映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『デス・プラン 呪いの地図』 | トップページ | Hollywood Express #719◆2017.04.15(土) »

2017.04.16

『謎の空飛ぶ円盤』

この作品は、マイケル・コンラッド監督主演のUFO物スパイサスペンスのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1950年 Colonial Production アメリカ作品
ランニング・タイム◆74分
原題◆The Flying Saucer
プロット◆UFOを調べにアラスカで色々とある話しのようです。
音楽◆ダレル・カルカー

キャスト
マイケル・コンラッド→主人公のマイク・トレント
パット・ギャリソン→当局のヴィー・ラングリー

ラッセル・ヒックス→当局の上司ソーン。
ジョージ・バクスター→知人のフレッド・バーンサイド

ロイ・エンゲル→ロートン博士
デンヴァー・パイル→ロートン博士の助手ターナー

ハンツ・フォン・ティーフェン→怪しい使用人のハンス
アール・ライオン→ロシアスパイのアレックス (as Erl Lyon)
レスター・シャープ→ロシアスパイ団の親玉

フランク・ダリエン→マット・ミッチェルじいさん
ヴァージニア・ヒューイット→酒場のネネット

マイケル・コンラッド監督の演出はよいと思います。
全体的にアラスカ物スパイサスペンスになってます。B級SFかと思っていけど全く違ったのでこれはビックリ。
UFOですが存在はしてますがは地球外物体ではなかった。これは意外でした。

有限会社フォワード/WHDジャパン発売のDVDにて。
画質はそれなりに悪い。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル2.0ch

著作権のアラート
WHDジャパン
フォワード
音質画質が悪いですのアラート

前説字幕が入ります。
日本語字幕が付いてないので何だかわからん。
映画の本筋とは関係ないみたい。

タイトル
Colonial Productions presents
The Flying Saucer

starring
Mikel Conrad Mike Trent

and featureing
Pat Garrison Vee Langley
Hantz von Teuffen Hans

with
Lester Sharpe Col. Marikoff
Russell Hicks Hank Thorn
Frank Darien Matt Mitchell
Denver Pyle Turner
Roy Engel Dr. Carl Lawton
Garry Owen Bartender at Ernie's
Virginia Hewitt Nanette
George BaxterFred Burnside
Philip Morris Dreamland Bartender
Robert Boon Barge Captain

and introducing
Earle Lyon Alex Muller (as Erl Lyon)

スタッフの紹介
この作品はマイケル・コンラッドのワンマン映画のようです。

山の中にて。
あとからわかりますがアラスカ山中です。
男が歩いてる突然物凄い勢いでUFOが飛ぶ。

新聞の見出しです
マイアミに円盤が出現
ニューヨークで円盤を目撃
今度はアイダホで出没
そんなモンタージュが入ります。
円盤はフライングソーサーとなってます。

中年の御婦人がいきなり悲鳴を上げると新聞の見出しにつながる。
ニューヨークで円盤を目撃
これを読んでる主人公のマイク・トレントが登場。

ここはワシントン当局のオフィスです。
呼ばれたマイクと当局のソーン。
マイクは円盤なんて本気にしていない。
それに対してソーンは大まじめです。円盤を目隠しにロシアが何かやってる・・・

マイクにアラスカに行ってロシアが何をしてるか調べろは依頼するソーン。
アラスカはマイクの父親の会社があったりしてマイクの地元とのこと。
前任者は最後のレポートを残して行方不明。

嫌がってるマイクはをソーンが説得する。
シアトルから船でアラスカへ移動する予定を話す。
君は病気なのでナースを付けると言ってます。

ナースのヴィーが呼ばれます。実は諜報員。
マイク・トレント、ヴィー・ラングリーと自己紹介になってます。

旅客機で移動中になってます。
船に乗り込み移動中になります。病気ということになってるので一応船員の肩を借りて歩いてるマイク。

移動中の船にて。
船の名前はパサド マナナです。
モノローグが入ります。3日で飽きたと言ってるマイク。

回りの風景が入ります。
巨大イカダには小屋が建ってる。
附近では大量のサケが泳ぎ回る。
船の移動するモンタージュが入る。

クジラが見えるとヴィーを呼ぶマイク。
マジでクジラを撮ってます。カネと時間がかかったと思う。

ジュノーに寄りたいと主張するマイク。酒場で聞き込みが出来る。
この案を却下するヴィー。
マイクはブリッジに入れてもらえず口論も出来ない。
そんな感じでやる気をなくしてるマイク。

船からボートに乗り換えるマイクとヴィー。
エンジン付ボートで移動となります。

目的地の別荘にて。
迎えの男がいます。ボートを着けるマイク。
使用人のハンスですと名乗る迎えの男。

別荘にて。
使用人の前任者ピエールは突然いなくなった。行方不明とのこと。
マイクはふざけてハンスにロシアのスパイとら円盤のことを聞いたりする。

外にて。
マイクとヴィー。
遠くには氷河が見えます。
マイクが説明する。180億トンの氷、10万年前から存在する。

滝があります。
サケが低い段差を越えようとジャンプして急流の登ろうともしている。

シートを敷いてハイキングになってるマイクとヴィー。
何しろ病気療養中なのでそうなる。
2人の後の川には4人ぐらい乗った船が通りがかる。何だかわからん。
ビィーが聞くとサケでも獲りに来たんだろうと答えるマイク。

別荘にて。
もう退屈してるマイク。ジュノーに行きたがる。
ようやく円盤の話しになる。
そんなこんなでヴィーは先に寝る。
溶暗になります。

次の日にて。
ヴィーはハンスと話しをする。
どうやらヴィーは泳ぎに行くらしい。水はそんなに冷たくはないらしい。
マイクが来てヴィーと話し込む。ハンスはドアの影で盗み聞きしてます。怪しい。

泳ぎになるビィー。別荘から見ているマイク。
すぐに泳ぐのはやめてるヴィー。やっぱり寒いのか。

ボートで移動するマイクとヴィー。
あちこち歩き回って調べてるようです。
マイクのモノローグがよく入ります。退屈してるようです。
ボートに戻って別荘に帰るマイクとヴィー。

別荘にて。
戻ったマイクとヴィー。それでどうなる。全然話しが進んでない。
庭でリュックを投げてアメフトごっこをやってます。
それからキスになります。さすがハリウッド映画だ。
そんなとこをハンスが見ています。

別荘内にて。
マイクはヴィー。
キスはやめてと言ってるヴィー。ようやく任務の話しになってます。
そんなとこで何かの騒音がします。外では円盤が飛んでいた。
何か聞こえた?と聞くヴィー。マイクは気にしていない。

ようやく見に行くマイクとビィー。
一瞬ですが円盤をしっかりと見ました。それでどうする。
ハンスが外から入ってきます。何か見たか?と聞くがオーロラではないですかと答える。

マイクは円盤の存在を認めた。それでどうなる。
やっぱりジュノーに行って聞き込みをしたがる。何でそうなる。
ビィーはこの案には否定的。
溶暗になります。

次の日にて。
朝食前に散歩に行くヴィー。
ハンスは怪しさ全開ですぐに銃に目が行きます。

散歩中のヴィー。
何か捜索中かと思ったが普通に散歩みたい。

別荘にて。
マイクが起きてハンスからビィーは散歩に行ったと聞く。
そうなると俺も散歩だと出かける。何故かボートで出かける。
ハンスは銃をとって外に出る。

散歩中のヴィー。
近くの木には熊が登っていて降りてきます。これは大変。
熊は遭遇するヴィー。
ハンスの方は離れたとこで銃を構えていましたが熊がいたので帰ります。

別荘にて。
ヴィーは悲鳴を聞いてご満悦なハンス。上手くいけばヴィーが片づく。

ボートで移動中のマイク。
流氷のあたりを通過してます。

別荘にて。
ヴィーが帰ってマイクを呼ぶ。当然いない。
ハンスに熊の話しをするヴィー。いるんですよと普通に答えるハンス。
で、マイクはボートでジュノーに言ったと話すハンス。
ジュノーにはボートでしか行くことは出来ませんと言うハンス。そのボートはもうマイクが乗っていった。それでヴィーはどうする。
ハンスはナイフを出そうとしてます。

ヴィーは他の船を見つけると交渉しに行く。
そんなわけで速攻で船に乗り込んでます。金鉱の貨物船です。

ジュノーにて。
ボートで到着のマイク。
酒場を回って聞き込みをしてます。一応仕事はしてるわけです。

アーニーズにて。
ここのバーテンに聞き込みをするマイク。
チャック、スパイクと名前を挙げるマイク。知らないと要領得ない。

次々と酒場を回って聞き込みのマイク。当然その度に飲んでます。
今度はマット・ミッチェルの名前を出しているマイク。

アーニーズにて。
ヴィーが船員と来ています。マイクのことを聞くが知らないと答えるバーテン。

マイクの方はマット・ミッチェルを探し回る。
違う酒場に入る。カウンター席の隣りに女性がいます。ネネットと名乗る。
マイク・トレントは新聞で見たことがあるらしい。そうなると酔っ払いのカモなのでコンタクトしてるようです。

そんなところにビィーと船員が来ます。
仕事してとマイクを責めるヴィー。
成り行きでマイクを船員を殴打する。
呆れてビィーはここからいなくなる。

今度はじいさんから呼ばれるマイク。
このじいさんがマット・ミッチェルでした。

いい仕事を見つけたと自慢するマット・ミッチェル。
古い持ち船を貸すだけで1日100ドルとのこと。金回りがいい。
これで聞き込みに成功したとマイクは帰る。

そんなところを近くのテーブル席の男2人が伺ってます。
さっそくマット・ミッチェルに絡むテーブル席の男。

別室にて。
マット・ミッチェルが男に連れてこられる。男の名はアレックス。
どうやらこの一味がロシアのスパイ団のようです。ボートを借りてるわけです。
マット・ミッチェルはそのまた別室に入れられてリボルバーが殴打され昏倒する。

マイクはフラフラ歩いてボートに乗って帰ります。
ヴィーはバーに行くがもうマイクは帰ったと言われる。

別室にて。ロシアのスパイ団がいる。
ロートン博士の助手ターナーが来ます。
円盤は飛びますか?となってます。そうなるとどうなってる。
ロートン博士には内緒でやってると言ってるターナー助手。
実験は成功した。どうやら勝手に円盤の秘密をロシアに売ろうとしてるらしい。
100万ドルを要求するターナー助手。ロシア側もアッサリとOKしてる。
円盤の保管場所も教えているターナー助手。氷河の向こう側の湖。
ロシアに亡命すると聞かれてるターナー助手。

その頃マット・ミッチェルは気がついて窓から脱出する。
スパイ団が物音に気が付くがすでにいなくなってました。
アレックスが追おうとするがボスが止めてる。

移動中のマイクのボートにて。
流氷地帯にかかってます。
よそ見していたマイクは流氷にボートをぶつけてしまい水中に落ちる。
低温なのでこれは危険です。普通に死にます。
何とか他の流氷にはい上がり気を失うマイク。

そんなところにマットのボートが接近します。偶然だと思う。
オールで手で漕いでるのでなかなか接近しない。ようやくマイクを救助します。

マットのボート小屋にて。
ここに運び込まれているマイク。とりあえず寝かされる。
そんなところに船が着きます。ロシアスパイ団の船です。
いきなり撃たれるマット。マイクは殴り合いをやるが多勢に無勢で袋だたきになる。
マイクをノックアウトしたらロシア側は引き上げます。殺すと面倒になるのか?

ようやく気がついたマイクは瀕死のマットと話しをする。
何故狙われた?→円盤の場所を知ったからだ。
円盤は氷河の向こう側のトゥイン湖に隠されている。
誰も表がの向こう側に行ったことがない。
円盤に気をつけろと言って死に至るマット。

ジュノーにて。
ヴィーはマイクを探して聞き込みをやってます。マイクはいない。
病院に行ってもマイクはいない。

電報電話局にて。ウエスタンユニオン社です。
ソーンに電報を打つヴィー。
『マイクは行方不明・・・』

ワシントン、ソーンのオフィスにて。
電報を受けとるソーン。それでどうする。
そんなところにバーンサイド氏から電話です。話すソーン。
フレッド・バーンサイドは円盤のことでカール・ロートン博士とコンタクトした。

本気にせずにカール・ロートン博士をアラスカに追い返したバーンサイド。
1000万ドルで円盤を売ると言ってたロートン博士。
そんなわけでロートン博士はアラスカに帰ったとのこと

ソーンは何で私に言わないと文句が出る。
ロートン博士はジュノーに帰ると言ったと伝えるバーンサイド。

ジュノーにて。
マイクが来てます。何をするつもり?
シアトルからの乗ってた船に勝手に乗ってます。父親の持ち船なのか?
マイクは勝手に銃を持ち出してます。

モノローグで氷河の向こうに行くつもりだと言ってます。
あとは出たとこ勝負だそうです。まずはやってみるとのこと。

水上飛行機にて。
ここのオーナーから借りるマイク。飛行機操縦は出来るようで免許を見せてます。
もちろん飛行計画は適当にごまかす。
水上飛行機を発進させるマイク。

ロシアスパイ団は船からボートに乗り換えて移動してます。

移動中の水上飛行機にて。
氷河の上を移動中です。ここを延々と見せてます。
吹雪になったりエンジン不調になったりして延々と飛ぶ。
エンジン不調だと思ったがフィルムがつながりが飛んでるだけなのか?

ようやぐトゥイン湖の上に出る水上飛行機。
モノローグが入ります。トゥイン湖は何かを隠すにはいい場所だ。

着水する水上飛行機。
銃を持ってそのへんを行き当たりばったりに捜索するマイク。

山小屋にて。
ここに入るマイク。
テーブル下に地下室に入る出入り口を見つけ入ります。
地下室には円盤があったりします。行き当たりばったりの結界オーライです。
円盤ですが何だか小さめです。映画の予算に見合った大きさといった感じ。
マイクはとっとと水上飛行機に戻ります。

水上飛行機でジュノーを目指して移動となるマイク。
モノローグで円盤のことをソーンに連絡すると入る。
ジュノーなら電報が打てます。

ロシアスパイ団のボートは別荘附近にいるようです。
ここを水上飛行機が移動中。大丈夫なのか。

水上飛行機は別荘に寄ってます。
先ほどまでロシアスパイ団といたハンスが何食わぬ顔で出迎えてます。
ハンスに水上飛行機に燃料を入れてくれと頼むマイク。
ボートを見たが誰なんだ?とハンスに聞くと漁師ですとごまかすハンス。

ジュノーにて。
ソーンからの電報を受けとるヴィー。
『シアトルからの飛行機に乗ってるロートン博士を確保せよ、彼は円盤のことを知っている、明日私が行くまで彼を保護せよ』

飛行場にて。
飛行機が到着してます。ロートン博士とコンタクトするヴィー。
それから水上飛行機で移動となってます。

移動中の水上飛行機にて。
ヴィーとロートン博士。
円盤とロートン博士自身がロシアスパイ団に奪われてしまうと話すヴィー。
安全な場所に案内しますと別荘に行くようです。実は全然安全ではないがそんなことは知らないビィー。

別荘にて。
マイクをヴィーを呼ぶが当然いない。

水上飛行機にて。
ハンスが主翼フラップに細工してます。これで飛べばすぐに墜落するはず。
そんなところにマイクが来て発進しようとする。
ハンスがプロペラを回してエンジン始動をする。何でも出来るようです。

ここでマイクは飛行前の仕業点検を忘れない。各部分を作動確認し動かない部分を発見します。
そうなるとハンスを怪しむマイク。
いきなりハンスがマイクを回転するプロペラに頭を押し付ける。これは大変。
ここはマイクの顔を押してるだけで描写してます。いい感じ。引用作品はあります。
『外套と短剣』(1946年)

ようやく殴って反撃のマイク。そうなるとナイフを出すハンス。大したスパイです。
マイクはアメフト仕込みのタックルと殴打専門。
そんなとこにロシアスパイ団の船が着きます。そんなわけでマイクは捕まる。

別荘にて。
ロシアスパイのボスからニューヨークに帰れと言われるマイク。
そんなところにヴィーとロートン博士が乗ってる。水上飛行機が着きます。
ロシアスパイ団はどうせ看護師だろうと余裕で待ち伏せる。

そんなわけでヴィーとロートン博士もアッサリと捕まってます。
ターナー助手もいたりします。ロシアスパイ団の一味だ。
全員で氷河のトンネルを通って円盤の在処に向かいます。

まずはボートで移動します。
徒歩で滝の前を通過します。
いよいよ氷河のトンネルに入り延々と移動します。

氷河のトンネルにて。
転んだ振りをしてロシア人を盾にするマイク。
ボスはマシンガンを構えてるが少し間が空きます。

マジでマシンガンを撃つボス。
マイクは人質を盾にして何とか無事みたい。
マシンガンを乱射した衝撃でトンネル内で落盤します。これは大変。

先頭にいたターナー助手、ヴィー、ロートン博士、それにマイクは逃げる。
あとに残ったロシアスパイ団は全滅したようです。

落盤が続くトンネル内を逃げるマイク一行3人。
途中でロシアスパイ団の残り1人が転落したりします。

山小屋にて。
先に来たのはターナー助手でした。
地下室に降りて円盤に乗り込み発進させる。

マイク一行3人はようやく崖をロープで登って見晴らしのいいとこに出てます。
そんなところに円盤が勢いよく通過する。見ているだけの3人。

ロートン博士はあれはターナー助手だと言ってる。で、いきなり爆発する円盤。
もしものために爆弾を仕掛けたと話すロートン博士。それが落ちかい。

それからマイクとヴィーはキスをします。ロートン博士は画面外。
エンドとなります。


そんなわけで初めての円盤物の割りには風変わりなよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『デス・プラン 呪いの地図』 | トップページ | Hollywood Express #719◆2017.04.15(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/65158819

この記事へのトラックバック一覧です: 『謎の空飛ぶ円盤』:

« 『デス・プラン 呪いの地図』 | トップページ | Hollywood Express #719◆2017.04.15(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。