映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『続・光る眼 宇宙空間の恐怖』 | トップページ | Hollywood Express #746◆2017.10.21(土) »

2017.10.22

『未知空間の恐怖/光る眼』

この作品は、ウルフ・リーラ監督、ジョージ・サンダース主演の謎の侵略SFドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1960年 Metro-Goldwyn-Mayer British Studios 英国作品
ランニング・タイム◆78分
原題◆Village of the Damned
プロット◆謎の現象と謎の子供達に悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ロン・グッドウィン

キャスト
ジョージ・サンダース→ゴードン・ゼラビー博士
バーバラ・シェリー→夫人のアンシア・ゼラビー
マーティン・スティーブンス→息子のデビッド・ゼラビー

ローレンス・ネイスミス→医者の先生ウィラース
マイケル・グウィン→アラン・バーナード少佐
ジョン・フィリップス→上司のレイトン将軍

リチャード・ワーナー→旦那のハリントン
ジェニー・レアード→アイロンを焦がしたハリントン夫人
ロザムンド・グリーンウッド→電話交換手のオーグルおばさん

パメラ・バック→処女なのに妊娠したミリー
シャーロット・ミッチェル→自殺未遂のジャネット・ポール
トーマス・ヒースコート→旦那のジェームズ・ポール、エドワードの兄
不明→事故死したエドワード・ポール

不明→女の子のナンシー
不明→ボールを投げたテッド

ピーター・ボーン→P.C. Gobby

ウルフ・リーラ監督の演出はよいと思います。
全体的に上手く出来てます。

ジョージ・サンダースが大熱演するのがハイライトと思い見ました。→そんな感じ。でもラストのミニチュアが貧弱で興を削がれた。まあいいけど。

プロローグで「オペレーター・・」のセリフあり。
この当時はまだレコードはSP盤のようです。LPの出始めで英国の片田舎だから?
このプロローグは強烈。これでラストまで持つのかと心配になってやはり多少は中だるみするようです。この構成では仕方ないか。
モノクロでヨーロッパ作品となると『ウルトラQ』(1965年)になる。画調がそんな感じ。

英国名物のパブのシーンがありました。これは付き物です。
この子役達の雰囲気は『エイトマン』(1963年)に影響を与えている。
ラストの眼だけが逃げるというのは正直よくわからず。映画批評家 双葉十三郎はよくわかったと思える。それともプレスシートからなの?『ウルトラセブン』(1967年)のアンノンの元ネタかと思ったけどそうではなさそう。
固定フレームでの特殊効果なのでそんなに凝ってはないみたい。

ヒロインのバーバラ・シェリーはきれいです。1960年代してる。ジョージ・サンダースの奥さん役でした。

ワーナー発売のDVDにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声はドルビーデジタル1.0ch

Warner Home Video
メニュー画面 2作品出ています。

Metro-Goldwyn-Mayer British Studios
タイトル
農場にて。
羊の群れです。

お屋敷にて。
主人公のジョージ・サンダース扮するゴードン・ゼラビー博士が登場。
ロンドンのバーナード少佐に電話してます。

アラン・バーナード少佐のオフィスにて。
ゴードン博士から電話です。

お屋敷にて。
電話中のゴードン博士はいきなり意識を失って倒れます。
イヌも同じです。

アラン・バーナード少佐のオフィスにて。
電話交換手にどうなってると調べさせる。
ゴードン博士の義理の弟がアラン・バーナード少佐らしい。歳からするとそうなる。

お屋敷にて。
落とした受話器から声が聞こえるがゴードン博士は昏倒したまま。

農場にて。
トラクターの運転手が昏倒したので勝手に動いて木にぶつかり止まる。

村にて。
全員が昏倒してます。
郵便局兼雑貨店にて。電話交換手のおばさんは昏倒。水が出しっぱなし。
他の家ではアイロンがかけっぱなし。
回りっぱなしの蓄音機のゼンマイが切れて止まりかける。

教会の鐘が鳴ってます。これは時計じかけなので動いてるわけです。11:00です。
George Sanders ... Gordon Zellaby
Barbara Shelley ... Anthea Zellaby
in
Village of the Damned

with
Michael Gwynn ... Alan Bernard
Laurence Naismith ... Doctor Willers
and
John Phillips ... General Leighton
Richard Vernon ... Sir Edgar Hargraves
Jenny Laird ... Mrs. Harrington
Richard Warner ... Harrington
Thomas Heathcote ... James Pawle
and
Martin Stephens ... David Zellaby

also with
Charlotte Mitchell ... Janet Pawle
Keith Pyott ... Dr. Carlisle
John Stuart ... Professor Smith
Bernard Archard ... Vicar
Sheila Robins ... Nurse
Peter Vaughan ... P.C. Gobby
Tom Bowman ... Pilot
Susan Richards ... Mrs. Plumpton
Rosamund Greenwood ... Miss Ogle
Sarah Long ... Evelyn Harrington
Pamela Buck ... Milly Hughes
Alexander Archdale ... The Coroner
スタッフの紹介
脚本の1人がスターリング・シリファント。
タイトルが終わるとちょうど時報も終わってます。洒落てる。

上司のオフィスにて。
アラン・バーナード少佐が上司に相談する。
ミドウィッチが1時間以上誰も電話に出ない・・・
近くに演習をあるのでついでに調査に行くことにしてるアラン・バーナード少佐。

クルマで移動中です。
アラン・バーナード少佐がミドウィッチに向かう。
知り合いの自転車のボビー警官が移動中。話しを聞くアラン・バーナード少佐。
電話がつながらないのとアラン・バーナード少佐。
警官はバスが来ないのでミドウィッチに調べに行くとこ。

アラン・バーナード少佐はクルマを発進させるがすぐに止める。
警官が追いつくとその先にバスが道路から落ちて止まってる。
自転車の警官はバスに接近したとこで昏倒する。
アラン・バーナード少佐はクルマをUターンさせて引き返す。

上司のオフィスにて。
電話で報告を受けてます。ジョンソンに連絡しろと命じる上司。
パニックを避けるために新聞に知らせるなと命じてる。

現場にて。
軍隊が到着してます。境界線を設置してます。軍事演習中の立て札を立てる。
鳥カゴのカナリアを棒の先につけて境界線から突き出す。カナリアも昏倒する。境界線から出すと復活してる。

またクルマが来てます。今度は村の医者の先生です。
軍隊の方はボランティアの兵隊がガスマスクにロープの命綱で境界線を超える。
あっという間に昏倒する兵隊。慌てて引きずり出してます。

引きずり出された兵隊は復活する。まだ気絶してるけど。
医者の先生は10:00頃にミドウィッチから出たと言ってます。
気がついた兵隊は寒いと言ってます。

軍隊の偵察機がミドウィッチに入ります。
全て止まってますと報告する偵察機。
アラン・バーナード少佐は偵察機に注意して降下せよと無理を命じる。

そんなわけで操縦士は意識を失い墜落し爆発炎上となります。
さすがに責任を感じているアラン・バーナード少佐。
また飛行機が接近します。最低高度1500メートルと無線通信してます。
今度は高度を落とさずにそのまま通過してます。

昏倒していた牛が動き始めてます。これはビックリの面々。
バスの乗客達も外に出てきます。
アラン・バーナード少佐は境界線を超える。無事です。

ミッドウィッチにて。
昏倒していた人達が復活してます。
郵便局兼雑貨店にて。出しっぱなしの水を止める。
焦げたアイロンに水をかける。ぶつけたキズの手当てもしてる。

ゴードン博士の自宅にて。
イヌが復活してます。ゴードン博士も目を覚ます。
ゴードン博士の夫人が来ます。名前はアンシア。うっかり眠ったと言ってる。
私もだとゴードン博士。もう15:00前になってます。4時間近く昏倒していたらしい。

ブラックアウトと言ってるゴードン博士。
アンシア夫人は寒い。ゴードン博士は手がしびれている。そんな感じになってます。

クルマのアラン・バーナード少佐が到着します。
数時間気を失った話しになってます。実は村全体がそうだったとなります。

次のシーにて。
警察が来てます。軍隊も色々と来てます。
バイクは何だ?、普通はトライアンフでしょう。
→ 1948 Triumph T 100 500 cc
→ 1956 Triumph TR 6 Speed Twin
金属探知器も使われて大変な騒ぎになってます。
電話交換手のおばさんが電話局の方と聞いたりします。

ゴードン博士と医者の先生。
ケガは切り傷程度だと話す医者の先生。
ハリントン夫人はアイロンを焦がした人。

上司のオフィスにて。会議にて。
アラン・バーナード少佐が説明してます。

ゴードン博士の自宅にて。
ピアノを弾いてるゴードン博士。それから植木鉢の花が気になる。

郵便局兼雑貨店にて。
アンシア夫人がピクルス等を買物する。
そうなると店員のおばさんと電話交換手のおばさんはアレなのではと噂する。
オーグルさんが電話交換手なのか?

ゴードン博士の自宅にて。
帰宅したアンシア夫人はゴードン博士に妊娠の報告をする。
ゴードン博士は植木鉢の花の話しをしてるとこでアンシア夫人は交配が成功したとか回りくどい話しをする。
ようやく気がついたゴードン博士はアンシア夫人を大事に扱う。

医者の先生の病院にて。
女性が妊娠したと泣いてる。何しろセックスしてないらしい。名前はミリー。

ある家にて。
ジャネットは妊娠したが旦那は機嫌が悪い。

教会にて。
神父、医者の先生、ゴードン博士。
ジャネット・ポールが自殺未遂。夫は1年不在だった・・・
ミリー、ローズ、メアリー・・・
先生は神父に他にもいないのかと聞きます。神父は宗教上言えないが・・・
4人来たと話す神父。17才のイブリン。
そんな感じで出産可能な女性全てが妊娠してるらしい。
妊娠した時期があの2ヶ月前に昏倒した時だ。

レントゲン車が来てます。
次々とレントゲン写真を撮られている妊娠した女性達。

病院にて。
アンシア夫人のレントゲン写真を診見ている先生とゴードン博士。
5ヶ月なのに7ヶ月みたいに大きい。

ゴードン博士の自宅にて。
レントゲン写真の結果をアンシア夫人に伝えるゴードン博士。
異常なしと聞いても落ち込んでるアンシア夫人。自分の中に何が入ってるのかはわからんのでそりゃそうなるか。

クルマが来ます。どなたかの夫人です。
帰宅してすぐに2階に上がる。旦那は酒に手が出ています。
そんな感じで村全体で夫人は落ち込み旦那は荒れる。

パブにて。英国といえばそうなる。
しかし旦那方だけのなで雰囲気は悪い。全部死産がいいと口走る旦那もいる。

ゴードン博士の自宅にて。
時間が経過してもう出産になってます。
4700グラムと大きい。今夜の出産は3人でそんな感じらしい。
赤ん坊には異常はない。変な眼だと評する先生。変わった眼と訂正してる。

アンシア夫人はさすがに赤ん坊が可愛い。外見は正常だし。
イヌは赤ん坊に対して敵意を見せる。

ゴードン博士と先生。
髪の毛を顕微鏡で調べてます。断面でDシェイプだと言ってる。普通ではない。
成長が速い。普通ではない。
そんなととこで悲鳴が聞こえてきます。慌てて駆けつける2人。

台所にて。
アンシア夫人が煮えた鍋に手を突っ込む。ナースが止めています。
そんなわけで大騒ぎになってます。
デイビッドにミルクをあげたが温度が高過ぎた。それでこうなったらしい。

あっという間にに成長してるデイビッド。
積み木の文字合わせも上手です。

ゴードン博士とアラン・バーナード少佐。
日本のからくり箱を見せるゴードン博士。アラン・バーナード少佐がようやく開ける。
これを1才のデイビッドにやらせるとすぐに開けて景品のチョコレートを出す。

他の子供にはこのからくり箱をやらせるゴードン博士。
やはりすぐに開けてる他の子供達。これはビックリのアラン・バーナード少佐。
1人が知れば全員が知ると解説するゴードン博士。

兄の普通の子供がからくり箱を横取りする。
そうなると子供2人の目が光る。ここは静止画に処理してます。まだ特殊技術が追いついていない描写です。
からくり箱を返す普通の子供。そんな感じで念力があるようです。
溶暗になります。時間が進む。

村にて。
例の5人がまとまって歩く。そこに向かってボールを投げる普通の子供達。
当たった女の子が目を光らせるが他の子供が止めている。
この女の子の名前はナンシー。ボールを投げたのテッド。

郵便局兼雑貨店にて。
例の子供達が買物に来ます。オッカナビックリの店員のおばさん。
そうなると子供は今度から代理をよこすと言ったりする。

ゴードン博士の自宅にて。
アラン・バーナード少佐が来ます。
これからゴードン博士とロンドンの会議に向かう。
アラン・バーナード少佐はIQではなく善悪の判断だと持論を述べる。例の子供達が善悪を理解しなかったらどうする?

デビッドは出かける準備をしてます。アンシア夫人の手は借りない。
何をしにパパはロンドンに行くと気になるデビッド。
指を切ったデビッドに包帯を巻くアンシア夫人。

ロンドンの会議にて。
上司はこの問題はミドウィッチだけでとないと報告する。
オーストラリア北部では10時間以内に全員死んだ。
イヌイットでは10人。金髪で生まれたせいで殺された。
共産圏のモンゴルに近いイルクーツクでは母子共に全員殺された。
ソビエト北西山間部では生存してる。
全て同じ日に妊娠している。会話からもう3年経っているようです。

ゴードン博士もいるが当事者なので冷静な判断が出来ないのでは?と言われる。
カーライル博士は突然変異なのでは?と主張する。
他の博士はレーダー線、要するに宇宙線の影響なのでは?と主張する。インパルスはエネルギーとなってます。

アラン・バーナード少佐の上司はレイトン将軍とようやくわかる。
ミドウィッチでは事故が続出してると話すレイトン将軍。早く対処しないと・・・

ゴードン博士ですが調べるには時間が必要だと主張する。
集団知能の話しもするゴードン博士。進歩が速い。この集団知能を活用すれば何の研究でも効率がよくなると力説する。
村の建物に集めて1年待ってくれと主張する。全責任は私がとる。
そんなわけでゴードン博士の主張が受け入れられます。
溶暗になります。

ミドウィッチ、子供達の建物にて。
ゴードン博士の授業になってます。で、ゴードン博士の心が読める話しになる。
まだ完全に読めるわけではないと知って皮肉を言うゴードン博士。

逆に質問のゴードン博士。他の天体の生命体は?これには答えない子供達。
飛行機の話題になります。飛行機の高度まで今は届くと言ってる子供達。
まだ合宿はしていないようでデイビッドを連れて帰るゴーゴル

ゴードン博士は自宅にて。
これから合宿になるデイビッド。アッサリと出ていくようです。

外にて。
デイビッドを連れてるアンシア夫人。
そんなとこをクルマが通過して路地から出てきた子供達の1人を轢きそうになる。
大丈夫かと声をかける運転してた男。

危ないとこだった女の子の眼が光る。まとめて4人で眼が光る。
男はまたクルマを運転する。そのまま壁に激突してクルマは爆発炎上します。
アンシア夫人はビックリ。

審問にて。
証言してるアンシア夫人。あたりさわりがない証言になる。
そんなわけで運転していたエドワード・ポールは危うく子供を轢きそうになり精神的ショックで壁に衝突したとなります。普通の事故死です。
傍聴席のオッサンが激高してます。奴らが殺したんだと叫ぶ。ジェームズ・ポール。エドワードの兄でした。そりゃそう言う。

徒歩で帰るゴードン博士、アンシア夫人、アラン・バーナード少佐。
アラン・バーナード少佐は大変な状況だと警告する。
そんなとこにジェームズ・ポールが水平2連ショットガンを持って待ち伏せしてる。
ゴードン博士がジェームズ・ポールを説得してやめさせる。

例の子供達4人をジェームズ・ポールに念力を送る。
ジェームズ・ポールはショットガンで自分を撃ってしまう。

見ている3人も念力で凝固させられていた。
気がついてビックリのアンシア夫人。
子供達4人は引き上げてる。

ゴードン博士の自宅にて。
カクテルパーティといった感じ。
ゴードン博士、アラン・バーナード少佐、医者の先生、それにアンシア夫人。
議論になってます。村はパニック状態だとアラン・バーナード少佐。
そんなとこにレイトン将軍からアラン・バーナード少佐に電話です。

ゴードン博士はレンガの壁の話しをする。
アラン・バーナード少佐はソビエトの新型砲を開発した。核弾頭を100キロ先に飛ばすことが出来る。
それが昨日発射され例の子供達がいる村を消滅させた。
感づかれると大変なので警告無しで発射された。
今夜の会議で決定されると伝えるアラン・バーナード少佐。
→この当時はまだソビエト連邦でロシアではなかった。

パブにて。
旦那達が変な方向に盛り上がる。
俺についてこいと集団で例の子供達の家に向かいます。

子供達の家にて。遠景のミニチュアです。
そのへんの草等をたいまつにして火を点ける旦那達。焼き打ちにするようです。

子供達の方はデイビッドが迎え撃つ。
先導する旦那に念力を送ります。そうなるとたいまつを落して自分が炎上する。
そんなとこにクルマのアラン・バーナード少佐が通りがかる。
どうやら先導の旦那は焼死したようです。

アラン・バーナード少佐は1人で乗り込んでます。大丈夫なのか。
デイビッドに話しをつけようとする。逆にロンドンには行かせないとデイビッド。
全員でアラン・バーナード少佐に念力を送る。これはたまらん。
我々は必ず生き残るとメッセージも送る。それでどうなる。

ゴードン博士の自宅にて。
昏睡状態のアラン・バーナード少佐を診察する医者の先生。

ゴードン博士は医者の先生。
初めてみた症状だと診察する先生。
ゴードン博士は軍隊を送っても同士打ちになるだけだと言う。もう他の国であったようです。

デイビッドがいつの間にかに来てます。アンシア夫人とコンタクトする。
お父さんに話しに来たと言ってるデイビッド。
アラン・バーナード少佐のことですが警告だから大丈夫ですと一応フォローしてるデイビッド。

ゴードン博士が来てデイビッドと対峙する。
我々は出発すると話すデイビッド。どこへ?と聞くゴードン博士。
で、我々を受け入れる家庭を手配してほしいと要求するデイビッド。
秘密にしないと犠牲者が増えると警告というか脅迫もしてる。
金曜日の授業で結果を聞くとなります。
水曜と金曜に授業があるらしい。今日は何曜日なのかはわからん。

言うだけ言ってとっとと帰るデイビッド。
ゴードン博士はレンガの壁を見る。
溶暗になります。

回復したアラン・バーナード少佐はロンドンに戻る。
クルマを運転を担当するのはアンシア夫人。
ゴードン博士は残ります。例の子供達のこともあるし。

ゴードン博士はピアノを弾いてアンシア夫人はなれ初めの話しをする。
すっかりフラグがたっているわけです。

きっと解決出来ると話すゴードン博士。
彼らは私を信用してる。私が感傷的なのが気に入らないようだが・・・
アラン・バーナード少佐の彼女を頼むと言うゴードン博士。
またフラグがたってるわけです。

出発するクルマを見送るゴードン博士。
送り出したら準備になります。とっておきの時限爆弾です。
ダイナマイト、バッテリー、目覚まし時計と古典的な組み合わせの時限爆弾。
レンガの壁を見るゴードン博士。これも大事な準備です。
時限爆弾をセットしてまたレンガの壁を見る。
カバンに時限爆弾を入れてます。レンガの壁を考えろ・・・
イヌにアンシア夫人のことを頼んで出かけるゴードン博士。08:20頃。
最後になってもレンガの壁を念じるゴードン博士。

クルマで移動中です。
アンシア夫人とアラン・バーナード少佐。
何故あなたに頼む?と疑問のアンシア夫人。

例の子供達の家にて。
クルマで到着するゴードン博士。

クルマで移動中です。
アンシア夫人とアラン・バーナード少佐。
引き返すことにするアンシア夫人。

例の子供達の家にて。
ゴードン博士と子供達。
普通の授業を始めようとするゴードン博士。
子供達は脱出の手配について交渉はどうなった?と突っ込む。
ゴードン博士は勝手に原子力の授業をやってます。

何で時計を見る?と突っ込む子供達。
ゴードン博士の考えを読もうとする子供達。しかしレンガの壁がある。

レンガの壁を崩そうする子供達。必死こいて防御するゴードン博士。
目覚まし時計の時間が進む。どうやら08:30に爆発するようです。あと1分。

念力攻撃でついにレンガの壁が崩れます。時限爆弾が見えます。
時限爆弾の入ってるカバンを見る子供達。
ここで08:30になって時限爆弾が大爆発します。

爆発音は村中に聞こえてます。
クルマで引き返したアンシア夫人はとアラン・バーナード少佐は燃え上がる家を見る。
ここは炎の大きさでミニチュアとわかりすぎるのがマイナスポイント。

燃え上がる家から眼だけが飛び去る。
エンドとなります。
キャスト表を見ると結構充実してます。


そんなわけでジョージ・サンダースが大熱演のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『続・光る眼 宇宙空間の恐怖』 | トップページ | Hollywood Express #746◆2017.10.21(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/65950293

この記事へのトラックバック一覧です: 『未知空間の恐怖/光る眼』:

« 『続・光る眼 宇宙空間の恐怖』 | トップページ | Hollywood Express #746◆2017.10.21(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。