映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『夜は短し歩けよ乙女』 | トップページ | Hollywood Express #785◆2018.08.04(土) »

2018.08.05

『夜明け告げるルーのうた』

この作品は、湯浅政明監督、谷花音、下田翔大VCの売れ線狙いの人魚ファンタジーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2017年 サイエンスSARU/フジアニメーションスタジオ/東宝アニメーション 日本作品
ランニング・タイム◆113分
原題◆よあけつげるるーのうた
プロット◆人魚と会って色々とある話しのようです。
音楽◆村松崇継

キャスト
谷花音→パッパラパーな人魚のルー
下田翔大→無愛想な足元カイ
寿美菜子→イケイケな海老名遊歩
斉藤壮馬→お気楽な国夫

篠原信一→ルーのパパ サメ人魚
鈴村健一→カイの父親足元照夫
伊藤静→町内放送の伊佐木

菅生隆之→カウボーイハットの会長 初代のおじいさん
チョー→メガネの社長 会長の息子

佐々木睦→宮司
堀井真吾→担任教師
川島得愛→フグ田
水野龍司→能登黒
関貴昭→側近の亀田
各務立基→日無町観光課課長 鯨井
宮崎敦吉→日無町商工会議所所長・役場主任 椎羅
平林麗大→子供爺さん
新谷真弓→ワン魚

青山穣→タコ婆
不明→タコ婆の元恋人

大悟(千鳥)→江曽島
ノブ(千鳥)→髭反大

平野潤也→青年
伊原農→若い漁師
杉浦慶子→おばさん1
枝元萌→おばさん2
松浦義之→密漁青年1
あべそういち→密漁青年2
浜添伸也→板前
長谷川敦央→お客
堀井茶渡→ナンパ男
金城大和→警官
中村俊史→取材者
吉田健司→塾教師
本田新也→警備員
宇山玲加→女の子
土井真理→爺さんの母
尾畑美依奈→売店のおばさん
橘あんり→母親
伊沢磨紀→老女性
須田祐介→海老名水産職員
戸田めぐみ→若い母親
小堀幸→幼女
大町知広→男子生徒
池田海咲→女子生徒

柄本明→カイの祖父

湯浅政明監督の演出はよいと思います。
全体的に売れ線狙いのファンタジーになってます。
アニメーション制作: サイエンスSARU

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味なし。フルスクリーン。
音声は AAC 5.1ch
番組一覧
音声は5.1chです。

東宝アニメーション
フジアニメーションスタジオ
サイエンスSARU

プロローグ
カイの自宅にて。
主人公のカイは本名を伏せてSNSで音楽動画を公開する。
しかし簡単に足がついて正体がバレて遊歩と国夫からコメントがついてしまう。
それで落ち込んでいます。

食事になってます。
おじいさん、カイの父親、それにカイ。3人暮らしです。
父親は夏休みは勉強しなさいと普通に説教する。
おじいさんは人魚の話しをしてる。

通学のカイ。
町内放送が流れてます。ここは漁村です。
市場で荷物を押しているのはカイの父親でした。
それでカイは足早に通り過ぎてるわけです。

SNSでコメントをつけた国夫と遊歩が声をかけてきます。
無口なカイ。
遊歩は漁村にしてはケバいタイプ。
国夫はよくいる軽いタイプ。

漁村なのにアメ車に乗ったお兄さんが遊歩に声をかける。
遊歩はこの町1番の会社えびな水産の娘。
国夫は神社の息子。

この町は高架電車が走ったりしてます。
同じく高架道路も走る。
巨大な崖があってその向こうには人魚島がある。

音楽をやってることがバレてバンドに入らないかと言われてます。
バンドの名前はセイレーン。人魚島で秘密練習をやらないか?となります。

中学校にて。
主人公3人は中学生でした。高校生ではない。
進路希望になってますがカイはやる気がない。

カイの自宅にて。釣り船足元という店をやってます。
帰宅したカイ。窓の外には崖が見える。
届いた手紙は母親からでした。
そんな感じで脚本はよく書き込んであるようです。

海に面した自室に入るカイ。音楽を聴いてます。
何だかもう海には人魚がいるようです。話しは早い。見に行くカイ。
マジで人魚がいたりします。人魚は崖下へ消える。それでどうなる。

郷土史の本を借りて読むカイ。
御陰岩が巨大な崖、その向こうに人魚島。

モータボートの3人。
人魚島へ秘密練習に行きます。崖下の洞窟を抜けて人形島へ。

人魚島にて。
ここは以前に人魚テーマパークを作ってそのまま寂れています。
野外ステージがあるのでここで練習となります。
電源は発電機。国夫がギター、遊歩がベース、カイはコンピューター、そんな感じ。
音楽を聴いて人魚が接近してます。
カイは遊歩の演奏とボーカルを思った通りに批評する。結果的にこき下ろしてます。
怒った遊歩はボートに行ってしまう。
遊歩がいないのに歌は流れてます。

『夜明け告げるルーのうた』
スタッフの紹介

人魚島にて。
歌を聴いて思わずダンスをしていたカイ。
国夫はボーカルまで用意していのかと感心してます。これは違います。

ボートにて。
待っていた遊歩はカイに謝ってと要求する。
それでさっきの歌は何だろう?という話題になる。

崖の洞窟付近で密漁してる漁師2人と遭遇します。
絡まれる3人。カイのスマートホンが海に落とされる。
そんなとこでいきなり海が持ち上がり漁師2人は絡むどころではなくなる。
3人も何が何だかでビックリ。人魚がやっていたようです。とにかく逃げます。

とりあえず無事に戻れた3人。
3人でバンドをやろうと手を重ねる。

カイの自宅にて。
おじいさんは傘を作ってます。漁師ではない。
人魚のことを聞くカイ。そんなとこ父親が帰宅する。
食事です。父親はえびな水産の作業服です。ヘソを曲げたカイは自室に行く。

カイの自室にて。
音楽をかけて人魚を呼ぶカイ。
カセットテープが出てきます。父親は昔はバンドをやっていたのかわかります。

それはともかくさっそく人魚が出てきます。
水を移動させてカイの自室に入ってくる人魚。当然部屋は水浸しになる。

人魚とファーストコンタクトのカイ。
とにかく人魚の名前はルーとわかる。自分の名前はカイだと伝えます。
ルーの髪の毛の中に魚が泳いでます。音楽を聴くと尾びれが足に変わります。
海に落とされたカイのスマートホンを拾っていたルー。返してます。
スマートホンですが一応防水ケースに入ってたのでバッテリーが切れただけです。
ルーは海に帰っていった。それはいいけど部屋の中が浸水で大変。
ピンクのギターピックみたいなのものが残されてます。

おじいさんが部屋を見にきたら部屋中に本が開かれて干されています。
本だけではなく畳を上げて干していました。

遠泳大会にて。
遠泳大会では泳げない人だけライフジャケットを付けていました。普通は溺れる。
遅れてるカイはいきなりルーに引っ張られて特急で進んでます。まわりはビックリ。

中学校にて。
進路指導の一環で漁師が話してます。
御陰石の外に出たら人魚島付近で魚がよく獲れるようになったと・・・
養殖業のフグ田さんのお話でした。
それで尚子さんがカイの母親の名前です。フグ田がそう言ってます。東京でダンサーをやってる。

カイの母親は死んだのではなく出て行ったそうです。
夏休みですと先生から勉強するようにとお話しがある。
カイのスマートホンを見てビックリの国夫と遊歩。海に落としたはずなのに・・・

人魚島にて。
また3人で練習になってます。ルーは姿を現してます。いいのか。
例によって音楽があると足があります。足があるのでダンスが出来る。
成り行きで国夫と遊歩にルーを紹介してるカイ。
そんな感じで練習は調子よく進んでます。

帰りのボートにて。
ルーはボートごと水で持ち上げてます。これはビックリの3人。
高く飛んだ時に魚1匹が落ちる。ここを上手く水を使って海面まで魚を下ろしてるルー。
崖の上を越えて町を向かう。そうなると町の夜景がよく見えます。
3人ですがとりあえず秘密は守ると約束してます。大丈夫なのか。

カイとルーは夜の町を歩く。
ルーはウニを白く塗ったお守りを怖がる。ちゃんと効果があるようです。
道路工事のカエルの看板の口に手を入れるシーンがあります。元ネタは『ローマの休日』(1953年)ですがそのままではないのがいい。
高架の電車に手をかざすルー。
コンビニの前でパンを食べてるルー。
高架道路を見下ろせる場所に出ています。ヘッドライトの白、テールライトの赤がきれいに区分されているのが気に入ってるルー。
ルーはパパはいる。ママは食べられたとジェスチャーが表す。
カイのままは出て行った。同じようなものだ。

何だか夜が明けて野犬収容所に来ています。
ルーは水を移動させて野犬を外に出そうしてるようです。それにルーが犬に噛み付くと犬が人魚体になるようです。
それはいいけど監視カメラに撮られていたりします。
そんな感じで大量の犬の人魚を海に移動させてるルー。

どうやら日光には弱いルー。
ここでお別れとなってます。

カイの自宅にて。
帰宅するカイ。
父親から朝帰りしたことを言われるが、カセットテープの話しをすると父親の勢いがなくなる。

神社にて。
国夫はカイから朝帰りの話しを合わせてくれは言われる。
カイと遊歩がそんな関係なのかと動揺してる国夫。
それから夏休みの課題だと言って国夫の父親から人魚伝説の話しを聞きます。
人魚を処刑したら海の水位が上がったとか。

町内放送のプレハブ小屋があります。

カイの自宅にて。
古いウクレレを出して弦を張ってるカイ。これでルーを呼ぶのか。
雨が降ってます。そうなると日光がないのでルーが出て来ます。犬人魚も1匹いる。

カイはボートに乗る。ルーと犬人魚がボートを引っ張る。
何気にスマートホンで写真を撮ったらフラッシュでルーがビックリする。

今度は海中に引っ張り込まれるカイ。
当然呼吸が出来ないカイ。ルーが口移しで呼吸をさせてくれる。
海底には船がたくさん沈んでます。ここは海の難所らしい。

沈没船の中の入り空気の溜まった船室で一息のカイ。
ルーのパパがいることを知ります。窓の外には大きな何かが移動してます。

海面に戻ってるカイ。
カイは自然に浮くことが出来ません。体に力が入ってると沈む。息を吐くと沈む。
沈むと思うと沈むらしい。そうなの?

シーンが飛んでヘリコプターが飛んでます。
えびな水産社屋の屋上に着陸する。
初代オーナーのおじいさんが登場。現オーナーの息子も登場。

プール掃除のバイト中のカイと国夫。遊歩もいます。
灯篭祭でバンドの実演デビューが出来ると盛り上がってます。

灯篭祭にて。
水に流すのではなく空に飛ばす灯篭のようです。これはビックリ。
カイは顔に被り物。ルーはクーラーボックスに入ってる。これで身元不明にしてる。
勝手にルーが歌い始める。そうなるとまわりの人達はダンスになってしまう。
こういうダンスシーンは好きだな。群舞だし。

そのうちにルーが姿を現してあれは人魚だと大騒ぎになってます。これは大変。
音楽が切れると尾びれ姿になってるのであれは何だ?となるわけです。
これを見た先代オーナーは何やら思いつく。

カイの自宅にて。
おじいさんから海に行くな音楽もやめろと言われてるカイ。

海岸にて。
何だか人魚騒ぎで観光客が増えてます。マスコミもいる。
インターネットの動画サイトで有名になったようです。

役場にて。
3人が呼ばれて町の面々から事情聴取になってます。
人魚を観光のキャンペーンガールにしようと勝手に盛り上がってます。
そんなとこにカイのおじいさんが来て人魚は危険だと主張する。
回想によるとおじいさんは海で海女さんをしていた母親を失ったようです。ここはポップな画調になってます。
今度はおばあさんも来て同じことを主張する。2人ともここから追い出されます。

カイはあの人魚は作り物だと主張する。
先代オーナーはまた人魚関連の事業をやりたがってます。現オーナーは反対してる。

カイの自宅にて。
ウクレレの弾き語りで歌が入ってます。すぐにルーが出て来ます。

旧市場にて。
3人で話し込んでます。
もう人魚ランドの工事は進んでるとのこと。
そんなとこにルーが来ます。昼ですが屋根の影なら大丈夫らしい。
カイは乗り気ではないが、国夫と遊歩は乗り気でルーを説得してます。最初からルーは出る気満々なので説得はいらないみたいだけど。

町内放送で生き締めワークショップのお知らせが流れてます。
その活き締めワークショップにて。
オッサン2人が先生を待ってます。
そんなとこに大柄というか巨大な人物がやって来ます。一応スーツ姿ですが何だか怪しすぎる感じ。
あまり気にしないオッサン2人は先生の実演を見て捌かれた魚を箱詰めする。
締めた魚ですが陽に当たると発火するようです。そうですかとオッサン2人は気にしなさ過ぎ。
そんなわけで仕事を終えてここを去る巨大な人物。
見送るオッサン2人ですがまた先生が来たりします。今度は普通の人間だ。
ここの講師がフグ田なんですが大きな人が講師になっていたわけです。

巨大な人物は町に佇む。
おばさん2人は変わった人ねといった感じの反応です。気にしていないのと同じだ。
どうやら日陰に避難していた巨大な人物は日が傾いて来たので移動して商工会議所に入ってます。

夏休みの講習にて。
ここに来てるカイ。窓の外にはルーと犬人魚がいたります。

料亭にて。
た巨大な人物が締めた魚が出ています。で、この魚は生きがいいとカウンターの客が感心してます。

町にて。
国夫と遊歩に合流するカイ。
ライブにはもう出ないと主張するカイ。

カイの自宅にて。
傘を作ってるおじいさん。カイは熱心に勉強をしてます。

人魚ランドの仮オープンにて。
港では反対運動の人達もいます。まあ普通はいる。
ここは日無し町という地名です。

カイの自宅にて。
昔を思い出してるおじいさん。音楽もやっていたのか。

町にて。
アトラクションで椅子レースをやってます。

カイの自宅にて。
勉強中のカイ。ヘッドホンで何も聞こえない。

町にて。
ルーのパパがあいさつに来てます。
先生ということで認知されてるようです。そうなの?

人魚ランドにて。
遊歩と国夫のコンサートになってます。バックバンドはいます。
ルーと犬人魚が登場します。いきなりスポットライトが当たってクラクラしてます。
成り行きで遊歩がボーカルと演奏をやめても演奏はそのまま実行されてます。どうやら遊歩と国夫には内緒で口パクになっていたようです。
それでもルーの芸は受けてます。

3人がそろったことでもめてます。
遊歩はカイとは絶交よと怒ってます。
カイはスマートホンを海に投げ入れる。

コンサートのルーですが今頃になってバックバンドが別人だと気がついてます。
観客からはフラッシュを浴びせられてパニックになってあたりに水を放出して逃げてます。

海にて。
犬人魚は魚の取れた網に穴を開けて魚を食い荒らす。これは問題になりそう。

町にて。
人魚に関する悪い噂のモンタージュが入ります。
とにかく状況は悪くなってます。

カイの自宅にて。
あいかわらず勉強中のカイ。父親が何やら言ってます。

町内放送で遊歩が行方不明と放送してます。
これがすぐに人魚に結びついて状況がまた悪くなります。
夜になっても大捜索になってます。人魚に攫われたと噂になってる。

カイの自宅にて。
ルーが来ましたが罠で捕獲されてます。これは大変。
カイは全く気がついてない。

町内放送の伊佐木の自宅にて。
ここにいる遊歩。伊佐木は遊歩には好意的。
それで遊歩にあんたは人魚に食われていることになってると知らせる伊佐木。

えびな水産にて。
魚を食った犬人魚が大勢捕まってます。
ルーはプール中央の檻に入れられて尋問されてます。
会話から商工会議所の大きな先生も怪しいとなってます。確かに怪しい。

遊歩はまだ行方不明のまま。パパの現オーナーは錯乱してる。
天井を開けと命じる現オーナー。そうなるとルーに直射日光が当たってしまう。

商工会議所にて。
これを感じたルーのパパが暴走を開始する。
直射日光が当たって燃えてもおかまいなしに本来の姿に戻り移動をする。
人魚はいうよりサメみたいなルーのパパ。

えびな水産にて。
遊歩が戻ってパパの現オーナーを止めてます。
そんなとこに燃えてるルーのパパが突っ込んで外壁のテントが燃える。
ルーをかばって包み込むルーのパパ。そんなとこに現オーナーは巨大な釜をかぶせる。
とりあえずこれで落ちついてます。それでどうなる。

国夫の父親がたたりがある。避難してくれと知らせる。
もう水が流れ込んでいます。
水が増えるのは人魚とは関係がなくて御陰岩の祟りでした。人魚は別口です。

カイの自宅にて。
あいかわらず何も気がついてないカイ。

町内放送のブースにて。
伊佐木から喋り方を教わって話す遊歩。
カイにルーが捕まってると知らせる。

カイの自宅にて。
それでカイはどうする。ウクレレを持ってボートに飛び乗る。
エンジンはかけたことがないのにエンジン出力でスタートしてる。

えびな水産にて。
遊歩に合流するカイ。
そんなとこにカイの父親が来て思った通りにやれと励ます。
それで何をする?→プールの水門を開けます。
カイ、遊歩、カイの父親、それに前オーナーが力を合わせてハンドルを回す。

プールに水が流れ込む大量の犬人魚が流れ込む。
カイかウクレレを弾くとルーが反応する。ルーのパパは釜を破って姿を表す。
しかし天井には太陽灯があり動けないルーのパパ。
ここは犬人魚達が水を噴射して太陽灯をショートさせ消してます。

ルーのパパは水を集めてまとめて脱出してる。
人間はカイと遊歩はつれていくがカイの父親と前オーナーは置き去り。
現オーナーは会社の船を出す。おばあさんもモーターボートを出す。

町は浸水してます。避難活動になります。

会社の船にて。
船員達は人魚のたたりだと腰が引けて勝手に船を戻します。
現オーナーと側近の2人は船から放り出される。浮き輪1つは投げてくれた。

ヘリコプターが空中のルー一行の水の塊に接近してます。
前オーナーとカイの父親が乗ってます。カイと遊歩の救助が目的。
父親がヘリコプターから降りてカイと遊歩を救助する。

このへんでルーが落ちた魚を海面まで水の塊で運ぶシーンが入ります。

ルーは町に向かっているようです。
ルーのパパは他の人魚達を動員してます。

おばあさんのモーターボートはルーにめがけて突撃してます。
どうやら旦那の仇討ちのようです。
そんなとこに人魚になった旦那がおばあさんを止める。
おばあさんは旦那に噛まれて人魚になった。

ルーは逃げ遅れた人を救助してます。他の人魚達もそうしてる。

おじいさんは船で海に出ています。

町内放送は建物の上に避難して下さいと言ってます。
伊佐木はバスで避難活動もやってます。

さすがに人魚達を疲れたようで動きが鈍くなる。

遊歩はバスの伊佐木に合流してハンドスピーカーで避難活動をする。
おちついてとにかく浮いていて下さい。人魚達が助けてくれます・・・。

ヘリコプターは人魚島に向かいカイを下ろします。
捨て犬だった犬人魚に再会するオッサンもいます。これはビックリ。

人魚達が疲れ切ったとこで夜が明けてきます。
これもこれで大変。人魚は日光が苦手なんです。

人魚ランドで弾き語りのカイ。
ルーとルーのパパが水を動かす。
それで傘は人魚達の日よけに使われてます。無数の傘が開く。

おじいさんの母親は海中で事故にあって人魚が助けようとして噛み付いてしまった。
ようやく船に戻った母親は人魚になって海に消えた。これが真相でした。
それでおじいさんは自ら海に入る。

堤防にて。
カイはルーと再会するがお別れになるようです。

突然人魚達は消えます。
無数の日よけの傘だけが残る。

色々とあって御陰岩は跡形もなく消えてしまった。
そんなわけで宮司はもう人魚は住めないだろうと言ってたりします。

カイの自宅にて。
仏壇にはおじいさんの写真があります。
カイと父親。
自分の進路を語るカイ。やる気が出て来た。

新しい生活になるカイ。
3人で通学です。
陽の当たる町なったねと遊歩。

エンドとなります。

後タイトル
キャスト
谷花音 ルー
下田翔大 足元カイ
寿美菜子 海老名遊歩
斉藤壮馬 国夫
篠原信一 ルーのパパ

鈴村健一 足元照夫
伊藤静 伊佐木

菅生隆之 会長
チョー 社長

青山穣 タコ婆
佐々木睦 宮司

堀井真吾 担任教師
川島得愛 フグ田
水野龍司 能登黒
関貴昭 側近の亀田
各務立基 日無町観光課課長 鯨井
宮崎敦吉 日無町商工会議所所長・役場主任 椎羅
平林麗大 子供爺さん
新谷真弓 ワン魚

大悟(千鳥) 江曽島
ノブ(千鳥) 髭反大

平野潤也 青年
伊原農 若い漁師
杉浦慶子 おばさん1
枝元萌 おばさん2
松浦義之 密漁青年1
あべそういち 密漁青年2
浜添伸也 板前
長谷川敦央 お客
堀井茶渡 ナンパ男
金城大和 警官
中村俊史 取材者
吉田健司 塾教師
本田新也 警備員
宇山玲加 女の子
土井真理 爺さんの母
尾畑美依奈 売店のおばさん
橘あんり 母親
伊沢磨紀 老女性
須田祐介 海老名水産職員
戸田めぐみ 若い母親
小堀幸 幼女
大町知広 男子生徒
池田海咲 女子生徒

柄本明 カイの祖父

スタッフの紹介


そんなわけで普通のファンタジーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『夜は短し歩けよ乙女』 | トップページ | Hollywood Express #785◆2018.08.04(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/67024554

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜明け告げるルーのうた』:

« 『夜は短し歩けよ乙女』 | トップページ | Hollywood Express #785◆2018.08.04(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。