映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #821◆2019.04.19(金) | トップページ | 『キル/オフ』 »

2019.04.27

『ハンティング・ナンバー1』

この映画感想はネタバレ全開になっています。
ジョー・ディーチ監督、マーティン・ディングル・ウォール主演の不条理サスペンスのようです。

2017年 Selective Collective/Waterstone Entertainment アメリカ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆Happy Hunting
プロット◆狩りの獲物にされ追われる話しのようです。
音楽◆Rhyan D'enrico (original score by)
音楽◆Simon H. Jay (original score by)

キャスト
マーティン・ディングル・ウォール→アル中のウォーレン
ジェレミー・ローソン→ウォーレンに殺されたボー

ケン・ラリー→アル中のスティーヴ
シェリー・リー→シェリー夫人

ゲイリー・スターム→保安官
ケニー・ウォーマルド→保安官の孫

不明→ホームレスの男
フレデリック・ローレンス→追っ手のオッサン カル
コナー・ウィリアムズ→追っ手の少年 ロビー
チャック・ラマージ→アル中のボブ

C・J・ベイカー→ドン・リンカーン 酒屋の主人。
マイケル・チップス→ワコースキー3兄妹のチャーリー
リーセル・ハンソン→ワコースキー3兄妹のジェシー
ケネス・ビリングス→ワコースキー3兄妹のミッキー

ジョー・ディーチ監督の演出はよいと思います。
全体的に風変わりな追跡ドラマになってます。
主演のマーティン・ディングル・ウォールはカート・ラッセルを安くした感じ。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。

Waterstone Entertainment
Selective Collective
プロローグ
砂漠にて。俯瞰シーンから始まります。
ズタボロな状態のおじいさんが歩いてます。追われてるらしい。
おじいさんはいきなり撃たれて退場となります。

Happy Hunting

黒味で電話の呼び出し音が入ります。
主人公が登場。自宅なのか?
彼女のこと。死んだ。子供はいなかった。メキシコのどこ?
とにかく出かける主人公。あとでわかりますが名前はウォーレン。
ハンドガンは忘れずに持ってます。
トングでお皿を探ってるのが何だかわからん。

山の中のアジトにて。
クルマで移動して取引となるウォーレン。
相手側に乗り込んで交渉となる。オッサン2人が相手。

ランドールという車いすのおじいさんが死んだ話しになります。
宝くじに当たったおじいさん。似合わない美人の嫁がいて石鹸工場で働いていた。
そのおじいさんは体調を悪くして入院して2日で死んだ。
体内には業務用洗剤が大量に検出された。嫁は賞金を独り占めしようとした。そんなうわさ話があった。それがオチかい。

ウォーレンが持ち込んだヤクのテストでコップの水の中に少量入れる。
速攻でこれは偽物だともめます。
デイブを連れて来るぞと相手側。誰だかわからん。

そんなこんなでショットガンを暴発させて相手側1人は退場する。
片方はソファに手を突っ込んだとこでウォーレンに撃たれる。結局出てきたのはハンドガンではなく携帯電話でした。
ウォーレンはヤクとカネをカバンに入れてクルマで逃げます。
そんなことにオッサンが自動小銃で撃ちまくる。
このオッサンがデイブなのか。若い男も出てきます。
黒味が入ります。

ウォーレンは幹線道路に入って移動です。
黒味が入って時間経過してます。

電話するウォーレン。
俺はウォーレンだ。木曜までにクルマで国境を越えて行く。

道路標識が見えます。
Last Gas 12
US border 47

燃料計は空になってるウォーレンのクルマ。
クルマですが普通のジープです。
ベッドフォード・フラッツの看板が見えてます。
何かと黒味が入る手法になってます。時間経過だけではないみたい。

目が覚めるウォーレン。モーテルみたい。
例の電話をかけるウォーレン。伝言を入れる。何処に行けばいい?

『ベッドフォード・フラッツへようこそ』の看板。
ここは荒野の町です。四角く区画分けされて全体も四角な町。
いかにも計画的というか突貫で作られた町といった感じ。

ドン酒店にて。
酒を買うウォーレン。主人のオッサンには通りすがりだと答える。
ここはベッドフォード社が開発した狩りの町だと説明するオッサン。

クルマで移動するウォーレン。
砂漠で酒ビンを並べて射撃練習をやってます。1発目で当ててる。

バーにて。
飲んでるウォーレン。太った男ボブがバーテンにもう飲むなと言われてます。

デリでパンを買って食べてるウォーレン。
次はアル中の集会に出てるウォーレン。色々とシーンが飛んでます。
スティーヴという男から電話番号のメモをもらうウォーレン。ゲイのナンパではないと言い訳してるスティーヴ。

今夜は狩猟祭りとなってます。
ウォーレンはモーテルに泊まってます。
ビデオで狩猟祭りの宣伝をやってます。禁猟期間がない年中狩りが可能なのが売りの町。
溶暗になります。

ウォーレンは祭りのマネキンを見る。
何だかマネキンが自分の服装と同じになってます。これは不吉だ。

クルマのエンジンをかけようとするウォーレン。かかりません。
燃料計が空だとようやく気がつく。

GSにて。
クルマがないけど必ず戻ると無理を言ってポリタンクでガソリンを買ってるウォーレン。

モーテルにて
タバコを吸いながらクルマにポリタンクのガソリンを入れてるウォーレン。よい子はマネをしてはいけません。
そんなとこで追っ手2人が来ています。自動小銃のオッサンと若い男。

GSにて。
公衆電話でメモをもらったスティーヴに電話するウォーレン。

スティーヴの自宅にて。
ここに来てるウォーレン。スティーヴには夫人がいます。
ウォーレンは兵役訓練を受けたが脱落した話しをしてる。

トイレを借りるウォーレン。
棚の液体を飲んでる。アルコール分があるリステリンなのか?それから何だかわからん薬も勝手に飲んでます。その薬はポケットに入れてる。

ダイナーにて。
追っ手コンビがいます。これに注目してる3人がいます。

スティーヴの自宅にて。
ウォーレンとスティーヴ。
子供部屋のことを聞くウォーレン。
男の子が生まれるはずだったがスティーヴが原因で流産した。
アル中は飲酒ではなく断酒で死ぬと力説するスティーヴ。

子供部屋に泊まるウォーレン。
野球選手にしたかったのでボール、バット、ポスターがあります。
ボールで薬を砕いてるウォーレン。

廊下にて。
薬のせいかぶっ倒れてるウォーレン。
スティーヴは夫人は何だか怪しい。釘バットを持ってる夫人。やる気満々。
黒味が入ります。

荒野にて。何故か赤味が強い風景。
ウォーレンは取引で撃った男ボーと対峙してます。
これは当然ウォーレンの夢でした。

街の広場にて。
目を覚ますウォーレン。捕まってます。1人ではなく5人捕まってる。他は・・・
ホームレスの男
追っ手のオッサン カル
追っ手の少年 ロビー
アル中のボブ

祭りが始まって保安官が口上を述べます。狩りを始めよう・・・
保安官の孫ですが精神異常のすぐ撃ちたがるトリガーハッピーです。

ハンターの紹介になります。
ドン・リンカーン 酒屋の主人。
赤ん坊の頃からの問題児 性悪のワコースキー3兄妹
スティーヴ・パターソンとシェリル夫人。

そんな感じまずは獲物5人を逃がします。
ここでウォーレンにトンネル先に光があると言って酒を渡すスティーヴ。

このへんの印象は『マニアック2000』aka『2000人の狂人』(1964年)のバリエーションなのか?です。

VHSのノイズみたいなシーンが入る。
荒野にて。逃げる5人。
馬の鎮静剤とLSDをホームレスに渡すウォーレン。

サイレンが鳴って追っ手達がスタートしてます。
逃げてるウォーレンですがもらった酒をもう飲んでます。大丈夫なのか。
まずはクルマ2台が追ってきます。スティーヴ夫婦はワコースキー3兄妹。
スティーヴ夫婦のクルマはマツダ3=アクセラみたい。日本車は貧乏人のクルマです。
ボブは策があると言ってます。

ホームレスは逃げる気がなく座ったまま。薬は飲んでる。
そんなわけでクロスボウの矢で射ぬかれて退場になってます。

町にて。
先制はワコースキーと盛り上がってる。黒板にバツ印が付く。

荒野にて。
年に1度の地域を団結するための伝統行事みたいだと説明してるボブ。
別々に逃げた方がと提案するウォーレン。
いきなりボブがカルを殴打する。これで1人片づけたから自分だけは免責されるとしてます。これが名案なのか?

酒屋のドンは狙撃専門です。
カルを撃って自分のポイントにしてます。これでボブは追われることになる。

続いてボブがワコースキー3兄妹に撃たれて退場となります。
そうなると残りはウォーレンとロビーだけになった。減るのが早い。
ワコースキー3兄妹は携帯電話で記念写真の構図に凝っていたらドンがとどめ一撃をやって横取りとなってます。

ウォーレンはスティーヴのクルマと対峙する。
シェリル夫人が釘バット。ウォーレンはジャケットを闘牛士のように扱って待つ。
この対決ではシェリル夫人は釘バットを持っていかれてクルマから転落して退場する。
スティーヴは急停止したのでハンドルに頭をぶつけて昏倒してる。

ウォーレンですがドンから狙撃されています。
クルマの銃をゲットして逃げてます。狙撃は次々と撃ってきます。当たらない。
ようやく岩陰に隠れるウォーレン。
ドンは無線で2人は山地に逃げたと報告してます。

ワコースキー3兄妹のクルマが山地に到着して徒歩で追跡になってます。
ウォーレンは移動中。

俯瞰ロングで風で砂が流されるいいシーンが入ります。

山を登るウォーレン。岩陰で一休みとなる。
マジでアル中のウォーレン。酒が切れて手が震えてます。

保安官は無線でパターソン夫妻がやられた話しをしてます。

偶然に接近したロビーはウォーレンに合流する。
地図を見て相談する。国境を越えてメキシコに行くとウォーレン。
銃の実包は1発だけ。使うには注意が必要。
ロビーは手が震えてるウォーレンのことを大丈夫なのかと心配してます。

町にて。
保安官の無線連絡が町全体に放送されてます。全員が聴いてます。
回収した死体の処理してるシーンも入る。

逃げてるウォーレンとロビー。
酒が切れて大変なウォーレン。動けないみたい。

町にて。
保安官と孫。
保安官はハンターからの無線待ちになってます。
孫はTVでシューティングゲームをやってます。

町内放送になる保安官。
ボブの家族にはお悔やみを。しかし死んでせいせいしたかも。
シェリル・パターソンは命を落とした。スティーヴは治療中。
残忍な行いをした奴らを見逃すつもりはないと演説する保安官。
ドンとワコースキー3兄妹がまだ追っている。彼らが必ず仕返しをしてくれのだろう・・・

荒野にて。
移動中のウォーレンとロビー。廃屋の一軒家を見つけます。

町にて。
スティーヴが気がつきます。隣りにはシェリル夫人の死体があったりします。
何故こうなったのかのフラッシュバックが入ってるスティーヴ。

荒野の廃屋にて。
何故か電気が通じてます。自家発電装置でもあったのか?。色々な物があります。
TVは安い宗教番組をやってます。
無線機は故障してる。
ウォーレンは色々な薬品を集めてます。これをコーヒーメーカーにセットする。
そうなるとドリップされて出てきたのはエタノールとなるようです。エタノールとはアルコールで酒です。それがオチかい。

町にて。
外でタバコをすってるオッサンは死体担当のようです。医者なのかも。
それで中に入るとスティーヴが立っていてビックリとなる。
スティーヴに注射しようするオッサンですがスティーヴにやられて退場となります。
それでスティーヴはウォーレンに復讐しにいくようです。

荒野の廃屋にて。
エタノールドリップを続けてるウォーレン。
メキシコに行ってどうすると相談になってます。
ウォーレンは俺とどうとでもなると言ってる。
それでロビーにはアメリカ領事館に行けばアメリカに送還されると教えてる。

そんなとこにエルパソから無線連絡があります。これはビックリ。
電気が点いてるが何をしている?と聞かれる。
ウォーレンは旅行者だ、怪我人がいるので救急ヘリコプターを飛ばしてくれと要請する。
保険は?と聞かれるが適当にごまかすウォーレン。
エルパソはそこには着陸出来ないが近くに無線標識局がある。そこから見えるはずと言ってくる。

ロビーが窓から見るが無線標識局は見えない。
唐突にガキの頭の中が見たいかと言ってくるエルパソ。
そんなわけで窓際のロビーを頭を撃ち抜かれて退場となります。
エルパソは真っ赤な嘘で追っ手のワコースキー3兄妹でした。これは大変。

廃屋に迫るワコースキー3兄妹。
3兄妹が中に入ったとこで殺虫剤の缶を放り込み撃って発火させるウォーレン。
殺虫剤でめくらましたとこをガスマスクで防御したウォーレンがワコースキー3兄妹を片づけます。斧でとどめの一撃をやってます。
この祭りは?と聞くウォーレン。
最後に妹が捨てセリフを吐いて退場しています。アンタにわからない・・・

町にて。保安官からフランクに電話です。緊急事態だ・・・
荒野を救急車で移動中のスティーヴ。点滴をしながらなのか?

荒野の廃屋にて。夜が明けて歌が流れる。
ウォーレンは徒歩で荒野を移動してます。

荒野に救急車が止まってます。
ここに保安官のライトトラックがきます。

荒野を徒歩で移動中のウォーレン。メキシコ人一行と遭遇します。これはビックリ。
絵に描いたような密入国者達です。まずはビールは?と聞くウォーレン。
メキシコ人ですがそのへんの草にリボンを結びつけてます。目印です。

ウォーレンとメキシコ人一行は何となくすれ違ってます。
ウォーレンはここには悪人がいると伝えるが、メキシコ人のオッサンはどこにも悪人がいると答えてる。
互いに行き先が違うのでそのままお別れになってます。

荒野にて。
ライトトラックで移動中の保安官と孫。
また無線で放送の保安官。悲しい知らせです・・・
バーニーが遺体で発見された。あの死体担当らしい。

荒野を徒歩で移動中のウォーレン。

荒野をライトトラックで移動中の保安官と孫。
こんなことを他でもやってるのか?と聞く孫。
保安官はお前の父親とダラスに行った話しをする。ホームレスを見て知らせたが無視された。そのうちにホームレスはいなくなった。
要するにこの狩りは有益だとしてる保安官。
スティーヴは問題児だって話しもしてます。以前パートナーを石で殴り逃げてしばらく行方不明になってた。

荒野を徒歩で移動中のスティーヴ。夫人の遺品の釘バッドを持ってます。
薬を飲んで勢いをつけてまだ追う気のようです。
釘バットだけでななくハンドガンも持ってます。

荒野を徒歩で移動中のウォーレン。
このへんはトラバサミの罠が置いてあります。これに気がついたウォーレン。
と思ったら他のトラバサミに気を取られて違うトラバサミにかかります。これは大変。
必死こいて足に食い込んだトラバサミを外そうとするが外れない。

酒屋のドンはウォーレンを追ってます。
ウォーレンのトラバサミはまだ外れてません。動けない。
そんなところにドンから狙撃されてる。まだ当たってない。
ウォーレンは反撃して撃ってます。1発で終わりかと思ったら違います。どうやらワコースキー3兄妹から補給したようです。ポンプアクションのショットガンになってます。
ショットガンは遠距離になると威力が激減するけど大丈夫なのか。

ドンはハンドガンで接近戦を挑んできます。
ウォーレンはショットガンを撃つ。ドンにダメージはあったみたい。
格闘アクションに持ち込むドン。じいさんのくせにやる気満々。
ナイフでブスリとやってハンドガンを取りに行くドン。

ウォーレンはナイフを自分で抜いてます。
ショットガンの実包を手に取るウォーレン。そしてナイフで雷管を突いて発火させる。
そうなの?となるが無事に発火してドンを片づけてます。
黒味が入ります。

花火だかたき火のショットが短く黒味とカットバックしてます。
そうなると死んだはずのポーがまた出てきます。色々と喋り倒す。
断酒で死ぬとか。友達は俺しかいないと。
そんなわけで断酒の発作になってるウォーレン。色々と大変だ。
色々なシーンが入ってます。黒味とカットバックしてます。

罠にかかった動物は自分の足を切り離して脱出すると説くボー。
そんな感じで適当なことを喋り倒してます。
ハンドガンをウォーレンに持たせるボー。自殺しろよといった感じ。
しかしウォーレンは自分ではなく消えろとボーを撃つ。これで消え去るボー。
黒味がはいります。

日が暮れてきます。真っ暗になったら何も見えません。これは大変。
まだトラバサミはとれない。ようやく外してます。よく出来たな。
何故か手が震えていないウォーレン。足は引きずってるがとりあえず歩ける。

町にて。
保安官の放送です。
苦戦が続いてる。スティーヴは連れ戻す。

荒野にて。
ライトトラックの保安官と孫はスティーヴを発見する。さてどうする。

荒野を移動中のウォーレン。
ようやく歩いて国境のフェンスが見えてきました。

荒野にて。
ライトトラックの保安官と孫。それにスティーヴ。
保安官はスティーヴを説得しようとする。町に戻れ・・・
そんなこんなで孫が撃ったことから成り行きで撃ち合いになる。
孫は死亡。保安官は重症。スティーヴは軽傷。

そんなところに町のフランクから無線で保安官が呼ばれてます。
スティーヴが出たので困惑してるフランク。保安官を出してくれと言う。
保安官に無線機を持っていくスティーヴ。

無線で俺はこの狩猟祭りを変えたいと主張するスティーヴ。
そんなこんなで野球をやろうじゃないかとなってます。わけわからん。

釘バットを保安官に振り下ろすスティーヴ。何回もやります。退場となる保安官。
これが無線で町に実況されてます。
町の人達はそんなに動揺はしていない。他人事なのか?

俯瞰で国境線に接近するウォーレン。
近くに来たら国境フェンスは簡素な金網ではなく巨大な金属フェンスです。
これはお手軽に乗り越えるのは不可能です。

ウォーレンは草に付いてるリボンを見つける。メキシコ人の目印だ。
そんなわけで地下道への入り口を見つけます。入ります。
それはいいけど入ったとこにフタを戻していない。1人では出来ないけど。

地下道を進むウォーレン。灯は点いてます。
転がってる酒ビンには無関心なウォーレン。アル中を克服したのか?。
いきなり灯が消えます。誰かいます。これは大変。

松明が点灯するといたのはスティーヴでした。酒が入ってます。
必死こいて逃げるウォーレン。余裕のスティーヴ。
いきなり釘バットで腹を刺されるウォーレン。もう動けない。
ハンドガンでとどめの一撃かと思ったらもう実包はなかった。笑うスティーヴ。

携帯電話のカメラでウォーレンを撮ってるスティーヴ。
もしかしてスティーヴは前にに行方不明になった時はここに隠れていたのかも。
そんなわけで今回も隠れていたのか。

ウォーレンを酒を勧められて飲んでます。断酒はどうした。
ここは酒を口に含んで松明を持ってるスティーヴに吹きかける段取りのようです。

そんなわけでタバコをねだるウォーレン。
スティーヴはタバコに火をつけようと松明を持って接近する。
そこに酒を吹きかけるウォーレン。スティーヴは火だるまになって退場となります。

携帯電話をゲットして電話するウォーレン。
あの電話番号のようです。女の子が出ています。それで圏外になって切れる。
黒味が入ります。

地下道から外に出るウォーレン。
真っ暗なとこにドアの部分だけが明るくなって外が見えてます。
ここのシーンが『捜索者』(1956年)のラストシーンと同じに撮っています。
こんなとこで引用があるとは驚いた。

そんなわけでメキシコ側に出たウォーレン。
携帯電話を使います。まだ圏外です。向きを変えて電波状態を調べます。
着信があります。
そんなとこでいきなり撃たれるウォーレン。仰向けに倒れます。

やってきたのはメキシコ人4人組。自警団というより山賊みたいな感じ。
何でメキシコにアメリカ人が?となってます。
テキーラの匂いがするので酔っ払いかとも?となってます。

ウォーレンは笑ってます。
何がおかしいとまたハンドガンで撃たれるがまだ笑ってるウォーレン。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Happy Hunting

Martin Dingle Wall Warren Novak
Ken Lally Steve Patterson
Kenny Wormald Junior Burnside
Connor Williams Robbie
Gary Sturm Sheriff Burnside
C.J. Baker Don Lincoln
Jeremy Lawson Bo Dawg

Liesel Hanson Jessie Walkowski
Kenneth Billings Mickey Walkowski
Michael Tipps Charlie Walkowski
Sherry Leigh Cheryl
Frederick Lawrence Cal
Chuck Ramage Bob

スクロールする
キャスト
スタッフ


そんなわけで風変わりなサスペンスアクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #821◆2019.04.19(金) | トップページ | 『キル/オフ』 »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hollywood Express #821◆2019.04.19(金) | トップページ | 『キル/オフ』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。