映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #800◆2018.11.17(土) | トップページ | 『宇宙のデッドライン』 »

2018.11.24

『タイム・トラベラーズ2 タイム・トラベル』

この作品は、デヴィッド・L・ヒューイット監督、アンソニー・アイズリー、ジジ・ペルー主演のタイムトラベル物B級SFのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1967年 Borealis-Dorad production/American General Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆77分
原題◆Journey to the Center of Time
プロット◆タイムトラベルして色々はある話しのようです。
音楽◆Marlin Skiles (uncredited)

キャスト
アンソニー・アイズリー→タイムカプセルのマーク・マニング
ジジ・ペルー→タイムカプセルのカレン・ホワイト
エイブラハム・ソファー→タイムカプセルのゴードン博士

スコット・ブラディ→嫌味なスタントン社長
オースティン・グリーン→会社関係のデニング

アンディ・デイビス→管制室のデイブ
トレーシー・オルソン→管制室のスーザン

ポーピー・ガミン→最高評議会のビナ博士
ライル・ワグナー→エイリアン

デヴィッド・L・ヒューイット監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SFになってます。

RUNコーポレーション/10000BESE-TO発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり
音声は Dolby Digital 2.0ch 当然モノラル。

著作権のアラート

前説ナレーションが入ります。
要するに時間と宇宙は関係があると言ってるみたい。
広大な銀河宇宙を時の番人だと考えた。
過去と未来。時間旅行は可能になる。
背景はもちろん宇宙です。

The Borealis-Dorad production

Journey to the Center of Time
『タイム・トラベラーズ2 タイム・トラベル』

starring
Scott Brady Stanton
Gigi Perreau Karen White
Anthony Eisley Mark Manning

and Special guest star
Abraham Sofaer Dr. 'Doc' Gordon

and introducing
Poupée Gamin as Vina

co-starring
Austin Green Mr. Denning
Andy Davis Dave
Tracy Olsen Susan

with
Lyle Waggoner Alien (as Lyle Waggner)
Larry Evans
Jody Millhouse
Monica Stevens
スタッフの紹介
タイトルパックは色々な時計です。

本編です。
夜の街にて。
リムジンが走る。ロールスロイスです。

スタントン社にて。関係者以外立ち入り禁止と表示されてる。
ここに来てるリムジン。
受付ではスタントンjr.とデニングだと名乗ってます。
会議に来た。父親の会社を継いだスタントンjr.
それでこの会社は私のものだと言ってるスタントン。WWEのビンス・マクマホンみたいにジュニアと呼ぶなと怒ってます。

タイムカプセルにて。
実験をやってます。計3人。
マーク・マニング
カレン・ホワイト
ドック・ゴードン博士

モニターには管制室のデイブが映ってます。
1日戻る実験になってます。発電の不具合が起こります。
予算の話しになってます。スタントンjr.が問題。
そんなとこにマニング、ゴードン博士、ホワイトの3人がスタントンから呼び出しです。

会議室にて。
スタントン、デニング、マニング、ゴードン博士、ホワイトの5人。
何でそんなにカネを使うと突っ込むスタントン。
マークはペニシリンを例えに出してます。最初は単なるカビだったが・・・
そうなるとすぐにスタントンが激昂する。こまったのものです。
デニングは落ち着いて話しましょうとなだめる。
アインシュタインの例えをするゴードン博士。時空連続体云々・・・
スタントンは早く結論を言えとせかす。

いまのところ24時間戻れると説明するゴードン博士。
レーザー光線の説明するマーク。タイムトラベルに必要。
50光年旅する光。50年前の歴史が含まれている・・・
ここから前説の時間と宇宙が結びつくのか。
そんなこんなでタイムトラベルが可能になると説明するゴードン博士。

何故24時間?と突っ込まれてます。
それはともかく第2段階は未来を見ることだとなってます。
未来を覗いて失敗をしないように出来ると主張する。

スタントンは早く未来を見せてくれとせかす。
24時間以内に成果を見せることが出来なければ兵器部門に吸収だとプレッシャーをかけます。

夜の庭にて。
マークとヘレン。
話し込んでいます。それからキスになってます。

タイムカプセルにて。
マーク、ヘレン、ゴードン博士の3人が実験中。

管制室にて。
担当はデイブとスーザン。
そんなとこにデニングが来ます。デニングはこの研究に対して敵意はない。

タイムカプセルにて。
実験中の3人。そんなとこにスタントンが来ます。
作動しないので出力を上げたりしてます。
レーザー出力を上げろと主張するマーク。
スタントンは君は責任者なのかと突っ込む。
巨大な赤い物が見えますがレーザー用の巨大ルビーとのことです。

モニターには何やら未来っぽい風景が一瞬映る。
そんなこんなでどうせ首だとレーザーの出力を上げるマーク。
カメラがグルグルと回る。中にいる4人は静止状態。

モニターには宇宙が映ってます。そうなるとどうなる。
核戦争が始まったような感じになってます。

正常に戻った4人。
モニターには宇宙船というかロケットが映ってます。
時間転送装置が壊れたとマーク。5000年先の未来に来たようだ。

管制室にて。
タイムカプセルが行方不明だと大騒ぎになってます。
巨大なパワーサージが起きた。
タイムカプセルには4人。スタントンまでいる。
何とか連絡をとろうしてるデイブ。調べてるスーザン。

タイムカプセルにて。
やらなきゃよかったと後悔先に立たず状態になってます。ここは世界の終わりだ。
ゴードン博士は記録を残せと言ってます。さすが学者だ。

そんなとこにドアが開いて3人ほど入ってます。
で、4人にここは危険だからついてこいと言ってます。
とにかく宇宙船内の最高評議会のビナ博士からお呼びだ。
タイムカプセルから出る4人。

管制室にて。
信号が受信できるとか。それでタイムカプセルと連絡を取ろうとしてる。
映像を受信してます。あのロケットが映ってます
デイブは何とかタイムカプセルを呼び戻そうとしてる。

5000年後の世界にて。
ビナ博士が色々と説明する。
核戦争後の世界。地球は人類を滅亡させる核戦争。
そんなとこに敵が迫ってると連絡が入る。敵は5000年後の人類とのこと。
どうやら宇宙から来たビナ博士一行と地球人が戦争状態になっているらしい。

唐突にビナ博士はレーザー光線攻撃を受けて死に至る。
死ぬ前に4人に過去に戻ってこのような世界にならないようにしてくれとお願いする。
レーザー光線が地球側の強力な武器になっている。

地球人と宇宙人の白兵戦になってます。
何しろ地球人のレーザー光線が脅威になってます。
ロケットは爆発炎上して倒れている。

管制室にて。
タイムカプセルを戻そうとしてます。
モニターに映像が映ってる限りタイムカプセル内にいれば無事ですと説明を聞くデニング。

タイムカプセルにて。
-5000年に設定して移動となります。これで現代に戻れるはず。
マークは何とかして止めないと意気込む。スタントンは無理だろうと悲観的。
レーザー用のルビーが壊れると時間内をあてもなく彷徨うと警告するゴードン博士。
モニターには何やら接近してるが映ってます。このままだと衝突するようです。

管制室にて。
モニターには未来世界が映らなくなってます。
とにかくタイムカプセルは戻ってくるらしい。

タイムカプセルにて。
巨大な火の玉が接近してます。
マークは火の玉に無線連絡してます。こちらは軌道修正出来ず軌道修正して下さい・・・
ゴードン博士がレーザー光線を使ったもあまり効果はない。
唐突にスタントンがレーザー出力を最大に上げる。

管制室にて。
タイムカプセルを捉え損なったようです。そうなるとどうなる。
しょうがないのでタイムカプセルの動きを捕捉しようとする。
タイムカプセルは現代を通過して過去に向かってる。

タイムカプセルにて。
また静止した4人でカメラが回る。
モニターには様々な戦争が映ってます。
現代の戦争から幌馬車隊が映ってます。戻りすぎです。
今度は帆船同士の砲撃戦になってます。
次はチャンバラになってます。
次は槍に盾の史劇の合戦になってます。
これは全部を他の作品からの流用になってます。安上がりだ。

カメラの回るのが止まります。どのくらい戻った?。
モニターには恐竜が映ってます。ストップモーションでも着ぐるみではない本物のトカゲに装飾をつけたタイプです。当然他の作品からの流用。
これは紀元前100万年だとなってます。→『紀元前百万年』(1940年)

スタントンは勝手に外に出てしまいます。
マークが連れ戻しに行こうとしたがゴードン博士も行ってしまった。

管制室にて。
何とか映像をキャッチしようとするが上手くいかない。

タイムカプセルにて。
ルビーが全体のエネルギー源とのこと。ルビーが壊れたらアウトです。

管制室にて。
モニターに何やら映ってます。
しかしコンピューターから火が出たりしてます。これは大変。
ひと段落して修理にかかってます。時間はかかる。いっぱいかかります。

タイムカプセルにて。
モニターを見てると恐竜が接近してきます。
これは大変だとマークまでリボルバーを持って外に行った。残りはヘレン1人。
ヘレンはレーザー光線を恐竜に向けて発射する。

管制室にて。
タイムカプセルとの通信が切れてしまい大騒ぎになってます。
デニングが何とかしてくれとプレッシャーをかける。
デイブはとにかく全部の確認と修理だとなる。色々と大変だ。

タイムカプセルにて。
ヘレンは外に出ています。これでタイムカプセル内は誰もいなくなる。

外にて。
マークを探してるヘレン。
そのマークとゴードン博士はスタントンを探す。

ヘレンはマークとゴードン博士に合流する。
恐竜にレーザー光線を発射したらルビーが砕けたと話すヘレン。これは大変。
それとともかく恐竜がいるので隠れるところを探す3人。
そんなとこにいきなりスタントンが出て来て洞窟があるぞと案内する。

洞窟にて。
移動中の4人。
スタントンはお前のせいだとマークを責める。
ゴードン博士は何やら見つけます。巨大なエメラルドです。ダイヤモンドもある。しかし肝心のレーザー光線の光源になるルビーがないとダメです。
ルビーでなければゴミだとなるゴードン博士。
スタントンは欲の皮が突っ張ってるのでダイヤモンドをゲットしてます。

何だか熱そうなとこに来てる4人。
スタントンは勝手に何か探してます。
ゴードン博士が何が起こるかわからんと注意すると俺がスポンサーだと勝手にキレる。
スタントンが岩を取ったらそこから熱い蒸気が出て大騒ぎになります。

そんなこんなでゴードン博士が溶岩の中に転落して退場となります。
さすがに気まずい雰囲気になってる残り3人。

それでもスタントンは勝手に先に行ってしまう。
一応スタントンを探すマーク。

溶岩付近で何やらしてるスタントン。
ここは上手く抜けて洞窟から出ています。

マークとヘレンは溶岩付近を抜けるのに悪戦苦闘してます。
ようやく洞窟から出てタイムカプセルに向かってます。

タイムカプセルにて。
スタントンは自分1人だけ戻ってます。それでどうする。
実はレーザー光線の光源になるルビーをゲットしていたスタントン。ひと塊りではなく小さいルビー数個をセットしてます。
いつルビーをゲットしたかはわからん。

スタントン1人で動かせるのかと思ったらちゃんとやってます。これはビックリ。
タイムカプセルを作動させるスタントン。マークとヘレンは置き去り。
モニターを見ながら現在の風景にすれば行けるみたい。

マークとヘレンが戻ったらタイムカプセルは消えていた。それでどうする。

管制室にて。
タイムカプセルがかなり近づいたとなってます。
発見されたタイムカプセルは現代に向けて戻ってきます。
タイムロックして止めないとタイムカプセルは現代を通過してしまうようです。

タイムカプセルにて。
モニターは軌道修正不可能と前のシーンに戻ってます。
それから大爆発してる。

管制室にて。
タイムカプセルがどうなった?と大騒ぎになってます。

タイムカプセルのモニターにマークとヘレンが映ってます。
そうなるとどうなる。

タイムカプセルに戻るマークとヘレン。
時間管制機器の設定が到着時のまま。スタントンが何かやったらしい。
スタントンとやり方を変えて作動させるマーク。それで現代を目指す。

管制室にて。
タイムカプセルを何とか捕捉しようとしてます。
現在に接近してるタイムカプセル。タイムロックは出来ない。

タイムカプセルから出ているマークとヘレン。
どこに来たかわからん状態。エレベーターを使って移動する。

会議室にて。
ここに来たマークとヘレン。
あの予算云々と言われていた時間に来たとわかる。しかもここにいる5人は凝固してる。
期間時間が少し早かったとマーク。それに別の時間帯に来た。パラレルワールドだ。
5人は凝固してるわけではなく少しずつ動いてるとわかります。
マークとヘレンの動きが速すぎるわけです。
同じ時空間に2つの物体は存在できない。そうなると2つの物体は消滅する。
マークはタイムカプセルに戻って何とかすると言ってます。

色々なシーンの繰り返しです。
会議室です。予算を削る云々。
タイムカプセルです。マークが実験を強行する。
5000年後です。同じシーンの繰り返し。
恐竜時代です。ゴードン博士が転落して退場する。スタントンがタイムカプセルで1人だけ逃げる。

タイムカプセルに戻ったマークとヘレン。
これからどうなるの?とヘレン。
新世界、新時代だとマーク。僕たちは新世界のアダムとイブだ。

宇宙の彼方へと消えるタイムカプセル。

キャスト
Scott Brady as Stanton
Anthony Eisley as Mark Manning
Gigi Perreau as Karen White
Abraham Sofaer as Dr. 'Doc' Gordon
Austin Green as Mr. Denning
Poupée Gamin as Vina
Tracy Olsen as Susan
Andy Davis as Dave

Journey to the Center of Time
a Borealis Enterprises inc.
and
Dorad Corporation

エンドとなります。
American General Pictures (1967) (USA) (theatrical)


そんなわけで普通のB級SFのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #800◆2018.11.17(土) | トップページ | 『宇宙のデッドライン』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『タイム・トラベラーズ2 タイム・トラベル』:

« Hollywood Express #800◆2018.11.17(土) | トップページ | 『宇宙のデッドライン』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。