映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #722◆2017.05.06(土) | トップページ | 『NITRO ニトロ』 »

2017.05.13

『1800cc』

この作品は、フィリップ・ゲラット監督、パトリック・ブリーン、アレクサンドラ・チャンド主演の風変わりなサスペンスドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2011年 Reno Productions/Safehouse Pictures/Cinergy Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆87分
原題◆The Bleeding
プロット◆村八分一家が殺人鬼と遭遇して色々とある話しのようです。
音楽◆Hildur Guðnadóttir

キャスト
パトリック・ブリーン→グレーの服のニック

アレクサンドラ・チャンド→風変わりなグロリア
リチャード・ベキンス→旦那のマット
ベッツィ・アイデム→夫人のマリリン
チャーリー・ヒューソン→息子のクエンティン
ニーナ・リサンドレロ→クエンティンのガールフレンド リン

フィリップ・ゲラット監督の演出はよいと思います。
全体的によく出来てます。
1800ccといってもカーアクションではない。これが言いたいだけでDVDを買ったのかもしれない。
何となく『疑惑の影』(1943年)みたいな感じになってます。オッサンとヒロインが似た者同士で対比したキャラ設定がそうなる。

ジャスティ/ファインディスクコーポレーション発売のDVDにて。
画質は普通です。DVDクオリティ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声はドルビーデジタル2.0ch 普通のstereoらしい。

ノイズは演出表現ですのアラート

Reno Productions
Safehouse Pictures
タイトル
Reno Productions
Safehouse Pictures
in association with Cinergy Pictures
present

Patrick Breen Nick
Alexandra Chando Gloria

The Bleeding House

Betsy Aidem Marilyn
Nina Lisandrello Lynne
Charlie Hewson Quentin
Richard Bekins Matt

スタッフの紹介
タイトルバックはチューブから血が垂れてます。
他には骨があります。

いきなり火事です。普通の一軒家みたい。
すぐにシーン転換します。

燃えた家とは違う普通の一軒家にて。白い壁です。
庭に女の子が登場。箱に何か入れてるようです。

この自宅に戻る女の子。あとでわかりますが名前はグロリア。
グロリアは見つからないように自室に入る。
虫の標本のクローズアップが入ってます。壁に飾ってるある。
箱の中味は小鳥でした。何の種類なのかわからん。

屋根裏部屋にて。
おばさんが登場。名前はマリリン。ここの夫人です。
何やら作業して赤ペンキをこぼす。

旦那が登場。名前はマット。
電話してます。職探しらしい。
マリリンの赤ペンキを血だらけと勘違いして慌てているマット。

マリリンの部屋には何故かライフル銃があります。
ベッド下にしまうマリリン。

兄のクエンティンとガールフレンドのリンが登場。
内緒で来ているリン。早く一緒にこの家を出ましょうと主張するリン。

台所にて。
マリリンは包丁を使い終わると引き出しにしまって鍵をかけています。

食事です。
マットとマリリン。クエンティン、グロリアの4人。
寒々とした感じの食事になってます。
グロリアはブラックバードと声をかけられる。意味がわからん。
クエンティンはここから出たがってるが金銭的な問題もあって出られない。
燃やしたという話題になる。何を燃やした?
どうやらこの一家は何か問題を起こして村八分になってるようです。
マットは仕事はダメだったと話す。また雰囲気が悪くなってます。
クエンティンはグロリアに自分達は閉じこめられて母さんに見張られていると言う。
フラッシュバックで色々と入ります。

玄関前にて。
クエンティンがいると男が声を掛けてくる。
マットが相手をします。クエンティンはクルマで出かける。
グレーのスーツの男。クルマが故障した。修理は呼んだ。
そんなわけで一晩だけ泊めてくれとなります。

これには難色を示すマット。うちは人間関係が苦手となってます。
男の名前はニック。何故ここへ?と聞くマット。
ニックはクリーブランドから来た。ハイウェイの景色に飽きて裏道に来たと言う。

マットは毛布を貸してクルマで寝てくれと言う。
妙に物分かりがいいタイプのニック。
そんなところにマリリンがニックに泊まってくれと言ったりする。気が変わったらしい。
泊まることになるニック。

食事です。
マットとマリリン、ニック、それにグロリア。
ニックは教会通いはちゃんとやってるようです。
グロリアにブラックバードと言うニック。意味がわからん。
ニックの仕事は人を切り裂くこと。要するに外科医だそうです。
成り行きでグロリアは2階の自室に行かされる。

家族のことを聞かれるニック。
外科手術で徹夜して帰宅したら夫人と子供は死んでいた。
自分が発見したと話すニック。犯人は捕まっていない。

グロリアの部屋にニックが来てます。
壁の標本を素晴らしい標本だと褒めてるニック。
マリリンが来てニックを客間に案内しようとしたら箱から鳥が逃げてしまう。
ようやく捕まえてるグロリア。
マリリンが鳥を渡しなさいと要求するとグロリアは鳥を絞めて殺してしまう。
ここでも物分かりがいいニック。難しい年頃ですよで片づける。
ニックのカバンの中味は医療器具が詰まってるようです。

このへんの印象ですが思っていたのと違ってます。
普通のサスペンスアクションとは違う。

屋根裏部屋にて。
ニックを案内してるマリリン。
マリリンが何の作業をしていたのかはわからん。
ニックはグロリアのことを聞く。力になろうかと言ってます。
以前泊めてもらった家族の話しをするニック。

その頃自室のグロリアは針金を使ってドア外側の掛け金を外してます。
ドアを開けて鳥の死骸も持って外に行ってしまうグロリア。

屋根裏部屋にて。
泊めてもらった家族の話しを延々としているニック。
いきなりマリリンを殴打するニック。黒味になります。

リビングにて。
TVを見ているマットにコンタクトするニック。
ニュースからブルワーズの試合を観ようと言うマット。
私はレンジャーズファンですと話しを合わせてるニック。
コーヒーでもと言われたニックは自分でやると台所に行く。
砂糖は?と聞かれてマットは台所に行く。
台所に入ったとこで殴打されて昏倒するマット。

2人を拘束して作業にかかるニック。カバンに道具が入ってます。
電動ポンプがあります。チューブ。注射器。色々とあります。
で、注射器を使うニック。
黒味になります。時間が経過します。

グロリアが帰宅します。階段を登ろうとするとニックが声を掛けてくる。
色々とグロリアに言ってるニック。母と娘の関係等・・・
ベル家の話しもするニック。これは重要なことらしい。
君を救いにきたと言ってるニック。段々と常軌を逸してきます。
グロリアはいきなりロウソクでニックを殴打して逃げる。

天井から階段が降りているので屋根裏部屋に逃げたらしいグロリア。
ニックを余裕たっぷりで階段を登る。

屋根裏部屋にて。
お母さんの形見が壊れるぞとその辺を壊しながらグロリアを探すニック。

そんなとこに出かけていたクエンティンが帰宅します。
ガールフレンドのリンも一緒です。
どうやらクエンティンは家を出るつもり。
そんなわけで荷物をまとめてくると言ってる。リンは喜んでます。

この隙にグロリアは外に逃げています。
リビングに戻ってるニック。

クエンティンとリンは盛り上がってキスしてます。
ここでクエンティンは誰か起きたと思って説明しに行く。

クエンティンはいきなりニックと遭遇する。
何だか思い切り刺されたみたい。

リンは外で待っています。
ようやく外に出たクエンティンは逃げろと言ったとこでナイフで咽をかっ切られる。

リンは庭先の壁の影に隠れてる。
ニックはクエンティンのガールフレンドがいるとは知らない。
庭のバケツでナイフを洗ってます。そのまま戻る。
リンを森に逃げる。

台所にて。
クエンティンに死体に下にのお皿を置いて血を溜めてるニック。
彼女にはサプライズが待っていると余裕タップリのニック。

森にて。
リンはグロリアとコンタクトしてます。これは偶然です。
グロリアと一緒に森を抜けるルートを通るリン。少なくともグロリアがそう言ってる。

自宅にて。
リビングのイスに拘束されているマットとマリリン。
ようやく気がつくマット。何がどうなってる?となってます。
ニックに何故こんなことをと非難するマット。
目的はあなたではなく彼女だと言ってるニック。グロリアのことらしい。

マットは夫人の放火癖を矯正した。
ニックは町に着いた時にすスミス家の話しを聞いたようです。
そうなるとニックがスミス家に恨みがあるわけではない。
僕の使命だと言ってるニック。

マットの血で額に十字を描くニック。
作業中にシャツに血がついたニック。シャツと下着を脱いで洗濯となります。
服を脱いだらマットの体中に傷跡があります。
洗濯機を使ってるニック。

森にて。
徒歩で移動中のグロリアとリン。
クルマのヘッドライトが見えます。そこに向かう。

森のクルマにて。
リンが助けを求めに行く。
女性がいます。普通に見えます。少し意地が悪そうだけど。

グロリアはいきなり女性を石でめった打ちにする。
これでこの女性は退場となります。
驚愕するリン。グロリアはナイフを持っていると見せる。
私たちを殺そうしていたと主張するグロリア。
このクルマですが携帯電話もクルマのキーもないとか。どうしようもない。
グロリアがトランクを開けると小さいビンが大量に積まれています。何だかわからん。
中味は血だとわかります。

自宅にて。
マリリンとマットは一緒に血を抜かれてます。
ようやく気がつくマリリン。何故かマットに謝罪してる。
ニックはベル家の話しをする。どうやら火を点けたところです。
マリリンはベル家の旦那と不倫をしていた。ふられたので火を点けた。
それでベル家は全員焼死した。

マリリンは弁護士のマットに無罪にしてもらった。
しかし家庭は崩壊。それに村八分にされた。
ニックはマリリンの額にも十字架を描いてきます。
マットは自由になったと言ってるニック。そんなわけで血を抜かれたマットは退場となります。

ニックは自分の夫人の話しをする。
徹夜の外科手術から帰宅すると夫人と子供は心中していた。
何だかは前と話しが違うような気がする。
そんなわけでこの世には無慈悲な人間が必要だとなったニック。
それが自分だとなるわけです。自分が不必要だ判定した人間を殺し回ってるようです。
いわゆる使命感を持った連続殺人鬼なわけです。闇の処刑者を自称してるニック。
グロリアの問題をマリリンに聞くニック。

庭にて。
フラッシュライトを持ったニックは庭を調べ回る。
血がついた石が置いてあります。血がついた袋もある。

何やら仕掛けがあります。
重りの骨がついた紐を引っ張ると開いて中には骨が詰まっています。
これを興味津々で見ているニック。それから先ほどの鳥の死骸も見つける。

自宅にて。
戻ったニックはわざわざポンプを止めてマリリンに骨を見せる。
また外に行くニック。

森にて。
今度はパトカーに遭遇するリンとグロリア。
リンが必死こいて呼んでます。パトカーは止まる。
お巡りの1人はトム。リンとは顔見知りです。これでここは小さい町だとわかる。

グロリアとリンを後席に乗せて走り出すパトカー。
お巡りはリンの話しを全く本気にしない。

自宅にて。
マリリンは何とか手の拘束から抜ける。注射針も抜く。痛そう。
階段を四つんばいで登ってるマリリン。

パトカーにて。
リンが町に行ってくれと頼むのに署の方針だとかでスミス家に向かってる。

自宅にて。
マリリンは自室のライフル銃をとろうとする。
そんなとこにニックが来てしまう。また骨を拾って持ってきた。

ニックはナイフをマリリンに渡してる。
実はグロリアが殺人をした。それをかばうためにマリリンが放火したらしい。
ナイフでマリリンの咽をかっ切るニック。これで退場となるマリリン。
そんなとこにパトカーが来てしまう。低いサイレン音でニックは気がつく。

パトカーにて。
リンはお巡り2人に家に行ってはダメと言うがお巡りは行ってしまう。
玄関付近は血まみれなのでさすがにハンドガンを出して入るお巡り2人。

ニックはライフル銃を持って外にいました。
パトカーに向かって静かにと指を立てる。それで玄関から入る。

しばらくして自宅内から銃声が聞こえます。撃ち合ってる。
お巡り2人がヨロヨロと出てきます。1人はそのまま倒れ、もう1人はニックにナイフでとどめを刺される。

パトカーにて。
これは大変となるリン。グロリアは無反応でどうでもいい感じ。
ハンドガンを持ってニックが来る。リンを自宅に連れて行く。
グロリアは置き去り。パトカーの後席ドアは中から開かないはずなので逃げないと思ったらしい。

グロリアは前席と仕切り窓から抜け出し前席に出る。
体の小さな女の子の利点を生かして脱出してます。

自宅に入るグロリア。
中には死体が3体。マット、グロリア、クエンティンの3体が並んで寝かされている。
ベル一家皆殺しはどうやらグロリアがやったようです。そのあとにマリリンが放火した。これが真相のようです。

ニックとグロリア。
グロリアに君は自由だ。君は特別だと言ってるニック。

リンがテーブルに拘束されています。
ここにグロリアを連れてきたニック。
まずはリンの手首を少し切って額に十字を描く。
それからグロリアにナイフを渡してリンの腹を刺せと仕向ける。
しかしグロリアは思い切り空振りさせてニックのふとももを刺す。
リンを助けて一緒に逃げるグロリア。
ニックは何とかナイフを抜いてます。

ニックは外に出てグロリアを呼ぶ。
グロリアとリンはパトカーの影に隠れています。固まってる。
言うだけ言ってニックは自宅に戻る。

森にて。
走って逃げるグロリアとリン。グロリアはハンドガンを持ってます。
リンはグロリアにクエンティンはこの真相を知っていたのか?と聞く。グロリアの反応はない。

私を探すなと行ってリンから離れるグロリア。
1人になったリンは町を目指して歩く。

自宅にて。
ふともものキズを自分で縫っているニック。商売柄慣れてます。
それから帰り支度をしてます。洗濯したシャツを着ている。
カバンに荷物を詰め込む。抜いた血をビンに保存してる。
そうなるとあのクルマはニックのクルマだ。あの女性は相棒というか手下なのか?
ここを出るニック。ちゃんと電灯を消してます。

例のクルマにて。
ここに戻ったニック。相棒の女性をベスと読んでます。
グロリアですがクルマの下に隠れています。
後席に相棒の女性の死体を発見するニック。あまりあわてない。

いきなりグロリアはニックの足にロープをかける。
そのままクルマの反対側に出てニックの手を手錠でハンドルにつなぐ。
これでニックは拘束されたわけです。
もみ合いになってグロリアはハンドガンを撃つ。当たってる。

撃たれたニックですが何故かまだ余裕で減らず口は全開モード。
小康状態となるがそれでグロリアとニックはどうする?。

ベスはニックがスカウトして連れていた相棒のようです。
魂云々と話すニック。
魂なんてないとグロリア。カバンからナイフを取り出しニックの首をかっ切る。
ニックも負けずにグロリアの首を絞める。

まだ自信満々のニック。自分で額に十字を描く。
今頃になって家族なんないいないと言ってるニック。全部作り話だったようです。
君のような娘が欲しかったとニック。
そんなこんなでニックは死に至る。

グロリアはクルマから離れます。
そのまま道路を歩いて闇の中に消える。
エンドとなります。


そんなわけで風変わりなサスペンスのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #722◆2017.05.06(土) | トップページ | 『NITRO ニトロ』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/65274748

この記事へのトラックバック一覧です: 『1800cc』:

« Hollywood Express #722◆2017.05.06(土) | トップページ | 『NITRO ニトロ』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。