映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #756◆2018.01.13(土) | トップページ | 『ジュラシック・シャーク』 »

2018.01.20

『シン・ジョーズ』

この作品は、A・B・ストーン監督、レイチェル・ブルック・スミス、ジェフ・フェイヒー、ボビー・カンポ主演のB級サメ映画のようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2016年 Curmudgeon Films/Syfy アメリカ作品
ランニング・タイム◆85分
原題◆Atomic Shark
プロット◆謎の原子力ジョーズに悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆不明

キャスト
レイチェル・ブルック・スミス→ライフガードのジーナ
ジェフ・フェイヒー→ボート暮らしのロトガー
ボビー・カンポ→ライフガードのカプラン

ジェシカ・ケメジュク→ライフガードのカイリ
アダム・アムブロソ→雇い主のライフガード リース

デヴィッド・ファウスティーノ→盗撮マニアのフレッチャー
マライア・ボナー→ユーチューバーのフェリス
イザイア・ラボード→ユーチューバーのトロイ

ジェイミー・ウォレス→水上スキーのサラ
リサ・ストーク→シュノーケリングをするビキニのお姉さん

マット・チアソン→レストランオーナーのウォレス
グリフ・フュースト→グルメ批評家のフォルテ

A・B・ストーン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級サメ映画になってます。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒みあり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧。音声は5.1cです。

プロローグ
海底にて。

Atomic Shark
1950年代B級SFのような字体です。

海底ではCGのサメが登場してます。どうやら沈んだ原潜から出てきたらしい。
何だか1950年代の核実験のプロパガンダフィルムが入る。
ナレーションが入ります。原子爆弾が落とされる可能性も・・・
原子爆弾のよる被害は、爆発、熱,放射能です。そんな感じ意味深なナレーションが入る。
そして私は世界の破壊者になった・・・

沖合の海にて。
ボートで引っ張って水上スキーをやってます。
そんなところに激安CGの赤い背びれが迫る。
水上スキーのお姉さんはサメがいるのよ止めてとボートに叫ぶが聞こえない。
そんなわけでお姉さんは海に転落する。オッサンのボートは行ってしまった。

ようやく気がついたオッサンのポートが引き返す。
お姉さんはジョーズにやられたようです。名前はサラ。

オッサンの名前はロテガー。
サラの死体を引き上げようとしたら上半身しかない。驚愕して思わず手を離す。
そんなとこにまたジョーズが接近する。

ビーチにて。サンディエゴのようです。
ライフガードの事務所です。
スマホでサンディエゴの起こった事件を見ているお兄さん。名前はカプラン。
少年がやってきます。ドローンや足のギプスの話題になる。

主人公ジーナが登場。ライフガードです。
砂浜で焼けて死んだ魚を発見する。
そんなところで溺れている人がいて救助活動になります。
ジーナが向かいます。
事務所のカプランはドローンで救命胴衣を運ばせる。
球場活動の方は足がつった女性です。ごく普通の活動です。

事務所にて。
ドローンは無事に事務所に帰還してます。
同僚のライフガードの女の子はSNSに夢中。

雇い主のライフガード リースにドローを勝手に使ったと説教されるカプラン。
カプランが外を見るとロテガーが警察に事情説明をしてます。
しかし警察は相手にしません。ロテガーを演じてるのはジェフ・フェイヒーでこの作品で1番有名な俳優です。

ジーナとカプランがロテガーに本当ですか?と聞く。
それからレストランのタダ券をもらってるジーナとカプラン。

別の黒いドローンが飛んでます。
リースが少年にサメ対策のショック棒を見せて説明してます。
黒いドローンは低空飛行しています。リースが追いかけてる。カプランがやってると勘違いしてるらしい。

カプランのドローンはサメのようなのが泳いでいるのを確認する。
そんなわけでサメ警報となってビーチを大騒ぎになってます。
と思ったらイルカとわかりサメ警報は解除される。
砂浜の死んだ魚が意味深に映される。
ジョーズの方は移動中です。

ヨットハーバーにて。
足につけたホースから水を噴射して水面から浮き上がる遊びをしてるオッサンが登場。
どうやら水上バイクから水流をとってるようです。
いきなりジョーズが接近してます。ホースの輪をくぐって火の輪になってオッサンを食ってます。
ここをあのドローンが撮影していたりしてますす。

ビーチにて。
時々1950年代の核実験プロパガンダの音声が入る。
ユーチューバーのトロイとフェリスが事務所に来ます。
2人は陰謀論で閲覧数を稼いでるユーチューバーです。

ジーナを取材してます。カプランが死んだ魚のことを言えとけしかける。
そんな感じで焼け焦げた魚の話しからジョーズの話しをしてるジーナ。
殺すのは不可能ですと言ってる。

ビーチにて。
シュノーケリングをするビキニのお姉さんが登場。
そんなところにジョーズが迫る。アッサリとやられてます。
このジョーズは後に煙を残してます。

ボートでパラセーリングです。
ロテガーのボートが近くにいたりします。

ジーナの同僚の女の子の名前はカイリです。アジア系でSNSが大好き。
ライフガードの仕事の方で溺れている人を見つける。

パラセーリングの人が溺れている人を見つけてロテガーのボートが助けに行く。
ロテガーのボートに引き上げられた溺れた人は少年で実は溺れていない。

駆けつけたカイリとリース。
そんなわけで少年を人工呼吸するカイリ。これが目的でした。
そんな感じで途中で小ネタが入ってます。
何てことがないジーナがロテガーのボートを押すシーンもいい。

その頃ジョーズはまた移動中。
パラセーリングの2人がジョーズを見つけてボートに知らせる。
すかさずジョーズはボートを襲ってます。乗員を食ってボートは炎上する。

ロテガーのボートが接近してます。ライフガードも向かう。
ボートは全滅、パラセーリングのロープに火が燃え移る。それでロープが焼き切れるのかと思ったらそうではなく火はロープを伝いパラセーリングのパラシュートに引火して乗員2名が炎上してます。これはビックリ。
ギプスのカプランは無理して海に入り炎上したパラセーリングが落ちて危ないとこでした。

ヨットハーバーにて。
ロテガーを訪ねるジーナ。
調査に協力してくれと頼むジーナ。無愛想なロテガーはアッサリと断る。

ビーチにて。
クルマのカプラン。そこにリースが乗ってくる。
30分が出かけて留守にした間に死亡5名、怪我人1名だと説教するリース。
当局はこの騒ぎは単なる事故にしたと話すリース。
結局リースはドローンを壊されてライフガードを首にされて散々です。

首になったと嘆いて歩き回るカプラン。ユーチューバー2人に合流する。
死んだ魚の話しになります。
その向こうには白い防護服3人ほどがいたりします。

レストランにて。
まずはレストランのCMが入ります。
オーナーのウォレス。グルメ批評家のフォルテ、それにマネージャーの女性。
タダ券で来たジーナとカプラン、それにトロイとフェリスがいます。
ガイガーカウンターに反応してる話しになる。当局は死んだ魚を全部処理してユーチューバーのビデオも没収されたとか。

そんなとこにグルメ批評家のマネージャーがカメラが入るのでお静かにと言ってくる。
それでも客の映像がいるので普通に動くのはいい。しかし喋ってはダメとか無理を言って来ます。

ジーナが死んだ魚の標本を持って来ます。隠していたらしい。
ガイガーカウンターの反応はある。しかし何だか他の魚からも反応があるみたい。
要するにこのレストランの料理からも反応があるわけです。

そんなわけでグルメ批評家のフォルテは具合が悪くなってきます。
そんなこんなでレストランは大騒ぎになってます。魚が燃えたりグルメ批評家が爆発したりと賑やかです。
ここから脱出する4人。レストランは大爆発してます。
ユーチューバーはネタが出来たと大喜び。

ビーチにて。
ジーナがリースに危険だから避難させた方がと意見する。
リースは危険ではないと聞く耳を持たない。で、リースがジーナの親のことを言ったらジーナがブチ切れてリースに絞め技をかける。
そんなわけでジーナもクビになったようです。

クルマにて。
ジーナとカプラン。
ドローンが故障中で稼働出来ない。そんなとこで黒いドローンが飛んでます。
あれを使おうと移動となります。持ち主は盗撮マニアで居どころはわかってるらしい。

盗撮マニアの自宅にて。
盗撮マニアは普通のオッサンです。名前はフレッチャー。
ここに突撃するジーナとカプラン。
色々な映像を自慢するフレッチャー。盗撮映像から色々。
カプランですが最初は警察と騙っていたが映像からライフガードとバレてます。

そんなこんなでヨットハーバーでやられた映像を見せるフレッチャー。
サメらしいのが見えてますがまだハッキリとはしない。
肝心のドローン調達は何とかなったようです。いくらかかったのかは不明。

ビーチにて。
海に誰も入っていない。
そんなわけでリースはカイリーに海に入ってみせろと強要する。
決めセリフは『代わりはいくらでもいる』です。シャレになってない。

しょうがないので海に突入するカイリー。
何故かボディボードのお兄さん2人も続く。無関係な人だと思う。
ボディボード2人にジョーズが接近して速攻で片付けてます。
カイリーはその前に戻っていました。危ないことに気がついてない。

時間が経過してまたサーフボードの男が海に入る。

フレッチャーの自宅にて。
ジーナとカプラン、ユーチューバーのトロイとフェリスが来ます。
1980年代にサンディエゴ沖ににソ連の原潜が沈没した話しをするフレッチャー。
ガイガーカウンターを搭載したドローンを飛ばします。

ビーチにて。
リースがドローンを見つけて頭に来てます。そうなるとどうなる。突撃する。
ドローンですがガイガーカウンターは反応してます。
ビーチのカイリーは砂に埋まったあの少年に声をかけられる。

ドローンはサーフボードの男に接近してます。
ジョーズも接近してサーフボードの男を片付けてます。
ビーチではサメが出たと大騒ぎになってます。

フレッチャーの自宅にて。
リースが押しかけてもめてます。サメがいるんだと説明しても聞いてない。
ジーナとカプランはどこかに行った。リースもいなくなる。

ここまでは黒味なしのワイドスクリーンでした。
それが何故か画面が上下に黒味ありのワイドスクリーンになってます。
どうやらリースがジョーズと対決するのでそうなったらしい。
水上バイクにショック棒を持ったリースがジョーズに突っ込む。
ショック棒を使ったがアッサリとやられて退場するリース。

次はスマホサイズの画面になってます。絵文字も出てる。
これはオッサンがカイリーを撮ってるかららしい。
カイリーはオッサンに危険なので早く海から出てと言ってるが通じない。

そんなとこにジョーズが迫る。
まずはオッサンを片付けてます。カイリーもやられる。

ユーチューバーはドローンからこれを撮ってネタが出来たと大喜び。
しかしドローンが海に落ちてしまう。

ジョーズは砂浜まで突撃してます。陸でも大丈夫なのか?
砂に埋まった少年を片付けてます。
ジーナがサメが臨界質量に達すると爆発すると説明する。とにかくそうなってる。
そんなこんなで砂浜は大騒ぎになってます。ジョーズは海にズラかってます。

誰もいないビーチ。犬がいるくらいです。
ヘリコプターが飛んで、警察等が来ています。

ジーナとカプラン、ユーチューバーのトロイとフェリスが相談中。
ユーチューバーは映像が撮れなかったとそればっかり。

あのジョーズは原子炉と同じだと説明するジーナ。水で冷やしてる状態。
ジョーズを沖におびき出して爆弾を積んだボートを爆発させ片付けるとなる。

ヨットハーバーにて。
ロテガーを訪ねるジーナ。
海岸近くで爆発させると悪影響があるので沖までおびき出す。
会話から実はロテガーがジーナの父親だとわかります。そうなの?。
それとは別にロテガーもやる気になってます。

時間が経過して人員が集まってます。
ジーナとカプラン。ロテガー、ユーチューバーのトロイとフェリス、それに盗撮マニアのフレッチャー。総勢6名。
船はロテガーの持ち船のボートとトロイの高速ボート。
適当に打ち合わせとなります。それから出動となる。

高速ボートにて。
カプラン、トロイ、フレッチャーの3人。
トロイは生中継すると張り切ってます。閲覧数が激増するはず。
フレッチャーが猫の動画の方が人気だと突っ込む。
それで猫動画は強敵なんだと本音が出てるトロイ。

ロテガーのボートにて。
ジーナ、ロテガー、フェリスの3人。
ジーナのガイガーカウンターが反応してます。
まだ目的地ではないがジョーズが出現してます。これは大変。

高速ボートは加速して逃げる。
酸素タンクを出せとトロイ。これをジョーズの口に投げ入れて撃つと言ってます。
それは映画の見過ぎのような気がする。当然『ジョーズ』(1975年)かと突っ込みが入る。

マジで酸素タンクを投げてます。
このジョーズは高温なのでそのままでも酸素タンクは爆発してます。
至近距離で爆発があってフレッチャーがやられて退場となります。
ジョーズにはあまりダメージはない。

島が見えてきます。目的地まであと6キロとか。
トロイは視聴者数が400万を超えたと喜んでます。フェリスに無線で知らせてる。

ジーナとフェリスが何だか揉めてます。そんなとこにサメの大群が迫って来ます。撒き餌をしていたせいです。

サメの大群をやり過ごすロテガーのボート。
かなり大型のボートなので何とか無事でした。

サメの大群をやり過ごすトロイの高速ボート。
こっちは小型なので大変。トロイがジャンプしたサメに押されて海に転落します。
何とかトロイを救出しようとすカプラン。もう少しで引っ張り上げられるとことでジョーズにやられてトロイと退場となります。

トロイが死んでフェリスは泣いて錯乱してます。
どうやらロテガーのボートに爆弾を仕掛けてトロイの高速ボートで脱出する段取りだったようです。

ジーナは残ると言ってるフェリスを説得しようとする。
と思ったら逆恨みしたフェリスはジーナもろともダイナマイトに火をつけて巻き添えにしようとする。
ここはライターで点火しようとするフェリスとライターの火を吹き消すジーナの攻防になってます。

一段落したとこで改心したのかフェリスはジーナに助けを求める。
いきなり船艇を破ってジョーズが突っ込んでフェリスを片付ける。
そんなわけで高速ボートに移るジーナ。

今度はロテガーがやられてます。
号泣するジーナはちょうど水面を浮いて流れてきたダイナマイトをゲットしてる。
ロテガーのボートが大爆発してます。ジョーズはいないので無駄な爆発です。

高速ボートにて。
もうジーナとカプランしか残ってません。ジョーズはまだいる。
ドローンと飛ばしてと要求するジーナ。
ジーナはダイナマイトを抱えて船外機を推進力にして水中に潜りジョーズの口にダイナマイトを突っ込む段取り。
カプランは合図の酸素タンクが水面で出て来たタイミングでダイナマイトに繋いだケーブルをバッテリーに接続するとなります。これは『ディープ・ブルー』(1999年)からのネタです。
ドローンは時間稼ぎに使うのか?そんな感じ。
で、出動前にキスになるのかと思ったら、終わってからねとなる。

出動するジーナ。待機するカプラン。
カプランは君が死んだらこれからどうなる?と心配してる。

段取り通りにやってるジーナ。
あまり潜るとダイナマイトのワイヤーの長さが足りなくなるのでは?と思える。
外した酸素タンクを海面に飛び出てきます。
しかしケーブルの長さが足りなくなってケーブルは海中に消えた。カプランにはどうしようもない。

結局船外機のスクリューをジョーズの口に突っ込んで脱出するジーナ。
ジーナは機転が利くタイプでした。

海面に出たジーナは高速ボートに向かい必死こいて泳ぐ。
失敗しとかと口論をやってる場合ではない。

カプランはドローンを飛ばします。これはフレッチャーの特別に制作したドローンなので操縦はやったことがないカプラン。
これで撒き餌を巻いてジーナが避難する時間を作る。

肝心のドローンが撒き餌を撒くシーンはありません。
ここは撮れなかったみたいで編集で何とかしてます。

それはいいけどまだジーナは高速ボートに着いてない。
で、ジーナは高速ボートではなく島の方に向かって泳いでます。
カプランは撒き餌を頭からかぶって海に飛び込み囮になろうとしてる。

ようやく島にたどり着いたジーナ。ジョーズが突撃してきます。
陸に乗り上げたジョーズがオーバーヒートでスタックしてる隙に逃げるジーナ。

ジーナは陸ジョーズをやり過ごしてまた海に入り高速ボートに向かって泳ぐ。
島の林はジョーズがオーバーヒートした熱で燃えてます。

高速ボートにて。
ジーナが戻ってきました。カプランと合流する。
まだ酸素タンクが2本ぐらい残ってました。
これを高速ボートの後部に取り付けるカプラン。
2人一緒に酸素タンクをバルブを壊して開けその勢いで移動となります。
船外機は使えなくなってたようです。

それから島のジョーズが大爆発してキノコ雲が出ています。
キノコ雲が妙な形になるが何だかわからん。

高速ボートにて。
ジーナとカプラン。爆風が来るので伏せてます。
ようやく助かった2人ですが放射能でかなりやられている感じ。
海面にはジーナの昔の写真が浮いてたりします。
キスをするジーナとカプラン。
今度は水面を煙が覆ってきます。これもかなり危険だと思える。
しかしうやむやになってます。

水中にて。
プロローグと同じシーンの使い回しです。
沈没した原潜からまた同じ激安CGのジョーズが出て来ます。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Cast
Rachele Brooke Smith Gina
Jeff Fahey Rottger
David Faustino Fletcher
Bobby Campo Kaplan
Mariah Bonner Felice
Isaiah LaBorde Troy
Adam Ambruso Reese
Jessica Kemejuk Kylie
Jake Chiasson Bucky
Matt Chiasson Henry Wallace
Major Dodge Officer Mike

Nikki SooHoo Erica
Jaime Wallace Sarah
Gill Cureau Boogie Boarder 1
Mike Michael Boogie Boarder 2 (as Mike Mendez)
Angela Meredith Furst Parasailing Girl
Lee C. Rogers Parasailer #1
Varith Yimlamai Parasailer #2
Matthew Martinez Paddleboarder
Victor Fontane Beach Creeper
Britlin Lee Shark Screamer Girl
Lisa Storc Snorkel Girl
Juan M Gonzalez Skip's Bodyguard
その他 Beach goers

スタッフの紹介
Curmudgeon Films


そんなわけで普通のサメ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #756◆2018.01.13(土) | トップページ | 『ジュラシック・シャーク』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『シン・ジョーズ』:

« Hollywood Express #756◆2018.01.13(土) | トップページ | 『ジュラシック・シャーク』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。