた。
それがジムの支配人になってるわけです。

ハリーはモニカとデートなのか。
それからジョギングになってるハリー。

リンダの自宅アパートにて。
夜中にチャドから電話です。大変だと興奮してるチャド。
そんなわけでここに来てるチャド。CDの持ち主が判明した。
オズボーン・コックス。電話番号も判明してる。そんなわけで電話すれば謝礼が貰えると盛り上がる。

まだ夜中なのに電話するチャド。リンダは別の電話機でモニターする。
肝心のオジーはCDのことは知らないので話しが通じない。
そんなわけで夜中に電話なのもあって激昂してるオジー。
リンダが電話に割り込んだりするので話しはこじれてます。

オジーの自宅アパートにて。
ケイティには自伝の下書きを持ってる奴からだと話してるオジー。

チャドとリンダ。
それからどうすると相談になってます。リンダは絶対にカネになると意気込む。

ハリーの自宅にて。
地下工房で作業してるハリー。サンディが呼んでます。
サンディは絵本の宣伝でしばらく出かけるようです。見送るハリー。
で、ハリーは監視されてると気がついてます。謎のクルマが行ってしまった。

弁護士事務所にて。
ケイティは弁護士とコンタクトしてます。
弁護士秘書の名はコニー。おばさんです。ここにジムのバッグがあります。
バッグにCDが見当たらないとコニー。
弁護士はケイティに離婚訴訟は起こせますが訴訟を起こしたら後戻りは出来ませんと警告する。

公演にて。
リンダはまた出会い系でハリーとコンタクトする。これは偶然です。

食事になるリンダとハリー。警護官のハリー。
それからセックスになるようです。結婚してるとハリー。別居中だとも言ってますがこれは違います。

ジムにて。
リンダはテッドにいい男に当たったと話す。
テッドは出会い系の常連の男かもしれないぞと警告する。

ジムの裏にて。
チャドと打ち合わせのリンダ。

公園にて。
自転車で来たチャド。一応スーツに着替えてます。
クルマのオジーとコンタクトして交渉になります。5万ドルとふっかけてます。
→1983 Mercedes-Benz 240 D [W123]
逆にチャドを脅すオジー。激高してます。それからチャドの鼻っぱしを殴る。
これで交渉は決裂します。カネもCDも動かない。

リンダのクルマに乗り込むチャド。
→1995 Ford Probe GT
やる気満々のリンダは逃げたオジーのクルマを追います。
勢いは止まらずにオジーのクルマに追突するリンダ。やり過ぎです。

ロシア大使館にて。
カーチェイスのあと、ここに突入するリンダとチャド。クラプトキンに面会する。
マジで面会してます。ロシアの安全保障機関はアメリカでは活動出来ませんと建前を述べるクラプトキン。
肝心のCDを渡したら別室に行ってしまった。それでどうなる。
今度は違う男が出てきました。違うオフィスに案内されます。

そのオフィスにて。
壁にはプーチンの写真が飾ってあります。これはまたわかりやすい。
また違うオッサンが出てきます。コンタクトするリンダとチャド。

ジムにて。
色々と忙しかったので遅刻してるリンダとチャド。
テッドが何をしてると説教する。

レストランにて。
ハリーとケイティ。
ケイティから離婚の話しをされてイマイチな反応になってるハリー。

オジーの自宅アパートにて。
帰宅したケイティはベンツの後がへこんでることに気がつく。
そんなわけでオジーにベンツに何てことをしたと突っ込むケイティ。旦那よりクルマの方が大事です。

ハリーの自宅にて。
引っ越しの荷造りをした途中といった感じにしてるハリー。

リンダとデートのハリー。
映画『幸せのデイジー』を見ています。

ハリーの自宅にて。
リンダには別居中の奥さんが引っ越し途中なんだと説明してるハリー。
それから地下室に行ってハリーの作った物を見せてます。健康器具かと思ったら股間をシリコン製男根が突く仕掛けでした。何でこうなる。
リンダにはそこそこ受けてます。日本語字幕では『こけし』と出てます。何だか違うような。

どこかの店にて。
オジーが尾行報告を受けてます。尾行した男はハル。
ロシア大使館の話しになってます。
それから店にいる男から注目されているオジー。コンタクトすると召喚状を渡されただけでした。ゲイではなかった。
アメリカでは召喚状を渡す専門の仕事があるそうです。

雨の中クルマで移動中のオジー。
ようやく自宅アパートに戻ると荷物は出されドアの鍵は交換されていました。

ファーストフード店にて。
打ち合わせのチャドとリンダ。
もっとCDはないのかと言われてこまってます。

オジーの自宅アパートにて
この前でクルマで張り込みのチャド。
→1996 Hyundai Elantra [J2]
そんなところにハリーとケイティが来てます。ケイティは帰宅ですが。
チャドは自分以外にも張り込みしてるクルマがあること気がつく。
ハリーとケイティが出てきてクルマで出ていきます。赤いクルマ。レクサスです。
→2006 Lexus GS 450h [S190]
別の張り込みのクルマは尾行してます。

チャドは自宅アパートを伺う。それから別に張り込むクルマに気がつく。
そんなわけで塀を乗り越えててアパード裏に向かうチャド。

ハリーとケイティ。
クルマから降りるハリー。あとはジョギングで戻るようです。

オジーの自宅アパートにて
チャドは裏口ドアのガラスを割って侵入してます。

この辺からジョギングのハリーとカットバックになってます。
何故そうなるかはハリーがここに戻ってくるからです。

地下室のパソコンにたどり着くチャド。違うデータをCDにコピーしています。
ジョギングのハリーには尾行が付いてるような。

チャドですが誰かが来たので慌てて隠れる。来たのはハリーでした。
2階のクローゼット内に隠れるチャド。これはまた古典的な隠れ方です。
ハリーはシャワーから着替えになってます。オジーを締め出してケイティの自宅になってるのでハリーが使ってるわけです。

着替えているということはクローゼットに用があることになります。
そんなわけでクローゼットを開けるハリー。
挨拶するチャド。驚愕して思わずリボルバーを撃ってしまうハリー。
チャドは額を撃ち抜かれて即死してます。これは大変。

驚愕して階段から落ちたハリーはまだ死んでいないと思ったのか台所の包丁を持って2階に上がる。
で、クローゼット内を見てやっちまったと驚愕するハリー。
チャドは打ち合わせでスーツのラベルを剥がせと言われてので身元不明です。財布には小銭紙幣のみでこれまた身元不明です。
ハリーはそれでどうする。スパイを殺してしまったと後悔してます。それは違います。

CIA本部にて。
オルソンの報告を受けるオジーの上司パーマー。上司は自分の上司に報告に行きます。

上司パーマーとそのまた上司のJK・シモンズ。
ロシア大使館にCDが入った。
そんなこんなでケイティと浮気してるハリーがCDをゲットしたと思われてます。しかし違います。
オジーの自宅アパートで誰かが射殺された。チャドのことですが身元不明です。
監視の捜査官が銃声を聞いた。彼が何かの荷物を積んだ。
それから遺体をチェサピーク湾に捨てた。遺体は回収したが身元不明。

会話からオジーの情報へのアクセス権はレベル3だそうです。要するにたいしたことはないみたい。
そんなわけでJK・シモンズ上司の指示はほっとけ、しかし監視は怠るなとなります。

ヨットにて。
TVでエクササイズ番組を見てるオジー。

ジムにて。
リンダはチャドが行方不明なので心配してる。
テッドが事情を聞きたそうにしてる。リンダとチャドが同時に遅刻。それからチャドが無断欠勤となってます。
テッドは男が来てリンダのことを聞かれたが個人情報だと話さなかったのこと。
とりあえず24時間待ってとリンダ。

そんなところにロシア大使館のクラポトキンから電話です。
チャドがロシア側に亡命したと心配してるリンダ。それは違います。

オジーの自宅アパートにて。
ハリーはニンジンを切ってます。果てしなく切ってます。
ケイティは何やら書類を書いてます。あとでわかりますがオジーの銀行口座凍結の書類です。
さすがにハリーに様子が変よと言ってるケイティ。
そうなると激昂するハリー。完全におかしくなってます。
で、ハリーは大きな荷物を持って自分のステーションワゴンで出ていく。

ステーションワゴンにて。
まずはシアトルのサンディに電話するハリー。
君が必要なんだとハリー。しかしあと2日だと言われる。

また尾行のクルマを見て頭に来たハリーはバックで突っ込み激突させる。
クルマから降りて逃げた男をを捕まえてとっちめるハリー。
タックマン・マシューと名乗る男。要するに離婚専門弁護士の探偵でした。
とんだ勘違いのハリー。それでどうする。

シアトルにて。
絵本宣伝活動のサンディはTV番組に出てます。『オリバー議会へ行く』
それからサンディも浮気してるようです。色々とご盛んな人達です。

ヨットにて。
オジーは小切手が不渡りになって激昂してます。

ロシア大使館にて。
ここに来てるリンダ。45分も待たせたと激怒してます。
チャドが行方不明で来たリンダ。しかしクラポトキンの反応は悪い。
チャドのことは知らないと言われる。それにCDの情報もゴミだと言われる。
そんなわけでロシア大使館から放り出されるリンダ。それでどうする。

ヨットにて。
オジーは銀行に電話して激昂してます。どうやらケイティにやられたようです。

ハリーの自宅にて。
せっかく作ったこけしマシンを壊してるハリー。

ジムにて。
リンダとテッド。
どうやらテッドにパソコン作業を頼んで困らせてるようです。
今度はCDを中国に売ると主張するリンダ。あくまでも整形手術代を何とかしようとしてます。
そんなこんなでテッドがだダメ出しするのでヒステリーをおこし出ていくリンダ。

リンダの自宅アパートにて。
寝てるとこに電話です。ハリーからです。
それからハリーが来てリンダと話し込む。チャドの話題になりますが。2人ともお互いに全く気がついてません。そりゃそうです。
リンダはチャドが2日間行方不明をハリーに何とかしてと頼む。
すぐに見つかるよと根拠のない慰めを言うハリー。

小児科の医者にて。ケイティの仕事です。
無愛想の子供相手に仕事中のケイティ。
そんなとこにオジーから電話です。銀行口座封鎖についてです。ドアの鍵を交換するなとも言ってます。

ヨットにて。
頭に来たオジーは手斧を持って突撃する。

公園にて。
リンダとハリー。何故か2人ともテンションが上がってる。

オジーの自宅アパートにて。
クルマで来たオジー。マジでドアを手斧で破壊して開ける。
まずはストックされた酒に手が出るオジー。

公園にて。
リンダとハリー。
出会い系のアランがリンダに注目してますが待ってた女性が来たのでそのまま消える。
会話からハリーは一応チャドのことを調べているとなってます。
あの店からチャドは何処に行った?の話題になります。リンダは最終的にオズボーン・コックスのところへ行ったと話す。
そうなると驚愕するハリー。それでどうなる。
君は誰だ?と言ってるハリー。まあそう言う。
ハリーはまわり中の人達が監視してると思い込む。パニックになってます。そんなわけでここから逃げてしまう。
残されたリンダは何だかわからん状態。

オジーの自宅アパートにて。
金目の物を集めてるオジー。そんなとこに誰かが来たような感じ。
ハンドガンを出してるオジー。

クルマで移動中のリンダ。尾行のクルマが付いてます。
信号待ちで尾行に気がつくリンダ。複数の尾行のクルマ。上を見るとヘリコプターまでいます。
それでどうする。必殺青信号左折急発進で逃げるか?→『ブリット』(1968年)

このへんはカットバックになってます。

オジーの自宅アパートにて。
ハンドガンのオジーは地下室のパソコンに行くと何故かテッドがいました。
ケイティの愛人か?とオジー。否定するテッド。
テッドがジムの支配人であることを知ってるオジー。
そんなこんなでテッドを撃つオジー。撃たれたテッドは外まで逃げる。
外まで逃げたテッドを手斧で片づけるオジー。

CIA本部にて。
パーマー上司の報告を聞くそのまた上司のJK・シモンズ上司。
ベネズエラに高飛びするとこを空港で拘束されたハリー。ベネズエラとは身柄引き渡し協定は結んでいない。ベネズエラに送れと指示するJK・シモンズ上司。

ジムの支配人テッドは死んだ。遺体は処分する。
オジーはテッドを襲った。監視してた捜査官は迷った末に止めに入った。それで捜査官がオジーを撃ってしまっした。オジーは意識不明の重体。脳死の状態。

そんなわけでJK・シモンズ上司は他にこの出来事を知ってる人間は?と聞く。
1人だけです。ジムのリンダ・リッキーだけ。拘束してあります。
カネを貰えれば協力すると主張してるリンダ。整形手術代だ。
整形手術代を支払えと指示するJK・シモンズ上司。

この件で何を学んだ?とJK・シモンズ上司。答えようがないパーマー上司。
書類を閉じるJK・シモンズ上司。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介。
タイトルバックはCIA本部からカメラが引いていく映像です。
ここは『パワーズ・オブ・テン』 Powers of Ten (1977) の引用です。
『CIAマン』の歌が入ります。

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ
Mike Zoss Productions
Focus Features


そんなわけでアイロニーが効き過ぎなコメディのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.15

『ヘイル、シーザー!』

この風刺映画の感想はネタバレ全開になっています。
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督、ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー他主演の1950年代ハリウッド風刺ドラマのようです。

2016年 Mike Zoss Productions/Working Title studio/Capitol Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆106分
原題◆Hail, Caesar!
プロット◆1950年代のハリウッドで色々とある話しのようです。
音楽◆カーター・バーウェル

キャスト
ジョシュ・ブローリン→主人公のエディ・マニックス
ジョージ・クルーニー→スター俳優のベアード・ウィットロック
オールデン・エアエンライク→B級ウエスタン俳優のホビー・ドイル
レイフ・ファインズ→巨匠のローレンス・ローレンツ監督
チャニング・テイタム→ミュージカルスターのバート・ガーニー
ジョナ・ヒル→保証書取引代行のジョー・シルバーマン
ジェフリー・キャンター→シド・シーゲルスタイン弁護士
クリストファー・ランバート→ミュージカルのアーン・セスラム監督
クランシー・ブラウン→『ヘイル、シーザー!』の相棒グラックス
ロバート・トレボー→『ヘイル、シーザー!』のプロデューサー
ルーク・スペンサー・ロバーツ→メッセンジャーボーイのピーナッツ

ヘザー・ゴールデンハーシュ→エディの秘書ナタリー
スカーレット・ヨハンソン→水着スターのディアナ・モラン
ティルダ・スウィントン→双子の記者ソーラ・サッカー/セサリー・サッカー
フランシス・マクドーマンド→編集のC・C・カルフーン
アリソン・ピル→エディの奥さんアン
エミリー・ビーチャム→メロドラマの相手役ディアドラ
ベロニカ・オソリオ→女優のカルロッタ・バルデス
不明→ヌード写真のメアリー・J・シャインブロット

イアン・ブラックマン→ロッキード社のカダヒー
マックス・ベイカー→Head Communist Writer
フレッド・メラメド→Communist Writer
アレックス・カーポベスキー→カメラマンのスミトロビッチ
ジョン・ブルーサル→マルクーゼ教授

Aramazd Stepanian→Eastern Orthodox Clergyman
Allan Havey→Protestant Clergyman
Robert Pike Daniel→Catholic Clergyman
Robert Picardo→Rabbi

マイケル・ガンボン→ナレーター (voice)

ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督の演出はよいと思います。
全体的に風変わりな風刺コメディになるところが何だか渋滞してる感じです。
撮影シーンはテクニカラー風に撮ってあるようです。

この作品は妙に話題にならないと思ったら意外と政治的になってるからでしょう。
1950年代のハリウッドは政治とは無縁ではない。赤狩りのマッカーシズムで大騒ぎになっていたからです。結局ジョセフ・マッカーシーが小物とわかってこの騒ぎは消滅したけどハリウッドは大きなダメージを受けたのです。
この作品では全く出てきません。ここが不満でした。映画向きのキャラなのに。

オールデン・エアエンライクは結構いい役で好演もしてました。
それで次の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 Solo: A Star Wars Story (2018) で勢いをつけて大スターへとなるとこでしたが大失敗で上手くいかず。オールデン・エアエンライクには責任はないがどうやらB級作品一直線になりそうです。

NBCユニバーサル・エンターテイメント発売のBlu-rayにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は DTS-HD MSTR multi

読み込み中
読み込み中からユニバーサルの読み込み中アイコン
Universal
日本語選べのメニュー画面
また無駄に凝ってるミニヨンの個人的見解の免責事項のアラートと著作権のアラート。
ユニバーサルってバカなのか?
読み込み中
メニュー画面。日本語を選んだのにアイコンのみで文字がないのがおかしい。選んだ意味がないじゃん。もしかしか無駄に凝ったアラート2面のためなのか?
読み込み中

Universal
Working Title
タイトル
Universal Pictures presents
A Working Title Production

プロローグ
いきなり十字架のキリストのシーンになってます。
教会にて。
懺悔をする主人公のエディが登場。
妻に嘘をつきました。禁煙を破った。

夜の住宅街にて。雨が降ってます。
クルマ内で張り込むのエディ。
ある家の中では写真を撮ってるようです。押し込むエディ。
ここは『三つ数えろ』(1946年)そのままです。

女優がコスプレで写真を撮られてます。無断で写真を撮るなとエディ。
カメラマンは個人的使用だと言って逃げてしまう。
メアリー・J・シャインブロットという名前です。偽名なのか?
警官2人が来ます。1人はブライアン。
エディとは知り合いです。タバコをもらってるエディ。

スタジオの古代ローマにて。
史劇大作が撮影中です。『ベン・ハー』(1959年)のような感じの『ヘイル、シーザー!』です。

Capitol Pictures presents
Hail, Caesar!
title of the Christo
冒頭のクレジットは未撮影。

そんな感じで試写室にて。
ラッシュフィルムを見てるエディ。
ローマ、パレスチナ、貧しい商人サウル、
また未撮影シーンが多い。

エディと秘書。
秘書から色々と報告を受けてます。
エディは映画プロデューサーではなく製作主任というかそんな感じ。

オフィスで電話のエディ。
ホビー・ドイル。西部劇専門。訛りがきつい。
ローレンス・ローレンツ監督に相談を。

ホビーの西部劇の撮影にて。
これが典型的なB級ウエスタンです。歌うカウボーイ物のようです。
愛馬ホワイティに乗るホビー。木に登って曲撃ちなんてやってます。

『ヘイル、シーザー!』の撮影にて。
食事のシーンがエキストラのオッサンが酒に何か入れてます。
主役スターのベアードが来て本番撮影になってます。アントニウスが役名。
いつ酒を飲むかとなって最後に飲んでしまいます。それでどうなる。

酒を入れたオッサンと相棒がベアードを尾行する。
そんなこんなでぶっ倒れたベアードをクルマに乗せ拉致してます。

会議中のエディ。
『ヘイル、シーザー!』の宗教ネタ対策で宗教関係のお偉方4人を呼んでます。
ユダヤ教、カトリック、あとは宗教学者なのか?よくわからん。
映画に登場するキリストはこれでよいと承認をもらうのがエディの目的。
秘書がベアードが行方不明を知らせます。

その頃ベアードはクルマで運ばれています。

B級スタジオにて。
食事中のホビーが呼ばれています。
女優のカルロッタ同伴でプレミア試写会へ。

ミュージカルの撮影にて。
水中レビューのシーンになります。モデルはエスター・ウィリアムズ。
人魚コスプレのスカーレット・ヨハンソン扮するディアナが登場。
スカーレット・ヨハンソンですがコーエン兄弟には気に入られいてよく出てる。
セットのクジラが潮を噴く俯瞰シーンがあります。
これにつながって水着ダンサーの幾何学的模様になるバズビー・バークレー風のシーンになります。

実は不機嫌なディアナ。エディはご機嫌をとる。
人魚の衣装がきついとか。屁をこいて大変だったとか。
エディはディアナが未婚の母親ではまずいので何とかしようとしてるとこです。
→本『映画術』で『私は告白する』(1952年)に出る予定だったアニタ・ビヨルクが未婚の母でスキャンダルを恐れたワーナーがアニタ・ビヨルクをフィヨルドに帰してしまったと出ていました。代役がアン・バクスターでアルフレッド・ヒッチコック監督は不満だったそうです。
→アニタ・ビヨルクはスウェーデン出身なのでフィヨルドとなります。。

国道101号線、カリフォルニア州の看板です。
ベアードを乗せたクルマが海岸の別荘に入る。

キャピトル・ピクチャーズにて。
ホビーがクルマで来てます。エディに呼ばれてメロドラマに出演するために。

メロドラマの撮影になってます。『我らは踊る。』というタイトルの映画です。
まずは待機中のエキストラがいます。
タキシードのホビーがドアを開けて入る。本番スタートです。相手役はディアドラ。

監督はレイフ・ファインズ扮するローレンス・ローレンツ。モデルはダグラス・サーク監督だと思う。
ところでレイフ・ファインズとケネス・ブラナーは共演したことがあるのか?

ホビーが大根なので演技指導するローレンツ監督。辛抱強くやってます。凄い忍耐力でやってます。
演技指導が全く理解出来ないホビー。監督の名前も間違えるし。
いよいよ私のやる通りにしてくれと指導するローレンツ監督。それでも出来ないホビー。

そんなわけで昔からハリウッドでは舞台俳優が重宝されるわけです。
アクターズスタジオ出身の俳優ならとりあえず演技は出来るというわけです。
ルックスはアレだげど演技は出来る。

海岸にて。怒濤です。東映ではない。
あとでわかりますがここはマリブです。別荘にて。
ここに運び込まれるベアード。

スタジオのオフィスにて。
エディはプロデューサーと『ヘイル、シーザー!』撮影延期の話しになってます。
そんなところにローレンツ監督がエディに直談判にやって来る。ホビーは大根だと激怒してる。ロデオ芸人では務まらん。
それはともかく食事の約束があるエディは外出する。

会話に出てくるスタジオのオーナーはシェンクと日本語字幕で出ていますが、英語ではスケンクと言ってます。スケンクは日本語だとまずいのか?

マリブの別荘にて。
物置部屋に入れられているベアード。まだ寝てる。
大勢いる連中が何なのかがまだわかりません。

食事に行くエディ。中華料理店に入る。
航空機会社ロッキード社のカダヒーがエディをスカウトするのが用件。
映画はTVに駆逐されるでしょうと1950年代なのに結構シビアなカダヒー。
ビキニ環礁の話題になるカダヒー。キノコ雲の写真を見せる。水爆実験です。この件は内密にと言う。
そんなとこに電話です。携帯電話はないので電話機そのままが持ち込まれてる。
急用で席を外すエディ。

マリブの別荘にて。
物置部屋に入れられているベアード。ようやく目を覚ます。
ドアに鍵はなくてそのまま出ているベアード。掃除機で掃除中のメイドのオバサンがいます。
この別荘の内装デザインはフランク・ロイド・ライト風になってます。

ドアを細目に開けたら大勢がいるのでビックリのベアード。注目されてる。
どうぞ入ってと言われて入るベアード。どういう状況なのかはわからん。
研究グループと称してます。やけに小さいサンドイッチが出てます。
話しからどうやら共産主義者のグループのようです。1950年代に問題になってました。
カメラマンのスミトロビッチ。フラッシュバルブを捨てて再装填する。
資本主義と共産主義の話しになってます。
ナレーションでこうしてベアードは共産主義者になったと入る。

スタジオにて。
『ヘイル、シーザー!』の撮影現場に来たエディ。プロデューサーから脅迫状を受け取ります。
スターを預かった。10万ドルを用意しろ。

オフィスにて。
秘書の名前がナタリーとわかります。エディとナタリー秘書。
電話して10万ドルを用意させてます。何故かカネを入れるトランクは小さい。

ナタリー秘書がソーラ・サッカーさんが来てますと知らせる。
ティルダ・スウィントンが扮してます。ゴシップライターらしい。
ベアードのことでとソーラ。『鷲の翼』の件。
会話からゴシップライターの妹と一緒にしないでと激怒するソーラ。そうなると自分はゴシップライターでないと思ってるらしい。
ホビー・ドイルはカルロッタ・バルデスと熱愛中のネタを提供するエディ。

10万ドルを用意したエディ。外に出たところで・・・
今度は双子の妹セサリー・サッカーと遭遇する。またベアードの話しになる。
ベアードがセットから消えたことを知ってるセサリー。
双子なのに不仲なソートとセサリーのサッカー姉妹。
そんなとこにメッセンジャーボーイのピーナッツが何か知らせに来ます。

オフィスにて。
エディが戻るとホビーが待っていました。
誘拐一味からの電話がある。これがピーナッツからの知らせでした。
ホビーには監督が来て褒めていたぞと適当なことを言ってるエディ。
誘拐一味からの電話は切れて奥さんのアンから電話です。息子の野球のポジションについてでした。

ホビーにベアードが誘拐されたことを話すエディ。身代金10万ドル。
エキストラが怪しいと言い出すホビー。結構当たってる。
また脅迫の電話です。スタジオ8の配電盤裏にトランクを入れろ。

スタジオ8にて。
ミュージカル、スウィンギング・ディンキーの撮影になってます。
ここは『踊る大紐育(ニューヨーク)』(1949年)がモデルになってます。
チャニング・テイタム扮するバート・ガーニーのモデルはジーン・ケリー。ミュージカルシーンになります。

ここに来ているエディ。トランクを配電盤裏に押し込む。
あとは撮影を見物してます。アーン監督と話し込む。
ディアナ・モランと交際してたアーン監督。もう別れたとか。実はイルサと結婚していて子供が2人いるとか。写真のイルサは普通のオバサンです。

マリブの別荘にて。
すっかりくつろいでるベアード。
脚本家のベネディクト。ダッチ。マルクーゼ教授。
映画はヒットしたのに脚本家に見返りはなかった。そんなわけでスタジオ側が儲け過ぎだと非難してます。
『鷲の翼』の話しがここでも出ています。これがベアードの弱みらしい。

シド弁護士のオフィスにて。
エディが来て熱心に話し込んでます。
ディアナが結婚はせずに子供を何とかする方法を相談してます。
1回に他人の養子にしてそれからディアナの養子にする。これがいい。

ナタリー秘書がエキストラの1人が落ち着かない様子だったと報告する。
ウォルトに尋問させてベアードの居場所を聞き出す。そんな段取りになってます。

編集室にて。
フランシス・マクドーマンド扮する編集のC・C・カルフーンが登場。
早業でフィルムを機械にかけて見ています。

ローレンス・ローレンツ作品『我らは踊る』
フィルムが燃えているというか変な色になってます。
これはCCのスカーフが機械に絡まってるからでした。首が絞まって危険な状態のCC。
CCに言われて慌てて機械を巻き戻すエディ。スカーフが抜けてフィルムもCCも助かりました。

中華料理店にて。
またロッキード社のカダヒーとコンタクトするエディ。
条件を上げてくるロッキード社。10年契約であとは株の購入券が報償される。要するに10年勤めたらあとは株式配当が出て引退生活が出来る。かなりの好条件です。
妻と相談して明朝返事するとエディ。
プレゼントもあるロッキード社のカダヒー。
でもロッキード社は現在ではロッキード・マーティン社になってます。合併は倒産したわけではないけど似たようなものだ。

運転手付きのリムジンのホビー。カルロッタのお迎えに来てます。
投げ縄の実演をやってるホビー。これはCG抜きでオールデン・エアエンライクがやってるみたい。偉い。
そんなわけでホビーの新作プレミアに行きます。

帰宅するエディ。
娘と息子の寝顔を見る。
ロッキード社からのプレゼント。CAのコスチュームと飛行機のミニチュアを置く。

それから食事になってます。エディと奥さん。
食事が終わったらまたスタジオに行く予定のエディ。ロッキード社のスカウトの件を奥さんに話す。
奥さんは時間的に楽な方がいいけどエディの好きにしてと言ってくれる。

クルマで移動中のエディ。
ナレーションが入って時々フィルム・ノワールみたいになります。
西のマリブの海岸に別荘がある。

そのマリブの別荘にて。
ベアードは教授にスタジオのゴシップを話す。興味津々の教授。

ホビーの新作映画のプレミアの劇場にて。
新作ウエスタン『ものぐさのお月さま』を一緒に見ているホビーとカルロッタ。
ホビーの歌も入ってます。歌うカウボーイ物です。

クルマで移動中のエディ。コンウェイ何とかビルに入る。
ジョン・シルバーマンのオフィスにて。保証書取引代行。ジョナ・ヒルが演じてます。
打ち合わせになるエディ、シルバーマン。ディアナも来てます。
未婚の母親状態だけは避けたいエディ。ディアナはそれほどでもない。
いったん他人の養子にしてそれからディアナの養子にという段取りを実行するわけです。
これに納得してるディアナ。

スタジオにて。
クルマで戻ってるエディ。
『ヘイル、シーザー!』のラッシュフィルムをナタリー秘書と見てます。
ベアード誘拐に関する報告も受けてます。別荘はバート・ガーニーが持ち主。

ナイトクラブにて。
デート中のホビーとカルロッタ。
パスタで投げ縄を作ってカルロッタを楽しませるホビー。
ロデオ業界から映画界に入ったホビー。歌えるので俳優になった。
ここで見覚えがあるトランクが気になるホビー。
そんなとこに双子のソーラとセサリーが入れ替わりで取材しに来てます。

クルマを借りてトランクの男を尾行するホビー。
何故かトランクの男はミュージカルをやってたバート・ガーニーです。

オフィスにて。
エディはロッキード社の契約書を見て考え込む。

クルマで尾行するホビー。
スタジオの外を歩き回るエディ。
ここがカットバックされてます。

マリブの別荘にて。
ここに入るホビーのクルマ。
アッサリと玄関から入るホビー。アッサリとベアードはコンタクトしてます。
君も共産主義者なのか?と言われるホビー。ここはバート・ガーニーの家だ。
ベアードが言うには他の連中は海に出かけたとのこと。

夜の海にて。
手漕ぎボートで移動中の脚本家達の面々。
多数のオールで漕いで進む。そのままローマ時代のガレー船です。
ボートは沖合の待ち合わせ地点を目指す。

そうなると夜の海に潜水艦が浮上するようです。
マジで潜水艦が浮上します。艦橋には赤い星が描かれてます。ソ連の潜水艦だ。
関係ないけどNFLダラス・カウボーイズは青い星。ローンスターがトレードマークです。

どうやらミュージカルのバート・ガーニーだけが潜水艦に乗り込むようです。
10万ドルのトランクも投げ渡される。これで用が済んだと思ったらボートに残したバート・ガーニーの愛犬が潜水艦にジャンプしてしまう。
この弾みで10万ドルのトランクが落ちて海中へと沈む。
しょうがないので愛犬を連れて行くバート・ガーニー。潜航する潜水艦。
手漕ぎボートは別荘に帰るようです。

クルマが移動中です。
ホビーとベアードが乗ってます。
途中でパトカー3台とすれ違います。ホビーが通報したのか?
溶暗になります。

スタジオにて。
タクシーで戻ってるベアード。

『ヘイル、シーザー!』のセットにて。
十字架に磔になるのはエキストラのようです。顔は見えない。

オフィスにて。
戻ったベアードとエディ。
すっかり共産主義者になってるベアードの頬を張って気合いを入れるエディ。
そんなわけでセットに向かうベアード。

外にて。
ナタリー秘書からディアナから花束ですと渡されるエディ。
養子の件はどうでもよくなった。ちゃんと結婚したからです。
この花束の代金もスタジオ持ちだとエディ。

今度はソーラとコンタクトするエディ。
ベアードの『鷲の翼』の件を持ち出すのでソーラ。
ローレンツ監督と関係したベアードが主役をゲットしたのが事件の真相。
スキャンダルになるわよとソーラ。
しかしここは上手くソーラをあしらうエディ。解決屋らしいとこを見せてます。
バート・ガーニーは亡命。脚本家達は全員逮捕。ハーストの新聞はこのネタを書くわけがない。

『ヘイル、シーザー!』のセットにて。
磔の十字架の前で熱演を見せるベアード。相棒の名前はグラックスでした。
何だかセリフにアドリブが入ってるのか?ベアード。
そんなこんなで最後の最後でミスってしまう。

教会で懺悔をするエディ。
プロローグに戻ってるのではなく繰り返しでシーンです。
神父から告白が多いねと言われてるエディ。
最後に楽な道を選ぶのは間違っているのでしょうか?と聞くエディ。
神父は肯定も否定もせず。

スタジオの外にて。
エディとナタリー秘書。
報告を聞いてるエディ。
エディの心境についてナレーションが入ります。
カダヒーへの電話については有り難いが断るとエディ。
そんなわけで映画の仕事を続けるようです。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介
撮影はロジャー・ディーキンスです。第一人者でテクニカラーが再現されてます。

Josh Brolin Eddie Mannix
George Clooney Baird Whitlock
Alden Ehrenreich Hobie Doyle
Ralph Fiennes Laurence Laurentz
Jonah Hill Joe Silverman
Scarlett Johansson DeeAnna Moran
Frances McDormand C.C. Calhoun
Tilda Swinton Thora Thacker / Thessaly Thacker
Channing Tatum Burt Gurney

Max Baker Head Communist Writer
Heather Goldenhersh Natalie - Secretary
Christopher Lambert Arne Seslum

Clancy Brown Gracchus
Ian Blackman Cuddahy
Fred Melamed Communist Writer

John Bluthal Prof. Marcuse
Robert Trebor Producer of 'Hail, Caesar!'
Geoffrey Cantor Sid Siegelstein

Michael Gambon Narrator (voice)

スタッフの紹介

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ

Working Title studio
Mike Zoss Productions


ハリウッド赤狩り騒動の描写が全くないのはスタジオ側の圧力だったのでしょう。
そんなわけで何だかこじんまりとした感じになってしまったけどよい作品でした。

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.06.10

Hollywood Express #828◆2019.06.08(土)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『ターミネーター』シリーズ最新作『ターミネーター: ニュー・フェイト』 Terminator: Dark Fate (2019)の話題。久しぶりのリンダ・ハミルトン姐さんが出ています。まだ出るのか?と思えますがアーノルド・シュワルツェネッガーも出てます。実質主役はマッケンジー・デイヴィスみたい。果たして出来は→まあまあがいいとこか?
◆『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) の話題。とにかく批評はいいようです。果たして興行は?
◆ジョージア州で中絶規制法を施行されてこれに反対のクリステン・ウィグがジョージア州での撮影をボイコットする話題。アメリカに限らずどの国でも政治的な言動はやった方がいいと思える。日本ではゴマすりの太鼓持ちの忖度=ソンタ君になるけど。
◆『アラジン』 Arajin (2019) から、ウィル・スミスのインタビューがあります。ジーニー役を演じることで悩んでいたと主張してますがウィル・スミスはいつでも自信満々自己顕示全開なのでそんなことはないでしょう。
◆『ロケットマン』 Rocketman (2019) から、エルトン・ジョンはセックスとドラッグに溺れていたことを誇りにしてるそうです。少なくとも恥じる必要とはないと主張してるようです。ゲイの方はハイライトシーンにないのでどうだかわからん。
◆『ソニック・ザ・ムービー』 Sonic the Hedgehog (2020) が公開延期になる話題。主人公ソニックのキャラデザインがネットで大不評だったのを修正するためです。色々と大変だ。元になる映像の絵コンテ プリビズがあるのでキャラデザインだけ入れ替えの変更はそんなに難しくはないと思うけどそれでも大変そう。
◆『エイリアン: コヴェナント』 Alien: Covenant (2017) から、この作品は批評も興行もイマイチでしたがリドリー・スコット監督は続編製作にやる気満々の話題。リドリー・スコット監督はもうハワード・ホークス監督やアルフレッド・ヒッチコック監督と同等の監督なので作れるうちは何でもいいから作った方がいいと思える。歳だし。

◆red carpet
◆F・ゲイリ・グレイ監督がウォーク・オブ・フェイムに入ったセレモニーの風景。ジェイミー・フォックスとのヴィン・ディーゼルのお祝いのスピーチがあります。F・ゲイリ・グレイ監督のお礼のスピーチもあります。

◆inside look
◆『ロケットマン』 Rocketman (2019) のメイキング。エルトン・ジョンの音楽活動に影響を与えた人物が紹介されてます。ブライス・ダラス・ハワードは母親役です。
◆『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 Godzilla: King of the Monsters (2019) のメイキング。ミリー・ボビー・ブラウン、ブラッドリー・ウィットフォード、オシェア・ジャクソン・Jr.のインタビューがあります。CCH・パウンダーも出てるようです。

◆Hollywood gossip
◆ミュージシャンのモービーが回想録で昔ナタリー・ポートマンと交際したと主張したのをナタリー・ポートマンが強く否定した話題。そんなわけで回顧録の出版イベントとキャンセルしたそうです。音楽関係は詳しくないので誰だかわからん。ナタリー・ポートマンは子役の頃から毎度おなじみのパターンでいつも迷惑してます。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ペット2』 The Secret Life of Pets 2 (2019) クリス・ルノー、ジョナサン・デル・ヴァル監督、パットン・オズワルド、ハリソン・フォードVCの『ペット』シリーズの続編 3D CGアニメ。ペット達が色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『X-MEN : ダーク・フェニックス』 Dark Phoenix (2019) サイモン・キンバーグ監督、ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ主演の『X-MEN』シリーズ最新作のマーベルアメコミアクション大作。若いジーン・グレイがダーク・フェニックスで色々とある話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が The Hustle (2019) クリス・アディソン監督、アン・ハサウェイ、レベル・ウィルソン主演の詐欺師コメディ『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』 Dirty Rotten Scoundrels (1988) のリメイク・コメディ。詐欺師の特訓をして色々とある話しのようです。興行収益totalは3320万ドル。批評は悪いけどそこそこにヒットしてるようです。
◆9位が Brightburn (2019) デヴィッド・ヤロヴェスキー監督、ジャクソン・A・ダン、エリザベス・バンクス主演のSF親子ホラー。宇宙から来た息子でホラーする話しのようです。興行収益totalは1430万ドル。
◆8位が Booksmart (2019) オリヴィア・ワイルド監督、ケイトリン・ディーヴァー、ビーニー・フェルドスタイン主演の青春ドラマコメディ。まじめな女の子2人が羽目を外そうと一晩で色々とあり過ぎる話しのようです。興行収益totalは1430万ドル。
◆7位が『名探偵ピカチュウ』 Pokémon Detective Pikachu (2019) ロブ・レターマン監督、ライアン・レイノルズVC、ジャスティス・スミス主演のピカチュウ・アクションコメディ。ピカチュウと一緒に色々とある話しのようです。女優さんはキャスリン・ニュートン。興行収益totalは1億3080万ドル。
◆6位が『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、ロバート・ダウニー・ジュニア、クリス・エヴァンス他主演のマーベルアメコミアクション大作完結編。強敵サノスに反撃する話しのようです。興行収益totalは8億1570万ドル。8億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆5位が『ジョン・ウィック: パラベラム』 John Wick: Chapter 3 - Parabellum (2019) チャギ・スタエルスキ監督、キアヌ・リーヴス、ハリー・ベリー主演のシリーズ3作完結編。殺し屋と殺し屋達がアクションする話しのようです。興行収益totalは1億2570万ドル。
◆4位が Ma (2019) テイト・テイラー監督、オクタヴィア・スペンサー、ダイアナ・シルヴァース主演のおばさんホラー。謎のおばさんに悪戦苦闘する話しのようです。オクタヴィア・スペンサーはオバケのQ太郎に似ています。可愛い。他の女優さんはマッケイリー・ミラー。興行収益totalは1800万ドル。低予算なのでもう黒字になってるそうです。
◆3位が『ロケットマン』 Rocketman (2019) デクスター・フレッチャー監督、タロン・エガートン、ジェイミー・ベル主演のエルトン・ジョンの半生を描く伝記映画。エルトン・ジョンの話しのようです。女優さんはブライス・ダラス・ハワード。興行収益totalは2570万ドル。
◆2位が『アラジン』 Arajin (2019) ガイ・リッチー監督、メナ・マスード、ナオミ・スコット主演のディズニー名作アニメ実写映画。アラジンの話しのようです。興行収益totalは1億8550万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆1位が『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 Godzilla: King of the Monsters (2019) マイケル・ドハティ監督、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ主演の怪獣映画。渡辺謙とサリー・ホーキンスも出てます。複数の怪獣が戦う話しのようです。興行収益totalは4770万ドル。スタジオ側の皮算用よりは少ない興行のようです。

◆ending
◆Zayn and Zhavia's “A Whole New World” from “Arajin (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.09

『レディ・ガイ』

この性転換アクション映画の感想はネタバレ全開になっています。
ウォルター・ヒル監督、ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーヴァー、トニー・シャルーブ主演の性転換アクションのようです。

2016年 Lonewolf Film/SBS Film/GAGA+ アメリカ作品
ランニング・タイム◆97分
原題◆Revenger(The Assignment)
プロット◆性転換して色々とある話しのようです。
音楽◆ラネイ・ショックニー
テーマ曲◆ジョルジオ・モロダー

キャスト
ミシェル・ロドリゲス→性転換の殺し屋フランク・キッチン
ケイトリン・ジェラード→ガールフレンドのナースのジョニー

シガニー・ウィーヴァー→整形外科医のDr.レイチェル・ジェーン
ケン・カージンガー→助手のベッカー
エイドリアン・ハフ→弟のセバスチャン
ブラッド・ケリー→Doctor Guard 1
マーク・ギブソン→Doctor Guard 3
ポール・ラゼンビー→Doctor Guard 2

トニー・シャルーブ→精神分析医のDr.ラルフ・ガレン
ブレント・ラングドン→マックス・ターリー医局長

アンソニー・ラパリア→親分のオネスト・ジョン
ライアン・ハンドリー→HJ Bodyguard 1
ポール・ウー→HJ Bodyguard 2
ニコラス・バリク→HJ Bodyguard 3
デビッド・ソー→HJ Bodyguard 4

キャロリン・チェン→上海ホテルのフロント タン・リ
ジョン・キャランダー→安ホテルのオーナー
テリー・チェン→整形外科医のDoctor Lin
ザック・サンティアゴ→犬を預かった弁護士
ポール・マクギリオン→アラメダ郡のワインコーツ検事代理

ウォルター・ヒル監督の演出はよいと思います。
全体的に風変わりなアクションになってます。
回想形式が風変わりで時系列がよくわかりません。

主人公のフランクから性転換になって名前を変えるのかと思ったらそうでもない。フランソワかフランチェスカでもよかったのに。
最初から最後までフランクは男の意識のままでした。そのへんの葛藤は省略されてます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。

GAGA+
SBS
タイトル
SBS Films presents
A Lonewolf Film

モノローグで始まってます。
俺は大勢を殺してきた・・・
バックは顔に包帯をした人物です。

Revenger

レイチェル・ジェーン先生とラルフ・ガレン先生。
ここは精神科病院です。
カリフォルニア州メンドシイン精神科病院
現在=Present Day

2年前の11月22日の夜に警察に匿名の通報があった。
殺人事件の捜査が始まった。
4人殺されジェーン先生が手術台に横たわっていた。違法な手術が・・・
助手のベッカー、ボディガード3人がそのフランク・ベッカーに殺された。

弟さんのセバスチャンの関係を聞かせてほしいと聞くラルフ先生。
回想が入ります。3年前・・・
ニューヨーク、ソーホー、午前1:15
セバスチャンは売春婦を買う。名前はホイットニー。

ジェーン先生とラルフ先生。
拘束衣のジェーン先生。

ニューヨーク、ソーホー、午前1:15
セバスチャンはヤクを吸ってピンボールゲームやる。
そんなところに殺し屋のフランクが来てハンドガンでセバスチャンを片づける。
サイレンサー付のハンドガンでした。

ジェーン先生とラルフ先生。
弟さんを殺したのはプロの殺し屋だ。下手人はフランク・キッチンと突き止めた。
この事件は迷宮入りになった。

サンフランシスコ、テンダーロイン地区、午前3:05
1年10ヶ月前、
バスから降りたフランクはホテルに入る。上海ホテルの308号室。
トランクにはハンドガンにホルスター。シャワーを浴びるフランク。
電話です。誰か来るようです。

やって来たのはオネスト・ジョンと子分2人。
オネスト・ジョンという名前の古いミサイルがあったような。正直なジョンという意味。
演じるアンソニー・ラパリアはすっかり渋くなってロバート・ライアンを安くしたみたいになってます。

ジェーン先生とラルフ先生。
あなたは常軌を逸した実験を行ったことがあると責めるラルフ先生。
ホームレスを実験台に手術をしたらしい。

上海ホテルの308号室にて。
フランクとオネスト・ジョン。
ベニー・ホン・リー殺しの依頼です。2万5千ドルの報酬。
それからカネを勘定して準備をやってるフランク。
カネは換気ダクト内に隠してます。
ダクトテープがあります。ブーツの靴底に実包1発を貼り付ける。

テンダーロイン地区、シャムロックバー、
飲んでいるフランク。売春婦を連れてホテルに戻る。

上海ホテルの308号室にて。
フランクは売春婦とセックスになってます。
演じてるのはミシェル・ロドリゲスなので妙な感じがする。

オーバルタインダイナー、午前1:25
フランクと売春婦ではなく実はナースのジョニー。
ジョニーから電話番号のメモをもらってるフランク。

シェークスピアのイラストが入ります。
ジェーン先生とラルフ先生。
シェークスピアの引用をやるジェーン先生。
リチャード2世の引用がわからないのでバカにされてるラルフ先生。

ラルフ先生とマックス・ターリー医局長。
引用がわからずにバカにされたと愚痴が出るラルフ先生。
ジェーン先生はエドガー・アラン・ポーの引用もするとのこと。
またバカにされてたラルフ先生。

ジェーン先生とラルフ先生。
私は医師であると同時に芸術家なのよと主張するジェーン先生。

上海ホテル前にて。
オネスト・ジョンは子分2人がクルマから降りる。

308号室にて
警戒してるフランクですがオネスト・ジョンと子分2人は入れてます。
問題が起きたとオネスト・ジョン。
フランクにお前は敵を作ったようだと言いがかりをつける。
いきなり子分と撃ち合いから格闘アクションになってノックアウトされるフランク。
溶暗になります。

フランクの写真に『もはや二度とない』とメモがついてます。
プロローグの顔に包帯のシーンも入る。
そんなこんなで始まって19分経過で手術が終わってます。

安ホテルにて。
ここで目を覚ますフランク。顔に包帯、バスローブみたいな服を来てます。
顔の包帯をとってます。そうなると。
ヒゲがなくなってます。髪の毛は元から長髪だった。それでおっぱいがあります。
そんなわけで鏡を見てビックリのフランク。
溶暗になります。

暴れているフランク。
そんなところに木製バットのオッサンが来ます。このホテルのオーナーだとか。
薬をやってんのか?と言いがかりのオッサン。フランクを売春婦扱いしてます。
働くならあそこの店がいいぞと言っていなくなるオッサン。
やっぱり股間に違和感のフランク。それでどうなる。
溶暗になります。

外にはパトカーが止まってます。これを見てるフランク。
壁には以前のフランクの写真と『もはや二度とない』のメモがある。
小さい箱があります。開けるフランク。錠剤にICレコーダーが入ってます。

ICレコーダーにはメッセージが入ってます。
あなたを手術した医師よ。手術した理由は1年半前に私の近親者を殺したから。
バッグがあります。100ドル入ってます。これで恩を着せてる医師。
その体を維持をするには女性ホルモンが必要。錠剤を用意した。
服、雑貨、100ドルを用意してあると医師。サービス満点です。
ホテル代は2週間の支払い済み。
ハムレットの引用までやってます。『神に与えられた顔を、女は別の顔に作り替える』
これは償うチャンスなのよとまた恩を着せてます。
溶暗になります。

歌が入ります。俺は感情の無い少年だった・・・
ちゃんと薬を飲んでるフランク。
バスローブ姿で外に出てるフランク。酒屋で酒を買っただけで戻ってる。

ホテルのフロント内に入ってレジから現金を盗むフランク。
そんなとこにオーナーがやるのかと木製バットで殴りかかる。
木製バットを奪ってオーナーを片づけるフランク。その辺も壊しまくる。

ホテルから脱出したフランクはバスに乗り込み移動となります。
バスローブにコートを着てるだけのフランクはカネの勘定をしてます。

バスから降りたフランクは上海ホテルに戻ってます。
308号室のキーを要求して部屋に戻るフランク。
部屋は家捜しされてめちゃくちゃな状態。フロントの女の子は弁償してと訴える。
ホルスターはあるけどハンドガンはない。そりゃそうなる。
換気ダクト内のカネは?→無事に残ってました。
ジョニーの電話番号のメモを残ってます。それでどうする。

ジェーン先生とラルフ先生。
経済事情に関して聞くラルフ先生。
カネは父の財産を投資したとジェーン先生。整形手術でも大成功してカネはある。
医師として腕前もあり女だったもあり。そんなわけで業界で嫉まれていた。
性別適合手術と言ってます。性転換手術ではない。
私は助けていたと主張するジェーン先生。それでも孤独だったと言ってる。

デイリーシティ救急医療センターにて。
公衆電話のフランクからの電話を受けるジョニー。ジョニーはここのナースでした。
俺の外見は変わったとフランク。今夜コーヒーを飲みましょうとなってます。

待ち合わせのダイナーにて。
待ってるフランク。ジョニーが来ます。
変わっただろうとフランク。整形した犯罪者なの?とジョニー。
数日泊めてくれないかと頼むフランク。承知するジョニー。

ジョニーの自宅アパートにて。
ミッション地区、ジョニーの部屋、
ここに着てるフランク。とりあえずソファに寝てとジョニー。
ハロウィンの仮面をつけてるフランク。

ジェーン先生とラルフ先生。
弟の次に私が狙われても不思議はなかったとジェーン先生。
ボディガード3人雇っていたがあまり役に立たなかった。
弟にカネをやったけど道楽につぎ込んでいた。何回でも請求される。
そんなこんなで弟が殺されたことに責任は感じていない。

ラルフ先生とマックス・ターリー医局長。
饒舌だけどつかみ所がないと愚痴のラルフ先生。
ジェーン先生は独身で子供がいない。そうなると次の面談ではセックスネタで責めることにするラルフ先生。

ジェーン先生とラルフ先生。
腕を自由にしてやれと看護士に命じるラルフ先生。
弟のセバスチャンは遊び人の美術収集家。ピンポールゲーム機マニア。ドラッグ依存症。それでマフィアに借金をする。そんなわけで殺し屋に殺された。

ラルフ先生は殺し屋フランク・キッチンはジェーン先生が雇ったと言い始める。
で、フランク・キッチンという人物は存在しないとしてる。FBIに記録がない。
性生活がないからそんな人物を作り出したとしています。

ジェーン先生は助手のアルバート・ベッカーとセックスしていたと主張する。
ベッカーが殺人鬼なんだろうとしてるラルフ先生。
ジェーン先生はいきなり暴れてラルフ先生につかみかかりフランク・キッチンはいると主張する。大騒ぎになってます。

カリフォルニア州、オークランド、8ヶ月前、
アラメダホテル、205号室、
フランクはビデオで自撮りしてます。遺書代わりなのか?
このビデオは俺が死んだあとに弁護士に渡してくれ・・・
オネスト・ジョン、医者の先生は・・・

ブラジャーの代わりにダクトテープを巻いてるフランク。
速く銃が使いたいとなってます。

公衆電話のフランク。
オネスト・ジョンの手下の名前を調べる依頼をしてます。
電話の相手はマイアミの情報屋です。

クルマにて。
ハンドガンのバイヤーとフランク。
コルト・ガバメント2挺を買ってます。やはりウォルター・ヒル監督はサム・ペキンパー監督作品の脚本もやってたので、その系譜でガバメントになるようです。

手下の名前がわかったようです。
アール・ホーキンス、オネスト・ジョンの長年の手下。
ノースビーチ、オイスターバー、
さっそくハンドガン2挺で撃ちまくり片づけるフランク。

カリフォルニア州、リッチモンド、
ヒスパニック系ギャングの2名。
クルマにいるところフロントウィンドウ越しに撃ちまくるフランク。片づけます。

ハンターズポイント、午後10:45
ジョー・キャディガン、麻薬ディーラー、
アジア系売春婦といるとこを撃ちまくり片づけるフランク。

ウラジミール・ゴルスキー、ロシア系組織から追い出された男、
オークランド、ターカニアン倉庫、
副業で闘犬の育成をやってる。ヒロシ・コウが闘犬の調教を担当、
モノローグで犬は好きだと言ってます。
それはともかくいきなり撃ちまくるフランク。2人を片づける。
溶暗になります。

ジョニーに自宅アパートにて。
残されていた闘犬を飼うことにしてるフランク。ジョニーと一緒に犬の散歩をしてる。
そんなわけでまだジョニーの自宅アパートに居候してるようです。
ジョニーとキスをするフランク。

テンダーロイン地区、中華料理店、
ジン・タオ、オネスト・ジョンの子分、
ここに忍び込むフランク、テーブル席の大勢をハンドガン2挺で片づけます。

ジェーン先生とラルフ先生。
病室のジェーン先生とドア越しで面会のラルフ先生。
前の面接で大騒ぎしたので面接は中断しています。
検事の前で正式な供述がしたいと主張するジェーン先生。大人しくしてます。
自供すれば私は生まれ変わると言ってる。

ミッション地区地域審査診療所にて。
ここに着てるフランク。アジア系男性の医者が対応してます。
整形手術の不具合が起きたフランク。カウンセラーを紹介しようと医者先生。
元の体に戻れないなら違和感を無くしたいとフランク。
半年から1年かかると医者先生。
手術を受ける前もカウンセリングで準備するのが普通だがフランクにそれはなかった。
この医者先生はカウンセリングを重要視してます。大事なんですと力説してる。

元に戻ることですが、胸は出来るがその他は戻らない。外見が戻っても機能は戻らない。
君の望みは医学的に叶えられない・・・
そんなわけで元には戻れないようです。それでどうする。

ジョニーの自宅アパートにて。
変わった人ねと言われてるフランク。南米に逃げたらとも言われる。
それでは一緒に行くかとそんな話しにもなってます。

病院にて。
検事一行が来てジェーン先生の証言となります。
アラメダ郡、ワインコーツ検事代理、速記等がいます。正式な証言なので大勢いる。

フランク・キッチンというプロの殺し屋について証言するジェーン先生。
私は不要な手術を行った。弟を殺されたから。苦痛を与えるためにやった。
性がその人間のアイデンティティなら性別適合手術をもってしても本質は変えられない。それが事実です。
そんなわけでフランク・キッチンは女性になっても殺し屋に戻ったとジェーン先生。

それから愚痴になりつつあるジェーン先生。
同業者たちから嫉まれ。そんなこんなで自分が正しいといった感じになってます。
証言というより自説を誇示してます。
黒味が入ります。

エンバカデロ地区 何とか輸入雑貨店、
ここに来てるフランク。見張りをサプレッサー付ハンドガンで片づける。
次々は手下達を片づけてるフランク。いよいよオネスト・ジョンに迫ります。
お前は誰だ?と聞いてるオネスト・ジョン。そりゃそう聞く。

椅子に拘束したオネスト・ジョンを尋問するフランク。
何故俺を売った?→被験者は2万5千ドルで売れるからだ。それが理由なのか?

実は先生がお前を望んだからだと話すオネスト・ジョン。
オネスト・ジョンにもフランクに恨みがあった。前にラスベガスでロクデナシの従兄弟がお前に殺されて身内一同から何とかしろと圧力をかけられていた。

いよいよ医者に関しての話しになります。
で、この点に関してはお前の女友達の方が詳しいと言い出すオネスト・ジョン。
偶然に出会ったと思ってるのか?と言われてしまう。
そうなるとナースのジョニーは医者のスパイだったようです。考えると適任だ。
最後にオネスト・ジョンを撃って片づけるフランク。
溶暗になります。

ジョニーの自宅アパートにて。
酒を飲んでるフランク。そんなところにジョニーが帰宅する。
ジョニーに絡むフランク。私何かした?とジョニー。

オネスト・ジョンの話しをするフランク。
ジョニーはオネスト・ジョンの用心棒相手に薬の横流しのアルバイトをやっていた。
それから先生に会ったけど名前は知らない。助手のベッカーが指示をしたりカネを払っていた。
フランクを監視してベッカーに報告する。これがジョニーの役割でした。

ジョニーにハンドガンを向けるフランコ。マジで撃ったと思ったらこれは想像でした。
実際にはまだ撃ってなかった。
結局はジョニーと別れた。それでもカネをやってジョニーをリノ行きのバスに乗せた。
3週間経って連絡がなければ・・・

ゴールデンゲートパーク、ケザー通り、
クルマの中にて。男と話し込むフランク。誰だかわからん。情報屋なのか?
どうやら犬を預けるようです。1万ドル。1週間後に迎えに行く。
ジョニーにはリノから電話してくれと頼んだ。

色々と準備をしてるフランク。
靴底に実包1発をダクトテープでとめる。
太ももに小型ハンドガンをダクトテープでとめる。ダクトテープは万能なんです。
ちゃんとブラジャーをしてます。しかしこれのみの下着ルックです。
メイクをしてブロンドオカッパのかつらを被る。ハロウィンマスクも被ってます。
それからタクシーで移動してます。

ロシアンヒル地区、旧オリンピアグランドホテル、
ベッカーが買った売春婦として乗り込むフランク。そんな感じ。
いきなりハンドガンを出すが読まれてました。ジョニーの電話に俺がだまされるかとうそぶくベッカー。
ベッカーと用心棒3人が相手なのでアッサリと捕まってるフランク。
そのベッカーに注射されて昏倒する。溶暗になります。

07:35AM
拘束衣を着せられてるフランク。ここは病室というか独房です。
やって来たのはベッカー、用心棒3人、それにジェーン先生です。
新版フランク・キッチンと言われてます。せっかくきれいになったのに頭は殺し屋のままだとこき下ろすジェーン先生。
やり直すチャンスを無駄にしたとまだ言ってる。
そんなこんなで今夜10:00PMに手術すると言い放つジェーン先生。

04:15PM
ジェーン先生の机には弟の写真が置いてあります。幼少からオッサンまで。

08:10PM
また監禁状態のフランク。
いよいよ手術のお迎えが来ます。ベッカーに用心棒3人。これは大変。
ベッカーが言うには右腕を切り落としてヒレを付けるとか。要するにハンドガンを握れないようにする。

自撮りビデオで殺し屋は冷静なのだと入ります。

フランクは色仕掛けをやり始める。ようやく自覚が出来たのか。
そんなわけでハンドガンを奪って用心棒3人を片づけます。ベッカーは逃げた。

通路に出てベッカーを追うフランク。
近くの部屋に隠れていたベッカーを片づけます。

いよいよジェーン先生と対峙するフランク。
しかしハンドガンは撃ち尽くしてます。ジェーン先生はメスを持ってやる気満々。

ここで取引を持ちかけるジェーン先生。
お互いにここで別れて二度と会うことはなくそれっきりになる。いい条件だとなる。

しかしフランクは靴底に1発残してました。
このハンドガンに合うとは思えないが合ってます。45口径=11.5mmを使っていたのに9mmを持っていたのか?まあいいけど。
現在使ってるハンドガンはグロックなので9ミリパラベラム=9*mmです。

150年前の加湿器の話しをするジェーン先生。英国製でまだ使える。
フランクはジェーン先生を撃った。それでどうなる。
黒味が入ります。

撃たれたジェーン先生は手術台に横たわる。
フランクはメスやハンドガンの指紋を拭き取って死体のベッカーに持たせる。
これで下手人をベッカーにする。

それから公衆電話から警察に通報したフランク。
怪我人がいるから救急車を送ってくれ。
それでジェーン先生は精神科病院に送られた。

ジェーン先生とラルフ先生。
まだ病室のジェーン先生に面会に来たラルフ先生。
昨日の審問をどう思った?そんな話題になります。
あんなの茶番だよとラルフ先生。いきなり強気になってます。

ラルフ先生はベッカーがやった。フランクは存在しないとなってます。
ジェーン先生に何をたくらんでいたか話せと迫る。

ジェーン先生は正式な手順でここから出るつもりだった。
しかしラルフ先生相手に大暴れしたダメになった。

自撮りビデオにて。
フランクはジョニーにだまされたけど好きだったと話す。
リノに行ってもいい感じになってます。
犬は戻ってる。もう1つある、あの先生は・・・・

病院にて。
並んだ浴槽で風呂に入れられてるジェーン先生。
ジェーン先生ですがホトンドの指が欠損してます。これでは手術が出来ない。
溶暗になります。

アメコミのバックでモノローグが入ります。
俺は男だった。本物の悪党だった。それが変わった。
今は当時と心境が違う。1つ確かなのは変化が訪れるということだ
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Michelle Rodriguez as Frank Kitchen
Michelle Rodriguez as Frank Kitchen
わざわざ2回出してます。

Tony Shalhoub as Dr. Ralph Galen
Anthony LaPaglia as Honest John
Caitlin Gerard as Johnnie
and
Sigourney Weaver as Doctor Rachel Jane

45口径は常に真実を語る。善行にも悪行にも銃は使える。
でも45口径は絶対に嘘はつかない。
フランク・キッチン

Brent Langdon Dr. Turley
Adrian Hough Sebastian Jane
Ken Kirzinger Nurse Becker
Darryl Quon Jin Tao
スタッフの紹介

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけでTS物ラノベみたいな設定のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.08

『ザ・ボルト-金庫強奪-』

この銀行ホラー映画の感想はネタバレ全開になっています。
ダン・ブッシュ監督、フランチェスカ・イーストウッド、タリン・マニング主演の銀行ホラーのようです。

2017年 LB Entertainment/Jeff Rice Films/Productio/Casadelic Pictures/Culmination Productions/Content/Psychopia Pictures/Redwire Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆92分
原題◆The Vault
プロット◆銀行強盗から色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆ショーン・ドリュー

キャスト
フランチェスカ・イーストウッド→姉のリーア・ディロン
タリン・マニング→妹ヴィー・ディロン
スコット・ヘイズ→弟のマイケル・ディロン
マイケル・ミルフォード→金庫破り担当のクレイマー
キース・ロネカー→見張り担当のサイラス

ジェームズ・フランコ→業務部長のエド・マース
クオリアンカ・キルヒャー→出納係長のスーザン・クロムウェル
ジル・ジェーン・クレメンツ→窓口担当のメアリー
コナル・バーン→面接担当のカークマン

クリフトン・コリンズ・Jr.→トム・アイガー刑事
ジェフ・ガム→人質の警官ジェームズ・エイケン

ダン・ブッシュ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。

フランチェスカ・イーストウッドはきれいに撮れてました。演技も十分で感心した。
最初はヴィーの方がフランチェスカ・イーストウッドだと思ってました。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声はは5.1chです。

Redwire Pictures
Psychopia Pictures
Content
プロローグ
電話で銀行強盗ですと通報する音声が入ります。
タイトル
Content Media Corporation presents

A
Redwire Pictures
Culmination Productions
Casadelic Pictures
Productio

in association with
Jeff Rice Films
LB Entertainment

The Vault
Francesca Eastwood Leah Dillon
Taryn Manning Vee Dillon
Scott Haze Michael Dillon
Q'orianka Kilcher Susan Cromwell
Keith Loneker Cyrus
with
Clifton Collins Jr. Detective Tom Iger
and
James Franco Ed Maas
スタッフの紹介
タイトルバックは銀行の見取り図等です。
スタイリッシュになってます。タイトル倒れかもしれない。大丈夫なのか。
ジッポライターで火事になるシーンもある。

火事があって消防隊が出動してます。

センチュリオン信託銀行にて。ここが火事ではない。
ジェームズ・フランコ扮するエド・マース業務部長が登場。
『三つ数えろ』(1946年)のエディ・マースではない。そういうキャラなのかと思ったが全然違いました。

外ではサイレンの音がしてます。
男が登場。これはあとでわかりますが刑事でした。
お客が来ます。これが強盗一味で妹のヴィー。
時間は17:00前です。閉店間際です。
ブロンドの女の子がいます。これは面接に来てるようです。面接するのはカークマン。

刑事は窓口に行って君のために預金をすると言ってます。
ビィーは小切手を換金しろとゴネでもめてます。
このへん誰が誰だかよくわからん。

面接の方は普通に進んでます。
小切手を換金はゴネています。毎回手数料がとられる。銀行が損すれば政府補填だと言ってる。
窓口のオバサンの名前はメアリー。

外に出た刑事はクルマに乗ってます。相棒がいます。

面接にて。
カークマンはここは古い建物で何かを見たりする者がいると言い出す。

窓口にて。
出納係長のスーザンが来てクレーマーのヴィーに対処してる。

消防隊員3人が入ってきます。
面接の女の子はいきなりマシンガンを出してます。強盗の一味です。
あとでわかりますが名前はリーア。

強盗一味は5人。
姉のリーア
妹のビィー
弟のマイケル
金庫担当のクレイマー
見張り担当のサイラス

警備の警官を脅して状況は安定と報告させてます。

外にて。
刑事の無線にセンチュリオン信託銀行で強盗事件発生と連絡が入ります。

銀行にて。
ヴィーですが暴力はダメだと言われたりする。多分マイケルが言ってる。
そんな感じで銀行強盗が進行しでます。

メアリーとスーザンに金庫を開けさせてます。
その間に人質が逃げて足を撃たれたりしてます。

ようやく金庫が開いたけど中味が少ない。7万ドルでした。
山分けしたら大金というほどでもない。
ヴィーは少ないので他の銀行で強盗すると主張するが反対される。
50万ドルぐらいと予想していたのに・・・
他のメンバーからも少ないと文句が出てます。

カネならあると言い出すマース業務部長。
保安情報等を色々と喋り倒してます。協力するとも言ってます。大丈夫なのか。
マース業務部長はお金の計算等の通常作業をやって怪しまれないようにしてます。
これを17:20までにやらないと怪しまれるわけです。

カネは地下の古い大金庫にあるとマース営業部長。600万ドルある。
会話で火事は他の倉庫だとわかります。たぶん陽動でやったんだと思う。
ブロンドのリーアですがかつらでした。まあそう見えてた。実は赤毛です。
そんなわけで600万ドルを奪ってズラかるとなります。

地下室に行くヴィーとクレイマー。
人質を見張るマイケルが色々と言われてます。
頭に被せた袋をとった人質の男が最初に殺される人質になってます。
トイレに行きたいと言い出す人質のスーザン。色々と面倒だ。

地下室にて。
大金庫に来てます。作業を始めるクレイマー。作業時間は20分としてます。

銀行にて。
何だか照明が点滅してます。
このへんでフラッシュバックで幽霊が入ってます。
警備の通常無線やトイレに行ったりと色々とあります。

トイレにて。
マイケルとスーザン。

窓口付近にて。
主犯は誰なんだ?と聞くマース業務部長。誰でもなさそうだなとなってる。

地下の大金庫にて。
クレイマーの金庫破り作業は続いてます。
ビィーはそのへんを見回ってます。何かいたりしますが気がつかない。

トイレにて。
いつやったのかわかりませんが指が欠損してるマイケル。痛そう。
マイケルを説得してるスーザン。姉2人の手助けで来たマイケル。
姉妹は不仲な感じですが。マイケルは優しすぎですぐに死にそうな感じ。

マイケルですがリーアに言われて地下室に脱出の段取り作業に行きます。
銀行のまわりですがもう包囲されてます。
ヴィーですが今更これで上手くいくの?と言い出したりする。

地下の大金庫にて。
クレイマーの金庫破り作業は続いてます。

人質のシーンからまた電話です。たまには出ないと疑われると思ったがもう包囲されてるので関係ありません。
監視カメラで地下金庫を見てるリーアとヴィー。

マイケルは地下室で脱出の段取り作業です。太いパイプにアセチレンバーナーで人が入れるぐらいの穴を開けてます。

地下の大金庫にて。
クレイマーの金庫破り作業は続いてます。ドリルで穴が開いてます。
そんな感じでアッサリと開いてます。それでどうなる。

これを監視カメラのモニターで見ているリーアとヴィー。

大金庫の中に入るクレイマー。
それはいいけど通路に誰かを見るクレイマー。
しかし監視カメラのモニターには映っていません。そうなると。
無線で通路に人がいると連絡するがモニターを見てる方はいないと言う。
通路の人影は増えて3人になってます。モニターにもノイズが入ってる。
クレイマーは襲われているがモニターには映ってない。
マース業務部長は何か知ってる感じですが黙ってます。

1階の金庫にて。
ここに人質を入れてサイラスが見張ってます。
それはいいけど人質が増えてます。そうなるとどうなる。

ヴィーは地下室へ向かうがドアが閉まってロックされてる。
人質のいる金庫のドアも閉まってます。

地下の大金庫のクレイマーはやられたみたい。
人質金庫のサイラスもやられたようです。

地下室へのドアをショットガンを撃って開けてるヴィー。
何故か人質金庫のドアを開いてます。リーアが見るとサイラスが死んでいたようです。

地下室にて。
マイケルは大金庫の方に向かってます。ジッポライターを拾ってます。
クレイマーはまだ死んでいない。しかし電動ドリルで自分の頭に穴を開けて死に至る。止めてくれとなるが止まらずにやられました。
マイケルは逃げます。

リーアはマース業務部長にどういうことなのかと詰問する。地下に何が・・・
また電話です。マース業務部長に出させる。主犯格と話しがしたいという刑事でした。
アイガー刑事と名乗ってます。リーアが出るがすぐに切る。
リーアが外を伺うとしっかりと包囲されてます。こまったものです。

刑事と電話のリーア。
人質は30分で解放するとリーア。その前に突入したら皆殺しだと警告する。

で、マース業務部長に誰が通報したと詰問するリーア。
次はスーザン出納係長の話題になります。

地下の大金庫にて。
ここに来たビィーはクレイマーが死んでてビックリ。
大金庫の中を見てるビィーですが誰かが後を通過してます。気がついてない。

窓口付近にて。
リーアはスーザンを連れてきて色々と喋らせる。
この銀行の地下には何かがいる。大金庫室にいる。そうなるのか。
1982年に銀行強盗が立てこもった。回想になります。

回想にて。
人質を大量に殺した銀行強盗。何日も人質を監禁。
人質同士で殺しをやらせた。
大金庫室に3人程入れて火を点けた。ジッポライターはここに出てます。
人質は全員死亡。銀行強盗は今も捕まっていない。
回想を終わります。

リーアとスーザン。
しかしリーアはこの話しを信じない。
電気スタンドの電球を割って120ボルトの拷問をやらかそうとする。
そんなとこにマイケルが来て止めてます。それからクレイマーが死んだと伝える。

マイケルはここを早く出ようと言う。
そんなところにヴィーが来ます。バッグに大金を詰めてあります。マジ。
クレイマーが死んで銀行は包囲されていると伝えるリーア。

リーアはこのお札は全部1982年発行だと言い出す。マジでそうみたい。
だから何なのよとあまり気にしないヴィー。
そんなこんなで姉妹喧嘩なってます。
ここでレーザーポインタに気がつくリーア。姉妹が伏せたとこで狙撃されます。外れた。

マース業務部長はヴィーに姉のリーアはおかしいと吹き込む。
ヴィーは誰も死なないと言ってるけど根拠はない。大丈夫なのか。

また電話です。出ません。
人質の警官に何故狙撃したと聞くリーア。
混乱してるんだろうと言ってる警官。地元警察とFBIのなわばり争いもあるし。
誠意を彼らに見せろと言い出す警官。人質を解放しろとなるわけです。
私も人質なのよとリーア。

地下室にて。
マイケルはまだ逃走経路を確保する作業中です。
ようやく太いパイプに穴が空きました。あとはこのパイプを通って逃げるだけ。
それはいいけど何かがいることに気がつくマイケル。助けてと言ってる。

このへんでオチを予想する。
実はジェームズ・フランコが1982年の銀行強盗だった。これか。キャスティングの序列からするとこうなるんです。

電話ですが『センチュリオン銀行ですが今強盗に入られいてる。警察を呼んでくれ』という例の通報です。
しかし聞いてるがリーアだったりする。これと何かの繰り返しなのか。
誰が通報してる?。何で今?と意味がわからん。

地下室にて。
助けを求める声に接近するマイケル。
いたのはいかにも銀行の事務員タイプの女の子でした。
名前は?と聞くとサマンサです。髪形が1980年代風みたい。
話し込んでとこでマイケルと呼ばれて振り返る。で、また見ると女の子はゾンビになっています。これはビックリのマイケル。

窓口付近にて。
電話です。リーアが出ると刑事からです。
突入命令が出たが我々は待機すると誠意を見せてると言うか恩を着せてます。
そっちの誠意を見せてくれと交渉する刑事。

地下室にて。
ヴィーはマイケルを探してます。ある部屋に首無し死体があったりします。

銀行前にて。
刑事に誰が通報したとまだ聞いてるリーア。
通報は受けていない。無線で聞いたと答える刑事。
人質男1人を解放するリーア。顔は出してるリーア。
この解放された人質は面接の男か?同じような顔ばかりなのでわからん。

窓口付近にて。
また電話ですが例の通報で同じことを言ってます。
リーアに今のを聞いた?と聞くスーザン。

地下室にて。
ガソリンを撒いてるマイケル。
ビィーに逃走経路を教えてます。それで逃げられるとなる。
で、俺にはやることがあるとマイケル。

ビィーはまた大金庫室に来てます。中には何もないみたい。
マイケルはそこら中に火を点けてます。

そうなると窓口付近にも煙が充満して火災警報器が鳴ってるみたい。
マース業務部長は警察が突入する。人質を解放してくれと言ってます。

リーアはマース業務部長の拘束をナイフで切る。
マース業務部長は人質の警官の拘束をナイフで切ってます。ナイフを渡していいのか?

リーアはカバンを持って地下室に逃げてます。だから別にいいのか。
警察が突入してます。人質を解放となる。
ここでマース業務部長のシーンが意味深に長めに入る。
人質だった警官を他の人質を解放してます。

地下室にて。
消防服のマイケルは火を点け回ってます。発煙筒のような物を使ってます。
リーアは逃走経路を目指す。

予定の逃走経路のパイプに来てるリーア。マイケルを待つ。
リーアと呼ばれたのでそっちに向かう。

大金庫にて。
ここに来てるリーア。そんなとこに何者かが迫る。
大金庫の扉が閉まりつつあります。これは大変なリーア。大金庫内には何かいます。
マイケルが助けに来ました。助かったリーア。逃げます。

逃走経路のパイプにて。
消防服を着ているリーア。ヴィーはもう先に脱出してるようです。
マイケルが来ない。何故か音楽が流れてます。気になるリーア。

いきなりゾンビ達が出てきます。これはビックリ。
マイケルは壁のパイプを切断してます。噴出したのはガスのようです。
リーアを逃がしてジッポライターでガスに点火するマイケル。大爆発となります。
黒味が入ります。

郊外にて。
クルマを走らせるリーア。
ラジオでは昨夜の銀行強盗のニュースを流してます。
事件の捜査は今も続いています。犯人たちは全員焼死しました・・・。

どうやらリーアと合流するヴィーが待ってます。
リーアのクルマが到着してます。ハンドガンを隠し持ってるリーア。
ヴィーはショットガンを持ってる。
アレは何?と話し込む。警察ではない。リーアは見たが、ヴィーは否定してる。

カネはどこ?となるヴィー。ちゃんとあります。
今頃になってマイケルのことを聞くヴィー。死んだと伝えるリーア。
カネは手に入れたのにマイケルを失った。泣いてる姉妹。
黒味が入ります。

銀行にて。
監視カメラの映像が断続的に入る。
刑事が事情聴取してます。スーザンとその他。人質の警官、最初に解放された男。
スーザンがこの銀行のことに1番詳しいようです。

人質は6名。7人目の人質が誰なのかがわからんと刑事。
その7人目の人質マース業務部長の話しになります。どうやらいつの間にかいたらしい。名前も知らない。
スーザンも知らないし監視カメラのビデオにも映っていない。

電話をかけるマース業務部長のシーンになります。
センチュリオン信託銀行だ。今強盗に入られている・・・
そんなわけであの通報は1982年のマース業務部長の電話だったようです。

スーザンは彼よと壁の貼ってある写真を指さす。
それはマース業務部長の写真でした。
しかし刑事はそれは1982年の強盗の人質の写真だと言う。

そんなわけでマース業務部長は電話してるとこを銀行強盗に見つかり撃たれたとわかる。
銃声から黒味が入ります。

郊外にて。
クルマのリーアとヴィー。
エンジンがかかりません。ラジオは勝手に鳴って音楽が流れる。
ヴィーがボンネットを開けてエンジンをかけてと言う。
リーアがセルモーターを回すとエンジンがかかる。

ボンネットを締めたら何故か銀行強盗がいてヴィーに襲いかかる。
黒味が入ってエンドとなります。

後タイトル
スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ

銀行強盗はどこでも出るので地縛霊ではないみたい。
地縛霊といえば『地縛霊はいつ自爆するから危ないじゃないですか』というギャグが頭から離れずいまだに面白いのがこまったものです。


そんなわけで銀行強盗ホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.03

Hollywood Express #827◆2019.05.31(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆カーレースと犬の映画 The Art of Racing in the Rain (2019) の話題。マイロ・ヴィンティミリア主演、犬のVCをケヴィン・コスナーが担当するそうです。
◆シャーリーズ・セロンとジューン・ダイアン・ラファエルがチャリティイベントに参加した話題。寄付をすると抽選で2人と食事が出来る権利が当るイベントです。
◆『ロケットマン』 Rocketman (2019) のタロン・エガートンがカンヌ映画祭でのプレミア後にステージでエルトン・ジョンと共演した話題。
◆ジェラルド・バトラー主演の『エンド・オブ・・』シリーズ最新作 Angel Has Fallen (2019) の予告編が公開された話題。ジェラルド・バトラーの父がニック・ノルティの設定です。
◆『SAW』シリーズの大ファンのクリス・ロックが自ら売り込んでリブート新作 Untitled Saw Project (2020) を後押しする話題。マジで熱心なファンのようです。これはビックリ。
◆英国の有名なTVシリーズの映画版 Downton Abbey (2019) の話題。よくわからん。
◆『ジョン・ウィック: パラベラム』 John Wick: Chapter 3 - Parabellum (2019) の第4作目の製作が決定した話題。興行次第でいくらでも続くようです。もしかしてこのシリーズは映画史的にクリント・イーストウッド主演の『ダーティハリー』シリーズ並みになるのかもしれない。
◆『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) の新しい予告編の話題。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2人が並ぶと特別な感じがします。さすがスターです。

◆red carpet
◆『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 Godzilla: King of the Monsters (2019) のプレミアの風景。ミリー・ボビー・ブラウン、チャン・ツィイー、ブラッドリー・ウィットフォード、渡辺謙、ジョナサン・ハワードのインタビューがあります。

◆inside look
◆『アラジン』 Arajin (2019) のメイキング。メナ・マスード、ナオミ・スコット、作曲アラン・メンケンのインタビューがあります。
◆ Brightburn (2019) のメイキング。ジャクソン・A・ダンとデヴィッド・デンマン、製作ジェームズ・ガンとエリザベス・バンクス、デヴィッド・ヤロヴェスキー監督のインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ジェフリー・ラッシュがマスコミ相手の名誉棄損裁判で勝った話題。色々と大変だったようです。
◆あちらのパパラッチは凄いらしい。日本のパパラッチも品性下劣さなら負けてないがTVには出てこないのでわからないようになってます。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ロケットマン』 Rocketman (2019) デクスター・フレッチャー監督、タロン・エガートン、ジェイミー・ベル主演のエルトン・ジョンの半生を描く伝記映画。エルトン・ジョンの話しのようです。女優さんはブライス・ダラス・ハワード。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。果たしてこの作品は『ボヘミアン・ラプソディ』 Bohemian Rhapsody (2018) 並みにヒットするのでしょうか?。それは誰にもわからない。
◆ Ma (2019) テイト・テイラー監督、オクタヴィア・スペンサー、ダイアナ・シルヴァース主演のおばさんホラー。謎のおばさんに悪戦苦闘する話しのようです。オクタヴィア・スペンサーはオバケのQ太郎に似ています。可愛い。他の女優さんはマッケイリー・ミラー。何故か出ているルーク・エヴァンスはそのうちにショーン・ビーンみたいによく死ぬタイプになると思える。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 Godzilla: King of the Monsters (2019) マイケル・ドハティ監督、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ主演の怪獣映画。渡辺謙とサリー・ホーキンスも出てます。複数の怪獣が戦う話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Long Shot (2019) ジョナサン・レヴィン監督、セス・ローゲン、シャーリーズ・セロンの政治ロマンティック・コメディ。女性政治家が昔の知り合いをスピーチライターを雇って色々とある話しのようです。興行収益totalは2870万ドル。
◆9位が The Intruder (2019) デオン・テイラー監督、マイケル・イーリー、ミーガン・グッド主演の自宅サスペンス。買った家で前の持ち主ともめる話しのようです。デニス・クエイドが売った家に執着する拗らせた人を熱演してます。興行収益totalは3190万ドル。
◆8位が The Hustle (2019) クリス・アディソン監督、アン・ハサウェイ、レベル・ウィルソン主演の詐欺師コメディ『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』 Dirty Rotten Scoundrels (1988) のリメイク・コメディ。詐欺師の特訓をして色々とある話しのようです。興行収益totalは2960万ドル。
◆7位が『僕のワンダフル・ジャーニー』 A Dog's Journey (2019) ゲイル・マンキューソ監督、ジョシュ・ギャッドVC、デニス・クエイド主演の犬が転生する『僕のワンダフル』シリーズ続編の犬映画。転生する犬の話しのようです。この作品のデニス・クエイドはいつものようにいい人を演じてます。興行収益totalは1490万ドル。
◆6位が Booksmart (2019) オリヴィア・ワイルド監督、ケイトリン・ディーヴァー、ビーニー・フェルドスタイン主演の青春ドラマコメディ。まじめな女の子2人が羽目を外そうと一晩で色々とあり過ぎる話しのようです。興行収益totalは690万ドル。興行はイマイチですが批評はいいそうです。
◆5位が Brightburn (2019) デヴィッド・ヤロヴェスキー監督、ジャクソン・A・ダン、エリザベス・バンクス主演のSF親子ホラー。宇宙から来た息子でホラーする話しのようです。興行収益totalは780万ドル。
◆4位が『名探偵ピカチュウ』 Pokémon Detective Pikachu (2019) ロブ・レターマン監督、ライアン・レイノルズVC、ジャスティス・スミス主演のピカチュウ・アクションコメディ。ピカチュウと一緒に色々とある話しのようです。女優さんはキャスリン・ニュートン。興行収益totalは1億1620万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆3位が『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、ロバート・ダウニー・ジュニア、クリス・エヴァンス他主演のマーベルアメコミアクション大作完結編。強敵サノスに反撃する話しのようです。興行収益totalは7億9850万ドル。
◆2位が『ジョン・ウィック: パラベラム』 John Wick: Chapter 3 - Parabellum (2019) チャギ・スタエルスキ監督、キアヌ・リーヴス、ハリー・ベリー主演のシリーズ3作完結編。殺し屋と殺し屋達がアクションする話しのようです。興行収益totalは1億120万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆1位が『アラジン』 Arajin (2019) ガイ・リッチー監督、メナ・マスード、ナオミ・スコット主演のディズニー名作アニメ実写映画。アラジンの話しのようです。、青いウィル・スミスがポイントです。興行収益totalは9150万ドル。これはビックリの初登場1位になってます。ホントに興行がどうなるかはよくわからん。ハイライトシーンを見るとよく出来ていると思えます。

◆ending
◆Bazzi's “Paradise” from “The Sun Is Also a Star (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.02

『古城の妖鬼』

この作品は、トッド・ブラウニング監督、ライオネル・バリモア、ベラ・ルゴシ主演の謎解きホラードラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

1935年 Metro-Goldwyn-Mayer (MGM) アメリカ作品
ランニング・タイム◆61分
原題◆Mark of the Vampire
プロット◆謎の吸血鬼から殺人犯は誰だ?となる話しのようです。わけわからん。
音楽◆Music Department
Domenico Savino ... composer: stock music (uncredited)
Edward Ward ... composer: trailer (uncredited) / musical director (uncredited)

キャスト
ベラ・ルゴシ→吸血鬼のモーラ伯爵
カロル・ボーランド→吸血鬼のルナ

ライオネル・バリモア→吸血鬼の権威ツェリン教授
ライオネル・アトウィル→ノイマン刑事
ドナルド・ミーク→医者のドスキル先生

エリザベス・アラン→カレル卿の娘イレーナ
ヘンリー・ワズワース→婚約者のフェードル

ジーン・ハーショルト→後見人のオットー男爵
ホームズ・ハーバート→当主のカレル卿
イヴァン・F・シンプソン→ヤン執事
レイラ・ベネット→メイドのマリア

トッド・ブラウニング監督の演出はよいと思います。
全体的に途中から違う話しになってます。ホラーから謎解きになってる。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

MGM
タイトル
Metro-Goldwyn-Mayer presents
Lionel Barrymore Professor Zelin
in
Mark of the Vampire

with
Elizabeth Allan Irena Borotyn
Bela Lugosi Count Mora
Lionel Atwill Inspector Neumann
Jean Hersholt Baron Otto
Tod Browning's production

スタッフの紹介
キャスト表
Lionel Barrymore Professor Zelin
Elizabeth Allan Irena Borotyn
Bela Lugosi Count Mora
Lionel Atwill Inspector Neumann
Jean Hersholt Baron Otto
Henry Wadsworth Fedor Vincente
Donald Meek Dr. Doskil
Jessie Ralph Midwife
Ivan F. Simpson Jan (as Ivan Simpson)
Franklyn Ardell Chauffeur
Leila Bennett Maria
June Gittelson Annie
Carroll Borland Luna (as Carol Borland)
Holmes Herbert Sir Karell Borotyn
Michael Visaroff Innkeeper

マット画の教会尖塔からカメラは下がり教会外のセットにつながります。
広場では人が集まりたき火と歌になってます。キャンプみたい。

墓場にて。
おばあさんが来てます。操演のコウモリを見てビックリ。魔女ではなさそう。

居酒屋兼宿屋にて。
中年夫婦が主人と話し込む。
泊まってもいいけど古城の吸血鬼が危険だと警告する主人。

そんなことに馬車が医者のオッサンが来ます。
演じてるのはこの頃の小物役でおなじみのドナルド・ミーク。一応医者の役です。
医者先生は吸血鬼など信じない。

おかみさんも中年夫婦に吸血鬼の話しをしてます。
あまり本気にしていない中年夫婦。地元のおばさんも警告しに来たりもする。

部屋に入った医者先生ですがカバンにはお守りの草は入れてたりする。
窓の外の広場で人が集まりたき火と歌をやってるわけです。
溶暗になります。

お城にて。
高くて四角い建物です。あまり見たことがない。
当主のカレル卿がなくなってと召使い達に知らせるおそらく後見人のオットー男爵。
プラハのノイマン刑事が調査中。あとで尋問があるから協力するように。

現場にて。
机に伏せて死んでる当主のカレル卿。
検死の医者先生のドスキル。吸血鬼に噛まれてると言ったりする。
ノイマン刑事はそんなことは本気にしない。
ヤン執事の証言になります。ドスキル先生に電話したが夜なのでこなかった。
ドスキル先生に朝型ですかと嫌味を言うノイマン刑事。

イレーナがやって来た婚約者のフェードルを迎えてます。
父親が亡くなったことを伝えるイレーナ。

オットー男爵はノイマン刑事からフェードルのことを聞かれてます。
イレーナの後見人がオットー男爵です。自分が容疑者扱いにされて憤慨する。
しかしノイマン刑事は全員が容疑者ですと言ってます。

ドスキル先生は文句たらたらで検死をやってます。
甲冑セットが何だか動いてます。ヤン執事がビックリ。
しかし猫が入ってただけでした。凄くベタなギャグですが1935年なのでこんなものです。

ノイマン刑事とオットー男爵が来ます。
検死報告するドスキル先生。死因は首筋のかみ傷。血は一滴も残っていない。

酒場兼宿屋にて。
大勢が集まっています。検死官とノイマン刑事が司会で簡易法廷な感じ。
伯爵と娘のうわさ話が出ています。コウモリに変身する伯爵。
当然検死官は本気にしない。今は1935年なんだぞといった感じ。
カレル・ボロタン卿は原因不明の突然死ということになってます。吸血鬼ではない。
溶暗になります。

村の広場にて。
ダンス大会になってます。
そんなとこを馬車で移動となるイレーナとフェードル。

馬車で移動中です。
イレーナとフェードル。
ここは典型的なスクリーンプロセスになってます。違和感があり過ぎ。
父親が亡くなってるけどフェードルとはいい感じのイレーナ。
ところで何処へ行くのかがわからん。

お城にて。
オットー伯爵とヤン執事が話し込んでます。
ヤン執事はお嬢様は行ったきりなのかと心配してる。
オットー伯爵はあまり気にしていない。
溶暗になります。

オットー伯爵とイレーナ。
何だかお城に戻ってるイレーナ。
そんなところにズタボロなフェードルがやって来る。
古城の側を通りかかったら気を失った。ようやくここにたどり着いたとフェードル。
首筋にかみ傷があったりします。これは大変。
それから吸血鬼を恐れたメイドが逃げたりしてます。
溶暗になります。

お城の全景が入ります。
今度はベラ・ルゴシと吸血鬼風の女が登場。名前はモーラ伯爵とルナ。
蜘蛛の巣だらけの城の中です。位置的にはそんな離れていないみたい。

馬車が移動中です。
オッサンとオバサンが乗ってます。その辺を徘徊してるルナを見て驚愕する。
いきなり木の枝が落ちてまたビックリ。

お城にて。
オットー男爵に知らせるオバサン。お城で死体が歩いてます・・・
プラハから来た不動産屋の話になるオットー男爵。古城を紹介してるとこだ。

ルナが歩き回ってます。イレーナに接近してるようです。
部屋から出たイレーナとコンタクトしてます。そうなるとどうなる。
ここを見ているモーラ卿。眠らされたイレーナはルナに血を吸われたのか?

時間が経過して悲鳴が聞こえてます。
オットー男爵がかけつける。お嬢様が倒れてるとメイドが悲鳴を上げていたわけです。
溶暗になります。

イレーナの部屋にて。
気がついて証言してるイレーナ。気を失った。死人のような女。
ノイマン刑事、オットー男爵、それにツェリン教授です。
ツェリン教授は吸血鬼の専門家とのことです。大丈夫なのか。
メイドの名前はマリア。ツェリン教授からお嬢様のそばに付いてるようにと言われる。

別室にて。
オットー男爵、ツェリン教授、ドスキル先生の3人が集まってます。
女はモーラ伯爵の娘だろうとなってます。
そんなとこにヤン執事が来ます。お客様です。ノイマン刑事です。
ツェリン教授は特殊な草トゲコウモリ草を集めるようにとヤン執事に頼んでます。

オットー男爵とノイマン刑事。
城を貸すことにサインしたのは死んだはずの当主カレル卿だ。
そんなとこにツェリン教授が来て吸血鬼の話しをする。
カレル卿は死亡、婚約者のフェードルはズタボロ、令嬢のイレーナはまあまあ、そんな状況になってます。
ツェリン教授はトゲコウモリ草でこの屋敷を守るのだと意気込む。

イレーナは外から呼ぶ声がしたと言ったりする。それでどうする。
外に行きたがるイレーナ。

墓場にて。
オットー男爵とノイマン刑事。操演のコウモリも飛んでます。
棺桶の安置所に入ります。当主カレル卿の棺桶は空になってました。
そんなところにモーラ伯爵とカレル卿が伺ってます。

お城にて。
フェードルとツェリン教授。
どうやらツェリン教授がフェードルを説得してるみたい。
私の言う通りにすればいい。死ぬより吸血鬼となって死なない方が辛いとか。
吸血鬼の活動時間は日没から日の出まで。

そんなとこにノイマン刑事とオットー男爵がカレル卿の棺桶が空だったとことを知らせに来ます。
ちょうどよくまたメイドの悲鳴が聞こえます。それでどうなる。

ヤン執事がノイマン刑事に説明します。
メイドのマリアとお守りの草をつり下げていたら窓からコウモリが入って来た。
その操演のコウモリが吸血鬼のモーラ伯爵に変身した。これはビックリとなったわけです。ヤン執事とメイドのマリアは逃げた。

イレーナとフェードルを部屋に入れて鍵をかける。
その他の面々は家捜しして吸血鬼を探し出す。そんな段取りになります。

ベランダに出たツェリン教授はモーラ伯爵とカレル卿を見る。
この件のこと等を色々と説明するツェリン教授。

モーラ伯爵のアジトにて。
カレル卿がオルガンを弾いてます。もう1人男がいるが誰だかわからん。
操演のコウモリがルナに変身してます。ここはいいシーンです。
外から窓越しをここを伺ってるノイマン刑事とオットー男爵。これはビックリ。
溶暗になります。

お城にて。
戻ったノイマン刑事とオットー男爵。それにツェリン教授。話し込みます。
夜は吸血鬼は無敵だと説明するツェリン教授。
そんなわけで昼間に反撃すればいいとなります。死体を見つけて昼間のうちに片づける。

そんなところにモーラ伯爵が接近してます。これは大変。

ノイマン刑事とオットー男爵。それにツェリン教授。
あと3時間もすれば夜が明ける。とりあえず寝ようとなります。それがオチかい。

イレーナの部屋にて。
眠ってるイレーナ。付きっきりのメイドのマリア。窓からルナが伺ってます。
メイドが席を外します。そうなるとどうなる。

モーラ伯爵が入り込んでるようです。

時間が飛んでイレーナが証言してます。
聞いてるのがノイマン刑事、ツェリン教授、オットー男爵の3人。
メイドはコーヒーを入れに行ったとのことです。叱責されてる。
テラスにルナがいたと証言するイレーナ。
イレーナの首筋を確認してるツェリン教授。

フェードルの方は衰弱してます。どうやらモーラ伯爵がやったせいなのか?
ノイマン刑事とオットー男爵に起こされてるフェードル。
フェードルはよく寝たと言ってますが、それは昏睡だと言われてます。面白い。

モーラ伯爵のアジトにて。
ここに戻ってるモーラ伯爵、カレル卿、それに誰だかの3人。

お城にて。
ツェリン教授の説明になります。
メイドの叫び声で逃げたのだろうとなってます。まだフェードルは無事だ。
日没前に倒さなければ手遅れになる・・・

モーラ伯爵のアジトにて。
オルガンのとこに来てるツェリン教授。ホコリが積もってるオルガン。
ノイマン刑事とオットー男爵も来てます。
壁のコウモリをいきなり撃つノイマン刑事。ツェリン教授が止めてます。

次はロウソクに火を点けて暗いところを探します。
吸血鬼3人が入り込んだ鉄の扉を開けて中に入ってます。

ツェリン教授はカレル卿の死体を発見します。
オットー男爵が来てカレル卿の死体を破壊しようとする。止めてるツェリン教授。
3体まとめて処分しないとダメだと説明するツェリン教授。
うっかりロウソクが消えて真っ暗になってます。これは大変。

ルナはイレーナとフェードルに接近してます。
このへんからカットバックが激しくなってます。

ツェリン教授はノイマン刑事を呼んでます。

ルナはイレーナに接近してるみたい。
ベランダに行ったイレーナはルナを見る。これで操られるのか?

部屋に戻ったイレーナはいきなり元気になってます。困惑するフェードル。
メイドのマリアが来て慌てて窓を閉めたりする。しかし他の窓から操演のコウモリが入ったりしてます。

イレーナに何でいきなり元気になってると聞くフェードル。
そんなこんなでイレーナは部屋から出ていくので追うフェードル。

モーラ伯爵のアジトにて。
ツェリン教授とオットー男爵がノイマン刑事を探す。まだ先は長い。

イレーナはルナと一緒にモーラ伯爵とカレル卿のところに来てます。

ツェリン教授とオットー男爵
すっかり弱気になってるオットー男爵。カレル卿を説得出来ない。

イレーナとルナ。
ルナはイレーナの首筋に噛み付こうとする。
そんなとこにフェードルが助けに来ます。
次はモーラ伯爵が来てフェードルをとめる。

ツェリン教授とオットー男爵
何故かオットー伯爵に催眠術をかけてるツェリン教授。とにかくそうなってる。

イレーナはカレル卿にコンタクトする。
このへんになると編集によるカットが多過ぎでシーンがつながらなくなってます。

ノイマン刑事にこの方は声まで父にそっくりでこまると言ってるイレーナ。
そうなるとどうなってる?見ててわからん。

どうやらカレル卿のそっくりさんを使っておとり捜査をやってるようです。
とにかくいきなりそうなってます。これまでの物語の設定がまるで変わってる。

ツェリン教授とオットー男爵
催眠術でオットー男爵を移動させてるツェリン教授。吸血鬼の権威というのはどうした。
オットー男爵に1年前に戻ったと催眠術をかけてカレル卿に会いに行かせます。

ツェリン教授が来て色々と打ち合わせになってます。
ノイマン刑事、イレーナ、カレル卿のそっくりさん。ヤン執事。

ヤン執事がオットー男爵様が来ましたと知らせる。
カレル卿にオットー男爵を案内します。おとり捜査の目的はオットー男爵なのか。

そんなとこを見てるノイマン刑事とツェリン教授。
イレーナが席を外していよいよカレル卿とオットー男爵だけになります。

カレル卿とオットー男爵。1年前に戻った状態のはず。
イレーナはもっと資産家と結婚させた方がいいと主張するオットー男爵。
カレル卿はそうでもない。

イレーナにいい腕輪等を用意したいと言い出すオットー男爵。
カレル卿は本棚の隠し金庫から腕輪用の宝石をとり出す。
この隙にカレル卿のグラスに何かを入れてるオットー男爵。

それでオットー男爵は帰ります。しかし外に出たらカレル卿を伺ってます。

とりあえず飲んだふりをするカレル卿。
机に俯せるカレル卿。窓から覗いてるオットー男爵。

オットー男爵はカレル卿のところに来て何やらやってます。
首筋に傷跡を付けて、グラスを火にあぶって熱してます。
そんなところをノイマン刑事とツェリン教授が取り押さえます。
催眠術を解くツェリン教授。オットー男爵はカレル卿殺しで逮捕されてます。

吸血鬼ホラーはどこかに行って謎解き物になってます。これはビックリ。
オットー男爵はイレーナが目的だった。そうなの?色とカネなのは間違いないけど。
グラスを熱して体中の血を吸い取る仕掛けだったとか。

楽屋にて。
モーラ伯爵とルナは普通の役者でした。
メイクを落として普通に戻ってます。それがオチかい。
それでエンドになってます。これはビックリ。


そんなわけで最後で全く違う話しになるよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.06.01

『ベラ・ルゴシの幽霊の館』

この作品は、ジョセフ・H・ルイス監督、ベラ・ルゴシ主演の謎サスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開になっています。

1941年 Banner Production/Monogram Pictures/Astor Pictures Corp アメリカ作品
ランニング・タイム◆65分
原題◆Invisible Ghost
プロット◆夫人が行方不明になって色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆ジョニー・ラング、リュー・ポーター

キャスト
ベラ・ルゴシ→色々と怪しいケスラー氏
ポリー・アン・ヤング→ケスラーの娘バージニア
ジョン・マクガイア→痴話喧嘩のラルフ/兄のポール
ベティ・カンプソン→行方不明のケスラー夫人

クラレンス・ミューズ→黒人のエバンス執事
テリー・ウォーカー→メイドのセシル
アーニー・アダムズ→庭師のジュールズ
オッテラ・ネスミス→ジュールズ夫人 (as Ollola Nesmith)
不明→料理人のオバサン マリー

ジョージ・ペムブローク→葉巻のウィリアムズ警部補
フレッド・ケルシー→部下のライアン刑事

ジョセフ・H・ルイス監督の演出はよいと思います。
全体的に風変わりなサスペンスになってます。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2/0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

Astor Pictures Corp. presents
Bela Lugosi Charles Kessler
in
Invisible Ghost

スタッフの紹介
the cast
Bela Lugosi Charles Kessler
Polly Ann Young Virginia Kessler
John McGuire Ralph Dickson / Paul Dickson
Clarence Muse Evans
Terry Walker Cecile Mannix
Betty Compson Mrs. Kessler
Ernie Adams Jules Mason
George Pembroke Police Lt. Williams
Ottola Nesmith Mrs. Mason (as Ollola Nesmith)
Fred Kelsey Ryan
Jack Mulhall Tim
スタッフの紹介
Produced by Sam Katzman
Banner Pictures Corp.
Directed by Joseph H. Lewis

ケスラー家にて。
玄関ホールに女性の肖像画が飾ってあります。
旦那のケスラーと黒人執事のエバンスが登場。

ケスラーは行方不明になった夫人と一緒に食事になります。要するに誰も座っていない席があるわけです。
エバンス執事に不在の夫人の世話を優先させてます。

呼び鈴が鳴ります。娘のバージニアが出ます。
バージニアのボーイフレンド ラルフが来ました。
いきなり今夜来ないでとバージニア。父親がいつもの食事中なのでそうなる。
食事を見たラルフとそういうことなのかと何故か余裕を見せる。

説明させてと書斎に案内するバージニア。
ラルフは何となくデリカシーに欠けて見ててイライラします。まあいいけど。
バージニアもこんな奴とは別れろよと思える。
説明したバージニアにそれでも愛してるとキスをするラルフ。それでどうなる。
そんなとこをメイドが見てたりします。解説によるとラルフとメイドはできてます。
それはともかくラルフとバージニアは夜のドライブに出かけます。

キッチンにて。
エバンス執事、メイドのセシル、それに庭師のオッサン ジュールズがいます。
執事ですが旦那の前ではまじめでもキッチンではリラックスしてくだけた感じになってる。これはまた上手い役作りになってます。感心した。
1人になったジュールズは冷蔵庫から食べ物を出して袋に入れる。

外にて。
ジュールズは少し歩いて小屋に入ってます。自宅なのか?→違います。納屋みたい。
床を開けて地下室に入ってます。

地下室にて。
ジュールズはケスラー夫人をここにかくまっています。
記憶喪失のケスラー夫人。かなりおかしくなってる。
このことを知ってるのはジュールズだけのようです。
食べ物を渡してとっとと引き上げてます。

ジュールズの自宅にて。
帰宅したジュールズ。夫人は話し込む。
夫人もケスラー夫人のことは知ってるようです。好意的です。
男と一緒に事故で死んだ方がよかったと言ってる夫人。
→解説によるとケスラー夫人は運転手の男と逐電する途中で交通事故にあって記憶喪失になったとのこと。運転手は死んだ。
記憶が戻ったら旦那と会わせるつもりのジュールズ。

ケスラー家にて。
ドライブから帰ってきたバージニアとラルフ。
ここを少し離れたとこでタバコを吸いながら見てるメイドのセシル。

外にて。
徒歩で帰るとこをセシルにつかまるラルフ。痴話喧嘩になります。
これをクルマを車庫にしまうエバンス執事が見ています。そうなるのか。

痴話喧嘩のラルフとセシル。
ラルフも結構いい加減な性格なのでセシルに捕まるんです。
バージニアとはお終いよ、私と結婚するのよと主張するセシル。

ケスラー家にて。
おやすみの挨拶になってるケスラーとバージニア。
エバンス執事がクルマに手をぶつけて手当してるケスラー。
そんな感じで食事の件はともかくケスラーは人格者のようです。

読書してるケスラー。
手前に暖炉の火が入ってます。暖炉の中からのショットというわけです。

小屋にて。
それはいいけどケスラー夫人が外に出ています。勝手に出れるのか。

読書中のケスラーとケスラー夫人のカットバックになる。
ケスラーは2階からの窓越しにケスラー夫人を見る。そうなるとどうなる。
家に帰るのが怖いと言ってるケスラー夫人。あなたが殺す。

ケスラーが視線を外してまた見るとケスラー夫人は消えてます。
様子がおかしくなるケスラー。手を前に付き出して歩く。
ドアを開けて出ていくとこでカメラはセットの壁を越えてます。

階段を降りてメイドの部屋に入るケスラー。
いきなりガウンを脱いでくケスラー。やらせろと迫るのかと思ったら違います。
脱いだガウンをメイドに頭に被せています。そういうプレイではなく殺人だ。
黒味が入ります。

朝にて。
エバンス執事はメイドの部屋をノックする。
部屋の中からはラジオ体操が聞こえてます。
返事がないので入るエバンス執事。メイドが死んでいました。これは大変。

とりあえずケスラーに知らせるエバンス執事。新しいメイドが部屋で死んでいる。
エバンス執事に警察に電話するようにと指示するケスラー。

時間が経過して警察が来てます。
また殺人ですねと警部補。嫌味ではなく事実を言ってるだけです。
半年前に運転手が死んだ。これがケスラー夫人と関係がある事故だったわけです。
何で引っ越さないと突っ込む警部補。

メイドに来てる手紙にはラルフの名前がある。別人でしょうとバージニア。
エバンス執事がラルフ・ディクソン氏がセシルと話しをしてましたと証言する。かなり詳しく証言してます。痴話喧嘩ですとハッキリ言ってます。
これはショックなバージニア。そうなるとどうなる。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
殺人容疑者として技術者を逮捕。
金髪女性の殺害に対し無実を主張。

警察にて。
ラルフ容疑者に面会のバージニア。ケスラーも来てます。
偶然に殺人当時のアリバイがないラルフ。こまったものです。
ケスラーは尽力すると言ってる。

法廷にて。話しは早い。
証言するケスラー。
ラルフの自宅アパートの大家のおばさんはラルフとセシルが夫婦だと思っていましたと余計なことを証言してます。
ジュールズ、エバンス執事、証言にバージニアがカットバックされてます。

新聞の見出しです。
ディクソン氏に死刑判決。マニックス嬢殺害に最高刑。

ラルフに面会のバージニア。ケスラーも来てます。
あとは知事に掛け合うしかないとケスラーとバージニア。

知事と面会のケスラーとバージニア。
新しい証拠が出ないと何も出来ないと返事の知事。近い時期に選挙がないので面倒なのかもしれない。

刑務所にて。
もうラルフの独房に牧師が来てます。話しが早過ぎる。
速攻で死刑室まで連行されるラルフ。

ケスラー家にて。
電話です。出るケスラー。座ってるバージニア。
ラルフの死刑が終わった知らせでした。
溶暗になります。

時間が経過してます。
来客です。エバンス執事が出ます。
やって来たのはラルフです。これはビックリのエバンス執事。それでも存じておりますと執事仕事はちゃんとしてる。
ディクソンと名前ではなく姓のみを名乗ってる男。

ケスラーとバージニアが食事中のとこに案内されるディクソン。
これはビックリのケスラーとバージニア。
南米から急いで戻りましたと話すディクソン。ラルフの兄と主張してます。マジ?
双子なのかはわかりませんがそっくりの兄。

キッチンにて。
黒人のエバンス執事がジュールズに私は青ざめてるか?とマジともブラックユーモアともわからん会話になってます。
そんなとこでエバンス執事が呼ばれてる。

食事にて。
呼ばれたエバンス執事に私はラルフの兄ですと言ってる男。
ラルフは状況証拠のみなのにひどいと憤慨してる兄。真犯人を見つけると意気込む。
また暖炉の火が手前に燃えてるシーンになってます。このシーンが好きだな。日本映画では川島雄三監督が好きそう。

ケスラーは兄にここに滞在してもいいと言ってます。
会話から兄の名前がポールとようやくわかった。
ところでケスラーはマジで殺人を自分がやったとは思っていないようです。そうなるとどうなる。

小屋から出ているケスラー夫人。

ケスラーはポールを部屋に案内してます。
また2階の書斎で読書になるケスラー。また窓からケスラー夫人を見てしまう。
そうなると様子がおかしくなるケスラー。こういう設定なのか。
手の動きがおかしくなって書斎から出るケスラー。

階段を降りたとこでガウンを脱いでるケスラー。殺人モードに入ってます。
エバンス執事を狙ってるみたいですが上手くいかず。

キッチンにて。
そんなわけで冷蔵庫から食べ物を出してるジュールズに迫る。
ジュールズにガウンを被せるケスラー。これでジュールズは退場となります。
そうなるとケスラー夫人の食事はどうなる?と心配になります。
溶暗になります。

時間が経過してエバンス執事が来てジュールズの死体を発見します。
今回は速攻で警察に電話してるエバンス執事。
それからジュールズが殺されたとケスラーに報告してます。

時間が経過して警部補が来てます。
事情聴取をしてる警部補。部下刑事の名前はライアン。
厨房=キッチンと言ってます。
階段を降りてくるポールを見てビックリの警部補。

それはともかく書斎で事情聴取の続きになります。
警部補、ケスラー、バージニア、ポール、そんな感じ。
ポールはバージニアに引っ越さないのか?聞いたりする。バージニアはケスラーを見る。

玄関ホールにて。
エバンス執事がポールのトランク2つを運んでます。
ポールはエバンス執事に他の殺人のことを聞くが答えず。
警部補に同じ質問をするポール。

ベラ・ルゴシですがやけに背が高く見えます。たぶん踏み台に乗ってると思えます。
ケスラーとポールを肖像画を見て話し込む。

バージニアが階段を降りたとこで電話です。ケスラーにです。
電話に出たケスラーは出かけます。

検死官事務所にて。
ここに来てるケスラー。検死官に証言してます。
そんなところに殺されたジュールズのメイソン夫人が来ます。
メイソン夫人はジュールズとの面会で来ました。2人だけにしてとお願いする。

別室のケスラーと検死官はメイソン夫人の悲鳴を聞き駆けつける。
ジュールズがまだ生きてると訴えるメイソン夫人。マジで死んでない。
ケスラーはジュールズから犯人の名前を聞こうする。名前を言う前にまた死に至るジュールズ。こまったものです。

ケスラー家にて。
ケスラー、バージニア、ポールでジュールズの話しになってます。
結局証言はなかったとケスラー。
食事になって新しい料理人のオバサンの話題になります。

キッチンにて。
エバンス執事と料理人のオバサン。
このオバサンは新聞を読まないので殺人事件のことは知らないようです。
エバンス執事も余計なことは言いません。

チェスをやってるケスラーとポール。バージニアは見てる。
エバンス執事が来て料理人のオバサンが辞めたいと言ってと伝える。

キッチンにて。
オバサンを説得するケスラー。そんなわけでまだ勤めることにするオバサン。
会話からオバサンの名前はマリーとわかる。

カットバックです。
バージニアは自室で何か書いてます。
ケスラーは読書中。
ポールは自室で何かやってる。

バージニアは寝てます。
ケスラーはチェス盤のコマの配置を確認してる。様子がおかしくなるケスラー。
それは雨が降ってるのに窓の外にケスラー夫人が張り付いてるからです。何だかおかしなシーンですけどこれはビックリにしておく。

ケスラー夫人もジュールズがいなくなって食事はどうしてるのか心配だ。
いつものようにケスラーが視線を外したらケスラー夫人は消えてます。
そうなるとケスラーはまた殺人モードに入って手の動きが怪しくなる。

2階へ行くケスラー。
まずはポールの部屋を伺うがやめてバージニアの部屋に入ります。
ポールとラルフですが演技はちゃんと演じ分けてします。感心した。

ガウンの脱いでから持って寝ているバージニアに迫るケスラー。
そうなるとガウン殺人鬼といった感じです。
雷雨なので稲光がケスラーを正気に戻します。静かに引き上げてるケスラー。

ポールが自室から出ています。階段を降りるケスラーを見る。
ケスラーに声をかけるポール。気分が悪いんですかと普通だ。
寝ぼけていたとまた普通に答えてるケスラー。それにしてもベラ・ルゴシは妙に背が高い。怪しい。

1人になったとこでまた窓を見るとケスラー夫人が張り付いてます。
これは大変。そうなるとどうなる。例によって一瞬でケスラー夫人は消えてる。
溶暗になります。

翌朝にて。
バージニアとポールにケスラー。普通の朝です。
しかし階段を降りたとこで肖像画が切り裂かれているのに気がつきます。

キッチンにて。
エバンス執事に異常はなかったか?と聞くケスラー。
ケスラーは料理人マリーの個室を見るといない。
バージニアとポールは絵が切り裂かれてるのでビックリ。事件との関連は?となる。

キッチンでエバンス執事に料理人マリーのことを聞くケスラー。
買物に言ってますとのことで、すぐに料理人マリーが戻ってます。

呼び鈴です。おなじみの警部補が来ました。
部下が張り込んでいたが侵入者はいないとのことです。実際のシーンはなくてセリフのみなので安上がりです。

ポールは警部補を呼ぶ。
カーテンの下に靴が見えてます。誰かが隠れているのか?靴のみの場合もあるけど。
懐からリボルバーを出す警部補。何故かいつも葉巻をくわえてる。役作りなのか?
カーテンの影にいたのは死体のライアン刑事でした。これはビックリというか何でもありというか。とにかくそうなってます。
死体なのでばったりと倒れてるライアン刑事。大騒ぎになります。

次は絵の破れたとこに糸が付いてることに気がつくポール。ホトンド探偵です。

キッチンにて。
料理人マリーから事情聴取の警部補。ケスラーもいます。
時々置いてある料理が消えると証言するマリー。警部補はあまり気にしない。

玄関ホールにて。
ポールは警部補に糸を見せてます。

ここに人を集める警部補。
絵に糸が絡まっていた。このガウンの糸だと喝破します。
ガウンはエバンス執事の部屋にあった。しかしケスラーが言うには繕うためによくあるそうです。
それでも意気込む警部補。部下のライアン刑事も殺されたので引っ込みがつかない。

ポールは犯人は心を病んでます。精神科医を呼んでくださいと進言する。
警部補はあまり気乗りはしないけど一応呼ぶことしてます。

2階の書斎にて。
シーンが飛んでもう精神科医のオッサンが来てます。
ケスラー、バージニア、ポール、警部補、それに精神科医がそろいます。

そんなとこで停電です。ヒューズを交換しないと・・・
とりあえずロウソクを点けています。
ヒューズはマリーが買いに行ってると伝えるエバンス執事。

ちょうどというか精神科医から質問を受けることになるエバンス執事。
何事?といった感じのエバンス執事。色々と大変だ。
ケスラーは正気ですか?→いいえと答えてるけどいいのか?

キッチンにて。
ここに侵入して冷蔵庫を開けてるケスラー夫人。なるほど。
ジュールズが死んで食べ物が届かなくなったので自分でとりに来てるわけです。
そんなとこに別の部下刑事は警官が来てケスラー夫人を保護してます。

私は死んだ?と言ってるケスラー夫人。普通ではない。
部下刑事は私にまかせなさいと安心させています。

自分の肖像画が破れているのを見るケスラー夫人。
この人知ってると言う。悪い女なのよ。家に帰れない。
部下刑事はケスラー夫人を書斎に案内してます。

書斎にて。
ケスラー夫人が連れてこられます。そうなるとどうなる。
当然ケスラーの様子がおかしくなります。
私は死んだ?チャールズ?と聞くケスラー夫人。

ようやく警部補はケスラーが怪しいと気がつく。
ケスラー夫人は別室に避難されられる。

ケスラーは書斎から通路に出る。警部補とポールがあとをつける。
いきなり警部補につかみかかるケスラー。バージニアも書斎から出てくる。

別室にて。
ケスラー夫人はいきなり倒れて死に至ります。

ケスラーは正気に戻ってます。とにかくそういう関連になってます。
どうしてここにとケスラー。犯人はあなたですと警部補。

階段を降りるケスラー。警部補に部下刑事と警官が付いてます。
切り裂かれた肖像画を見るケスラー。
もう帰ってきたねと絵に話しかけるケスラー。
エンドとなります。


そんなわけで話しの展開は凝りまくりのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。