映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019.04.29

Hollywood Express #822◆2019.04.26(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆『スターウォーズ』シリーズ最新作のタイトル名が Star Wars: The Rise of Skywalker (2019) に決まった話題。そうなの?まだ決まったいなかったの?が正直な感想。
◆ルーカスフィルムのキャサリーン・ケネディ社長が Star Wars: The Rise of Skywalker (2019) で『スターウォーズ』シリーズはとりあえず中断すると発言した話題。さすがに飽きられてきたのかもしれない。スタジオ側の都合は興行次第なんです。
◆ディズニー・アニメの実写路線の最新作『ライオン・キング』 The Lion King (2019) の最新予告編が公開された話題。ディズニーなので出来はいつもの通りでしょう。
◆『名探偵ピカチュウ』 Pokémon Detective Pikachu (2019) のピカチュウのVCを担当するライアン・レイノルズが他のキャラのオーディション映像を公開した話題。私にはよくわからん話題です。
◆ドウェイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサム主演の『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフ作品『ワイルド・スピード/スーパーコンポ』 Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw (2019) の予告編の話題。イドリス・エルバが悪役を担当しています。女優さんヴァネッサ・カービー。ドウェイン・ジョンソンとヴィン・ディーゼルが非常に不仲なのでスタジオ側が苦肉の策でひねり出した作品らしい。ジェイソン・ステイサムは階級社会の英国人なので誰とでも上手くやってる感じ。シルベスター・スタローンにも気に入られているみたいだし。
◆新しくマーク・ハミルがチャッキーのVCを担当するリメイク『チャイルド・プレイ』 Child's Play (2019) の日本公開は7月という話題。出来はわからん。
◆マーベルアメコミアクション大作『X-MEN: ダーク・フェニックス』 Dark Phoenix (2019) でジーン・グレイを演じるのはソフィー・ターナーだという話題。
◆ジェニファー・ローレンスの次回作は独立系映画のドラマという話題。まだ詳しいことは不明だそうです。
◆人気ゲーム Minecraft:Xbox 360 edition: The End が映画化される話題。ハリウッドは何でも映画にします。とりあえず唾をつけて後先のことは考えていません。
◆映画 Her Smell (2018) で結成されたバンドのナンバー Can't Wait の話題。バンドメンバーはカーラ・デルヴィーニ、アシュリー・ベンソン、ディラン・ゲルーラだそうです。

◆red carpet
◆シカゴで開催された『スターウォーズ』セレブレーションの風景。要するに『スターウォーズ』限定コミコンみたいなイベントです。J・J・エイブラムス監督、キャスリーン・ケネディ社長、ドロイドのBB-8、オスカー・アイザック、ジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、アンソニー・ダニエルズのインタビューがあります。

◆inside look
◆ Teen Spirit (2018) のメイキング。エル・ファニング、マックス・ミンゲラ監督と製作総指揮ジェイミー・ベルのインタビューがあります。エル・ファニングは自分で歌ってるそうです。
◆『ラ・ヨローナ ~泣く女~』 The Curse of La Llorona (2019) のメイキング。パトリシア・ヴェラスケスとレイモンド・クルツとリンダ・カデリーニのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆ジョニー・デップと元弁護士、それに元夫人のアンバー・ハードが泥沼の非難合戦になってる話題。色々と大変だ。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ監督、ロバート・ダウニー・ジュニア、クリス・エヴァンス他主演のマーベルアメコミアクション大作完結編。強敵サノスに反撃する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『ヘルボーイ』 Hellboy (2019) ニール・マーシャル監督、デヴィッド・ハーバー、ミラ・ジョヴォビッチ主演の出直しアメコミ・アクション。ヘルボーイの話しのようです。興行収益totalは1970万ドル。ランクは激しく落ちてます。こまったものでず。
◆9位が Missing Link (2019) クリス・バトラー監督、ヒュー・ジャックマン、ザック・ガリフィアナキスVCの3D CGアニメ。人類進化の過程で失われた存在であるミッシング・リンクの話しのようです Laika Entertainment/Annapurna Pictures/United Artists製作配給。興行収益totalは1270万ドル。
◆8位が Us (2019) ジョーダン・ピール監督、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク主演のアイデンティティー・ホラー。バカンスで同一人物=ドッペルゲンガーと家族で遭遇しホラーする話しのようです。興行収益total1億7030万ドル。
◆7位が Pet Sematary (2019) のケヴィン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤー監督、ジェイソン・クラーク、エイミー・サイメッツ主演の『ペット・セメタリー』 Pet Sematary (1989) のリメイク・ホラー。死んだ子供やペットでホラーする話しのようです。興行収益totalは4950万ドル。
◆6位が『ダンボ』 Dumbo (2019) ティム・バートン監督、コリン・ファレル、マイケル・キートン主演のディズニー実写路線のファンタジー・ドラマ。ダンポの話しのようです。女優さんはエヴァ・グリーン。興行収益totalは1億100万ドル。1億ドルに達してますがもっと儲けたいスタジオ側はあまりおめでたくないようです。
◆5位が Little (2019) ティナ・ゴードン監督、レジーナ・ホール、イッサ・レイ主演のファンタジー・コメディ。子供の体になって悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは2920万ドル。
◆4位が『キャプテン・マーベル』 Captain Marvel (2019) アンナ・ボーデン、ライアン・フランク監督、ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ主演のマーベルアメコミアクション大作。アメコミな話しのようです。興行収益totalは4億ドル。4億ドルに達してランクもあがってます。おめでとうございます。
◆3位が Breakthrough (2019) ロクサン・ドーソン監督、クリッシー・メッツ、ジョシュ・ルーカス主演の実話ドラマ。子供が凍った河から生還して色々とある話しでキリスト教絡みの話しでもあるようです。興行収益totalは1470万ドル。
◆2位が『シャザム!』 Shazam! (2019) デヴィッド・F・サンドバーグ監督、ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロング主演のDCコミックのアメコミアクション。アメコミな話しのようです。女優さんはグレース・フルトン、マルタ・ミランス。興行収益totalは1億2040万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆1位が『ラ・ヨローナ ~泣く女~』 The Curse of La Llorona (2019) マイケル・チャベス監督、リンダ・カデリーニ、レイモンド・クルツ主演のホラー。謎のラ・ヨローナでホラーする話しのようです。興行収益totalは2630万ドル。予想外の大ヒットになってるそうです。

◆ending
◆Elle Fanning's “Wildflowers” from “Teen Spirit (2018)”
◆エル・ファニングのようなタイプは日本では有名になりません。日本の安いアイドル達とキャラが被るのでマスコミが無視します。

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.04.28

『キル/オフ』

この映画感想はネタバレ全開になっています。
クリストフ・デロー監督、ラスティ・ジョイナー主演の不条理サスペンスのようです。

2016年 Nightcall Productions/Benzene/firm/Vixens/KuroKitsu/WT films フランス作品
ランニング・タイム◆76分
原題◆Sam Was Here
プロット◆殺人犯にされて悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Christine

キャスト
ラスティ・ジョイナー→セールスマンのサム
シグリッド・ラ・シャペル→DJのエディ

ローダ・ペル→トレーラーハウスのレベッカ・サクストン
ハッサン・ガレダリー→警官のトーマス・ペイン

クリストフ・デロー監督の演出はよいと思います。
全体的に不条理サスペンスになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。フランスなのに。

WT films
KuroKitsu
Vixens
タイトル
KuroKitsu & Vixens present

in association with
firm
Benzene
Nightcall Productions

starring
Rusty Joiner Sam
Sigrid La Chapelle Eddy
Rhoda Pell Rebecca Saxton
Hassan Galedary Thomas Payne
スタッフの紹介

タイトルバックは荒野です。
黒味の文字にカットバックされています。
トレーラーハウスにベンツが来てます。ボロボロのベンツのオープンカーです。
→Benz 380SL
セールスマンのようです。ノックをする。しかし誰も出ない。
ボールを蹴ったらライトトラックに当たってアラームが鳴ってしまう。

ベンツで移動の主人公。
助手席に大きな熊のぬいぐるみがあります。
次のトレーラーハウスをノックするが出ません。
手帳の名前をチェックしてる主人公。

モーテルの公衆電話にて。
電話してる主人公。
営業部長のリチャード・ジョーンズにかけてます。しかし伝言になる。
サム・コブリッツです。この地区での営業は無駄です。
人っ子一人見当たりません。ロサンゼルスに戻させてください・・・

次はベンツのエンジンがかかりません。ボロボロだし。
バッテリーのアラートが点灯してます。とりあえずボンネットを開けてプラグコードをチェックしてるサム。
遠くの空に赤く光る点が見えてます。何だかわからん。

Sam Was Here

ようやくプロローグが終わったのかとおもったらまだ黒味クレジットは続きます。
associateとかproducerの人数が多い。低予算です。

俯瞰シーンが入ります。ドローンとデジタルビデオカメラの恩恵です。
空撮の移動シーンもあります。
黒味が入ります。

ベンツは置きっ放しで徒歩で移動中のサム。
GSの店に入るサム。
ラジオではさかんに殺人のニュースをやってます。
姪が誘拐された自分で追って片づけてやるとオッサンが意気込む。

店の黒電話で電話してるサム。電話回線の調子が悪い。
ラジオでは告発の時間というのをやってます。この世の悪を追放しよう。
レベッカ・サクストンさんは人殺しの話題をする。警察は何もしない。
カウンターに汚い人形があったりします。

リタに電話するサム。別居中の夫人といった感じ。
伝言をどうぞとなる。とにかく電話に出てくれと伝言してるサム。
やり直そうといった感じ。

いつの間にかコーヒーが入ってます。
そんなわけで誰かいませんか?と呼ぶサムですが返事はない。
監視カメラのモニターには誰か隠れているのが見えてます。サムにはわからん。

結局カウンターにお金を置いて出てきたサム。
相変わらず昼なのに空に赤く光る点が見えてます。

俯瞰が入り地図を見ているサム。徒歩で移動です。
ボケベルが鳴ってます。いつの時代設定なんだ?
悪口のメッセージが入ってます。困惑するサム。

モーテルにて。
監視カメラのモニターのシーンが入ります。
ベンツをエンジンを何とかしようとしてるサム。ようやくエンジンがかかります。

で、モーテルの何かが気になってるサム。
それはある1室のドアに鎖がかかり、窓には板が打ち付けてあるんです。

隣りの自分が泊まってる部屋に入るサム。
ポケベルを見て電話するサム。
サムは自分でおなか辺りに注射してます。糖尿病なのか?
電話の方はまた伝言をどうぞになってます。サム・コブリッツです。メッセージをもらった。何が目的なんだ?と聞く。

モーテルの壁の絵はよくある『ダイナーにいる客の女性』です。
外を見るとベンツはまだ無事です。
夜になっても相変わらず空に赤く光る点が見えてます。

電話です。何だか怪しい電話です。子供のうめき声みたい。何だかわからん。
顔を洗ってるサム。壁に穴が空いてます。覗くとベッドに人形が置いてある。
部屋の中でも赤く光る点が見えてます。
溶暗になります。

夜が明けてます。
カウンターに来てるサム。リタに電話するがまた伝言になってます。
クルマが故障した。ロサンゼルスに近くだ。必ずを会おう。

ベンツの窓ガラスに悪口が書かれています。困惑するサム。
受付カウンターの監視カメラモニターに『Sam Was Here』メモがついてます。これはサム自身がつけたみたい。

ベンツで移動中のサム。
ラジオは警察のペギーとDJのエディの会話です。
警察は犯人を特定した。逮捕は時間の問題だ。そんな話題になってます。

道路沿いに大きな看板があります。eddy's time エディの告発の時間。
電話番号をメモするサム。

公衆電話にて。
ラジオ局に電話するサム。2番を押してメッセージを入れるサム。
リタ・コブリッツに伝えたい。俺は夫のサムだ。電話がつながらない。
これを聞いたら電話連絡してくれ。

ベンツで移動中のサム。
またポケベルのメッセージです。変態野郎とまたしょうもないメッセージだ。
いきなりベンツがストップです。タイヤがパンクした。
クルマの後方には警察が使うクルマをパンクさせるスパイクベルトが置いてあります。なるほど間違いなくパンクするわけです。

地図を見て検討してるサム。それでどうする。
ベンツのワイパーに『Sam Was Here』メモを付けてます。
それからベンツを捨ててぬいぐるみを担いで徒歩で移動となります。

またポケベルのメッセージです。『恥を知れ』
サイレンが聞こえます。そうなるとパトカーです。
それはいいけど何だか銃のスコープで狙われてるサム。
サムもパトカーに気付いて接近してる。

いきなり撃たれるサム。右肩付近を貫通したみたい。これは大変。
必死こいて逃げるサム。

トレーラーハウス付近に逃げてきたサム。そのへんのトレーラーハウスに入る。
何故か天井にフォークが刺さってます。怪しい。
電話をかけようとするサム。
ラジオでは犯人探しが終わりそうだと言ってる。殺人犯の名前はサム。
これを聞いて驚愕するサム。そんなわけで電話をやめてます。

誰か来てます。あの狙撃した男です。警官にしてもゴムマスクを被ってるのが変。
隠れたサムですが血まみれの受話器は見つかってます。狭い場所なのて男は銃は使わずにナイフを出してます。

いきなりナイフが隠れていたサムを襲う。男と格闘アクションになります。
押されっ放しで首を絞められるサム。自分の注射器を出して顔を突く。これは効いた。
とりあえず制圧したようです。

リタに電話するサム。また伝言になってます。警官に殺されそうになった。
そんなとこに先ほどの男が迫る。格闘アクションから受話器コードで首を絞めるサム。
これでマジで男は退場になったようです。

一息ついて傷の具合をみてるサム。
ラジオは相変わらず殺人犯の話題です。
男のマスクを取り去るサム。身分証があります。
それとトーマス・ペインの宛ての封筒があります。エディワールドの便せんが入ってます。サム・コブリッツとは決して接触しないでください。奴は信用できません。見つけたら必ず連絡を云々。エディより。
そんなわけでこの男はトーマス・ペインです。

ラジオの音声が入ったりします。
サムは徒歩で移動中。ゲットしたボルトアクションの銃を持ってます。

そのへんのクルマをゲットしたサム。しかしエンジンがかからない。
サラ・プロディ宛ての封筒があります。内容は同じだ。サムは信用できません・・・
何なんだ?と困惑のサム。クルマはダメみたい。

次のトレーラーハウスに入るサム。
レベッカ・サクストン宛ての封筒があります。中味は同じでしょう。
煮立った鍋がそのままあります。そうなるとどうなる。
新聞があります。見出しは殺人犯が逃走中。GSのトイレに変死体。
サムが寄ったGSです。これは大変。
誰かいます。おばさんがそって逃げようとする。これに気がつくサム。

おばさんを捕まえて落ち着かせて話しを聞こうとするサム。
しかし成り行きで熱い鍋がひっくり返りおばさんが顔にかぶってしまう。
謝罪しつつここから逃げるサム。

今度は自警団2人に追われるサム。必死こいて逃げる。
ボルトアクション銃で反撃して1人は片づけるがもう1人は足にあたっただけ。
ここで銃が作動不良になりサムは銃を捨てて逃げる。

逃げるサムはポストを通過する。
ポストにはエディからの手紙がたくさん入ってます。

中小な工場に逃げ込むサム。
電話が鳴ったので出るサム。落ち着いてこれからレイプしてあげると聞こえてます。何だかおかしい。
また外に逃げるサム。

廃車置き場にて。
ここに逃げ込むサム。足を撃たれた男はしつこく追ってきます。
鉄パイプをゲットするサム。待ち伏せするのか?
いきなり相手が出てきてビックリのサム。相手は木製バットを持ってます。これが日本なら金属バットになります。
格闘アクションになります。押されっ放しなサム。自分が締めているネクタイで首を絞められてます。これは大変。
そのへんにあった鉄パイプで反撃して何とか片づけます。
で、鉄ホイールを投げつけとどめの一撃にしてるサム。

それはいいけど反撃すればするほど犯人扱いされると思える。
空には相変わらず赤く光る点が見えてます。
ぼう然としてるサム。それでどうなる。

何だかサムと呼ばれているような感じ。気のせいなのか?
そうではなくあのレベッカ・サクストンおばさんが呼んでるんです。
甥っ子たちに何てとこをしてくれたと激怒してるおばさん。
少女の苦しむ姿を見ただろうと決めつけてくるおばさん。
サムは逆にエディはどこだ?と詰問する。
あの中とおばさん。あの中とは?

モーテルの看板に手描きで『エディはお見通し』と書かれてます。
これのことなのか?

クルマをゲットして移動中のサム。
ラジオはサムの話題になってます。
ポケベルにメッセージが入ってます。何だかわからん。
サムは電柱をたどって移動してるみたい。

荒野の公衆電話にて。
リタに伝言を入れてるサム。自分には少女殺しの容疑がかかってる。
そんなこんなで伝言が長過ぎて切られてます。
空には相変わらず赤く光る点が見えてます。

落ちていた熊のぬいぐるみを回収するサム。
クルマですがトヨタです。V6と見えます。ランドクルーザーなのか?

モーテルにて。
ここに戻ったサム。ドアの鎖を外そうとしたが自分の部屋に入った。
受付の監視カメラのモニターがここを映してます。

モーテルの部屋にて。
壁の穴が大きくなってます。サムが通れるくらいに。
やはりベッドに人形が乗ってるだけです。

そう思ったら車いすに何だか少女のミイラみたいのがあります。
そうなるとマジで死体はあったようです。
そんなとこに電話です。電話を取るサム。エディのDJが流れる。

エディはどこかで放送をしてます。
テープを選んで再生しサムを追いつめる感じ。少女殺しの殺人犯だ。

サムは電話でエディを説得しようとしてるみたい。
ビデオテープを流すエディ。これがモーテルのTVで映される。
子供を殺してるサムといった感じのビデオです。それからこれまでサムの映像になってる。
ラジオの音声テープでは夫は5年前に死んでいると言ってます。これはリタでしょう。
そんなこんなで電話は切れます。

サムはまた電話します。そうしたらサムを殺しに来てると言われる。
外を見ると自警団が大勢押し寄せています。自警団はすぐに処刑したがるので大変です。

そんなわけで自警団にリンチにされるサム。
これを実況で聞いてご満悦のエディ。顔は見せずに背中で見せています。何なんだ。
サムは風呂桶で上から劇薬をかけられビニールカーテンを血まみれにして退場となったようです。
背中でご満悦のエディ。
黒味が入ります。

エピローグ
モーテルにて。
受付の監視カメラモニターのサムのメモは消えてます。
ドアの鎖は消えうせてます。最初から何もなかったみたいに。
サムのいた部屋の清掃になってます。事務的に片づけています。
熊のぬいぐるみは作業台車のゴミ箱に入ってます。
しかし風呂桶の血まみれビニールカーテンの掃除は大変そう。

空にはあの赤く光る点が消え失せてます。
エンドとなります。

スクロールする後タイトル
featuring
キャスト
ボイスキャスト
スタッフ


そんなわけで不条理サスペンスのまあまあな作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.04.27

『ハンティング・ナンバー1』

この映画感想はネタバレ全開になっています。
ジョー・ディーチ監督、マーティン・ディングル・ウォール主演の不条理サスペンスのようです。

2017年 Selective Collective/Waterstone Entertainment アメリカ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆Happy Hunting
プロット◆狩りの獲物にされ追われる話しのようです。
音楽◆Rhyan D'enrico (original score by)
音楽◆Simon H. Jay (original score by)

キャスト
マーティン・ディングル・ウォール→アル中のウォーレン
ジェレミー・ローソン→ウォーレンに殺されたボー

ケン・ラリー→アル中のスティーヴ
シェリー・リー→シェリー夫人

ゲイリー・スターム→保安官
ケニー・ウォーマルド→保安官の孫

不明→ホームレスの男
フレデリック・ローレンス→追っ手のオッサン カル
コナー・ウィリアムズ→追っ手の少年 ロビー
チャック・ラマージ→アル中のボブ

C・J・ベイカー→ドン・リンカーン 酒屋の主人。
マイケル・チップス→ワコースキー3兄妹のチャーリー
リーセル・ハンソン→ワコースキー3兄妹のジェシー
ケネス・ビリングス→ワコースキー3兄妹のミッキー

ジョー・ディーチ監督の演出はよいと思います。
全体的に風変わりな追跡ドラマになってます。
主演のマーティン・ディングル・ウォールはカート・ラッセルを安くした感じ。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。

Waterstone Entertainment
Selective Collective
プロローグ
砂漠にて。俯瞰シーンから始まります。
ズタボロな状態のおじいさんが歩いてます。追われてるらしい。
おじいさんはいきなり撃たれて退場となります。

Happy Hunting

黒味で電話の呼び出し音が入ります。
主人公が登場。自宅なのか?
彼女のこと。死んだ。子供はいなかった。メキシコのどこ?
とにかく出かける主人公。あとでわかりますが名前はウォーレン。
ハンドガンは忘れずに持ってます。
トングでお皿を探ってるのが何だかわからん。

山の中のアジトにて。
クルマで移動して取引となるウォーレン。
相手側に乗り込んで交渉となる。オッサン2人が相手。

ランドールという車いすのおじいさんが死んだ話しになります。
宝くじに当たったおじいさん。似合わない美人の嫁がいて石鹸工場で働いていた。
そのおじいさんは体調を悪くして入院して2日で死んだ。
体内には業務用洗剤が大量に検出された。嫁は賞金を独り占めしようとした。そんなうわさ話があった。それがオチかい。

ウォーレンが持ち込んだヤクのテストでコップの水の中に少量入れる。
速攻でこれは偽物だともめます。
デイブを連れて来るぞと相手側。誰だかわからん。

そんなこんなでショットガンを暴発させて相手側1人は退場する。
片方はソファに手を突っ込んだとこでウォーレンに撃たれる。結局出てきたのはハンドガンではなく携帯電話でした。
ウォーレンはヤクとカネをカバンに入れてクルマで逃げます。
そんなことにオッサンが自動小銃で撃ちまくる。
このオッサンがデイブなのか。若い男も出てきます。
黒味が入ります。

ウォーレンは幹線道路に入って移動です。
黒味が入って時間経過してます。

電話するウォーレン。
俺はウォーレンだ。木曜までにクルマで国境を越えて行く。

道路標識が見えます。
Last Gas 12
US border 47

燃料計は空になってるウォーレンのクルマ。
クルマですが普通のジープです。
ベッドフォード・フラッツの看板が見えてます。
何かと黒味が入る手法になってます。時間経過だけではないみたい。

目が覚めるウォーレン。モーテルみたい。
例の電話をかけるウォーレン。伝言を入れる。何処に行けばいい?

『ベッドフォード・フラッツへようこそ』の看板。
ここは荒野の町です。四角く区画分けされて全体も四角な町。
いかにも計画的というか突貫で作られた町といった感じ。

ドン酒店にて。
酒を買うウォーレン。主人のオッサンには通りすがりだと答える。
ここはベッドフォード社が開発した狩りの町だと説明するオッサン。

クルマで移動するウォーレン。
砂漠で酒ビンを並べて射撃練習をやってます。1発目で当ててる。

バーにて。
飲んでるウォーレン。太った男ボブがバーテンにもう飲むなと言われてます。

デリでパンを買って食べてるウォーレン。
次はアル中の集会に出てるウォーレン。色々とシーンが飛んでます。
スティーヴという男から電話番号のメモをもらうウォーレン。ゲイのナンパではないと言い訳してるスティーヴ。

今夜は狩猟祭りとなってます。
ウォーレンはモーテルに泊まってます。
ビデオで狩猟祭りの宣伝をやってます。禁猟期間がない年中狩りが可能なのが売りの町。
溶暗になります。

ウォーレンは祭りのマネキンを見る。
何だかマネキンが自分の服装と同じになってます。これは不吉だ。

クルマのエンジンをかけようとするウォーレン。かかりません。
燃料計が空だとようやく気がつく。

GSにて。
クルマがないけど必ず戻ると無理を言ってポリタンクでガソリンを買ってるウォーレン。

モーテルにて
タバコを吸いながらクルマにポリタンクのガソリンを入れてるウォーレン。よい子はマネをしてはいけません。
そんなとこで追っ手2人が来ています。自動小銃のオッサンと若い男。

GSにて。
公衆電話でメモをもらったスティーヴに電話するウォーレン。

スティーヴの自宅にて。
ここに来てるウォーレン。スティーヴには夫人がいます。
ウォーレンは兵役訓練を受けたが脱落した話しをしてる。

トイレを借りるウォーレン。
棚の液体を飲んでる。アルコール分があるリステリンなのか?それから何だかわからん薬も勝手に飲んでます。その薬はポケットに入れてる。

ダイナーにて。
追っ手コンビがいます。これに注目してる3人がいます。

スティーヴの自宅にて。
ウォーレンとスティーヴ。
子供部屋のことを聞くウォーレン。
男の子が生まれるはずだったがスティーヴが原因で流産した。
アル中は飲酒ではなく断酒で死ぬと力説するスティーヴ。

子供部屋に泊まるウォーレン。
野球選手にしたかったのでボール、バット、ポスターがあります。
ボールで薬を砕いてるウォーレン。

廊下にて。
薬のせいかぶっ倒れてるウォーレン。
スティーヴは夫人は何だか怪しい。釘バットを持ってる夫人。やる気満々。
黒味が入ります。

荒野にて。何故か赤味が強い風景。
ウォーレンは取引で撃った男ボーと対峙してます。
これは当然ウォーレンの夢でした。

街の広場にて。
目を覚ますウォーレン。捕まってます。1人ではなく5人捕まってる。他は・・・
ホームレスの男
追っ手のオッサン カル
追っ手の少年 ロビー
アル中のボブ

祭りが始まって保安官が口上を述べます。狩りを始めよう・・・
保安官の孫ですが精神異常のすぐ撃ちたがるトリガーハッピーです。

ハンターの紹介になります。
ドン・リンカーン 酒屋の主人。
赤ん坊の頃からの問題児 性悪のワコースキー3兄妹
スティーヴ・パターソンとシェリル夫人。

そんな感じまずは獲物5人を逃がします。
ここでウォーレンにトンネル先に光があると言って酒を渡すスティーヴ。

このへんの印象は『マニアック2000』aka『2000人の狂人』(1964年)のバリエーションなのか?です。

VHSのノイズみたいなシーンが入る。
荒野にて。逃げる5人。
馬の鎮静剤とLSDをホームレスに渡すウォーレン。

サイレンが鳴って追っ手達がスタートしてます。
逃げてるウォーレンですがもらった酒をもう飲んでます。大丈夫なのか。
まずはクルマ2台が追ってきます。スティーヴ夫婦はワコースキー3兄妹。
スティーヴ夫婦のクルマはマツダ3=アクセラみたい。日本車は貧乏人のクルマです。
ボブは策があると言ってます。

ホームレスは逃げる気がなく座ったまま。薬は飲んでる。
そんなわけでクロスボウの矢で射ぬかれて退場になってます。

町にて。
先制はワコースキーと盛り上がってる。黒板にバツ印が付く。

荒野にて。
年に1度の地域を団結するための伝統行事みたいだと説明してるボブ。
別々に逃げた方がと提案するウォーレン。
いきなりボブがカルを殴打する。これで1人片づけたから自分だけは免責されるとしてます。これが名案なのか?

酒屋のドンは狙撃専門です。
カルを撃って自分のポイントにしてます。これでボブは追われることになる。

続いてボブがワコースキー3兄妹に撃たれて退場となります。
そうなると残りはウォーレンとロビーだけになった。減るのが早い。
ワコースキー3兄妹は携帯電話で記念写真の構図に凝っていたらドンがとどめ一撃をやって横取りとなってます。

ウォーレンはスティーヴのクルマと対峙する。
シェリル夫人が釘バット。ウォーレンはジャケットを闘牛士のように扱って待つ。
この対決ではシェリル夫人は釘バットを持っていかれてクルマから転落して退場する。
スティーヴは急停止したのでハンドルに頭をぶつけて昏倒してる。

ウォーレンですがドンから狙撃されています。
クルマの銃をゲットして逃げてます。狙撃は次々と撃ってきます。当たらない。
ようやく岩陰に隠れるウォーレン。
ドンは無線で2人は山地に逃げたと報告してます。

ワコースキー3兄妹のクルマが山地に到着して徒歩で追跡になってます。
ウォーレンは移動中。

俯瞰ロングで風で砂が流されるいいシーンが入ります。

山を登るウォーレン。岩陰で一休みとなる。
マジでアル中のウォーレン。酒が切れて手が震えてます。

保安官は無線でパターソン夫妻がやられた話しをしてます。

偶然に接近したロビーはウォーレンに合流する。
地図を見て相談する。国境を越えてメキシコに行くとウォーレン。
銃の実包は1発だけ。使うには注意が必要。
ロビーは手が震えてるウォーレンのことを大丈夫なのかと心配してます。

町にて。
保安官の無線連絡が町全体に放送されてます。全員が聴いてます。
回収した死体の処理してるシーンも入る。

逃げてるウォーレンとロビー。
酒が切れて大変なウォーレン。動けないみたい。

町にて。
保安官と孫。
保安官はハンターからの無線待ちになってます。
孫はTVでシューティングゲームをやってます。

町内放送になる保安官。
ボブの家族にはお悔やみを。しかし死んでせいせいしたかも。
シェリル・パターソンは命を落とした。スティーヴは治療中。
残忍な行いをした奴らを見逃すつもりはないと演説する保安官。
ドンとワコースキー3兄妹がまだ追っている。彼らが必ず仕返しをしてくれのだろう・・・

荒野にて。
移動中のウォーレンとロビー。廃屋の一軒家を見つけます。

町にて。
スティーヴが気がつきます。隣りにはシェリル夫人の死体があったりします。
何故こうなったのかのフラッシュバックが入ってるスティーヴ。

荒野の廃屋にて。
何故か電気が通じてます。自家発電装置でもあったのか?。色々な物があります。
TVは安い宗教番組をやってます。
無線機は故障してる。
ウォーレンは色々な薬品を集めてます。これをコーヒーメーカーにセットする。
そうなるとドリップされて出てきたのはエタノールとなるようです。エタノールとはアルコールで酒です。それがオチかい。

町にて。
外でタバコをすってるオッサンは死体担当のようです。医者なのかも。
それで中に入るとスティーヴが立っていてビックリとなる。
スティーヴに注射しようするオッサンですがスティーヴにやられて退場となります。
それでスティーヴはウォーレンに復讐しにいくようです。

荒野の廃屋にて。
エタノールドリップを続けてるウォーレン。
メキシコに行ってどうすると相談になってます。
ウォーレンは俺とどうとでもなると言ってる。
それでロビーにはアメリカ領事館に行けばアメリカに送還されると教えてる。

そんなとこにエルパソから無線連絡があります。これはビックリ。
電気が点いてるが何をしている?と聞かれる。
ウォーレンは旅行者だ、怪我人がいるので救急ヘリコプターを飛ばしてくれと要請する。
保険は?と聞かれるが適当にごまかすウォーレン。
エルパソはそこには着陸出来ないが近くに無線標識局がある。そこから見えるはずと言ってくる。

ロビーが窓から見るが無線標識局は見えない。
唐突にガキの頭の中が見たいかと言ってくるエルパソ。
そんなわけで窓際のロビーを頭を撃ち抜かれて退場となります。
エルパソは真っ赤な嘘で追っ手のワコースキー3兄妹でした。これは大変。

廃屋に迫るワコースキー3兄妹。
3兄妹が中に入ったとこで殺虫剤の缶を放り込み撃って発火させるウォーレン。
殺虫剤でめくらましたとこをガスマスクで防御したウォーレンがワコースキー3兄妹を片づけます。斧でとどめの一撃をやってます。
この祭りは?と聞くウォーレン。
最後に妹が捨てセリフを吐いて退場しています。アンタにわからない・・・

町にて。保安官からフランクに電話です。緊急事態だ・・・
荒野を救急車で移動中のスティーヴ。点滴をしながらなのか?

荒野の廃屋にて。夜が明けて歌が流れる。
ウォーレンは徒歩で荒野を移動してます。

荒野に救急車が止まってます。
ここに保安官のライトトラックがきます。

荒野を徒歩で移動中のウォーレン。メキシコ人一行と遭遇します。これはビックリ。
絵に描いたような密入国者達です。まずはビールは?と聞くウォーレン。
メキシコ人ですがそのへんの草にリボンを結びつけてます。目印です。

ウォーレンとメキシコ人一行は何となくすれ違ってます。
ウォーレンはここには悪人がいると伝えるが、メキシコ人のオッサンはどこにも悪人がいると答えてる。
互いに行き先が違うのでそのままお別れになってます。

荒野にて。
ライトトラックで移動中の保安官と孫。
また無線で放送の保安官。悲しい知らせです・・・
バーニーが遺体で発見された。あの死体担当らしい。

荒野を徒歩で移動中のウォーレン。

荒野をライトトラックで移動中の保安官と孫。
こんなことを他でもやってるのか?と聞く孫。
保安官はお前の父親とダラスに行った話しをする。ホームレスを見て知らせたが無視された。そのうちにホームレスはいなくなった。
要するにこの狩りは有益だとしてる保安官。
スティーヴは問題児だって話しもしてます。以前パートナーを石で殴り逃げてしばらく行方不明になってた。

荒野を徒歩で移動中のスティーヴ。夫人の遺品の釘バッドを持ってます。
薬を飲んで勢いをつけてまだ追う気のようです。
釘バットだけでななくハンドガンも持ってます。

荒野を徒歩で移動中のウォーレン。
このへんはトラバサミの罠が置いてあります。これに気がついたウォーレン。
と思ったら他のトラバサミに気を取られて違うトラバサミにかかります。これは大変。
必死こいて足に食い込んだトラバサミを外そうとするが外れない。

酒屋のドンはウォーレンを追ってます。
ウォーレンのトラバサミはまだ外れてません。動けない。
そんなところにドンから狙撃されてる。まだ当たってない。
ウォーレンは反撃して撃ってます。1発で終わりかと思ったら違います。どうやらワコースキー3兄妹から補給したようです。ポンプアクションのショットガンになってます。
ショットガンは遠距離になると威力が激減するけど大丈夫なのか。

ドンはハンドガンで接近戦を挑んできます。
ウォーレンはショットガンを撃つ。ドンにダメージはあったみたい。
格闘アクションに持ち込むドン。じいさんのくせにやる気満々。
ナイフでブスリとやってハンドガンを取りに行くドン。

ウォーレンはナイフを自分で抜いてます。
ショットガンの実包を手に取るウォーレン。そしてナイフで雷管を突いて発火させる。
そうなの?となるが無事に発火してドンを片づけてます。
黒味が入ります。

花火だかたき火のショットが短く黒味とカットバックしてます。
そうなると死んだはずのポーがまた出てきます。色々と喋り倒す。
断酒で死ぬとか。友達は俺しかいないと。
そんなわけで断酒の発作になってるウォーレン。色々と大変だ。
色々なシーンが入ってます。黒味とカットバックしてます。

罠にかかった動物は自分の足を切り離して脱出すると説くボー。
そんな感じで適当なことを喋り倒してます。
ハンドガンをウォーレンに持たせるボー。自殺しろよといった感じ。
しかしウォーレンは自分ではなく消えろとボーを撃つ。これで消え去るボー。
黒味がはいります。

日が暮れてきます。真っ暗になったら何も見えません。これは大変。
まだトラバサミはとれない。ようやく外してます。よく出来たな。
何故か手が震えていないウォーレン。足は引きずってるがとりあえず歩ける。

町にて。
保安官の放送です。
苦戦が続いてる。スティーヴは連れ戻す。

荒野にて。
ライトトラックの保安官と孫はスティーヴを発見する。さてどうする。

荒野を移動中のウォーレン。
ようやく歩いて国境のフェンスが見えてきました。

荒野にて。
ライトトラックの保安官と孫。それにスティーヴ。
保安官はスティーヴを説得しようとする。町に戻れ・・・
そんなこんなで孫が撃ったことから成り行きで撃ち合いになる。
孫は死亡。保安官は重症。スティーヴは軽傷。

そんなところに町のフランクから無線で保安官が呼ばれてます。
スティーヴが出たので困惑してるフランク。保安官を出してくれと言う。
保安官に無線機を持っていくスティーヴ。

無線で俺はこの狩猟祭りを変えたいと主張するスティーヴ。
そんなこんなで野球をやろうじゃないかとなってます。わけわからん。

釘バットを保安官に振り下ろすスティーヴ。何回もやります。退場となる保安官。
これが無線で町に実況されてます。
町の人達はそんなに動揺はしていない。他人事なのか?

俯瞰で国境線に接近するウォーレン。
近くに来たら国境フェンスは簡素な金網ではなく巨大な金属フェンスです。
これはお手軽に乗り越えるのは不可能です。

ウォーレンは草に付いてるリボンを見つける。メキシコ人の目印だ。
そんなわけで地下道への入り口を見つけます。入ります。
それはいいけど入ったとこにフタを戻していない。1人では出来ないけど。

地下道を進むウォーレン。灯は点いてます。
転がってる酒ビンには無関心なウォーレン。アル中を克服したのか?。
いきなり灯が消えます。誰かいます。これは大変。

松明が点灯するといたのはスティーヴでした。酒が入ってます。
必死こいて逃げるウォーレン。余裕のスティーヴ。
いきなり釘バットで腹を刺されるウォーレン。もう動けない。
ハンドガンでとどめの一撃かと思ったらもう実包はなかった。笑うスティーヴ。

携帯電話のカメラでウォーレンを撮ってるスティーヴ。
もしかしてスティーヴは前にに行方不明になった時はここに隠れていたのかも。
そんなわけで今回も隠れていたのか。

ウォーレンを酒を勧められて飲んでます。断酒はどうした。
ここは酒を口に含んで松明を持ってるスティーヴに吹きかける段取りのようです。

そんなわけでタバコをねだるウォーレン。
スティーヴはタバコに火をつけようと松明を持って接近する。
そこに酒を吹きかけるウォーレン。スティーヴは火だるまになって退場となります。

携帯電話をゲットして電話するウォーレン。
あの電話番号のようです。女の子が出ています。それで圏外になって切れる。
黒味が入ります。

地下道から外に出るウォーレン。
真っ暗なとこにドアの部分だけが明るくなって外が見えてます。
ここのシーンが『捜索者』(1956年)のラストシーンと同じに撮っています。
こんなとこで引用があるとは驚いた。

そんなわけでメキシコ側に出たウォーレン。
携帯電話を使います。まだ圏外です。向きを変えて電波状態を調べます。
着信があります。
そんなとこでいきなり撃たれるウォーレン。仰向けに倒れます。

やってきたのはメキシコ人4人組。自警団というより山賊みたいな感じ。
何でメキシコにアメリカ人が?となってます。
テキーラの匂いがするので酔っ払いかとも?となってます。

ウォーレンは笑ってます。
何がおかしいとまたハンドガンで撃たれるがまだ笑ってるウォーレン。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Happy Hunting

Martin Dingle Wall Warren Novak
Ken Lally Steve Patterson
Kenny Wormald Junior Burnside
Connor Williams Robbie
Gary Sturm Sheriff Burnside
C.J. Baker Don Lincoln
Jeremy Lawson Bo Dawg

Liesel Hanson Jessie Walkowski
Kenneth Billings Mickey Walkowski
Michael Tipps Charlie Walkowski
Sherry Leigh Cheryl
Frederick Lawrence Cal
Chuck Ramage Bob

スクロールする
キャスト
スタッフ


そんなわけで風変わりなサスペンスアクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.04.22

Hollywood Express #821◆2019.04.19(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆マーベルアメコミアクション大作『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019) の最新予告編が公開された話題。とにかく大ヒットは間違いないらしい。
◆アクションコメディ Stuber (2019) の話題。まじめなUberの運転手が乱暴な刑事に遭遇し事件に巻き込まれて悪戦苦闘する話しのようです。
◆マーベルアメコミアクション大作『キャプテン・マーベル』 Captain Marvel (2019) の全世界興行が10億ドルを越えた話題。とにかく景気がいいようです。
◆ホアキン・フェニックスのDCアメコミドラマ Joker (2019) の話題。『タクシードライバー』 Taxi Driver (1976) が引用されてるらしい。
『タクシードライバー』(1976年)
◆デイヴ・バウティスタの新作アクションコメディ My Spy (2019) の話題。凄腕エージェントが子供相手に悪戦苦闘する話しのようです。
◆エミリオ・エステベス監督の社会派ドラマ The Public (2018) の話題。ホームレスから色々とある話しのようです。エミリオ・エステベス他のインタビューがあります。
◆ジョージ・クルーニーの会社がMGMと2年間提携する契約を結んだ話題。MGMなんてスタジオもないのにどうする?。ジョージ・クルーニーの会社がMGMを乗っとるのか?、で、ジョージ・クルーニーは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでおなじみのクルマ デロリアンDMC-12 をデザイン製作販売したジョン・デロリアンの伝記映画に主演するらしい。
◆ロン・ハワード監督の有名なオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティのドキュメンタリー Pavarotti (2019) の話題。ロン・ハワード監督なので無難にまとめてあると思えます。

◆red carpet
◆ビリー・クリスタルが『恋人たちの予感』 When Harry Met Sally... (1989) 公開30周年記念イベントに参加した話題。ロブ・ライナー監督、メグ・ライアンも出席してるそうです。何かと整形手術失敗ネタが多いメグ・ライアンの顔の状態は大丈夫なのか?。ビリー・クリスタルのインタビューがあります。
◆ビリー・クリスタルはこの翌日にチャイニーズシアターで名前手形足跡を残すセレモニーで出席して感謝のスピーチがあります。

◆inside look
◆『ヘルボーイ』 Hellboy (2019) のメイキング。デヴィッド・ハーバー、イアン・マクシェーンのインタビューがあります。原作コミックに忠実にを心がけたそうです。イアン・マクシェーンは前作『ヘルボーイ』 Hellboy (2004) に同じ役で出演していたジョン・ハートに敬意を払って演技したそうです。
『ヘルボーイ』(2004年)
◆ Little (2019) のメイキング。イッサ・レイ、マルセイ・マーティン、ティナ・ゴードン監督と製作ウィル・パッカー、レジーナ・ホールのインタビューがあります。中味は大人で体は子供と『名探偵コナン』みたい設定です。

◆Hollywood gossip
◆スカーレット・ヨハンソンがパパラッチの突撃取材で大迷惑し憤慨してる話題。色々と大変だ。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ラ・ヨローナ ~泣く女~』 The Curse of La Llorona (2019) マイケル・チャベス監督、リンダ・カデリーニ、レイモンド・クルツ主演のホラー。謎のラ・ヨローナでホラーする話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Teen Spirit (2018) マックス・ミンゲラ監督、エル・ファニング、レベッカ・ホール主演の歌謡ドラマ。歌手を目指す話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Breakthrough (2019) ロクサン・ドーソン監督、クリッシー・メッツ、ジョシュ・ルーカス主演の実話ドラマ。子供が凍った河から生還して色々とある話しでキリスト教絡みの話しでもあるようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が The Best of Enemies (2019) ロビン・ビッセル監督、タラジ・P・ヘンソン、サム・ロックウェル主演の人種差別ドラマ。公民権運動と黒人差別の話しのようです。興行収益totalは810万ドル。
◆9位が Missing Link (2019) クリス・バトラー監督、ヒュー・ジャックマン、ザック・ガリフィアナキスVCの3D CGアニメ。人類進化の失われた存在であるミッシング・リンクの話しのようです Laika Entertainment/Annapurna Pictures/United Artists製作配給。興行収益totalは590万ドル。
◆8位が After (2019) ジェニー・ゲイジ監督、ジョセフィン・ラングフォード、ヒーロー・ファインズ=ティフィン主演のソフトポルノドラマ。処女のヒロインがチョイ悪のイケメンと仲よくなる話しのようです。興行収益totalは600万ドル。
◆7位が Us (2019) ジョーダン・ピール監督、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク主演のアイデンティティー・ホラー。バカンスで同一人物=ドッペルゲンガーと家族で遭遇しホラーする話しのようです。興行収益total1億6330万ドル。
◆6位が『キャプテン・マーベル』 Captain Marvel (2019) アンナ・ボーデン、ライアン・フランク監督、ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ主演のマーベルアメコミアクション大作。アメコミな話しのようです。興行収益totalは3億8650万ドル。
◆5位が『ダンボ』 Dumbo (2019) ティム・バートン監督、コリン・ファレル、マイケル・キートン主演のディズニー実写路線のファンタジー・ドラマ。ダンポの話しのようです。女優さんはエヴァ・グリーン。興行収益totalは9010万ドル。それなりにヒットしてますがスタジオ側は物足りないと思います。
◆4位が Pet Sematary (2019) のケヴィン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤー監督、ジェイソン・クラーク、エイミー・サイメッツ主演の『ペット・セメタリー』 Pet Sematary (1989) のリメイク・ホラー。死んだ子供やペットでホラーする話しのようです。興行収益totalは4080万ドル。
◆3位が『ヘルボーイ』 Hellboy (2019) ニール・マーシャル監督、デヴィッド・ハーバー、ミラ・ジョヴォビッチ主演の出直しアメコミ・アクション。ヘルボーイの話しのようです。興行収益totalは1200万ドル。スタジオ側の皮算用より低調な興行になってます。
◆2位が Little (2019) ティナ・ゴードン監督、レジーナ・ホール、イッサ・レイ主演のファンタジー・コメディ。子供の体になって悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは1540万ドル。興行はよいそうです。
◆1位が『シャザム!』 Shazam! (2019) デヴィッド・F・サンドバーグ監督、ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロング主演のDCコミックのアメコミアクション。アメコミな話しのようです。女優さんはグレース・フルトン、マルタ・ミランス。興行収益totalは9420万ドル。興行は悪くないそうです。

◆ending
◆Ariana Greande's “Dangerous Woman” from “After (2019)”


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.04.21

『ドクターX』

この映画感想はネタバレ全開になっています。
マイケル・カーティス監督、ライオネル・アトウィル、フェイ・レイ、リー・トレイシー主演の連続殺人ホラーのようです。

1932年 First National Pictures/Warner Bros. Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆76分
原題◆Doctor X
プロット◆謎の連続殺人鬼は誰なんだ?という話しのようです。
音楽◆Leo F. Forbstein conductor: Vitaphone Orchestra
音楽◆Bernhard Kaun composer: main and end title music (uncredited)

キャスト
ライオネル・アトウィル→主人公のグザビエ教授
フェイ・レイ→グザビエ教授の娘ジョアン
リー・トレイシー→リー・テイラー記者

プレストン・フォスター→義手のウェルズ博士
アーサー・エドマンド・ケリー→ルナシー研究のロウィッツ教授
ジョン・レイ→脳移植研究のヘインズ教授
ハリー・ベレスフォード→車イスのデューク教授

ロバート・ワーウィック→スティーブンズ刑事
ウィラード・ロバートソン→オハロラン刑事
ハリー・ホルマン→警官のマイク
トーマス・E・ジャクソン→新聞社の上司
セルマー・ジャクソン→新聞社の夜番キーフ

ジョージ・ローズナー→オットー執事
レイラ・ベネット→メイドのメイミー

マイケル・カーティス監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のホラーになってます。

ライオネル・アトウィルはセリフが多い。軽くこなしてます。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。2色テクニカラーです。これはビックリ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。上下にも少しある。
音声は Dolbydigital 2.0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

First National Pictures present
Doctor X
directed by Michael Curtiz

the players
Lionel Atwill Dr. Jerry Xavier
Fay Wray Joanne Xavier
Lee Tracy Lee Taylor
Preston Foster Dr. Wells
John Wray Dr. Haines
Harry Beresford Dr. Duke
Arthur Edmund Carewe Dr. Rowitz
Leila Bennett Mamie
Robert Warwick Police Commissioner Stevens
George Rosener Otto
Willard Robertson Detective O'Halloran
Thomas E. Jackson Daily World Editor (as Thomas Jackson)
Harry Holman Mike - Waterfront Policeman
Mae Busch Cathouse Madame
Tom Dugan Sheriff
スタッフの紹介
マックス・ファクターが特殊メイク担当らしい。化粧品メーカーで有名な本物のマックス・ファクターです。
カラーなのはビックリ。緑色が多い。

夜の波止場にて。近くにはモルグがあります。
張り込み中の新聞記者リー・テイラーが登場。
クルマがモルグに入ります。グザビエ博士と他2人が入る。
テイラー記者もモルグに入ろうとするが追っ払われる。

近くのバーにて。
ここに入って電話を借りるテイラー記者。夜番のキーフを頼むと打ち合わせです。
ドクター・グザビエがモルグに入った。死体は女性清掃員。
満月に殺人が起きる。月夜の殺人鬼。

外にて。
マイク警官と話すテイラー記者。
握手ブザーの小ネタが入る。電動ではなくゼンマイ仕掛けです。
マイクから葉巻をもらってます。

モルグにて。
またモルグを伺うテイラー記者。
モルグではグザビエ教授は死体の検死をやってます。
首を絞められ、肩を食いちぎられた。そういう変態殺人。

グザビエ教授は警察から依頼されて検死に来てますが研究で忙しいと主張してます。
今月に入って6件目の殺人。どれも満月の晩。絞殺後に特殊なメスで切られている。
犯人の人物像は?と聞かれるグザビエ教授は強迫観念に襲われた者だろうと推測する。
ここで『人間の頭の中は本人だけの宇宙です』と上手いことを言ってます。

刑事は事件の現場は全てあなたの研究所近辺だと言いだす。
そうなるとグザビエ教授は激昂する。
凶器のメスは研究所でしか使われていないと突っ込む刑事。

グザビエ教授は自分で調べると言いだす。
実験装置を使い容疑者全員を呼んで調べるつもりだ。
それで実験がすむまでマスコミに公表しないでくれと交渉する。

誰もいなくなったとこでモルグの死体が起き上がる。
これは潜入取材のテイラー記者でした。モルグに入れたのか。
足にはジョン・ドゥーの名札が付いてたりします。名無しの死体だ。
作品紹介によるとこのテイラー記者がコメディリリーフ役だそうです。
そんなわけで志村けんみたいなギャグが入ります。つまらん。

外科研究所にて。
ここがグザビエ教授の研究所です。
凄い本棚があります。グザビエ教授の書斎のようです。
娘のジョアンが来てパパは疲れてるわと心配する。

グザビエ教授は刑事2人と打ち合わせです。
ウェルズ博士の話題になります。カリバリズムの研究をしてる。
そうなると怪しいとなる刑事2人。しかしグザビエ教授は否定する。
全員と話したい刑事2人はグザビエ教授の案内で面会となります。

ウェルズ博士の部屋にて。
グザビエ教授と刑事2人が来ます。スティーブンズ刑事とオハロラン刑事。
心臓の研究をしてるウェルズ博士。少し前に気分転換で波止場を散歩しましたと言ってる。怪しいけど説得力もある。
左手が義手のウェルズ博士。これでは絞殺は出来ない。

ヘインズ教授の部屋にて。
グザビエ教授と刑事2人が来ます。
タヒチに研究に行きサンゴ礁で船が遭難した。計3人で食料は尽きていた。
24時間後に救助された時には2人になっていた。
ヘインズ教授ともう1人は譫妄状態で3人目は行方不明だった。残った2人は1人は死んだので海に流したと主張していた。
ヘインズ教授は脳移植に関する研究をしてる。
休憩中とのことで本の間にはピンナップが挟んであるのを見つける刑事2人。

こんな感じでキャラ紹介していく手法のようです。

ロウィッツ博士の部屋にて。
グザビエ教授と刑事2人が来ます。
座礁で遭難の生き残り。ヘインズ教授のお仲間。
それに車イスのデューク教授も登場。刑事2人が来たのでご機嫌斜めです。
月は人間に影響を与えるとそんな研究をしてるようです。ルナシー云々。
老いた女性清掃員の例えを出して刑事2人から怪しまれてます。

このへんは窓の外からテイラー記者が伺ってます。
グザビエ教授は48時間以内に答えを導き出すと大見えを切る。

外にて。
ジョアンに見つかってるテイラー記者。適当なことを言ってごまかそうする。
小型ハンドガンを持ってるジョアン。これは危ない。普通に暴発する。
ジョアンにも取材してるテイラー記者。答えないジョアン。
そんなわけで会話は終わってます。

研究所内にて。
グザビエ教授と刑事2人
48時間以内と解決するということで刑事2人に納得してもらいます。
刑事は結果が出なければ研究所を封鎖して家捜しすると言ってます。
オットー執事に帰る刑事2人を送らせるグビザエ教授。

月のシーンが入ります。時間が経過します。

外にて。
テイラー記者はまだ張り込みをしてます。
そんなとこに怪しい人影が迫る。
テイラー記者の首を絞めようするが警官のマイクからもらった葉巻に火をつけたら花火が仕込んであって爆発する。
怪しい人影がズラかります。殺されずにすんだテイラー記者は全く気がついてないけど。

新聞の見出しは派手に月夜の殺人云々と出ています。

新聞社にて。
テイラー記者とデスク。
他の部門に回してくれと訴えるテイラー記者。
そんなこんなで首にはされたくないので取材を続けるテイラー記者。
溶暗が入ります。

グビザエ教示の自宅にて。
テイラー記者の突撃取材です。まずは玄関に出たメイドと話し込む。
お世辞でお嬢さんと言ってるテイラー記者。
ジョアンお嬢さまにお客様ですと知らせてるメイド。
この隙にテイラー記者はそのへんをかぎ回る。写真を手に入れてこいと言われてた。
そんなわけで額縁の写真をゲットしてます。
ジョアンが来て写真のことはアッサリとバレています。
ようやくデイリー・ワールド紙のテイラーですと名乗る。
今朝の新聞にひどい記事をと怒ってるジョアン。父は別荘に行ってしまった。

口論になってテイラー記者は帰ります。ネタがないと首だと愚痴が出る。
ついでに2階からメイドから水をかけられています。さすが映画だ。
溶暗になります。

ブラックストーンショールズ駅にて。ロングアイランド。
汽車はミニチュアです。でかいトランク2つ。グビザエ教授の荷物です。

グビザエ教授の別荘にて。
崖の上に建ってます。ここも全部ミニチュアでやってます。

グビザエ教授他4人がそろってます。ここで実験をやるようです。
我々は全員殺人の容疑者だと話しを始めるグビザエ教授。

そんなとこに馬車でテイラー記者が到着してます。当然玄関から入れない。
雨どいをよじ登って5人がいる2階の部屋を伺います。

グビザエ教授他5人。
精神神経テストを受けてもらいたいとグビザエ教授。
そんなこんなで他の4人はテストを受けることにしてます。
10分後に研究室へとグビザエ教授。

テイラー記者は降りて勝手口のドアに寄り掛かってタバコを吸う。
勝手にドアが開いて中に入ってるテイラー記者。とにかくそうなってる。

台所にて。
ここでも志村けんギャグをやってるテイラー記者。鳩時計ギャグが入ります。
それから階段を登ってあちこちを伺ってます。

研究室にて。
メイドとオットー執事。
やたらと怖がりなメイド。脅かしてるオットー執事。
会話からメイドの名前がメイミーとわかります。キャラ紹介が遅い。

テイラー記者は狭い標本室に隠れます。

オットー執事は殺された女性清掃員の服を持ってます。
これはグビザエ教授から言われて持ってきた。殺人の実演をするわけです。
オットー執事が脅かしたのでメイミーが配電盤のスイッチをおかしくする。
グビザエ教授が来て配電盤に何をしたと怒ってます。
それからメイミーはグビザエ教授から服を着るように言われてます。
嫌だけど着るしかないメイミー。
月夜の殺人鬼、最後の殺人を実演するわけです。オットー執事は殺人鬼役。

標本室にて。
相変わらずここにいるテイラー記者。骸骨の標本相手に寒いギャグが入る。

研究室にて。
5人がそろってます。
心拍の変化を顕在化すると説明するグビザエ教授。要するに見える嘘発見器です。
月も出てるしこれで再現が出来るとなります。
この中に殺人鬼がいると言って始めるグビザエ教授。

ウェルズ博士ですが義手なので容疑者から除外されて段取り作業を担当してます。
車イスのデューク教授が俺も障害者なので除外しろとごねる。しかしダメです。

標本室にて。
相変わらずここにいるテイラー記者。話しは聞こえるのでメモをとってます。
しかしのぞき穴から誰かが覗いてます。誰なんだ?
それからのぞき穴から怪しい煙が流れ込んできます。
煙を吸ったテイラーは眠り込む。

実験室にて。
脈拍は電磁回路に変換され云々の説明が入ります。電気的に増幅される。
普段は知性でごまかしてるが私にはごまかせないと強気なグビザエ教授。大丈夫なのか。
グビザエ博士自身もテストには参加してるようです。
どのガラス管に表示されるのは内緒にしてグビザエ博士しか知らない。
心拍数が上がるほど赤い液体も上昇する。

いよいよ殺人が再現されるようです。
その前に蝋人形でこれまで死体4人が出されます。この蝋人形は実際の俳優さんたちが凝固してるアナログで安上がりな手法です。
最も新しい女性清掃員殺人が再現されるわけです。

実演と実験が始まったとこで照明が消えて大騒ぎになります。
実験の器具を勝手に外してるのがいる。それでどうなる。
ガラス管ですが1人だけ最高位を指しています。誰なんだ。
ロウィッツ博士なのか?しかしそのロウィッツ博士は倒れて死んでます。それで最高位を指していたのか。
ロウィッツ博士は刺殺されている。誰が?となってます。

車イスのデューク教授ですが自分で立ち上がってます。これはビックリ。
本人も立てたことにビックリしてます。そうなると犯人ではなさそう。
今までのは演技なのかと突っ込まれてます。グビザエ教授は一種のヒステリー反応だろうと推測してます。

とりあえずロウィッツ博士の死体を運び出す。
ウェルズ博士は何処行った?となる。

グビザエ教授が探すととドアを破ってウェルズ博士が出てくる。
停電直後に名前を呼ばれて何者かに殴打されたと主張するウェルズ博士。

ジョアンも起きて実験室に向かう。
グビザエ教授がウェルズ博士に聞いてるとこに来てしまう。
事故だから部屋に戻れと言われてるジョアン。

物置に人がいるとなります。テイラー記者のことです。
ドアを開けるとはテイラー記者が転がり出てきます。動かない。
また死体かとなるがまだ死んではいない。気付けの酒を飲まされて気がつく。

こいつは誰なんだ?となるがジョアンはテイラー記者の顔を知ってます。
テイラー記者は普通に新聞記者ですと言ってます。
グビザエ教授は警察に引き渡すと言ってるがジョアンは私に任せてと言いだす。

ジョアンとテイラー記者だけにしたグビザエ教授はオットー執事に見張らせる。
電話には近づけるなと命じてます。

ジョアンとテイラー記者。
パパが犯人を見つけ出すチャンスをくれと交渉するジョアン。
そんな感じテイラー記者を説得しようとする。明日の朝まで待って・・・
2人を覗くやつがいたりします。誰だかわからん。オットー執事なのか?
オットー執事に部屋を案内されるテイラー記者。

大時計が写されます。文字盤上に星座のシンボルが動く。時刻は00:00です。
ジョアンが寝てるとこに誰かが来たのか?
そのジョアンは起きてグビザエ教授の部屋をノックする。

研究室にて。
ここに来たジョアン。グビザエ教授がいます。
どうやら死んだロウィッツ博士の検死をしていたようです。
ヘインズ教授も来て死体を見ていたりします。怪しい。
とりあえずジョアンに寝るようにと説得するグビザエ教授。

グビザエ教授とヘインズ教授。
何者かがロウィッツ教授の死体の肉を食った・・・
ここを覗いてる奴もいたりします。

翌日のビーチにて。
ジョアンとテイラー記者。昨夜の会話で来ると言ってました。
1932年に水着です。これはビックリ。JXとイニシャルが入ってます。
フェイ・レイはキングコングの相手役で有名ですが水着美人もやっていたのか。たいしたものだ。
『キング・コング』(1933年)

視線を感じるとジョアン。実際に見てる男がいます。誰だかわからん。→もう立てるようになったデューク教授みたい。
テイラー記者は君のことが心配だと言ってる。商売抜きです。

屋敷にて。
ベッドに寝てるメイミー。
ジョアンが大丈夫よと励ます。ウェルズ博士が医者代わりで診てます。
殺人の再現はもうやりたくないと訴えるメイミー。私がやるわとジョアン。

グビザエ教授とオットー執事。
テイラー記者は何処に行った。電話しないようよに見張ってろとなってます。

ライトを持ったテイラー記者がそのへんを調べ回る。
そんなとこに怪しい人影が迫る。また偶然に助かってます。気がつかないテイラー記者。
コメディリリーフなので死なないみたい。
どこかの部屋に入って転ぶテイラー記者。

ベッドに寝てるメイミー。
骸骨のデザインが入ったコーヒーカップです。不吉だ。
酒ビンをとり出してコーヒーカップに注いで飲んでるメイミー。そうなるのか。

オットー執事が電話してグビザエ教授に受話器を渡す。相手は刑事です。
今夜秘密捜査員を送る予定。マスコミがうるさいので待てない。
あと24時間くれと交渉するグビザエ教授。
時間切れになったら私が行って全員逮捕すると刑事。

ジョアンはメイミーの代わりに私がやるわとグビザエ教授に訴える。
やらせたくないけどやることになります。映画だから。
溶暗になり月夜が入ります。

時計は11:00をさしてます。
実験となります。今回は3人です。ウェルズ博士は相変わらず段取り担当。
椅子のデューク教授とヘインズ教授は文句たらたら。
今回は逃げないように椅子に手錠でつなぐ。グビザエ教授も椅子に手錠になります。

ジョアンはオットー執事相手に心配してる。パパには休暇が必要なのよ。
何故か自信満々で大丈夫ですとオットー執事。何故だかわからん。

ウェルズ博士は別室で段取りです。
グビザエ教授はオットー執事にこの部屋に鍵をかけろと命じる。

別室のウェルズ博士。
何だか様子がおかしい。大丈夫ではありません。
戸棚の隠しドアを開けるとそこには妙にリアルな義手があります。
新たな肉体だと言ってるウェルズ博士。そのリアル義手を装着して電流を流す。
そうなるとリアル義手は動いたりします。自分の意志で動く本物の手です。

それからウェルズ博士は新たなる人工の肉体をとり出す。
そうなるとウェルズ博士が下手人だったようです。なるほど。
粘土みたいに人工の肉体を顔に貼り付けてます。そうなるとあの怪人になる。
これは当時とはしてはかなりグロな感じです。これはビックリ。

怪人ウェルズは隠し扉から出て実験室に向かう。
出番を待つオットー執事に迫る怪人ウェルズ。首を絞めて簡単に片づけます。
リアル義手は立派に役に立ってるわけです。

実験室にて。
身の毛のよだつ月夜の殺人が始まる。
フローレンス・ジョンソンは入院中のベッドで殺され体を切り刻まれた。
真夜中アーチ病院の個室。

ベッドに寝てるジョアンに本物の殺人鬼が迫るわけです。これは大変。
これは段取りと全然違うと悲鳴を上げるジョアン。
椅子の3人は助けようとするが手錠で動けない。それでどうなる。
3人はジョアンに逃げろというがそうもいかない。

ウェルズ博士はどうした?となります。
怪人ウェルズはウェルズはいない。新しいウェルズだと宣言してます。
人工の肉で作った本物の手だと解説してる怪人ウェルズ。妙にていねいだ。

私は肉体を作る方法を発見した。
アフリカに行ったのは人体の標本を集めるためだった。カニバリズム研究ではない。
連続殺人も研究のためにやった。

まだ逃げろジョアンと言ってる博士3人。そうはいきません。
そんなとこにテイラー記者が助けに来ます。まだいたのか。

テイラー記者と怪人ウェルズの格闘アクションになります。
さすがに押されっ放しなテイラー記者。弱い。

それでもジョアンが逃げられたので役にはたってる。
ジョアンは手錠の鍵を投げて渡す。これで博士3人は動けるようになった。

テイラー記者と怪人ウェルズは格闘アクション中。
首を絞められているテイラー記者。これは大変。
テイラー記者は壁のランプを投げつける。勢いで窓から転落する怪人ウェルズ。
火だるまになって崖下に転落してます。これで怪人ウェルズは退場となります。

落ちましたと博士3人に説明するテイラー記者。
自分は元野球の選手でしたと今更の前振りが入る。それがオチかい。
それより仕事だと新聞社に電話をしてます。
博士3人は火だるまの死体を見てビックリしてる。

電話中のテイラー記者に怪しい人影が?と思ったらジョアンでした。
格闘アクション中に握手ブザーが役に立ったとか。前振りでした。
これが怪物の弱点だった。

それで君の弱点は?となってます。
キスから照明消えて真っ暗になりまた握手ブザーのギャグが入る。
エンドとなります。
First National Pictures


そんなわけで謎の怪人ホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.04.20

『動物園殺人事件』

この映画感想はネタバレ全開になっています。
エドワード・サザーランド監督、ライオネル・アトウィル、チャールズ・ラグルス、ランドルフ・スコット主演の謎の動物ホラーのようです。

1933年 Paramount Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆62分
原題◆Murders in the Zoo
プロット◆変態の富豪に悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Rudolph G. Kopp (uncredited)
音楽◆John Leipold (uncredited)

キャスト
ライオネル・アトウィル→変態の富豪 エリック・ゴーマン
キャスリーン・バーク→夫人のイブリン・ゴーマン
ジョン・ロッジ→恋敵のロジャー・ヒューウィット

チャールズ・ラグルス→広報のピーター・イエーツ (as Charlie Ruggles)
ランドルフ・スコット→ウッドフォード博士
ハリー・ベレスフォード→園長のエバンズ教授
ゲイル・パトリック→エバンズ教授の娘ジェリー

ジェーン・ダーウェル→Banquet Guest

エドワード・サザーランド監督の演出はよいと思います。
全体的にサイコな動物ホラーになってます。

主人公の富豪ゴーマンはエブリン夫人に近づく男を殺してそのあとに脅えるエブリン夫人とセックスするのが楽しみな変態です。まだヘイズオフィスの検閲がなかったので出来るキャラ設定でした。

エブリン夫人役のキャスリーン・バークは凄くきれい。
あんまりきれい過ぎると女優ではなくマジでプロデューサーや金持ちのいいとこの夫人に収まってしまいます。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolbydigital 2.0ch

株式会社ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

タイトル
A Paramount Picture

Paramount presents
Murders in the Zoo
Directed by Edward Sutherland
と1枚で出てます。

続いてスタッフの紹介
キャストは念入りに紹介されてます。動物とカットバックしてます。
Charles Ruggles ... Peter Yates (as Charlie Ruggles)
Harry Beresford Professor G.A. Evans
Randolph Scott Dr. Jack Woodford
Gail Patrick Jerry Evans
John Lodge Roger Hewitt
Kathleen Burke Evelyn Gorman
Lionel Atwill Lionel Atwill ... Eric Gorman

プロローグ
フランス領インドシナの字幕
地図からオーバーラップでクローズアップされてジャングルです。
主人公の旦那エリック・ゴーマンが男に説教してます。
『モンゴルの王子が言った。口の使い方を間違うな。これで嘘をつけず人妻にキスも出来ない』
手下の現地人に後ろ手に縛った男を押さえつけさせ何やらやってるゴーマン。
お金を手下に払って象に乗って引き上げるゴーマン。
残された男は口を縫い合わされていました。当時にすればショッキングな描写です。
溶暗が入ります。

現地キャンプにて。
戻ったゴーマンはエブリン夫人にキスをする。
テイラーは?と聞かれても出かけたととぼけているゴーマン。
そんなところに現地人から知らせが入る。テイラーがトラに食われたと。

貨客船サルバドール号にて。
ゴーマンはエブリン夫人にもう忘れなさいと優しくしてます。
電報を打ちに行ったゴーマン。その隙に知り合いのロジャーがエブリン夫人に話しかける。
旦那に見られたら大変よとエブリン夫人。
ロジャーはゴーマンをこき下ろす。別れろとエブリン夫人を説得してる。
テイラーが最後を話すエブリン。結構詳しく知ってる。
そんなとこにゴーマンが来てしまう。これは大変。
慌てて話題を変えてるエブリン夫人とロジャー。
溶暗になります。

市営動物園にて。
園長のエバンズ教授に電報です。持ってきたボーイは動物見物でなかなか届かない。
象、熊、ゾウアザラシ、サル、子グマと色々登場。

ウッドフォード博士とエバンズ教授の娘ジェリーが登場。
ボーイが来てエバンズ教授の居所を聞きます。

エバンズ教授のオフィスにて。
ようやくボーイが電報を届けてます。
動物は明日入港。すぐに輸送する・・・、エリック・ゴーマンより。

ピーター・イエーツが広報係に応募するシーンになります。
イェーツの評判は悪い。アル中だとか。
で、デニソンは嘘つきだと主張するイエーツ。
このへんはシーンが飛んでて何だかわからん。

エバンズ教授のオフィスにて。
広報を雇って宣伝し入園者を増やすつもりのエバンズ教授。
そんなわけで面接になるイエーツ。動物の知識は?となる知らないみたい。
酒癖のことを突っ込まれるイエーツ。それでもやる気を見せてます。

とにかく採用になってさっそく仕事になるイエーツ。
船が着いたのでゴーマンを取材に行け。
その前にウッドフォード博士を紹介される。何だか登場人物が多い。

ウッドフォード博士の研究室にて。
研究中のウッドフォード博士。それに助手のジェリー。
イエーツは調子のいい男でコメディリリーフ役のようです。
ジェリーと話しをしようとする奮闘してる。そんなこんなでヘビが怖くて資料を置いたまま取材に行った。

動物園にて。
イエーツはタバコを吸ってマッチを捨てたらワニがたくさんいてビックリのシーンも入る。

貨客船サルバドール号にて。
記者達がイェーツの噂話をしてます。酒をたかる気だろう・・・

そのイエーツが船室は入るとエブリン夫人とロジャーがいます。
ゴーマンの顔を知らないので人間違いをするイエーツ。ゴーマンのいる倉庫に向かう。

エブリン夫人とロジャー。
ロジャーは俺に任せろと頼りになるとこを見せてます。大丈夫なのか。

倉庫にて。
動物におっかなビックリのイエーツはようやくゴーマンにコンタクトする。
とりあえず動物談義になってます。
御夫妻の写真が欲しいとイエーツ。船室の話しをしたのでまたロジャーかと気がついてるゴーマン。
ここはロジャーのことを仲のいい友達だとしてるゴーマン。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
エリック・ゴーマン氏が貴重な動物を動物園に寄贈する。
そうなるとゴーマンは動物園のオーナーというわけでないようです。だいたい市営動物園となってるし。

市営動物園にて。
動物寄贈はいいけど飼育費の心配をするエバンズ教授。
ゴーマンは何とかすると調子のいいことを言ってます。ここでイエーツが動物と一緒の晩餐会を開いて寄付を募ればとアイデアを出す。
これに乗ったゴーマンが手配を引き受ける。

ウッドフォード博士の研究室にて。
ゴーマンはブラックマンバをウッドフォード博士に進呈してます。
この猛毒の血清を研究すると意気込むウッドフォード博士。

続いてブラックマンバから毒を抽出するシーンになります。
手元のクローズアップなのでスタントなのかと思ったらちゃんとランドルフ・スコットとゲイル・パトリックがやってます。凄いな。
マジでブラックマンバを持ってケージに入れてるランドルフ・スコット。
で、ゴーマンの噂話からこの研究が完了したら結婚するとか。

ホテルにて。
泊まってるロジャーを訪ねてきたゴーマン。

その頃ロジャーはエブリン夫人といたりします。これは大変。
まずエブリン夫人はパリに行って離婚してロジャーが合流する段取り。
そんなところにボーイがゴーマン氏が来ましたと告げる。
慌てて別室に隠れるエブリン夫人。

ロジャーとゴーマン。
口紅の付いたコーヒーカップに気が付いてるゴーマン。そうなるとどうなる。
ゴーマンは動物園晩餐会にロジャーを招待します。受けるロジャー。
会話からロジャーは資産家のようです。なるほど。寄付を期待してるとゴーマン。
そんなわけでこれが用事でした。あっさり帰るゴーマン。修羅場にはならない。
ロジャーに特別な夜になると約束すると言ってるゴーマン。
溶暗になります。

招待状のクローズアップです。動物のイラスト入り。
ゴーマン氏が晩餐会を開催します。2月20日7時に市営動物園にて。
シーン転換して晩餐会になります。昔のハリウッド映画はこういうのが上手い。まあ説明セリフを使わないサイレント映画の手法なんですが。

晩餐会にて。
イエーツが御婦人相手に話しをしてます。
カメラマンが非常レバーを引こうして慌てて止めてるイエーツ。そのレバーを引くと檻のドアを一斉に開いてしまうらしい。何でそんな機能が?と突っ込んではいけません。
イエーツはカメラマンに合図をしたら写真を撮ってくれと前振りが入る。

イエーツが仕切ってスピーチになってます。
名札があって招待客の席順は決まってます。ロジャーとエブリン夫人は隣りになってます。ロジャーのテーブルの向かいはゴーマンです。

一段落してまたイエーツのスピーチになります。
ここで合図をしてもなかなか写真を撮らないギャグが入ります。

そんなとこでいきなりロジャーの具合が悪くなる。大騒ぎになります。
別室に運ばれるロジャー。スボンを切ると足にはヘビの歯形があったりします。
これはブラックマンバだ。ブラックマンバが逃げ出したとまた大騒ぎになります。

招待客は避難する。
記者達は写真を撮れ、電話はどこだと大騒ぎになってます。
ジェリーはこれが表ざたになったらこの動物園はお終いなので取材をしないでとお願いするが当然無視される。

別室にて。
ウッドフォード博士が手当してるとこにエブリン夫人が来てビックリ。
エブリン夫人をここから出すウッドフォード博士。

晩餐会にて。
ゴーマンのところにエブリン夫人を連れて来たウッドフォード博士。
唐突にウッドフォード博士を責めるゴーマン。何故ブラックマンバが逃げた・・・
そんなこんなでエブリン夫人を連れて帰るゴーマン。

ゴーマンの屋敷にて。
エブリン夫人を連れて帰ってゴーマン。
ロジャーを殺したのねとエブリン夫人。
ゴーマンはエブリン夫人にやらせろと迫る。そういう変態なわけです。
当然拒否するエブリン夫人は自室に入りドアをロックする。

自室で荷物をまとめてるエブリン夫人。
それからベランダに出てゴーマンの部屋を伺う。何やらやってるゴーマン。

ゴーマンがいなくなってベランダから伝ってゴーマンの部屋の窓から入るエブリン夫人。
エブリン夫人の自室ドアをノックしてるゴーマン。

エブリン夫人はゴーマンのデスクの引き出しをこじ開ける。
ヘビの頭の模型があります。動かせるスネークヘッドといった感じ。
ちゃんと牙があって噛み付かせることも出来る。そうなるとこれがロジャーを殺した凶器です。
このスネークヘッドをゲットするエブリン夫人。そのまま玄関から外に出てます。

自室に戻るゴーマン。こじ開けられたデスクの引き出しに気がつく。
スネークヘッドがありません。驚愕するゴーマン。
ゴーマンは外に出たエブリン夫人を見る。すぐに尾行します。

市営動物園にて。
ここに来たエブリン夫人。夜なのでガードに名乗って入ってます。
尾行してるゴーマンは塀を乗り越えて入る。

ワニのブールにかかってる橋にて。
ここでエブリン夫人を捕まえるゴーマン。スネークヘッドを回収する。
君を愛してるからこうしたとゴーマン。人殺し、離婚してとエブリン夫人。
それでどうすると思ったらアッサリとエブリン夫人をワニのブールに突き落とす。偶然なのか故意なのかは微妙な感じ。
これでエブリン夫人は退場となります。そうなるのか。
溶暗になります。

翌日の市営動物園にて。
閉園になっています。子供たちが入れてくれと大騒ぎになってます。
ガードのオッサンはブラックマンバが回収されていないので閉園だと普通に説得する。
子供2人が柵の隙間から入り込んでます。
女の子がガードのオッサンにビルとジムが入ったわよとご注進する。

ワニのプールにて。
ビルとジムはブールから服の切れ端を回収する。
そんなとこにガードのオッサンが来てビルとジムを回収する。
このガードのオッサンはサムです。

エバンス教授のオフィスにて。
ウッドフォード博士もいます。サムが服の切れ端を届けてます。
昨夜のガード バーティを呼んで来客を確認します。
エブリン夫人がウッドフォード博士に会いに来た・・・
あのスネークヘッドを見せに来たわけです。
ウッドフォード博士が電話してます。どこに?

ゴーマンの屋敷にて。
ここに電話してるわけです。出るゴーマン。
とりあえずエブリン夫人は留守にしてるととぼけてます。
恐ろしいことが起きましたと知らせるウッドフォード博士。

エバンス教授のオフィスにて。
ここに来てるゴーマン。服の切れ端を確認してもらいます。
一応驚いてるゴーマン。これは妻の服だ・・・
で、これは全部君達のせいだと激昂するゴーマン。
動物園は廃業するべきだ。ウッドフォード博士を職務怠慢と殺人罪で訴えてやるといいつつ帰ってます。それでどうなる。
溶暗になります。

新聞の見出しです。
動物園の永久的な閉園を市議会が決定・・・

市営動物園にて。
住み込みらしいイエーツが目を覚ます。ライオンが運び出されるの見る。
ウッドフォード博士は従業員達に最後の給料を渡してお別れになってます。

ジェリーから人手が足りないので動物の世話を手伝ってと頼まれるイエーツ。
会話等からガードの名前はベイカーとわかる。ベイカーとサムがガードです。

そんなわけでイエーツは檻の掃除をやってます。隣りはトラがいるのでオッカナビックリです。
で、干し草を掃除していたらヘビを見つけます。あのブラックマンバです。
これはビックリのイエーツは助けを求める。しかし偶然に檻の出入り口が閉まる。これは大変。
ウッドフォード博士が来て待ってろとすぐに棒でブラックマンバを取り押さえる。
君の名前が誌面を飾ると言いつついなくなるウッドフォード博士。気絶したイエーツは檻の中に放ったらかしです。
イエーツのクリーニング店は何処?と何だかわからんギャグが入ってます。
溶暗が入ります。

ウッドフォード博士の研究室にて。
ジェリーと回収したブラックマンバを調べてます。毒牙の間隔を測定する。
何かおかしいことに気がつくウッドフォード博士。死体検案書を確認する。
ロジャー・ヒューイットが噛まれた毒牙の間隔は36ミリ。
回収したブラックマンバの毒牙の間隔は28ミリ。
そうなるとロジャーの死因は全く別のヘビだとなります。
電話するウッドフォード博士。

ゴーマンの屋敷にて。
ここに電話でした。出るゴーマン。すぐ来てくださいとウッドフォード博士。
ゴーマンは裁判で会おうなんて嫌味を言ってますが、裁判までお楽しみにとっときますよと言われて行くことにしてます。

ウッドフォード博士の研究室にて。
ここに来たゴーマン。もちろんスネークヘッドは持参してます。
他にもマンバがいますねとウッドフォード博士。あなたは別のマンバでロジャーを殺害したと喝破します。
まだとぼけてるゴーマン。毒牙の間隔が8ミリ違っていたと指摘するウッドフォード博士。

そんなわけでとっておきのスネークヘッドをハンカチに包んで出してるゴーマン。
隙を見て噛み付かせてやると様子を伺ってます。
ウッドフォード博士は生きてるヘビがもう1匹いると思い込んでます。まあ普通はそう思う。
ゴーマンはそれは違うと言い始める。
エブリン夫人殺しもあんただろうとウッドフォード博士。

ついにスネークヘッドを使うゴーマン。昏倒するウッドフォード博士。
ゴーマンはまず証拠の書類をゲットする。ケージのブラックマンバを出して叩きつぶす。で、このブラックマンバをウッドフォード博士の付近に置く。
これでウッドフォード博士はブラックマンバが相討ちになったとなるわけです。
ドアの指紋を拭き取って引き上げるゴーマン。

そんなとこにジェリーが来てます。どうするゴーマン。
ここはウッドフォード博士に呼ばれたとこだととぼけるゴーマン。

ジェリーが研究室に入るとウッドフォード博士が昏倒しててこれはビックリとなる。
しかし今日完成した血清があるわとジェリー。特急で取りに行きます。
そうなるとウッドフォード博士はまだ死んではいないみたい。

血清を取りに行ったジェリーに私が手伝おうと言い出すゴーマン。
これは怪しいとなるジェリー。逃げます。

研究室のドアをロックして血清を使うジェリー。
それから内線電話でイエーツを呼ぶ。外線は使えないのか?

イエーツはガードのダンに警報を鳴らせと要請する。
鳴り響く警報に動物園の外にいた警官が本署への直通電話で通報します。

ゴーマンは慌てて逃げてます。動物園の門が閉められます。
ガード達に追いかけられるゴーマンは晩餐会の会場に逃げ込む。
やけになったのであの非常レバーを引っ張ってます。檻の動物が全て逃げ出す。

そんなわけで会場内が野生の王国状態になってます。これは大変。
これを全部本物の動物でやってます。現在では動物虐待になるので出来ません。
ガード達は入れない。ゴーマンは何故か無事です。
会場から逃げるゴーマン。そうなるとガード達が追ってきます。

またどこかに逃げ込むゴーマン。
ここは大ヘビがいる檻の中でした。まだ気がついていないゴーマン。
一安心かと思ったら何だか変です。そんなわけで思い切りヘビに噛み付かれてます。
それから全身を締め上げられるゴーマン。首にも巻き付く。これで退場となります。
溶暗になります。

エピローグ。
ベッドのウッドフォード博士。無事でした。看病してるジェリー。
イエーツもいます。すっかり酔っぱらっています。アル中は治らないのがよくわかります。

動物園内のイエーツ。
何故かライオンとコンタクトしてます。
何しろ酔っ払ってるので気がつかないイエーツは普通に挨拶してます。

エンドとなります。
A Paramount Picture
キャスト


そんなわけで動物ホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.04.15

Hollywood Express #820◆2019.04.12(金)

◆この番組の感想はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆ジム・ジャームッシュ監督の新作 The Dead Don't Die (2019) の話題。オールスターキャストのゾンビ映画のようです。出来はよいと思います。
◆オークワフィナ、アイク・バリンホルツ主演の新作 Crime After Crime (2020) の話題。犯罪コメディだそうです。果たして出来は?
◆ハリウッド・ウォークオブフェイムに入るセレブを一般推薦募集する話題。そうなるとミーハーなセレクトや組織票でも入るのか?
◆リメイク人形ホラー『チャイルド・プレイ』 Child's Play (2019) の話題。チャッキーのVCはマーク・ハミルが担当になり、これまでチャッキーを担当していたブラッド・ダーリフは降板のようです。
◆人形ホラーシリーズ『アナベル 死霊博物館』 Annabelle Comes Home (2019) の最新予告編が公開された話題。
◆『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 Avengers: Infinity War (2018) が中国公開でヒットした話題。そんなわけで新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019)はアメリカより2日早く公開されるそうです。
◆ The Mustang (2019) から、ブルース・ダーンについてのマティアス・スーナーホルツとロール・ドゥ・クレルモン=トネールのインタビューがあります。ブルース・ダーンは馬に対しておっかなびっくりだったそうです。それでも馬に詳しいキャラを演じてたわけです。映画だから。

◆red carpet
◆リタ・ウィルソンがウォークオブフェイム入りしたセレモニーの風景。ジュリア・ロバーツと旦那のトム・ハンクスのお祝いのスピーチがあります。リタ・ウィルソンの感謝のスピーチもあります。

◆inside look
◆『シャザム!』 Shazam! (2019) のメイキング。ラノベみたいな設定の話しです。アッシャー・エンジェル、ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロングのインタビューがあります。
◆ The Best of Enemies (2019) のメイキング。人権活動家とKKKが対決する話しのようです。互いに相手の話しを聞いてるのが珍しい。映画だから。

◆Hollywood gossip
◆ウィル・フェレルとアダム・マッケイ監督がパートナーシップを解消した話題。何だかわからん。少なくとも私生活ではなく仕事のことらしい。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ Hellboy (2019) ニール・マーシャル監督、デヴィッド・ハーバー、ミラ・ジョヴォビッチ主演の出直しアメコミ・アクション。ヘルボーイの話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。ベニチオ・デル・トロ監督、ロン・パールマン主演の2作がありますがリセットされ再スターになってます。
◆ Little (2019) ティナ・ゴードン監督、レジーナ・ホール、イッサ・レイ主演のファンタジー・コメディ。子供の体になって悪戦苦闘する話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Missing Link (2019) クリス・バトラー監督、ヒュー・ジャックマン、ザック・ガリフィアナキスVCの3D CGアニメ。人類進化の失われた存在であるミッシング・リンクの話しのようです Laika Entertainment/Annapurna Pictures/United Artists製作配給。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が How to Train Your Dragon: The Hidden World (2019) ディーン・デュボア監督、ジェイ・バルチェル、アメリカ・フェレーラVCの3D CGアニメ。ドラゴンと色々とある話しのようです。Mad Hatter Entertainment/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは1億5670万ドル。
◆9位が Wonder Park (2019) ジョシュ・アッペルバウム、アンドレ・ネメック監督、ミラ・クニス、ジェニファー・ガーナーVCの3D CGアニメ。空想の遊園地が実体化して悪戦苦闘する話しのようです。Ilion Animation Studios/Midnight Radio/Nickelodeon Movies/Paramount Animation/Paramount Pictures製作配給。興行収益totalは4200万ドル。
◆8位が Unplanned (2019) チャック・コンツェルマン、ケイリー・ソロモン監督、アシュリー・ブラッチャー、ブルックス・ライアン主演の中絶ドラマ。中絶反対運動で色々とある話しのようです。キリスト教原理主義者は中絶反対の立場です。興行収益totalは1250万ドル。
◆7位が Five Feet Apart (2019) ジャスティン・バルドーニ監督、ヘイリー・ルー・リチャードソン、コール・スプラウス主演の難病ロマンス。病気のため6フィート離れてロマンスする話しのようです。興行収益totalは4140万ドル。
◆6位が The Best of Enemies (2019) ロビン・ビッセル監督、タラジ・P・ヘンソン、サム・ロックウェル主演の人種差別ドラマ。公民権運動と黒人差別の話しのようです。興行収益totalは440万ドル。
◆5位が『キャプテン・マーベル』 Captain Marvel (2019) アンナ・ボーデン、ライアン・フランク監督、ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ主演のマーベルアメコミアクション大作。アメコミな話しのようです。興行収益totalは2億7380万ドル。
◆4位が Us (2019) ジョーダン・ピール監督、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク主演のアイデンティティー・ホラー。バカンスで同一人物=ドッペルゲンガーと家族で遭遇しホラーする話しのようです。興行収益total1億5230万ドル。
◆3位が『ダンボ』 Dumbo (2019) ティム・バートン監督、コリン・ファレル、マイケル・キートン主演のディズニー実写路線のファンタジー・ドラマ。ダンポの話しのようです。女優さんはエヴァ・グリーン。興行収益totalは7620万ドル。
◆2位が Pet Sematary (2019) のケヴィン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤー監督、ジェイソン・クラーク、エイミー・サイメッツ主演の『ペット・セメタリー』 Pet Sematary (1989) のリメイク・ホラー。死んだ子供やペットでホラーする話しのようです。興行収益totalは2450万ドル。
◆1位が『シャザム!』 Shazam! (2019) デヴィッド・F・サンドバーグ監督、ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロング主演のDCコミックのアメコミアクション。アメコミな話しのようです。女優さんはグレース・フルトン、マルタ・ミランス。興行収益totalは5680万ドル。スタジオ側の皮算用より低調な興行のようです。

◆ending
◆“A Cover is not the Book” from “Mary Poppins Returns (2018)”


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.04.14

『空飛ぶ戦闘艦』

この映画感想はネタバレ全開になっています。
ウィリアム・H・ウィットニー監督、ヴィンセント・プライス、チャールズ・ブロンソン主演のレトロSF航空アクションようです。

1961年 American International Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆104分
原題◆Master of the World
プロット◆謎の空飛ぶ戦闘艦に悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆レス・バクスター

キャスト
チャールズ・ブロンソン→内務省のストロック
ヘンリー・ハル→武器会社のプルーデント社長
メアリー・ウェブスター→プルーデント社長の娘ドロシー
デヴィッド・フランカム→ドロシーの婚約者エバンス

ヴィンセント・プライス→ロバー船長
ウォリー・カンポ→副長格のターナー
リチャード・ハリソン→操縦士のアリステア
ビトー・スコット→コックのトパージ (as Vitto Scotti)

ウィリアム・H・ウィットニー監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のSFドラマになってます。B級ではない。

ヴィンセント・プライスとチャールズ・ブロンソンの共演作は以前にもあったりします。
『肉の蝋人形』(1953年)でチャールズ・ブロンソンはヴィンセント・プライスの手下役でまだチャールズ・ブチンスキーの名前で演じてました。

この作品時のブロンソンは『荒野の七人』(1960年)の次で『大脱走』(1963年)の前だったのか?どこかで知ったような気がする。

スカパー! CS227 ザ・シネマにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 2.0ch

MGM Home Entertainment
プロローグ
まずはライブフィルムで飛行機の歴史の紹介です。
ダ・ビンチの時代まで遡っています。
ジュール・ヴェルヌ、レーダー、そんな感じで色々な飛行機の紹介です。
ロケット推進もやっていた。
ようやくライト兄弟がまともに飛ぶ飛行機を開発したようです。
このへんの画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。

American International Pictures
James H. Nicholson and Samuel Z. Arkoff present

Vincent Price Robur
Charles Bronson John Strock
Henry Hull Prudent
Mary Webster Dorothy Prudent
David Frankham Phillip Evans

in Joule・ヴェルヌ's
Master of the World

本編になると画面サイズはワイドスクリーンになります。
モーガンタウン 1868年
オッサン2人がこの町は退屈だと愚痴が出てる。
そんなとこに作画合成の山が噴火はしていないけど何だかおかしくなってます。
山から大音量の声が聞こえてきます。天罰が下される・・・

フィラデルフィア 年代は同じ1868年
気球協会の会議にて。
さっそくチャールズ・ブロンソンが登場してます。まだ奥の方にいる。
会議の進行役が武器会社のプルーデント社長。
発言してるのがエバンス。気球の前にプロペラを付ける。そんなことでもめてます。
チャールズ・ブロンソン演じるストロックは御婦人に声をかける。
この御婦人がプルーデント社長の娘ドロシー。

プルーデントとストロック。
それにエバンスと婚約者のドロシー。
内務省から来たと話すストロック。異変があったモーガンタウンの山を調べたい。
そのために気球を出してくれとなります。
アパラチア山脈には火山はありませんとストロック。
そんなこんなでこの4人が気球に乗り込むようです。

飛行中の気球にて。
ストロック、プルーデント、エバンス、それにドロシーの4人。
山に接近すると頂上付近からミサイルが飛んできます。2発目が命中して気球は墜落する。
このへんはミニチュアです。

墜落現場にて。
倒れてる4人を怪しい男が見てます。
これがヴィンセント・プライス扮するロバー船長。

雲が出てるシーンから溶暗になります。
ある部屋にて。ここに4人が寝かされてます。
目を覚ましたストロックとドロシーが話し込む。いったいどうなった?
部屋の感じからここは船室だろうとなる。他の2人も気がつく。
ストロックはポケットナイフでドアをこじ開けようとするが出来ない。

外からドアが開いて先込め式ハンドガンが持った船員が登場。
船員に案内されて船長と面会となります。

案内された部屋にて。
窓から外を見てビックリの4人。で、椅子に座った船長がいます。
時速150マイルで移動中。アルバトロス号。
挨拶が終わって食事になります。

食事にて。
気球は時代遅れですと船長。この船なら10日で世界一周出来ると豪語する。
そんなわけで気球の時代は終わった。これから飛行機の時代だ。

ようやくアルバトロス号の全景が見えます。当然ミニチュア。
デザインは本の挿し絵通りです。
プロペラは二重反転になってるのか?→そうではないようです。これは残念。

船内見学になってます。
動力源は電気。そうなるとモーターなのか。
武器庫があると気になるストロックとエバンス。
船体は紙で出来ている解説する船長。紙を加工プレスした。

あちこちと案内してます。
機関室、操縦室、アリステアが操縦士、ターナーが機関士なのか?
音声拡大装置があります。これが誤作動してモーガンタウンの騒ぎになった。
それはいいけど自動操縦はないようで不便です。

やはりというかチャールズ・ブロンソンよりヴィンセント・プライスの方が背が高い。

船室が用意されてます。男3人。女1人。それで船長はいなくなる。
話し込むプルーデントとエバンス。ストロックは言われた通り制服を着てます。
エバンスは着陸した時に逃げるしかないと主張する。

着替えたストロックは船内を歩き回る。監禁されてはいない。
船体後部下のデッキに出てます。あちこち歩き回る。

厨房にてイタリア人コック タパージと話しをするストロック。
いきなりタパージと呼ぶので見ていて面食らった。
このコックはほら吹きで結局船長のことはよくわかりません。

デッキにて。
ドロシーと話し込むストロック。プルーデントとエバンスも来ます。
海の上を船に向かって叫んでるプルーデントですが全く聞こえてません。
そんなとこに船長が来ます。プルーデントは軍事工場の社長なのかとなる。

前方に軍艦がと報告が入る。軍艦といって帆船です。大砲はある。アメリカ軍です。
まずは接近して音声拡大装置で警告してそれから爆弾投下するようです。
20分後に船を爆破する。退避せよとやってます。
下のハッチが開いて爆弾投下準備になってます。

アメリカ軍艦は大砲を撃ってきます。着弾してる。
そんなわけで爆弾投下になり軍艦は撃沈されます。

アルバトロス号の飛行シーンが入ります。

ドロシーとエバンスが話し込む。
人殺しと食事など出来んと主張するエバンス。

食事にて。
プルーデントは船長に抗議してます。
この世から戦争を無くすのが目的だと主張する船長。
すでにアメリカには警告した。英国にも警告する。非武装か死かの二択。
船長は軍事工場に責任はないのか?と絡む。
ストロックは大人しく2人の話しを聞いてます。

船室にて。
3人で話し込んでます。
明日は水の補給のためにアイルランドに降りる。そこで脱出しようとなるエバンス。
ストロックは反対してます。そんなわけでエバンスとプルーデントで話し込む。
溶暗になります。

アルバトロス号の飛行シーンが入ります。

デッキにて。
ストロックとドロシー。脱走計画の話になります。
反対のストロックは要するに残って破壊工作をやるつもりです。
プルーデントとエバンスも来て4人に話し込む。
エバンスはストロックにポケットナイフを貸してくれと言う。
しょうがないので貸してるストロック。考え直せと言ってる。
デッキの安全ネットをポケットナイフで切るエバンス。
ストロックは船室に戻ってます。

船はかなり低空飛行をしてます。
ホースを下ろして湖水から吸い取る作業になるようです。そうなると着陸はしない。
エバンスの見込みとは違うわけです。それでも飛び降りれば何とかなるとエバンス。
もめてるとこに船員たちが来て3人を拘束する。
どうやらストロックが船長にご注進したようです。

ホースを引き上げて下部ハッチを開けてます。
船長命令でエバンスを宙吊りの刑にしてます。15分の刑。
こんなことになったとプルーデントがストロックを責める。
興奮して船長につかみかかるプルーデント。
そんなこんなで自ら宙吊りになるストロック。とにかくそうなってます。

宙吊り同志になってもストロックに突っかかるエバンス。こまったものです。
船はかなり低空を移動してます。宙吊りのストロックとエバンスに立ち木が当たりそうなってます。

このへんはスクリーンプロセスになってます。
デジタル合成になってもやってることはスクリーンプロセスと変わらない。しかし背景とつなぎ目に全く違和感が無くなって飛躍的に完成度が上がってます。

雷が鳴ってきます。宙吊りの2人は大変。
操縦室でも高度が低下してる問題が起きてます。雷のせいなのか?
宙吊りのロープが切れそうなってます。エバンスの方です。
全員緊急配置の指令です。非常事態のようです。宙吊り2人は放ったらかし。
しょうがないのでプルーデントとドロシーがロープを巻いて引き上げる。
ロープは切れました。それでどうなる。

操縦室にて。
高度低下の原因は燃料なのか?補給が?となってます。
一段落したとこであの2人はどうした?なる船長。

下部ハッチにて。
ようやく船員たちが戻って残りのロープを巻き上げてます。
ストロックがエバンスを抱えていました。ようやく助かった2人。

合間にコックのギャグが入ってます。

プルーデントが船長に交渉してます。
1000万ドルやろうと持ちかけるプルーデント。条件はこの船をアメリカに引き渡す。
ロンドンにまくビラの話しをする船長。全武装を解除せよ。
ところでこの年代は植民地政策で世界征服をやりかけた英国が全盛の時なのか?

船室にて。
寝ているストロック。エバンスも寝てる。
ドロシーが来ます。ストロックに何で言ったの?と聞く。
失敗するのがわかっていたからだとストロック。

ドロシーと入れ替わりで船長が来ます。ドアを開けてからノックしてます。
ストロックに話しをする船長。謝罪から仲間にならないかと持ちかける。
エバンスが目を覚まして聞いてます。
船長はこの方法が最良なんだと力説してます。
ストロックは断る。とりあえずじゃまはしないとも言ってます。

船長が引き上げるとエバンスがストロックを責める。
ストロックは命がかかってるんだ。紳士的には出来ないと反論する。
大声で口論してるのでドロシーが来ました。彼は命の恩人なのよと怪我人にむかって何なのよと2人ともに説教してます。

ロンドン上空にて。
ビラをまいてから爆弾投下の準備になってます。
そんなわけでビラをまいてます。さすがにビラを縛った紐を切ってばらまいてる。

船長は音声拡大装置で軍艦に警告する。20分で避難せよ。爆弾投下をする。
複数の戦艦は砲撃してきます。爆弾投下で戦艦を一掃する。
用が済んだので移動となるアルバトロス号。

英国議会の全景から新聞の見出しです。戦艦攻撃さる。謎の飛行船。
バリにて。新聞の見出しです。パリ襲撃さる。
マドリードに爆弾。
ワシントンではロバー逮捕に賞金が出た。次はエジプトか?

アルバトロス号の飛行シーンが入ります。

船室で4人が集まって話し込んでます。
船を爆破すると言い出すストロック。世界のために4人は犠牲になる。
ドロシー、プルーデント、ストロック、最後にエバンスが賛成する。
そんなわけで特攻になるようです。

どこかの街で手紙を落とすのは原作本なのか。映画にはないみたい。

船長とターナー。
目的地ですと報告するターナー。ついに目標の地に来たと船長。
しかし具体的に国名や地名が出てきません。エジプトとどこなんだ?、ラクダと馬の騎馬戦になってます。当然歩兵はやまほどいます。
戦争終結の時が来たと船長。そうなの?

デッキにいる4人。
爆弾投下になって爆風が来てます。危ない。

操縦室にて。
無理に船を降下させる船長。ターナーが止めてます。
あまりに低空なので爆弾投下の余波が船体にもあります。
船がどこかの崖に衝突してます。まだ落ちない。
船長がケガをして大騒ぎになってます。

デッキにて。
いつの間にかストロックとドロシーがいい感じになってます。
全く伏線もそれらしい描写もないので見てて面食らう。まあいいけど。
プルーデントは間近の戦闘を見てぼう然としてるみたい。ストロックが中にいれる。

渓谷付近にて。
船は谷間を飛行してます。故障して上昇も旋回も出来ない状況。そのうちにぶつかる。
船長代理でターナーが指揮をして何とかしようとする。

自室でようやく気がつく船長。

操縦室にて。
戻った船長に状況を伝えるターナー。高度を上げろとなるが上がりません。
それなら棒をもってデッキに集合だとなる。ぶつかりそうになったら棒で突っ張って何とかする段取り。
ストロックとエバンスにも招集がかかってます。

マジで棒で突いて何とかしてます。これはビックリ。
それはいいけど前方に山が見えてます。このままだと衝突する。
ミサイル発射を命じる船長。見事に命中して障害物がクリアになる。
それはいいけど船の方にもダメージがある感じ。それでも通過する船。

これで一段落してます。
エバンスがストロックとドロシーが抱きあってるのを見てたりします。これはまずい。
船長は島まで1時間。そこに錨を下ろし修理すると命じます。

島にて。
船は錨を用意して投下する。海岸の岩に引っかかった。
これで空中停止状態で修理となります。壊れた垂直プロペラの修理です。

ここがチャンスだとストロック。
修理で見張りが手薄になる。爆破のチャンスだ。
爆破セットをして錨のロープを伝って降りる。そんな段取り。

武器庫にて。
ストロックとエバンス。
ここのドアをポケットナイフでこじ開けて入ります。

甲板にて。
プロペラ修理で火薬を使うことなります。そうなると大変です。

武器庫にて。
ストロックとエバンス。
ターナーが火薬を取りに来ます。ドアが開いてるので不信そうですが火薬を持って出て行きます。
火薬樽から少量の火薬をゲットするストロック。
船員が1人来たのでまたピンチになってます。ここは張り倒して縛って違う部屋に押し込む。

船室にて。
戻ってきたストロックとエバンス。
ストロックは即製の遅延導火線を作ります。15分で火薬に点火する。

下部ハッチにて。
ここに来てる4人。まずはプルーデントがロープを伝って降りる。次はドロシー。
ストロックは武器庫に向かう。エバンスはここに待機。

武器庫にて。
火薬に導火線をセットするストロック。

甲板にて。
これから爆破作業になってます。爆破して壊れたプロペラを外す。

武器庫にて。
ストロックは導火線をセットして脱出しようとする。
そんなとこに縛り上げた船員が見つかってしまう。これは大変。
とりあえず逃げてるストロック。

下部ハッチにて。
エバンスは戻ってきたストロックを殴り倒す。
そのまま自分だけロープを降ります。ここで痴話喧嘩とは恐れ入った。

甲板にて。
仲間が縛られていたと船長に報告。捕虜を確認せよと命じる船長。

海岸にて。
エバンスは自分だけ海岸に降りてます。
ドロシーがストロックのことを聞くとわからんととぼけてます。

下部ハッチにて。
ストロックはようやく気がつく。ロープを降ります。
降りてる途中でハンドガンで撃たれています。しかし先込め銃なので次に撃つまでに時間はかかる。

船長に報告するターナー。
船を着陸させて捕まえろと命じる船長。

海岸にて。
降りたストロックは錨のロープをポケットナイフで切ろうする。
そんなとこを撃たれたりしてます。エバンスが助っ人に行ってます。そうなの?
何だか微妙な雰囲気になってるストロックとエバンス。
とりあえずロープは切れた。反動で船は上昇する。

船長は船を着陸させようとする。
そんなとこで火薬が点火されて大爆発となります。これで制御不能になる。
ダメージは?とターナーに聞く船長。終わりですとターナー。
救命具の用意を命じる船長。船を捨てろ。ストロックに恨み言も出てる。

船長は柁輪をロープでロックしてます。
自室まで行い窓際の椅子に座ります。自分も船と運命を共にするようです。
そんなとこでノックの音がします。
ターナーを始め船員全員が船長に付いて行くとなってます。
我々の航海はもはや終わりだと船長。

大爆発するアルバトロス号。
そのまま海に沈んでいきます。

海岸でこれを見てる4人。
そのうちにエバンスとプルーデントが離れてストロックとドロシーだけになる。
何だかもやもやする感じがしないでもない。

ジュール・ヴェルヌの格言が入ります。
人は夢を失わない、いつか夢を悪用せず、夢から富を生む日が来るだろう。
エンドとなります。

後タイトル
キャスト
スタッフ。
脚本はリチャード・マシソンでした。なるほど。
An American International Picture
黒味になって長々と歌と音楽が入ってます。


そんなわけで普通のレトロSFドラマのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.04.13

『スモール・タウン・イン・テキサス』

この映画感想はネタバレ全開になっています。
ジャック・スターレット監督、ティモシー・ボトムズ、ボー・ホプキンス、スーザン・ジョージ主演の1970年代アクションのようです。

1976年 American International Pictures (AIP)/Orion Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆95分
原題◆A Small Town in Texas
プロット◆痴話喧嘩から色々とある話しのようです。
音楽◆チャールズ・バーンスタイン

キャスト
ティモシー・ボトムズ→刑務所帰りのポーク・ジャクソン
スーザン・ジョージ→子持ちのメアリー・ルー

ボー・ホプキンス→保安官のデューク
ジョン・カーレン→保安官補のレニー
クレイ・タナー→保安官補のジュニア
モーガン・ウッドワード→街の有力者のC・J・クレイン

アート・ヒンドル→ポークの知り合いブギー
ハンク・ローライク→赤いトラックのクレオタス
ジョージ・“バック”・フラワー→ポークの父の知り合いブル・パーカー
クロード・エニス・スターレット・Jr.→バス停でのビュフォード・テイラー

ジャック・スターレット監督の演出はよいと思います。
全体的に1970年代アクションになってます。
ロマンティック・コメディかと思ったら普通の1970年代アクションでした。

スカパー! CS227 ザ・シネマにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 2.0ch

番組一覧

Orion Pictures
American International Pictures (AIP)

Samuel Z.Arkoff presents

Timothy Bottoms Poke Jackson
Susan George Mary Lee
Bo Hopkins Sheriff Duke
starring in

A Small Town in Texas

co-starring
John Karlen Lenny
Art Hindle Boogie
and
Morgan Woodward as C.J. Crane

futuring
Hank Rolike Cleotus
George 'Buck' Flower Bull Parker
Clay Tanner Junior
スタッフの紹介
タイトルバックではカントリーが流れてます。

夜、GSにて。
男が佇んでいます。主人公のポークが登場。
そんなとこにライトトラックのオッサンが登場。
→1947 Chevrolet 3100
降りてハンドガンで自分のトラックを撃ってます。最初からそうなるのか。

出所したばかりか?と聞かれてるポーク。服装でわかるらしい。
ポーク・ジャクソン、ビュフォード・テイラーと自己紹介になってます。
オッサンはポークにもトラックを撃てと言ってるの撃ってるポーク。
そんなところに長距離バスが来て乗り込むポーク。
そうなるとまだポークは移動するようです。途中で長距離バスを待っていたのか。
まだスタッフの紹介が続きます。

町にて。ここが舞台になるテキサスの町のようです。
役所兼警察といった感じの立派なビルにパトカーが来ます。
→1973 Dodge Polara
主人公のデューク保安官が登場。

出勤するデューク保安官。
部下のレニーが鏡でホールドアップの練習をしてます。
ジュニアから無線連絡です。ピングリー夫人がまた発砲した。
出動するデュークとレニー。

しかし外に出たとこでデュークはレニー1人だけで行かせてます。
デュークは違う用事があるようです。バスを待つと言ってます。

バスターミナルにて。
ここで待ってるデューク。そんなとこに長距離バスが到着します。
降りてきたポークに絡むデューク。
テュークに逮捕されて5年刑務所暮らしのポーク。十分に恨んでます。
道路の向かいから知り合いのルーシーに声をかけらるポーク。愛想はいい。
→1973 Dodge D-100 ClubCab
デュークにカリフォルニアに行くと言ってるポーク。その前にやることがある。

町工場にて。
知りあいのブーギーにコンタクトするポーク。
歓迎するブーギー。ビールを飲んで電話するポーク。
その前に見せたいものがあるとブーギー。それはポークのバイクです。修理済み。
バイクといえば映画だとハーレーですが珍しく違います。
→不明です。
そんなとこに黒人のオッサンの赤いトラックが来ます。
→1948 Ford F-Series
会う人が全員ポークの顔見知りです。さすがスモールタウン。
黒人のオッサンはクレオタス。
クレオタスがいなくなって遊びに行こうとブーギー。

メアリーの自宅にて。郊外です。
御婦人がクルマで出かけます。メアリーのママです。
→1958 Ford Custom 300 Styletone Fordor Sedan [73A]
パトカーのデュークとすれ違い挨拶してます。

メアリーにコンタクトするデューク。
洗濯物を干してるメアリー。息子がいます。
息子をお菓子で追っ払っていい感じになってるデューク。

酒場にて。
ポークとブーギー。
勝負しろとビリヤードになるがその前にメアリーに電話するポーク。
ビリヤードは英語で何て言った?→「ビリヤード」は英語でbilliardsまたはpoolと言います。カタカナ表記そのままでではないけどそれでいいみたい。

メアリーの自宅にて。
電話のベルが鳴って走って来てとるメアリー。
帰ってきたぞとポーク。息が荒いなとなる。
裏庭で仕事をしていたとメアリー。何の仕事だ?と突っ込みたくなる。
会話から息子の名前ケビンとわかります。

今から会いに行くポーク。母親がいるからと断るメアリー。
明日バーベキューがあるのでそこで会いましょうとなります。
デュークが来てメアリーと何だか微妙感じになってます。

酒場にて。
大勢にアメフトの話しをしてるポーク。
そんなとこに女を寝取られていると陰口が聞こえて激昂するポーク。
メアリー・リーがデュークと寝てる。これは事実のようです。
ポークは店から出てバイクで移動となります。このバイクは煙を吐いてるので2サイクルエンジンです。何だろう?
→不明です。残念。多分日本製のモトクロッサー。

メアリーの自宅にて。もう夜です。
寝ているメアリー。窓から入るポーク。泥棒か。
メアリーとご対面のポーク。ポークはやる気満々。
その前にデュークのことで不機嫌なポーク。
愛してくれと言ってくれとなりキスからセックスになったようです。
あとはオーバーラップで省略です。

翌日にて。
ベッドで一緒に寝てるポークとメアリー。
カリフォルニアに行くと主張するポーク。どうやって?とメアリー。
それはともかくメアリーも行くつもりみたい。

ケビンが入ってきます。息子とご対面のポーク。
アメフトのボールの飾りがついてネックレスをケビンにプレゼントするポーク。
今度はママが来てしまい布団に隠れるポーク。そんなわけで早く帰った方がいいとなります。
また窓から出ているポーク。ケビンに手を振ってバイクは少し押してここから離れています。さすがにすぐにエンジンをかけたら爆音で気が付かれます。

町の有力者C・J・クレインの屋敷にて。
ここにパトカーで来てるデューク。
ヘスス・メンデスを連邦議会に送り出す段取りのクレイン。
そんなとこにデュークが来ます。クレインに挨拶となる。

バーベキューの会場にて。公園みたい。
ポークとブーギーが来てますがすぐに単独行動になるポーク。
子豚を放して捕まえる子供が参加のゲームをやってます。商品は七面鳥。
風船を買うポーク。口は結ばなくていいとリクエストしてます。そうなるとどうなる。

クレイン一行のテーブルにいるデュークにコンタクトするポーク。
デュークに絡むポーク。うぬぼれ屋のチキン呼ばわりする。
ここは余裕を見せてるデューク。表へ出ろとなるがもう外なのでテーブルから離れる。
風船に入れたガスを吸って変な声にしてデュークを挑発するポーク。なるほど。

チアリーダーの行進を見てるポーク。アメリカのいいことです。
クレインの選挙活動の挨拶になってます。連邦議会議員候補のヘスス・メンデス。

ボール投げの射的をやってるケビン。メアリーにコンタクトするポーク。
子供のためにも父親は必要だと説得にかかるポーク。それでどうなる。
何だかいい感じになってます。しかしメアリーのママが来てしまった。

選挙演説が終わったら連邦議会議員候補のヘスス・メンデスは次の会場に行くようです。
デュークはヘスス・メンデスを護衛しています。
そんなとこにでいきなりヘスス・メンデスが撃たれて退場になります。これはビックリ。
すかさず暗殺者を撃って片づけるデューク。暗殺者から封筒を奪ってゴミ箱に隠す。
そんなわけで大騒ぎになってます。近くのトイレにいたポークは一部始終を目撃してたりします。それでどうなる。

クレインが来てデュークに何があった詰問する。
デュークは適当に答えてます。それだけ。

時間が経過して現場にて。
戻ったデュークがゴミ箱を探る。封筒はありますが中味はない。
これはビックリのデューク。誰かが中味を抜いたわけです。デュークにはわからないがポークです。
考え込むデューク。トイレを見てます。ポークがいたのを思い出したのか?

パトカー無線を使うデューク。
警察のレニーを呼んでポークを拘束しろと命じます。理由は前と同じ薬物所持にしとけ。

ブーギーの工房にて。
クルマの修理をしてるポークとブーギー。
→1939 Chevrolet
修理を急いでるポーク。その理由を話してます。
デュークと暗殺者はグルだった。これでと札束を見せます。2万5千ドルだ。
このカネで修理したクルマを買い取りメアリーと息子の3人でカリフォルニアに行く段取りのポーク。

クレインの牧場にて。牛囲い場です。
子牛相手にロデオの練習をしてるクレイン。
パトカーで来たデュークはクレインと打ち合わせになる。
カネを持ってきたか?とクレイン。そうなると黒幕はクレインのようです。
カネはなかったとデューク。そうなると雰囲気は悪くなる。
奴は金を持ってなかったと作り話をするデューク。
クレインは責任を持ってカネを返せとデュークに命じる。

ブーギーの工房にて。
レニーのパトカーがやってきます。無線でデュークもすぐに来るようです。
中から伺ってるポークとブーギー。これは大変。
まずはブーギーがレニーの気を引いてその隙にポークはバイクで脱出する段取り。
しかしブーギーは口下手でレニーが気付いてしまいます。

そんなわけでバイクを追うパトカーのカーアクションになります。
このシーンはYouTubeのカーアクションハイライトで見覚えがあります。
デュークは無線で指示をして他のパトカーも参加してきます。ジュニアその他。
片輪走行のパトカーはトラックとクラッシュする。横転したパトカーが爆発して火だるまスタントも入る。
レニー、ジュニア、デュークの3台で追ってます。
バイクは川を横断して大ジャンプで逃げる。パトカー2台は川に突っ込んで止まる。

バイクを追うデュークのパトカー。
線路に逃げ込むバイク。並走した道路を走って追うデュークのパトカー。
前から貨物列車が来たので踏み切りで危うく回避するバイク。
デュークのバトカーは貨物列車と接触してストップしてます。
バイクはウィリーして逃げています。そんなわけで逃げられてしまった。

夜、犬の鳴き声がしてます。
ポークは知り合いのクレオタスの小屋に接近する。
クレオタスに助けを求めるポーク。町から逃げたい。
あまり気乗りがしていないクレオタス。もう年だし。

メアリーの自宅にて。
メアリがベッドで本を読んでるとこにデュークが来ます。
ポークを見なかったかと?聞くデューク。メアリーが知らないと答えると激昂する。
部下が2人死んだと言ってるデューク。マジ?
メアリーを脅迫してます。明日男が1人死ぬ・・・

ブーギーの工房にて。
修理中のクルマを木製バットで破壊してるデューク。それにレニー。
ブーギーにポークの居場所を聞く。当然知らないと主張するブーギー。
ポーク・ジャクソンの逮捕状を持参してます。第一級殺人・・・
ブーギーに共犯になるぞと脅迫する。
レニーですがここにいるので当然死んでない。デュークのでっち上げです。
マジで知らないブーギーをボコボコにするデューク。

パトカーにブーギーを乗せて連行するデューク。
レニーは張り込むでここに残しています。

クレオタスの自宅の小屋にて。
ポークとクレオタス。
ドアの外に誰かがいると気がつくポーク。寝てるクレオタスを起こす。
来たのはブーギーです。デュークから逃げられたのか?
ズタボロのブーギーはデュークにやられた。ポークに修理中のクルマをやると言って死に至ります。
デュークを殺してやると意気込むポーク。落ち着けとクレオタス。

メアリーの自宅にて。
パトカーの見張りがいます。レニーとジュニア。
そんなとこにクレオタスの赤いトラックがやって来ます。ポークはトラックの下に隠れています。
クレオタスがお巡り2人の気を引いてる隙にポークがメアリーと息子の2人を連れて逃げる段取り。

メアリーにコンタクトするポーク。
3人でカリフォルニアに行くんだと説得のポーク。メアリーもその気になる。
メアリから人を殺したの?と聞かれるポーク。当然否定する。
追われているのはこの2万5千ドルでと札束を見せるポーク。デュークが暗殺者の警官の殺して奪ったカネだ。
事情説明が終わってメアリーとケビンを連れ出すポーク。

赤いトラックはデコイでパトカーを奪って逃げるようです。
そんなわけでパトカーで脱出するポークと2人。→1971 Plymouth Satellite
見張り2人は残ったパトカーで追います。

パトカーがパトカーを追うカーアクションになります。
レニーのパトカーを奪ったポーク。レニーとジュニアが乗ったパトカーが追う。
デュークのパトカーが向かってきますがパトカー2台をやり過ごしUターンして追ってきます。

ポークのパトカーは牧場地帯に逃げる。追うパトカー3台。
池に突っ込んでしまったポークのパトカー。万事休すです。
水面で悪戦苦闘のポークとメアリーを見てるデューク。余裕です。
そんなわけであっさりと捕まってます。

移動中のパトカーにて。
前席にデュークとレニー。
パトカーの後席のポーク、メアリー、ケビンの3人。

ポークはレニーに内幕をバラす。レニーはこの件には関わっていない。
ヘスス・メンデス殺し、誰の依頼なんだ?とデュークに聞く。
そうなるとデュークはどうする。

そのへんでパトカーをとめるデューク。ポークを引っ張りだす。
ちょうと離れた林の中でポークからカネを回収してます。
それからポークをボコボコにするデューク。

メアリーはレニーに殺されるらか止めてと訴える。
レニーはさすがに止めに入る。
手錠を外してやるからかかってこいと言って外したとこだったので反撃するポーク。
ハンドガンを奪ってレニーをホールドアップするポーク。
メアリーは撃たないでと止めてる。

2万5千ドルを取り返してパトカーで逃げるポーク。メアリーとケビンも一緒です。
その前にハンドガンを捨ててるポーク。大丈夫なのか。

ポークはどこかの家に接近してます。
そんなとこをいきなりショットガンが出てきます。

保安官事務所にて。
ようやく戻ってるデューク、レニー、ジュニアの3人。
デュークはジュニアに道路封鎖せよと命じてます。
レニーにはポークを殺人罪で指名手配しろと命じる。

デュークが自分のオフィスに戻ったらクレインがいました。
お前には失望したとこき下ろされるデューク。終わりだとダメを押される。
デュークはクレインを巻き添えにしてやると言うがクレインは自分は証拠を残していないしコネもあるので安全だとうそぶく。
このC・J・クレインは云々と言ったのでようやく名前がわかりました。
何故か溶暗が入ってます。初めて入ったみたい。

どこかの家に接近するポーク、それにメアリーとケビン。
誰の家なんだ?と思ったらこれまで登場してないオッサンでした。
ポークの父親の知り合いとのこと。名前はわからん。
ショットガンを撃ってくるオッサン。危ない。

ブルおじさんと呼びかけるポーク。お前のおじではないとオッサン。
オヤジが知り合いだ・・・
そんなこんなでようやく話しが通じてます。
クルマを貸してくれと頼むポーク。クルマはないがトラックはあるとブルおじさん。
→1964 Chevrolet C-10 Stepside [C1404]

そんなわけでブルおじさんの運転でトラックで移動となります。
幹線道路は非常線が張られているので町を突破するとブルおじさん。大丈夫なのか。

幹線道路の非常線を突破するトラック。やっぱりそうなってる。
パトカーが追ってきます。あのトラックはブル・パーカーだろうとすぐに名前が判明してます。何しろスモールタウンなので調べなくてもわかります。

タイニーのパトカーは黒のシボレー・トラックを追跡しろとデュークの無線です。
ブル・パーカーのトラックはエンジンを改造してやたら快速のようです。
何故か007のボンドカー並みにオイルを撒く機能もあるトラック。
そんなわけで次々とパトカーがスリップしてクラッシュしてます。2台退場する。
パトカー同志でクラッシュしてたりする。

脇道にはいるシボレー・トラック。まだパトカーは3台いる。
パトカーの1台が派手に納屋に突っ込んでます。

また幹線道路に出てカーチェイスになってます。
今度は道路で氷をトラックに積む作業に突っ込んでます。シボレー・トラックも追うパトカーも無事に通過したと思ったら最後のパトカーが派手に氷に突っ込んでます。

デュークのパトカーはどこかの商店倉庫に突っ込む。
ここで同乗していたレニーは置き去りになる。死んではいない。

シボレー・トラックとデュークのパトカーが軽く接触したとこでブル・パーカーもトラックから降りてます。あとはポークが運転する。
ブル・パーカーは長距離バスに乗り込んでます。ノガレス行きの長距離バス。

シボレー・トラックとデュークのパトカーのカーチェイスです。
砕石場みたいとこに突入してクルマをぶつけ合ってます。
崖から転落するデュークのパトカー。川だか湖に転落する。爆発はしない。
水中に沈むパトカー。これでデュークは退場となります。

ポークは町に戻って疑いを晴らすんだ。それからカリフォルニアに行こうと言う。
そんなわけで町に戻るシボレー・トラック。
エンドとなります。

後タイトル
スクロールするキャスト、スタントマンの紹介
スクロールしないスタッフの紹介
American International release (AIP)
MGM Home Entertainment


そんなわけで1970年代アクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.04.08

Hollywood Express #819◆2019.04.05(金)

◆この文はネタバレ全開になっています。
◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。

◆news flash
◆キアヌ・リーブス主演の『ジョン・ウィック』シリーズ最新作 John Wick: Chapter 3 - Parabellum (2019) の最新予告編が公開された話題。豪華キャストになってます。5月公開予定。
◆ビデオクリップ Come As You Are から、『キャプテン・マーベル』 Captain Marvel (2019) の影響で1990年代音楽の人気が上がってる話題。
◆ Us (2019) から、ルピタ・ニョンゴのインタビュー。監督から撮影前から大変な撮影になると言われたそうです。
◆アニメTVシリーズ『ドーラといっしょに大冒険』 Dora the Explorer TV Series (2000–2015) の実写版 Dora and the Lost City of Gold (2019) の話題。イザベラ・モナー主演。8月公開予定。
◆『ビルとテッドの地獄旅行』 Bill & Ted's Bogus Journey (1991) から、最新作 Bill & Ted Face the Music (2020) にもウィリアム・サドラーの死神が登場する話題。意外と人気キャラなのかもしれない。
◆『アベンジャーズ』シリーズの最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』 Avengers: Endgame (2019)の予告映像の話題。何だか思わせぶりな感じになってるそうです。
◆元は舞台ミュージカルのミュージカル映画『野郎どもと女たち』 Guys and Dolls (1955) のリメイク Guys and Dolls の話題。まだ監督もキャストも誰なのかわからんようです。果たしてどうなる?。

◆red carpet
◆『シャザム!』 Shazam! (2019) のプレミアの風景。ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロングのインタビューがあります。

◆inside look
◆『ダンボ』 Dumbo (2019) のメイキング。ダニー・デヴィード、エヴァ・グリーン、コリン・ファレルのインタビューがあります。
◆ The Mustang (2019) のメイキング。ロール・デ・クレアモント=トネール監督、マティアス・スーナールツ、ジェイソン・ミッチェルのインタビューがあります。じいさん役はブルース・ダーンなのか?→そのようです。

◆Hollywood gossip
◆ニコラス・ケイジがあっという間の4日で離婚した話題。酔っていたそうです。結構凄い。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ The Best of Enemies (2019) ロビン・ビッセル監督、タラジ・P・ヘンソン、サム・ロックウェル主演の人種差別ドラマ。公民権運動と黒人差別の話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆『シャザム!』 Shazam! (2019) デヴィッド・F・サンドバーグ監督、ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロング主演のDCコミックスのアメコミアクション。アメコミな話しのようです。女優さんはグレース・フルトン、マルタ・ミランス。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ Pet Sematary (2019) のケヴィン・コルシュ、デニス・ウィドマイヤー監督、ジェイソン・クラーク、エイミー・サイメッツ主演の『ペット・セメタリー』 Pet Sematary (1989) のリメイク・ホラー。死んだペットでホラーする話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が The Beach Bum (2019) ハーモニー・コリン監督、マシュー・マコノヒー、スヌープ・ドッグ主演のラリラリ・コメディ。麻薬大好きの詩人がラリって色々とある話しのようです。女優さんアイラ・フィッシャー。興行収益totalは170万ドル。
◆9位が A Madea Family Funeral (2019) タイラー・ペリー監督主演、キャッシ・デイヴィス主演の『マディアおばさん』シリーズの最終作のはずのコメディ。葬式で色々とある話しのようです。興行収益totalは7000万ドル。何だかんだでヒットしてます。
◆8位が Hotel Mumbai (2018) アンソニー・マラス監督、デヴ・パテル、アーミー・ハマー主演のテロドラマ。ムンバイのホテルがテロリストに襲撃され命がけのかくれんぼになる話しのようです。興行収益totalは330万ドル。
◆7位が How to Train Your Dragon: The Hidden World (2019) ディーン・デュボア監督、ジェイ・バルチェル、アメリカ・フェレーラVCの3D CGアニメ。ドラゴンと色々とある話しのようです。Mad Hatter Entertainment/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは1億5310万ドル。
◆6位が Wonder Park (2019) ジョシュ・アッペルバウム、アンドレ・ネメック監督、ミラ・クニス、ジェニファー・ガーナーVCの3D CGアニメ。空想の遊園地が実体化して悪戦苦闘する話しのようです。Ilion Animation Studios/Midnight Radio/Nickelodeon Movies/Paramount Animation/Paramount Pictures製作配給。興行収益totalは3790万ドル。
◆5位がが Five Feet Apart (2019) ジャスティン・バルドーニ監督、ヘイリー・ルー・リチャードソン、コール・スプラウス主演の難病ロマンス。病気のため6フィート離れてロマンスする話しのようです。興行収益totalは3580万ドル。
◆4位が Unplanned (2019) チャック・コンツェルマン、ケイリー・ソロモン監督、アシュリー・ブラッチャー、ブルックス・ライアン主演の中絶ドラマ。中絶反対運動で色々とある話しのようです。興行収益totalは630万ドル。キリスト教原理主義者は中絶には反対の立場です。
◆3位が『キャプテン・マーベル』 Captain Marvel (2019) アンナ・ボーデン、ライアン・フランク監督、ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ主演のマーベルアメコミアクション大作。アメコミな話しのようです。興行収益totalは2億5390万ドル。
◆2位が Us (2019) ジョーダン・ピール監督、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク主演のアイデンティティー・ホラー。バカンスで同一人物=ドッペルゲンガーと家族で遭遇しホラーする話しのようです。興行収益total1億2780万ドル。1億ドルに達してます。おめでとうございます。今週のハイライトでは金属バットが登場してます。アメリカでは普通は木製バットなのに珍しい。金属バットといえば金属バット一家皆殺し事件で有名な日本が本場なんですが。
◆1位が『ダンボ』 Dumbo (2019) ティム・バートン監督、コリン・ファレル、マイケル・キートン主演のディズニー実写路線のファンタジー・ドラマ。ダンポの話しのようです。女優さんはエヴァ・グリーン。興行収益totalは4590万ドル。スタジオ側の皮算用より低調な興行のようです。

◆ending
◆Arcade Fire's “Baby Mine” from “Dumbo (2019)”


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


2019.04.06

『続きを読む』機能の代わりがありました

◆何となくココログの設定を見てたらブログ詳細設定の『表示方法』で『自動で概要を表示』を有効、「概要」の文字数は40がデフォルトでそのまま。これで設定を保存すれば以前の『続きを読む』機能と同じ感じに表示されました。
◆1つの記事ごとにやっていた『続きを読む』をココログ全体の『自動で概要を表示』設定でやるわけです。
◆そんなわけでまた記事をアップ出来る見込みになりました。

◆これでトップページにタイトルを並べることが出来そうです。ぶっつけ本番は危険なのでテストをやろう。この記事がテストです。

◆肝心のアクセス数ですが映画感想のアップを休んでもあまり変わりません。
◆もう毎週映画感想2本立てでアップすることにこだわらずバイク記事等と交代でアップしてもいいと思えてきた。

◆バイクネタです。私が今回買ったパイクを選んだポイント。
◆ネオクラシックデザインのXSR700と、XSR700のベースになった現在のデザインのMT-07を比べました。
◆私としては年月を経て同じヤマハのTX650とかXT500のように名前が残るバイクが買いたいと思っていたので、ここは現在のデザインのMT-07にしたわけです。
◆MT-07は年月を経ても名前が残ると思えます。XSR700はわからん。

◆馬鹿らしい免許制度の400ccのバイクは絶対に買わないと決めてました。
◆400ccのバイクは馬力は十分だけど何かもの足りない。車検があるバイクにしても排気量が少ない。そんな感じもあって400ccのバイクだけは買わないと決めてました。
◆日本人にあった車重になる排気量が400ccというエクスキューズはデタラメです。車重なんてエンジンとフレームの構造次第でどうにでもなりますから。

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

2019.04.01

Hollywood Express #818◆2019.03.30(土)

◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
◆なおこの文はネタバレ全開になっています。

◆news flash
◆4館限定公開の馬ドラマ The Mustang (2019) の興行がよい話題。そんなわけで拡大公開されるそうです。
◆ジャッキー・チェンのインタビュー。新作 Climbers (2019) は山岳ドラマでエベレスト登山に初めて成功した中国人を演じるそうです。
◆ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のリブートSF大作『砂の惑星』 Dune (2020) の撮影が始まった話題。ティモシー・シャラメ、ジョシュ・ブローリン、オスカー・アイザック、ハビエル・バルデムとキャストは豪華です。女優さんはレベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ、シャーロット・ランプリング。
◆『トイ・ストーリー』シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』 Toy Story 4 (2019) の予告編が公開された話題。全米で6月公開予定。Pixar Animation Studios/Walt Disney Pictures製作配給。
◆キアヌ・リーヴスとアレックス・ウィンターのインタビューから、お馬鹿コメディ『ビルとテッド』シリーズ最新作 Bill & Ted Face the Music (2020) が製作される話題。何故かウィリアム・サドラーの死神もまた出るようです。
◆ Us (2019) からジョーダン・ピール監督のインタビュー。ドッペルゲンガー・ホラーですが人種問題も入ってるそうです。
◆クエンティン・タランティーノ監督の新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 Once Upon a Time in Hollywood (2019) の予告編が公開された話題。シャロン・テイト役のマーゴット・ロビーはシャロン・テイトと比べて顔の輪郭が違ってて全く似ていないけど何とかなるんでしょう。

◆red carpet
◆ The Aftermath (2019) のプレミアの風景。キーラ・ナイトレイ、ジェイソン・クラーク、アレクサンダー・スカルスゲールドのインタビューがあります。

◆inside look
◆ Us (2019) のメイキング。ジョーダン・ピール監督、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デュークのインタビューがあります。ドッペルゲンガーに悪戦苦闘する話しのようです。そんな感じで1人2役演技になってるそうですが普通の俳優なら余裕でこなせます。
◆ Hotel Mumbai (2018) のメイキング。アンソニー・マラス監督とデヴ・パテルのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆エミリア・クラークが脳出血で闘病生活をしてた話題。そんなわけで病気関係のチャリティ活動をしているそうです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆『ダンボ』 Dumbo (2019) ティム・バートン監督、コリン・ファレル、マイケル・キートン主演のディズニー実写路線のファンタジー・ドラマ。ダンポの話しのようです。女優さんはエヴァ・グリーン。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆ The Mustang (2019) ロール・デ・クレアモント=トネール監督、マティアス・スーナールツ、ギデオン・アドロン主演の馬ドラマ。囚人が馬で立ち直る話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければ最高なんですが実際にそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が『アリータ: バトル・エンジェル』 Alita: Battle Angel (2019) ロバート・ロドリゲス監督、ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ主演の木城ゆきと原作コミックの実写SFアクション。出生の秘密の話しのようです。興行収益totalは8380万ドル。
◆9位が『レゴ(R)ムービー2』 The Lego Movie 2: The Second Part (2019) マイク・ミッチェル監督、クリス・プラット、エリザベス・バンクスVCの3D CGアニメ。誘拐騒動で色々とある話しのようです。Vertigo Entertainment/Warner Animation/Warner Bros.製作配給。興行収益totalは1億330万ドル。
◆8位が Gloria Bell (2018) セバスチャン・レリオ監督、ジュリアン・ムーア、ジョン・タトゥーロ主演のドラマ。中年カップルが色々とある話しのようです。興行収益totalは230万ドル。
◆7位が No Manches Frida 2 (2019) ナチョ・G・ベリーリャ監督、オマール・チャパーロ、マルタ・イガレータ主演のスペイン語コメディ。話しの方はよくわからん。興行収益totalは660万ドル。
◆6位が A Madea Family Funeral (2019) タイラー・ペリー監督主演、キャッシ・デイヴィス主演の『マディアおばさん』シリーズの最終作のはずのコメディ。葬式で色々とある話しのようです。興行収益totalは6570万ドル。
◆5位が How to Train Your Dragon: The Hidden World (2019) ディーン・デュボア監督、ジェイ・バルチェル、アメリカ・フェレーラVCの3D CGアニメ。ドラゴンと色々とある話しのようです。Mad Hatter Entertainment/DreamWorks Animation/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは1億4570万ドル。
◆4位が Five Feet Apart (2019) ジャスティン・バルドーニ監督、ヘイリー・ルー・リチャードソン、コール・スプラウス主演の難病ロマンス。病気のため6フィート離れてロマンスする話しのようです。興行収益totalは2620万ドル。
◆3位が Wonder Park (2019) ジョシュ・アッペルバウム、アンドレ・ネメック監督、ミラ・クニス、ジェニファー・ガーナーVCの3D CGアニメ。空想の遊園地が実体化して悪戦苦闘する話しのようです。Ilion Animation Studios/Midnight Radio/Nickelodeon Movies/Paramount Animation/Paramount Pictures製作配給。興行収益totalは2920万ドル。
◆2位が『キャプテン・マーベル』 Captain Marvel (2019) アンナ・ボーデン、ライアン・フランク監督、ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ主演のマーベルアメコミアクション大作。アメコミな話しのようです。興行収益totalは2億2070万ドル。
◆ Us (2019) ジョーダン・ピール監督、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク主演のアイデンティティー・ホラー。バカンスで同一人物=ドッペルゲンガーと家族で遭遇しホラーする話しのようです。興行収益totalは7110万ドル。これはビックリの大ヒットになってます。おめでとうございます。

◆ending
◆Garbage's “Only Happy It Rains” from “Captain Marvel (2019)”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。