映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #809◆2019.01.26(土) | トップページ | 『ハードコア』(2015年) »

2019.02.02

『アンデッド刑事<デカ> 野獣捜査線』

この作品は、M・ショーン・クラーン監督、キム・コーツ、タイラー・ロス主演のアメコミ・ポリスアクションようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2016年 Blackmrkt incorporated production/Man of Action entertainment production/Traverse Media production/diamond film productions/voltage Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆95分
原題◆Officer Downe
プロット◆不死身の警官が活躍する話しのようです。
音楽◆M・ショーン・クラーン、カイル・シャーロッド、サイコシス・インダストリーズ

キャスト
キム・コーツ→不死身のテリー・ダウン巡査
タイラー・ロス→白人のゲーブル巡査
ローレン・ルナ・ベレス→黒人女性の署長

ソーナ・イーンビー→殺し屋の禅マスター フラッシュ
メドウ・ウィリアムズ→武器売買組織のマザー シュプレーム
アリソン・ローマン→白衣の尼僧

レノ・ウィルソン→オッサンのカーター テリー回収班
ブルーノ・ガン→黒人のフリッチ テリー回収班
トレーシー・ビラー→黒人女性ののハンゾ テリー回収班

コリー・テイラー→ドラッグ工房のハードケース/ハリー
グレン・ハワートン→交渉人のドミニク

M・ショーン・クラーン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のアメコミアクションになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 2.0ch

番組一覧
音声は5.1ではありません。普通のステレオ。

voltage Pictures ゲーム『ミスト』みたいCGが印象的。
diamond film productions

プロローグ
アメコミ画面をバックにモノローグで始まってます。
街が荒れている。フォーチュン500なる組織がのさばってる。
マザー・シュプレームなる人物もいる。
そんな感じでアメコミキャラの紹介になってます。
ゲーブル巡査、白人新人警官です。

いきなりクリニングスの主観ショットが入る。
行かせた回数でカウントされるメーターが出てきます。
orgasm counter ホームにビジター。14回でボーナス。何だかわからん。
終わったとこで主人公のテリー・ダウンの市民の義務さと決めセリフが入る。
クズどもの街ロサンゼルスへ出動のテリー・ダウン。

ドラッグ工房にて。
究極のドラッグだとご満悦な男が登場。ハリーまたはヘッドケース。
お前を逮捕するとテリーが乗り込んできます。撃たれても平気です。
追いつめられたハリーはリモコンのボタンを押すと大爆発になってます。

Officer Downe

本編です。
爆発の現場検証にて。
テリーは死んだだろうとなってます。黒焦げのテリーの死体が回収される。

白人若い警官ゲーブルが自室で鏡を前にやる気を見せています。

警察にて。
署長に呼ばれるゲーブル巡査。

ゲーブルと署長。署長は黒人女性です。
会話からまだゲーブルは交通巡査のようです。それで抜擢されて異動になるわけです。
フォーチュン500の話題になります。

フォーチュン500のアジトにて。
SMコスプレのアジア系男が登場。手下のようです。
幹部3人に報告となります。動物のマスクをかぶっています。仮面ライダーの怪人みたい。
ロス市警の野獣にハリーのドラッグ工房を爆発された・・・
そんなわけで対策会議になり禅マスター フラッシュを雇うことになり電話する。

禅マスターフラッシュは指2本で逆立ちが出来ます。
しかし携帯電話はスマートフォンではない。それでも依頼を引き受けてます。
フラッシュには手下が大勢います。当然ニンジャ軍団。
そんな感じでアメコミアクションになってます。

警察にて。
エレベーターで下ってるゲーブル巡査と署長。色々と説明してる署長。
降りたとこはラボです。

地下階のラボにて。
毒には毒をと持論を展開する署長。聞いてるゲーブル巡査。
そんなわけで黒焦げのテリーの死体の復活作業になります。
電気の使いすぎで地上のオフィスの灯が点滅してます。
復活作業は成功しました。外見はゾンビではなく普通に戻ってる。

やる気満々の復活したテリー。
特製ハンドガン。リボルバーなのにマガジンがあって銃身は水平2連。めちゃくちゃです。
それ突入用鐘つき棒。
そんな感じでお構いなしで1人で専用車で出動してます。走る死に神 moving death
→ Made for Movie MRAP Freemanator Light

ゲーブル巡査はテリーの援護というか見張りのような感じ。
とにかくやる気はあるゲーブル巡査。
カーター、フリッチ、ハンゾの3人がテリー回収班みたい。
ゲーブル巡査はパトカーで追跡となります。黒人巡査の運転手付だ。

ビルの屋上にて。
フードをかぶったフラッシュが手下達に説教をする。
亜硝酸何とかも使ってる手下達。動きがよくなり勃起もする。

教会にて。別の組織のアジトです。
男が来ています。タバコを出して教会のロウソクで火をつける。いいのか。
尼僧が来ます。これがアリソン・ローマンです。

マザー・シュプレームに交渉に来たと称す男。ドミニクと名乗る。
交渉は最初から難航してます。マザーは武器商人でした。
そんなわけでドミニクはマザーの手下達に撃ちまくられて退場となります。
しかしドミニクはまだ死んでないみたい。誰なんだ?

教会付近にて。
ゲーブル巡査と警官隊が待機してます。
テリーが一暴れしてから突入するようです。ゲーブル巡査は早く行きたがる。
会話で『リーサル・ウェポン』シリーズの話題になってます。

教会の死体置き場にて。
いきなりシルエットでテリーが登場。そうなるとドミニクとは別口なのか?
そんなわけで激しく銃撃戦になってます。不死身っぷりを発揮してるテリー。

教会付近にて。
いつの間にかゲーブル巡査が消えてます。勝手に突入したようです。

教会にて。
突入してるゲーブル巡査。

テリーとマザーと対峙してます。銃撃戦は継続してる。
ダメージが大きくなって倒れるテリー。そんなとこにゲーブル巡査が来ます。
そんなこんなでテリーがアリソン・ローマンを撃つ。頭が吹っ飛んで退場となります。
テリーはマザーの肩を撃って動きを止める。手錠をかけられるマザー。
それでもマザーを撃とうとするテリーですが倒れる。
ようやく警官隊が突入してきます。
黒味が入ります。

警察にて。
ゲーブル巡査と署長。
見込み違いだったとゲーブル巡査に愚痴が出てる所長
カーター、フリッチ、ハンゾのゲーブル巡査に対する評価も悪いみたい。
そんなわけで交通巡査に戻るかもう1回チャンスの選択になるゲーブル巡査。

ロッカールームにて。
ゲーブル巡査はテリーのロッカーを開けて中を見る。
そんなとこに白衣の男がいきなり出現してます。いなくなってからそのあたりのロッカーを見ると中が緑色に光ってます。
そのロッカーに突入するゲーブル巡査。
ロッカーの中から秘密の通路になってます。奥に進むゲーブル巡査。

たどり着いたとこはサブレベル5ウエスト。要するに地下5階です。
ここもラボです。研究員の男がいます。その他には車イスの面々が大勢います。
研究員の説明だとルー・ゲーリッグ病だが念動力を持ってる面々とのこと。
死者を復活させるエネルギーがある念動力。とにかくそうなってます。復活の方程式と称してます。

まだ生きてる当時のテリー・ダウンの写真があります。
バイク事故から感電事故で死んだテリー。それで実験台になったた。25年ほど前。
それから超能力者の面々は全員ボランティアとか。ボランティアはただ働きのことではなく志願することです。そんなわけでただ働きではない。日本では強制ただ働きになってるけど。

テリーが来てます。超能力者達を見ています。
ゲーブル巡査に話しかけるデリー。教会の話しをするゲーブル巡査ですがテリーにはその記憶がないようです。

警察前で私服で張り込んでるゲーブル巡査。クルマです。
→2003 Toyota Matrix [ZZE132]
クルマで出動したテリーを尾行する。

テリーはまたorgasm counterをやってます。
これを窓から覗いてるゲーブル巡査。そのうちに眠り込んでます
目が覚めたらもうテリーはいない。こまったものです。

フォーチュン500のアジトにて。
ライバル組織のマザーが逮捕された。それでどうするとなってる幹部3人。
雇ったフラッシュは何してるとこき下ろしにもなってます。

警察用バーにて。
ここで飲んでるゲーブル巡査。同僚3人が絡んできます。
お前達はバットマンとロビンか?とか。
バーテンのオッサンが止める。ママ御用達の仕置き棒を出す。

クルマで移動中のテリー。
カセットテープで音楽を聞いてます。ある時点で時間が止まってることがよくわかる。

警察用バーにて。
今度は仲良く4人で飲んでます。
テリーを何で嫌うと聞くゲーブル巡査。
会話からカーターが黒人とわかる。そうなると3人のキャストはわかった。
Reno Wilson Carter
Bruno Gunn Fritch
Tracy Vilar Hanso
この3人をテリー回収専門班のようです。
殉職は1度だから尊いもので何回もやると有り難みがなくなると言ってるフリッチ。

クルマで移動中のテリー。
昔の記憶がフラッシュバックが入ってます。それでどうなる。

警察用バーにて。
テリーでやばい実験をやってるのでは?という話題になります。
奴はボリス・カーロフか?と映画ネタが入るが伝わらない。
『フランケンシュタイン』(1931年)
で、奴はフランケンシュタインなのか?となるとそうではなくフランケンシュタインのモンスターだと定番の訂正をするゲーブル巡査。

クルマで移動中のテリー。
フラッシュバックがまだ入ってます。
独り言で自分に疑問を持ったことは?と言ってます。
ジーザーズ・サイナイ病院で事件発生の無線連絡が入りそこへ向かいます。
黒味が入ります。

病院にて。
フラッシュと手下達が大虐殺をやらかしてます。
これだけ騒ぎを起こせばテリーがやってくるだろうとご満悦のフラッシュ。
言うだけ言ってボスのフラッシュはテレポートでいなくなる。
そんなとこにテリーのクルマが突っ込んできます。

警察用バーにて。
まだ飲んでる4人。
そんなとこにシーダーズで虐殺事件の知らせが入り出動となります。

病院にて。
クルマから降りたテリー。しかし相手が見えない。
テレポートでフラッシュがあらわれて口上を述べる。すぐに消えます。
入れ替わりで手下達が押し寄せてアクションとなります。

アクションは延々と続きます。
突入棒とハンドガンの組み合わせで戦うテリー。
ニンジャ軍団の手下達は激しく戦ってます。
ハンドガンを刀で真っ二つにされます。これは大変。形勢不利になる。
そんなわけで袋だたき状態にされつつあるテリー。
フラッシュがまた出てきてもっと強いと思っていたとこき下ろす。
そんなわけでフラッシュのライダーキックがとどめの一撃になってるテリー。
これから第2段階に入るとうそぶくフラッシュ。

フォーチュン500のアジトにて。
祝杯をあげてる幹部3人。そんなとこにSMアジア男の報告です。
テリーはフラッシュに連れ去られた・・・

病院にて。
ようやく突入してる警官隊。4人は私服のままです。
当然テリーはいない。テリーの手首が落ちてます。ゲーブル巡査にはわかるのか?。
黒味が入ります。

キング郡刑務所にて。通称ネズミの巣。
逆さ吊りのテリー。ご満悦なフラッシュ。
囚人達に痛めつけられのテリー。

警察にて。シャワールームか?
ゲーブル巡査と黒人巡査のカーター。テリーは何処に行ったと話しこむ。
それでテリーに関する資料をゲーブル巡査に渡すカーター。
『1970年代後半におけるテリー・ダウンの資料』を読み始めるゲーブル巡査。
警官職務中に死亡。
そんなこんなでまたやる気になって出動するようです。

ゲーブル巡査と署長。
泥酔してて彼のことはもう終わったといい始める署長。
ゲーブル巡査はまだ終わっていないと主張する。
念力者達の話しを始めるゲーブル巡査。何で知ってる?と驚く署長。
遠方のテリーに念力を送れば復活するとゲーブル巡査。場所がわかればもっといいのか。

キング郡刑務所にて。
いよいよ本格的に袋だたきにされてるテリー。

警察にて。
ゲーブル巡査と署長。超能力者達のところに来てます。まだ口論してる。
テリーの体がないと無理なんだと署長。
ここの研究員は遠距離の蘇生はまだわからんと言ってるし。
そんなこんなで署長が折れて遠距離蘇生になります。
ゲーブル巡査は超能力者達を激励してます。これは効果があると思える。

このへんは警察と刑務所のカットバックになってます。

刑務所にて。
何だかテリーはダメそうな感じ。
それでもようやく逆さ吊りから下ろされているテリー。
それはフラッシュがとどめの一撃を加えようとするからです。
ここでフラッシュにストップがかかります。マザーでした。

警察にて。
大量の念動エネルギーが行き場を無くしてると報告する研究員。

刑務所にて。
マザーはテリーを踏みつけにして宗教的言葉責めをやってます。

警察にて。
超能力者には死亡者が出ています。負荷がかかり過ぎらしい。
そんなわけで遠距離蘇生は中断してます。

刑務所にて。
そんなわけでテリーはこれで死に至りそうになってます。

警察にて。
何となく遠距離蘇生が再開してます。とにかくそうなってる。

刑務所にて。
テリーの心象風景なのかチカチカと点滅シーンが入ってます。これはアラートを入れる必要があるぐらい大量に入ってます。アラートはなかった。

いきなり復活するテリー。
マザーの脚をもいでとる。これでマザーは退場となります。
フラッシュはテレポートで逃げてます。
テリーはまた反撃して延々とアクションシーンになってます。

警察にて。
署長がまずいと言ってますが何だかわからん。
そんなとこにキング郡刑務所で大規模な暴動がと報告が入り出動となります。
これがまずいことらしい。

フォーチュン500のアジトにて。
フラッシュから電話で刑務所で暴動だと伝えられる。激怒する幹部3人。
幹部3人にお前らにはビジョンがないとこき下ろすフラッシュ。
お前はクビだと言われたフラッシュを必ず幹部3人を見つけて処刑してやると宣言する。
これは大変となってる幹部3人。

刑務所にて。
テリーはフラッシュを逮捕しようとする。しかし余裕のフラッシュ。
格闘アクションになりますがテリーは押されっ放し。これは大変。
念動力が伝わったのか反撃してフラッシュの目玉をえぐり出すテリー。
フラッシュを刑務所の窓から放り出す。これでフラッシュは退場となります。これで幹部3人は助かってる。
力尽きたテリーも倒れてます。
ようやく警官隊が来ました。テリーを発見して回収してます。
黒味になります。

警察のラボにて。
テリーの復活作業の準備になってます。

これを見ているゲーブル巡査と署長。
復活はしない方がいいと主張するゲーブル巡査。
何で今更といった感じの署長。
そんな感じで生かす生かさないの議論になってます。

そんなこんなでテリーの復活作業が始まります。
復活はしたけど精神状態が不安定と報告される。
彼らの様子が見たいと言ってるテリー。

超能力者のラボにて。
ここに来てるテリー。それにゲーブル巡査と署長。
空いてる車いすもあります。死亡者が出ていたからです。
車いすの女性を見て涙を流すテリー。何の関係があるのか?わからん。

ゲーブル巡査に全てを理解をと言ってるテリー。
それでテリーはすぐに出動するようです。
黒味がはいります。

エピローグ
街にて。
クルマに乗ったロクデナシ達が登場。やりたい放題だぜと盛り上がってる。
このクルマが1970年代のダッジ・チャレンジャーです。もったいない。
→1970 Dodge Challenger
そんなところに白バイに乗ったテリーが登場。逮捕すると決めセリフのテリー。
→Harley-Davidson FLHP Electra Glide
エンドとなります。

後タイトル
オフィサー・ダウンの歌が入ります。
スタッフの紹介

Kim Coates Officer Downe
Tyler Ross Gable
Luna Lauren Velez Chief Berringer (as Lauren Luna Vélez)
Sona Eyambe Zen Master Flash
Reno Wilson Reno Wilson ... Carter
Bruno Gunn Bruno Gunn ... Fritch
Alison Lohman Sister Blister
and
Meadow Williams Mother Supreme

A Blackmrkt incorporated production
A Man of Action entertainment production
A Traverse Media production
A diamond film production presentation

スクロールする後タイトル
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで普通のアメコミ・アクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #809◆2019.01.26(土) | トップページ | 『ハードコア』(2015年) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『アンデッド刑事<デカ> 野獣捜査線』:

« Hollywood Express #809◆2019.01.26(土) | トップページ | 『ハードコア』(2015年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。