映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『突撃隊』 | トップページ | Hollywood Express #722◆2017.05.06(土) »

2017.05.07

『グランド・キャニオンの対決』

この作品は、ドン・シーゲル監督、コーネル・ワイルド、ヴィクトリア・ショウ主演の連続殺人サスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1959年 Columbia Pictures Corporation アメリカ作品
ランニング・タイム◆80分
原題◆Edge of Eternity
プロット◆謎の連続殺人を追う話しのようです。
音楽◆ダニエル・アンフィシアトロフ

キャスト
コーネル・ワイルド→警官のレス・マーティン警部補
ヴィクトリア・ショウ→お嬢様のジャニス・ケンドン

エドガー・ブキャナン→上司のエドワーズ保安官
アレクサンダー・ロックウッド→ジャニスの父親 ジム・ケンドン
ライアン・ガーリック→ジャニスの弟 ボブ・ケンドン

トム・ファッデン→風変わりなオッサン イーライ・ジョーンズ
ミッキー・ショーネシー→バーテンのスコッティ・オブライエン
ジャック・イーラム→作業員のビル・ウォード
不明→消えた作業員のチャーリー
不明→殺されたR・E・ウォーレス
テッド・ジャッキーズ→前科者のサッズ・リース
ドン・シーゲル→Man at Motel Pool (uncredited)

ドン・シーゲル監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級サスペンスアクションになってます。

スカパー! CS227 ザ・シネマにて。
画質はまあまあ。SD画質なのでそれなり。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 2.0

番組一覧

Columbia
タイトル
Columbia Pictures Corporation presents

Cornel Wilde Les Martin
Victoria Shaw Janice Kendon
Mickey Shaughnessy Scotty O'Brien
in
Edge of Eternity

film of the wounder of the world groundcanyon
in Cinema Scope

with
Edgar Buchanan Sheriff Edwards
Rian Garrick Bob Kendon
and
Jack Elam Bill Ward
Alexander Lockwood Jim Kendon
Dabbs Greer Gas Station Attendant
Tom Fadden Eli Jones
Wendell Holmes Sam Houghton

スタッフの紹介
associate producerもドン・シーゲルがやってます。
タイトルバックはグランドキャニオンです。

グランドキャニオンの崖の上に建物があります。
あとでわかりますがこれがロープウェイ式運搬機の動力小屋です。
道があってクルマが走る。で、人が隠れてる。

クルマのオッサンが降りて双眼鏡でグランドキャニオンを見物してる。
そんなところを隠れていた男がクルマに忍び寄る。
サイドブレーキを外してクルマを押し出してオッサンを崖下に転落させようとする。
これに気がついたオッサンがクルマを避けて反撃し格闘アクションになってます。
クルマは転落して潰れています。低予算なのか爆発はしない。
オッサンはなかなか強くて襲ってきた男を崖下に蹴り落とす。意外な展開だ。
ズタボロなオッサンは崖上の建物に歩いて向かう。

山坂道の遠景です。
上から古いクルマ、下からパトカーが移動中。
古いクルマのオッサンはパトカーの警官に怪しい男を見たと訴える。
しかしこのオッサン、イーライは常習の通報者なのであまり聞いてもらえない。
警官はレス・マーティン警部補。制服です。

そんなとこを黄色いオープンカーが物凄い勢いで坂を下る。
レス・マーティン警部補はパトカーが追います。イーライは放ったらかし。
オープンカーは女の子が運転してる。

しばらくカーチェイスになってます。
シボレーかキャデラックの組み合わせだと思ったら、フォードの組み合わせでした。
コマ落としもあるけど結構なスピードで飛ばしてます。

コンテナや塀に隠れてやり過ごす黄色いオープンカーですがパトカーにご用になる。
これでお知り合いになる展開のようです。昔の映画はいいな。
免許証から名前はジャニス・ケンドン。
社会に溶け込めない変な家庭だったのよと言ってるジャニス。
そんなこんなで30キロオーバーの切符を切るレス・マーティン警部補。
次は逮捕ですよとなってます。

廃鉱山にて。
先ほどの古いクルマがやって来ます。帰宅してるらしい。
ケンドン金鉱球事務所にて。ここに帰宅するイーライ。
ドアの鍵が開いてます。中に入ると荒らされています。これはビックリのイーライ。
で、男が首吊りになってます。またビックリのイーライ。
そんなわけで電話で通報するイーライ。
首吊りですが後ろ手に縛られています。そうなると自殺ではなく処刑です。

時間が経過して警察が来ています。
オッサンの保安官とレス・マーティン警部補他が来てます。
イーライはレス・マーティン警部補に文句を言う。早く来てくれればと・・・

交通違反ではなくイーライの通報を聞いてればと悔いが残るレス・マーティン警部補。
オッサンの保安官は気にするなと言ってくれる。
溶暗になります。

町にて。
パトカーが来てレス・マーティン警部補がGSで聞き込みをする。
死んだ男のことを聞くがわからん。

中古車屋にて。
聞き込みをするレス・マーティン警部補。
ここでクルマを買ったR・E・ウォーレス。トラムラーモーテル。これしかわからん。
また黄色いオープンカーがすっ飛ばしてますが追うのはやめてる。

モーテルにて。
フロントのおばさんにR・E・ウォーレスのことを聞くレス・マーティン警部補。
その人は8号室ですと案内するおばさん。
8号室に入ると部屋は荒らされています。片づけようとするおばさんを殺人事件だととめてるレス・マーティン警部補。

モハベ郡裁判所にて。ここに保安事務所もあります。
上司保安官とレス・マーティン警部補は遺留品を調べる。
証拠が全くない。服やトランク等に名前が入っていない。おかしいとなります。

イーライの自宅、ケンドン金鉱旧事務所にて。
何か思い出せとイーライに聞くレス・マーティン警部補。
崖の縁を越えた、バケットで踊る・・・
これでは何だかわからんレス・マーティン警部補。バケットとは運搬機のことか?となる。
イーライに口止めして調べに行きます。

グランドキャニオン上空にて。
軽飛行機で調べているレス・マーティン警部補。あとはパイロットが1人。
ここはサービスシーンで空撮のグランドキャニオンの景色を見せて観光映画といった感じです。

ロープウェイのバケットがあります。
近くに着陸してる軽飛行機。これは便利な乗り物だ。

事務所に言って聞き込みのレス・マーティン警部補。
オッサンが出てきます。名前はウォード。
ウォードはジャック・イーラムが演じてるので顔からして犯人だろとうなるが、まだわからん。

あれは運搬機でバケットとは言わないと説明するウォード。
しかし揺れるとこをダンシングバケットとも言うとのこと。
それで消えた作業員のチャーリーを探してるウォード。
向かいの谷底には50万トンのコウモリの糞が積もってる。これを掘り出して肥料として出荷してる。
で、チャーリーはラスベガスにでも行ったのでは?と言ってるウォード。
向かいの谷には洞窟と崖とコウモリの巣しかないと言ってます。
バケットに乗るか?と言われるが断ってるレス・マーティン警部補。

このへんの印象は普通のサスペンスです。
カラーで昼間のシーンが多いのでフィルム・ノワールという感じはしない。
鉱山や山坂道ばかりで夜の街は全く出てこない。

パトカーが移動中のレス・マーティン警部補。
酒場に来ています。主人の名前スコッティ。
チャーリーのことを聞くレス・マーティン警部補。
そのうちにラスベガスに行こうと盛り上がる。

酔っぱらった若い男がクルマで帰ると言いはじめる。
少し寝ていけと言ってるスコッティ。
そうなるとレス・マーティン警部補は介入する。
免許証からアリゾナ州のボブ・ケンドン。ケンドンとはよく聞く名前です。
ジャニスの名前が出て、ボブを送ることにするレス・マーティン警部補。

ケンドンの自宅にて。
パトカーが到着してます。
ボブを連れて行くレス・マーティン警部補。
プール脇にジャニスがいます。ボブはジャニスの旦那でなはく弟でした。
ボブをプールに落としたりしてるところ父親のケンドン氏が出てきます。
父親とボブは不仲なようです。

レス・マーティン警部補、ジム・ケンドンと自己紹介になります。
わが社の古い事務所で死体が発見された。
ジム・ケンドン氏は化石の研究をやっててすぐにいなくなる。

レス・マーティン警部補とジャニス。
君に切符を切ってる間に1人の男が殺されたと話すレス・マーティン警部補。

モハベ郡裁判所 保安事務所にて。
レス・マーティン警部補のところにウォードが来ます。
チャーリーの腕時計を発見したと知らせです。崖附近の岩陰で見つけた。
子供用の安物ですがお守り代わりに大事にしていた。捨てるわけがない。

テレタイプです。
各州の警察へ、チャーリー・パイパーの犯罪歴等の情報を求む。
年齢35、身長184、髪は黒、目は茶色、
最後に目撃されたのはグランドキャニオン・・・

飛行機が飛んでます。双発の小型飛行艇です。
乗ってるのはレス・マーティン警部補、ウォード、パイロットの3人。
またグランドキャニオンを飛行する観光映画になってます。

あそこだと転落した黄色いクルマを発見します。
近くに着水する小型飛行艇。これは便利な乗り物です。

現場にて。
死体がありました。チャーリーの死体です。
ラスベガス銀行の通帳がありかなりの大金が入ってる。それに現金も持っている。
そんな感じで何だか怪しいチャーリー。
それはともかく遺体の回収をやってます。

川から離陸する双発小型飛行艇。全く便利な乗り物です。空のタクシーみたい。
それから川に沿って飛んでます。いい観光映画といった感じ。

ケンドン金鉱の旧事務所にて。
パトカーでレス・マーティン警部補がやって来ます。しかしイーライは不在。
ここでパトカーはフォードだと気がつく。シボレーではない。

そのへんにいるのでは?と歩いて探すとジャニスがいました。
そんなわけで話し込んでいます。
イーライは町に買物なのではとジャニス。

それから昔の鉱山の話しをするジャニス。
ここには1万人はいた。発破の大音響。20年ぐらい前のことだそうです。
まだ金は掘れたけど戦争で動員が入り廃鉱になりここから人がいなくなった。
ジャニスはニューヨークの大学に行ったとのこと。
イーライはフェンス修理が専門で警備をしてるわけではない。

それからデートしてくれない?と聞くジャニス。
明日の7時に迎えに行くとなるレス・マーティン警部補。

ジャニスがオープンカーが帰るところで誰かがいたりします。
レス・マーティン警部補が戻ってきて気がつく。

怪しいオッサンです。関係ないだろと非協力的です。
それでもサッズ・リースと名乗る。双眼鏡を首にぶら下げてる。帽子も怪しい。
そのうちに暴れ出すので威嚇射撃してるレス・マーティン警部補。
公務執行妨害で逮捕してます。後ろ手に手錠をかける。
双眼鏡にはR・E・Wとイニシャルが入ってます。殺されたオッサンの物です。
双眼鏡は拾ったと主張するサッズ・リース。

保安事務所にて。
サッズ・リースを連行してくるレス・マーティン警部補。大騒ぎになってます。
殺人容疑になってるサッズ・リース。
しかし上司保安官が出てきてサッズ・リースは昨日午後釈放になったばかりだと言う。
そんなところにホートン検事から上司保安官に電話となる。

事務所にて。
電話に出る上司保安官。レス・マーティン警部補もいます。
このへんで上司保安官の名前がエドワーズとわかる。

町長が殺人犯を早く捕まえろと圧力を掛けに来た・・。
これがホートン検事の用事です。
次の保安官選挙の思惑もある。エドワーズ保安官の敵というわけです。

エドワーズ保安官は別の検事からのネタを話してホートン検事の面目を潰す。
そうなると口論になるエドワーズ保安官とホートン検事。
何だか違う話しで盛り上がってます。

ケンドン家にて。
ジャニスと父親。何か言いたそうな父親のケンドン氏。
そんなところにレス・マーティン警部補が迎えに来ます。
それでオープンカーで出かける2人。

オープンカーで移動中です。
レス・マーティン警部補とジャニス。
金鉱から盗掘の話しになります。ある程度を量がないと儲けが出ない。
金の運搬や換金もあるし、そんなにおいしい犯罪ではないと言うジャニス。
換金の方はメキシコに運ぶようです。
デートですが最初はスコッティの店に行くようです。

スコッティの店にて。
ここに来たオープンカーのヘッドライトは点灯してます。
そうなると昼間のようですが夜にしてるらしい。『アメリカの夜』方式です。
ボブのステーションワゴンもある。ここに来ているようです。
弟は地質学者のはずだと話すジャニス。それが飛行機ばかり乗ってる。

店内にて。
ボブに昨夜どこに行ったと聞いてるジャニス。
それからお酒をやめなさいよと言うジャニス。
スコッティに怪しい者が来たら連絡してくれと話すレス・マーティン警部補。

ダンスホールにて。
食事とダンスになってるレス・マーティン警部補とジャニス。
普段は家事をしてると話すジャニス。
それで相手のことを互いに聞く。

レス・マーティンはコロラド大学で司法試験に受かり弁護士を目指した。
殺人課の仕事を見て面白そうなので警察に入った。
夫人がいたけど死別した。それに仕事も上手くいかなくなって転々とした。
そんなとこをエドワーズ保安官にスカウトされた。
そんなところに郡検事のホートン氏が通り掛かり挨拶となる。それだけ。

ケンドン金鉱旧事務所にて。
ラジオドラマを聞いてるイーライ。テレビかと思ったらラジオでした。
壁の写真を見て何か気がついたイーライ。電話で通報しようとする。

そんなところにノックの音がします。
顔見知りのようです。しかし姿が映らないのでわからん。
イーライは殺されたケンドンさんの隣りにいるのが・・・と話そうとする。
成り行きで果物ナイフを渡していたイーライ。いきなりブスリと腹を刺されます。
こたれでイーライは退場になります。

保安事務所にて。
事務所ではなく法廷で査問会になってます。
殺人事件の操作が手ぬるいとレス・マーティン警部補が吊るし上げです。
ジャニスが遅れて傍聴席に着く。
イーライが殺されたばかりなので町全体のボルテージが上がってます。
もう殺人事件が3件だ・・・。

デンバーの話しを持ち出すホートン検事
レス・マーティン警部補はデンバーで誤認逮捕をした・・・
エドワーズ保安官は今回の件とは無関係ですと抗議するが判事は続けさせる。
ホートン検事は何で交通違反を優先させたと責める。
同時に殺人事件があるなんてわからんとぶち切れてるレス・マーティン警部補。
そんな感じで吊るし上げ大会になってます。

保安事務所にて。
レス・マーティン警部補とエドワーズ保安官。
翌日で新聞が届けられてます。見出しは見るまでもない。
市民委員会が決議云々・・・
そんなわけで辞めますかと聞いてるレス・マーティン警部補。
エドワーズ保安官は辞めなくていいとしてます。

そんなところにジャニスが来ます。
証拠品の黒いジャケットを見てノーマン・ジェームズの名前を出す。
高級服を作る人でニューヨークで店をやってる。丸い襟とおかしなポケットが特徴。
このジャケットはニューヨークで作られたと断言するジャニス。そういえばニューヨークの大学に行ってました。

レス・マーティン警部補はテレタイプでニューヨーク市警に問い合わせる。
ノーマン・ジェームズに依頼した客を調べる。

ランデル・E・ウィットモアとわかります。ケンドン金鉱の副社長。
そうなると関係者となります。現在は主張中になってる。
レス・マーティン警部補はケンドン社長の事情聴取に行く。

ケンドン家にて。
レス・マーティン警部補が来ます。まずはジャニスと話す。
お父さんは?、ボブと口論中とのこと。

そんなことにとお構いなしで事情聴取をするレス・マーティン警部補。
ケンドン社長にウィットモア副社長のことを聞く。
ニューヨークで5月にあった株主総会で会ったと話す社長。それ以来会ってない。
ウィットモア副社長は旧事務所で殺されていたと伝えます。全く知らなかった社長。遺体の確認をして下さいとなってます。
副社長がここに来ていたことも知らなかった社長。
そんなところに電話がかかってきます。これはボブにでした。すぐに出かけるボブ。

レス・マーティン警部補は金鉱の盗掘の話しをする。
社長はそれは違うと言う。簡単には掘れない。発破をかけないと掘り出せない。発破は大音響なのでまわり中にわかってします。
それでも条件が合えば小型削岩機でも掘れると言う社長。
しかし儲けを出すには大量の金が必要、それに換金は?という問題を指摘する社長。

レス・マーティン警部補は金が130キロもあれば7000ドルの儲けは出るしトラックで運べると指摘する。
そんなとこでジャニスもオープンカーで出かけたようです。
社長に2人はどこに行った?と聞きます。ボブは会社の滑走路だろうと言う社長。
レス・マーティン警部補もパトカーで急行する。

会社の滑走路にて。
ボブのステーションワゴンが止まってます。
軽飛行機に荷物を積んでる男がいます。これが酒場の主人スコッティだったりする。
スコッティに自宅に電話するなと抗議するボブ。
メキシコで換金してリオに高飛びするぜと言ってるスコッティ。

チャーリーはドジって崖から落ちたと話すスコッティ。
スコッティが変なオヤジ=副社長に盗掘を見られたので殺せと命じた。
どうやらイーライを殺したのもスコッティのようです。
副社長を吊るしたのもスコッティだ、たいした連続殺人鬼です。

そんなことをしたら捕まるぞとボブ。
しかしスコッティは飛行機を操縦しろとボブに強要する。早くズラかろうぜと殺人のことは全く気にしていない。

ボブが操縦を断るとリボルバーを出してくるスコッティ。
もみ合いになってリボルバーでボブが撃たれる。

そんなとこにジャニスのオープンカーが着きます。
ボブが大変となってるジャニス。ボブは死んだようです。
スコッティの方はトラックのキーを抜いたりと小細工に励む。

スコッティはジャニスを人質にしてオープンカーを走らせてズラかります。
ようやくレス・マーティン警部補のパトカーが接近する。
リボルバーでパトカーを撃つスコッティ。パトカーはラジエーターとタイヤに穴が開いてストップする。
他のクルマはキーを抜かれてる。そうなると無線で応援を頼むわけです。
スコッティがボブを殺しジャニスを人質にして逃走中。手配を頼む。

警察にて。
パトカー3台が出動となってます。

オープンカーにて。何だか100マイル/h近く出てます。もっと出せとアクセルペダルを踏むスコッティ。

パトカーは非常線を張ってますがあまり意味はなさそう。

滑走路にて。
エドワーズ保安官のパトカーが来てレス・マーティン警部補を乗せて移動する。

オープンカーにて。
ラジオをかけると音楽が鳴ってる。

他の飛行場にて。
ヘリコプターにレス・マーティン警部補が乗る。
双発小型飛行機にはエドワーズ保安官が乗る。
2台並んで離陸となってます。絵になるシーンです。センスがいい。
それでヘリコプターは双発小型飛行艇から撮ってるのかもしれない。

オープンカーにて。
それから臨時ニュースになって事細かにこの事件を伝える。
ボブが殺され、姉が人質、犯人はスコッティ・・・
スコッティの逃走経路まで伝えてます。広いミード湖をボートで行方をくらます・・・
そんなわけで違う道にしてるスコッティ。報道のやり過ぎだ。

ミード湖にて。
飛行艇が着水してます。パトカーも来てる。
しかしスコッティのオープンカーは来ない。
そんなわけでヘリコプターのレス・マーティン警部補に別の道を捜索してくれと連絡する。

ヘリコプターは捜索中。
グランドキャニオンに来てます。また空撮でいい景色を見せてます。
オープンカーが来てます。ここに逃げ道があるのか?と思える。

崖上のバケットのロープウェイにて。
小屋に押し込むスコッティ。ウォードをリボルバーで言うことを聞かせる。
俺とジャニスを乗せて向こう側へバケットを動かせ。そうしないとジャニスを殺すとなる脅迫するわけです。

ヘリコプターは崖上に接近してます。
無線でクルマのことはサンダーバードがあると言ってます。そうなるとシボレーではなくフォードとなります。
とても便利なヘリコプターですが、航続距離が短く、意外と高い高度が飛べない等のマイナスポイントがあるようです。

湖にて。
水上艇はヘリコプターから無線連絡でグランドキャニオンに向かう。

崖上にて。
ヘリコプターは着陸する。レス・マーティン警部補はロープウェイに向かう。
脅かされたウォードはロープウェイを作動させる。結局ジャック・イーラムは普通の人の役でした。珍しいものを見ました。
レス・マーティン警部補はバケットに飛び乗ってます。凄いスタント。

バケットにて。
もう随分と進んで空中です。目が回りそう。
スコッティはレス・マーティン警部補に気がついていきなり撃ったりする。帽子が吹っ飛んでる。

今度はジャニスが落ちそうになってます。これは大変。凄いスタント。
バケット上では殴り合いになってます。
ジャニスは何とか自力で戻ってます。無線でバケットを止めてと連絡する。
マジで止まるバケット。
そうなるとバケットが止まった勢いで揺れる揺れる。凄いスタント。

今度はスコッティが落ちそうなってぶら下がる。凄いスタント。
レス・マーティン警部補は手錠をぶら下げて何とかしようとしてる。
しかしスコッティは遥か上空のバケットから落ちます。間違いなく死亡です。

ようやく再会するレス・マーティン警部補とジャニス。抱き合います。
無線でウォードにバケットを戻してくれと頼みます。ゆっくりだと付け加えるレス・マーティン警部補。

字幕です。
肥料会社と石炭石油会社の全面的な協力に心より感謝します。
エンドとなります。


そんなわけで普通のサスペンスアクションのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『突撃隊』 | トップページ | Hollywood Express #722◆2017.05.06(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/65248907

この記事へのトラックバック一覧です: 『グランド・キャニオンの対決』:

« 『突撃隊』 | トップページ | Hollywood Express #722◆2017.05.06(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。