映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ママのご帰還』 | トップページ | Hollywood Express #771◆2018.04.28(土) »

2018.04.29

『アイリーンとゴドフリー』aka『襤褸と宝石』

この作品は、グレゴリー・ラ・カーヴァ監督、ウィリアム・パウエル、キャロル・ロンバード主演のロマンティンク・コメディのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1936年 Gregory La Cava Production/Universal Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆My Man Godfrey
プロット◆ゴミ捨て場の執事に一目惚れする話しのようです。
音楽◆Music by
Charles Previn ... (uncredited)
Rudy Schrager ... (uncredited)

キャスト
ウィリアム・パウエル→ゴミ捨て場から執事のゴドフリー
キャロル・ロンバード→次女のアイリーン・ブロック

ゲイル・パトリック→長女のコーネリア・ブロック
ユージン・パレット→旦那のアレキサンダー・ブロック
アリス・ブラディ→母親のアンジェリカ夫人

ミシャ・オウア→居候のカルロ
ジーン・ディクソン→女中さんのモリー

アラン・モーブレイ→ゴドフリーの知人トミー・グレイ
ジェーン・ワイマン→Socialite (uncredited)

グレゴリー・ラ・カーヴァ、チャールズ・R・ロジャース監督の演出はよいと思います。タイトルはグレゴリー・ラ・カーヴァ監督のみ。
全体的に普通のロマンティック・コメディになってます。
aka『襤褸と宝石』(1936年)◆旧邦題。読みは『ぼろとほうせき』です。襤褸をぼろなんて普通は読めません。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質は普通です。
スクイーズ収録のフル表示
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声は Dolby Digital 2.0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート

タイトル
Universal presents

William Powell Godfrey
Carole Lombard Irene Bullock

My Man Godfrey

Charles R. Rogers executive producer

Alice Brady Angelica Bullock
Gail Patrick Cornelia Bullock
Jean Dixon Molly
Eugene Pallette Alexander Bullock
Alan Mowbray Tommy Gray

A Gregory La Cava Production

スタッフの紹介
タイトル文字がビル街のマット画にネオンサインで表示されています。
監督はグレゴリー・ラ・カーヴァのみ表示。
それからキャスト表まで出ています。
公開当時の邦題が『襤褸と宝石』(1936年)ですが誰も読めないと思える。
上流社会とスラムの対比になってるのかと思ったらそうでもない。

ニューヨークの川沿いのゴミ捨て場にて。
対岸は摩天楼のビル街です。
ダンプカーでゴミが捨てられゴミの仕分けをやってる人達がいます。

デューク、マイクが登場。
そんなとこに高級車が来ます。カップルが登場。
ブロック家のコーネリアとボーイフレンドのジョージです。
それらから別のクルマでコーネリアの妹アイリーンが登場。

デュークに5ドル稼ぎたい?と持ちかけるコーネリア。
ホテルで友人に会って帰るだけで5ドルとのこと。怪しい。
『クズ探しゲーム』でお題の『忘れられた人』を探しに来たわけです。
これはひどいな。
デュークはさすがに頭にきて断ってます。このカップルを追っ払う。

次はアイリーンです。
さっきのは私の姉ですと説明するアイリーン。
で、6歳の時から姉を突き飛ばしたかった。あんたが今やってくれたとほめてます。
『クズ探しゲーム』の説明もしてます。
何故ここに住んでるの?と聞かれてるデューク。喘息にいいと不動産屋に勧められたと答えてます。
気が変わったのかデュークはこのゲームに参加する気になってます。

パーティー会場にて。
ブレイク、ブロックのオッサン2人が登場。
ヤギを連れているがブロック氏の夫人のアンジェリカのようです。
そんな感じで受付で大騒ぎになってます。
次の課題が『忘れられた人』と『日本の金魚』になってます。

そんなとこをアイリーンとデュークが来てます。
姉さんはまだ来ていないとご満悦のアイリーン。
ガスリーさんとは?→受け付けの人でした。
『忘れられた人』のデュークはガスリーからチェックをされる。
イーストリバーのゴミ捨て場のデューク。
色々と質問をされたり、無精髭はつけ髭なのかと引っ張られたり。
質問に合格してるデューク。そんなわけでアイリーン・ブロック嬢に70ポイントとなってます。何だかわからん。

スピーチを促されるデューク。
アイリーン嬢に協力したかったのとここの空っぽ頭の連中を見たかったと言ってる。
まともな自分の世界に帰りますと帰ろうとする。

アイリーンはデューク・ゴドフリーに謝罪をする。
お礼に仕事の紹介をと執事になってくれと言ってる。羊ではなく執事です。
そんなわけでもう雇った気でいるアイリーン。
母親のアンジェリカ夫人が来てもめてます。

遅れてコーネリアとボーイフレンドが5ドルで雇ったホームレスを連れてくる。
気まずい雰囲気になってますがホームレスは5ドルくれとうるさい。

アイリーンはゴドフリーに服を買ってとお金を渡す。しかしコートのポケットに穴が開いててお金が落ちる。
ゴドフリーに住所を聞かれて5番街の1011だと教えてるアイリーン。
溶暗になります。

ブロック家の屋敷にて。
裏口から新しい執事のゴドフリーが入って来ます。
女中さんからはまたなのねと冷静な対応を受ける。
クロスワードパズルをやってる女中さん。そんなとこで呼び出しがあります。
この呼び出しはアナログな感じの仕掛けになってます。

女中さんがゴドフリー執事に色々とレクチャーしてます。
まずはトマトジュースをアンジェリカ夫人に届けるのがミッションです。奥様は妖精が見えるとか言われてる。

アンジェリカ夫人の部屋にて。
トマトジュースを届けるゴドフリー執事。
会話からあのパーティ会場はマクストン家だとわかる。
とりあえずアンジェリカ夫人とは上手くいきました。

コーネリアお嬢様は気が強いとアドパイスを受けてるゴドフリー執事。
それはともかく朝食をアイリーンの部屋まで運びます。お盆はベッド用です。短い脚が付いてるテーブルで横には新聞が入るようになってます。

アイリーンの部屋にて。
朝食を届けるゴドフリー執事。アイリーンには気に入られている。
会話で母親の付き人カルロの名前が出ています。
そんな感じで色々と説明を受けているゴドフリー執事。

次は玄関ホールで旦那のアレキサンダー・ブロック氏と会うゴドフリー執事。
旦那は何故か警戒してます。いきなりジャケットを脱いで対戦モードになってる。
そんなとこを女中さんが召喚状配達者が来ましたと旦那に知らせる。

召喚状配達者から書類を受け取る旦那。
コーネリアが街でビルのガラスを割ったかと。
姉だけではなく妹のアイリーンも色々とやらかしてるようです。
そんな感じで旦那は大変なようです。

執事仕事のゴドフリー執事。いよいよコーネリアが来ます。それでどうなる。
ゴミ捨て場の一件は気にしていないのよと言ってるコーネリア。
で、靴の汚れを拭きとってと命じたりする。それからいじめてあげると言ってる。
ゴミ捨て場の一件は全然忘れていないようです。

アイリーンが来てゴドフリー執事がいなくなると姉妹で口論になってます。
お互いに色々と弱みがあるようです。
母親の付き人カルロは一応芸術家となってます。ピアノを弾き歌える。

旦那と母親が来ます。
家族全員がそろったとこで旦那は税金が60パーセントの話しをする。
この家には規律が必要だと力説する旦那。誰も聞いていない。
アイリーンですが馬に乗って帰宅して馬はどこかの部屋に入れたようです。これは旦那自らが確認してた。
アイリーンは全く覚えていない。こまったものです。

そんなとこにゴドフリー執事が前菜を持って来ます。
コーネリアがゴドフリー執事に嫌味を言う。身元が怪しい云々・・・

アイリーンは泣き落としをして旦那を困惑させる。
話題そらしに母親がカルロにゴリラの真似をしろと言ってます。マジでゴリラの真似をしてるカルロ。結構似ています。

ゴドフリー執事がお酒を持って来ますが旦那が必要ないと持っていく。
アイリーンはゴドフリー執事がいるのでいくらか機嫌を直してる。やっぱり泣き真似だったようです。
ここでいきなりアイリーンがゴドフリー執事にキスをする。

台所にて。
戻ったゴドフリー執事は女中さんからこの家族は変なのよと説明される。
それから口紅が付いてるわよと指摘される。

自室に入って口紅を拭き取ってるゴドフリー執事。
そんなとこにアイリーンが押しかけてきます。困惑のゴドフリー執事。
それでも色々と話し込んでます。
結局執事の部屋に来ないでくださいと追い出されるアイリーン。
溶暗になります。

ピアノを弾くカルロ。
この俳優は『そして誰もいなくなった』(1945年)にも出ていました。役柄はこの作品と同じです。
カルロは金持ち相手のホストみたいな感じ。太鼓持ちとも言える。

ゴドフリー執事がアイリーンに届いた花をどうしますかと聞く。
アイリーンは心の折れた私には云々とマジで落ち込んでます。
それからコーネリアがアイリーンに皮肉を言ったりする。色々とにぎやかだ。

パーティーにて。お茶会と言ってた。
まだ御機嫌斜めのアイリーンは客の男に挨拶されても返事がおかしい。

お客のトミー・グレイがゴドフリー執事に注目する。どうやら知り合いらしい。
本名はゴドフリー・パークス、ハーバードの学友とか。そうなの?

グレイの付き人だったと説明するゴドフリー執事。
それからグレイも色々と説明してます。で、2人は隠語と言うか外国語で内緒話しもしてます。

ゴドフリー執事にはネイティブ系の妻と5人の子供がいるとわかります。
これには大ショックのアイリーン。それでどうなる。
母親の夫人がゴドフリーが産んだわけではないわとフォローする。これがフォローになってるのかは不明。

錯乱したアイリーンは結婚すると口走る。相手は誰でもいいみたい。
そんなわけで最初の客の男チャーリーが結婚相手になってます。
チャーリーは何がなんだかわからん状態。婚約と聞いてビックリ。
母親の夫人はあの子また?と冷静です。

コーネリアが来てまたアイリーンに皮肉を言う。
ゴドフリー執事がおめでとうと言うとアイリーンはまた錯乱してる。
溶暗になります。それでどうなる。

旦那に食事を運ぶゴドフリー執事。
ゴドフリー執事は株の知識があるらしい。
それから色々と話し込んでます。何で執事をやめない?とか。
更に君は何者なんだ?とまで言ってる旦那。

カフェにて。
ゴドフリー執事とトミー・グレイ。
ボストンの名家パークス家出身の君が何故執事をしてる?と聞かれてます。
振られてイーストリバーに飛び込もうとしたらゴミ捨て場の連中とあって気が変わったゴドフリー。

そんなとこをコーネリアとボーイフレンドが近くで伺ってます。
ボーイフレンドを使ってグレイを電話で呼び出すようにしてます。

グレイから医者に診てもらえと言われてるゴドフリー。
ここでグレイ氏は電話ですと呼び出されてます。

ゴドフリー執事だけになったとこでコーネリアが接近してきます。
グレイとの関係は適当に誤魔化してるゴドフリー執事。
何でも言っていいと言われてまじでコーネリアをこき下ろすゴドフリー執事。
その子供じみた言動・・・

ブロック家の屋敷にて。
台所の女中さんがいます。そんなとこにアイリーンが花を持って来ます。
彼はまだ?と聞いたりする。
私は部屋に入れないのでと女中さんに花を頼んだりしてます。
休日で不在のゴドフリー執事のことを色々と妄想してるアイリーン。
女中さんがもらい泣きして抱き合ったりしてます。
そんなとこに何だか酔っ払ってるゴドフリー執事が帰って来ます。

母親の夫人とカルロ。
何やら朗読してるカルロ。多少教養はあるらしい。
泣いてるアイリーンが来て騒がしくなってます。
母親の夫人は玉ねぎでも切っていたのかと突っ込む。

ゴドフリー執事の自室にて。
いつもの執事服に着替え仕事中のゴドフリー執事。
そんなとこにコーネリアが来て伺ってます。

コーネリアは私のドレスが洗濯されていないとクレームを付けてゴドフリー執事に取りにいかせる。
その隙にゴドフリー執事の自室に入り込んで真珠のネックレスをベッドに中に入れてます。これで泥棒騒動を起こす段取りのようです。

食事にて。
事件が起きたとコーネリアが騒ぐ。真珠のネックレスがなくなった。
もう警察は呼んだとコーネリア。

時間が経過して警察2人が来てます。
まずは事情聴取です。これは内部の者の犯行ですと結構鋭い警察。
カルロや女中さんも疑われています。
女中さんは冷静な対応だ。ここで名前がモリーとようやくわかる。
モリーは長年にいるとのこと。よく持つなと感心する。

いよいよゴドフリー執事の自室を調べます。
その前に関係者達の目の前でアイリーンが部屋の前でゴドフリー執事に犯人なら逃げてと叫ぶギャグが入ります。面白い。

ゴドフリー執事は寝ています。起こされる。
そこら中を家探ししていよいよベッドを調べてます。真珠のネックレスはなかった。
これはビックリのコーネリア。反対に警察から疑われてます。

いよいよ旦那が気がついて後始末にかかります。
警察に謝罪して後で小切手で寄付をすると言って引き取ってもらいます。
それからコーネリアを問い詰める。自分で探しとけと旦那。
アイリーンは姉がこまってるので喜んでます。
溶暗になります。

ゴミ捨て場にて。
ゴドフリーとグレイ。
知り合いのマイク、ボブと挨拶するゴドフリー。
アーサーの名前で出ています。ここの人ではないみたい。
何だか事情があってここにいる人もいるらしい。

落伍者に足りないのは仕事だけだと持論を述べるゴドフリー。
計画あるとゴドフリー。溶暗になります。

ニューヨーク・ゴシップの記事です。
ブロック家の姉妹がヨーロッパから帰国した。
アイリーンが婚約破棄をした静養のための旅行だった。
アイリーンが本当に愛する人は誰なのか?・・・

ブロック家の屋敷にて。
一家全員がそろってます。それでどうなる。
まで執事仕事をしてるゴドフリー。カルロは当然いる。

母親の夫人はカルロと出かける。
残ったのは姉妹2人。アイリーンとコーネリア。

台所にて。
皿洗いの仕事中のゴドフリー執事のところにアイリーンが来ます。
女中さんのモリーは風邪でお休みとのこと。
皿拭きをするアイリーン。
ヨーロッパ旅行中に店の給仕やタクシーの運転手があなたに見えたと褒めているのか差別してるのかわからんことを言ってるアイリーン。

ゴドフリーが自分の話しをします。
君のおかげで私は自分を取り戻すことが出来た。
これは恋ではないと否定する。君とは友達だ。
そろそろここを出て行く。たまには電話するよ・・・
それで夫人も5人の子供もいないと言ってます。これには喜んでるアイリーン。

コーネリアに呼ばれてるゴドフリー執事。
真珠のネックレスの謎について聞きたいコーネリア。
それはともかくヨーロッパ旅行でボストンの名家の人と会った話しになります。
パークス家のことです。
この話しの続きはタクシーに乗ってしましょうと出かけようとするコーネリア。

話を聞いたアイリーンはどうする。今度は泣き真似ではなく失神してます。
しょうがないので面倒をみるゴドフリー執事。
アイリーンを担いで階段を登ってます。スタントではないみたい。たいしたものだ。

アイリーンの自室にて。
ベッドにアイリーンを寝かせて鏡台で気付代わりがないか探すゴドフリー執事。
ここで鏡にアイリーンが起きてこっちを伺ってるとこを見る。

そんなわけでまたアイリーンを担いで浴室に入れてシャワーをかけてます。
さすがに気が付いてるアイリーン。
そんなとこに母親の夫人が来てまた大騒ぎになってます。
で、私は辞職しますと宣言するゴドフリー執事。

リビングにて。
ピアノを弾いて歌ってるカルロ。
そんなとこに旦那が来てやめてくれと言う。
母親の夫人が来てゴドフリー執事とアイリーンの話しをする。

ここで旦那が重大な話しをすると言い出す。
その前に旦那はカルロを張り倒して追い出してます。
で、家は破産したと話す旦那。これは大変。

ゴドフリーが来て旦那に助け舟を出す。
私が個人的に別の投資をしました。これが株券ですと旦那に渡す。

私はこの家族に助けられたと話すゴドフリー。
旦那、夫人、コーネリアのそれぞれに感謝の言葉を述べる。
株券はある装飾品を担保にした。例の真珠のネックレスのことです。
その株で儲けて株券は旦那にやり、真珠のネックレスも返します。

コーネリアはゴドフリーに謝罪する。
失礼しますといなくなるゴドフリー。肝心のアイリーンはどうした。

台所にて。
女中さんのモリーとお別れの挨拶になるゴドフリー。

リビングにて。
アイリーンが戻ったけどどうしたの?となってます。
母親の夫人からゴドフリーが辞めたことを聞きます。それでどうする。

かつてゴミ捨て場だった場所にて。
何だかダンスホールみたいな店になってます。ゲストで市長が来ています。

事務所にて。
ゴドフリーとグレイ。アーサーもいる。色々と打ち合わせをしてます。
グレイはゴドフリーにアイリーンと結婚しろと言う。

そんなとこにクルマでアイリーンが到着してます。
運転手に荷物を運ばせてます。

事務所にて。
ここに来たアイリーン。
グレイは気を利かして席を外す。事務所を出るときにアイリーンに結婚しろとアドバイスもする。

アイリーンとゴドフリー。
もう帰れないとアイリーン。
運転手のクラレンスに1週間分の薪と食料を運ばせた。

で、市長が来て結婚式を挙げたいカップルは?と聞く。
証人は誰に?となるがちょうどクラレンスがいたのでやってもらう。
そんなわけで結婚するアイリーンとゴドフリー。
エンドとなります。
Universal Picture


そんなわけで普通のロマンティック・コメディのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『ママのご帰還』 | トップページ | Hollywood Express #771◆2018.04.28(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/66664271

この記事へのトラックバック一覧です: 『アイリーンとゴドフリー』aka『襤褸と宝石』:

« 『ママのご帰還』 | トップページ | Hollywood Express #771◆2018.04.28(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。