映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #772◆2018.05.05(土) | トップページ | 『コンクリュージョン』 »

2018.05.12

『コントロール』(2004年)

この作品は、ティム・ハンター監督、レイ・リオッタ、ウィレム・デフォー主演の新薬ドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2004年 Randall Emmett George Furla production/VIP Medienfonds 2 production/Millennium Films アメリカ作品
ランニング・タイム◆105分
原題◆Control
プロット◆新薬の実験台にされて色々とあり過ぎる話しのようです。
音楽◆ルイス・フェーブル

キャスト
レイ・リオッタ→実験台の犯罪者リー・レイ・オリバー
ウィレム・デフォー→実験するマイケル・コープランド博士
スティーブン・レイ→上司のアーロ・ベナー博士

ポリー・ウォーカー→元夫人のバーバラ
キャスリーン・ロバートソン→ラボ研究員のエデン
ミシェル・ロドリゲス→洗車場のテレサ

マーク・ピカード→撃たれたゲイリー・カプート
ティム・ディケイ→兄のビル・カプート

リロイ・ゴールディング→洗車場のラルフ社長
アンソニー・ウォーレン→監視のブロック 黒人
イバン・ケイン→監視のノートン 白人
マーク・レセレン→Villard

ティム・ハンター監督の演出はよいと思います。
全体的にどんでん返しに出来てます。男の友情ドラマにもなってます。

株式会社アートボート/株式会社ファインディスクコーポレーション発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味なし。フルスクリーン。
音声は Dolby Digital 5.1ch

著作権のアラート
アートボート
GAGA

Millennium Films
Emmett/Furla Films
タイトル
Millennium Films presents
A Randall Emmett George Furla production
and
A VIP Medienfonds 2 production
A Tim Hunter film

Ray Liotta ... Lee Ray Oliver
Willem Dafoe ... Dr. Michael Copeland
Michelle Rodriguez ... Teresa

Control

Kathleen Robertson ... Eden Ross
Polly Walker ... Barbara Copeland
Tim DeKay ... Bill Caputo
and
Stephen Rea ... Dr. Arlo Penner
スタッフの紹介

タイトルバックは死刑執行シーンで薬注射の死刑です。
薬を注入されれるとフラッシュバック現象となる死刑囚のリー・レイ。
ロクデナシの父親が母親を風呂桶に頭を突っ込む。
どこかの寮生活になってる子役のリー・レイ。警官に追われたりもある。

ヤクの取引現場を襲撃するリー・レイ。2挺拳銃で撃ってる。
逃げる途中の階段で関係ない素人も撃ってるリー・レイ。
倒れた素人の男から血が垂れて下に逃げたリー・レイの肩に落ちる。

本編です。
モルグにて。
死刑執行が終わって運び込まれてるリー・レイ。
どうやらリー・レイは死んでいないようです。まわりは大勢の関係者がいる。
ウィレム・デフォー扮するマイケル・コープランド博士。
スティーブン・レイ扮するアーロ・ベナー博士。
この2人が並んでるシーンはいい。

リー・レイに注射されたのは麻酔と食塩水だった。つまり死なない。
君は医学プロジェクトの研究対象者に選ばれた。断れば刑務所長に身柄を渡す。
そんなこんなで承知してるリー・レイ。連行されてクルマで移動です。

廃墟にて。
モルグにいた太ったオッサンが用心棒に痛めつけられています。
太ったオッサンは刑務所長です。
それに組織のボス ヴェルトフと用心棒。
どうやらリー・レイに恨みがあって刑務所に殺し屋を送り込んで失敗したようです。
刑務所長はリー・レイを生きてると知らせて小遣い稼ぎをしようとしてやぶ蛇になったらしい。

ラボにて。
個室のリー・レイ。コープランド博士から説明をされています。
要するに薬で性格を変える。注射ではなく錠剤を飲む。
現在は薬だが昔はロボトミー手術なんだぞと説得?してる。
他に19人も同じ被験者がいるらしい。テスト期間は半永久的とのこと。
まず最初の錠剤です。ちゃんと飲んだか口の中をチェックされてるリー・レイ。

公園にて。
子供達がサッカーをやってます。
ここに来ているコープランド博士。知人のピートと話しをする。
会話からコープランド博士の息子は亡くなったらしい。

ラボにて。
リー・レイですが2日間は大人しいと報告を受けるコープランド博士。
しかしいきなり暴れているリー・レイ。まだ治っていないようです。
個室から脱走して外に逃げています。当然大騒ぎになってます。
金網の柵を登ったとこで電気ショックのティーザー銃で仕留められるリー・レイ。

コープランド博士の自宅にて。
クルマで帰宅するコープランド博士。犬のアイクがいます。
元夫人のバーバラが来ます。会話から離婚してるとわかります。
交代で犬のアイクを世話するために引き取って帰るバーバラ。
そうしたら2階には愛人がいたりします。ラボ研究員のエデン。

ラボにて。
目を覚ますリー・レイ。顔の刺青が無くなって激怒してます。
それからシューティングゲームでテストとなります。
高得点を上げるが難易度を上げられゲームオーバーになるリー・レイ。激怒してその辺の物を破壊する。まだ治っていない。
非社会性人格障害と言われてるリー・レイ。

カウンセリングを受けるリー・レイ
モニタで色々な人物を見せられる。
ニコライ・ヴェルトフ 27歳 ロシアマフィアの若旦那。ヤク取引で殺した。
マヌエル・ホセ・ゲテイレス 組織が刑務所に送り込んだ殺し屋。返り討ちにした。
ゲイリー・カプート 階段で打たれた素人です。撃たれて障害が残った。ここではさすがにリー・レイの脈が上がる。

リー・レイの母親は別れたロクデナシの亭主に殺された・・・
反抗的になるリー・レイに刑務所長のところに送り返すと言うコープランド博士。

リー・レイの個室にて。
寝ているリー・レイは夢を見る。階段で撃った男が出て来ます。

コープランド博士はリー・レイを落ちついていると報告を受ける。
面接するとリー・レイは薬が効いてると主張する。
いきなりコープランド博士を羽交い締めにしてペンを目に突きつけるリー・レイ。
そのまま外に出せと要求しています。そんなわけで大騒ぎになってます。
隙を見て反撃するコープランド博士。リー・レイを階段から突き落とす。

それからリー・レイをパンチで滅多打ちにして止められています。強い。
リー・レイから俺と同じだぜと言われてるコープランド博士。それでどうなる。
コープランド博士は薬を3倍にしろと命じてます。そうなるのか。

アート・マーサー製薬会社にて。パーティです。
上司であるアーロ・ベナー博士から説教されてるコードランド博士。
もう他の奴にしろとか・・・
そのアーロ・ベナー博士のスピーチになります。

パーティが終わってコープランド博士とバーバラ。
そんなとこに愛人のエデンが来たりします。研究員のエデン・ロスと紹介される。

ラボにて。
個室で大人しくしてるリー・レイ。何だか薬は飲んでいないような。
食事を持って来た男がわざとお盆をリー・レイに落とす。わざとらしいテストらしい。
とりあえずここでは激昂しないリー・レイ。
この反応を監視してる面々。

リー・レイですが階段で撃ったゲイリー・カプートの夢を見る。

コープランド博士の自宅にて。
寝てるコープランド博士に電話です。ラボから呼び出しです。
ベッドには研究員のエデンもいたりします。

ラボにて。
リー・レイはゲイリー・カプートのことで泣いて反省してます。
その度が過ぎてるのでコープランド博士が呼ばれたわけです。
これがマジで反省してるのが芝居なのかはわからん。

コープランド博士は違う薬にするようです。
症状は改善してるとするコープランド博士ですが当然上司のアーロ・ベナー博士から疑問だと突っ込みも入る。
記録では改善をしてると主張するコープランド博士。次は第2段階だと意気込む。
上司のアーロ・ベナー博士は慌てるなと制する。

黒いクルマが3台移動中。
→ 1997 Audi A6 C5 [Typ 4B]
コープランド博士とリー・レイ。
どうやらリー・レイに実生活をさせるようです。大丈夫なのか。

安ホテルにて。
ここで生活することになるリー・レイ。
コープランド博士が段取りを説明する。新しい名前はジョー・モンロー。
とりあえず300ドルとIDナンバーを用意する。来週も300ドル。あとは自活しろ。
当然外には監視がいます。それに室内には隠しカメラがあって監視されてる。
足首にはGPS発信機が装着されてる。
コープランド博士は言うだけ言って帰ります。
黒人の薬を渡す監視は誰なんだ?妙に目立ちます。

外出するリー・レイ。当然ワンボックスカーの尾行が付く。
→ 1985 Chevrolet Chevy Van [G-20]
一応就職活動をやってます。8軒目でもまだ決まらない。
新聞の広告欄から電話するふりをして違うとこに電話してるリー・メレイ

オアシス洗車場にて。
ここで従業員のテレサからラルフ社長に紹介されて仕事をゲットするリー・レイ。
ミシェル・ロドリゲス扮するテレサが登場。
レイ・リオッタは左手で字を書いてます。左利きのようです。

キングズマーケットにて。
ここで買い物をするリー・レイ。尾行は付いてます。
ついでに電話で呼び出し相手とコンタクトするリー・レイ。
実包とリボルバーをゲットします。38スペシャル実包とリボルバーです。

安ホテルにて。ネオンがあるのでそうでしょう。
帰宅したリー・レイ。
隠しカメラの場所を探してアッサリと見つけてます。それでどうなる。

夜にて。
相変わらず監視と尾行のワンボックスカーは待機してます。
メモに眠れないので薬をくれとメモを書いて監視カメラに見せているリー・レイ。
薬ですが飲んでるのか飲んでいないのかはよくわからん。
リボルバーを手に入れたりしてるので飲んでいないのかもしれない。

で、薬を持って来た監視に小細工してその眠り薬を飲ませてるリー・レイ。
こうなると治ってるとは思えん。

そんなとこに外には用心棒が来てたりします。まだクルマで待機してます。

薬を持って来た監視は部屋から出て行きます。
リー・レイは紙袋を持って出かけてます。監視はモニターの前で寝ている。

リー・レイは殺し屋の側を通過してます。

ワンボックスカーにて。
こっちの監視はテレホンセックスをやってて監視してない。
ようやくGPSでの位置で気が付いてます。慌てて尾行にかかる。
無線通話から監視してる黒人の男の名前はブロックとわかる。

駅にて。
電車に乗るリー・レイ。
ようやくワンボックスカーの監視が来ましたが電車には乗れず。
乗ったのはリー・レイと殺し屋のようです。
しょうがないので無線で報告する。
目的地の駅から降りたリー・レイはメモを見て徒歩で移動してます。

ゲイリー・カプートの自宅にて。
TVを見ているゲイリー。兄のビルは不在です。
ゲイリーにコンタクトしたリー・レイは作り話をする。
君を撃った連中の代理で謝罪に来た。連中は反省してる・・・
紙袋に手を突っ込むリー・レイ。リボルバーかと思ったら菓子の類でした。
そんな感じでゲイリーを手なずけようとするリー・レイ。
そんなとこに兄のビルが帰宅する。速攻でズラかるリー・レイ。

ゲイリーとビル。
ビルは誰かが出て行くのを見るが誰だかわからん。思い出せない。
当然ゲイリーに聞いても要領得ない。友達だと言ってるゲイリー。

ゲイリーに小切手帳にサインしろとやらせるビル。
賠償金なのか保険なのかはわからんがゲイリーに入るカネらしい。
そうなるとビルはゲイリーの世話をしてるがカネもあるみたい。
紙袋の中にキングズマーケットのレシートを見つけるビル。
これは証拠というか手がかりだとなってるみたい。

公園にて。
リー・レイは徒歩で移動中。そんなとこをいきなり殺し屋に撃たれる。
レーザーサイトとサプレッサー装備のハンドガンで撃ちまくるが当たらない。
それでも必死こいて逃げるリー・レイ。

待ち伏せして反撃するリー・レイ。
殺し屋にボスに俺に近づくなと伝えろと殺さずに置き去りにする。
2人とも殺したいが今度だけは見逃す・・・
そんな感じで殺し屋の用心棒は面目丸つぶれです。それでどうなる。
リー・レイですがハンドガン2挺は捨ててます。殺し屋のはともかく自分のリボリバーまで捨ててます。

ようやく会社の追っ手のクルマ3台が来てリー・レイを包囲する。
ゲイリーに謝りに行っただけだと主張するリー・レイ。
列車の往復切符を所持していたので帰る気はあったと判断するコープランド博士。
つじつまは合ってます。
リー・レイは眠らされてクビになったブロックを戻せと主張してます。

コープランド博士は君が生きてることが漏れたら刑務所に戻すと言う。
リー・レイは馬鹿正直に殺し屋とコンタクトしたとは言わない。このへんが治ってるのか芝居なのががわからんとこ。

ゲイリーとビルの自宅にて。
ビルはリー・レイは死刑になったのにと新聞の切り抜きを見る。

ラボにて。
コープランド博士と上司のアーロ・ベナー博士。
リー・レイは生まれ変わったと主張するコープランド博士。
それは怪しいと上司のアーロ・ベナー博士。我が社の責任になるとそればっかり。
これが最後だ、今度問題を起こしたら被験者を交代させる・・・
で、上司のアーロ・ベナー博士は他の被験者の状況は話しません。コープランド博士のテストに悪影響を与えるからとなってる。
肝機能障害等で死ぬ場合もある。そんな話しも出ています。

オアシス洗車場にて。
ワンボックスカーの尾行ですがしっかりとついてます。
一応真面目に働いてるリー・レイ。テレサと食事です。
シンシナティ出身になってるリー・レイ。一から出直したい・・・。
テレサは夜間の学生とのこと。

それから洗車中のクルマの中に入ってるリー・レイとテレサ。
ここに入って物思いに浸れるとテレサ。
このへんでようやくテレサと名前がわかってます。遅い。
そんな感じでキスになりかけるが洗車が終わりです。社長にみつかると怒られるのであわてて出てる2人。
ワンボックスカーですが洗車中のクルマの中は覗けません。

スーパーマーケットにて。
新聞の切り抜き写真を見せて聞き込みをやってるビル。反応はイマイチ。

大学か図書館にて。
リー・レイが本を抱えて出て来ます。
ここをコープランド博士がクルマで通りがかり送って行くと乗せる。
→ 1988 BMW 635 CSi [E24]
尾行のワンボックスカーの2人はあれは規定違反だと突っ込む。

移動中のクルマにて。
リー・レイとコープランド博士。
個人的な質問はダメだと言いつつ答えてるコープランド博士。
妻とは離婚した。一人息子は死んだ。
クルマで移動中に絡まれ撃たれた死んだ8歳のトミー。

リー・レイは明日はデートだと言う。
これを聞いて祝福してるコープランド博士。
で、足首のGPS発信機を外してくれとお願いするリー・レイですがコープランド博士は規定だと外さない。
クルマから降りてるリー・レイ。

ダイナーにて。
コープランド博士とバーバラ。家族3人で来た店とのことです。
別荘を売ったので離婚規定通りに折半しようと契約書を出すコープランド博士。
バーバラは製薬会社の株を売って古い校舎を買ったとか。何か事業をやるらしい。

オアシス洗車場にて。
まだ聞き込みをしてるビル。いよいよ接近してきました。多分偶然。
トラックのグローブボックスにはハンドガンも入ってやる気十分のビル。
→ 1989 Chevrolet Blazer Silverado [V-1500]

それとは別にリー・レイとテレサはデートに出かけます。
クルマはワーゲン・ゴルフ・カブリオレ。アメリカではワーゲン・ラビットか。
→ 1980 Volkswagen Golf Cabriolet I [Typ 17]
これを目撃してるビル。それでどうなる。
尾行はせずにラルフ社長に聞き込みに行くビル。
新聞記事を見せてリー・レイの全てを話すビル。ラルフ店長はビックリ。

遊園地にて。
デートしてるリー・レイとテレサ。
テレサは前の彼氏がヤク中で自分もヤク中になって施設に入っていたとか。
回転するブランコ、ゴーカートに乗ってます。
尾行は遊園地外で待機。中のことはわからん。
いきなりリー・レイと呼ばれてビックリのリー・レイ。
とりあえずゴーカートから降りてます。次はメリー・ゴー・ラウンドだとなったとこでトイレに行くふりをするリー・レイ。

ビルではなく殺し屋が来ていました。まだクビになっていなかったらしい。
そんなわけで殺し屋と格闘アクションになってるリー・レイ。それから逃げる。
また逃したら今度は死刑になるのか必死こいて追ってる殺し屋。
コースターのあたりで撃ってくる殺し屋ですが遊園地のガードマンが来たので逃げる。
とりあえず助かったリー・レイ。

何気なくメリー・ゴー・ラウンドに戻ってるリー・レイ。
テレサは全く気がついてない。

もうクルマで帰る途中です。
リー・レイとテレサ。
テレサはうちに来てもいいわよとやる気満々。

テレサの自宅アパートにて。
GPS発信機があるのでズボンは脱げないリー・レイ。それでどうなる。
あなたを信じていいのか?と聞かれています。

薬を服用してる話しだすリー・レイ。気分が落ち着く。
そうなるとテレサはヤク中なのかとなるがそうではないとリー・レイ。
それからキスになってます。
GPS発信機のこともあるので今日は帰るとマジで帰るリー・レイ。
お楽しみは先にしようとなってます。
徒歩で帰宅するリー・レイ。

安ホテルにて。
303号室に入ろうとするリー・レイ。
そんとなとこをいきなりビルが襲って来ます。これはビックリ。そうなるのか。

監視のオッサンが見に来ます。今度は白人のオッサンです。
部屋には誰もいない。

安ホテル前にて。
ビルですが外に出て来た監視のオッサンを撃つ。これでオッサンは退場になる。
ライトトラックにリー・レイを乗せるビル。GPS発信機に気がついて荷台に積んであるワイヤーカッターで切断してます。何だか妙に説得力がある。
で、この場からズラかります。
ようやく尾行のワンボックスカーが到着してこれは大変となってます。

コープランド博士の自宅にて。
また愛人のエデンと寝てるコープランド博士。そんなとこに電話です。
これは大変なのですぐに出かけるコープランド博士。エデンは置いて行く。

安ホテル前にて。
関係者がそろって状況の確認から対策となってます。
もうリー・レイは殺してもいいとなってます。もう死んでることになってるし。
2段階で問題を起こしたら自動的にそうなるらしい。
上司のアーロ・ベナー博士は始末したリー・レイの死体はよく解剖して原因追求し薬を改良しろと命じてます。人権はどこかに行ってます。

ゲイリーとビルの自宅にて。
ライトトラックが帰宅してます。それでどうなる。
リー・レイに何故生きてる?とこれから始めてるビル。そりゃそうなる。
そんなとこに撃たれた当人のゲイリーが起きてくる。それでもめてます。

ビルはリー・レイに何をしたかゲイリーに話せと強要する。
マジで本当のことを喋りマジで謝罪するリー・レイ。治っていたのか?
それから撃とうするビルをゲイリーが止めたりしてます。
その隙に逃げるリー・レイ。謝罪したのは何なんだ?となるが、まあ逃げる。

安ホテルにて。
もう撤退の片付作業になってます。
コープランド博士に電話です。相手は公衆電話のリー・レイからです。
薬をくれと要求するリー・レイ。そうなると治ってるのか?
会話から殺された監視のオッサンの名前はノートン。
ビル・カプートが殺したと主張するリー・レイ。これはそうなんです。
とにかく薬をくれとなってます。それでどうなる。

その頃外ではクルマ内の殺し屋が見張っています。
あれだけヘマしてもまだチャンスを与えられているようです。

コープランド博士がクルマで出かけます。
ワンボックスカーが気がついて尾行する。そのあとを殺し屋が尾行する。

公衆電話付近にて。
尾行に気がついたコープランド博士は通過する。
道路に出たリー・レイは殺し屋に見つかってしまう。

病院にて。
ここに逃げ込むリー・レイ。
薬局に入りアナグレスを出せと要求するが当然そんな薬はまだありません。
そんなこんなでもめてるとこに殺し屋が乱入して撃ち合いとなります。
リー・レイですがビルの自宅からハンドガンをゲットしています。
薬担当の男は撃たれて退場となります。とんだ巻き込まれの不運です。まあよくある。
ついに殺し屋を片付けたリー・レイ。それでどうなる。

テレサの自宅アパートにて。
ここに逃げ込んで助けを求めるリー・レイ。
ラルフ社長から電話で話しを聞いてるテレサ。まだドアを開けない。
そんなとこを追っ手の会社私設警察が迫る。

シーンが飛んで会社私設警察がテレサの自宅アパートに押し入る。
しかしリー・レイはいない。そのまま出て行きます。

コープランド博士の自宅にて。
バーバラが来てます。コープランド博士は適当にごまかす。
で、リー・レイが来てます。薬をくれとコープランド博士に要求する。
コープランド博士とはバーバラだけは外に出してくれと説得する。
そんなわけでバーバラはここから解放される。

ラボのエデンに電話して薬を全部持って来てくれと話すコープランド博士。
この件は内密にと念を押しますがエデンは速攻で上司のアーロ・ベナー博士に話してます。こまったものです。

会社のクルマ3台がやって来ます。
コープランド博士は警戒して玄関に出る。
上司のアーロ・ベナー博士一行が来ます。それでどうなる。

リー・レイが電話で薬をくれと言ったと証言するコープランド博士。
ノートンを殺したのはビル・カプートだとも証言する。

それから薬が効いてる効いていないの議論になってます。
他の被験者は全員肝不全で死んだと話す上司のアーロ・ベナー博士。

リー・レイに関してはプラシーボ効果だと断言する上司のアーロ・ベナー博士。
これには驚愕するコープランド博士。全く知らなかった。偽の薬だったのか・・・
本物を飲んでいたら死んでいるから納得出来るけど。
被験者は本物の薬とと偽の薬の2グループに分けられる。
プラシーボ効果は甘く見るなと説教する上司のアーロ・ベナー博士。

そんなとこに電話です。
近くのクルマ内からバーバラが心配になってかけてきた。警察を呼ぶ・・
上司のアーロ・ベナー博士一行が見てる前で電話をとるコープランド博士。
ここは元夫人から飼い犬の世話の件だとみせかけます。
聞いてるのと全く別の返事をしてるのでこれは大変となってるバーバラ。
そうしたら話題の飼い犬が出て来たりします。作り話がバレてこれはこれで大変。
そんなこんなでコープランド博士とリー・レイはクルマで脱出してる。

それはいいけどリー・レイはプラシーボ効果だとしても治ってるのか?
上司のアーロ・ベナー博士はいずれ切れると言ってるけど。

追っかけのカーアクションになります。
空港から逃げろとカネを渡すコープランド博士。もう何が何だかといった感じ。
もう薬は必要ないんだとコープランド博士。プラシーボ効果の話しをする。
薬のテストでは被験者を半分ずつに分ける。本物の薬と偽物の薬。
これはビックリのリー・レイに自分も今夜知ったと話すコープランド博士。

それはいいけど追っ手のクルマ3台に追いつかれてます。
ぶつけられたり撃たれたりともう大変なコープランド博士とリー・レイ。
クルマはそのまま湖に転落してます。

沈んだクルマから何とか脱出するリー・レイはコープランド博士を助ける。
2人とも無事に水面に出ています。それから岸に上がる。

薬の関係無しにコープランド博士のおかげで変われたとリー・レイ。
早く空港に逃げろとやってるとこでいきなりリー・レイが撃たれる。

サーチライトのヘリコプターも来てます。これは警察だ。
そんなわけでパトカーも大勢到着して会社一行は全員逮捕されてます。
これはバーバラが呼んだのでしょう。

死に至りつつあるリー・レイと見守るコープランド博士。
リー・レイはフラッシュバックを見てます。
子供の頃から死刑になるまでのこと。
それから先の変わりつつある自分のこと。
実はテレサの自宅アパートではドアを開けたテレサがリー・レイを逃がしていた。
別れる前にキスをしたリー・レイとテレサ。
溶暗になります。

エピローグ。
古い校舎にて。
バーバラがやり始めた事業のようです。普通の更生施設といった感じ。
ここにコープランド博士がいたりします。
トーマス・コープランド・ユースセンターの看板があります。
エンドとなります。

スタッフの紹介
キャストの紹介
スタッフの紹介


そんなわけでどんでん返しサスペンスのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #772◆2018.05.05(土) | トップページ | 『コンクリュージョン』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/66712249

この記事へのトラックバック一覧です: 『コントロール』(2004年):

« Hollywood Express #772◆2018.05.05(土) | トップページ | 『コンクリュージョン』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。