映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『JUKAI-樹海-』 | トップページ | Hollywood Express #720◆2017.04.22(土) »

2017.04.23

『ゾンビ・ガール』

この作品は、ジョー・ダンテ監督、アントン・イェルチン、アシュリー・グリーン、アレクサンドラ・ダダリオ主演のゾンビ・ロマンティック・コメディのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2014年 ArtImage Entertainment/Scooty Woop Entertainment/Act 4 Entertainment/Elevated Production/-Voltage Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆90分
原題◆Burying the Ex
プロット◆元恋人のゾンビに悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆ジョー・ロドゥカ

キャスト
アントン・イェルチン→主人公のマックス
アシュリー・グリーン→エコ指向のエヴリン
アレクサンドラ・ダダリオ→ホラー好きのオリヴィア

オリヴァー・クーパー→マックスは腹違いの兄弟トラヴィス
エリカ・ボウイ→Travis' Girl
アレクサンドラビーノ→Travis' Girl

アーチー・ハーン→宅配のじいさん
ディック・ミラー→警官のじいさん

ジョー・ダンテ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通な感じです。普通過ぎる。ホラー・コメディというより古典的なロマンティック・コメディになっています。これもこれでいいけど何しろ普通過ぎるのが物足りない。

それでも女優さん2人はきれいに撮れてます。これが何より。
アントン・イェルチェンも好演してます。
キャスト3人は非常によいので普通過ぎる演出が惜しいのです。

ジョー・ダンテ監督とジョン・ランディス監督を混同してる。もう1人似たような感じの監督がいたような。クリス・コロンバス監督にロバート・ゼメキス監督、全員がすっかり出涸らしになってる。

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1ch

Voltage Pictures
昔のゲーム『MYST』みたいな感じがする映像のタイトルです。
タイトル
墓場にて。
カメラが墓穴に入る。
Voltage Pictures presents

A Voltage Pictures / Elevated Production

An
Act 4 Entertainment
Scooty Woop Entertainment
ArtImage Entertainment
production

Burying the Ex

主人公マックスの自宅アパートにて。
ベッドで寝ているマックスとガールフレンドのエヴリン。

マックスが起きてリビングに行くと3Pしてる腹違いの兄弟トラヴィスがいます。
トラヴィスに自宅でやってくれと文句を言うマックス。
会話から父親が同じ腹違いの兄弟だとわかります。
卵がないとクレームのトラヴィス。この会話でエヴリンは完全菜食主義、他にも色々とエコなことに凝っているとわかります。

エヴリンのアシュリー・グリーンですが金髪にしています。おっぱいも巨乳のアレクサンドラ・ダダリオに負けないように盛ってる
で、エヴリンは女の子2人を追いだします。トラヴィスも追い出す。
マックスにセックスしましょは迫るとこでシーン転換です。

街中にて。
キックボードで通勤してるマックス。

ホラー専門店 ブラディ・メアリーにて。
ここの店員のマックス。独立して店を持つのが目標。
宅配のオッサンが来ています。早く独立したいと愚痴が出てるマックス。

注文していない荷物があります。
人形。悪魔のジーニー。どんな願いごとでも悪魔の力でかないます。

エブリンのオフィスにて。
マックスに電話をかける。コスプレの話しになってる。

ここはホラーショップなのか?
ドラキュラ映画を見ながらコスプレセックスのマックスとエヴリン。
ナースのコスプレをしてるエヴリン。

セックスが終わってから悪魔のジーニー人形を手に取るエヴリン。
当然バカにしてます。そんな感じで趣味は違うけどまだ上手くいってるみたい。
で、悪魔の人形の目が光ってます。それでどうなる。
溶暗になります。

マックスの自宅アパートにて。
今日から2人で暮らすマックスとエヴリン。

街中にて。
マックスとエヴリンはアイスクリーム店に入る。
ここの店員がアレクサンドラ・ダダリオ扮するオリヴィアです。
いきなり不機嫌になってオリヴィアを罵倒するエヴリン。店を出る。
そんなわけでここから出るマックス。

外にて。
口論になるマックスとエヴリン。

マックスの自宅アパートにて。
何だか仲直りしてるマックスとエヴリン。
あの女に腹が立ったと主張するエヴリン。それは多分予知能力だ。

TVでは昔のホラー映画が絶えず流れてます。
半分くらい見ているような気がする。

ホラーショップにて。
エヴリンから電話です。自宅アパートに来てと呼ばれるマックス。

自宅アパートにて。
帰宅するマックス。エヴリンが待っていますが部屋にエコに模様替えされてます。
これはビックリのマックス。
秘蔵のポスターに折り目がついてしまった。さすがに文句のマックス。
そうなると2人の雰囲気が悪くなる。

街中にて。
マックスはクルマがない。いつもキックボードで移動してます。

トラヴィスの借家にて。
ここを訪ねるマックス。しつこく呼ばないと居留守にされる。
トラヴィスにエヴリンを何とかしたいと相談するマックス。
ロマンティック・コメディのルーティンだとここでトラヴィスが役に立たないアドバイスをするわけです。

公園、ドッグパークにて。
ここからエヴリンを呼び出すマックス。
30分後にドッグパークで会おう。

エヴリンがクルマで来ます。エコ指向なのでクルマは当然トヨタ・プリウス。
→ 2012 Toyota Prius III [ZVW30]
クルマから降りたとこで唐突にエヴリンはバスに撥ねられる。
マックスに永遠に離れないでと言いつつ死に至るエヴリン。

墓地にて。
エヴリンの埋葬になってます。

マックスの自宅アパートにて。
帰宅するマックス。内装はまだエコなまま。
鉢の花が枯れていくモンタージュが入り、時間が経過します。

鉢の花が枯れています。お構いなしのマックス。
ビデオで古いホラー映画見ている毎日のマックス。

そんなところにノックの音がします。トラヴィスです。
マックスはエヴリンのことで罪悪感を感じてると主張する。

昔に戻れとアドバイスするトラヴィス。
夜はクラシック映画2本立てを見に行けと言うトラヴィス。その間に部屋を貸してくれとなる。部屋をを貸すのは断るマックス。

夜、映画館にて。
1人だけで映画を見ているマックス。
『キャット・ピープル』(1942年)と『私はゾンビと歩いた!』(1943年)の2本立てです。
1940年代RKOラジオ作品。クラシック・ホラーです。

外に出たとこでオリヴィアから声をかけられるマックス。
会話からようやくオリヴィアだと名前がわかる。
ヴァル・リュートン製作作品のファンねと言ってるオリヴィア。詳しい。
そんな感じがマックスを逆ナンパしてるオリヴィア。

アイスクリーム店にて。
デートになってるマックスとオリヴィア。
オリヴィアは元彼がキリスト教に凝って別れたとのこと。色々と大変だ。
で、デートに行きましょうとオリヴィア。

墓地にて。
オリヴィアはここに来たかったらしい。有名人のお墓がたくさんあるとか。
ピーター・ローレ、ジョン・ヒューストン、ジョニー・ラモーン・・・
ジョニー・ラモーンって誰?、映画関係はともかく音楽関係は全くわからん。

君はクレージーだと評するマックス。
それからゾンビごっこになって追っかけてます。
エヴリンの墓を通り過ぎるマックスとオリヴィア。
墓からエヴリンがゾンビになって復活してる。

マックスの自宅アパート前にて。
玄関の階段に座ってるマックスとオリヴィア。キスをする。
早く独立して店を持ちたいマックスにアイスクリーム店の半分のスペースを貸す話しをするオリヴィア。
そんなこんなでまた会いましょうとお別れになります。

自室に帰宅するマックス。
ノックの音がします。オリヴィアだと思ってドアを開けるマックス。
いたのはエヴリンでした。驚愕してすぐにドアを閉めるマックス。

少し待ってまたドアを開けるとやっぱりエヴリンでした。
ただいまと帰るエヴリン。何だか違う。

愛の力で蘇ったと主張するエヴリン。
もし私から乗り換えたらなら殺してやると物騒な話しになってます。
とりあえずシャワーに行ってくれと追っ払うマックス。

そんなところにノックの音がします。
オリヴィアが来たので、これは大変となるマックス。
すっかりやる気満々のオリヴィアは入りたそう。
ここは何とかんのと言ってとりあえずオリヴィアには帰ってもらう。

シャワーから出てきたエヴリンが今のは誰?と聞く。
宅配だと苦しい言い訳になるマックス。

廊下で滑って転倒したエヴリンですが首が変な方向に曲がってる。
痛がってるけど元に戻して平気なエヴリン。
ゾンビ化は悪魔のジーニー人形のせいなのねと気がついたマックスとエヴリン。

いきなりゲロを吐くエヴリン。もろに浴びてるマックス。
防腐剤を吐いたと言ってるエヴリン。
溶暗になります。

朝にて。
ベッドで目を覚ますマックス。隣りにはエヴリンがいる。
昨夜のことは夢だったと思いたいマックスですがそうではない。
朝からセックスしたいと言ってるエヴリンから仕事だと逃げるマックス。

街中にて。
トラヴィスはサンドイッチマンをやってます。これが仕事らしい。
マックスから電話です。絶対に自宅に来ないでくれと言うマックス。

ホラーショップにて。
マックスは悪魔のジーニー人形を落として割ってしまう。これは大変。
本『冥界への導き』を引っ張り出して検討するマックス。
生ける屍の退治方法を調べてます。

マックスの自宅アパートにて。
何とか材料を集めて作業中のマックス。
エヴリンが来たのでさっそく実践します。しかし効かない。
話題を変えてダンスに行こうと誘うマックス。

クラブ・デスにて。そういう感じの店です。
マックスとエヴリン。
エヴリンはノーメイクでこの店に合っているわけです。
ダンスが一段落してエヴリンに強い酒を飲ますマックス。
アブサンの一気飲みを繰り返してるエヴリン。アルコールも効かないのか?

街中にて。
さすがに酔っぱらったエヴリンを連れて帰るマックス。
路地で吐いてるエヴリン。そんなところにオリヴィアが友人2人と通りがかる。
ここは何とかごまかしてるマックス。

マックスの自宅アパートにて。
帰宅するマックスとエヴリン。
そんなところにトラヴィスが女を連れて来る。女は帰ってしまう。
トラヴィスはマックスが死体愛好でエヴリンを墓から掘り出したと思ってます。
用が済んだらちゃんと埋めた方がいいとアドバイスをする。
エヴリンが気がついたのでトラヴィスは更に驚愕する。
そんなこんなでまたエヴリンに酒を飲ませるマックス。

アパート前にて。
マックスとトラヴィス。
相談となります。しかしトラヴィスは逃げてしまう。

自室に戻るマックス。
寝ているエヴリンを見てるマックス。キスをしたらひどい状態だとわかる。

朝にて。
元気いっぱいで朝食を作ってるエヴリン。自分はお腹が空かないとか。
で、永遠に一緒になりましょうと主張するエヴリン。
マックスは何とか別れ話をしようとする。
そうなるとエヴリンは激怒する。このへんでCGのハエが飛んでます。

ホラーショップにて。
TVではクリストファー・リーがムチを振るってます。『白い肌に狂う鞭』(1963年)だと思う。これは未見だ。
オリヴィアが来てマックスと話しになる。
店の半分を貸す話しをするオリヴィア。いい雰囲気になったとこで電話です。

電話はエヴリンからでした。
適当にごまかして電話を切るとこで愛してると言わされてしまうマックス。
そうなるとオリヴィアは事情を察して微妙な雰囲気になる。

それでマックスは本当の事情を話すのか?
オリヴィアは明日墓地で『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』(1968年)の上映会があるから来てとマックスお願いする。来なければこれっきりだと言う。

トラヴィスの借家にて。
マックスはトラヴィスに相談をする。
別れ話をするとエヴリンは暴れると愚痴が出てる。
そんなところに家賃の督促が来たりするがトラヴィスは居留守を使う。
どうやってエヴリンを始末する?となります。
トラヴィスはとっておきのマチェットを取り出す。これで首を刎ねる。

マックスの自宅アパートにて。
シートを敷いてるマックス。血が飛び散る対策らしい。
エヴリンはヨガを始めます。体はいくらでも曲がる。どんなポーズでも出来ると悪くない感じになってます。
マックスはマチェットをとり出しエヴリンの後で思い切り振りかぶる・・・

街中にてトラヴィスは仕事中。
そんなところにマックスが来ます。マチェットを見せるときれいです。
出来なかったと言うマックス。
トラヴィスはオリヴィアに会いに行け、あとは俺がやると言う。そんな感じでいきなり謎のやる気を出しています。

マックスの自宅アパートにて。
マックスはこれから出かけるとエヴリンに言う。
あまり夜に仕事に行ったことがないマックスを止めるエヴリン。怪しむ。
それでもキスをしてからマックスは出かける。唾を引かないで何やら得体のしれない粘液を引いたキスです。

外にはトラヴィスが待っています。あとは任せていくマックス。
謎のまじめな雰囲気のトラヴィス。他に目的があるのか?と思えてしまう。

マックスの自宅アパートにて。
トラヴィスがやって来ます。のぞき穴を見てエヴリンはあまり入れたくない。
で、マックスに貸したDVDを返してくれと主張するトラヴィス。これで入ります。

墓地に
ジョニー・ラモーンの墓の前で待ってるオリヴィア。
それにしてもジョニー・ラモーンが誰なのかわからん。→調べるとラモーンズのギタリストとわかるが相変わらず誰なんだ?といった感じ。
そんなところにマックスが来ます。

マックスの自宅アパートにて。
DVDを探してるトラヴィス。ようやく見つけて再生チェックをすると主張する。
『ゴア・ゴア・ガールズ』(1971年)を再生して熱心に見るトラヴィス。

墓地にて。
マジで映画上映をやってます。
いい雰囲気のマックスとオリヴィア。映画を見ながらキスをする。

マックスの自宅アパートにて。
トラヴィスとエヴリン。
『ゴア・ゴア・ガールズ』(1971年)の解説をしてるトラヴィス。
何故かTVを見ているエヴリンの後にまわりマチェットを出そうとする。
エヴリンの方は映画のせいで脳みそが食いたくなった。
そんなわけでトラヴィスの頭に食いつくエヴリン。これは大変。

墓地にて。
マックスとオリヴィア。
映画はどこかに行ってキスに熱中してる。次はセックスだとなる。
さすがにここでやるわけにはいかずオリヴィアのクルマに行く。

オリヴィアのクルマにて。ステーションワゴンなのでスペースはある。
→ 1982 Chrysler LeBaron Town & Country
セックスとなるマックスとオリヴィア。
会話からハロウィンの日らしい。

このへんはアパートとクルマのカットバックになってます。
アパートではエヴリンがトラヴィスを喰う。
クルマではマックスとオリヴィアがセックス。

マックスの自宅アパートにて。
トラヴィスは死に至ったようです。トラヴィスを喰ってるエヴリン。
溶暗になります。

朝にて。クルマにて。
どうやらここで寝ていたマックスとオリヴィア。
目を覚ましてお別れになります。
すぐ帰ろうとしてるマックスにセックスだけなのと心配そうなオリヴィア。
そんなことはないとマックス。キスをして帰ります。

マックスの自宅アパートにて。
帰宅するマックス。ドア鍵を開けて入る。
いたのはエヴリンだけでした。予定とは違うのでビックリのマックス。
店に電話したけどでなかったと問い詰めるエヴリン。服装も変わってる。
ここは適当にごまかすマックス。

留守中には何もなかったと話すエヴリン。食事をして片づけただけ。
食欲があるのか?とマックス。トラヴィスは?と聞く。
トラヴィスは死体になっていました。驚愕するマックス。
エヴリンはマックスに永遠に一緒になりましょうと迫る。

その前にバスタブにお湯を張ってくれとお願いするマックス。
そうなると電気ドライヤーでも入れて片づけようとするのか?
色々とやってるマックス。タンスで浴室のドアを塞ぐ。
それから911に電話してます。この状況をそのまま通報すると電話を切られる。そりゃそうだ。
マックスはここから逃げる。どこへ行く?

警察にて。
やる気の無さそうなおじいさんのお巡りに訴えるマックス。

マックスの自宅アパートにて。
エヴリンは浴室のドアを破って出てきます。マックスがいないので激怒する。
マックスの携帯電話を見るとオリヴィアへのメールがある。
オリヴィアに喰ってやるとメールとするとすぐにジョークだ思われた返事が来てエヴリンは更に激怒する。それでどうする。

アイスクリーム店にて。
開店準備をしてるオリヴィア。そんなところに不気味な雰囲気が・・・
どうやらエヴリンが来てるようです。どうやって来たんだ?。
いきなりオリヴィアの首を絞めてるエヴリン。

警察にて。
やる気の無さそうなおじいさんのお巡りにゾンビですと主張するマックス。
全く信じてもらえません。そんなとこに無線でアイスクリーム店に押し込みが入ったと連絡が入る。
これは大変と出ていくマックス。
このおじいさん警官を演じてるは誰なんだ?昔はホラーに出ていた感じ。
→ディック・ミラーでした。色々なB級作品に出ていました。

アイスクリーム店にて。
マックスが来ます。店内は荒らされてオリヴィアはいない。

マックスの自宅アパートにて。
オリヴィアがいます。エヴリンが連れてきたようです。
恋人を奪ったとオリヴィアを責めるエヴリン。

そんなところにマックスが戻る。
オリヴィアに自分の死んだ元カノだとようやく説明してる。
それからエヴリンと別れ話となるマックス。当然こじれます。

成り行きで3人での痴話喧嘩アクションになってます。
マックスの首を絞めてるエヴリン。
オリヴィアは頭を刺すのよとマックスにアドバイスしてる。
エヴリンの頭を刺すマックス。これでエブリンは動かなくなる。

一段落したと思ったらいきなりエヴリンが復活して暴れる。
そんな感じで痴話喧嘩アクションが続いてます。

エヴリンの後からいきなりマチェットが貫く。やったのはトラヴィスでした。
ゾンビになっても意識は元のままのトラヴィス。とにかくそうなってます。
今度こそエヴリンは動かなくなる。

で、トラヴィスにオリヴィアを紹介してるマックス。
初対面なのでそうなる。
オリヴィアはマックスに何人ゾンビの知り合いがいる?と聞く。
それでどうするとなる。トラヴィスはエヴリンを埋め戻せとと言う。

墓場にて。
エヴリンを埋め戻してるマックスとオリヴィア。
オリヴィアはアッサリとマックスを許してます。
キスをするマックスとオリヴィア。エヴリンを埋めたらすぐに帰る。
溶暗になります。

エピローグ。
アイスクリーム店のオリヴィア。
隣りのホラーショップのマックス。
そんな感じで上手くやってるようです。
オリヴィアに婚約指輪をプレゼントするマックス。キスとなります。
で、トラヴィスの話しになります・・・

街中にて。
ゾンビメイクは不要のトラヴィスはゾンビの宣伝をする。
エンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Anton Yelchin Max
Ashley Greene Evelyn
Alexandra Daddario Olivia
Oliver Cooper Travis

Burying the Ex

スクロールする後タイトル
アーカイブフッテージの表示はあります。IMDbに出てる?
最後に撮影シーンが入ります。
Voltage Pictures


そんなわけでゾンビ・ロマンティック・コメディのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『JUKAI-樹海-』 | トップページ | Hollywood Express #720◆2017.04.22(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/65187973

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゾンビ・ガール』:

« 『JUKAI-樹海-』 | トップページ | Hollywood Express #720◆2017.04.22(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。