映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『シン・ジョーズ』(2016年) | トップページ | Hollywood Express #757◆2018.01.20(土) »

2018.01.21

『ジュラシック・シャーク』(2012年)

この作品は、ブレット・ケリー監督、エマニュエル・カリエール、アンジェラ・パレント主演のB級サメ映画のようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2012年 Brett Kelly entertainment/TomCat Films アメリカ作品
ランニング・タイム◆79分
原題◆Jurassic Shark
プロット◆謎のジョーズに悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆クリストファー・ニッケル

キャスト
エマニュエル・カリエール→リーダー格のジル
セリーヌ・フィリョン→姉のクリスティン
クリスティーン・エメス→妹のティア
カイル・マテラック→荷物持ちのマイク

アンジェラ・パレント→女ボスのバーブ
フィル・デュカースキー →手下のダグ 子分筆頭
ケビン・プリース→手下のジェリー 兄
ダンカン・ミロイ→手下のリッチ 弟
ジョシュア・ギルバート・クロスビー→手下のジャック 最初にやられる。

ユルゲン・ボラス→リンカーン・グラント博士
ジョーディ・ホーク →親会社のチェアマン
シェリー・サリグ→メガネの女博士

サラ・モシャー→赤いビキニのティファニー
カーラ・グレイ→パープルのビキニのブリッタニー

ダレン・スティーブンス→パパのオッサン
イアン・クイック→ツッコミ担当のオッサン
キンバリー・ウルフ→娘のリサ

ブレット・ケリー監督の演出はまあまあと思います。
全体的に低予算でユルユルでグダグダに出来てます。もう少しCGにカネをかけろと思えた。
俳優さんたちは下手でもなくまじめにやっていました。この作品のいいところです。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声は AAC 2.0ch

番組一覧。
音声は5.1chではありません。

TomCat Films (2011) (World-wide) (all media)
Brett Kelly entertainment

巨大な歯を意味するメガロドンは
280万年前に生息したサメの絶滅種である。
史上最も巨大かつ強力な捕食動物である。

化石による推定体長は16メートルに達し
海洋生態に深刻な影響を及ぼしたものと思われる。

TomCat Films LLC presents
A Film by Brett Kelly

プロローグ
湖畔にて。女の子2人が登場。脱いでビキニ姿になる。
赤いビキニとパープルのビキニ。

研究所にて。
リンカーン・グラント博士と親会社のチェアマン。
石油貯留槽の上に巨大な氷床があった・・・
氷が溶けたら水は湖に流れ込む。
そんな感じで石油掘削がお目当で相当無茶をしてるようです。
グラント博士ですがこれでボーナスが出るといった感じ。

湖畔にて。
赤いビキニとパープルのビキニの女の子2人。
石油掘削会社がこの島を所有していた話になってます。ここから撤退した。
バープルビキニの女の子が湖にはサメがいるのでは?と言ったりする。
で、赤いビキニの女の子に笑われる。

研究所にて。
グラント博士と女博士。
女博士は危険ですと警告するがグラント博士は聞いてない。
君は心配しすぎだよとグラント博士。そんなとこに地震です。
女博士はやっぱり深く掘り過ぎたのよと主張する。

湖畔にて。
赤いビキニとパープルのビキニの女の子2人。
何だか地震から爆発があったみたい。赤いビキニの女のは気にしない。
そんなわけで湖に入る赤いビキニの女の子。
そんなとこに水中から主観ショットが迫る。
そのうちにパープルビキニの女の子も湖に入る。

いきなり赤いビキニの女の子が水中に消える。名前はティファニー。
次はバープルビキニの女の子も水中に消えた。あとでわかるけど名前はブリッタニー。

Jurassic Shark

Emanuelle Carriere Jill
Christine Emes Tia
Celine Filion Kristen
Angela Parent Barb
Duncan Milloy Rich
Phil Dukarsky Doug
Kevin Preece Jerry
Jurgen Vollrath Dr. Lincoln Grant
Kyle Martellacci Mike
Kala Gray Brittany
Sarah Mosher Tiffany
Ian Quick Fisherman 2
Darren Stevens Fisherman 1
スタッフの紹介
タイトルバンクは湖面です。

湖畔にて。クルマが来ました。
女のボスがやたら指図してます。手下は4人の男。
あの女はイカれてるぜと愚痴が出てる手下達。

女ボスのバーブ
手下のダグ 子分筆頭
手下のジェリー 兄
手下のリッチ 弟
手下のジャック 最初にやられる。

どうやら高価な絵画を盗んで逃げて来たらしい。
それでこのへんで絵画を換金する取引をやるみたい。

手漕ぎボートで湖面を移動中。
数マイル先に島がある。そこに隠れる。
そんなとこに水中の主観ショットが迫る。まだ姿は見えません。

ボートに何かぶつかってます。それはジョーズだ。
あっという間ににボートが転覆して全員が落ちる。絵画は沈んだ。
そんな感じで手下が1人やられます。

湖畔にて。またクルマが来ました。
女の子3人と男1人。
大手石油会社の不法掘削云々。これを取材しに来たようです。

企画したジル
荷物持ちのマイク
姉のクリスティン
妹のティア

ジルはジャーナリスト志望でやる気満々。
マイクは荷物持ち。
姉妹は全くやる気がありません。

湖畔にて。
バーブ一味が逃げてきてます。あれは何なんだ?と話しこむ。
サメなのでは?となるが、いるわけないだろとなる。
会話からやられたのジャックとわかります。
そんなわけで沈んだ絵画を回収出来ない。

バーブは沈んだ絵画を回収したらジャックの取り分の半分をやると言う。
ジェリーがこれに乗ります。弟のリッチは反対する。

マジで湖に入るジェリー。
ジェリーは水中のジョーズを見る。これは大変。必死こいて逃げ戻る。
もう少しで岸に上がるとこでいきなりジョーズにやられます。
ここは激安CGでした。こまったものです。もう少しクオリティを上げてほしかった。

ジル一行は手漕ぎボートで湖面を移動中です。
こっちにもジョーズが接近してます。ボートが揺れる。
必死こいてオールを漕いでるマイク。
ボートは転覆して全員落ちます。1人がやられたようです。

次のシーンは湖畔にて。
ジルが倒れてます。どうやら無事に逃げたようです。
気がついたジルは名前を呼ぶ。クリスティン、マイク、ティア・・・

クリティンとティアがやって来ます。無事だったようです。
しかしマイクだけが姿を見せない。そのへんを探すがいない。
近くではバーブ一味が伺ってます。
ジルがカメラの入ったトランクがあったので持ち上げると下には食いちぎられた足があったりします。どうやらマイクの足みたい。

そんなとこでジル一行はバーブ一味を発見して助けを求める。
それはお気の毒にと猫をかぶってコンタクトするバーブ。
逆にあなたはどうして来たの?と聞かれるバーブですがうやむやにする。
何となく合流してるジル一行。大丈夫なわけがない。

林にて。
パーブ一味とジル一行。計6人で話し込む。
製油所の調査に来たとジル。ここの反対側に研究施設がある。無線機があればいいが。
リッチはメガロドンの話しをする。何故か博識。
バーブはリッチはお兄さんが殺されて動揺しているのよとごまかす。
で、旅行者と称するバーブ。
バーブは今晩はキャンプして明日反対側の研究施設に移動しましょうと真っ当な提案をしてます。

溶暗から日が沈むモンタージュが入ります。
それからあっという間に次の日の朝になってます。

岸沿いに歩けば5時間で着くが、岸はやめて森を突っ切って移動となります。
誰も住んでいないのに何やら音がするようです。

森の中を徒歩で移動中です。
ジョーズの方はどこかに行った展開になってます。

バーブは子分筆頭のダグと内緒で打ち合わせをしてます。実は無線を持ってるらしい。
バーブは絵画を回収して引き渡しまでやるつもり。

ジルとクリティン。
マイクはあんたに気があったと言ってるクリスティン。

何だかいつまでも徒歩で移動中です。
ようやく研究所というか倉庫みたいなとこにたどり着きます。

シーンが飛びます。
湖畔に倒れてるグラント博士を発見するジルとパーブの一行。
血だらけなので死んでるのかと思ったらそうでもないグラント博士。

グラント博士は湖に接近てするなと警告する。自分以外は全員やられた。
古代の肉食獣をこの世に放ったと嘆くグラント博士。

バーブ一味はハンドガンを出して脅迫する。
ボートを出せはグラント博士を脅迫するがボートはジョーズにやられたらしい。
そうなるとバーブはグラント博士に絵画を取ってこいと脅迫する。拒否して撃てるなら撃てと開き直るグラント博士。
そうなるとバーブをジル一行を殺すと脅迫する。

そんなわけでグラント博士は湖に入るが速攻でジョーズにやられます。
それにしても激安CGです。やられるタイミングも悪いし。

グラント博士がやられて呆然としてるバーブ一味。
この隙にジル一行が逃げていたりします。激怒して追うバーブ一味。

リッチですが何故か生贄が必要だとなってハンドガンを撃つ。
と思ったら棒で反撃されてノックアウトされる。
ダグが来てリッチと合流し探しに行く。

ジル一行は移動中。
リッチが来てクリスティンとティアを湖に放り込んでます。
何故かここを念入りにスローモーションで撮ってます。
ジョーズが来たのでリッチは逃げてます。
この騒ぎでクリスティンがやられて退場となります。激安CGの同じジョーズのシーンの使い回しです。

ジルとティアはバーブ一味に捕まる。
今晩はキャンプして明日にまた絵画回収となります。

リッチと寝ているジルとティアがカットバックされます。
何か意味があると思ったが何もなかった。バーブが来て見張りをリッチと交代する。

バーブとジルが話し込む。
何を盗んだのか?→ジョン・S・コプリの絵画。ボストン出身。200年ほど前に死んだ。
そのコプリの絵画のタイトルが『ワトソンとサメ』初めてサメの襲撃を描いた絵だそうです。

ジルは絵画を取り戻す方法があると言い出す。
サメか近づかない方法がある。ダイナマイトで一時的に追っぱらう。
掘削施設なのでダイナマイトはあるでしょう。
夜明けまで3時間となります。

シーンは変わって夜明けです。
バーブですがダイナマイトをもう探して手に入れてます。仕事が早い。
寝てるとこを起こされるジルとティア。逃がしてもらう取引はご破算です。

ジョーズですが湖面に激安CGの背びれと尾びれを見せています。
リッチは導火線に点火してダイナマイトを投げる。
この隙にジルとティアを絵画を回収しに行かされる。

ジルとティアを上をビキニのみになります。下はデニムのショートパンツ。
ここをスローモーションで念入りに撮ってます。デジタルビデオカメラはスローモーションがお手軽に取れるのか?

いよいよ水中に潜ってるジルとティア。
何だか絵画を見つけたようですが埋れて簡単に回収は出来ないみたい。
リッチにダイナマイトを投げてと要求してるジル。
そんな感じで早くとってこいとかダイナマイト投げてとかもめてます。

ジルとティアですがサメに食われるか撃たれるか、たとえ絵画を回収しても撃たれるとか、どうにも上手くない状況です。

ジルとティアはリッチを何とかしようとなります。
湖底の石を拾ってる。それでどうする。

石をリッチに投げる。そうなるとダイナマイトが爆発してリッチを退場となる。
ハンドガンを拾ってバーブに向けるがお互いにハンドガンを突きつけて小康状態になる。

そんなこんなでダグがジルとティアが持ってるハンドガンを回収しに湖に入る。
そうなると速攻でジョーズにやられるダグ。

またバーブに絵画を取りに行かされるジルとティア。
そんなこんなでもめてるとこでジョーズが大ジャンプしてジルとティアの上を飛ぶ。
そのままバーブを片付けて湖に戻るジョーズ。バーブのブーツと中の足だけが残る。

残りはジルとティアのみ。
ここで助けを待つよりあのジョーズを片付けようとなります。
どうせ陸にいても狙われる・・・

どうやる?となります。
待っていてもジョーズは来ない。
腕に傷を負ってるジルがデコイ役を買ってでる。湖に入ります。
ティアはダイナマイトに点火して投げる役です。

いよいよジョーズが来ました。
ジルの方に迫って来ます。しかしティアは導火線にライターで点火に手間取る。
チャンスとなってダイナマイトを投げるティア。ジルは水中へ避難する。
そんな感じでダイナマイトは見事にジョーズの口に入って大爆発となります。
ジョーズを片付いてジルも無事に帰還する

ジルとティアをこれからどうする?となります。
助けを待つとなるが、何となく徒歩で移動してます。

シーンは変わって岩場にて。
エピローグというわけでもなく単にランニングタイムを増やすために入れた感じ。
そんなわけで本編とは全く関係ありません。
オッサン2人がビールを飲んでます。他に女の子が1人。名前はリサ。
片方のオッサンがあんたら親子は似ていないと突っ込んで来ます。
本当にあんたの娘なのかとツッコミが激しくなってます。
そんなとこに唐突にジョーズがジャンプしてオッサン2人を片付ける。
エンドとなります。FINと出てます。

後タイトル

Sherry Thurig Scientist メガネの女博士
Kimberly Wolfe Beer Girl リサ
Kala Gray Brittany パープルビキニ
Sarah Mosher Tiffany 赤いビキニ
Darren Stevens Fisherman 1 岩場のオッサン 父親
Ian Quick Fisherman 2 岩場のツッコミ担当のオッサン
Joshua Gilbert Crosby Jack 最初にやられたジャック
Kevin Preece Jerry 兄のジェリー
Kyle Martellacci Mike 荷物持ちのマイク
Jurgen Vollrath Dr. Lincoln Grant グラント博士
Phil Dukarsky Doug 子分のダグ
Duncan Milloy Rich 弟のリッチ
Angela Parent Barb バーブ
Celine Filion Kristen 姉のクリスティン
Christine Emes Tia 妹のティア
Emanuelle Carriere Jill ジル

スクロールする後タイトル。
これがゆっくりとスクロールしてます。ランニングタイム稼ぎといった感じ。


そんなわけでこれまで見たサメ映画では最安な作品でした。珍しい作品を見てしまった。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『シン・ジョーズ』(2016年) | トップページ | Hollywood Express #757◆2018.01.20(土) »

映画」カテゴリの記事

2010年代」カテゴリの記事

サメ映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ジュラシック・シャーク』(2012年):

« 『シン・ジョーズ』(2016年) | トップページ | Hollywood Express #757◆2018.01.20(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。