映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #781◆2018.07.07(土) | トップページ | 『ラザロ・エフェクト』 »

2018.07.14

『PANDEMIC パンデミック』

この作品は、ジョン・スーツ監督、レイチェル・ニコルズ主演の謎の病原体ホラーようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2016年 New Artists Alliance production/Parkside Pictures/MTG Tadross Media Group/Content Media/XLrator Media アメリカ作品
ランニング・タイム◆92分
原題◆Pandemic
プロット◆危険地域に潜入して色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆アレック・プーロ

キャスト
レイチェル・ニコルズ→ローレン・チェイス医師
アルフィー・アレン→運転手のフレディ
ミッシー・パイル→ナビ担当のデニス
メキー・ファイファー→射撃手=ガンナー

ポール・ギルフォイル→上司のグリア医師
パット・ヒーリー→危険地域のウォード医師

ダニエル・ローズ・ラッセル→ローレンの娘メーガン

ジョン・スーツ監督の演出はよいと思います。
全体的にノンストップサスペンスになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。フルスクリーン。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧。
音声は5.1ch

New Artists Alliance
Content
XLrator Media
Parkside Pictures
MTG Tadross Media Group

プロローグ
誕生パーティやドライブ等のモンタージュが入ります。
娘のメーガン。それにママとパパ。
そんな感じで主人公のキャラ紹介といった感じ。
主演のレイチェル・ニコルズはママの役です。

研究所にて。
スマートフォンで昔の写真を見ています。
それからメーガンに電話をする。出ません。
ローレン・チェイス医師のIDカードが見てます。そうなるとローレンなのか。

画面に向かって感染者に関することを朗読するローレン。
検査して赤なら保護、黒なら放置。

Pandemic

上司のオッサンから説明を受けてるローレン。
どうやら現場に出動するローレン。初めてらしい。一応医者のようです。
そんなわけで色々と説明になるわけです。

ウォード医師の交信記録から
セントメリーズ高校で98人の非感染者を発見。
その救出に向かうのが任務のようです。

この作品もPOVになってます。隊員のヘルメットにカメラが装着してる設定。
全編ではなくアクションシーンになるとそんな感じ。

上司の説明が延々と続きます。それはいいけど銃声もしてる。
感染レベルは5段階。
ニューヨークが全滅。そんな話しにもなる。
説明でファイラウィルスと名前が出ています。

両側が監獄のところにて。
黄色い線の上を歩けと言われるローレン。
そうしないと監獄から手を出して掴まれるからです。さっそく捕まってるローレン。
だから線の上を歩けと言ったと説教されてます。
医者のアンタが死んだらこまるんだと言われてる。
黒味になります。

出動となってキャラ紹介です。
黒人の隊員が登場。元警官でガード役。
メガネの女性が登場。ナビ役のようです。

上司とローレン。
CDCが研究所の名称。
レベル1ならまだ治療が出来る話しが出てる。
セントメリーズ高校に行き生存者98名を検査する。血液検査の赤と黒で判定する。

チーム313のバスにて。
黒人の隊員とメガネの女性がいます。運転者は白人の男。
ここに医者のローレンが加わるわけです。
黒人隊員は前に出動したチームの捜索許可をとろうとしてます。

メガネの女性はデニス。
黒人隊員は名前は出なくてキャスト表によるとガンナー=射撃手。
運転手の白人の男はあとでわかりますがフレディ。キャスト表ではWheeler
医者のローレン・チェイス。
合計4人です。少ない。

バス移動となりますがさっそく木製バットを持たされるローレン。
ガンナーからモグラ叩きゲームだと思えと言われてる。

移動中のバスにて。
ロサンゼルスでおなじみの川の端を走ってます。コンクリートの道。
そうなると舞台はロサンゼルスのようです。ニューヨークではない。

いよいよゲートを開けて突入となりますが大勢の感染者が押し寄せる。
ゲート守備隊が撃ちまくるところをバスが突入する。
窓から侵入しようとする感染者をバットで何とかするわけです。
そんな感じで大騒ぎになってます。

バスの中にも感染者が侵入してきます。これは大変。
4人では人手が全く足りません。ローレンは戦闘の素人だし。
そんなこんなで感染者の頭を踏み潰してバスから放り出す。

ようやく感染者を振り切って移動するパス。
と思ったらまだ感染者が1人残ってました。また大騒ぎになってます。

ロサンゼルス南方面の道路標識が見えてます。
ニューヨーク云々は話しに出ただけらしい。ローレンはニューヨークから来た。
だから色々と説明を受けていたわけです。

移動中のバス。
ガンナーはローレンにしっかりしてくれと言ってる。
とりあえずセントメリーズ高校に向かってます。
運転手のフレディは反対してます。適当に時間を潰して帰った方がいいと主張する。
グリアの名前で出ています。上司のオッサンの名前です。

別のチームのバスの話しも出ています。セントメリーズで行方不明。
ローレンのトランクに携帯電話が入ってます。使うローレン。
ガンナーに見つかって無線を使ってくれと携帯電話はトランクに戻される。

あちこちで燃えてる火事ですがCGのようです。安上がりです。

デニスは死んだ息子の写真を大事に持っています。
フレディとガンナーは不仲です。常習犯罪者と元警官のコンビなのでそうなる。
労働釈放のフレディ。危険な仕事をすることを承知して釈放された。

道路で助けを求める女性がいます。私は病気ではないと主張してる。
ローレンに道具を持ってこいと命じるガンナー。
早く検査しろとなるがローレンは手間取る。
ようやく検査したら赤と出ました。感染していない。

バスに入れようとするが女性はロープが結び付けられていた。囮でした。
そんなわけでまわりに倒れていた感染者が襲ってきます。大騒ぎになります。
奮闘してるガンナー。何とか帰還する。
ローレンにちゃんとやってくれと文句が出ているガンナー。
黒味になります。

移動中のバス。
ガンナーの治療しながら話こむローレン。
どこで仕事していた?→CDCの研究所。
何だか4人の中では浮いてる感じのローレン。

バスの移動が続きます。
ローレンはまたトランクの携帯電話を使おうとするが電池が切れた。
そうなると勝手に誰かを探してるようです。

会話で夫と娘がこっちにいると言ってるローレン。
運転手のフレディは救出ではなくモルモットが欲しいだけなんだろと言ったりする。
そんなとこで黄色いスクールバスが見えてきます。

ガンナーが黄色いバスに接近してます。スプレー書きで313と表示されてる。
バス内を調べるガンナー。女性隊員が死亡してるのを発見します。
この女性隊員がガンナーの奥さんのようです。泣いてるガンナー。

待機してるバスにて。
何だか屋根に何かいるような音がしてます。これは大変。
いきなり出口付近にいたローレンが捕まってます。大騒ぎになります。
そんなこんなで何とか助かってるローレン。色々と大変だ。
ローレンに対してはもう少ししっかりせんかいといった感じ。

ガンナーはあのバスが何か見た?と聞かれて無言になる。
感染者が人間を食べる話しを始めるガンナー。バス内ではそうだったらしい。
とりあえず否定してるローレン。

目的地のセントメリーズ高校にて。
ここに到着するバス。校内捜索となります。4人全員が出動してる。
やる気のない運転者もさすがに待機はしていない。

校内探索はPOVになってます。
フレディは非常食が保存されてる部屋を見つける。さっそく食べてます。
他も捜索しています。ローレンは自分の目的のみといった感じ。

トイレを捜索してるローレン。
1番奥のトイレでオッサンが死亡していました。携帯電話をゲットする。

すぐにメーガンに電話するローレン。繋がってます。これはビックリ。
自宅にいるメーガン。パパはいなくなった。何だか話しが怪しいメーガン。
そんなとこにデニスが来たりします。これはこれで大変。

怪しい部屋があります。
ドアを開けると女性が1人で座ってます。ローレンがコンタクトする。
赤ちゃんだけは助けてくれと訴える女性。しかし赤ちゃんは死亡していた。
そんなこんなでフレディが女性を刺殺する。結果的にこれが最善の方法になってる。

監視カメラ映像が度々入ります。
特に意味はなく場所と時間経過を模写してるようです。
しかし画面隅の細かい文字なんて誰も読まない。

デニスがここを開けてと知らせる。開けます。
体育館のような広いところで死体が多数転がってます。
ローレンはもう任務終了と言ったりする。
そうしたら何だか動いてる感染者もいたりして大勢が襲ってきます。
危険なのでバスの方に逃げる4人。これは大変。
このへんはPOV全開で何が何だかよくわからない。

2階の窓から飛び降りることなります。
フレディ、ローレン、デニスと飛び降ります
最後に残ったガンナーは奮闘しますがやられて退場となります。
ガンナーのカメラが壊れてやられたことを描写してます。

飛び降りた3人ですがフレディは自分だけ先にバスに行ってしまった。
ローレンとデニスも移動する。
ひと段落したとこでローレンは無線連絡します。チーム314は救助を要請する。
もう日が暮れてきます。デニスは隠れ家を探そうと言う。

街中を徒歩で移動するローレンとデニス。
残りの実包は2発。自殺用に取っておこうと言うデニス。

何だかクルマが接近してきます。
そのへんのワンボックスカーに隠れるローレンとデニス。
使える物を探しますが工具のドライバーぐらいです。
感染者が1人侵入して大騒ぎになってます。ドライパーで何とか仕留める。
また徒歩で移動となります。

どこかの店にて。
シャッターを開けて入り込むローレンとデニス。
デニスの死んだ息子ジョシュの話しになってます。
ローレンは娘のメーガンの話しをする。生きていた。
それから救助は1日で来る。私はともかくアンタは医者だから絶対に来るわよと言ってるデニス。

ここでローレンは何かとんでもないことを言い出す。
バレるとは?。私はローレンではないとローレン。そうなると誰なんだ?
そんなわけで私は医者ではない。ローレン・チェイス医師のIDカードを拾ってなりすました。私はレベッカ。

これはビックリのデニス。人が死んでるんだと激昂してます。
そうなるとレベッカは何の仕事をしていたんだ?普通の主婦だったのか?
そんなこんなで説得してデニスは同行を承知する。嘘がバレなければ救助も来るだろう。

使える物を探すレベッカとデニス。
何だかガラスが割れてる音がしています。そうなると・・・
それでヘルメットのライトを消すと真っ暗で何も見えない。

後ろにいきなり感染者がいて大騒ぎになります。
ハンマーで殴ったりしてますが騒ぎは続きます。
何とか無事のレベッカとデニス。今度は固まってやり過ごす。

やり過ごしたと思ったらまた感染者が戻って大騒ぎになってます。
何とか助かったと思ったらフレディがいたからでした。これはビックリの2人。

一息ついて3人で相談となります。
銀行へ行ったと言ってるフレディ。医者とも話したと言ってる。
無線連絡するローレン。まだ偽医者とはバレずにウォード医者と連絡する。
ウォード医師は生存者8名とブレスビテリアン病院にいるとのこと。

ここでフレディは負傷してるとわかる。そうなると感染者です。
それはともかくレベッカは自宅にも行くと言い出す。
フレディも帰還することを条件に協力することにする。

もう感染してると防護服を脱いでるフレディ。
ここから出て3人で移動となります。

街中にて。
フレディが先行してレベッカとデニスは隠れて付いて行く。
クルマが停まってフレディと話し込んでます。クルマは行ってしまった。
フレディはバスを見たとでまかせを言って切り抜けたそうです。

ここでデニスは大事の息子の写真を落として道路の真ん中まで取りに行く。
いきなりクルマに跳ねられ捕まるデニス。そのまま運ばれる。

捕まったデニスは腹を切り裂かれて内臓を食われて退場となってます。
ここもPOVでヘルメットが外されると固定カメラになる。
レベッカが撃ちまくってそれから斧を使ってるようです。よくわからん。
やり過ぎでフレディから落ちつけと止められてるレベッカ。

残りのレベッカとフレディは病院へとたどり着く。
ローレン・チェイスを名乗るレベッカ。彼は運転手ですと紹介する。
ウォード医師はフレディが感染者なのかと疑いドアを開けない。

証拠を見せろというので血液検査をやります。
まずは自身を血液検査をやります。これは当然赤く出る。
次はフレディですが検査装置を空打ちさせて自分の検査結果の赤を見せるレベッカ。
これで中に入ってます。

救急車のエンジンはフレディが直結でかけてます。犯罪者でも役に立つ時がある。
これで全員が乗り込んでと思ったらウォード医師はレベッカとフレディを殴打して置き去りにする。
実はウォード医師は本物のローレン医師とは顔見知りだったのです。
世間は狭いものです。とんだとこで足がついた。

救急車は行ってしまい感染者が押し寄せて来ます。
ここはもう1台の救急車をフレディがまた直結でエンジンをかけて脱出となります。
窓から手を突っ込まれたり危ないとこだったレベッカ。

それはいいけどローレンではないことがフレディにバレてしまったレベッカ。
俺はアンタを怪しんでいたと言ってるフレディ。
医者のフリをどうやって調べた?→辞書を引いた。なるほど。それでプロローグで画面に向かって朗読していたわけです。
俺の名前はフレディと今頃になって名乗っています。
アンタの本名は?と聞かれます。→レベッカ。

レベッカの自宅にて。
到着してレベッカが調べに行きます。
ドアから入れないと思ったら鍵は外の植木鉢の下に隠してありました。なるほど。

中に入ってメーガンを呼ぶレベッカ。
何だかそのへんには血の跡があったりします。

メーガンは隠れていて無事なようです。
感動的な再会ですがまだまだ色々とありそう。
パパは?→帰らないとメーガン。

とりあえず他を調べてるレベッカ。
それからメーガンの血液検査をするレベッカ。
結果は大丈夫だと言ってます。しかし検査用紙は見せない。

ガレージにて。
レベッカは1人になったところで検査用紙を出してます。
しっかりと黒でした。メーガンは感染していた。それでどうする。

それから血の跡を辿って行くとクルマのトランクに消えてる。
トランクを開けるとパパが血まみれで死んで遺書ビデオが残されてます。
娘を助けてくれ。ここには自分で入った・・・
そんなわけでメーガンを連れて行くつもりのレベッカ。

救急車にて。
フレディはおとなしく待っています。
そんなとこに感染者が救急車に接近してます。これは大変。

レベッカの自宅にて。
外を見て感染者が押し寄せているのでこれは大変となるレベッカ。
メーガンに自分の防護服を着せています。そうなるとどうなる。

メーガンを2階に逃がしています。
ドアを開ければ感染者が押し寄せる。フレディまで入ってきます。
レベッカとフレディは2階に逃げる。
そんなこんなで2階から飛び降りて脱出となります。
黒味になります。

飛び降りたとこでフレディはもう歩けなくなった。
もういいから自分を置いていけといいとこを見せてるフレディ。
そんなわけでレベッカはメーガンを連れて救急車に行く。

救急車にて。
ようやく乗り込んでるレベッカとメーガン。
エンジンはかけっぱなしだったようです。
感染者をかきわけてようやくスタートする救急車。

救急車で移動中です。
レベッカとメーガン。街の風景のモンタージュが入ります。
メーガンに起きてと声をかけ続けるレベッカ。

もう川伝いを走ってます。ゲートを近い。
それでも先行しいた救急車が燃えていたりします。

ゲートにて。
ここにたどり着いた救急車。しかし感染者が大勢騒いでるので近づけない。
メーガンを抱えて徒歩でゲートに接近するレベッカ。
ゲートが開いて守備隊が入って撃ちまくる。助けを求めるレベッカ。

しかしレベッカとメーガンは撃たれてしまう。
防護服のメーガンはローレンだと思われて上司の指示で収容される。
レベッカは放ったらかしになります。それでもメーガンは助かりそう。娘救出に不正をしてまでも全身全霊をかけたレベッカはこれで本望でしょう。
ゲートは閉じられ黒味になってエンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Rachel Nichols Lauren
Alfie Allen Wheeler
Paul Guilfoyle Doctor Greer
Pat Healy Doctor Ward

with
Missi Pyle Denise
and
Mekhi Phifer Gunner

Danielle Rose Russell Megan
Robert Lewis Stephenson David
Amanda Baker Ella
Sara Tomko Alice
Dominic Bogart Sergeant O'Brien

Content Media & XLrator Media present
A New Artists Alliance production
in association with Parkside Pictures and Tadross Media Group

Pandemic

スクロールする後タイトル
スタッフ
キャスト
スタッフ


そんなわけでノンストップホラーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #781◆2018.07.07(土) | トップページ | 『ラザロ・エフェクト』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/66940191

この記事へのトラックバック一覧です: 『PANDEMIC パンデミック』:

« Hollywood Express #781◆2018.07.07(土) | トップページ | 『ラザロ・エフェクト』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。