映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #771◆2018.04.28(土) | トップページ | 『エクス・マキナ』 »

2018.05.05

『クリムゾン・ピーク』

この作品は、ギレルモ・デル・トロ監督、ミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン主演のゴシックロマンホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2015年 Legendary Entertainment/Universal アメリカ作品
ランニング・タイム◆119分
原題◆Crimson Peak
プロット◆謎の館で色々とある話しのようです。
音楽◆フェルナンド・ベラスケス

キャスト
ミア・ワシコウスカ→作家志望のイーディス・カッシング

ジェシカ・チャステイン→姉のルシール・シャープ
トム・ヒドルストン→弟のトーマス・シャープ準男爵

チャーリー・ハナム→イーディスのボーイフレンド アラン・マクマイケル
ジム・ビーヴァー→イーディスの父親 カーター・カッシング

レスリー・ホープ→アランの母親マクマイケル夫人
エミリー・コーテス→アランの母親の娘 ユーニス

ブルース・グレイ→ファーガソン弁護士
バーン・ゴーマン→ホリー探偵
ダグ・ジョーンズ→Edith's Mother / Lady Sharpe
ジョナサン・ハイド→オグリビー

ジョアンナ・ダグラス→メイドのアニー
アレック・ストックウェル→召使いのフィンリー

ギレルモ・デル・トロ監督の演出はよいと思います。
全体的にゴシックロマンになってます。『レベッカ』(1940年)『汚名』(1946年)のような感じになってます。
幽霊の描写は『デビルズ・バックボーン』(2001年)のような感じ。

ミア・ワシコウスカは少し硬い感じでした。
ジェシカ・チャステインといつものように大熱演でした。やりすぎかも。

ユニバーサル・エンターテイメント発売のBlu-rayにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味なし。フルスクリーン。
音声は DTS-HD MSTR mulch

読み込み中
ユニバーサルの読み込みアイコン
Universal
読み込み中
日本語選べのメニュー
読み込み中
メニュー画面。1 DTS Xを選びます。2は DTS headphone X、日本語字幕にしてスタートします。

真っ赤なUniversalのタイトル
Legendary Entertainment

プロローグ
血まみれの主人公イーディスが登場。モノローグが入ります。
幽霊は実在する・・・
10歳の時に母親の幽霊を見た。
アイリスからの黒味が入ります。サイレント映画みたい。

墓地にて。
イーディスの母親はコレラで死んだ。
そんなわけで棺桶は閉じたままで埋葬された。

イーディスの自宅にて。
ベッドのイーディスに幽霊が迫る。
階段を登る影は『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922年)からの引用です。
母親の幽霊なら害意はないから怖がることはないと思えます。
クリムゾン・ピークに気をつけなさいと警告する母親の幽霊。

モノローグです。
その警告を理解したのは後のことですでに手遅れだった・・・
画面を丸く抜くアイリスからの黒味が入ります。

Crimson Peak
本のページがめくられタイトルが進みます。

街にて。
字幕です。ニューヨーク州バッファロー 14年後
地面は泥だらけです。イーディスはここを歩いて建物に入る。
知人のアランと話しになるイーディス。

アランの母親と口論になってるイーディス。
イーディスは小説家志望です。メアリー・シェリーがアイドルのようです。

出版社のオフィイスにて。
自作を評価してもらうイーディス。オッサンの編集者の評価は?

イーディスの自宅にて。
父親のカッシング氏とイーディス。
幽霊物ではなく恋愛物にしろと言われたらしい。
父親からペンをプレゼントされるイーディスですが、手書きの女文字だと評価が悪くなるので会社のタイプライターを借りたいと言う。

カッシング氏の会社にて。
タイプライターを借りてるイーディス。
そんなところにトーマス・シャープ準男爵が来てお知り合いになる。
イーディスの小説を褒めているトーマス。

トーマスは社長のカッシング氏にコンタクトに来ています。
自分が発明した掘削機のプレゼンとなります。
手掘りでは掘り尽くしたシャープ鉱山の赤粘土がまだ掘れます。
そんなこんなでプレゼンは空振りになってようです。

イーディスの自宅にて。
カッシング氏とイーディス。
マクマイケル夫人、ユーニスと名前が出ています。
どうやらマクマイケル家で舞踏会があるようです。父親はアランと出るけどイーディスは留守番らしい。

アランがやってきます。アラン・マクマイケル。
父親のカッシング氏と舞踏会に行きます。馬車ではなく当時最新のクルマです。

自室で色々と調べているイーディス。
アラデル・ホール、カンバーランド、シャープ邸、これはトーマスの実家です。
ドアノブが動いてます。ドアが開きます。誰もいない。ポルターガイストです。

いきなりドアから幽霊が抜けて姿を表す。
クリムゾン・ピークに気をつけなさいとまた警告してます。
そんなところにメイドがトーマス・シャープ様が来ましたと伝える。

マクマイケル家の舞踏会にて。
コスチュームプレイなので衣装が凄い。カネがかかってます。
そんなわけで興行は黒字にはならなかったみたい。

ピアノを弾いてるのがトーマスの姉ルシールです。
そんなとこにトーマスとイーディスが来たりします。
マクマイケル夫人の娘がユニスらしい。

トーマスがヨーロッパのワルツの講義をしてます。
実践するパートナーにイーディスを指名するトーマス。
火のついたローソクを持ったままワルツを踊り火が消えなければいいとなる。
ワルツを踊るトーマスとイーディス。見事に火を消さずにワルツを踊りきる。
最後にロウソクを吹き消すイーディス。

このへんの撮影は見事です。
昔は大変そうな暗いシーンですが撮影技術が上がりちゃんと撮れてます。
ロウソク等もきれいに撮れてる。

イーディスの自宅てに。
何故か洗面台が並んでます。どこかのクラブなのか?と思える。
ホリー探偵にこの姉弟を調べてくれと頼むカッシング氏。

アランのオフィイスにて。
イーディスが来てます。アランは目医者なのか?
アランは幽霊写真のコレクションを幻灯機で投影して見せる。
こんな趣味があったのと驚いてるイーディス。
銀塩を塗ったガラス板の写真は小細工が出来ないの本物らしい。
幽霊写真談義になってますが、何かの伏線?

公園にて。
デートしてるイーディスとトーマス。ルシールもいたりする。
蝶と蛹の話しになってるイーディスとルシール。
カンバーランドには蛾しかいないと話すルシール。
で、死んだ蝶はアリに食われています。

トーマスとルシール。
イーディスをどうするかと相談になってます。
トーマスはルシールから指輪を借りてます。とにかくカネはないらしい。

イージスの自宅にて。
ホリー探偵の報告を聞くカッシング氏。悪い報告らしい。
食事会があるようです。で、トーマスとルシールはここに滞在してるようです。

トーマスがイーディスに指輪を送るとこでカッシング氏から姉も一緒に呼ばれる。
カッシング氏は小切手の手切れ金を渡して2つのことをやらせる。
ルシールは英国に帰り、トーマスはイーディスを振る。

食事会で今日でお別れですと挨拶するトーマス。
それから階段のとこでイーディスの小説をこき下ろすトーマス。感傷的過ぎる・・・
そのうちに大勢の前でイーディスを振って顔を叩かれるトーマス。とにかくカッシング氏からの依頼はやったトーマス。
アイリスから黒味になります。

洗面台が並んでます。
髭剃りにかかるカッシング氏。そんなとこに怪しい音がする。
いきなりカッシング氏の後ろから襲いかかる怪しい影。洗面台に顔を叩きつけてます。
洗面台が割れて血に染まった水が排水口に流れてます。

イーディスの自室にて。
ノックの音がします。メイドが小説の原稿とトーマスの手紙を届ける。
トーマスが帰国することを知って出かけるイーディス。
メイドの名前はアニー。

ホテルにて。
イーディスはトーマスとルシールの部屋に行くがもういませんでした。
トーマスがいます。まだ残っていたらしい。ルシールは発ったが自分は残った。
感激してるイーディス。そのうちにキスになってます。
そんなとこに弁護士が来ます。悪い知らせです。

モルグにて。
カッシング氏の死体の確認をするイーディス。トーマスもいます。
アランが来てイーディスに見てはいけませんとなる。
で、アランが死因を詳しく調べようとするとイーディスがやめさせてしまう。ここが感傷的なのかもしれない。
黒味になります。

墓地にて。
カッシング氏の葬式になってます。
もうトーマスから贈られた指輪をしてるイーディス。
アイリスから黒味が入ります。

イングランド、カンバーランド、アラデル・ホールにて。
もう引っ越してるイーディス。ここに辿り着くで40分経過してます。
召使いのフィンリー。
犬がいたので飼うことにしてるイーディス。

屋敷に入るイーディス。
真ん中のホールは天井が抜けて空が見えています。
屋敷が沈んでいるとか説明してるトーマスが案内をします。
ハエが死んでいるクローズアップが入ります。

何だか誰かに呼ばれているイーディス。それは幽霊だ。
この屋敷にはエレベーターがあります。勝手に作動すると説明するトーマス。
地下採掘場まで行けるけど行ってはダメとのこと。
犬が赤いボールをくわえて来ます。

郵便局から戻ったルシールと対面するイーディス。
ドアの鍵をくださいと言ったがまだダメと言われるイーディス。
お屋敷の奥様は鍵の管理、使用人の管理がお仕事なんです。結構大変。
この屋敷内に使用人はいないみたいですが。

風呂に入るイーディス。江戸川乱歩の土曜ワイド劇場みたい。
トーマスから最初は赤い水が出ると言われてます。出ています。
風呂に入りながら犬に赤いボールを取りにやらせるイーディス。ながら風呂です。

トーマスとルシール。
犬はトーマスが殺して捨てたはずだと責めるルシール。
トーマスは殺さずに捨てただけだった。
それから大事な相談になってます。イーディスのことだ。

風呂に入ってるイーディス。
また何か影が接近してます。さすがにイーディスの母親幽霊ではなさそう。
気配に気がついたイーディスはバスローブを着てるその後ろに接近してる。
犬にボールを無くしたのかと聞くイーディス。その赤いボールが転がってきたりする。随分と親切な幽霊だ。

トーマスとイーディス。
体にいいからと飲み物を飲ませてます。これは怪しい。
少し苦いわとイーディス。『汚名』(1946年)ではイングリッド・バーグマンがコーヒーに少しずつ毒を入れられ毒殺されそうになっていました。
で、これを鍵穴からのぞいているルシール。

寝室にて。
トーマスとイーディス。寝てます。

イーディスが起きる。ホールに行きます。そのへんを見回ってます。
ピアノにはルシールがいたりします。
母親の話しをするルシール。姉弟は屋根裏部屋にいた。
その母親の肖像画があります。見覚えのある指輪をしてる。

それからイーディスをあちこち案内するルシール。
本がたくさんあります。ホトンドが母親の蔵書だそうです。
春画を見せられるイーディス。で、まだトーマスとセックスしていないとか。

イーディスの実家にて。元自宅です。
アランと弁護士。
荷物が運び出されています。どうやら一切合切を現金化して英国に送るらしい。
小切手3000ドル、受取人トーマス・シャープ、これをアランが見つけます。
これはカッシング氏が最後に切った小切手だ。それから洗面台も調べる。

アラデル・ホールにて。
庭で犬と遊んだり、エレベーターに乗ったりしてるイーディス。
屋根裏部屋に来てます。壁には蛾がたくさんとまってます。古い車椅子もあります。

トーマスの仕事部屋に来てるイーディス。
イーディスの方からキスして盛り上がる2人。
そんないいところでルシールがお茶を持ってきたので中断する。
お茶を飲むのはいつもイーディスだけです。

夜にて。
夜中に起きるイーディス。トーマスがいない。
ロウソク持ってトーマスを探しに行くイーディス。
ある部屋のドアを開けようとすると犬が吠える。ドアは幽霊が閉めてる。

イーディスがドアをまた開ける。
何か入ってる箱があります。フタを開けるとシリンダーレコードが入ってます。
録音するメディアで筒状の物。専用プレーヤーが必要。

今度は廊下の床から幽霊が出てきます。これはビックリのイーディス。
逃げるイーディス。エレベーターに乗ってます。
エレベーターはどんどん下がる。大丈夫なのか。

地下室に降りてます。
E.S.と書かれた大きなトランクがあります。エノーラという名前らしい。

屋敷前にて。
掘削機の試作品のテストをしてるトーマス。
そんなとこにイーディスが来ます。今忙しいとトーマス。
この家で誰か亡くなった?と聞くイーディス。暴力によって亡くなった?
そんなこんなでトーマスは試作品の方へ行ってしまう。それで手を怪我する。

屋敷内にて。
トーマスの手を怪我の治療をするイーディス。
今更になって掘削機は失敗だったと言ってるトーマス。

クリムゾン・ピークの話しを始めるトーマス。
赤い粘土が雪を赤く染める現象のことらしい。
黒味になります。

墓地にて。
アランと弁護士。
イーディスは音信不通。全財産を送金してくれとなってる。
カッシング氏はホリーという男を雇っていたと弁護士。

屋敷内にて。
寝ているイーディスは夢を見る。草原の向こうに幽霊がいます。
起きたイーディスですが血を吐いてます。これは大変。
トーマスですがいない。そんなわけでロウソクを持って探しに行きます。

イーディスですが幽霊が呼んでるみたい。
何だか幽霊に引っ張られたりしてます。それでどうなる。

バスタブには何かがいます。それは幽霊だ。真っ赤な幽霊です。
いますぐ出て行くのよと警告してます。
イーディス、彼の血であなたの手が染まることになる。

トーマスとルシールが来ました。当然幽霊はいない。
ここを出たいと訴えるイーディス。当然反対するルシール。トーマスは気晴らしで出かけようと言う。

トーマスとルシール。
何でイーディスが自分たちの母親のことを知った?となってます。
ルシールはイーディスが最後の書類にサインしたら殺してとトーマスに言う。

郵便局にて。
馬車で来ているイーディスとトーマス。
掘削機の新しい部品を受け取ってるトーマス。まだやる気らしい。
奥様にお手紙が届いてますと受け取るイーディス。顧問弁護士からとイタリアのミラノからです。
ミラノは心当たりがないイーディス。
雪になったのでここに泊まりましょうとイーディス。

アメリカにて。
アランはホリー探偵にコンタクトしてます。
新聞記事を見せるホリー探偵。アルベルト・ホールで惨殺死体・・・
母を亡くした2人の子供。これがトーマスとルシールです。
トーマスは既婚者でもあるようです。そうなると重婚になります。

郵便局にて。
トーマスとイーディス。
自分の小説の話しをしてるイーディス。
ミラノの話しを聞くと反応があるトーマス。1度行ったことがあるらしい。
で、邪魔がなくなったのでセックスとなるトーマスとイーディス。

屋敷にて。
馬車で帰宅するトーマスとイーディス。まだ雪が降ってます。
イーディスはルシールを呼ぶ。
郵便局に泊まったと伝えるイーディス。
これに激昂するルシール。帰宅途中で事故にあったらと心配したと主張する。

イーディスは鍵束に目が行きます。エノーラと刻印があるキーがある。
そんなわけでエノーラキーを抜き取ろうと悪戦苦闘してます。
屋敷の奇妙な音はどんどん大きくなると言うルシール。

それから1人になって手紙を読むイーディス。
ファーガソン弁護士の手紙は書類にサインすれば残りの財産を全部送れるとなってます。

サインをする前にミラノからの手紙を読むイーディス。
親愛なるエノーラ・・・
要するにイーディスもエノーラもトーマス夫人で同じ呼ばれ方なのでこの手紙が受け取ったわけです。
E.S.はエノーラ・シャープ。
地下室へ行きE.S.のトランクの鍵を開けてるイーディス。

庭にて。
掘削機の調子をみているトーマス。調子はいいらしい。

地下室にて。
トランクを開けてるイーディス。
グラモフォン蓄音機があります。あのシリンダーが再生できる。
他は手紙が入ってます。ロンドン、エディンバラ、ミラノとあります。

丸い井戸みたいのが並んでますが何だかわからん。タンクみたいなものか?
そのうちに1つの鍵を壊して開けるイーディス。ドロドロの赤い液体が入ってます。
鉄棒を見つけてかき回すイーディス。何も起こらないし出てこない。
イーディスがここからいないなくと赤い液体から骨が浮かび上がる。

庭にて。
掘削機が完成したとなってるトーマス。それにルシール。
石炭をとるようにと鍵束を見るルシール。何だか鍵が足らない。エノーラの鍵がないことに気がつく。

ルシールはイーディスを探し回る。逃げるイーディス。
で、イーディスは椅子に座ってうたた寝をしてるように装う。

ルシールから声をかけられて水を頼むイーディス。
水を取りに行くルシールは鍵束を置いて行く。
この隙に置いて行った鍵束にキーを戻すイーディス。これは速攻でバレそう。
水を持って来たルシール。鍵束を持っていなくる。

夜です。
イーディスは録音シリンダーをグラモフォンにかけて再生する。
アプトン
マーガレット・マクダーモット
エノーラ・シャープ E.S.
そんなこんなでエノーラがこのシリンダーを隠したそうです。
犬がいてお茶に毒が入ってると話してるエノーラ。
イーディスですが血を吐いてます。これは大変。

いよいよこの屋敷から逃げるイーディス。
玄関ドアを開けると外は吹雪です。これは無理だ。
階段に座り込むイーディス。そのまま意識を失う。
黒味が入ります。

ベッドに寝かされているイーディス。
ルシールがいます。階段で倒れていたのよ・・・

イーディスに食事をさせながら母親の話しを始めるルシール。
父親からDVを受けていた。

そんなとこにトーマスも来ます。
ルシールに席を外してくれと頼む。車椅子を持って来たトーマス。
お茶を飲んではダメだとも言うトーマス。

トーマスとルシール。
食事に毒を入れたわよとルシール。
トーマスは反対する。イーディスを片付けることです。

郵便局にて。
馬車でアランが到着します。屋敷に行きたいとなるが吹雪で馬車は出ない。
吹雪がやんだら来てくれと言ってアランは徒歩で屋敷に向かう。徒歩では4時間はかかるとのことです。

屋敷にて。
血を吐いてるイーディス。これは大変。車椅子で移動する。
ホールの真ん中に赤ん坊を抱いた幽霊がいます。エノーラねとイーディス。
それでエノーラに頼まれことをやろうとするイーディス。

イーディスが屋根裏部屋に入るとトーマスが浮気をしていました。
浮気相手はルシールだったりします。当然驚愕するイーディス。

ルシールはイーディスから無理やり指輪を抜いて取り返す。
階段の上から中央ホールにイーディスを突き落とすルシール。普通は死んでる。
そんなとこで玄関ドアを叩く音がします。誰か来た。それはアランです。
黒味になります。

足首を痛めたイーディスを治療してるアラン。
ルシールはイーディスが急に取り乱して落ちたと主張する。

アランはトーマスとルシールを追っ払ってイーディスと話しをする。
君を連れ戻しに来た・・・

トーマスとルシール。
2人まとめて片付ける相談になってます。ルシールを包丁を出してやる気満々。

アランはイーディスを抱っこして運ぼうとするがまだ吹雪です。
そんなとこにトーマスとルシールが来てしまう。

アランはベアトリス・シャープ夫人の話しをする。浴槽で殺された。
この新聞記事をイーディスに見せています。
他にパメラ・アプトン、エノーラ・ショッティの名前も出す。

いきなりアランを包丁で刺すルシール。
トーマスはとどめを刺すからどこにする?とアランに聞く。

屋敷の周りですが地面に積もった雪が赤く染まっています。

地下室にて。
アランを連れて来たトーマス。
何だかトーマスはイーディスとアランを助けるつもり。

ルシールはイーディスの小説を燃やしてます。凄い嫌がらせです。
トーマスは誰ともセックスしていなかった。そんなわけでエノーラの赤ん坊は違うらしい。

イーディスの髪の毛を少し切ってるルシール。
何のつもりかと思ったら記念アイテムのようです。引き出しにはきれいに巻かれた髪が複数並べてあり今回イーディスの髪が追加されてます。コレクションなのか。

いよいよイーディスに書類のサインをさせるルシール。
イーディスは私の父は誰が殺したと聞く。

回想になります。
父親の顔面を洗面台に叩きつけたのはルシールでした。

隙をみてペンをルシールの胸に突き刺したイーディスは逃げます。
トーマスは逃げたイーディスを説得してエレベーターに乗せてる。アランと逃げてくれ。
トーマスはもう終わりにするとルシールのとこへ行く。

トーマスは手紙を燃やしてます。これで財産は手に入らない。
ルシールに屋敷を出ようと説得するトーマス。
今度はルシールがトーマスを刺す。顔面まで刺してます。
顔面に刺さったナイフを自分で抜いてるトーマス。

そんなこんなでイーディスはまだそのへんにいたりする。
トーマスを探しに来るとルシールと遭遇することになる。逃げるイーディス。

エレベーターで逃げます。階段で追って来るルシール。
台所に逃げたイーディスはナイフをゲットする。
またエレベーターで逃げようすとるイーディスと争うルシール。

ようやくエレベーターで地下に降りたイーディス。
ルシールはしつこく階段を降りてきます。隠れてるイーディス。

ルシールは床材をどかして何か取り出してます。
これが母親の形見だと称してる大型のナタです。形見ではなく凶器だ。

そんなわけでナタとナイフで対決するようです。
イーディスは外に逃げる。掘削機付近に出てます。
雪が積もってますが、地面の雪は赤く染まってます。

ルシールも追ってきて対決となります。
採掘機が作動して動いたりしてます。
ルシールに彼よ後ろを見てと言うイーディス。

後ろを見たルシールはトーマスの幽霊を見る。
顔面の傷から血が吹き出る描写は『デビルズ・バックボーン』(2001年)です。

怯んだルシールをシャベルで滅多打ちにするイーディス。
これで退場となるルシール。普通の人間の割に幽霊より強かった。

イーディスはトーマスの幽霊の顔面の傷を触る。
消えさるトーマスの幽霊。

これでプロローグのシーンに戻ります。
幽霊は実在する・・・
私は知っている・・・

屋敷から出るイーディスとアラン。
さすがに心配した人達が来ています。

モノローグです。
幽霊には色々といる。感情に縛られた幽霊もいる・・・

ルシールの幽霊がピアノを弾いてます。
黒味でエンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Mia Wasikowska Edith Cushing
Jessica Chastain Lucille Sharpe
Tom Hiddleston Thomas Sharpe
Charlie Hunnam Dr. Alan McMichael
and
Jim Beaver Carter Cushing

Burn Gorman Holly
Leslie Hope Mrs. McMichael
Jonathan Hyde Ogilvie
Doug Jones Edith's Mother / Lady Sharpe

A Legendary Pictures
and Universal Pictures
presentation

A Legendary Pictures/DDY production

A Guillermo del Toro Film

本が閉じて表紙が見えます。
クリムゾン・ピーク
イーディス・カッシング著

黒味になってスクロールする後タイトル。


そんなわけでゴシックロマンのよい作品でした。
最後のアクションは蛇足でなくてもよかった。膨大な予算の大作になると監督の思う通りに撮れないんです。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #771◆2018.04.28(土) | トップページ | 『エクス・マキナ』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/66687193

この記事へのトラックバック一覧です: 『クリムゾン・ピーク』:

« Hollywood Express #771◆2018.04.28(土) | トップページ | 『エクス・マキナ』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。