映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『コントロール』(2004年) | トップページ | Hollywood Express #773◆2018.05.12(土) »

2018.05.13

『コンクリュージョン』

この作品は、ジェームズ・ブルース監督、スティーブン・ドーフ、イアン・ハート主演の潜入サスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2003年 united kingdom Hungarian co-production/Den of Lions Ltd./Eurofilms studio/Millennium Filmsアメリカ=ハンガリー作品
ランニング・タイム◆102分
原題◆Den of Lions
プロット◆潜入捜査で色々とある話しのようです。
音楽◆Ron Hay

キャスト
スティーブン・ドーフ→FBI潜入捜査官のマイク
イアン・ハート→FBI捜査官のロブ

ローラ・フレイザー→ダリウスの娘カティア
タニア・エメリー→強制売春婦のリタ夫人
サラ・アン・シュルツ→タマーシュの夫人
ジータ→Nico (as Zita Gorog)

ボブ・ホスキンス→ロシアンマフィアのボス ダリウス
デビッド・オハラ→手下のフェルコ
アティラ・スザトマリ→手下のタマーシュ
ナビル・マサッド→取引相手のホスニ
ロバート・ウィルックス→核爆弾強奪のヤーコフ

アンドリュー・マクローチ→当局の上司コヴァーチ
ジョゼフ・ジャブロンカ→ロブ捜査官の同僚ラズロ捜査官。

アティナ・パパディミトリウ→バルディおばさん
フィリップ・マドック→マイクのおじいさん

ジェームズ・ブルース監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のどんでん返しサスペンスになってます。
話は普通。女優さんはきれい。そんな感じ。

株式会社アートポート/株式会社ファインディスクコーポレーション発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはワイド。上下左右黒味なし。フルスクリーン。
音声は Dolby Digital 2.0ch

著作権のアラート
アートポート

Millennium Films
タイトル
Millennium Films presents
A Den of Lions Ltd. / Eurofilms studio
A united kingdom / Hungarian co-production
A film by James Bruce

Stephen Dorff ... Mike Varga
Bob Hoskins ... Darius Paskevic

Den of Lions

Laura Fraser ... Katya Paskevic
Ian Hart ... Rob Shepard
David O'Hara ... Ferko Kurchina
József Gyabronka ... Laszlo Juskus (as Jozsef Gyrbronka)
Sarah Ann Schultz ... Anna Nazarova
Andrew McCulloch ... Gyuarka Kovacs
Tania Emery ... Rita
スタッフの紹介
始まったら日本語版になってました。英語版日本語字幕にします。
この作品はハンガリーでロケした英語作品です。

シカゴにて。字幕です。
夜の街でスティーブン・ドーフ扮するマイクが張り込みをしてます。
どうやら女の子が誘拐されてクルマで移動となったようです。
→ 1991 Chevrolet Caprice
そんなわけでFBIだと言ってタクシーを無理やり借りて尾行するマイク。
→ 1987 Chevrolet Caprice

カーチェイスになってます。
トレーラートラックが前を塞いでトレーラーの下に突っ込む犯人のクルマ。
→ Kenworth 524
大爆発するトレーラー。これでアメリカロケの予算は使い果たしたといった感じ。
とりあえず人質の女の子は無事だったようです。

FBIオフィスにて。
上司から説教されるマイク。
次はハンガリーのブダペストで潜入捜査だとなるマイク。
ロシアンマフィアの摘発。ダリウス・パスケービッチ。
会話からマイクはハンガリー出身らしい。そうなの?

ブダペスト 2年後。字幕です。
林にて。
マイクとロブ捜査官がコンタクトして打ち合わせです。
あまり仲はよくない。マイクの母親は売春婦だとこき下ろすロブ捜査官。
それはともかく今夜密入国の現場を押さえるとなります。

密入国の現場にて。
トラックから倉庫に行って受付となってます。結構普通だ。
マイクとタマーシュ。肝心のダリウスは姿を見せない。それでは意味がない。
オッサンのマーレクがバスポートは渡さないとゴネるが結局渡す。
キエフから来たようです。ウクライナの首都です。ウクライナには美人が多い。
そんなわけで美人は別のワゴン車に詰め込まれる。家族からも無理やり離す。

クルマで移動中のマイク。
ダリウスはいない。トラックで移動してる。
→ Avia A-31

そのトラックはパトカーに止められています。
→ 1995 Škoda Felicia LX [Typ 6U]
ロブ捜査官に同僚のラズロ捜査官。
撃たれてる組織側の男もいる。

ダリウスのお屋敷にて。
マイクはここにカネを届けに来てます。
ダリウスの娘カティアが玄関でカネを受け取る。それだけで帰るマイク。

ダリウスと取引相手のオッサン。それにカティア。
核爆弾取引の話しになってます。

売春宿にて。
先ほどの美人はここに送り込まれて監禁状態になってます。
ここを仕切ってるのが幹部のフェルコ。
預かったパスボートはシュレッダーで細切れにしている。

ダリウスのお屋敷にて。
取引相手のオッサンの名前はホスニ。ベンツのリムジンで帰る。
→ Mercedes-Benz S-Klasse [W126]
マイクのクルマが尾行となります。
→ 1992 BMW 7 [E32]

警察にて。
捕まったタマーシュの取り調べになってます。知らないと喋らない。
ここで上司のコヴァーチが出てきて警棒で殴りつけて喋らせる。

クルマで移動中のロブ捜査官とラズロ捜査官がバーに入る。
ダリウスに絡むつもりのロブ捜査官。

バーにて。
ダリウスとマイクがいるところにロブ捜査官が絡む。
アメリカに帰れと言われてるロブ捜査官。
ここでマイクがロブ捜査官を殴打する。一騒ぎになります。
これでマイクはダリウスの気に入られるかも。

マイクの自宅アパートにて。
寝ているマイクに電話です。バルディおばさんからでおじいさんと会う話しです。

森にて。
ロブ捜査官が待ってます。マイクがクルマで来て打ち合わせです。
計画は失敗だったとロブ捜査官。

ビルの屋上にて。
ダリウスとコヴァーチ上司。
どうやらKGB時代からの知り合いとのことです。挨拶程度の話しです。

森にて。
マイクとロブ捜査官。相変わらす仲は悪そう。
リムジンの所有者はホスニと伝えるマイク。

当局にて。
ロブ捜査官が夫人が消えた家族の書類を見せてくれと言う。

ガレージにて。
マイクは表向きの仕事はクルマのディーラーなのでそのオフィスです。
カティアが来てクルマを買う交渉になる。

街中にて。
赤いクルマを運転するマイク。助手席のカティア。
クルマはミツビシGTOのようです。珍しいクルマだ。
→ Mitsubishi 3000 GT [Z16A]
それからプールでデートになってます。
マイクがシカゴにいたことは知ってるカティア。

マイクとカティアは食事です。
ここをクルマから見張ってるのがラズロ捜査官。

街中にて。
赤いクルマを運転してるカティア。助手席のマイク。
そんなわけでクルマを買ったらしい。マイクはクルマから降りて帰宅する。

マイクのガレージにて。
ベンツのリムジンが来てます。ダリウスが来ました。
→ Mercedes-Benz S-Klasse Stretched Limousine [V126]
ダリウスはマイクにタマーシュを連れてこいと命じる。奴は口を割った。
それでここは遠方から写真を撮られています。
オフィス内には盗聴器が仕掛けられています。
娘はロシア人と結婚させると言ってるダリウス。マイクではない。
クルマを売っただけだとマイク。

クルマで移動中のマイク。
いよいよおじいさんと会うマイクはおばさんのアパートに行く。

売春宿にて。
集金に来てるカティア。その帰りにロブ捜査官に絡まれています。
バッグから札束を出して嫌味を言ってるロブ捜査官。

その頃あの夫人は売春婦をやらされている。
そんな感じで普通のドラマです。

おばさんのアパートにて。
マイクとおじいさん。
ダリウスと仕事をしてるのかと何だか事情通なおじいさん。
ロシア人には気をつけろとアドバイスしてます。
お別れにはちゃんとキスをしてます。そうなの?

クルマで移動中のマイクはタマーシュの自宅アパートに行く。
逃げようするタマーシュのクルマのワイヤーを切ってたマイク。
そんなわけでタマーシュをダリウスのお屋敷まで連れて行く。
タマーシュの夫人ですがこれがまた美人。ハンガリーというか東ヨーロッパの美人が大勢出ています。

ダリウスのお屋敷にて。
ダリウスとカティアはビリヤードをやってます。
そんなとこにマイク、タマーシュ、それにフェルコが来ます。
カティアに席を外させるダリウス。

カティアはマジで出かけてる。
と言うかお屋敷とは別に自宅アパートがあるようです。お屋敷にはダリウスの愛人がいるのでそうなるか。

タマーシュですが自白したことを内緒にしたのがバレてダリウスの逆鱗に触れる。
元KGBのコヴァーチなら自白したのはしょうがないが私に言わなかった・・・
そんなわけでビリヤードのキューをそのままでは長すぎるで2つに分解してタマーシュを滅多突きにして片付けるダリウス。血が飛び散る。

返り血を浴びてるマイク。
フェルコはマイクに隠しマイクを付けてるんだろうと因縁を付ける。
ダリウスは手下のフェルコとマイクに死体を処理させる。

このへんは妙にカットがダブってるの目につきます。
演出なのか編集に失敗してるのかわからん。

森にて。
タマーシュの死体を処理しに来てるマイクはフェルコ。
呆然としてるマイクに早く掘れといった感じのフェルコ。
そんなわけで2人でスコップで穴を掘ってます。

道具を揃えて忍び込む男が登場。よくわからんシーンです。
これはマイクの自宅アパートに隠し監視カメラを仕込んでいたようです。

売春宿にて。
マイクが来てフェルコにブツを早く渡してくれと急かす。
ここであの夫人が売春婦をやってることに気が付くマイク。そんなわけで売春婦を買うのを断ってます。
そうなるとその場の雰囲気が悪くなってます。色々と大変だ。
会話からこの売春婦の夫人の名前がリタとわかる。

ダリウスのオフィスにて。
ラズロ捜査官が来てダリウスと打ち合わせをする。そんなわけでラズロ捜査官はダリウスのスパイ=犬でした。
ロブ捜査官がカティアに絡んだと激怒してるダリウス。

ロシア戦略ミサイル基地にて。字幕です。
時限爆弾がセットされ大爆発になってます。兵隊が消火活動で忙しい。
そんなとこに核爆弾をゲットする一味が入り込む。ボスはヤーコフ。
手引きした相手をあっさりと片付けてます。
超小型核爆弾をゲットしリモコンでまた爆弾を爆発させてズラかります。

ダリウスのお屋敷にて。
カネの勘定をしてるカティア。
例の取引相手ホスニが来てます。

森にて。
マイクとロブ捜査官。また打ち合わせです。
ロブ捜査官にヤクを渡してカネを受け取ってるマイク。副業なのか?
マイクは警察情報は筒抜けだと伝える。
ロシアの核爆弾が1つ消えた。ホスニの狙いはそれだとなります。
隠しマイク=ワイヤーを付けろと言われて断ってるマイク。ワイヤーは生死に関わると言うがやらされるようです。
例の親子はすでに本国に送還されていた。そんな話しにもなる。

どうやらマイクの自宅アパートには隠し監視カメラがあるようです。

クルマで移動中のマイクは電話でカティアを呼ぶ。
カティアと会ってロブ捜査官に絡まれた話題になる。
それで売春婦にされた夫人を解放しないと面倒だと話すマイク。
タマーシュの話題も少しある。
そんな感じでロブ捜査官を満足させれば上手く行くと説得のマイク。

売春宿にて。
カティアが来てフェルコにリタはどこと交渉する。
マイクに言われたのかとフェルコ。
そんなこんなでリタを連れ出してるカティア。

クルマで移動中です。
マイクとカティア。それにリタ。
もう売春したので帰りたくないと言うリタを説得してます。

カティアの自宅アパートにて。
着替えを用意してるカティア。
売春のことは内緒にした方がいいとアドバイスしてます。

マイクとカティア。
これからどうするといった感じ。マイクの方が大変なのかも。
ソファで寝てねと言われてるマイク。そうなるとここはカティアの自宅アバートです。

森にて。
おじいさんとおばあさんが登場。
どうやら散歩中に死体を発見したようです。あんなに浅い埋め方ではみつかる。
いくら穴掘りが大変でも手を抜いたらこうなる。

ロブ捜査官の自宅アパートにて。
相棒のはずのラズロ捜査官が入り込んで家探ししてます。
タンスのヤクを発見してます。そうなるとどうなる。

カティアの自宅アパートにて。
リタが国に戻るようです。カティアとお別れの挨拶をしてマイクが送る。

駅にて。
列車に乗ったリタを見送るマイク。

マイクのガレージにて。
クルマの後ろシートの下にレコーダーを仕込んでます。
超小型マイクはベルトのバックル部に仕込む。

ダリウスのお屋敷にて。
マイクはリタを逃したことの言い訳をする。
ロブ捜査官の名前を出しこれで奴はしばらく大人しくなると主張する。
ヤクをロブ捜査官に売ったことも話してます。
そんなとこに手下のフェルコが来ます。こいつは刑事だと言い出す。

ワイヤーの話題になると先手を打って調べてみろと服を脱ぎ出すマイク。
肝心のベルトは大丈夫なのか?。このへんはスリル満点。
そんなとこにカティアが来てダリウスから叱責されてる。これですんだみたい。

そんな感じで何とかここを切り抜けられそうなマイク。
しかしフェルコがベルトを念入りに調べています。バックル部もバラそうとしているす。そこを偶然にダリウスがとめてマイクは助かる。
結局ロブ捜査官をおとなしくさせるためということで何とかおさまったようです。

マイクがカティアのとこへ行ってダリウスとフェルコの2人は話し込む。
しかしマイクはまだ疑われてます。

玄関先にて。
マイクとカティア。
あなたは何者?と聞かれているマイク。

警察にて。
タマーシュ夫人が来てラズロ捜査官に旦那を殺したのはマイクだと主張する。
何しろタマーシュを連れ出したのがマイクなのでそうなる。
2日も帰らないと訴える夫人。死体発見はまだ連絡されてないみたい。

ガレージにて。
マイクとおじいさん。
おじいさんはマイクを手放した理由を話す。お前の父親を誇りに思えとも言う。

そんなとこにマイクに電話です。
ロブ捜査官からで違法行為をしたのかとマイクを非難する。
ここはうやむやになる。

カティアが徒歩で橋を渡ってます。
何故かここを念入りに撮ってます。だから映画は面白い。

マイクの自宅アパートにて。
カティアが来ていきなりキスになってます。
そんなわけでセックスになってます。それはいいけど監視カメラがあるんです。

監視のオッサンはすぐに電話をかける。
父親のダリウスに速攻でバレています。それでどうなる。

徒歩で移動中のロブ捜査官とラズロ捜査官。
ついヤクの話しをするラズロ捜査官。お見通しだぜとうそぶく。

ガレージにて。
マイクは金庫を開けて現金をバッグに詰め込む。ハンドガンも出してます。
夜逃げでもするのか?

ダリウスのお屋敷にて。
親子で仕事の打ち合わせ中です。
ダリウスはマイクの話しになる。何でマイクと付き合うとそれくらい。

マイクの自宅アパートにて。
ロブ捜査官がいます。帰宅したマイクが驚愕する。何でここにいる?
バッグのカネを知られてしまうマイク。
ところでいまだに監視カメラは作動中。見張りがオッサンがモニターしてます。

もうオレはこの件から降りると主張するマイク。
タマーシュ殺しの話しになってオレは殺していないと主張するマイク。
そんなこんなでいきなりロブ捜査官を撃つマイク。これはビックリ。
見張りのオッサンはすぐにダリウスにご注進の電話をかける。

今度は玄関の呼び鈴が鳴ってます。
何か音がしたと近所のおばさんです。おばさんを脅しつけて黙らせるマイク。
それからロブ捜査官の死体をカーペットに包んで片付けてます。

ロブ捜査官のクルマに死体を乗せて運ぶマイク。
クルマはスバルのSUVです。
→ Subaru Forester [SF]

森にて。
やはりここになるようです。クルマで来てるマイク。

街にて。
路面電車で戻ってるマイク。

ダリウスのお屋敷にて。
マイクが来てもう足を洗うとダリウスに言う。しかしそうはいかない。
ロブ・シェパードの二の舞になるぞと殺人のビデオを見せるダリウス。
これはビックリのマイク。そんなわけでマイクの弱みを握ったダリウス。

警察にて。
ラズロ捜査官が上司と相談中。

ダリウスのお屋敷にて。
親子で核爆弾取引の打ち合わせになってます。
これからゲットする核爆弾をホスニに売る。そんな感じ。
それで核爆弾をゲットする取引に誰を送るか?、で、ダリウスはカティアにこれを見なさいとVHSカセットを渡す。
このビデオを見てビックリのカティア。セックスではなく殺人の方です。

バーにて。
マイクがいます。それだけ。

ダリウスのお屋敷にて。
カティアにマイクはやめとけと説教するダリウス。

ガレージにて。
カティアが来てます。マイクに仕事を命じる。
ホスニに核爆弾を届けてカネを受け取って来て・・・
その前に核爆弾を仕入れる取引もあるけど。
報酬はスイスの銀行口座に25万。単位は不明。
そんなこんなでキスだけはする2人。

橋のシーンがやけに目立ちます。ブルックリン橋に似たデザインです。
そんな感じで橋に照明が入って夜になってます。

マイクの自宅アパートにて。
警察の手入れで家探し状態になってます。隠しカメラが発見されてます。

見張りのところにはダリウスが来ています。冷静そのもの。
ほっとけと言ってる。すぐにここを引き払えとも命じる。
そんな感じでマイクにとって色々と面倒な状況になってるようです。

カティアの自宅アパートにて。
マイクと打ち合わせのカティア。
オレの部下が君を守るとマイク。部下なんていたのか?

それはともかくマイクはクルマで出かけます。
相棒は不仲なフェルコです。

核爆弾をゲットする取引です。
マイクとフェルコ。相手側のボスはヤーコフ。
ブツを確認するマイク。資料を見てやってるけど正直言ってわけわからん状態。
それでマイクとヤーコフは偽物談義になってます。核爆弾と代金の札束。どちらも互いに本物とは確認出来ない・・・。
核爆弾ですが非常に小型です。

警察にて。
ラズロ捜査官が上司のオフィスに入ろうとしたら何とロブ捜査官がいたりします。
どうやら殺人は狂言だったようです。これはビックリ。

秘密がバレてこれは大変なロブ捜査官がラズロ捜査官を追う。
驚愕したラズロ捜査官は逃げる。逃げながらダリウスに電話もする。
このことはダリウスに伝わってしまう。

ようやく捕まったラズロ捜査官。
上司からお前は死ぬまでブタ箱にいろと言われてる。

取引を終えてクルマで移動中です。
マイクとフェルコ。
フェルコに電話です。ダリウスからで狂言がバレたのでマイクを消せとの指令です。
ハンドガンに手が行ってるフェルコ。これに気がついてるマイク。

そんなわけでハンドガンの奪い合いになってます。クルマが危なかっしい。
そんなとこにボルボの大型トラクタートレーラーが接近する。
→ 1994 Volvo FH 12 Globetrotter

正面衝突を避けて転覆するマイクとフェルコのクルマ。
まだハンドガンの奪い合いをやってましたが何とかフェルコを仕留めるマイク。

クルマで移動中の上司。
ダリウスの電話は全て切れと命じてる上司。お屋敷に向かってるようです。

マイクです。
横転したクルマを元に戻してます。これくらいなら1人でも出来た。
そのままクルマで移動となります。丈夫なBMWだ。

ダリウスのお屋敷にて。
カティアに電話してるダリウスですがもうつながらない。さすがに焦る。

森にて。
マイクはBMWを捨てています。そこにベンツがくる。
ロブ捜査官と電話するマイク。まもなく着く。核爆弾の取引のことらしい。

ベンツは例の取引相手ホスニです。
マイクは時間を稼げと言われてカラシニコフ自動小銃を撃つ。
そんな感じで銃撃戦になってます。ロブ捜査官らのクルマ2台は接近中。
→ 2002 Lada Niva 4x4 1.7i [21214]

ようやくロブ捜査官のクルマ2台が到着して銃撃戦の続きになります。
何だかロブ捜査官の方が主役みたいな感じがします。
マイクのスティーブン・ドーフはゲストスターのような感じ。

マイクはここからズラかってます。
部下のサイモンに電話してカティアと電話をつながせる。
カティアに言う通りしろと説得するマイク。サイモンと逃げろ・・・
ところでマイクは核爆弾を持って消えたのか?

牧場にて。
おじいさんと会うマイク。
クルマをもらって移動するマイク。ベンツです。核爆弾がどうなったかは不明。
→ Mercedes-Benz [W124]
もしかしておじいさんは大物なのか?

ダリウスのお屋敷にて。
ダリウスは召使いたちをワインセラーに押し込む。
それから用心棒達に指示をするダリウス。

警察ですがお前達は包囲されていると基本から始めてます。
ダリウスは高い弁護士を雇ってあると堂々と玄関から出てくる。
しかしいきなり撃たれるダリウス。そのまま死に至ったようです。
ここで下着1枚の愛人がダリウスから腕時計をゲットしたりする。

どうやら上司の指示で別方向から撃ったようです。
そのハンドガンをダリウスに握らせる上司。これで自殺になるのか?
下着1枚の愛人には服を着ろと言ってる。

荒野にて。
サイモンのクルマが来てカティアと会うマイク。
オレはFBI捜査官だと告白するマイク。驚愕するカティア。そうなってます。
説明はあとだとベンツで移動です。

別の場所にて。
今度はリタと旦那に会ってるマイクとカティア。
ここでお別れとなるマイクとカティア。
マイクはアメリカに、カティアはウクライナへ。

モノローグが入ります。
核は持ち帰り全ての幕を降りた。
カティアへの思いは本物だ。いつか再会する・・・
そんな感じでエンドとなります。

後タイトル。
スタッフの紹介
キャストの紹介
スタッフの紹介


そんなわけで普通のどんでん返しサスペンスのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『コントロール』(2004年) | トップページ | Hollywood Express #773◆2018.05.12(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/66716294

この記事へのトラックバック一覧です: 『コンクリュージョン』:

« 『コントロール』(2004年) | トップページ | Hollywood Express #773◆2018.05.12(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。