映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『真夜中の狂気』 | トップページ | Hollywood Express #809◆2019.01.26(土) »

2019.01.27

『ヒッチハイク』

この作品は、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ監督、フランコ・ネロ、コリンヌ・クレリー、デビッド・ヘス主演のヒッチハイク・エロサスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1976年 イタリア=アメリカ作品
ランニング・タイム◆104分
原題◆Autostop rosso sangue
プロット◆ヒッチハイクで悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆エンニオ・モリコーネ

キャスト
フランコ・ネロ→小物な性格の夫ウォルター
コリンヌ・クレリー→倦怠期の妻イブ
デビッド・ヘス→強盗殺人強姦のアダム

ジョシュア・シンクレア→強盗一味のオークス (as John Loffredo)
カルロ・プリ→強盗一味のホッド
イグナチオ・スパラ→Bar Owner (as Pedro Sanchez)

パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ監督の演出はよいと思います。
全体的に奇跡的に上手く出来てます。

主役3人のキャスティングが素晴らしい。完璧です。
この作品の出来をよくしてます。素晴らしい。
イブを演じるコリンヌ・クレリーは全編ノーブラで通してます。素晴らしい。それだけではなくクルマを運転するだけでも素晴らしい。
デビッド・ヘスは変態で素晴らしい。
フランコ・ネロはハスキー犬のようなブルーの瞳。小物っぷりが素晴らしい。

フィルム・ノワールで『ヒッチ・ハイカー』(1953年)という佳作もあります。

株式会社マクザム発売のBlu-rayにて。
画質は非常によいです。凄い高画質。ボカシもない。このための高画質なのか。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は DTS-HD MSTR stereo 実際は音楽も効果音もモノラルです。

読み込み中
マクザムのタイトル
読み込み中

タイトル
Franco Nero Walter Mancini
Corinne Cléry Eve Mancini
David Hess Adam Konitz
in

Autostop rosso sangue

un film de Pasquale Festa Campanile

con
Joshua Sinclair Oaks (as John Loffredo)
Carlo Puri Hawk
スタッフの紹介
音楽は巨匠エンニオ・モリコーネです。これはビックリ。
タイトルバックはライフル銃のスコープで夫人を狙う主人公です。
倦怠期の夫婦がハンティングに来ている設定。
ライフル銃ですが22口径なのかと思ったが鹿狩りしてるので違うみたい。

マジで鹿を積んで4WDで移動となってます。多分ランドローバー。
→1961 Land-Rover 109'' Series IIa Station Wagon
この4WDは右ハンドルです。どこ仕様?ここはどこの国なの?といった感じ。

移動中の4WDにて。
助手席で酔っぱらってる旦那のウォルター。
運転してる夫人のイブ。

倦怠期なのでさっそく口論になってます。
君の頭を狙っていたと嫌味のウォルター。鹿と君の肉とどっちが上手いか?なんて嫌味の連発になってます。
4WDを止めて嫌がるイブとセックスするウォルター。
途中からその気になってるイブ。倦怠期の夫婦は色々と面倒です。

夜のキャンプ場にて。
大勢います。ここはどこなの?と思うとわざとらしくアメリカ国旗が見えたりします。
そうなるマカロニウエスタンの頃からロケしていたスペインの山中だと思う。

酔っぱらって中年夫婦に下ネタを口走るウォルター。
鹿より俺の女房のケツの方がうまいと言ってる。
ウォルターがいなくなると下品な酔っ払いと言われてる。そりゃそう言われる。

保険屋のハリーとルーシー夫人と会話になるウォルター。
自分の名前が思い出せないウォルター。俺は誰だ?なんて言ってる。

マジでキャンピングカーのイブに自分の名前を聞きに行くウォルター。
そのイブは素っ裸で着替え中なので困惑する。
さっそくイブを押し倒してるウォルター。そこら中に聞こえてます。
近くであきれてる保険屋夫婦。

キャンプファイヤーにて。
ギターの弾き語りの歌が入ります。歌で盛り上がってる。
つまらなそうにしてるウォルターとイブ。若いカップルを見てる。

その若いカップルはそのへんに行ってセックスになってます。
それを見て彼らのは愛で、私たちはファックなのよと愚痴のイブ。
だからどうしたと開き直るウォルター。

保険屋のテントにつまずいて因縁をつけるウォルター。こまったものです。
旦那は低俗な三流記者なので気にしないでと言ってるイブ。マジで不仲です。

このへんのシーンは見たことがないTV放映ではカットされていたようです。

キャンピングカーを引いて移動中です。
クルマはフォードの大型4ドアセダン。
→1963 Ford Galaxie 500 Town Sedan [54A]
カーラジオをつけると警官が撃たれたニュースです。
ウォルターは昨夜転んで手にケガをしてます。愚痴が出てる。
早くロサンゼルスに帰りたいとイブ。セリフだけでアメリカにしてます。

ヒッチハイクしてる男が登場。
また口論になるが反対してるウォルターに反抗してヒッチハイカーを乗せるイブ。
乗ったのがデビッド・ヘスなので最初から普通ではない。
自分のクルマのラジオを切ってくると言ってます。実はクルマ内には頭を撃たれた死体があったりします。
→1967 Pontiac LeMans

移動中のクルマにて。
アダム・コーニッツと名乗るヒッチハイカー。
俺はマンチーニ、妻はイブと紹介するウォルター。
そうなるとアダムとイブだとご満悦のアダム。

口笛を吹いてるアダム。
ウォルターがラジオをつけると警官が死んだニュースです。
犯人の1人が重体。共犯者は3人。4人組の強盗。
白とグレーのクルマで南方に逃走中。メキシコ国境を目指してると推測される。

バーストはこの近くだわとイブ。
父の機嫌をとるために仕事したらとまた口論になってます。
イブの父親は社長のようです。
愚痴が出ているウォルター。社長の娘と結婚するな。

このへんで画面の下に繊維屑が少し見えた。いまだにこんなことがあるのか。

イブに絡みはじめるアダム。
頭に来たウォルターがクルマを止めさせてアダムを外に引っ張り出す。
そんなわけで格闘アクションになってます。止めに入ったイブはすっ飛ばされる。

いよいよハンドガンを出すアダム。これで2人を制圧する。
そんなわけでクルマで移動となります。ラスベガスに向かってるのか?
ラジオでは重体の犯人は死亡。強奪されたのは従業員の給料200万ドル。
ラジオを消せと命じるアダム。

検問があるかもしれないが犯人4人組。こっちは3人組だと余裕のアダム。
3人でタバコを吸ったりしています。
ウォルターは噛みマッチケースの裏に何やら書き込んでます。

クルマですが何故かフェンダーミラーになってます。
キャンピングカー仕様なのか?よくわからん。

アダムはまたイブに手を出してます。
それで夫婦仲は上手く行ってないだろうと言われています。
そんなとこに白バイ2台が接近して追い抜いていきます。
→1975 Moto Guzzi 850 T3 California

先のT字路で白バイ2台が止まって検問をやるらしい。
標識は直進がユマ。右がサン何とか。
ウォルターは紙マッチケース裏にSOSと書き込んでます。

検問にて。
ウォルターはSOSを白バイ警官に見せてます。そうなると。
いきなりハンドガンで白バイ警官を撃つアダム。1人片づけ2人もヘルメットの頭を撃ち抜いて片づける。

イブに早くクルマを出せと命じるアダム。
パニックになったイブはワイパーを動かしたりする。
そんなこんなでようやくスタートしてます。
T字路は直進したのでユマの方に向かったようです。

移動中のクルマにて。
紙マッチのSOSがバレたウォルター。アダムが絡んできます。
イブからもそんな小細工なんてと言われてる。ウォルターの面目は丸つぶれです。
で、俺を見くびるなとうそぶくアダム。

ウォルターに説教を始めるアダム。
トランクの200万ドルを見せてます。
逆にいままで何人殺したと聞くウォルター。三流記者でも聞きたくなるようです。
アダムは先ほどの2人だけだと言ってるが信用は出来ない。
メキシコ国境を越えたらどのみち殺すつもりだろうとウォルター。

クルマはT字路を右折してます。何処へ行く?
何故か移動中に歌がが流れています。能天気なフォークソングです。

GS兼コンビニにて。
ここに入ります。ガソリン満タンとオイル交換となります。
酒とタバコを買いに行かされるイブ。
イブのスカートはスリットが入ってるというか布片をウエスト部分だけ合わせたような感じです。

クルマのウォルターとアダム。
結婚9年目だと話すウォルター。

店にて。
イブは警察に通報してと店のオッサンに言うがオッサンは聞こえないふりをする。
そんなわけで普通の買物になってるイブ。

クルマのウォルターとアダム。
ウォルターを雇うと言い出すアダム。俺のことを本にしろ。10万ドルでどうだ?
そうなるとアダムがメキシコまで行って逃げれば殺されずにすむ可能性があるので引き受けるウォルター。

イブが戻ってまたクルマをスタートさせてます。
店の裏には怪しげな男2人がいてクルマで尾行するようです。強盗なのか。

移動中のクルマにて。
買った酒を回し飲みしてるウォルターとアダム。意外と馬が合うのか?
イブが男2人に飲み過ぎよと文句を言う。

何で本にするとアダムに聞くウォルター。
濡れ場がある実話なら売れるとと言い出すアダム。イブ相手にこれからやる予定です。
タイトルは『私と妻と殺人鬼』ウォルター・マンチーニ著となるらしい。
本が売れれば映画だと妄想全開のアダム。大笑いになってます。

道路から外れて荒野に入ってます。今夜キャンプする場所のようです。
小さめの滝がある川沿いにクルマを止めてます。

ウォルターはイブには殺されないために引き受けたと主張する。
アダムをイブにテープレコーダーを持ってこいと命じる。口述する気です。

キャンピングカー内の物入れにはテープレコーダーがあるがライフル銃2挺もあります。
まだイブは使わないようです。アダムがライフル銃のことを気がついてるかは不明。
1970年代なのでテープレコーダーが大きい。現在ならICレコーダーで超小型です。

日が暮れてます。
外ではアダムとウォルターはテープレコーダーを使って口述になってます。
イブはキャンピングカー内で料理をやらされる。
アダムは口述は適当でイブに目が行ってます。

オヤジは郵便局員で善人だった。オフクロは家事しか出来ない。
そんな感じでアダムの話しは延々と続く。ずっとイブに目線が行ってるけど。

シーンが代わります。
食事が終わったとこでロープを持ち出すアダム。
ウォルターを縛り上げてイブを強姦する段取りです。
テープレコーダーをしまう時にライフル銃に目が行くイブですが使わず。

いよいよ滝のそばでイブを強姦するアダム。
今頃になってやめてくれと言い出すウォルター。まあそう言う。
濡れ場を書くためだと話し合ったろとうそぶくアダム。
そんな感じでセックスシーンが延々と続くと思ったら・・・

いきなり銃声がしてアダムが川に落ちる。
尾行していた男2人が来ます。助けに来たわけでない。
中年のオークスと若いホッド。アダムに裏切られた強盗一味でした。カネを奪いに来た。
速攻でクルマのトランクを見つけます。

イブはウォルターのロープを解こうとするが強盗2人に止められる。
メキシコ国境まで無事に逃げたいなら役に立つぜと持ちかけるウォルター。
強盗2人は殺すのは国境に着いてからでいいとなる。
この強盗コンビですがどうみてもゲイ友です。そうなるとイブはセックスに関しては安全なのか?。

次の日。クルマで移動中です。
強盗コンビはキャンピングカー内にいます。大丈夫なのか。
ホッドは国境にオークスの女房を迎えに来させろと要求するがオークスは危険だからと乗り気ではない。
そうなるとホッドは収まらない。俺より女房が大事なのか?とゲイ友の痴話喧嘩になりつつある。

クルマのウォルターとイブはどうにかしないと焦るばかり。
そんなとこに赤いダンプカーが接近してきます。
→Federal unknown
道路が狭くて崖なので落っこちそうなクルマです。危ない。

ダンプカーはクラクションを鳴らしてしつこく接近してます。
そのうちにキャンピングカーに体当たりしてきます。普通ではない。
ガンガンとぶつけられるので強盗コンビは大変です。ハンドガンを落としたりしてる。
ダンプカーをようやく抜きにかかる。そのままいなくなります。

クルマは急ブレーキで止まる。
パニックになってイブは泣いてる。イブを元気づけて再スタートさせるウォルター。

ダンプカーが止まってます。また急ブレーキのクルマ。
外に出た強盗がいきなりダンプカーを撃つ。
ダンプカーからの反撃でホッドが撃たれます。重症です。
オークスも撃たれて、こっちは軽傷。

撃ったのはアダムです。生きていたわけです。
どうやってダンプカーを調達したのかは不明。
ハンドガンをとろうとしたウォルターを牽制するアダム。余裕です。

アダムはホッドを病院へと訴えるオークスと瀕死のホッドをダンプカーに乗せる。
自分もダンプカーの乗り込むアダム。
これでウォルターとイブが逃げられると思ったら速攻でダンプカーを崖下に落とすアダム。すぐに戻ってウォルターとイブを制圧する。
ダンプカーは崖下の途中から燃えてます。そのまま崖下まで長々と落ちて大爆発します。

ウォルターですがクルマを発進させようとするがアダムにキーを抜かれる。
イブにキーを渡して運転させるアダム。そんなわけでまたクルマで移動となります。

クルマで移動しながらテープレコーダーで口述のアダム。
善人の父親の話しになるアダム。
ウォルターはそんな平凡な話しでは本が売れないとダメ出しする。

殺しは博打と同じだと持論を展開するアダム。
強盗ではなくまとも仕事をしろと反論するウォルター。
アダムは社長の娘と結婚すればいいのかと突っ込む。
そんな感じが口論が盛り上がってるアダムとウォルター。
イブがもうたくさんよとヒステリーを起こす。そんな感じでにぎやかです。

まだ山の中を移動してます。また止めてキャンプになるようです。
崖に囲まれてます。ここは処刑場だよとウォルター。
まずは食事になります。イブに作らせる。

夜にて。
ラジオのニュースではロバート・ピサロの名前が出ています。医療刑務所の脱走者。
これとは重体で死んだ奴みたい。残り3人が逃走中。
ルイス・ホッド、それにオークス。アダムの名前は出ない。

アダムはあいつらホモダチだとこき下ろす。やはりそうでした。
ウォルターは同性愛者だけが本物の愛を知ってると評価してます。

イブはアダムとウォルターをこき下ろす。
ウォルターはセックス。アダムは銃信仰で撃つだけ。それしかない・・・。
そうなると頭に来たアダムはイブを連れて行く。

ウォルターを縛り上げてイブを強姦するアダム。
ここはじっくりと見せています。パッケージの能書き通りにボカシはない。
音楽にはあえぎ声まで入ってるみたい。さすが巨匠エンニオ・モリコーネです。

セックスが終わって一服のアダム。すっかりアダムはいい気分になってます。
ウォルターはアダムを哀れな男でビョーキだとこき下ろす。
イブは俺に寝返ったと主張するアダム。そうなの?

キャンピングカーに入るアダムとイブ。セックスの続きになってるようです。
ウォルターは酒ビンを割って破片でロープを切ろうと奮闘する。何とか手のロープは切断します。

セックスが一段落したアダムが外に出てきます。
慌てて縛られたふりをするウォルター。
アダムはメキシコ国境ではウォルターの名を騙ることにした。お前には用はないとハンドガンを出す。

ここでいきなり撃たれて倒れるアダム。
撃ったのと全裸でライフル銃のイブでした。ここは色々なところのスティル画像でおなじみです。
アダムはこれで退場となります。

アダムが死んだのはいいが何だか夫婦仲が微妙な感じになってます。
とりあえずキャンピングカーに戻ってイブに服を着せるウォルター。
このシーンもいい感じ。ジーンズを履かせるとこもいい。下着無しで直接ジーンズなのは映画だからか?。

そんなわけで2人とも正当防衛だったとしてます。
イブは警察に行くと主張するが、ウォルターはそうでもない。

アダムの死体を確認するウォルター。しっかりと死んでいます。ハンドガンを回収する。
戻ったウォルターは考えてます。警察に行ってどうなる?とイブを説得する。
あの白バイ警官も共犯者だろうと言ってるウォルター。全て忘れよう・・・

クルマ内にて。
トランクのお金はどうするのと聞くイブ。ウォルターは頂くつもりです。
イブは反対する。ガステックス社のお金なのよ。
どうせ保険で会社は損はしていないとウォルター。
そんなわけでまた口論になってます。忙しい夫婦だ。
俺達は全く関係ないので足がつかないと主張するウォルター。

夜ですがクルマをスタートさせるウォルター。
しかし後輪でスリップ空転して進めません。
イブに運転席でアクセルペダルを踏ませて後輪を何とかしようとするウォルター。
アクセルとそう踏むのではないと指図するのでまた口論になってます。
バッテリーが上がってどうにもこうにも動かないクルマ。

運転席でぶち切れてるウォルター。イブは冷静。
またカネの話しになってます。アダムの父親のように帰しに行くのか?・・・
アンタはアダムそっくりよとなじるイブ。
で、つかみ合いの夫婦げんかになってます。忙しい夫婦です。

そんなとこにエンジン音が聞こえます。
こんなとこに誰が来る?と驚愕してるウォルター。
アダムの死体は放ったらかしなのでこれは大変となります。必死こいてキャンピングカー内に隠してます。

普通の通りすがりのクルマでした。
おじいさんが運転の4WDです。そうなると電動ウインチがあるみたい。
何語だかよくわからんおじいさん。多分スペイン語か?。メンドーサと名乗る。
おじいさんは何だかんだと言いつつ助けてくれるみたい。

おじいさんがいなくなって一段落しカネは慰謝料だと言い出すウォルター。
妻を強姦された慰謝料だというわけです。これには文句が言いたそうなイブ。
ウォルターは君より200万ドルだとも言ったりする。

翌日にて。クルマで移動中。
ウォルターとイブ。

GS兼コンビニにて。
何だか前に来たGSと全く同じみたい。同じセットなのか?一応違う店みたい。
バイクが2台ほど止まってる。これは何だ?と興味深い。
→調べたけど不明でした。2サイクルエンジンなのはわかる。

店に寄るウォルターとイブ。
先客は2台のバイクに2人乗りの無軌道な若者が計4人です。
ウォルターとイブにたかる若者。
ウォルターは働けよと説教するがイブはお金をやる。
最後まで説教してクルマに乗るウォルター。

クルマで移動中です。
今度はウォルターが運転してます。
アダムの死体はどうするの?と聞くイブ。
そんなわけでまた口論になってます。こまったものです。

2人乗りのバイク2台を追ってきます。
クルマに蹴りを入れて罵声を浴びせて追い抜いていきます。
カネなんかやるからだと愚痴が出るウォルター。

2台のバイクは停車してます。
どうやら道路にオイルを撒いてクルマをスリップさせる段取りのようです。

移動中のクルマにて。
カネは両替すればいいとまだ口論してるウォルターとイブ。
そんなとこで思い切りオイルに乗ってスリップして道路から転落してます。
→1964 Chevrolet Impala Four-Door Sedan [1869]

見事にひっくり返ったクルマにて。
イブは瀕死。ウォルターは軽傷みたい。
若者はウォルターをあざ笑いポケットの小銭をかすめていきます。後席のトランクには200万ドルがあるのにバカというか詰めが甘い若者です。

ウォルターはアホなガキだと笑ってます。それでどうする。
イブはウォルターに助けてと訴えるが聞いてないウォルター。
大丈夫だ待ってろとひっくり返ったクルマから出るウォルター。

大変な思いをしてキャンピングカーのアダムの死体を運んでます。
運びながら三流記者で悪かったなとまだ愚痴が出ています。この小物っぷりがいい。フランコ・ネロは名演してるし。

クルマにアダムの死体を押し込むウォルター。
200万ドル入りトランクをゲットします。連中のおかげだよと素直に感謝してる。

これでお別れだとイブに告げるウォルター。
イブですがどうやら死に至ったようです。

クルマとキャンピングカーにガソリンを撒いてるウォルター。
タバコに火をつけガソリンに点火します。燃えるクルマとキャンピングカー。

エピローグ
道路にて。
徒歩で移動中のトランクを持ったウォルター。何をするかというと・・・
クルマががやって来るようです。その音がしてる。
ヒッチハイクのサインをするウォルター。ヒッチハイクをするんです。
静止画になってます。

夫婦の問題、男の問題、女の問題、解決する方法は死である。
ハインリヒ・ベル

ヒッチハイクするウォルターの静止画でエンドとなります。

後タイトル
キャスト
スタッフ


そんなわけで新人女優のレイプ物として適当に作ったのに奇跡的に出来がよく年月を経て佳作となった珍しい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『真夜中の狂気』 | トップページ | Hollywood Express #809◆2019.01.26(土) »

映画」カテゴリの記事

1970年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒッチハイク』:

« 『真夜中の狂気』 | トップページ | Hollywood Express #809◆2019.01.26(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。