映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #776◆2018.06.02(土) | トップページ | 『美女宇宙人の侵略』 »

2018.06.09

『人造人間クエスター』

この作品は、ジーン・ロッデンベリー製作、リチャード・A・コーラ監督、ロバート・フォックスワース、マイク・ファレル主演のSFドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1974年 Universal Television アメリカ作品
ランニング・タイム◆96分
原題◆The Questor Tapes
プロット◆アンドロイドが使命を果たす話しのようです。
音楽◆ギル・メレ

キャスト
ロバート・フォックスワース→アンドロイドのクエスター
マイク・ファレル→技師のジェリー・ロビンソン

ジョン・ヴァーノン→上司のジェフリー・ダーロ博士
リュー・エアーズ→開発者のヴァスロヴィック博士

ダナ・ウィンター→大物スパイのヘレナ・トリンブル
エレン・ウェストン→元秘書のアリソン・サンプル

ジェームズ繁田→ドクター・チェン
ロバート・ダグラス→ドクター・マイケルズ
メイジェル・バレット→ドクター・ブラッドリー
ウォルター・コーニッグ→ダーロ博士の助手

リチャード・A・コーラ監督の演出はよいと思います。
製作総指揮◆ジーン・ロッデンベリー
原案◆ジーン・ロッデンベリー
脚本◆ジーン・ロッデンベリー
全体的にジーン・ロッデンベリーになってます。

ジョン・ヴァーノンは現在ならマイケル・シャノンのような感じ。

ハリウッド映画の英語はわかりやすい。発音も聞きやすい。
この点は感心します。昔も今も徹底されてます。まだ英語はわからんけど。

NBCユニバーサル・エンターテイメント発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

Universal
ここは黒枠です。大丈夫なのか。
著作権のアラート インターネット云々と、こういうとこは妙に進んでます。
個人的見解の免責事項
メニー画面

Universal
The Questor Tapes

starring
Robert Foxworth Questor
Mike Farrell Jerry Robinson

guest stars
John Vernon Geoffrey Darro
Lew Ayres Vaslovik
James Shigeta Dr. Chen
Robert Douglas Dr. Michaels

Special guest star
Dana Wynter Lady Helena Trimble
スタッフの紹介
脚本はスクリーンプレイではなくテレプレイなのでTVムービーです。
タイトルバックは学術的な絵でカラフルになってます。

プロジェクト・クエスターの研究所にて。
さっそくジョン・ヴァーノン扮するジェフリー・ダーロ博士が登場。何しろ偉そうなので責任者のようです。
研究員のロビンソンの名前が出ています。主人公です。

クエスターが組み立てられてきます。
それはいいけどこの計画は不明の部分が多い。開発者のバスロビック博士は行方不明。
実際は主にロビンソンがやってるようです。
コンピューターの記憶装置はオープンリールの磁気テープです。
原題がThe Questor Tapesなので重要なアイテムなのでしょう。

クエスターにデータをインストールします。
バスロビック博士のデータテープではなく大学のを使えと指示するダーロ博士。
これに反対してダーロ博士から叱責されるロビンソン。
ロビンソンはハードもソフトをわからずに単に組み立てているだけですと反論する。
バスロビック博士の助手だったロビンソン。IQは高い。

クエスターの起動作業になってます。
脳波が1回停止したりする。
大学のテープが使えなくてなりしょうがないのでバスロビック博士のテープを使います。これも欠損があるらしい。
クエスターの様子がおかしくなってます。痙攣してる。
テープに終わりリールが空回りする。視覚的でいい感じ。

時間が経過してミーティングになってます。
結局起動は失敗したようです。その原因は?となります。
そんなこんなで明日にしましょうとなります。ダーロ博士がロビンソンに帰れと言う。

誰もいなくなったラボにて。
目を開けるクエスター。どうやら狸寝入りしていたらしい。
腕のロックを外して組み立て台から降りてます。

ダーロ博士のオフィスにて。
部下にロビンソンの資料を用意させてます。

このへんからラボとオフィスのカットバックが激しい。

ラボにて。
動き回るクエスター。
ところでロボット演技はパントマイムを応用すれば意外と簡単で演じる方も見ている方もすぐに納得して演じ見れたりします。
クエスターは端末からクエスター計画の映像資料を見てます。
耳がまだ未完成なので型を押し付けて成形してます。
次は口に型を当てて成形しています。
次は髪の毛をセットしてます。だんだんと人間に近づいています。

ダーロ博士のオフィスにて。
ロビンソンが呼ばれて口論になってます。
クエスターの解体を命じるダーロ博士。当然ロビンソンは反対する。
会話からダーロ博士はクエスター計画に参加する5カ国の代表とわかります。
失踪中のバスロビック博士の話しをするダーロ博士。
君の選択は2つに1つだと言われるロビンソン。そんなわけで自室に監禁状態になるロビンソン。
溶暗になります。

ラボにて。
クエスターはもう普通の男性になってます。
カジュアルな感じのジャケット。そんな感じの服装です。
それはいいけどどうやって出る。ドアは認識装置があって当然クエスターはデータはないのでドアは開きません。
そんなわけでドアをこじ開けてるクエスター。怪力です。

あっさりと外に出ているクエスター。
ガードマンの前を普通に通過します。
カップルの会話を聞き、清掃係の掃除機の音を聞く。
そんな感じで研究所内を歩き回るクエスター。

バスロビック記録保管室にて。
ここに入るクエスター。端末を使って資料を見ています。
誰か来ました。女性です。クエスターにコンタクトします。

当然どなた?と聞かれるクエスター→私はクエスター計画の一部です。
逆にあなたは?となって私はアリソン・サンプル。バスロビック博士の元秘書だと答える。
ジェリー・ロビンソン、組み立て技師の名前も出ています。
それで変わっているわねと言われるクエスター。普通はそうなる。
社会性に欠けていますと自認してるクエスター。必要な旅に出かけますと主張する。

アリソン・サンプルはあなたの名前は?と聞く。
私はクエスターでと答えるクエスター。
変わった人ねと言った感じのアリソン・サンプル。あまり気にしていない。

クエスターは外からロビンソンの部屋に接近してます。
窓の鉄格子を曲げて侵入します。窓は普通に開けてる。
寝てるロビンソンの口を押さえてコンタクトするクエスター。
当然驚愕してるロビンソン。
誰だと聞かれれば私はクエスターですと答える。
騒がしいので見張りが入って来ますがあっさりとクエスターが片付ける。

ロビンソンはクエスターにラボに戻れと命令する。
クエスターはロンドンに行こうとしてます。同行してくれと言われるロビンソン。

クルマで移動中です。ステーションワゴンです。
→ 1973 Chevrolet Impala Wagon
クエスターとロビンソン。
空港へ行くというのでここはアメリカのようです。
私が創造主を探す理由は?となるクエスター。それを教えてくれと聞く。
そんなことロビンソンは知りません。

空港の駐車場でこの件から降りると主張するロビンソン。
クエスターですが一応人は殺さない設定になってるようです。
それでロビンソンはどうする。クルマから出てしばし考えて気が変わったようです。

移動中の旅客機にて。
クエスターとロビンソン。
パスポート等はどうする?と思えるがそれはともかく乗ってます。
水上運搬機の話しをするクエスト。バスロビック博士に関連してるらしい。

一応旅券の心配してるロビンソン。そもそもどうして乗れた?
そこはクエスターが何とかするらしい。
ここで初めてクエスターと呼んでくれて感謝しますと言われるロビンソン。

研究所にて。
ダーロ博士がクエスター失踪の対策をしてます。
組み立て記録を見て髪の毛はブラウンとわかります。そんなわけで手配してます。
クエスターは目立たない特徴で自分を仕上げたらしい。

ヒースロー空港にて。もう英国です。
クエスターとロビンソン。
手続きになるが電話が入って2人は別室に入れられる。ドアをロックされてる。
それでどうするとなってクエスターが別のドアをこじ開けて脱出してます。
要するに逃げらればいいみたい。

研究所にて。
ダーロ博士とその他が対策会議になってます。
アンドロイドが自力で脱走した・・・
バスロビック博士の元秘書アリソン・サンプルが証言します。
ある男が来た話しをしています。名前はクエスターだった。

赤いホットラインの電話です。
当該人物は旅券なし。数分後に逃走。そんな感じに見事に逃げられたようです。
そんなわけでダーロ博士もロンドンに行くようです。

ロンドンの街中にて。
クエスターとロビンソン。
どうやらロビンソンが高価な機械を盗んで手配中になってるようです。
これは警官が持ってる手配書を遠くからクエスターが読み取ってわかった。

さよならロビンソンと1人で行動しようとてるクエスター。
しかしロビンソンが止める。
そんなとこを警官に注目されています。一緒に逃げる2人。

カジノにて。
クエストを連れてここに逃げ込むロビンソン。
カジノについては初歩的な数学ですと冷静なクエスト。
サイコロ2つを投げて数が勝負するクラップスをやります。
データを分析すれば思った通りの目が出せるとのこと。ロビンソンの全財産26ドルを増やそうとする。

マジで言った通りの目を出してるクエスター。
あまり勝つと色々と揉め事になるかも。
カジノ側は内緒でサイコロを交換して調べていますが当然サイコロは怪しくありません。
交換されたサイコロを分析してまた賭けた目を出してるクエスター。
そんな感じで大儲けしてるクエスターとロビンソン。大丈夫なのか。

タクシーで移動中です。もう次の日です。
→ 1948 Austin FX3 Taxi
クエストとロビンソン。
不完全なデータからCと言ってるクエスト。何だかわからんロビンソン。

レディ・ヘレナの屋敷にて。
そんなわけでここに突撃してるクエストとロビンソン。
レディ・ヘレナ・トリンブル。娼婦と言われてる。スパイ関係の仕事もやってるのか?

レディ・ヘレナにストレートにバスロビック博士のことを聞きますが要領得ない。
用心棒のミューラーが呼ばれて叩き出されそうなってます。
警察に追われてるいるんでしょと言われてしまう2人。そんなこんなでここに滞在するとこになります。
執事のランドルフが案内をする。

クエスターとロビンソソン。
女はカネでなくても動くという話しをするロビンソン。
クエスターはロビンソンに助けを求める。それからロビンソンに自信を持ってくださいと言ったりする。

レディ・ヘレナと食事のロビンソン。クエスターは席を外す。
そんなわけで話し込む2人。

今度はレディ・ヘレナとクエスターが話し込む。
どうして私とロビンソンを2人だけにした?とクエスターに聞くレディ・ヘレナ。
そのまんまの答えでレディ・ヘレナを困惑させるクエスター。
私の機能は万全ですと称するクエスター。何の機能はハッキリと言わない。

情報提供に何を出すと聞くレディ・ヘレナ。
クエスターを覚えたばかりの握手をしています。それがオチかい。

寝てるロビンソンが執事から起こされる。もう朝です。
クエスターがいないでビックリのロビンソン。執事に聞いてレディ・ヘレナの寝室に向かいます。

レディ・ヘレナの寝室にて。
ここに突撃のロビンソンは用心棒に止められてる。
レディ・ヘレナは着替えてからと待たせる。クエスターはいないみたい。

ワインセラーにて。
ロビンソンとレディ・ヘレナ。
棚からワインを2本抜きかけて云々で秘密のドアを開きます。
ここに入るロビンソン。開け方を間違うと100トンのコンクリートが落ちてくるとか。

中にはクエスターがいます。何やらやってます。
ここはバスロビック情報室だそうです。そうなの?
世界各国の情報が集積されています。これを分析してるクエスター。
この情報を調べればバスロビック博士の居場所がわかるそうです。

自室にて。
ロビンソンはダーロ博士に電話をかけてます。
ダーロ博士はロンドン警視庁かカリフォルニアの研究所にいる・・・

バスロビック情報室にて。
クエスターは調べるのが終わってロビンソンに伝言ビデオを残してます。
二度と会えないのは残念だ・・・
バスロビック博士を探す時間は限定されていた。もう時間は過ぎていた。
3日後私は存在することをやめる。その準備のために私は出発する。

モニターですが当然4:3でソニーのトリニトロンのブラウン管です。
映画ではモニターといえばホトンドこのトリニトロンでしたが液晶モニターになったのでそれはもう過去の話しです。

テラスにて。
ロビンソンとレディ・ヘレナ。
クエスターについて話し込む。人を1人救えば何かが変わる。そんな話しにもなる。
執事がクエスターが出発したと伝える。ロビンソンに伝言を残した。

ヘリコプターが飛んでます。
クルマで移動中のダーロ博士と無線連絡してクエスター捜索となってます。

公園にて。
クエスターがいます。そんなとこにロビンソンが来る。
伝言は聞いたとロビンソン。3日後何があると聞く。
自分は消滅されるようにプログラムされていると話すクエスター。悪用されないようにそうなってる。

公園のノアの箱舟型の遊具を見てバスロビック博士の居場所がわかったクエスター。
それで私の原子炉が過充電になり核爆発を起こすと言い出してます。そうなの?
ダーロ博士に連絡したと話すロビンソン。

とりあえずクルマで移動となります。
クルマはタクシーではなくレディ・ヘレナのリムジンです。ロールスロイスだ。
→ Bentley S3 Standard Steel Saloon
そんなとこに捜索の軍隊が押し寄せて来ます。これは大変。
それで2人はどうする。ロビンソンがクエスターになってその隙に本物のクエスターが脱出する。そんな段取りになります。
と思ったらあっという間にクエスターが撃たれてしまう。これは大変。
血は出ないけど動けなくなってるクエスターは飛び去る風船を見る。
溶暗になります。

プロジェクト・クエスターの研究所にて。
ラボで修理されてるクエスター。これはロビンソンにしか出来ない。
そうなるとロビンソンはダーロ博士と取引しようとする。
42時間の時間をくれと要求するロビンソン。
核実験場にジェット機と運ぶと言ってるダーロ博士。何だかわからん。

クエスターとロビンソン。
弾が体の深く入って取れない。それでどうする。

オフィスにて。
ダーロ博士の部下の名前はフィリップスです。
ラボの2人をモニターで見ているダーロ博士。

クエスターとロビンソン。
原子炉の壁が破れている。自分で調べるとなってるクエスター。
核爆弾の時限装置が内蔵されているとも言ってます。17時間足らず。
これを外せるのはバスロビック博士だけ。色々と大変だ。

モニターを見ているダーロ博士がマイクで話しかけてきます。
クエスターが回復したことを外部にもらしたくないとか。

ダーロ博士が来ています。クエスターと取引となります。
何故か感情があるないの議論になってます。怒りの感情とか。

ロビンソンを呼んで打ち合わせになるダーロ博士。
クエスターに発信機を付けろと要求するダーロ博士。ジェット機は用意する。
バスロビック博士の行方が知りたい。発信機を付けないとジェット機を爆破すると言ってます。

小型ジェット機が移動中です。
クエスターとロビンソン。
操縦してるのがクエスター。機械は機械が扱うのがいいと主張する。
アララト山、ノアの箱舟が着いた伝説の地。そこがバスロビック博士の居場所だ。
溶暗になります。

着陸する小型ジェット機。
ジープがあります。レディ・ヘレナが用意したそうです。
→ Jeep CJ-6

ダーロ博士も小型ジェット機で到着してます。
同じようにジープで移動する。違うの軍隊を引き連れているとこです。

ジープで移動中のクエスターとロビンソン。
次は徒歩で移動となってます。山を登る。

ダーロ博士一行です。
何だかあと10分と12秒で水爆が爆発するようです。
そんなわけで軍隊は避難しろと指示するダーロ博士。本人だけが突撃する。

いよいよ目的地に着いたクエスターとロビンソン。
クエスターが岩を動かす。そうすると崖に出入り口の洞窟が現れる。
ここに入る2人。出入り口は閉じます。
追いついたダーロ博士はスイッチの岩を必死こいて動かすが動きません。

洞窟内にて。
クエスターは大掛かりな機械の下に入って何やら作動中といった感じ。
何か変化があったようです。多分爆弾の起爆装置が解除されたと思える。
クエスターとロビンソンにバスロビック博士から声がかかる。

洞窟前にて。
ダーロ博士はまだスイッチの岩を必死こいて動かす。
その辺の木材も使う。ようやく出入り口が開く。入るダーロ博士。

洞窟内にて。
大量のベッドが並んでるところに来てるクエスターとロビンソン。
1番手前のベッドに寝てるのがバスロビック博士。

色々と喋り倒すバスロビック博士。
クエスターにお前は計画通りに作動する。
データテープの欠損で感情がないのはどうする?とクエスターが突っ込む。
それはロビンソンに教えてもらえと丸投げするバスロビック博士

要するに人類の導く存在の系譜がこの並んだベッドということです。
バスロビック博士の次がクエスターとのこと。
3年間クエスターが来るのを待っていたバスロビック博士は安らかに死に至ります。

クエスターはダーロ博士を呼んでます。
私には理解できないと言ってるダーロ博士。
私の生存力は200年。そこまで人類が生き延びられれば幼年期を脱するだろう。
要するにベッドの残りが1台だったけどそれでいいわけです。

我々は獣なんだとダーロ博士。お前がここから外に出れば破壊する。
発信機は止めたと話すクエスター。しかも摘出してある。

発信機をくれと要求するダーロ博士。自分が標的になるつもりなのか。
そんな感じで発信機をゲットしたダーロ博士はここから去ります。

洞窟から戻ったダーロ博士は発信機へ爆撃せよと命じる。
それからジープで移動するダーロ博士。

発進する攻撃機はF4ファントムです。古い。

小型ジェット機に乗り込み発進させるダーロ博士。
飛行中に発信機を作動させる。

小型ジェット機を撃墜せよとなる攻撃機。
ミサイルが発射され小型ジェット機は大爆発となります。
ダーロ博士は身を呈してクエスターとロビンソンを助けたことになります。

洞窟前にて。
クエスターとロビンソン。
ロビンソンには見えないがクエスターにはダーロ博士が何をしたか見えてます。
それで2人はここから世界中を巡ることになるようです。人類を導くために・・・
エンドとなります。
何しろパイロット版なので後につながるようになってます。

キャスト
スタッフの紹介


そんなわけで普通のSFドラマのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #776◆2018.06.02(土) | トップページ | 『美女宇宙人の侵略』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/66811864

この記事へのトラックバック一覧です: 『人造人間クエスター』:

« Hollywood Express #776◆2018.06.02(土) | トップページ | 『美女宇宙人の侵略』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。