映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『シン・ゴジラ』 | トップページ | Hollywood Express #747◆2017.10.28(土) »

2017.10.29

『君の名は。』

この作品は、新海誠監督、神木隆之介、上白石萌音VCのすれ違いのラブロマンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2016年 コミックス・ウェーブ・フィルム/東宝 日本作品
ランニング・タイム◆107分
原題◆きみのなは。
プロット◆時間がずれて出会い、すれ違いをする話しのようです。
音楽◆RADWIMPS
音楽プロデューサー◆成川沙世子

キャスト=VC
神木隆之介→東京 四谷の立花瀧
上白石萌音→飛騨 糸守町の宮水三葉

長澤まさみ→女子大生の奥寺ミキ
島崎信長→瀧の友人 藤井司 メガネ
石川界人→瀧の友人 高木真太 体育会系

成田凌→建設屋の息子 勅使河原克彦
悠木碧→ガールフレンドの名取早耶

市原悦子→三葉の祖母 一葉
てらそままさき→三葉の父親 宮水トシキ
大原さやか→三葉の亡くなった母親 宮水二葉
谷花音→三葉の妹 宮水四葉

井上和彦→瀧の父
茶風林→勅使河原の父
かとう有花→勅使河原の母
花澤香菜→ユキちゃん先生

新海誠監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のラブロマンスになってます。設定は少し変わってる。
相変わらず大林宣彦監督の『時をかける少女』(1983年)が入ってます。

何故そんなに思っている人の名前を忘れるのか?それは『君の名前は』と決めセリフを入れたいからです。

この作品ですが脚本はよく出来てます。伏線の回収も丁寧にやってます。
アニメはいいな。日本語で喋ってる。実写ではロクな作品がないのでそう思える。

東宝株式会社発売のBlu-rayにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味なし。フルスクリーン。
音声は DTS-HD MSTR multi

読み込み中。
東宝アニメーション
音声ガイド案内云々のアラート。さすが字幕表示だけではなく音声案内してる。
何だか面倒な感じ。指示通りにメニュー画面にします。
読み込み中。
メニュー画面 念の為に音響字幕設定をやっときます。
読み込み中。

東宝のタイトル
コミックス・ウェーブ・フィルムズのタイトル

プロローグ
多量の彗星の破片が落下してます。
大きめの破片が雲を通過して落下する。更に下の雲を通過します。

黒味から主人公2人のモノローグが入ります。
2人のモノローグがカットバックしてます。何だか忙しい。
東京 四谷と飛騨 糸森町
もう女の子は東京に来てます。現在というわけ。
カットバックは主人公2人と現在過去もやってるので非常に忙しいわけです。

君の名は。
your name.

スタッフの紹介
歌が入ってます。普通のラブソング。
タイトルバックは主人公2人の描写が入ります。
作画はさすがにきれいです。

色々とカットバックして黒味から電車で組紐を渡すシーンもあります。
そんな感じで初見では何が何だかといった感じ。2回目が1番いいのかもしれない。3回目になるとどうだかわからん。

黒味から本編になります。
飛騨、糸守町の自宅にて。
主人公の三葉が目を覚ます。何だか入れ替わってるみたい。
おっぱいをいじってると妹に見られる。それから鏡を見てビックリしてる。

朝食にて。
祖母、妹の四葉、それに四葉。
三葉はちゃんと制服に着替えてます。何でそうなる。
と思っていたらもう本人に戻ってる状態らしい。
TVニュースではティアマト彗星の接近が1ヶ月後に迫るとなってます。

通学する三葉と四葉。
何だかここは尾道なのかな?といった感じ。
軽トラックは飛騨ナンバーです。
町長の選挙運動をやってます。村長から声をかけられる三葉。
どうやらこのオッサンは三葉の父親らしい。後からわかるけど別居しています。

湖が見えてます。これはまた珍しい風景です。

学校にて。
高校では『万葉集』から黄昏時の授業をやってます。
三葉のノートにはお前は誰だ?と書かれてます。

三葉と友人の勅使河原克彦、名取早耶の3人。
昨日は様子がおかしかったと言われます。記憶喪失だったとか。
三葉はこの村の悪いところを連発しながら帰宅してます。
電車は2時間に1本。
コンビニは9時で閉店。
スナックは2軒もある。
儀式が嫌な三葉。何だかわからん。

勅使河原克彦がカフェに行こうと言ったりする。
そのカフェはバス停の自動販売機でした。

バス停にて。
三葉は先に帰っていない。
勅使河原克彦と名取早耶は高校を出たらどうする?となってます。

三葉の自宅にて。
織物をやってるおばあさん。2人に説教をする。

宮水神社の儀式にて。
踊りを披露する三葉と四葉。
コメを口に含んでよく噛んでから吐き出し供え物にする。これが嫌いなようです。

そんなわけで帰りにイケメン男子にしてくださいと絶叫してる三葉。
それで溶暗になると状況が変わるわけです。

東京 四ツ谷の瀧の自宅アパートにて。
今度は男の主人公 立花瀧が目を覚ます。入れ替わってるらしい。
入れ替わった瀧。喉仏、おっぱいがない。股間にはナニがある。
父親と二人暮らしなのか?そんな感じ。

それから初めてのトイレに行ってからアパートの玄関に出て東京の風景を見るわけです。四谷だと近くに神田川があるのか?それで緑が多く見えてるのか。
この風景に感激してる入れ替わってる瀧。

街の俯瞰シーンにて。
電車やクルマの動きがやたら凝ってます。別に止め絵でもいいと思うけど
人混みのモブシーンはそんなに凝ってなくて上手い具合にごまかしてます。

学校にて。
メガネの藤井司、体育会系の高木真太が瀧の友人です。
カフェに行けると聞いて感激の入れ替わってる状態の瀧。
そんな感じで話しの方は定番で進む。これはこれでいい。

カフェにて。
何しろ東京の物価は高い。これはビックリとなってます。
入れ替わってる瀧はこれは夢だと思ってます。

バイト先にて。
よく仕事できるなと思えるがやってる入れ替わってる状態の瀧。
そんなこんなでヤクザの客に絡まれるが先輩の奥寺ミキが対処してくれる。

それはいいけどこれでどうやって話しが進むのか?と思える。

しかし奥寺ミキは制服のスカートをカッターで切られていたりする。
ヤクザの客はカッターを持っていました。普通に警察に捕まります。
ここは入れ替わってる状態の瀧が上手く繕ったりします。感心してる奥寺ミキ。

電車で帰宅の入れ替わってる状態の瀧。まだ夢だと思ってる。

携帯電話の日記が書かれてます。
この続きを入力してる入れ替わってる状態の瀧。
お前は誰だ?から手のひらに名前を書くわけです。三葉と書く。
そんな感じで溶暗になると入れ替わるようです。そうなると時間が経過する。

次の日にて。
元に戻った瀧。週に数回不定期が入れ替わるようです。それでどうなる。

飛騨、糸守町の自宅にて。
こっちの三葉の手のひらにはお前は誰だとか書かれてます。

学校にて。
昨日は何かやらかしたらしい三葉。これは大変。

そんな感じ最初は色々と不具合があったけどだんだんとコツがわかってきた2人。
携帯電話を使って交換日記をして連絡をとるようになる。
三葉は普通のノートでも交換日記をやってるみたい。
瀧は最初から携帯電話。
同い年の高校生。しかし3年ずれている。
私たちは入れ替わってると再確認してビックリとなってます。

入れ替わりのモンタージュから黒味になります。
三葉の目が覚めると相変わらず入れ替わってる。またおっぱいを触る。
それからコマ落としの風景が続きます。日々の生活のモンタージュです。
東京と飛騨の風景のカットバック。

入れ替わりですが週に二、三度。不定期。原因不明。
ルールを決めた。それは色々とあります。
日記に何をやったかちゃんと入力するのが重要なようです。
黒味が入ります。

飛騨、糸守町の自宅にて。
ティアマト彗星接近のニュースが流れる。
おばあさんとに連れられて出かける三葉と四葉。御神体へ行くらしい。

おばあさんをおんぶする四葉。延々と歩き、延々と山を登る。
結びの話しをするおばあさん。組紐は時間と関係あるらしい。

アニメはさすがに木漏れ日の描写は苦手なのか?そんな感じ。
それでも立体感は出そうしてます。以前のようにセル画を重ねて何でもパンフォーカスではない。

ようやく宮水神社の御神体のある場所に到達します。
火山活動のカルデラの中心にあるようです。火山活動ではなく隕石が落ちたとこかもしれないけど。隕石ならクレーターです。
御神体の祠内に入って口噛み酒を供えます。

帰りに片割れ時の話しになってます。
三葉はおばあさんから夢を見てると言われる。これはビックリ。
何しろ今は入れ替わり中の状態なんです。

東京 四ツ谷の瀧の自宅アパートにて。
そうなると瀧が目を覚ます。何故か涙を流す瀧。
入れ替わり中の瀧が奥寺先輩とデートの約束をしてたので慌てて出かけます。

三葉の方もわけもなく涙が出ています。何で出るのか本人にもわからん。

デートする瀧と奥寺先輩。
デートコースは新東京タワー=東京スカイツリーです。
これも何でわざわざ低い場所に建てたのか謎というかお決まりの談合というかこまったものです。
電波塔は位置や場所の高さが重要だと思うがそんなことは全く考えていない。中抜きが最優先になってます。

東京にはエンパイアステートビルもどきのビルがあるのか?
この作品ではよく見えてます。

何故か飛騨の写真展を見たりします。これには興味津々な瀧。
特に湖の写真には惹きつけられる。これは見たことがある・・・

で、デートの終わりに別の子が好きなんでしょと言われる瀧。
これで奥寺先輩とはお別れになります。

ところで瀧の携帯電話に三葉の携帯電話は登録してあるらしい。
マジで電話してます。果たしてつながるのか?

三葉の日記で彗星が見えると書いてあるが、瀧には見えない。
3年先から電話しても通じないのは当たり前なのか?、生きていて携帯電話を変更していなければつながりそうな感じはするけど。
で、瀧が三葉にかけると呼び出し音はしてる。

飛騨、糸守町の自宅にて。
お祭りの日になってます。
携帯電話を受けてる三葉。瀧ではく建築屋の息子からでした。
そんなわけで祭りに出かける三葉。

神社にて。
三葉は髪の毛を切っています。どうしたの?となる勅使河原克彦。
名取早耶香はそんなに深い意味はないのよと三葉を肩を持つ。

3人は彗星を見に眺めのいい場所に行きます。
彗星の方向が云々とクレームがついたらしい。ここは映画的にいい構図が最優先になるんです。細かいことは気にしない方がいい。
彗星は細かく分かれて落下します。大きめの破片がここに落下してます。

いきなり黒味が入ります。
瀧がかけた携帯電話はつながらなかった。おかけになった電話番号は電波の届かない云々になってます。
瀧は次に入れ替わった時にとなるが、もう入れ替わりはおこらなかったとモノローグが入る。

瀧は記憶を辿ってスケッチを描きまくる。
インターネットで検索もする。岐阜県飛騨・・・
スケッチから画像検索して場所を調べてるのか?
やはり湖のスケッチが目立ちます。しかし場所はわからん。
スケッチをリュックに詰め込んで出かけます。

駅にて。
何故か来ている奥寺先輩。司もいる。
瀧は司に後を頼むと伝言したら押しかけで3人で行くようです。
どうやら入れ替わりのせいで瀧は情緒不安定か精神異常者だと思われてるらしい。
心配してやってるんだとついてくる2人。
瀧ですが彗星が落ちたことを全く知らなかったらしい。あんな大事件なのに。
というより思い出したくなかったのか?

現地にて。
とにかく現地で湖のスケッチを見せればわかるでは?と思える。
瀧は聞き込みをしてバスで移動となってます。付き添いの2人は食ってるだけ。
日帰りの予定らしい。そうなると時間は足らないと思える。

ラーメン屋にて。
ここのおばさんが湖のスケッチを見て場所を特定してくれた。
糸森町だとわかります。しかし糸森町は彗星の破片が直撃した場所だった。

糸森町にて。
ここに来てる3人。立ち入り禁止の表示があります。
マジで彗星の破片が直撃して糸森町は壊滅していた。それでどうなる。
巨大なクレーターに水が溜まって前からある湖とつながってます。
高校は残っています。

この悲劇は3年前のことだったとわかります。
何故か瀧の携帯電話の日記が消えています。これは大変。
携帯電話のメモが消える理由がわからん。三葉が死んだからなのか?

軽トラックで移動中です。
運転手はラーメン屋の旦那です。意外と親切です。
糸森町壊滅は結構有名だった。瀧は全く知らない。

図書館にて。
資料を調べる瀧。新隕石湖と名前が付いてます。
被害者名簿を調べるとしっかりと宮水三葉の名前があります。
三葉が彗星が見えると言ったのは2、3週間前か?
→現在の図書館は保管するカネがないからと片っ端から地元の資料を捨てるので記録も残らない。こまったものです。

民宿にて。
ここに泊まってる3人。
奥寺先輩と司。瀧くんは変わったのよと言ってる奥寺先輩。

奥寺先輩はタバコを吸う。いいシーンです。
こんなにいいタバコを吸うヒロインが見れたのは『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年)のサクラ先生以来です。素晴らしい。

瀧の方は携帯電話の日記が消えたのでどうにもならない。
ところで瀧は手首に組紐を巻いてます。これは何故?
組紐は時間の流れそのものだとどこかで聞いた話しになってます。

瀧ですが自分の手首に巻いた組紐の由来ですら忘れてます。
ここまでくると若年性健忘症なのかと思える。下手するとギャグになります。
そんなわけですっかり危ない人になってるので心配した2人が付き添いに来たわけです。

現在の瀧と3年前の三葉。
時間はずれてるけど入れ替わりのコンタクトしていた。

徹夜して資料を調べてる瀧はつい眠り込む。
誰かに呼ばれたような瀧。目を覚ます。

朝にて。
瀧は2人を置いて出かけていた。

瀧は御神体を目指す。
移動はラーメン屋の旦那の軽トラックです。
この旦那は本当に親切で弁当のおにぎりもくれる。
山の中で軽トラックは帰ります。あとは歩くのみの瀧。雨が降って来ます。

ところであの御神体の場所は無事なのか?結構近いと思うけど。
いよいよ御神体のあるクレーター外輪部に到着する瀧。御神体は無事です。
あの新隕石湖は見える距離にあります。やはり近かった。

ずっと雨が降ってて御神体の周囲は池になってます。
池に入って移動となる瀧。

御神体の祠にて。
ここに入ってる瀧。それでどうする。
どうやらあの口噛み酒を飲むらしい。そうすると何かが起きると確信してる瀧。

マジで口噛み酒を飲んだ瀧は昏倒する。
祠の天井には彗星のような模様が浮かんでくる。それから色々な映像が浮かぶ。
何だか『2001年宇宙の旅』(1968年)のような感じになってます。
それでもそのままではなく組紐を入れたりしています。組紐を辿り時間の旅をする。

細胞分裂から三葉の誕生から半生を辿る。
婿養子の父親は母親が死んでおばあさんと不仲になって家を出た。

瀧は三葉に彗星の落ちることを知らせたい。
黒味になります。

飛騨、糸守町の自宅にて。
目が覚める三葉。どうやら入れ替わり中です。彗星が落ちることを知ってる三葉が避難活動に奔走するわけです。
TVニュースで彗星が最接近と知ってこれは大変となります。
おばあさんは三葉が普通ではないことを知ってます。
彗星が落ちてみんな死ぬと知らせる入れ替わり中の三葉。
それでどうする。おばあさんは手伝うわけではない。

学校にて。
みんな死ぬと主張する入れ替わり中の三葉。当然誰も信じない。

それでも建築屋の息子とガールフレンドは手伝うようです。
息子は無線をやってるのも伏線になってます。
建築屋の発破用爆薬と防災無線乗っ取りで何とかする段取りになります。

糸森町の湖は1200年前に隕石が落ちて出来た隕石湖だった。
ちょうど今回の彗星の周期と一致してますが、そうなると偶然が過ぎるので違う隕石だっと思える。
それなら続けて隕石というか彗星の破片は落ちないのでは?と思う人もいるかも。同じ場所に砲弾は落ちないというジンクスがあるんです。
『殺人狂時代』岡本喜八監督版(1967年)

入れ替わり中の三葉は町長の父親に直談判に行く。
当然医者に行けと言われた三葉はブチ切れる。そうなるとお前は誰だ?となる父親。
それでどうなる。

直談判失敗の三葉は妹と合流する。
会話で三葉は昨日東京に行ったらしい。何をしたんだ?

三葉はこんな大事な時に瀧の存在を感じる。
それはともかく計画通りにはするらしい。
建築屋の息子から自転車を借りた三葉は御神体へ向かう。

御神体の祠にて。
まだ瀧は倒れたままです。しかし入れ替わり中の瀧になってます。

クレーター外輪部に戻る瀧。
新隕石湖があります。糸森町は壊滅していた。
入れ替わり中の瀧は自分の町が壊滅したことを初めて知る。これはビックリ。
ここに向かってる入れ替わり中の三葉が来たとしてもコンタクトできるのか?

この前日に東京に行った三葉。
瀧に直接コンタクトしようと探し回るが見つからない。

それで3年前の三葉が東京へ行くシーンも入るので忙しいんです。
ところで3年前の瀧は高校1年生なのか?
そうなると三葉は瀧より3歳年上となります。年上なのか。
三葉の方は会えばわかると思い込んでいます。思い込みの激しい人だ。

電車の乗ってる三葉。
何だか偶然に瀧を見つけたらしい。コンタクトするが三葉は覚えていても3年前の瀧は当然三葉のことを知りません。
そんなわけで上手くいかず。電車から降りる三葉。ここで髪の毛を結んでいた組紐が解けて瀧が受け取る。

クレーター外輪部にて。
何故か直接コンタクトしてる瀧と三葉。
しかし時間が3年ずれてるので相手は見えないようです。
声をすれども姿は見えず状態になってます。ストレスが溜まる。

そんなとこでちょうど日が暮れる微妙な時間帯になります。黄昏時です。
そうなるのお互いに姿が見えるようになってます。マジでそうなってる。
入れ替わりは終わって元に戻ってる2人。
知り合う前に会いに来るなと突っ込む瀧。組紐を三葉に返す。
いい雰囲気になったのはいいがそれでどうする?となります。

忘れる前にお互いに手のひらに名前を書こうと言う瀧。
書いてる途中で微妙な時間帯が終わりいきなり見えなくなってしまいます。
君の名前は?となるがあっという間に忘れてしまう。こまったものです。

瀧は名前を忘れないうちに自分の手のひらに書こうとしたがすでに忘れていた。
思わず『お前は誰だ?』と言ってしまうわけです。
この『お前は誰だ?』のセリフですが『太陽を盗んだ男』(1979年)で印象的に使われていました。

元に戻った三葉は走って戻る。借りた自転車はもう壊していた。
まだ瀧くんと名前を覚えてる三葉。
それはいいけど彗星からの避難の方はどうする。

変電所にて。
スーパーカブで移動の建築屋の息子に合流した三葉。
変電所を爆破して防災放送を乗っ取って無理やり避難させる計画なので目的はともかく手段は立派なテロリストです。
防災放送の方は非常電源で作動はするそうです。

そうなるとこの作品は過去を改変出来る設定なのか?
改変はできるようです。もう彗星見物せずに違うことをしてます。

そんなこんなでマジで変電所を爆破します。町は次々と停電する。
防災放送をハイジャックして緊急避難放送もやってます。
しかし実際に避難する人は少ない。町から少し離れた糸森高校が避難場所です。

三葉と建築屋の息子は神社に行って直接避難を呼びかける。
ここで三葉は名前を忘れたてことに気がつく。
とにかく三葉は父親である町長を説得しに行く。

緊急避難放送の方は見つかってしまい中断する。
訂正の放送が流れます。その場で待機・・・
建築屋の息子の方も父親に見つかってこれまでとなる。

そんなことしてるうちにマジで彗星の破片が落下しています。
TVニュースでは彗星の破片が出てると報じてます。危険はないと言ってる。
1番巨大な彗星の破片が糸森町に接近してます。

三葉は名前はわからなくなり、早く行かなくてはと焦るばかり。
そんなわけで転倒してしまう。しばらく動けない。

名前を書いておこうと声が聞こえて手のひらを見る三葉。
好きだと名前ではないことが書かれてます。
それはともかくまた走る三葉。もう間に合わない感じ。

役所にて。
ようやく到着した三葉。とても町長を説得出来る感じはしない。

プロローグのシーンに戻ります。
彗星の破片が雲を2回通過する。それから糸森町に落ちて大爆発します。
あまりやりすぎると『AKIRA』(1988年)みたいになるのでここはアッサリとやってます。
糸森町は壊滅し黒味になります。

御神体のクレーター外輪部にて。
目を覚ます瀧。何をしてるんだ?と自問する。
黒味になります。

東京にて。
リクルートスーツの滝は就職面接を繰り返す。
建設会社志望です。何だか残業200時間で自殺するタイプみたい。
街中で組紐で髪の毛を止めてる女性がいたりするが互いに気がつかない。

四ツ谷駅前にて。
奥寺先輩に呼ばれて会う瀧。
ビルの電光板には彗星災害から8年と出ています。
飛騨に行ったことはホトンド忘れている瀧。

何故彗星災害事故に惹きつけられていたのか?となる瀧。
資料を再確認にると糸森町の町民はホトンド助かっていたと出ています。
これで過去が改変出来たとわかりますが、2人は肝心の名前を忘れてしまったわけです。
奥寺先輩と別れる瀧。

どこかの店で食事の瀧。
何だかどこかで見たようなカップルがいたりします。
建築屋の息子とガールフレンドだ。
当然全く面識がない瀧。肝心の名前も忘れてるし。

街を歩く瀧。雪が降ってます。
女性とすれ違います。組紐で髪をとめてる人だ。
何だか気がつくような気がつかないような感じで結局気がつかない。

図書館にて。
糸森町の資料を調べている瀧。
あの彗星事故で町の住人のホトンドは助かったとなってます。

コマ落としで街の風景の模写が入ります。
そうなると時間が経過してるわけです。
どうやらあの姉妹は東京に来ているようです。
黒味が入ります。

エピローグ
偶然に並走した電車で向かい合わせになる瀧と三葉。
さすがに名前はわからないけど気がつく両者。それでどうなる。
これから直接コンタクトするのが至難の技のような感じ。

千駄ヶ谷駅で降りて互いに探す瀧と三葉。
場所的には近い。あとは運を天に任せるのみ。

歩道の階段にて。
上から三葉。下から瀧。またすれ違いかと思ったらようやく声をかける。
どこかで見ましたか?・・・
それでお互いに『君の名前は?』となりエンドとなります。

君の名は。
your name.

後タイトル

神木隆之介 立花瀧
上白石萌音 宮水三葉
成田凌 勅使河原克彦
悠木碧 名取早耶香
島崎信長 藤井司
石川界人 高木真太
谷花音 宮水四葉
てらそままさき 宮水トシキ
大原さやか 宮水二葉
井上和彦 瀧の父
茶風林 勅使河原の父
かとう有花 勅使河原の母
花澤香菜 ユキちゃん先生

他のVC

長澤まさみ 奥寺ミキ
市原悦子 一葉

スタッフの紹介


そんなわけでラブロマンスのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『シン・ゴジラ』 | トップページ | Hollywood Express #747◆2017.10.28(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/65978519

この記事へのトラックバック一覧です: 『君の名は。』:

« 『シン・ゴジラ』 | トップページ | Hollywood Express #747◆2017.10.28(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。