映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ジャッジ・ドレッド』(2012年) | トップページ | Hollywood Express #791◆2018.09.15(土) »

2018.09.16

『ザ・レイド』

この作品は、ギャレス・エヴァンス監督、イコ・ウワイス主演のノンストップ・アクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2011年 Celluloid Nightmares/XYZ Films/Merantau Films インドネシア作品
ランニング・タイム◆101分
原題◆The Raid
プロット◆15階建ビルで悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆マイク・シノダ、ジョセフ・トラパニーズ

キャスト
イコ・ウワイス→主人公のラマ
ジョー・タスリム→ジャカ隊長

レイ・サヘタピー→親分のタマ・リヤディ
ヤヤン・ルヒアン→幹部のマッド・ドッグ
ドニー・アラムシャー→幹部のアンディ

ピエール・グルノ→ワヒュ警部補
不明→7階のメガネ男

テガール・サトリヤ→怪我をしたボウ隊員
エカ・ピランハ・ラマディア→最後まで残ってたダグ隊員
不明→アリー隊員
ヴェルディ・ソライマン→Budi
イアング・ダマワン→Gofar

ギャレス・エヴァンス監督の演出はよいと思います。
全体的にノンストップアクションになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上左右黒味なし。フルスクリーン。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。インドネシア作品なのにと偏見がある。

Sony Pictures Classics
A Sony Pictures Classics release
in association with Stage 6 Films

プロローグ
ハンドガンに腕時計から主人公のラマがお祈りからトレーニング中。
それに妊娠した夫人がカットバックされる。
いよいよ出勤になるラマ。

上司のオッサンが登場。
必ず連れ帰りますと意気込む隊長。

タイトル
Merantau Films
XYZ Films
Celluloid Nightmares

The Raid: Redemption

ワンボックスのクルマで移動中の特殊部隊。
隊員は10数名、タマ・リヤディを逮捕連行するのが任務だと説明となります。
ビルに突入して奴を捕らえる。側近はイカれたマッドドッグと頭脳派のアンディ。

タマ・リヤディのアジトにて。
あとでわかりますがビルの15階の事務所です。壁には監視カメラのモニター15台ぐらいが並んでます。
親分のタマ・リヤディに側近のマッド・ドッグとアンディ。
タマ・リヤディは5人ほど処刑してます。リボルバーで4人処刑したとこで弾切れになったので机の引き出しから予備の実包ではなく金槌を使って処刑する。

ワンボックスのクルマで移動中の特殊部隊。
ミーティングの続きです。そんなこんなで目標まで30秒になってます。

ビルにて。
クルマが到着するとオッサンが待ってます。白人ぽいオッサンの警部補です。
隊長と警部補。訓練ではないんだと注意する警部補。

いよいよビルの前に来てます。
二手に分かれてます。それで突撃となります。
まずはドアの鍵を開けるところから始まる。
TVを見てる見張り1人を片付けて合流してます。

ここの住民とコンタクトしてます。メガネの男。
メガネの男は薬を買ってきたので戻らなければと主張してる。726号室。
ボウ隊員をとめてるラマ。普通の住民だ・・・

いよいよシャッターを開けて突入となります。
まずは104号室に入って普通ではない住民を拘束する。結束バンドを使ってます。
階段を上がって別の部屋に突入してます。同じように拘束してる。

3階4階5階と階段を登ってます。
5階には少年がいます。この少年が逃げてしまう。このままだと通報される。
警部補が警察だと叫ぶ少年に向かって撃ってます。これで少年は退場となる。
しかし別の少年がインターホンで警察だと伝えてます。これは大変。

親分の事務所にて。
監視モニターでチェックしてる親分。
無線を妨害しろと命じる親分。それからお隣さんに応援を頼もう。
普通の有線電話で呼んでいます。

そのお隣さんは狙撃手です。2人出動してます。
ここはちゃんとボルトアクションのライフル銃を使ってます。
あっさりと外は片付けましたと報告しています。見張りの隊員2人はやられてます。

そのやられた隊員を窓から見てる隊員がいきなり狙撃されたりします。
この部屋に結束バンドで拘束されていた男が腕を足にくぐらせて手が使えるようにしてテーブル裏面に隠してあったブッチャーナイフを引っ張り出す。
そんなわけでこの部屋にいた隊員2人がやられてます。

ワンボックスカーにて。
運転席には隊員2人がいますが狙撃があっさりと2人ともやられてます。
それから4人ほど出て来て自動小銃でワンポックスカーが撃ちまくられてボロボロなってます。

親分の事務所にて。
親分は何やらスイッチに手がいってます。

いきなりビル内の照明が消えます。
ラマ、ジャカ隊長がワンボックスカーに連絡するが当然つながりません。

そんなとこでおはよう住人諸君とは親分からのお知らせ放送となります。
今日は客人が廊下をうろついている。
当ビルの害虫駆除に協力してほしい。
貢献者には永住権が与えられる。家賃はタダにする
ゴキブリ共は現在6階にいる。すぐ駆除に向かえ・・・

隊長は警部補に応援を呼んでくれと頼む。
しかし応援は呼べない感じ。どうやらこの作戦は警部補の独断だった。
そんわなけで応援は来ないと警部補。
ヒゲの隊長ですが巡査部長と呼ばれてます。
もう退却した方ががいいような感じです。

そんなとこで通路吹き抜けの向かい側にはマシンガンの殺し屋達が控えてます。
いきなり乱射されてかなりの隊員達がやられてます。これは大変。
さすがに退却だとなってます。反撃しながら退却となる。

親分の事務所にて。
側近2人が来てます。
アンディは警官は殺さずに買収しろと言ってます。
親分は応援は来ないと断言してます。根拠があるらしい。
この状況は過去に敵のギャングが来た時には同じだと親分。
騒ぎが収まれば何の証拠が残らん。

撃ち合いの方は続いてます。
何だかドアの向こうに誰かかいるような感じ。
とりあえずそのへんに部屋に避難してます。

部屋にて。
窓のところに行った隊員は狙撃でやられてます。
床を調べています。それから斧で壊す。これで下の階に移動するようです。
そんなとこをいきなりドア越しに外から撃って来ます。

ようやく下の階に降りるとそこの住民がすぐに襲って来ます。
格闘アクションになってます。更に上の穴からも廊下のドアからも入って来て大変。
また床に穴を開けて移動しようとしたら下からも撃たれる。
隊員はみるみるうちに減っています。

ラマはプロパンボンペを冷蔵庫に入れてドアに押し付ける。
アリー隊員とダグ隊員を呼んで一緒に開けた冷蔵庫をドアに向けて爆発させる。
そうすると爆発の勢いはドアに向けて放出される。冷蔵庫も反動で内側に吹っ飛ぶ。

親分の事務所にて。
側近2人と親分。
部屋は2部屋、住民は30名と被害状況を確認してます。
それから側近2人を現場に向かわせる親分。

廊下ではやられた隊員がブッチャーナイフがとどめを刺されたりしてます。

部屋にて。
残りの隊員はもう数名。それに警部補。
机を持って来てまた上の穴に移動するのがラマと怪我をした隊員の2名。

側近2人は手下達を連れて移動中。
アンディはエレベーター、マッド・ドッグは階段で7階へ移動となります。

残り3人は隠れています。
隊長と部下、それに警部補。それにブッチャーナイフを持った奴が迫る。
ナイフを用意する隊長。

ラマと怪我をした隊員。
他の奴らが来て格闘アクションになってます。1人で奮闘するラマ。
怪我した隊員もナイフを使ってる。ラマの奮闘は延々と続いてる。
リボルバーを持ってる奴が出て来ますがこれはあっさりは片付けてる。

隠れている隊長と部下、それに警部補。
接近してたブッチャーナイフの奴は呼ばれていなくなります。とりあえず助かった。

ラマと怪我をした隊員。
リボルバーですが実包は1発しか入ってない。
7階の726号室メガネの男の部屋をノックして入れてくれと頼むラマ。
メガネの男のカミさんは入れるなと反対するが入れてます。
間一髪で殺し屋達が来てます。この階の部屋を片っ端から調べるつもり。

726号室にて。
メガネ男は壁をこじ開けてます。その壁の隙間に隠れるラマと怪我した隊員。
そんなとこにブッチャーナイフの男と手下が入って来て家探しとなります。
2人隠れているところ壁をブッチャーナイフで突き刺してます。これは大変。
ラマの顔にブッチャーナイフの食い込んでたりします。
メガネ男が止めたおかげで何とか助かってる2人。
ところでメガネ男のカミさんですが老けてて最初はオフクロかと思えた。

とりあえず助かった2人。まずは怪我した隊員の応急処置になります。
腹に弾丸が入ってるらしい。ナイフはないか?となるがここにはバターナイフしかない。
しょうがないのでバターナイフでお腹をほじくってます。痛そう。

エレベーターにて。
アンディと子分2人。
いきなりナイフが子分2人を片付けるアンディ。何でそうする?

外にて。
撃ちまくられたワンボックスカーを片付けてます。
隊員達の死体も片付けられる。

726号室にて。
メガネ男にこのビルについて教えてくれと聞くラマ。
外に出る抜け道はない。来た経路を逆に辿るしかない。
怪我した隊員を残してこの部屋を出るラマ。

通路にて。
ブッチャーナイフの男と遭遇するラマ。その他もいて計5名を相手となります。
格闘アクションが延々と続きます。これはビックリ。
ラマはブッチャーナイフの男を吹き抜けに落とす。下まで落ちずに通路の手すりに落ちて引っかかってます。
それから子分達とブッチャーナイフが入った格闘アクションとなります。これは凄い。
何とか片付けたラマ。もう相当ズタボロになってます。

今度は相手を抱えて窓から落ちてるラマ。
15階が目標なのに下に降りてはダメじゃん。
非常階段の踊り場に落ちて助かる。速攻でビル内に戻ってる。
この部屋の男はそのまま見逃してくれてる。

何とか通路に出てるラマ。まだ6階です。
奥さんを思い出してるラマ。もう相当ヨレヨレだし大丈夫なのか?
いきなり何者かに掴まれるラマ。それでどうなる。

どこかの部屋にて。
ここに隠れてる隊長と部下、それに警部補。
別れた2人は死んでるとしてる警部補。
これには激昂するヒゲのジャカ隊長。お前のせいだろとなってる。
警部補に黒幕を教えろと迫るジャカ隊長。誰の命令だ。アンタは一生刑務所で便所掃除だとなじる。
無事に外に出れたら話すと司法取引まがいなことを言い出す警部補。

会話から別行動の2人はラマとホウォとわかります。
ジャカ隊長は2人を探しに行くつもり。

ジャカ隊長がドアから出たとこでいきなりマッド・ドッグが襲って来ます。
警部補は走って逃げる。ジャカ隊長は隊員に追えと命じる。
ハンドガンを突きつけるマッド・ドッグ。ナイフのジャカ隊長はどうしようもない。

ジャカ隊長を部屋に戻すマッド・ドッグ。
ハンドガンを使わないマッド・ドッグ。これでは手軽過ぎる。
そんなわけで格闘アクションになります。これも延々と続きます。
体格はジャカ隊長の方がいいので押すとこもあるが・・・
しかし最後は首を捻られてジャカ隊長はやられてます。

別の部屋にて。
ラマとアンディ。何だか知り合いみたい。
実は6年間音信不通の弟だったアンディ。そういう展開なのか。
何で実家に帰らないと口論になってます。
お前は伯父さんになるぞと説得してるラマ。
そんな状況で何でここに来たと突っ込むアンディ。
アンディは落ち着くまでしばらくここで待ってろと言って出て行きます。

エレベーター前にて。
アンディとマッド・ドッグが合流します。
マッド・ドッグはジャカ隊長を引きずってます。死んでると思える。

ここをドアを細めに開けて伺ってるラマ。
引きずり込まれるジャカ隊長を見ています。エレベーターは行ってしまった。

ここは4階です。
通路を移動するラマ。近くの部屋から別の隊員が呼んでます。
部屋には警部補もいます。無事です。
ジャカ隊長は殺されたと伝えるラマ。階級は巡査部長と言ってます。
警部補に協力してもらうぞと何だか強要になってるラマ。
こうなったらタマ・リヤディを捕まえて脱出路を聞き出すつもり。
15階に奴の管制室があると話す警部補。何で知ってる?

親分の事務所にて。
側近2人が戻ります。ジャカ隊長の死体も持ってきてる。
アンディは親分から何かあるだろと聞かれるがないと答える。
手を見せろと言われるアンディ。手の甲だけではなく手のひらも見せろ。
結局手ぶらですで済むと思ったらいきなりマッド・ドッグから蹴りを入れられ親分からナイフで手の甲からデスクに貫通して刺されるアンディ。
それは監視カメラにラマを部屋に匿ったのがバレていたからです。これは全くの不注意でした。
何故裏切ったと詰問する親分。喋ろうが喋るまいがどっちにしろ処刑するけど。

通路を移動中の警部補と隊員。
いきなり撃たれるが隠れていたラマが銃を奪う。
そんな感じで何とか上の階には向かってます。

麻薬工場にて。
ここに突入するラマ、警部補と隊員。
格闘アクションが延々と続きます。ここはそんなに強い奴はいない。
警部補も1人か2人ほど片付けてます。
とりあえず全滅させて次に移動となりますす。

ラマはある部屋がアンディがマッド・ドッグに拷問されているのを見る。
そこに入り鎖で吊るされてるアンディを下ろしてます。マッド・ドッグは止めない。
垂れ下がった鎖を巻き上げているマッド・ドッグ。

勝負しろとマッド・ドッグ対ラマとアンディの1対2のハンディキャップ戦になります。マッド・ドッグはこれを望んでやってます。
そんなわけで格闘シーンが延々と続きます。いいものだ。

カットバックで警部補と隊員は15階にたどり着いてます。
警部補がリボルバーを使ったので親分も警戒態勢となってます。
警部補はヤケになったのかリボルバーを撃ちまくる。

いよいよ親分の事務所に乗り込む警部補。それに隊員。
会話からダグ隊員とようやくわかった。まだ無事です。
いきなり警部補はダグ隊員を射殺してます。これで無事ではなくなった。

親分と警部補。
私を出口に案内しろと親分を脅迫する警部補。そうなるのか。警部補凄いじゃん。

マッド・ドッグ対ラマとアンディの1対2のハンディキャップ戦にて。
延々と格闘アクションが続いてます。
ようやく2人してマッド・ドッグを押さえつけたと思ったらまた逃げられる。まるでウナギイヌのようです。
逆にラマの首をひねってとどめだとなってるマッド・ドッグ。
そんなとこでアンディが割れた蛍光灯の破片をマッド・ドッグの首に突き刺す。
これでも勢いが止まらないマッド・ドッグに苦戦となってます。不死身なのか?
ようやくラマがマッド・ドッグの首に刺さってる破片で喉を掻っ切って片付けてます。

ズタボロなラマとアンディは階段を登って15階へと向かう。
いきなり警部補から撃たれます。これは外れた。親分を人質にしてます。

警部補は目撃者であるラマを片付ける気です。
親分の方はお前たちを片付けるためにわざと入れてやったとうそぶく。
レザーから電話があったぜと言ってる親分。レザーって誰?
どうやら賄賂を払っていた人物がレザーのようですう。要するに黒幕だ。

で、アンタを殺すためにここに送ったんだと警部補に言い始める親分。
警部補にアンタはタダの集金係だ。役に立たなくなれば始末される。自分では幹部になれるつもりだったろうがそうでなないと罵倒する親分。
頭にきた警部補はリボルバーで親分を撃ち殺す。少し言いすぎたようです。

それで警部補はどうする。
リボルバーを顎に押し当てて撃ちます。しかし発射されない。もうシリンダーは空でした。もう自殺する気力はなくなった。

ビル内放送が流れます。
住民のみなさん、部屋に戻ってください。
これはアンディがやってるようです。

親分は汚職警官との取引の証拠を残していた。証拠をラマに渡すアンディ。
この証拠をブナワルに渡せばいいとなってますが、ブナワルって誰?→まともな上司だと思える。

引き上げてビルの外に出ている4人をて見てる7階のメガネ男。
4人はラマ、警部補、怪我をしてるホウォ隊員。それにアンディ。

アンディが門を開けろと命じてる。
それでアンディはここに残ると言う。3人を見送るアンディ。
ラマとアンディが別れるとこが俯瞰になってます。
別れることになる2人。ラマのクローズアップショットから門が閉まります。
エンドとなります。

後タイトル
The Raid: Redemption

スタッフの紹介
A Merantau Films production
in association with Celluloid Nightmares and XYZ Films

スクロールする後タイトル
キャスト
Iko Uwais Rama
Joe Taslim Jaka
Donny Alamsyah Andi (as Doni Alamsyah)
Yayan Ruhian Mad Dog
Pierre Gruno Wahyu
Ray Sahetapy Tama
Tegar Satrya Bowo
Iang Darmawan Gofar
Eka 'Piranha' Rahmadia Dagu
Verdi Solaiman Budi
あとは省略
スタッフの紹介


そんなわけでノンストップアクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『ジャッジ・ドレッド』(2012年) | トップページ | Hollywood Express #791◆2018.09.15(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/67175128

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・レイド』:

« 『ジャッジ・ドレッド』(2012年) | トップページ | Hollywood Express #791◆2018.09.15(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。