映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『パーティで女の子に話しかけるには』 | トップページ | Hollywood Express #823◆2019.05.03(金) »

2019.05.05

『スウィート17モンスター』

この映画感想はネタバレ全開になっています。
ケリー・フレモン・クレイグ監督、ヘイリー・スタインフェルド主演のティーン・コメディのようです。

2016年 Gracie Films production/tang media production/Huayi Brothers/STX Entertainment/Sony Pictures Releasing international アメリカ作品
ランニング・タイム◆105分
原題◆The Edge of Seventeen
プロット◆偏屈な女の子がそうではなくなる話しのようです。
音楽◆アトリ・オーヴァーソン

キャスト
ヘイリー・スタインフェルド→偏屈なネイディーン
ヘイリー・ルー・リチャードソン→ネイディーンの親友クリスタ
ブレイク・ジェナー→ネイディーンの兄ダリアン

キーラ・セジウィック→若作りのママ モナ
エリック・キーンレイサイド→優しいパパのトム

ヘイデン・セットー→アジア系のアーウィン
アレクサンダー・カルヴァート→ペットショップでバイトのニック

ウディ・ハレルソン→やる気のないブルーナー先生

ケリー・フレモン・クレイグ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のドラマになってます。
前半は後半では微妙に違う感じになってる用な気がする。覆面試写アンケート等から後半部分相当変更したのかもしれない。
ブルーナー先生のキャラがまるで変わってます。他にもある。

不美人なヒロインですが十分に美人ではないかと思えるが、それは映画だから。
結局ボーイフレンドが出来ればいいのか?となりますが、まあいいです。

クリスタをクレスタと勘違いした。クレスタではトヨタのクルマだ。
マークII、チェイサー、クレスタはバッジとディテールが変わってるくらいの中味は同じクルマでした。それでもクルマに全く興味ない人でもちゃんとあれはクレスタだと言ってたりする。何でそうなる?といまだに不思議です。

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント発売のBlu-rayにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は DTS-HD mstr multi

読み込み中
バーグラフが出て、提供先のサーバーに接続中していますとなる。
Sony Pictures Home Entertainment
著作権のアラート
個人的見解の免責事項
読み込み中
メニュー画面
読み込み中

Sony Pictures Releasing international
STX Entertainment
Huayi Brothers
tang media production
Gracie Films
タイトル
Sony Pictures Releasing international and Stage 6 Films present
in association with STX Entertainment and Huayi Brothers Pictures
a Gracie Films production

The Edge of Seventeen

Hailee Steinfeld Nadine
Woody Harrelson Mr. Bruner
Kyra Sedgwick Mona
Haley Lu Richardson Krista
Blake Jenner Darian
Hayden Szeto Erwin
スタッフの紹介
タイトルバックは通学の風景です。最初から歌が入ってます。
それからカウンセリングです。ネイディーンとブルーナー先生。
自殺すると言い出すネイディーン。
あまり聞いてないブルーナー先生。実は先生も遺書を書いてたと言い出す。
貴重な昼休みの32分間を生徒に潰された・・・
そんな感じで自殺予告はあまり効果がありません。

ネイディーンのモノローグが入ります。
この世には2種類の人間がいる・・・
これはよくある例えです。映画で1番有名なのは『続・夕陽のガンマン』(1966年)です。
世渡り上手な人種と世渡り上手の滅亡を願う人種。
兄ダリアンは世渡り上手で妹のネイディーンはそうではない。

ママはキーラ・セジウィックで若作りです。
パパはネイディーンにも優しかった。

小さい頃から偏屈だったネイディーン。
クルマから降りるの嫌がる。
→1999 Jeep Grand Cherokee [WJ]
学校でいじめられっ子だった。そんなわけでもっと偏屈になる。
そんなネイディーンに毛虫を通じて親友になるクリスタ。
毛虫はアッサリ窒息死してトイレに流されたがクリスタとの親友関係は続いた。
クリスタの家に行くと両親は不仲だった。

歌が途切れなく入ってます。曲名は全くわからん。

ネイディーン 15歳
髪形を変えたら破滅的な失敗だったネイディーン。
兄のダリアンはイケメンになっていた。
ある夜にクルマで移動中のパパとネイディーン。突然パパの具合が悪くなった。
夜道にそのへんの家に助けを求めるネイディーン。
黒味が入ります。

パパはあっけなく亡くなり退場となります。
また黒味が入ります。あとは省略とモノローグが入る。
それから数年は最悪だった。

ネイディーン 17歳 現在です。
クリスタとはまだ親友関係は続いていた。
ニックって素敵ねとネイディーン。兄ダリアンはナルシストだとこき下ろす。

ネイディーンとブルーナー先生。
歴史の授業の間違いを指摘しにきたネイディーン。
くだらない揚げ足取りは人生の無駄かもと言われてる。
授業中に隣りのアジア系の男から声をかけられてるネイディーン。

ネイディーンの自宅前にて。
アジア系ですがあれはアーウィンだと話し込むネイディーンとクリスタ。
ママはあれから1人で仕事をしているようです。相変わらず若作り。
ネイディーンとママは全く似ていない。父親似のようです。

ママはボーイフレンドの歯科医のブレントと旅行に行く。
そんなわけで週末は好きに出来るとご機嫌なネイディーン。
ダリアンに電話して自宅は私が使うわよと宣言してます。

ネイディーンとクリスタでパーティになってます。
ダリアンも庭のプールでパーティをやってます。
抗議するネイディーン。警察に通報してやるとなるが自分も酔っぱらってる。

そんなわけでトイレでゲロ吐いてるネイディーン。自己嫌悪になってる。
クリスタがそこで寝たらダメよと言われますが寝ています。

パーティあとの掃除をしてるダリアン。
掃除を手伝うクリスタはダリアンがいい仲になるようです。

次の朝にトイレでようやく目が覚めるネイディーン。
ダリアンの部屋ではクリスタがダリアンと一緒にいたりします。当然セックスのあとだ。
これはビックリのネイディーン。思い切り気まずくなってます。もう親友関係はお終いなのか。

どうしてあんなことにとモノローグが入ります。
ダリアンに向かって最低だとこき下ろすネイディーン。

学校にて。
ネイディーンとブルーナー先生。
父が亡くなったと言ってますがそれはもう使えないと突っ込むブルーナー先生。
亡くなったのは2011年。今年は2016年だ。

歴史の授業はビデオ鑑賞です。
映画『若き日のリンカーン』(1939年)。ヘンリー・フォンダ主演です。
ビデオが始まるとブルーナー先生は教室から出ていく。
ネイディーンは隣りのアーウィンと話し込む。ミニゴルフに行こうと誘うアーウィン。

クリスタの方はダリアンといい感じ。
アレはまずかったと言ってるダリアンもマジで付き合う気です。

ハンバーガー店にて。
ネイディーンとクリスタ。思い切り気まずい。
何で兄貴が好きになったと聞くネイディーン。そういう議論になる。
クリスタはダリアンとパーティに行くと言い出す。ネイディーンに一緒に来てとなる。
そうなるとネイディーンもボーイフレンドを連れて行くのか?

パーティにて。誰かの自宅でホームパーティといった感じ。
ダリアンの運転でクリスタとネイディーンが乗ってます。ネイディーンは1人です。
→1999 Nissan Pathfinder [R50]
ビアポンの話題になってます。ビールのカップにピンポン玉を投げ入れるゲームか。

パーティであっという間に1人になってるネイディーン。
トイレで1人で悩んで普通に振る舞おうと気合いを入れてる。それでどうなる。

結局外のポーチに出て同じように1人の女の子に声をかけるネイディーン。
あんたはダリアンの妹?と聞かれてます。意外と有名なのか?
映画の話題で盛り上がるが、オチはアンタ方兄妹は『ツインズ』(1988年)みたいだと言われています。
迎えに来てとママに電話するネイディーン。

クルマにて。
ネイディーンとママ。
最低だったと愚痴のネイディーン。
ママを歯科医に振られたようです。歯科医には妻子がいて妻からメールが来た。

自宅にて。
ママは気晴らしにドレスを着てから脱いで寝るらしい。
ネイディーンはニック・モスマンのことを調べてます。ニックにメッセージを出そうとするがやめてます。
それからアーウィンに電話するネイディーン。遊園地に遊びに行かない?となる。

遊園地にて。
ネイディーンとアーウィン。普通にデートしてます。
クリスタから電話ですが拒否にして出ないネイディーン。
観覧車に乗ってアーウィンに色々と聞いてます。それだアーウィンがキスをしようとするが拒否してるネイディーン。
これには面食らってるアーウィン。

それからミニゴルフになってるネイディーンとアーウィン。
アーウィンをいい人ねと評するネイディーン。まるで老紳士のようだと言いだす。
これには複雑な感じになるアーウィン。

学校にて。
ネイディーンとクリスタ。思い切り気まずくなってます。
あんた兄貴に振られるわよと言い出すネイディーン。
クリスタはプロムパーティにも誘われたと言ってる。いい仲は続きそう。
ここで私か兄貴のどっちかを選んでとクリスとに無理を言うネイディーン。
そんなこんなであんたとは絶交よとなってるネイディーン。こまったものです。
わかったと返事はクリスタ。
そうなるとネイディーンは一人きりになってしまう。

がっかりして授業を受けてるネイディーン。そのまま寝ています。
時間が経過して1人だけ寝てるネイディーンをブルーナー先生が起こしてます。
君は脳手術で明るい性格になったと言ってるブルーナー先生。そうなるといいなと突っ込みも入る。それからもう帰ってくれと言われるネイディーン。

自宅にて。
帰宅するネイディーン。ダリアンがいます。
台所で思い切り気まずくなってる兄妹。
パパが死んで4年と話し出すネイディーン。ダリアンが夜中に泣いてた。トイレに行った隙に枕を取り換えた。
そんなこんなでまた口論になってます。そんなとこにママも帰宅して止めてます。
ネイディーンにアンタのせいで戦争が始まったと言ってるママ。

ハンバーガー店にて。
ここに来てるネイディーン。1人外でシェイクを飲んでます。
近くにペットランドの店があります。ニックのアルバイト先だ。

ペットランドにて。
ここに入りニックを探すネイディーン。
ニックにコンタクトするネイディーン。しかしニックはネイディーンを全く知らない。
それにニックは仕事中なので空振りになってるネイディーン。

自宅にて。
ママにクルマで送られてるネイディーン。
仕事があるのでクリスタのクルマで送り迎えと言い出すママ。
自己嫌悪になったら誰でも私と同じぐらい惨めで空虚なのよと思うのよとママ。

学校にて。
授業です。事業が終わったら速攻で立ち上がるネイディーン。
お目当てのニックは誰かとつるんでトヨタの安いクルマで行ってしまった。
→1989 Toyota Corolla DX [AE92]

次はアーウィンを探すネイディーン。こっちもいない。
アーウィンはSFF=学生映画祭の準備が忙しいと聞く。

しょうがないのでブルーナー先生のとこに行くネイディーン。ここで昼飯にしてます。
ママとデートしてよと言ってるネイディーン。独身だと思ってる。
友達が1人もいないからここに来てると言ってる。
君は嫌われっ子だねとブルーナー先生。
そうなるとブルーナー先生をこき下ろすネイディーン。年収4万5千ドルと言ってる。
ブルーナー先生は教師23年目と言ってる。年収を低く言われたのは初めてだとも言ってます。そうなると年収はもっと高いようです。

気分がよくなるクッキーをあげようとブルーナー先生。もらってるネイディーン。
君は僕のお気に入りの生徒だとも言ってます。次は機嫌をとるためだよとハシゴを外す。上げたり下げたりといった感じ。

自宅にて。
アニメを見ているネイディーン。そんなとこにダリアンとクリスタが来たりする。
挨拶はしない。何か気になってるネイディーン。

自室に行くネイディーン。
携帯電話のニックの写真を見てます。そんなとこにアーウィンから電話です。
探してた?とアーウィン。1回電話を切るがネイディーンからかけて話し込む。
アーウィンの自宅にはプールがあるとわかり泳ぐに行くネイディーン。
やる気満々になってるアーウィン。

アーウィンの自宅にて。
ここに来たネイディーン。ここはお屋敷です。プールも噴水に温泉プールです。
いきなりセックスする?と聞いたりするネイディーン。思わずOKと言うアーウィン。
ここは冗談よとごまかすネイディーン。それだと強姦されても文句は言えないぞ。

アーウィンは君は嫌な女の歌を流す。これで雰囲気がよくなる。
セックス抜きで仲良くなってるネイディーンとアーウィン。
映画制作のことを聞くネイディーン。アニメのようです。

アーウィンの自室にて。
スケッチを見せてもらうネイディーン。
土曜日の朝に上映会があると話すアーウィン。
両親は3ヶ月間韓国に言ってるアーウィン。アジア系で韓国系なのか。

学校にて。lakewood highschool
相変わらずママに送ってもらってるネイディーン。
近くにクリスタがいるのでクルマから降りない。そのへんを一回りしてと無理を言う。
また小学生に逆戻りなのかとママ。
そんなわけで会社まで連れて行くからアンタが言い訳しなさいとクルマを出す。

会社にて。
事務仕事のママ。座ってるネイディーン。
私の夫と言わないでとママに噛みつくネイディーン。また口論になってます。
セリフ当て談義からママは『パパは天国で失望しているわ』とネイディーンをなじる。
ネイディーンはクルマのキーを掴んで会社からクルマを暴走させる。

マジで暴走させているネイディーン。クルマはキャンバストップです。
→2004 Chrysler Sebring [JR]
クルマを降りて公園のすべり台に座るネイディーン。
頭に血が上ってニックにメールを書いてます。やらせるから会ってといった感じ。
さすがにこれはサイコパスだと思って送信はよそうとしたら間違って送信してしまう。
これは大変となるネイディーン。そうなるとどうなる。
またクルマで移動です。

学校にて。
ここに来たネイディーンはやはりブルーナー先生に相談する。
そんなわけで自殺するとプロローグに戻るわけです。
メールをブルーナー先生にチェックしてもらいます。句読点の使い方はイマイチだ・・・
前半はともかく後半はアレなんで大変なネイディーン。そんなわけでどうにかしてとお願いする。

とにかく落ち着けとブルーナー先生。5時間目は休めと言う。
こまったらここに連絡をとメモを渡してます。話しの流れだと先生の自宅です。
とりあえず大丈夫。フローズンヨーグルトでも食べとけとなる。
ネイディーンはフローズンヨーグルトを買うお金を借りてます。

店の外にて。
座ってフローズンヨーグルトを食べてるネイディーン。
ママからの電話を拒否してるので留守電がたくさん入ってます。

店のトイレにて。
考えてるネイディーン。神様助けてと神頼みになるが・・・
これまで神様は味方ではなかったと考え直してます。
用が済んだとこでトイレットペーパーが切れてるに気がつく。ペーパータオルもとり損ねた。最悪が続きます。
やっぱり神様はいないんだとなってる。

携帯電話にニックから返事のメッセージが来てます。これは大変。
しかし反応がよさそうな返事なので舞い上がるネイディーン。どうにもとまりません。

自宅にて。
まさかの帰宅のネイディーン。ママも兄もいない。
風呂に入ってメイクしておめかししています。後先のことは考えていない。
そんなところにママがタクシーで帰宅してます。これは大変。

ママが自宅に入るとバスルームやクローゼットはめちゃくちゃになってます。
肝心のネイディーンはズラかっていていません。

どこかの店にて。
ダリアンとクリスタ。
そんなところにママから電話です。何とかしてとお願いされる。
急行するダリアン。クリスタも付いてきます。

街中にて。
ニックの迎えを待ってるネイディーン。
マジでニックのクルマに乗ってます。それでどうなる。
→1995 Mercury Grand Marquis

自宅にて。
ダリアンとクリスタが戻ります。
ママはネイディーンが散らかした服等を袋詰めして慈善団体に寄付するつもりです。
さすがにとめてるダリアン。
それから何で自分を呼んだ?と正論から入りヒステリーなママを説得してます。
冷静になったママはダリアンにあなたしか頼れないと言ってます。
ダリアンは任せてくれと言ってるが大丈夫なのか?

公園にて。
ここにクルマを止めてるニック。夜景はきれいですが廃品処理場がある。
ダリアンから電話ですが拒否設定にしてるネイディーン。
いよいよキスからセックスで電動シートをリクライニングさせているニック。
またやめてとなってるネイディーン。偏屈だけど尻軽ではないようです。
そうなると収まらないニック。思い切り気まずくなってます。

なだめようとするネイディーンですが、この古いクルマと言ったらニックの機嫌がまた悪くなってます。
今度はネイディーンの方からキスするがやっぱりセックスまでいかない。
キスはいいけどセックスはダメなのかとぶち切れてるニック。

そんなこんなでクルマから出るネイディーン。雨が降ってて最低。
少し離れたコンテナの影で号泣してます。色々と大変だ。
とりあえず無駄なセックスは避けられたのでいいのでは?と思える。

ドーナッツ店にて。
座ってるネイディーン。そんなとこにブルーナー先生が来ます。
結局は先生が頼りのようです。

ブルーナー先生の自宅にて。
何と赤ちゃんがいます。当然夫人もいたりする。これはビックリのネイディーン。
年収も読み違えていましたが独身だと思っていたのに違っていたわけです。
赤ちゃんはトビー。それにグリア夫人。
グリア夫人から時間が解決してくれるわと無難な助言をもらうネイディーン。

そんなところに迎えのクルマが来たようです。
ママではなくダリアンとクリスタです。そうなるとまたごねるネイディーン。
ダリアンと口論になるネイディーン。こまったものです。

さすがにぶち切れてるダリアン。
ここに来たのはネイディーンのためではなく自分のために来たと言い出す。
先生に送ってやって下さいとお願いしてダリアンは帰ります。

先生のクルマで移動中です。
→2000 Ford Taurus
ネイディーンとブルーナー先生。いつも通りなのか気まずくはなっていない。
それはいいけど自宅に帰れるのかネイディーン。

自宅にて。
特に助言もなく玄関まで送ることもないブルーナー先生。
降りろと言われてネイディーンも自分でクルマのドアを開けて自宅に入ってます。
月曜にとブルーナー先生。

自宅にて。
帰宅するネイディーン。ママは寝ています。
ダリアンの部屋のドアをノックするネイディーン。

今夜の私は最悪だった。
そんなこんなで自分だけが不幸ではないとようやくというか初めて実感してるらしいネイディーン。ごめんなさいと謝ってます。
そんなネイディーンを抱きしめてるダリアン。自室に入るネイディーン。

翌朝にて。
ネイディーンが階段を降りるとダリアンとクリスタがいます。
これだけやらかすと逆に普通の状態になってしまうかも。何事もなかったような朝・・
ネイディーンもダリアンもクリスタも普通に挨拶してます。

自転車で移動のネイディーン。そのへんの花を摘んでます。
SFFの会場に入るネイディーン。

自宅にて。
ようやく起きたママ。肝心のネイディーンはいない。

SFFの会場にて。
携帯電話はダメですよといわれつつ席に座ってるネイディーン。
ママにメッセージを出してます。

自宅にて。
ママは何てメッセージを送ろうか悩んでます。結局OKだけにしてる。

SFFの会場にて。
アーウィン・キムの番になってアーウィンの挨拶になってます。
エイリアンの学校が舞台のアニメです。
アニメが上映されます。少し変わったオチのアニメでした。

アーウィンを待ってるネイディーン。アーウィンが来ます。
摘んだ花をアーウィンにプレゼントするネイディーン。
アニメのあのキャラは私なのねとネイディーン。
アーウィンは最初は違うと言うが実はそうみたい。

ネイディーンをガールフレンドとして仲間に紹介するアーウィン。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介
ジェームズ・L・ブルックスがプロデューサーの1人でした。

スクロールする
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで途中までは風変わりですが無難なオチになったよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『パーティで女の子に話しかけるには』 | トップページ | Hollywood Express #823◆2019.05.03(金) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『パーティで女の子に話しかけるには』 | トップページ | Hollywood Express #823◆2019.05.03(金) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。