映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『モーガン プロトタイプ L-9』 | トップページ | Hollywood Express #787◆2018.08.18(土) »

2018.08.19

『ウィッチ』

この作品は、ロバート・エガース監督、アニヤ・テイラー=ジョイ主演の魔女ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2015年 Code Red Productions/Scythia Films/Pulse Films/Mott Street Pictures/Maiden Voyage Pictures/Rooks Nest Entertainment/R/T Features/Universalアメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆The VVitch: A New-England Folktale
プロット◆魔女騒ぎで悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆マーク・コーヴェン

キャスト
アニヤ・テイラー=ジョイ→姉のトマシン
ラルフ・アイネソン→父親のウィル
ケイト・ディッキー→母親のケイト
ハーヴィー・スクリムショウ→弟のケイレブ
エリー・グレインジャー→双子の妹マーシー
ルーカス・ドーソン→双子の弟ジョナス

バスシバ・ガーネット→おばさんの魔女
サラ・スティーヴンス→若い魔女

ジュリアン・リッチングス→村長

ロバート・エガース監督の演出はよいと思います。
全体的にホラーではなくコテコテな家族ドラマになってます。

アニヤ・テイラー=ジョイはさすがにいい。見てるだけでいい。
怪物や殺人鬼役でおなじみだったジュリアン・リッチングスは随分と出世して普通の村長役になっていました。

インターフィルム/ハピネット発売のBlu-rayにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味なし。フルスクリーン。
音声は DTS-HD MSTR mulch

読み込み中
ディスク取り扱いご注意のアラート。2面もある。
著作権のアラート
読み込み中

Universal
Parts and Labor
R/T Features
Maiden Voyage Pictures
Mott Street Pictures
Rooks Nest Entertainment

黒味から
The VVitch: A New-England Folktale

村にて。
いきなり主人公のトマシンのクローズアップが入る。
どうやらトマシン一家6人は宗教上の諍いで村を出るようです。
宗教裁判というか民事裁判のような感じ。

入植地から追放になるトマシン一家6人。
父親のウィル
母親のケイト
長女のトマシン
長男のケイレブ
双子のマーシーとジョナス
赤ん坊のサム

荷馬車で入植地を出る一家6人。
そんなわけで人里離れた森付近で暮らすようです。
夜、森でキャンプになってます。

次の日です。
森に向かって祈りを捧げています。
黒味が入る。

もう小屋を立てて普通の生活になってます。
懺悔をやってるトマシン。生活態度はイマイチらしい。

それからトマシンは赤ん坊の子守をする。
ハイライトシーンでお馴染みの『いないいないばあ』をするシーンです。
いきなり赤ん坊が消え失せます。これはビックリのトマシン。

森にて。
何者かが赤ん坊を運んでます。
何者かのアジトで赤ん坊は何かの儀式になってます。
黒味が入る。
どうやら赤ん坊をすりつぶして身体中に塗りたくっているようです。
何者かはおばさんです。そうなると魔女です。
黒味が入るたびに状況は進んでます。よくはならない。
長めの黒味が入ります。それでどうなる。

一家の自宅にて。
目が覚めた弟のケイレブ。寝ている姉トマシンのおっぱいが気になる。

外に出るケイレブ。父親のウィルのとこに行きます。
サムの捜索はやめようとウィル。狼に食われたんだ。
で、トウモロコシ畑の収穫は悪い。
ケイレブを連れて森に入るウィル。仕掛けた罠のところへ行きます。
冬になる前に食料を調達しないと大変だ。

森にて。
ウィルとケイレブ。それに飼い犬。

一家の自宅にて。
トマシン達が起きてます。
母親のケイトを伺うトマシン。泣いてるケイト。

外にて。
水運びをするトマシン。

森にて。
ウィルとケイレブ。それに飼い犬。
宗教問答になってるウィルとケイレブ。
肝心の罠ですが空振りでした。何もかかっていない。
罠を仕掛け直してます。トラバサミなので取り扱いには注意が必要です。

ケイレブはウィルに消えたサムのことを聞く。
サムの話しはやめようとウィル。
ところでトラバサミの罠はインディアンからケイトの銀コップと交換したと話すウィル。このことを内緒だとウィル。

一家の自宅にて。
ニワトリから卵をとってるトマシン。近くに死んでるヒナが入った割れた卵があります。

森にて。
ウィルとケイレブ。
銀コップを交換に出したことをまでケイトには言ってないウィル。
ケイレブには秘密だと言ってます。ファウラーは飼い犬の名前です。

ウサギがいます。
これは獲物だと火縄銃を使うウィル。しかし作動不良で目を痛める。

一家の自宅にて。
双子は黒いヤギの歌を歌う。ジョナスとマーシーがヤギの名前。
仕事の合間にトマシンは赤ん坊が消えた場所で森を見ていたりします。
トマシンは黒ヤギをかまうなと叱る。ところで黒ヤギは不吉な存在なのでは?。
ケイトはトマシンを叱る。双子を見張っていなさい。

ウィルとケイレブが戻ります。
ケイトがどこへ何しに行ってた?と聞かれる。
ケイレブはリンゴを探しに行ったと取り繕う。

ウィルは薪割りをしてます。
この状況で家族が1人でもケガや病気になると一家全滅になるような感じ。
ウィルはヤギを柵に入れようとして転んでしまう。服が汚れた。

小川でウィルの服を洗濯のトマシン。
そんなとこにケイレブが水汲みに来ます。やはりおっぱいが気になる。
トマシンはケイレブとふざける。そんなとこに何やら音がします。
マーシーが来て魔女ごっこを始める。サムを消したトマシンは魔女だ・・・
逆に私は森の魔女だとマーシーを脅かすトマシン。
ケイレブはサムは狼の仕業だよとフォローしてる。

一家の自宅にて。
夕食になってます。まずは祈りから入る。
ケイトが銀コップの話しを始める。これは大変。
トマシンは私は知りませんは答える。そりゃそうだ。
ウィルはトマシンではないと言う。
ケイトはこの土地は嫌いだわは話題がそれた。

この作品ですがもしかしてロウソクの光だけで撮影してるのか?
そんな感じで撮影は見事です。
最近のデジタルビデオカメラの性能は凄いのかもしれない。誰でもというわけではないが比較的容易に『バリー・リンドン』(1975年)並みの撮影が出来たりするのかも。

トマシンはケイトに言われヤギの寝床を直しに出る。
ヤギ小屋にはウサギがいたりします。何のシンボルなんだ?。

寝室にて。
ウィルとケイト。
ケイトにあまり愚痴は言わないようにとお願いするウィル。
ケイトは銀コップは売ってもよかったと言うケイト。
トマシンに月のものがと言い始めるケイト。奉公に出さないと・・・

この会話が子供達にまる聞こえになってます。
まあ狭い小屋なのでそうなる。
ウィルは明日トマシンを連れて村に行き奉公に出すと言ってる。
そうなるとトマシンは口減らしで奉公に出されるのか。

翌朝にて。
早めに起きたケイレブは馬で出かけようとする。
そんなとこにトマシンが来てケイレプにどこへ何しにと聞く。
トマシンを奉公になんて行かせないとケイレブ。
そんなこんなで2人で馬で出かけてます。

森にて。
馬に乗ったトマシン、徒歩のケイレブ。
罠のところに来てます。ウサギがかかっていました。

それから昔の話をしてるトマシンとケイレブ。またウサギが出て来ます。
ここで馬が暴れてトマシンが落馬する。ケイレブをウサギを追う。
黒味になります。

一家の自宅にて。
トマシンとケイレブがいなくなって大騒ぎで捜索になってます。

森にて。
ケイレブはトマシンと離れてしまい捜してます。
お祈りしながら徒歩で移動のケイレブ。
何だか犬の悲鳴が聞こえる。ようやく見つけた犬は致命傷の怪我をしていた。

その頃トマシンは落馬して倒れています。
ウィルの捜す声が聞こえたのでトマシンはそっちへ行く。

ケイレブの方は随分と離れた森の中にいるようです。
ウサギがいたりします。接近するケイレブ。

ウィルに合流するトマシン。もう自宅付近です。
ケイレブのことを聞かれるがトマシンにはわからん。

森にて。
ウサギに接近してるケイレブと思ったら魔女のアジトの近くにいたりする。
魔女と遭遇するケイレブ。この魔女はおっぱいが凄い。おばさんでもない。
そうなるとケイレブの妄想なのか?。それは違う感じ。
いきなり魔女にキスされるケイレブ。
いきなり黒味が入ります。長い黒味です。

一家の自宅にて。
いまだにケイレブは行方不明。馬も行方不明です。
トマシンは両親から何があった?と詰問されるが、トマシンは落馬しただけで何も見ていない。
ケイトからなぜ森に行ったと詰問されるトマシン。

ここでウィルが銀コップは自分が売ったと話しをそらせる。
ケイトは何故秘密にしたと夫婦喧嘩になってます。
そんなこんなで雨も降ってるし夜間にウィルがケイレブ捜索に出ることはなかった。

ヤギ小屋に行くトマシン。
ここで雨の中を素っ裸のケイレブが戻ってます。これはビックリ。ウィルを呼ぶ。

寝込んでるケイレブ。看病のケイト。
ケイレブのこめかみ付近から血を抜いてます。何のおまじないなんだ?
ウィルを雨の中で薪割りをやってます。普通ではない。

翌日にて。
ヤギ小屋でマーシーが黒ヤギのことからトマシンの悪口を言う。
白ヤギの乳搾りをしたトマシンですが血が出てビックリ。

寝込んでるケイレブ。
ケイトはこれは魔女の仕業だと言ってます。
それなら魔女は誰なんだ?と突っ込むウィル。
ウィルは明日村に行ってトマシンの奉公先とケイレブの医者を探すつもり。

何だか疲れたケイトはもうイングランドに帰りたいと言い出す。これは大変。
私はヨブの妻になってしまったとケイト。宗教ネタなので何だかわからん。
心が石に変わったとケイト。
それから私はトマシンと同じ歳の頃にイエス様と一緒にいる夢を見た。
とにかく明日の朝には出発すると言うウィル。

外にて。
マーシーは黒いヤギの歌を歌う。トマシンからやめろと言われてる。
そんなとこにケイレブの悲鳴が聞こえる。

寝込んで悲鳴のケイレブ。
うなされて斧で彼女の首を撥ねろと口走るケイレブ。
何やら口に入っているようです。ウィルが棒で掻き出すとリンゴでした。

マーシーがトマシンが悪魔だと言い始める。
ウィルがトマシンを詰問する。
そんなこんなでとにかく全員で祈りになってます。
双子は祈りを忘れたとパニックになってます。ケイレブは相変わらずうなされている。
ケイレブにつられて双子もおかしくなってます。
そんな感じで大変な状況になってます。

いきなりケイレブが落ち着く。
何だかとてもいい気持ちになっているようです。それから静かになります。
どうやらケイレブは死に至ったらしい。これは大変。
ケイトはトマシンを魔女だと罵倒する。双子は昏倒してるしもう大変。

外に出たトマシンを説得するウィル。
来年の話しを始めるウィル。いいことがあるんだ・・・
それはいいけど何だかトマシンが村で魔女裁判にかけられるような感じ・・・

真実を話すトマシン。
私を奉公に出すと聞いてケイレブが何とかしようとした。ここまでは本当。
そんなこんなでウィルを罵ったりするトマシン。作物栽培も狩りも出来ないとこき下ろしてます。これも本当だ。

激怒したウィルはトマシンを引きずって小屋に入れる。
双子はまだ昏倒してる。
トマシンは双子がヤギと悪魔の契約したと主張してる。忙しい。

結局トマシンと双子はヤギ小屋に閉じ込められます。
双子と一緒にしないでと頼むトマシンですが当然無視される。

黒ヤギにホントに口がきけるのかと聞いてるトマシン。
双子は固まってます。昏倒はしてない。

ケイレブを埋葬するウィルとケイト。
ケイトを墓穴に入ってケイレブを抱きしめてます。大丈夫なのか。

また薪割りをしてるウィル。途中から懺悔になってます。
この懺悔がヤギ小屋のトマシンに聞こえてます。
要するに子供達だけはお救い下さいとお願いしてるウィル。
黒味が入ります。

まだ夜があけていませんがケイトが起き出してます。
何だか無くなったはずの銀のコップが見えたりしてます。
それにケイレブがサムを抱いていたりします。これはおかしい。
マジでケイレブとコンタクトしてるケイト。ウィルは起こさないでとお願いのケイレブ。

ヤギ小屋にて。
何やら音がしてます。

小屋にて。
ケイトとケイレブ。
母さんに本を持って来たとケイレブ。

ヤギ小屋にて。
何かがいるようで双子が驚愕してます。フローラと白ヤギの名前を呼ぶ。
その白ヤギには全裸の魔女がとりついていました。乳搾りしてるのか?
トマシンも驚愕してます。

小屋にて。
ケイトはケイレブに乳を与えてるつもりですが実はカラスに乳首を突かれています。

夜があけてます。
ウィルが目を覚ます。
ケイトは寝てます。死んではいない。しかし乳首の部分に血がにじんでる。

ヤギ小屋に行くウィル。
しかしヤギ小屋は半壊しています。ヤギだか双子が死体になってるみたい。
トマシンは無事です。
いきなり黒ヤギのツノで腹を突かれるウィル。これは致命傷かも。
斧で反撃しようとするウィルですがもう動けない。そこをまた黒ヤギに体当たりされて積んだ薪の山に突っ込んで退場となります。

トマシンはウィルのとこへ行く。
そんなとこにケイトが来てトマシンを魔女と罵る。
魔女とか売春婦とまた罵るケイト。
地面に組み伏せられて思わず刃物で反撃するトマシン。
ケイトはトマシンの首を閉める。また刃物を使うトマシン。
これでケイトは退場となります。
しばらく静止画のような絵になってます。ケイトを押しのけて立ち上がるトマシン。
1人残ったトマシンはしばらく佇み森を見ています。

小屋に入るトマシン。
上着を脱いでます。それからケープを羽織って椅子に座りテーブルに伏せる。
黒味が長く入ります。

夜になってます。
まだトマシンはテーブルに伏せたまま。それからヤギ小屋に行くトマシン。

ヤギ小屋にて。
黒ヤギに喋ってちょうだいとお願いするトマシン。
そんなとこにお前の望みを言ってみろと声がかかる。男の声だ。
バター、きれいなドレス、魅惑的な暮らし、これを与えてやろうか。
世界を見せてやろう・・・

私は何をやれば?とトマシン。
本があります。服を脱いでこれに署名しろと男。
字は知らないとトマシン。ここは男が助けてくれる。
全裸で森に消えて行くトマシン。黒ヤギが後をつける。
黒味が入ります。

森にて。
全裸のトマシンは森の奥へ行く。黒ヤギが後をつける。
森の奥では焚き火を囲んで全裸の魔女達が儀式をやってます。
これを見ているトマシン。
そのうちに魔女達は空中浮遊をしてます。
焚き火に接近したトマシンも何だか浮いてる感じ。
空中浮遊のトマシン。トマシンは魔女になったようです。
長い黒味が入ってエンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介
字幕です。
本作の日記や裁判記録等の歴史的資料民話等から着想を得た。
言語のセリフの大半は当時の言葉である。

Parts and Labor
R/T Features
Rooks Nest Entertainment
Maiden Voyage Pictures
Mott Street Pictures
present

in association with
Code Red Productions
Scythia Films
Pulse Films
Special projects

Anya Taylor-Joy Thomasin
Ralph Ineson William
Kate Dickie Katherine
Harvey Scrimshaw Caleb
Ellie Grainger Mercy
Lucas Dawson Jonas

Bathsheba Garnett The Witch
Sarah Stephens The Witch, Young
Julian Richings Governor

Daniel Chaudhry Black Phillip (voice) (as Wahab Chaudhry)
Axtun Henry Dube Samuel
Athan Conrad Dube Samuel

スタッフの紹介
キャストの紹介
スタッフの紹介
スクロールする形式ではなく切り替えで表示してます。


そんなわけでコテコテな魔女ドラマのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


« 『モーガン プロトタイプ L-9』 | トップページ | Hollywood Express #787◆2018.08.18(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/67074586

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウィッチ』:

« 『モーガン プロトタイプ L-9』 | トップページ | Hollywood Express #787◆2018.08.18(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。