映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『地獄のシオマネキ 巨大蟹のしたたり』(1980年) | トップページ | 『ママのご帰還』(1940年) »

2018.04.23

Hollywood Express #770◆2018.04.21(土)

◆映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
◆なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆『ブラックパンサー』 Black Panther (2018) が、サウジアラビアで公開が決まった話題。サウジアラビアは映画の公開が禁じられていて35年ぶりの公開だそうです。
◆『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 Avengers: Infinity War (2018) から、バラエティ誌はオープニング興行だげで2億ドルと予想してる話題。とにかく景気がいい話題です。
◆映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズがまた表彰される話題。今度は自分の名前がついたジョン・ウィリアムズ賞だそうです。ジョン・ウィリアムズが偉いのはよくわかった。
◆フォレスト・ウィテカーが母校の南カルフォルニア大学卒業式に出席した話題。大学ではオペラ歌手を目指していたそうです。フォレスト・ウィテカーのイメージとは全く合わないのが面白い。
◆メリッサ・マッカーシーの新作コメディ Life of the Party (2018) の話題。娘と同じ大学に通って色々とある話しらしい。インターネット募集でオーバーン大学が試写会に決まったそうです。
◆ジョン・ハムの新作 Beirut (2018) の話題。地名のベイルートと読むのにしぱらく時間がかかった。こまったものです。
◆トレーシー・モーガンがウォークオブフェイム入りしたセレモニーの話題。ハリウッド商工会議所では2019年に入れる人の募集してるそうです。そうやって決めてると初めて知った。

◆red carpet
◆トレーシー・モーガンがウォークオブフェイム入りしたセレモニーの風景。交通事故の昏睡状態から復帰したトレーシー・モーガン。感慨深いでしょう。ジョーダン・ピールのお祝いのスピーチがあります。それからトレーシー・モーガンのお礼のスピーチ。

◆inside look
◆ A Quiet Place (2018) のメイキング。色々と兼任したジョン・クラシンスキーのインタビューがあります。音を立てると危険という設定のホラー。他にエミリー・ブラント、ミリセント・シモンズのインタビューがあります。
◆ Truth or Dare (2018) のメイキング。ルーシー・ヘイル、タイラー・ポージーのインタビューがあります。ジェフ・ワドロー監督のインタビューもあります。

◆Hollywood gossip
◆ウィル・フェレルが交通事故にあった話題。貰い事故だったそうです。

◆new releases
◆専用の編集がされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆評価は『よい』『普通』『まあまあ』『イマイチ』の4段階。
◆ I Feel Pretty (2018) アビー・コーン、マーク・シルバースタイン監督、エイミー・シューマー・ミシェル・ウィリアムズ主演のコメディ。自分が美人だと思い込んで色々とある話しのようです。ハイライトシーンにエミリー・ラタコウスキーが出てます。私のゴーストですが出来はまあまあだと囁いてます。
◆ Super Troopers 2 (2018) ジェイ・チャンドラケカール監督主演、ケヴィン・ヘファーソン主演の続編コメディ。アメリカのカナダ国境警備員が色々とやらかす話しのようです。女優さんはエマニュエル・シューキー。私のゴーストですが出来はまあまあだと囁いてます。
◆ Traffik (2018) ディオン・テイラー監督、ポーラ・パットン、オマー・エップス主演の別荘サスペンス。別荘で地元の白人に絡まれる話しのようです。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆映画は批評も興行もよければそれにこしたことはないが、実際はそうはいかないのがこまったものです。
◆10位が Chappaquiddick (2017) ジョン・カラン監督、ジェイソン・クラーク、ケイト・マーラ主演のドラマ。エドワード・ケネディのスキャンダルの話しのようです。興行収益totalは1100万ドル。
◆9位が Tyler Perry's Acrimony (2018) タイラー・ペリー監督、タラジ・P・ヘンソン、リリク・ベント主演のサスペンス。別れ話がこじれる話しのようです。興行収益totalは3780万ドル。
◆8位が I Can Only Imagine (2018) アンドリュー・アーウィン、ジョン・アーウィン監督、J・マイケル・フィンリー、マデリーン・キャロル主演のキリスト教ドラマ。キリスト教の話しのようです。興行収益totalは7520万ドル。普通にヒットしています。キリスト教映画には一定の観客層がいるのがよくわかります。
◆7位が『犬ヶ島』 Isle of Dogs (2018) ウェス・アンダーソン監督、ブライアン・クランストン、エドワード・ノートンVCのコマドリ 3D CGアニメ。日本を舞台に犬達の島で色々ある話しのようです。American Empirical Pictures/Indian Paintbrush/Studio Babelsberg/Twentieth Century Fox Animation製作配給。興行収益totalは1890万ドル。ランクが上がってます。今週のハイライトで犬がドジャースでなくちゃんとドラゴンズのユニフォームを着ています。現実の中日ドラゴンズは相変わらず弱くて勝てないけど。
◆6位が『ブラックパンサー』 Black Panther (2018) ライアン・クーグラー監督、チャドウィック・ボーズマン、マイケル・B・ジョーダン主演のマーベルアメコミアクション大作。話しの方はよくわからん。とにかく戦うようです。興行収益totalは6億7420万ドル。大ヒットしてゆるやかにランクを下げてます。
◆5位が Blockers (2018) ケイ・キャノン監督、ジョン・シナ、レスリー・マン主演のコメディ。娘がバチュラーパーティで心配なパパ達が暴走する話しのようです。娘役の女優さんはギデオン・アドロン、キャスリン・ニュートン、ジェラルディン・ヴィスワナサン。興行収益totalは3740万ドル。
◆4位が『レディ・プレーヤー1』 Ready Player One (2018) スティーヴン・スピルバーグ監督、タイ・シェリダン、オリヴィア・クック主演のSFアクション大作。バーチャル世界で色々ある話しのようです。興行収益totalは1億1490万ドル。1億ドルに達してますがスタジオ側にすれば物足りない感じでしょう。
◆3位が Truth or Dare (2018) ジェフ・ワドロウ監督、ルーシー・ヘイル、タイラー・ポージー主演のゲームホラー。パーティゲーム『真実か挑戦か』でホラーする話しのようです。興行収益totalは1860万ドル。低予算なのでもう黒字になってるそうです。
◆2位が A Quiet Place (2018) ジョン・クラシンスキー監督主演、エミリー・ブラント主演の家族ホラー。家族でホラーする話しのようです。興行収益totalは1億ドル。ちょうど1億ドルに達してます。おめでとうございます。
◆1位が『ランペイジ 巨獣大乱闘』 Rampage (2018) ブラッド・ペイトン監督、ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス主演のSFアクション。巨大化した動物達に悪戦苦闘する話しのようです。興行収益totalは3570万ドル。

◆ending
◆Hailee Steinfeld's “ Love Myself ” from “ Blockers (2018) ”

にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『地獄のシオマネキ 巨大蟹のしたたり』(1980年) | トップページ | 『ママのご帰還』(1940年) »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood Express #770◆2018.04.21(土):

« 『地獄のシオマネキ 巨大蟹のしたたり』(1980年) | トップページ | 『ママのご帰還』(1940年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。