映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『言の葉の庭』 | トップページ | Hollywood Express #778◆2018.06.16(土) »

2018.06.17

『星を追う子ども』

この作品は、新海誠監監督、金元寿子、入野自由VCのアドベンチャードラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2011年 コミックス・ウェーブ・フィルム/メディアファクトリー 日本作品
ランニング・タイム◆116分
原題◆ほしをおうこども
プロット◆地下世界アガルタに行って色々とある話しのようです。
音楽◆天門

キャスト
金元寿子→主人公のアスナ(渡瀬 明日菜)
入野自由→地下世界アガルタのシュン/シン

井上和彦→当局の森崎先生(森崎 竜司)
島本須美→リサ夫人

竹内順子→猫のミミ
折笠富美子→アスナの母

水野理紗→産休の池田先生
稲村優奈→明日菜の友人 矢崎ユウ
伊藤かな恵→シンのガールフレンド セリ

日高里菜→地下世界の女の子マナ
大木民夫→地下世界のおじいさん

新海誠監督の演出はよいと思います。
全体的に『風の谷のナウシカ』(1984年)ぽくなってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。

メディアファクトリー
コミックス・ウェーブ・フィルム
プロローグ
女の子が登場。名前は明日菜です。
明日菜は線路から鉄橋を渡り山道を登る。
それから坑道跡の防空壕みたいにところに入る。
また山を登って頂上の崖に出る。

崖にて。
一休みしています。鉱石ラジオを聴きながらサンドイッチを食べる。
猫がいます。このへんはホトンド『風の谷のナウシカ』(1984年)だ。
鉱石ラジオのイヤホンから音楽が聞こえています。

星を追う子ども
Children who Chase Lost Voices from Deep Below

スタッフの紹介

明日菜は山間の村に住んでいます。
踏切がある。電車は滅多に通らないみたい。この監督は電車が好きだな。
道路にはオート三輪が走ってます。いつの時代だ?
→ 1962 Daihatsu CM

明日菜の自宅にて。
普通の2階建の一軒家です。鍵は自分で開けている。
お母さんがいるかと思ったら灯が点けっぱなしでした。
仏壇に線香をあげてます。お父さんは亡くなっている。
入り込んでる猫が洗濯物にじゃれています。
自分で料理をして食べてる明日菜。猫にも食事をやってる。
食事が終わったら猫は外にほっぽり出してます。
2階の窓から崖を見ると何か光ってます。

崖にて。
ここには少年のような男がいます。
溶暗になります。

昼です。セミが鳴いてる。
学校にて。
期末テストの結果ですが明日菜はトップです。

帰りに米5キロを買ってる明日菜。信州米。
帰宅してまた日々の風景となります。お母さんは不在です。
また出かける明日菜。線路を走り鉄橋に出る。

鉄橋にて。
何だか怪物に遭遇する明日菜。クマではない。これはビックリ。
そんなとこに少年が助けてくれる。首飾りの宝石のようなアイテムを使う
そんなとこに電車が来ます。怪物は幻でなく運転手にも見えてます。急停止する。

怪物は鉄橋から川に転落してます。
少年は明日菜を抱えて鉄橋からダイブしてる。普通は死にます。
溶暗になります。

どこかの崖にて。
少年が違う服装でいます。

崖にて。夜です。
少年と明日菜。
もう帰っていいよと言われてる明日菜。
猫もいたりします。名前はミミ。

昼にて。
ヘリコプターが飛んでます。鉄橋の事故があったのでそうなってる。

鉄橋の事故現場にて。
当局らしい3人が来て調査してます。

学校にて。
明日菜はお休みです。
先生は鉄橋にクマが出たと言ってます。それは違います。
明日菜の友人が矢崎ユウ。
ところで先生は妊娠していて産休になるので代理の先生になるとか。

明日菜の自宅にて。
寝ている明日菜。また出かけます。
しかし近所の人達は全員知り合いなので内緒で出かけるのが大変です。

鉄橋にて。
当局3人が鉄橋下の川を調べてます。
怪物の死体がありました。それでどうなる。

山の防空壕付近にて。
少年が猫といます。そんなとこに明日菜がやってくる。
少年はシュンと名乗る。明日菜も名乗る。
シュンの腕にケガをしてるので治療する明日菜。
会話から明日菜のお母さんは病院で看護婦をしてるとか。まだ看護師ではない時代。

崖にて。
明日菜とシュン。
鉱石ラジオを聞く明日菜。
その石はと聞かれるとお父さんの形見だと答える明日菜。
不思議な音楽を聴いたと話す明日菜。これは伏線だ。

日が暮れてます。
アガルタから来たと言ってるシュン。それはどこの国?となる明日菜。
何かあげると言って明日菜の額にキスをするシュン。

明日菜の自宅にて。
風呂に入ってキスを思い出してる明日菜。

崖にて。
最後の歌を聞いてくれとシュンが言ってます。何だかわからん。
猫に導いてくれとも言ってる。
それから星に手を伸ばして崖からダイブする。
溶暗になります。

クルマで移動中の女性が登場。
どうやら明日菜のお母さんのようです。
クルマは赤いホンダN360。
→ 1970 Honda N-III 360 [AN360]

明日菜の自宅にて。
帰宅する明日菜のお母さん。タバコを吸ってます。
今夜は外食しましょうとなります。
明日菜は土曜日なのに6時に帰宅すると言って変だと思われる。

学校にて。
代理の男の先生が古文の授業をやってます。

明日菜の自宅にて。
電話です。お母さん出てます。
何か明日菜に関係してる事件のことらしい。

学校にて。
雨が降って下校となってます。

防空壕にて。
ここに来てる明日菜。シュンは来ていない。
雨天中止なのか?となってる明日菜。

明日菜の自宅にて。
雨に濡れた明日菜が帰宅する。
お母さんは事件について聴きます。少年の死体が発見され腕のキズには明日菜のスカーフが巻かれていた。
心配しないでと明日菜。根拠はない。

崖にて。
またここに来てる明日菜。シュンはいない。
お父さんが亡くなったことを思い出す明日菜。

学校にて。
代理の先生が古事記を朗読してます。
同じような神話が多いと例の1つにアガルタの名が出てビックリの明日菜。
どこの国でも同じような神話があると解説する先生。

職員室にて。
産休の先生と代理の先生。
明日菜について話してます。今日の授業で妙に反応があった。
お母さんが不在がちで何でもやって成績もいい。そんな感じで無理してるとのではと言ってる産休の先生。

帰宅する明日菜と友人。
一緒に帰宅しようと言われても用事があると言ってる明日菜。
会話から代理の先生の名が森崎とわかる。

森崎先生の自宅アパートにて。
英文のタイプライターを打ってる森崎先生。
そんなとこに明日菜がやって来ます。
森崎先生ですがタンスの引き出しにハンドガンがあったりします。
そうなると当局の人らしい。潜入代理先生をやってるようです。

森崎先生と明日菜。
会話から産休先生の名は池田先生とわかる。
いきなりアガルタからやって来た青年に会ったのは君かと言われる明日菜。
アガルタに関しての詳細なファイルを見せられます。
あの怪物はアガルタへの出入り口の門番をしてるとか。

地下世界アガルタの解説をする森崎先生。
死者の復活の話しもしてます。
解説を聞いて帰る明日菜。アガルタはあると思いますと言ってる。大丈夫なのか。

踏切で猫のミミを見つける明日菜。追います。
鉄橋まで来たらあの崖に光を見る明日菜。行きます。

崖にて。
やって来た明日菜はシュンを見ます。しかし服装が違う。
何だか『風の谷のナウシカ』(1984年)みたい服装です。
シュンと呼ぶ明日菜。しかし誰だお前は?と邪険に扱われる。

そうなるとこの少年は似てるけど別人のようです。
面食らってるとこでいきなり攻撃ヘリコプターが出現する。
それに当局3人も本格装備で出現しクラヴィスを渡せと要求する。

少年は明日菜を連れて崖からダイブしてます。
当局は逃げた2人を泳がせて地下世界への出入口まで案内させる段取りです。

少年と明日菜はアガルタへの出入り口に入りすぐに閉めてます。
クラヴィスを回収したのでもう帰るつもりの少年。

その出入り口を攻撃ヘリコプターのミニガンで粉砕して入る当局3人。これは大変。
そんなわけで明日菜を連れて奥に入る少年。

門番の怪物が出現します。これはこれで大変。
少年はクラヴィスを明日菜に預けてから怪物を手なずけようとしてます。殺したくはないと言ってる。

少年が危ないとこを誰かが怪物を撃ってます。当局3人でした。
クラヴィスの回収が目的の3人。

そんなわけでアガルタの出入り口に来てるわけです。それでどうする。
クラヴィスでこの出入り口の扉が開くようです。あっさりと開いてます。

リーダー格の男は中佐と呼ばれてます。
そんなこんなで中佐と明日菜と少年がアガルタへと行くようです。

中佐ですが森崎先生でした。死んだ夫人を生き返らせるのが本当の目的です。
少年ですがシュンの弟でシンとわかります。

シンはクラヴィスを持ってとっととアガルタへ行ってしまった。
出入り口ですが出る時は勝手に開く仕様になってるとか。

森崎先生は明日菜に戻るように言ってます。
組織アルカンジェリに所属している森崎先生。アガルタを利用するのが目的。

森崎先生ですが組織より夫人を生き返らせることを優先してます。
明日菜も森崎先生に同行するようです。そうしないと話しが進まない。

そんなわけでアガルタを目指し水に入る森崎先生と明日菜。
この水は特別で入っても呼吸ができるとか。
そう言われて明日菜を水に入る。あとは普通に水の底を徒歩で移動してる。

凄い谷に遭遇する森崎先生と明日菜。そのままダイブしてます。
溶暗になります。

このへんであまりカットバックがないと気がつく。この方がいい。

明日菜のお父さんとお母さんの風景になります。
まだ明日菜はお母さんのお腹の中で生まれていない。
そろそろ生まれなくてはとなってる明日菜。

目が覚めてる明日菜。もう水からは出ています。
あの猫のミミがいたりします。明日菜のリュックの中にいたとか。

次は洞窟の前の門番の怪物と遭遇してます。
ここは猫のミミが怪物とコンタクトしてる隙に通過してます。

洞窟の通路を抜けると普通の世界になってます。
空中には空飛ぶ船があります。どういう設定なのかはわからん。
このへんはSF小説『火星のプリンセス』 A Princess of Mars (1911) みたい。

どうやら明日菜の持ってる鉱石ラジオの鉱石はクラヴィスだったらしい。
とにかくそうなってます。
明日菜はクラヴィスと猫のミミでこの世界で何とかやっていくのか?
徒歩で移動となります。
それからキャンプしたりしてます。

村の跡に来ています。
森崎先生は書類を調べたりする。
明日菜は鉱石ラジオの話しから色々と説明してます。

何か音が聞こえてると思ったら森崎先生のオルゴールの音でした。
それから明日菜をゲットしてきた芋を料理して食べる。

本部にて。
シンは頭領のおばあさんに報告するが不手際を叱責される。
クラヴィスを回収したが地上人の侵入を許したのがマイナスポイント。
それからお前の兄の方が優秀だったと嫌味を言われてる。頭領は弟に一番言ってはいけないことを言ってます。
そんなわけでまた任務を負わされるシン。

ガールフレンドのセリと話すシン。
鉱石ラジオのクラヴィスを取り返せというのが任務です。
馬に乗って出動するシンを見送るセリ。
やっぱりキャラクターデザインが『風の谷のナウシカ』(1984年)だ。
シンは男なのに髪の毛を切って短くしたので尚更似てきた。

雨が降ってます。
森崎先生と明日菜は石版遺跡の下で雨宿りしてます。
明日菜は森崎先生をお父さんみたいと言ったりする。

森崎先生と夫人の回想シーンになります。
病気の森崎先生にリサ夫人は私がいなくなってもと不吉なことを言う。
どうやら組織の一員の森崎先生は兵隊で前線任務もやっていたようです。
で、長い任務から帰宅すると病弱のリサ夫人は亡くなっていた。
夢から覚める森崎先生。

シンは2人がキャンプした焚き火の跡を見て追ってます。

鉱石ラジオを聞いてる明日菜。
空飛ぶ船が接近するとラジオがよく聞こえるようです。

明日菜はシュンと会ってる夢を見る。
シュンの腕を握ると取れたりする。これはビックリ。
それはともかく寝ている明日菜に何か物の怪が迫ってます。6本足の物の怪です。
猫が威嚇するが軽く張り倒される。死んだかは不明。
明日菜は連れていかれる。それでどうなる。
溶暗になります。

城塞跡にて。
まわりが壁のところに寝かされている明日菜。まだ無事です。
他にも誰かいます。小さい女の子です。泣いてる。
何かいます。6本足の物の怪です。

馬で移動中のシン。
まだ追いついていません。クラヴィスの気配から探す見当をつけて移動します。

城塞跡にて。
ぞろぞろと物の怪が出て来ます。
明日菜と女の子はまわりが壁なので逃げ場がない。
とにかく日がさしてるところに逃げてます。物の怪は影から出てくる。
上の方に逃げる明日菜ですが逃げ場はない。

いきなり上の方からシンが出て来ます。
とにかく女の子と明日菜を救出してます。逃げます。

階段を降りて逃げる3人。
口論もしてますがとにかく逃げる。
日がさしてる方に逃げたのはいいがその先には行き止まりです。それでどうする。
いよいよ日が陰って物の怪が迫ってくる。
しょうがないので飛び降りてます。川に落ちる。

川から上がろうと悪戦苦闘してることでいきなり背中を切りつけられるシン。
やったのは物の怪です。
そのまま流されるシンを追って明日菜も自ら流される。
溶暗になります。

昼にて。
猫は無事でした。森崎先生は移動中です。
川に浸かってる明日菜を発見します。行き当たりばったりですが合流出来た。
次は馬を発見します。ゲットする。
また川に浸かってるシンと女の子を発見します。取りあえず助ける。
シンは大怪我ですが死んではいない。

それで女の子が指差した方向に移動となります。
シンは馬に乗せてます。何だか大所帯になりつつある。

今度はマジで人がいる村に接近してます。
水の中に浮かぶ要塞みたいなところです。
村の方は他人が来たので大騒ぎになってます。地上人と言ってる。
ここは女の子の村でした。そりゃそうだ。母親が死んでから喋れなくなったとか。
村のお偉方から帰ってくれと言われます。
そんなとこに女の子のおじいさんがとりなしてくれ一晩だけ泊まれることになります。

おじいさんの自宅にて。
シンの傷の具合をみてるおじいさん。
会話から女の子はここと地上人の混血だそうです。名前はマナ。
アガルタは搾取され続けられた。そんなわけで地下に逃げて出入り口を封印した。

マナを風呂に入れてくれと頼まれて、自分も久しぶり風呂に入ってる明日菜。
風呂から出てここの服を着てる明日菜。

アガルタでは死者の復活は禁じられてると説明するおじいさん。
禁じられてるということは死者の復活は出来るということだろうと突っ込む森崎先生。
おじいさんは森崎先生を説得しようとするが上手くいかない。

シンの具合を見に行く明日菜。
部屋に入る前に鏡で自分をチェックしてます。
で、会えば服装のことから文句を言われて口論になってます。
そんなわけで出てけと言われる明日菜。

マナと一緒に寝ている明日菜。

次の日にて。
小舟で出発する森崎先生と明日菜。
おじいさんは2日で目的地の近くに着くと説明してます。あとは勝手にしなさいといった感じ。

それはいいけど明日菜は猫のミミはここでお別れのようです。ミミが行こうとしない。
ミミとお別れして2人で移動となります。

移動中の小舟にて。
森崎先生と明日菜。
明日菜は夫人を生き返らせるのは正しいのでしょうか?と聞く。

おじいさんの自宅にて。
シンは置き去りになってます。
マナが泣いてます。どうやら猫のミミが死んだようです。

草原にて。
猫のミミの葬式をやってます。
そうなると何か人型の物の怪がやってきます。ケツァルトルと称するらしい。
片腕のないケツァルトルはミミを受け取って口の中に入れる。

そんなとこに騎馬兵3騎が通過します。
どうやら森崎先生と明日菜を討伐に向かうらしい。

これを見たシンも馬に乗って追うようです。
それはいいけど追いついてからどうするかは決まっていないみたい。

小舟が半分沈んでます。そうなると目的地の近くらしい。
徒歩で移動となる森崎先生と明日菜。雨が降ってる荒地を進みます。
会話からあの6本足の怪物は夷族と称するようです。

騎馬兵3騎が追いついてきます。これは大変。
しかし森崎先生はサブマシンガンも装備していて撃ちまくる。
これまた追いついたシンがサブマシンガンを叩き落としています。何でそうなる?

シンは騎馬兵を説得しようとする。
説得は失敗してチャンバラになってます。
ここは飛び道具は使わずに剣のみでやってます。
森崎先生はちょうどいいと明日菜を連れて先を急ぐ。

この世の果てにたどり着いた森崎先生と明日菜。
とてつなく大きな穴です。切り立った壁の穴。この下に生死の門がある。
ここは飛び降りるわけにはいかずロープなしのクライミングで降りる。
明日菜を同行しようとするがあまりにも危険なのでやめてます。

その頃シンはまだチャンバラをやってますが押され気味で苦戦してます。

森崎先生と明日菜。
クラヴィスとハンドガンを交換する森崎先生と明日菜。
明日菜には夷族を避けて川沿いを移動しておじいさんのとこへ戻れと言う。
そんなわけで森崎先生だけが降りてます。

騎馬兵はあの2人をどうせ死んだだろうと引き上げる。
で、シンにもお前の居場所はこの世界にはないと言って置き去りにする。

残った明日菜ですが日が暮れてきます。そうなると夷族が出てくる。
まだ日が当たってるとこに逃げる明日菜。それから川を目指す。
浅瀬を移動する明日菜。岸には夷族が大勢います。

森崎先生は絶壁を延々と降りる。
そろそろ危ない感じですがもう登って戻るのは無理です。
いきなり落ちる森崎先生ですが大きめの出っ張りに落ちて助かった。しかし全身を強く打って大変だ。それに足に石の破片が刺さっています。

シンは馬を引いて移動中。

明日菜は浅瀬を移動中。相変わらず岸には夷族がゾロゾロいます。
何だか色々と思い出してる明日菜。死ぬ直前の状態になりつつあります。

シンの方は何やら感じています。

森崎先生の方は傷の応急処置をしてまた降りてます。
もう持ち物はオルゴールだけ。

明日菜は夷族達に囲まれています。
いつのまにか浅瀬ではなく水がないとこにいた。
ネックハンギング状態にされてとっておきのハンドガンを撃つ明日菜です。照準がまったく合っていない。無駄撃ちでマガジンは空になってます。
しかし銃声を聞いたシンが助けに向かってるので全く無駄ではなかったようです。

ようやくシンが救出に来て剣で夷族を片付けます。
そんなとこで夜が明けて助かっています。
何だかすっかり湿っぽくなって2人は泣いています。それで2人はどうする。

空飛ぶ船が出て来ます。どうやらこの世の果てに向かってるようです。
あれは命を運び去る船だと解説するシン。

とにかく2人は船を追って移動します。
そんなとこにケツァルトルがやって来ます。どうしてここに?となる2人。
2人の前を通過するケツァルトル。

まだ頑張って降りている森崎先生。先を長い感じ。
水が溜まってるとこまで降りてます。そうなるともう底なのか?
この水は例の呼吸が出来る水のようです。
まわりには巨大だけど朽ちたクラヴィスがたくさんある。

ケツァルトルを追ってる2人はこの世の果てに来てます。
そうなるとここから逃げたはずなのにそれほど遠くまでは逃げてなかったらしい。

歌を歌ってるケツァルトル。
ケツァルトルは死ぬ前に歌うんだと解説するシン。
鉱石ラジオで明日菜が聞いた歌でした。
今更ですが森崎先生のところに行くと言い出す明日菜。
ケツァルトルに連れてってとお願いする。

ケツァルトルと2人を飲み込んで穴にダイブします。
巨大な滝に突入して消えるケツァルトル。2人はそのまま下に到達する。

空飛ぶ船は穴の中に降下してます。

森崎先生は黒い球体のゲートを通り星の見える草原にいます。
クラヴィスが光っています。そうなるとあの船が接近してるのか?
船が変形して人型の怪物みたいになってます。全身に目があります。

願いを言えと感じた森崎先生はリサ夫人の復活を願う。
空間が裂けて何かが出て来ます。
しかしリサ夫人の復活には肉体が必要と感じる森崎先生。

シンとアリサは黒い球体のゲートを通過する。
そこは星空に草原の世界です。森崎先生はここにいる。
人型の怪物みたいのが見えるのでそこに向かいます。

裂けた空間から出てくる復活したリサ夫人。
あとは肉体が必要なんですがちょうどいいあんばいに明日菜が来ました。
あっという間に明日菜は粘膜に囲まれています。
シンは何をしてる?と激昂する。

森崎先生の方ですが聞いてない条件で片目を失ってる。
それでも明日菜のリサ夫人と再会してます。

シンは光ってるクラヴィスを剣を突いてます。
森崎先生はシンを後ろからナイフでぶすりとやろうとする。

どこかの部屋にて。
シュンと明日菜。それでどうなる。

ついにクラヴィスが割れます。
リサ夫人はお別れをしていなくなる。明日菜は元に戻ります。
片目を失った森崎先生をガックリしてます。それでどうする。
人型の怪物の方は船型に戻って上昇して去ります。

残った3人はここから出て行きます。
降りる時は絶壁だったのに登る時はスロープなのか?そんな感じ。
帰り道の旅になってます。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

キャスト
金元寿子 アスナ(渡瀬 明日菜)
入野自由 シュン/シン
井上和彦 モリサキ(森崎 竜司)

竹内順子 猫のミミ
折笠富美子 アスナの母

島本須美 リサ夫人
大木民夫 アモロートのおじいさん

その他のキャスト

日高里菜 マナ
伊藤かな恵 セリ
浜田賢二 僧兵隊長
勝倉けい子 長老

前田剛 明日菜の父親
水野理沙 池田先生
稲村優奈 矢崎ユウ
寺崎裕香 ミキ

帰り道の旅の3人。
どうやら明日菜だけが地上に戻るようです。
居場所のないシンと片目の森崎先生は残るようです。

自宅からあの崖を見る明日菜。
卒業式の日を迎える明日菜。

スタッフの紹介


そんなわけで普通のファタジーでアドベンチャーのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『言の葉の庭』 | トップページ | Hollywood Express #778◆2018.06.16(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/66840883

この記事へのトラックバック一覧です: 『星を追う子ども』:

« 『言の葉の庭』 | トップページ | Hollywood Express #778◆2018.06.16(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。