映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #790◆2018.09.08(土) | トップページ | 『ザ・レイド』 »

2018.09.15

『ジャッジ・ドレッド』(2012年)

この作品は、ピート・トラヴィス監督、カール・アーバン、オリヴィア・サールビー、レナ・ヘディ主演のアメコミSFアクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2012年 DNA Films production/IM Global/Reliance Big Entertainment 英国=南アフリカ作品
ランニング・タイム◆96分
原題◆Dredd
プロット◆組織のビル内で悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ポール・レナード=モーガン

キャスト
カール・アーバン→ベテランのジャッジ・ドレッド
オリヴィア・サールビー→新人のカサンドラ・アンダーソン
レイキー・アヨラ→黒人女性上司
デオビア・オパレイ→医療班のオッサンTJ

レナ・ヘディ→組織のボス ママ
ウッド・ハリス→容疑者のカイ
ドーナル・グリーソン→オタクな手下 クラン・テッキー

ウォリック・グリア→キャレブ
ルーク・タイラー→フリール

ラングレー・カークウッド→ジャッジ・レックス
エドウィン・ペリー→Judge Alvarez
カール・サニング→Judge Chan
ミシェル・レビン→Judge Kaplan

ダニエル・ハデベ→Judge at Entrance
フランシス・コーラー→Judge at Entrance

ピート・トラヴィス監督の演出はよいと思います。
全体的にカッコよく出来てます。
全部CGではなくミニチュアもかなり使ってるようです。

シルベスター・スタローン版『ジャッジ・ドレッド』(1995年の)の方はジャッジ・ドレッドが途中からヘルメットを脱いでタンクトップでマシンガン撃ちまくりの『ランボー 怒りのジャッジドレッド』になってしまったらしく原作ファンには不評でした。
この作品のカール・アーバンは最後までヘルメットはとらずに原作通りになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。低音は入ってます。
英国=南アフリカの作品とは珍しい。

Reliance Big Entertainment
IM Global
DNA
タイトル
Reliance Big Entertainment presents
in association with IM Global
A DNA Films production

モノローグで前説が入ります。
アメリカは核戦争で崩壊し汚染地帯に街がある・・・
そんなわけで治安が悪化してジャッジドレッドが出動するわけです。

Dredd

ドレッドはバイクで出動してます。オリジナルは何だかわからん。
→ Made For Movie Lawmaster

青いワンボックスカーがヤク中3人を乗せて移動中。
→ Volkswagen Microbus [Typ 2 / T3]
バイクで追跡するドレッド。
やたらスローモーションが入ります。特にヤクでラリってるとことか。

ドレッドはバイクのマシンガンでワンボックカーを撃って横転させる。
2人は死んだが1人は逃げた。

モールにて。
巻き添え食ってる人達がいるののでドレッドは医療班と死体再利用班を要請する。
人質をとったヤク中に宣告するドレッド。
それからホットショット弾を撃ち込みます。これでヤク中は片付く。人質は無事。
現場はあっという間に掃除されています。

本部にて。
新人のカサンドラ・アンダーソンが登場。超能力の持ち主。
壁越しにいるのが黒人女性上司とドレッド。
カサンドラを1日だけ捜査活動に同行させ合否判定をしてくれと要請されます。

ドレッドとカサンドラ。
歩きながら色々とレクチャーするドレッド。

ピーチツリービルにて。
女のボスが風呂に入ってるとこからスローモーションになってます。

それから仕事のボス。
なわばり荒らしの売人3人の始末を命じるボス。
売人3人に麻薬のスローモーを吸わせてビルの吹き抜けに投げ落とす。
200階建てのビルなので結構な高さです。やたらスローモーションが入る。

ビルの1階は普通のモールです。
そんなところに死体が落ちて大騒ぎになってます。
3名死亡の事件なのでジャッジドレッドが出動するわけです。

バイク2台でピーチツリービルに移動中です。
ピーチツリービルは75000名が住んでいる。犯罪率は高い。半分以上がスラム。

ピーチツリービルにて。
ドレッドとカサンドラは徒歩で移動中。まずは死体3体の現場です。
ここにある医療班の黒人のオッサンが色々と説明する。
スローモーはスローモーションの幻覚を見せる。殺された3人は下っ端の雑魚。

ママの組織の話しをするオッサン。
本名はマデリン・マデリカル、、別名ママ、元売春婦。
ピーチツリーを巡って麻薬組織の抗争があってママの組織が勝った。
それで1階から200階まで支配した。

まずは殺された売人がいた39階へ行くドレッドとカサンドラ。
ここでヘルメットは超能力の邪魔になるのでカサンドラはヘルメットを被りませんとエクスキューズが入ります。
せっかくの金髪が見えなくなるのでこの方がいいわけです。映画的でいい。

ヤクをやってるシーンが入ります。スローモーションです。
そんなとこにドレッドとカサンドラが入ります。まずはドアを爆破してます。
スローモーションで撃ったり撃たれたりのシーンになります。面白い。

一段落したことで本部に無線連絡するドレッド。
射殺せずに逮捕する場合もあるようです。そんなわけで回収班を要請してます。
ここでカサンドラが超能力で逮捕者の1人が殺された3人と関係があると知ります。

組織のモニター室にて。
オタクな子分がドレッドが来ていると知らせる。39階でケイレブがトラブル。
そんなわけで容疑者の名前はケイとわかる。
ケイはどうせ自白する。そうなると色々と面倒なので3人まとめて片付けることにするママ。

組織のモニター室にて。
オタクな子分が当局にビル点検作業の許可を取ろうとしてます。
何しろママが付いてるので失敗すると殺される。だいたいもうママに目をえぐられて人造の目になってるオタクな子分です。

エレベーターにす。
ドレッド、カサンドラ、ケイ容疑者の3人。

ピーチツリービルの様子が変わります。
出入り口の防護壁が降りて閉まります。先ほどいたホームレスが潰されてる。
ドレッド、カサンドラ、ケイ容疑者の3人が1階に降りたとこです。
1階だけではなくビルの外壁は全部防護壁で覆われる。吹き抜け部分も塞がって真っ暗になってます。

組織のモニター室にて。
ママが場内放送マイクで色々と話す。
ビルにジャッジがいる。死んでもらう。それまで閉鎖は続ける。
各階の仲間はジャッジを射殺しろ。住民は銃声がやむまで廊下に出ず自宅待機。
ジャッジを匿ったら家族は皆殺しになる。

住民は自宅に避難してます。
これは大変なドレッド一行。本部に無線連絡するが電波妨害で出来ず。
医療班の支部がここにある。避難先になるからそこを目指します。

階段にて。
そんなとこに殺し屋達が押し寄せ来てます。
マニュアル通りにガス弾を使い撃ちまくりまとめて片付けてます。

エレベーターで移動してドアを開けたとこで撃ちまくるドレッド。

次はスタン弾なるものを転がして送り込む。
そこをどかないと実力で排除すると警告するドレッド。
スタン弾が爆発発光してます。なるほど閃光弾みたいものでした。
目くらましされた殺し屋達を片付けるドレッド。
ここでカサンドラが生き残りを男を撃てないと思ったら撃ってます。

医療班区画にて。
ここにたどり着いたドレッドはドアを開けろと要求する。
しかし医療班のオッサンはここは中立なので開けられないと拒否する。
あんたはもう死んだも同然と言ってるオッサン。

ドレッドは医療支部は閉店だとカサンドラに伝える。それでどうする。
サイレンサーモードでゲリラ戦にする。弾を節約しろ。
ケイ容疑者はどうする?ともなってます。

そんなとこに次の殺し屋達が接近してます。
結局ケイ容疑者も同行させてます。おとなしくついてるケイ容疑者。

前方に4人ぐらいいます。
カサンドラは何か感じてます。キャシー中に入れてと呼びかけてアパートのドアを開けさせて避難してます。これは超能力が役に立ってる。

アパート内にて。
通路の殺し屋達は通過していなくなる。
キャシーの頭を読み取るカサンドラ。
業務エレベーターがある。これで75階以上に行ける。
要するに侵入者達には早くここから出ていって欲しいわけです。

カサンドラは写真を見てキャシーの亭主が先ほど撃った男だと知る。
これはビックリですがそのままアパートから出ています。
エレベーターで移動のドレッド一行3人。

組織の本部にて。
ママ、一の子分、オタクの子分の3人。
オタクの子分が被害状況を報告してます。連中は無傷だ。76階にいる。
奴らを片付けろと命じるママ。

76階にて。
ドレッド一行3人。何やら音がして通路に防護壁が降りています。
カサンドラとケイ容疑者を残して単独行動をとるドレッド。
通路を単独行動のドレッド。そのへんの部屋は戸締りしてます。

カサンドラとケイ容疑者。
適当なことを言ってカサンドラを脅かすケイ容疑者。
あんたミュータント?とか、俺が何をしたいがわかるか?とセックスネタが入る。

何だか住民が通路に出ています。まだ避難しなくてもいいと思ってるのか?
組織の方は電動多銃身の機関銃ミニガンの準備をやってます。計3機です。

これはヤバイとなるドレッド。逃げる。
そんなとこでミニガン3機の撃ちまくりとなります。当然住民も巻き添えになる。
ママも自ら撃ってます。

ドレッドですが何とか無事に戻っています。
まだミニガン撃ちまくりの中を外壁を撃って穴を開けて脱出してます。

外はビルのベランダみたいとこでスケートボードをやっていた場所です。
スケートボード中で締め出されていた住民がいる。

ミニガンの作動が終わり手下達が確認作業になってます。

ビルのベランダにて。
ドレッドですが外なので本部と無線交信は出来ます。応援を要請する。
ここにいて攻撃されたら逃げようがないので中に戻ります。

確認作業の子分達。
ここでドレッドが手下1人を吹き抜けに投げ落とす。自分たちがまだ生きてると知らせてるのか?。

ドレッド一行3人は教室みたいなとこに入る。
ドレッドはミニガンまで使ってやり過ぎなのでは?となってます。
ということはどうしてもケイ容疑者を消す必要があるわけです。

そんなわけでケイ容疑者を締め上げるドレッド。しかし吐かない。
ここでカサンドラが私がやりますと志願する。要するに考えさせればわかる。

カサンドラとケイ容疑者。
ケイ容疑者の頭の中に入るカサンドラ。まずは空っぽだわとこき下ろす。
ここでは私を撃っても無駄だとカサンドラ。
そうなるとケイ容疑者はセックスネタで攻撃にかかる。
しかしケイ容疑者がママにチンポを食いちぎられる痛いネタ攻撃を食らわせる。
そんな感じで心理戦というか頭脳戦になってます。

それでわかったとなるカサンドラ。
ピーチツリービルはスローモーの生産基地だ。ママが生産と密売の中心人物。
これが重要な情報のようです。

ビルの外にて。
応援のジャッジドレッド2人が来てます。
しかし防護壁が開かない。管理のオタクの手下に連絡しても開かない。
何しろ手下はママにお腹にナイフを突きつけられているので開けられない。

ドレッドとカサンドラ。それでどうする?となってる。
応援が来てるので身を隠すか守りに入るか。
ドレッドはママへの攻撃はどうかと言ったりする。
カサンドラは応援の到着を待ちましょうと言うがこれを却下するジャッジ。

またドレッド一行3人で移動となります。
そんなとこにハンドガンを持った2人が接近するが腰が引けてる素人の子供です。

それでもハンドガンを突きつける子供2人。
何でわざわざフリーズと言う?と突っ込むドレッド。
ここでケイ容疑者は何かやらかすようです。ドレッドが麻痺弾を撃ったどさくさにカサンドラを捕まえてエレベーターで逃げる。

エレベーターは200階に着く。
捕まって組織の本部に連行されてるカサンドラ。これは大変。
ママはカサンドラに暴行も強姦もないと言って閉じ込める。
ケイ容疑者にはドレッドを殺すかお前が死ぬかと言う。

オタクな手下がドレッドが情報端末を使おうしてると知らせる。
話しをさせればドレッドの位置が特定出来る。

ピーチの住人に次ぐと話すドレッド。これで場所が特定される。
ママに宣戦布告してるドレッド。
10階下の5番端末と報告するオタクな手下。殺し屋達が向かう。

殺し屋達はボックスに映る影をドレッドだと思って撃ちまくる。
しかし中は違う死体でした。囮でした。
殺し屋達が集まってるとこで吹き抜けを挟んだ反対側から焼夷弾を撃つドレッド。
これで殺し屋達が一掃されてます。

ママは警察を呼ぶと言ってます。そうなの?

街中にて。
ジャッジドレッドのバイク4台が移動中です。

ピーチツリービルにて。
先に来ていたジャッジドレッド2人に合流するジャッジドレッド4人。
防護壁を開けろと言ったら簡単に開いてます。何でそうなる?。
そんなわけで先に来ていた2人を残して4人が入ってます。

医療班のオッサンは2名死亡と勝手に死んだことにしてる。
それから4人にコンタクトして事情説明してたらいきなり射殺されて退場となります。
そうなるとこの4人は偽ジャッジドレッドです。だから防護壁が簡単に開いたわけです。

ママのところに4人が来てます。
どうやら100万で雇われたようです。ジャッジドレッド専門の殺し屋らしい。
4人ですが捕まってる新人は殺せという意見です。
女性偽ジャッジドレッドはママのガードで残ります。
残り3人の偽ジャッジドレッドが出動する。

本物のドレッドは殺し屋達と撃ち合いになってます。
もう実包の残りが少なくなってます。これは大変。

3人の偽ジャッジドレッドは別々に移動してます。

ドレッドと遭遇する偽ジャッジドレッドの1人。
ジャッジ、チャンと呼び合ってます。よくわからん。
偽者ですが残りの人数の勘違いから正体を見破られててやられます。

残り2人の偽ジャッジドレッドは移動中。
1人がやられたのを知ります。それでどうなる。

監禁されてるカサンドラ。見張りはケイ容疑者。
逆の立場になったので色々と嫌味を言うケイ容疑者。
お前はジャッジドレッドに向いてないとも言う。

ケイ容疑者を挑発して自分を撃たせるカサンドラ。
そうなるとドレッド専用ハンドガンは指紋認識なのか暴発モードになります。
撃ったケイ容疑者の手首から先が吹っ飛んでます。蹴りでとどめをさすカサンドラ。
そんなわけで脱出するカサンドラ。さすがに躊躇なく撃ちまくる。

ママにケイが死んだと報告が入る。
ガードの偽女ジャッジドレッドが私が片付けると出動する。

スローモー工場にて。
ここに入り込むドレッド。いきなり撃ったので大混乱になってます。
警戒して移動のドレッド。追っ手の偽者2人が来ます。
分け前は100万の4等分ではなく3等分とかそんな話しになってます。だんだんと人数が減ってるわけです。

そんなこんなで撃ち合いになってます。
ドレッドの方は弾切れになってます。焼夷弾、徹甲弾、残弾ゼロ。
破壊弾があるので撃つドレッド。これで偽者1人がバラバラになる。

通路にて。
カサンドラの方は偽女ジャッジドレッドと遭遇する。
応援と称する偽者ですが頭の中を読まれてアッサリと撃たれて退場となります。

スローモー工場にて。
ドレッドと偽者。
何しろ残弾ゼロなので絶体絶命なドレッド。
壁に隠れるが徹甲弾の連射で横っ腹に被弾する。これは大変。

追い詰められたトレッドととりあえず待てと言ったりする。
最後の言葉はそれかと嘲笑する偽者。たっぷりと説教してから撃とうとする。
そんなとこにようやくカサンドラが来て偽者を撃って片付けます。

傷の応急処置をするドレッド。
撃たれたらもう動けないのでは?となるが傷専用の特殊接着剤とホッチキスの応急処置で動けるようになってます。これはビックリ。

弾薬は偽者からゲットしてます。これだまた撃てるようになる。
頼むぞ相棒とカサンドラを頼りにしてるドレッド。

モニター部屋にて。
ここに押し込むドレッドとカサンドラ。オタクの手下がいる。
オタクの手下は助かりたくて何でも喋る。ママのアジトの壁の厚さからドアロックの暗唱ナンバーまで喋る。

カサンドラはオタクの手下の頭の中を読んで悲惨な境遇に同情して逃す。
ママに目を潰されていたオタクの手下。
それは規則違反だと責めるドレッドにもう辞めるからと言って押し切るカサンドラ。

ママのアジトにて。
暗唱ナンバーを押して入るドレッドとカサンドラ。まずは手下達を片付けます。
ママは手首に何やらセットしてます。

ママと対峙するドレッドとカサンドラ。
手を挙げてるママ
成り行きでまた撃ち合いになる撃たれて倒れるカサンドラ。

私の脈が停止したらビルに仕掛けた大型爆弾が爆発すると脅迫するママ。
50階分が吹っ飛ぶ爆弾だ。ビルが崩壊する。
そうなるとビルの住人を人質に取ったようなものです。

それでもママを撃つドレッド。
ここは地上1キロだ。地上から発信機の電波が届くのか?試そう。
ママにスローモーを吸わせて吹き抜けに投げ落とすドレッド。

落下中のママ。
ここは見せ場なのでスローモーションが続きます。
地上にキスして血まみれになるママ。ここはガラス越しに撮ってます。元ネタはあるけどそのままでないのがいい。
『下宿人』(1926年)では天井をガラス越しにして2階の謎の下宿人が歩くシーンを見せてます。

肝心の爆弾ですが爆発はしない。助かりました。
ママの手首の発信機が赤くなって点滅してるが爆発はない。

エレベーターで引き上げるドレッドとカサンドラ。
カサンドラの撃たれたお腹の傷の応急処置をしてます。

1階にて。
防護壁が上がって開いてます。吹き抜けの天井も開いて光が差し込む。
ようやくここから出れるドレッドとカサンドラ。応援も来てます。

試験が終わったとドレッド。
カサンドラはバッジをドレッドに渡して行ってしまう。

上司が来ます。
何があった?→薬物犯罪。
カサンドラの試験結果は?→合格ですとドレッド。

エピローグ
ドレッドのモノローグが入ります。
メガシティ#1・・・
そんなこんなでまだやることがあるといった感じ。
エンドとなります。

後タイトル

judgeDredd created
John Wagner ... (characters) and
Carlos Ezquerra ... (characters)

Karl Urban Judge Dredd

Dredd

Olivia Thirlby Anderson
Lena Headey Ma-Ma
Wood Harris Kay
Langley Kirkwood Judge Lex
Junior Singo Amos
Luke Tyler Freel
Jason Cope Zwirner
Domhnall Gleeson Clan Techie
Warrick Grier Caleb
スタッフの紹介

スクロールする後タイトル
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけで近未来アクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #790◆2018.09.08(土) | トップページ | 『ザ・レイド』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/67171653

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャッジ・ドレッド』(2012年):

« Hollywood Express #790◆2018.09.08(土) | トップページ | 『ザ・レイド』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。