映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 『呪い襲い殺す』 »

2017.01.07

『ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ』

この作品は、トッド・ストラウス=シュルソン監督、タイッサ・ファーミガ、マリン・アッカーマン主演の凝った設定のキャンプ場殺人鬼ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2015年 Groundswell Productions/Ulterior Productions/Stage 6 Films アメリカ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆The Final Girls
プロット◆映画内に入り悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Gregory James Jenkins
音楽監修◆スーザン・ジェイコブス

キャスト
タイッサ・ファーミガ→主人公のマックス
アリア・ショウカット→地味なガーティ
ニーナ・ドブレフ→イケイケなビッキー
アレクサンダー・ルドウィグ→まじめなクリス
トーマス・ミドルディッチ→オタクなダンカン

映画内映画のキャスト
マリン・アッカーマン→ナンシー/マックスのママになるアマンダ
アダム・ディヴァイン→下ネタのカート
トリー・N・トンプソン→黒人のブレイク
クロエ・ブリッジス→ファイナルガールになる予定だったポーラ
アンジェラ・トリムバー→イケイケなティナ
ローレン・グロス→ネイティブ風のミミ
レジナルド・ロビンソン→黒人のハイカー

トッド・ストラウス=シュルソン監督の演出はよいと思います。
全体的に少し変わった設定になってます。しかし設定倒れな感じもする。
悪くないけど正直言ってもっと面白くなったような気がする。
登場人物が多いのでよくわからんシーンも結構ある。

株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント発売のDVDにて。
画質は普通です。DVDクオリティ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声はドルビーデジタル5.1ch

Sony Pictures Home Entertainment
著作権のアラート
個人的見解のアラート
メニュー画面

Stage 6 A Sony Company
Groundswell Production

Stage 6 Films presents
A Groundswell Productions

in association with
Ulterior Productions

プロローグ
Video Verse Entertainment
黒枠で昔のホラー映画の予告編になってます。

駐車中のクルマにて。
予告編をスマートホンで見ている主人公のマックス。女の子です。
そんなとこにママのアマンダが戻ってきます。オーディションを受けたらしい。

20年前に出た『血まみれのキャンプ場』がアマンダの代表作です。
女優さんは何にしても代表作はあった方がいい。代表作が2作あれば運がいい方だとジーン・セバーグがドキュメンタリーで言ってました。
『ジーン・セバーグの日記』(1995年)

アマンダはスラッシャー映画には出てはダメだと愚痴が出てます。
オーディションはあまり上手くいってなかったようです。

クルマで移動中です。
マックスとアマンダ。
電気代の心配をしてるマックス。
アマンダは請求書の束を窓の外に放り投げてる。そういう性格らしい。
カーラジオは『ベティ・デイビスの瞳』が流れてます。

いきなり交通事故になります。
何回も横転するクルマは激安CGで質感がイマイチなのがこまったものです。
これでアマンダは死亡したようです。

The Final Girls

字幕です。3年後。
マックスは一人暮らしなのか。散らかってます。
昔のビデオを見ています。RCAブランドのテレビビデオ。ビデオはVHSです。

クルマにて。
それから知人のガーティのクルマで移動です。

ダイナーにて。
マックスとガーティ。
それに男がいる。クリスという名前。
そんなとこにまた男が来ます。ダンカン。ガーティの兄。

ダンカンは傑作ホラー連続上映の話しをする。
『血まみれのキャンプ場』のファンが集まり上映するとのこと。
そんなわけでマックスにゲストとして参加して欲しいとお願いする。
マックスは嫌だけどダンカンが宿題を引き受ける条件を出すので参加する。

映画館にて。
『血まみれ』シリーズ上映会
マックスとガーティ。クリスもいたりします。
今日はマックスのママの命日だったりします。映画で会えるとなる。

そんなとこでクルマで来たのがビッキーにタイソン。
ビッキーをニーナ・ドブレフが演じてます。イケイケなキャラ。

上映会が始まってます。
フィルム上映なのでフィルムの痛みが激しく雨が降ってる状態。

関係者は5人。
マックス
ガーティ
ビッキー
クリス
ダンカン

『血まみれのキャンプ場』
1957年、いじめられっ子のビリーはトイレに爆竹を入れられて行方不明になった。
で、やられ役の男カートはくだらないジョークが得意技。

客席の男が酒ビンを転がす。酒がこぼれて流れる。
タバコの吸い殻が落ちてこぼれた酒に引火する。
そんなわけで火事になって大騒ぎになります。出入り口が開かない。

5人はそのへんにあったナタでスクリーンを切り裂いて外に出ようとする。
白みになります。

『血まみれのキャンプ場』内にて。
目を覚ますマックス。ここは映画の中です。
黄色いワーゲンのワンボックスカーが通りかかる。
→ 1972 Volkswagen Campmobile [Typ 2 / T2]
ワーゲンにはカートとティナが乗ってます。
オタクなダンカンはちゃんと2人の名前を知っていたりします。

92分後の字幕です。
また黄色いワーゲンのワンボックスカーが通りかかる。
同じ繰り返しになります。

更に92分後の字幕です。映画の世界は昔なのでスマートフォンの電波は入らないようです。
また黄色いワーゲンのワンボックスカーが通りかかる。
今度は私たちはキャンプの指導員なんだと称してワーゲンに乗り込みます。

後に眠り姫がいるというカート。
アマンダがいるわけです。これはビックリのマックス。

青い鳥キャンプ場にて。
ここに到着するワーゲンのワンボックスカー。
わざわざ『血まみれのキャンプ場』のタイトルも入ります。ここは映画の世界です。
登場人物は、
下ネタのカート
黒人のブレイク
イケイケのティナ
ネイティブ風のミミ

ここは1986年だと説明するダンカン。
ここから脱出しよう、それにはクルマがいる。
そんなわけでカートにクルマを貸してくれと交渉してます。
カートはキーを投げ捨て探して見つけたら乗れと言う。
そんなわけで落ちたキーを探してます。

マックスはアマンダに話しかける。
カートとセックスする気満々のアマンダ。マックスはやめた方がいいととめる。

で、アマンダはあの自称指導員5人は名簿にはないと言ったりする。

5人でクルマのキーを探してます。
そんなところにミミが来ます。それからハイカーの黒人男も登場する。

5人は隠れて見物する。
そんなところにビリー登場の効果音が聞こえてきます。
まずは黒人男がやられます。ミミを同じくやられる。

これは大変となる5人。ビリーにも見つかる。
ダンカンは自分達は映画とは無関係なので被害者リストにないと持論を展開する。
それにこれの血はシロップなんだとなめるダンカン。シロップではなかった。
もしかして映画内世界はリアルなのかもとなります。

それでも映画が終われば出られると主張するダンカン。
あとからやって来るポーラがファイナル・ガールだ・・・。
ビリーに睨まれてるダンカン。さすがに心配になってます。
やられるとおもったらビリーはいなくなる。ホッとしたことでナタが飛んできてダンカンのわき腹に食い込む。
これはビックリの残りの4人。話しとは違うじゃんとなり逃げます。

カート一行の前を逃げる4人。映画から離れようとする。
カメラがグルグル回るたびに4人はまた同じ行動になる。
いつまで経っても回ってるだけです。
いきなり黒味になります。

小屋にて。
しょうがないので映画に参加してる4人。一緒に歌ってます。
一段落してこれからどうするとなる4人。

クルマが来ます。黒い2ドアクーペ。
→ Pontiac Firebird
これがファイナルガールになる予定のポーラです。ゴスっぽい感じ。
そうなるとナンシーは被害者リストの1人らしい。

4人は誰が誰を見張るかとミーティングになってます。

クリスはカートにつく。
カートから女に興味がないか男好きなのかといわれてるクリス。

ガーティはブレイクにつく。

ビッキーにはティナ。同じイケイケなタイプです。
何故かティナに素行について説教してるビッキー。そういう場合か。

俺は全員とセックスすると張り切ってるカート。
マックスに手を出すなとカートに強く言うクリス。

ビッキーとポーラ。
チェーンソーはどこ?と聞いてるビッキー。
ここは怖い場所なのよとネタバレ発言のビッキー。ポーラには何だかわからんこと。

ガーティはブレイクからもう1人の男はどこに行ったと聞かれてる。

寝室にて。
ナンシーはセックスするシーンに突入してします。
心配になったマックスが止めに来たりします。男は口先だけよと説得する。
そんなとこにカートが来ます。2人まとめて来いとやる気満々。
今度はマックスが心配になったクリスが来ます。

そんなところに1階のガーティから悲鳴が聞こえる。
窓の外に怪しい人影を見たようです。
ビリー・マーフィだとなるが、それは伝説なのよと否定するナンシー。

伝説の話しをしてると天井から何やら落ちてきます。
これが回想になるユラユラ描写でユラユラの実体化といった感じらしい。
そんなわけで回想になります。

回想にて。
モノクロの世界に来てる4人。1957年の回想なのでモノクロらしい。
ナンシーの説明する声も聞こえてます。

トイレに爆竹のいたずらで全身に大やけどを負ったビリー。
これが原因で殺人鬼になった。随分とシンプルな設定になってます。
仕返しが殺した指導員は8人。8ヶ月入院したので8人になったとか。意味不明。
ビリーはいまでも森の小屋にいて指導員を待っている・・・

回想から戻る4人。
何故かガーティには血がついたままです。そんなわけで大騒ぎになます。
今度は映画内の人達が逃げようとしてます。
マックスが説得しようとする。

カートとポーラは2ドアクーペで逃げます。
そんなところにまだ生きていたダンカンが自分は生きているとクルマの前に出てくる。
思い切りダンカンを轢いてる2ドアクーペ。今度こそ退場になったダンカン。

それから衝突する2ドアクーペ。
クルマ外に放り出されたカートは死に至る。
更にクルマは爆発炎上する。これでファイナル・ガールのはずのポーラも死んだ。
そうなると筋書きが大幅に狂うわけです。それでどうなる。

ビッキーはポーラが死んだのでこれでお終いねと嘆く。
映画の世界をビデオみたいに巻き戻しは効かないようです。

残り全員が集まってミーティングになります。
ブレイクは自分は架空の存在なのかと哲学的な悩みになってます。

ポーラの代わりのファイナル・ガールが必要だとなります。
ビッキーが立候補するが君は処女でないからとダメ出しされる。別れたクリスが言ってるので間違いないらしい。

どうやら処女はマックスだけらしい。
地味なガーティも貫通済みとのこと。ようやく相手を見つけたらしい。
ナンシーがやる気を出してるけどビッキーがあなたは被害者役なのよとダメ出しする。

外にて。
落ち込んで泣いてるナンシーを慰めるマックス。
そんな感じで色々と話し込む。
大学を出て結婚して女の子を産むのよは言ってるアマンダ。
目の前に娘がいるけどわかるわけがない。
そんなこんなでやるしかないとなります。

小屋にて。
また集まってミーティングです。
パジャマパーティで待ち伏せ作戦となります。よくわからん作戦です。
囮担当はティナ。他の面々は色々と準備をする。

湖畔にて。
マックス、ガーティ、ビッキーの3人。
ビッキーはガーティをいじめたことを謝ってます。
ガーティも負けずに仕返しでビッキーの悪い噂を流したことを謝る。
どうやら今夜死ぬかもしれないとなって仲直りする気になってるようです。
すっかり感傷的になっている3人。

小屋にて。
色っぽい格好は厳禁で服を何枚も着込んでるティナは退屈を持て余す。
色々な機能のスマートフォンを見て興味津々。いい暇つぶしになると言ってます。
それに電話も出来ると聞いても全く信じません。電話線がないと言ってる。

夜にて。
まだ準備してます。
ナンシーはマックスにママはどんな人?と聞く。
で、手首にしてるミサンガをマックスにプレゼントしてます。
マックスはナンシーに何やら説得してます。映画から出た方がいい?
そんなとこで問題発生と呼ばれます。

ティナが薬を飲んでラリってます。これは大変。
どうする?となるがティナ本人で大丈夫と言い張るのでやらせます。

速攻で作戦スタートとなります。
LPレコードで音楽をかける。ティナはストリップをする。
これでビリーはやって来るはずです。

ノリノリのティナがおっぱいを出すとマジでビリーが登場する。
これは大変となる面々。

まずティナがやられます。
ビリーが中に入ったとこでガーティとブレイクがロープに吊るしたトーテムポールを思い切りビリーにぶつける。
吹っ飛んだビリーはドアに付けたはく製の角て串刺しになり動きをとめる。

これで成功だとなる面々。
何故かガーティとブレイクが仲よくなっています。
いきなり復活するビリー。不用意に接近したブレイクを片づける。

逃げる残りの面々。
次は火矢を放ちます。ビリーに刺さるけどダメージはない。
そんなとこをビッキーとガーティが天井に吊るした燃料バケツを開けようとする。
しかしロープが上手く作動せずにモタモタしてるとこを棚を倒されて下敷きになる。

ガーティは棚越しにナタでとどめを刺される。
まだ死んでないビッキーはマックスとクリスに逃げてといい、最後の力を振り絞り燃料バケツをぶちまける。

マックスとクリスとが外にでたとこで大爆発となります。
しかしまだビリーは死んでない。燃え盛るがまだ動いてます。

このへんはスローモーションになってます。
スローモーションでビリーが追ってきます。
スローモーションでマックスとクリスとナンシーは逃げる。

森にて。
ドロドロの小川があります。
ここをジャンプでクリアと思ったら落ちてるマックスとクリスとナンシー。
ビリーが迫ってきます。

ここでナレーションを入れて無理やり回想の世界に行くマックスとクリス。
そうなるとまとめて回想の世界へ行きます。

回想の世界にて。モノクロです。
ビリーはいきなりクルマに撥ねられる。
成り行きでマックスはナタをゲットしてる。

トイレで爆竹のシーンになってます。
逃げるビリーを尾行するマックスとクリスとナンシー。
そうなると殺人鬼ビリーが消えてます。そうなの?

やっぱり殺人鬼ビリーはいて襲われてる3人。
クリスが負傷します。ナンシーはビリーに拉致される。
マックスはビリーを助けて何とか移動する。

廃教会にて。
ここに逃げ込むマックスとクリス。
クリスはもうナンシーは死んだだろうと言う。
マックスはナンシーを助けに行くつもり。
クリスは1人では死にたくないとマックスを引き止める。
それでもマックスはナタを持ってビリーのアジトに行く。

古い小屋にて。ここがビリーのアジトです。
マックスが入る。何故かランプはある。
中には被害者達がいたりします。拘束されたナンシーもいる。まだ死んでない。
そんなところにビリーが接近します。これは大変。

拘束から抜けたナンシーとマックスでビリーとやりあうが分が悪い。
マックスは負傷するが何とかビリーを退ける。
ここから逃げるナンシーとマックス。

廃教会にて。
ようやく戻るナンシーとマックス。クリスはまだ死んでない。
ナンシーは私はファイナル・ガールでないと言う。それでどうする。

ついママと呼んでしまうマックス。
ネタバレ全開で事情を全部話してしまう。
お別れのあいさつとなるナンシーとマックス。
ナンシーは外に出ていってしまう。

外にて。
『ベティ・デイビスの瞳』が流れてます。
上着を脱いでビリーをおびき寄せるナンシー。
アッサリと刺されて退場となります。

雷が鳴ってます。
いよいよマックスが出動してます。
決めセリフを言ってナタを持って突撃する。

マックス対ビリー。
投げナイフをかわしてナタでビリーを切りつけ首を切り落とす。
これでビリーは成仏するようです。

後タイトルが入ってます。
ここの中でマックスとクリスはキスしています。
映画は終わった。それで2人はどうなる。

後タイトルでR指定の画面が入ったりします。
それから何だかおかしな感じになる。
そんな感じで映画の世界から離れているマックスとクリス。
白みになります。

目を覚ますマックス。ここはどこだ?
病院にて。
マックスの隣りのベッドにはクリスがいます。
カーテン越しの隣りには残りの3人がいたりします。全員生きていたようです。

ダンカンが解説をしてます。
夢ではない。ダンカンのわき腹に大きな傷跡がある。
マックスのもらったミサンガも残ってます。

何だか妙な雰囲気になります。
廊下を伺うと医者とナースがイチャイチャしてる。そうなると・・・
『病院の殺人鬼』が始まるわけです。
エンドなります。

後タイトル
NGシーンが延々と続く。

Taissa Farmiga Max Cartwright
Malin Akerman Nancy / Amanda Cartwright

Adam Devine Kurt (as Adam DeVine)
Thomas Middleditch Duncan
Alia Shawkat Gertie Michaels
with
Alexander Ludwig Chris Briggs
and
Nina Dobrev Vicki Summers

Chloe Bridges Paula
Angela Trimbur Tina
Tory N. Thompson Blake

Reginald Robinson Hunky Hiker

とにかくNGシーンが延々と続く
スクロールする後タイトル。


そんなわけでつまらなくはないけどもっと出来がよくなった感じがする惜しい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 『呪い襲い殺す』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/64733135

この記事へのトラックバック一覧です: 『ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ』:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 『呪い襲い殺す』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。