映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #707◆2017.01.21(土) | トップページ | 『パッセンジャーズ』(2008年) »

2017.01.28

『ザ・ウォール』

この作品は、ジル・パケ=ブランネール監督、ミーシャ・バートン主演の謎の建築物ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2009年 Minds Eye Entertainment/Experiences Films/Forecast Pictures/Indigomotion/Canal+ アメリカ=フランス=カナダ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆Walled In
プロット◆謎の建物で悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆Greg Biribauer (as Gregory Biribauer)

キャスト
ミーシャ・バートン→解体業の調査担当のサム
パスカル・グレゴリー→建築家のマレストラザ
ノーム・ジェンキンス→サムのボーイフレンド ピーター

デボラ・カーラ・アンガー→管理人のメアリー
キャメロン・ブライト→息子のジミー
ユージン・クラーク→住人のバーネット
ジェーン・レッドリオン →住人のデニースおばあさん

シャノン・ジョーダイン→GSの店員
ソフィー・ナイト→プロローグの子役 ジュリー
エミリー・マカフィー→子役のサム

ジル・パケ=ブランネール監督の演出はよいと思います。
全体的に低予算でもがんばってる感じです。

株式会社ファインフィルムズ発売のDVDにて。
画質は普通です。DVDクオリティ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声はドルビーデジタル5.1ch

著作権のアラート

Indigomotion
Experiences Films
Forecast Pictures
Minds Eye international

プロローグ
女の子が穴の中に閉じこめられてます。パパを呼んでます。
何かが流れ込んできます。どうやらセメントらしい。
女の子は助けを呼ぶがそのまま飲み込まれたようです。
顔まで残ったとこでシーンは終わり黒味になります。

タイトル
Indigomotion presents

A Minds Eye Entertainment
Experiences Films
Forecast Pictures
production

with the participation of
Canal+

Mischa Barton ... Sam

新聞の見出しで、被害者は壁にセメントで塗りこめられていたと入り、
Walled In

Cameron Bright ... Jimmy
Deborah Kara Unger ... Mary
Noam Jenkins ... Peter
Pascal Greggory ... Malestrazza

スタッフの紹介

タイトルバックでは新聞の見出しが入る。
ビルの壁に埋め込まれた遺体16体を発見。
死因は窒息死。
被害者は壁にセメントで塗りこめられていた。
1993年・・・
壁埋め込み殺人事件。建築家ジョセフ・マレストラザ
警察はトーマス・サリバン容疑者の行方を追う。
多重殺人事件・・・
事件の第1容疑者とサリバン。元工員、逃亡中・・・
建築家のマレストラザ氏も死亡。

そんな感じで物々しい雰囲気で始まってます。
15年後の字幕が入る。

主人公サムの実家にて。
サムの誕生パーティになってます。サマンサの略称がサムなわけです。
建築学のサムの先生も来ているようです。

社長の父親に呼ばれるサム。
ウォルザック家初の大卒者だと褒められてます。
赤い封筒と灰色の封筒のどちらかを選べとなって赤い封筒を選ぶサム。
仕事はピーターが協力する。ボーイフレンドです。

まだタイトルバックのシーンです。
クルマ、トラックで移動中のサム。
モノローグによると建物の爆破解体が仕事のようです。

グランドリッジ国立公園の看板を通過するトラック。
到着したのが公園の中に巨大な8階建ての建物があるわけです。
マレストラザが設計した建物。随分と寂れた感じがする。

建物にて。
ここに入るサム。1990年のプレートが眼につきます。
壁は打ちっ放しコンクリートです。

誰もいないのかと思ったら女性管理人がいました。
管理人のメアリーと挨拶になるサム。解体業者のウォルザック社です・・・
メアリーはジミーを呼んで案内をさせる。犬と一緒に登場するジミー。

最寄りのホテルは80キロ先なのでここに泊まり込むことにするサム。
そんなわけでジミーが208号室に案内する。ここは禁煙とのこと。
8階がマレストラザの住居になってる。屋上には登らないでくれと話すジミー。

外にて。
携帯電話でピーターと話しをしてるサム。
ここは荒野のゴッサムシティとか巨大版サイコモーテルとか言ってるサム。
携帯電話の電波状態はあまりよくないようです。
建物の全景が見れます。まあ普通の変わった建物といった感じ。
ところでこの建物はマジで存在するのか?→あるような感じ。

208号室にて。
風呂に入るサム。さすがB級映画なのであります。
頭まで風呂に浸かってるサム。映画だから。
風呂を出て髪をセットしてると壁から何やら聞こえるような感じ。

あちこちを見回るサム。
管理人が食事を準備しています。
ここには住人が4人が残ってると話す管理人。
何があったか話しそうな感じになるが話しはなかった。
会話から2008年の設定らしい。

208号室にて。
タバコを吸ってるサム。いいのか。
クリスマスツリーがあります。レコードを掛けると『きよしこの夜』が流れる。
ベッドの脇にはあのプロローグの女の子の写真があります。

翌日にて。
管理人と挨拶のサム。
サムの仕事は爆破解体の仕様書を作成すること。そのために調査を念入りにちゃんとやらないといけない。
おばあさんが来ました。名前はデニース。ここの住人です。

サムは設計図は照らし合わせて実測を計測してます。レーザー距離計を使う。
壁の位置が設計図と5メートルも違うとなってます。怪しい。

8階にて。
ここに来てるサム。天井のドアを開けてハシゴを降ろします。
そのまま屋上に登ってます。

屋上にて。
調べ回るサム。近くには沼があります。池には見えない。
屋上の一角がジミーの秘密の部屋になってます。秘密基地っぽい。

いきなり仕掛けが落ちてビックリのサム。
そこには『好奇心は猫をも殺す』と書いてある。

ノートがあります。ジミーの日記です。
サムのこともちゃんと書いてあります。普通の少年が書きそうなこと。

店兼GSにて。
トラックで買物をしてるサム。
インターネットにつながるコンピューターを借りる。
サリバン容疑者は元工員。建築家マレストラザは死亡とか調べてます。

外にて。
ジミーと犬がいます。
そんなところにサムのトラックが通りがかる。待ち伏せしてたらしい。
その辺の廃屋にサムを案内するジミー。
何故8階にマレストラザがいると言ったと突っ込むサム。
そんなこんなで今夜8階に行こうとなります。
いきなり君はレズだろと聞くジミー。サムは否定する。

建物にて。
管理人の母親から叩かれてるジミー。余計なことを言ったとか説教される。
サムには近づくなと命じる母親。

屋上にて。
秘密の部屋に来たジミー。ロックな歌が流れる。

通路にて。
サムは赤いスプレーで壁大きくバツ印を描く。
そんなとこに誰か来ます。いきなりオノでバツ印の部分の壁を崩してます。
これはビックリのサム。
やったのは黒人のオッサンです。ここの住人らしい。

サムは顔を出したおばあさんの部屋に入る。
おばあさんのデニースはあれはハワード・カーターだと説明する。何故そうなる?
ここには本がたくさんあります。マレストラザの本とのこと。
有名な建築家の蔵書なので興味津々なサム。黙って1冊を借りてバッグに入れてます。

デニースはあの事件の話しをする。
あなたは善人?なんて聞かれてるサム。

208号室にて。
黙った借りた本を熱心に読んでるサム。
建築されたら感情が入る云々・・・

そんなとこにノックの音がします。ジミーです。
8階を見に行く約束があった。

サムとジミー。色々と話し込む。
行方不明のサリバン容疑者はここに住んでいた。
この建物には秘密の通路がある。壁の鏡はマジックミラーの覗き穴。そんな噂があった。

いよいよ8階のマレストラザの部屋の前に来ます。
犯人は少女のジュリーを誘拐した。ジュリーを犬を飼っていた。

ドアのカギをあけていよいよ部屋に入るサムとジミー。
何故かほかの人影も見えたりします。2人は気がつかない。
壁には大穴が開いたままになってます。ここはジュリーが入ってた。ここはマレストラザが入ってた。遺体16体を発見したジミーの母親。
ジミーの父親もここの壁に塗りこめられていた。

サムはマレストラザの顔は?と聞く。壁にそんな感じの絵があります。
ここで謎の人影を見るサム。これはビックリ。
サムはフラッシュライトを持って追うがライトが切れてします。まっ暗になる。

ジミーが呼んでるのでそこへ行こうと焦るサム。
何だか女の子の歌も聞こえています。壁に塗りこめられる歌です。
ようやくジミーが来ます。この部屋から脱出します。

通路にて。
ドアのカギを締めるジミー。
外に出て一安心のサム。ジミーと抱きあう。

208号室にて。
変な声が聞こえたとジミーに話すサム。
ケガをしたヒザを見せてとなるジミー。
そうなると下を脱ぐことになるサム。下着姿になる。
ヒザのケガを消毒してつつ段々と違うとこに手が行くジミー。
サムはやんわりと注意してジミーを追っ払う。
それからサムはジュリーの写真を見る。

時間が飛んでます。まだ208号室。
壁の鏡が揺れてます。何だか裏側から覗かれている感じ。
鏡を外すサム。釘の穴から血が流れる。
いきなり壁から白い手が飛び出してサムを壁に引きずり込もうとする。

気がつくサム。プロローグの穴の中にいます。
あたしたちを救ってと声が聞こえる。
速攻でセメントが流れ込んできます。これは大変。
顔までセメントに浸かったとこで・・・
目が覚めるサム。夢オチでした。

部屋の中を見回るサム。壁に赤いバツ印がある。
いきなりボーイフレンドのピーターがいたりします。これはビックリのサム。
カギをかけておけと言ってるピーター。普通だ。

バーネットの部屋にて。
サムとピーターが直談判に来てます。8階で何で脅した・・・
壁にはマレストラザ氏からの卒業証書があったりします。インテリなのか。
しかしこの外見のせいで2ヶ月留置所にいたと話すバーネット。
で、追っ払われるサムとピーター。

シーンの合間にはこの建物の全景が入ります。本物みたい。
この手法は『マタンゴ』(1963年)のヨットを思い出す。

8階にて。
あの部屋を伺うサムとピーター。
管理人が旦那の入っていた穴に向かって話しをしてます。
何だか2人に見られているのは気がついてるみたいな管理人はいなくなる。

入れ替わりにここに入るサムとピーター。
管理人は出入り口のドアをにカギをかけてしまう。これは大変。
必死こいて管理人を呼ぶサムですが反応はない。

それで秘密の通路があるはずと壁を適当に押してるとマジで床が開きます。
そこは深い縦穴です。行くしかないので縦穴を降りるサム。ピーターも降りる。

途中で208号室の浴室を覗く穴があったりします。
それからまた降りていきます。深いところまで降りる。

底まで降りるサムとピーター。
隠しドアがあるのでレバーを動かして開ける。

出た所はゴミ袋にネズミがいるとこです。普通のごみ捨て場といった感じ。
普通の方のドアを開けたらいきてり管理人がいてビックリ。
何でごみ捨て場にいるのと突っ込まれてるサムとピーター。

管理人室にて。
サムとピーター。それに管理人。ジミーも呼ばれてる。
ジミーに説教して部屋に戻す管理人。それだけなのか。

続いて3人で話しになります。
管理人の旦那は小説家だった。ここはいい環境だと言っていた。
そんな感じで旦那の霊の側にいたいから管理人をやってると話してます。

208号室にて。
ドアの下から手紙が差し込まれる。ピーターからです。
君は疲れてるから仕事が済んだら旅行に行こうとなってます。

ドアを開けてピーターを入れるサム。
明日の朝に旅行に行こうとなります。
キスからベッドでセックスになってます。ジミーが覗いてるのでは?
そのジミーは秘密の通路内で壁に耳を押ししつけて盗み聞きをやってました。
何故かサムはあまり気にしていない。

また建物の全景が入ります。

セックスが終わってサムは部屋を歩き回る。
ある部屋のドアの下から血が流れてます。これはビックリのサム。
ピーターを呼んでドアを開けると犬の首無し死体がありました。

シーンが飛びます。
荷造りしてるサム。早く出ようといった感じのピーター。

外にて。
ジミーが穴を掘って犬の死体を埋めてます。
サムが来てあんたがやったの?と聞く。強く否定するジミー。
で、どうせあんたは俺のことなんて忘れるんだといじけてるジミー。

モノローグが入る。
建物の爆破解体は可能。指示通りに設定すれば爆破解体出来る。
設計図と実際の建物が一致していないことも報告してる。
そんな報告書をまとめたサム。これで仕事は一段落した。

ノックの音がします。
ジミーです。謝りたくて来ましたと大人しい。
プレゼントも持参してます。これが秘密通路で拾ったマレストラザ直筆の設計図だったりします。これは貴重だ。
この設計図によると中心部には大きなスペースがある。

現場にて。
実際に壁を崩してるサム。ジミーは見てる。
この奥には埋葬室があると意気込むサム。
しかしそれっきりでうやむやになってる。

屋上にて。
サムとピーター。ジミーを探しに来てます。
縦穴に来てます。屋上から地下まで貫通してるみたい。
下からジミーが助けを求める声が聞こえます。足を骨折した・・・

ピーターがロープと滑車で降りようとする。
しかしサムは私では2人を引き上げることが出来ないと自分が降りると主張する。

そんなわけでサムが降りてます。ピーターはロープを緩める。
少しずつ降りているサム。そんなところにピーターに向けてクロスボウみたいな武器で金属製の矢が発射されてピーターは倒れる。

宙づりになってるサムにピーターから流れた血が降り注ぐ。
それからロープが外れてサムは落ちる。黒味になります。

地下にて。
ようやく気がつくサム。血だらけです。
どうやら素っ裸で寝かされているようです。シーツはかけられてる。

誰かいます。あんた誰?と聞くサム。
すぐに相手がマレストラザだと気がつくサム。
ジミーの声はラジカセのカセットテープの録音でした。意外とハイテクというかローテクというか面白い。

とりあえずサムは服を着てます。
それから水を飲む。水道はある。

遥か上の戸が開きます。光が差し込む。
メモ書きが落とされます。内容は、
『君を行かせたくなかった。しばらく天才と一緒に生活を、見守ってるよ』
で、戸が閉まります。
どうやらジミーがやったらしい。助けてくれと訴えるサムですが無視される。

管理人室にて。
旦那と喋ってる管理人。要するに1人で喋ってる。

建物の全景が入ります。

店兼GSにトラックが来ます。
運転してるのはジミーでした。いいのか?。
ジミーは手紙を投函してる。サムの報告書のようです。

それからジミーはトラックを沼に入れて沈めてます。証拠隠滅です。
アクセルペダルに石を乗っけてます。そうなるとミッションはマニュアルではなくATだとわかる。
『サイコ』(1960年)以来の伝統でクルマは沼に沈められるのです。

地下にて。
サムとマレストラザ。
なるべく離れてるサム。
マレストラザはナイフを持ってます。自分の腕にキズをつけ血を出す。
それから何をするかと思ったら腕立て伏せして体を鍛えてます。

上の戸が開きます。ジミーです。
早く出してと要求するサムですが無視される。

ロープに吊るされたバスケットが降りてきます。
カセットテープです。ラジカセにセットするマレストラザ。
クラシック音楽が流れます。ジミーは2人でダンスしろと要求する。
そんなわけでマレストラザとダンスのサム。マレストラザはやる気満々。
これを上から双眼鏡で見ているジミー。立派な変態です。

今度はキスしろと要求するジミー。
マレストラザはやる気満々。サムは嫌がるがキスになってます。
ジミーはもうやらなくていいと言ってる。

ようやく食べ物が降りてきます。
慣れた感じで食事になってるマレストラザ。

簡易無線機も降りてきます。これで叫ばすに会話が出来る。
無線機はオンのままにしておけと命じるジミー。
サムは何とか出られる方法がないかと調べてる。

外にて。
黒人のオッサンの住人バーネットが古いトラックにボンベを積んでます。
ボンベはバーネットの持病に必要な物です。
そのままここから去ります。

管理人とジミー。
聞きたいことがとジミー。人を愛した証は?
母親の答えは全てを犠牲に出来ること・・・

地下にて。
無線機を持って何やら考えてるサム。
マレストラザは相変わらず腕立て伏せをやってます。

無線機から連絡が入る。
サムは足首が痛いと訴える。医者に見せてくれとか、そうでなければ私の薬箱から薬を持ってきてと要求する。
ヒザの手当の話しを持ち出してあれ以上のことをさせてあげると色仕掛けもやる。
上の服を脱ぐサム。本格的に色仕掛けになってます。ジミーはどうする。
いきなり黒味になります。

上の戸が開いて雨が降る。
薬が届いてサムはこれを混ぜてビンに詰めて爆薬にしてます。
出入り口になりそうな壁を爆破するつもりのようです。
この程度のことならマレストラザもやろうとしたのかと思える。

地下まで雨が降り注ぐ。そうなると何だか死体が埋まってるのが見える。
これがピーターでした。ゲロを吐いてから号泣するサム。色々と大変です。

時間が経過して寝てるサム。
マレストラザはライターでナイフをあぶる。
罪悪感の話しをするマレストラザ。どうやらピーターのことを言ってサムを責めているようです。

4106日間閉じこめれられていたと愚痴が出ています。どう数えていたかは不明。
実は殺人をやったのは自分で地下に隠れてあとで出る予定だったのに管理人に出口を塞がれて閉じこめられたとのこと。

管理人となったメアリーは私を見つけたのに知らないふりをした。
それで管理人は歯の治療記録を入れ替えてたりしてサリバンの死体をマレストラザの死体にした。そんなわけでマレストラザは死亡。サリバンは逃亡中となってたわけです。

いよい手製爆薬に点火するサム。ライターはマレストラザが貸してくれる。
点火したらすぐに避難してます。サムは耳を塞いだ方がよかったと思える。

建物内の管理人は何か音がした?とジミーに聞く。
ジミーは知らないと答える。

地下にて。
爆破の結果は全くダメです。穴も開かない。ガックリしてるサム。
マレストラザは世界の七不思議の話しをする。私の建築物を除いては全て消えたと主張してます。
それから人柱の話しになるマレストラザ。不滅の建築物に必要らしい。人柱が建築物を守るというわけです。

ジミーが上から何で爆破した。余計なことをするなと激怒してます。
そんなところに管理人が来てジミーを叱責する。それでどうなる。

サムは管理人に助けてくれとお願いする。
しかし管理人は上の戸を閉めてジミーにどういうつもりだったのかと責める。

そんなとこにクルマがやって来ます。どうやら解体業者のようです。
サムの会社のクルマです。4台ほど。
これはこれでこまった状況になってます。

地下にて。
サムは何とか無線機でジミーに連絡しようとする。
逆にジミーから全てを犠牲に出来るのかと聞かれてる。

解体の準備はどんどん進んでます。
電動ドリルで壁に深い穴を開けて爆薬を差し込む。

地下にて。
無線で死んだら一緒にいられないとまだ色仕掛けのサム。
それで死んだら化けて一生付きまとってやるとも言ってます。
ジミーはもう爆破作業にかかってる。手遅れだと言う。
通信は中断します。サムが無線機を壁に叩きつけて壊したからです。

管理人とジミー。
今更どうするとなってます。管理人は知らぬ存ぜぬで通すつもり。
ジミーはサムが気になる。

地下にて。
マレストラザはいきなりサムを殴打する。昏倒するサム。
サムを人柱にするのか?

作業現場にて。
管理人はサムとピーターは旅行に行ったと主張する。
作業員達もそれで納得してます。

地下にて。
気がついたサム。手を縛られて拘束されてる。
マレストラザは穴を掘ってます。人柱の穴です。

作業現場にて。
どんどん壁にを穴を開けて爆薬が差し込まれる。

地下にて。
サムは助けてくれと叫ぶが悲鳴は届かない。
マレストラザは生け贄は生き埋めにすると言ってます。

サムは手の拘束をようやく自分で外してます。
地面に刺さってる金属の矢をとろうとしてますう。これはピーターに刺さった矢を墓標代わりに刺してあったようです。

マレストラザが地面にあるボタンを押すと何か作動してます。
作業現場では壁を貫通した電動ドリルの刃がパイプに接近したりする。それだけ。
どうやらボタンを押すと人柱の穴にセメントが流れ込む仕掛けになってるようです。
爆破作業も進んでます。

これは私の墓穴だと言ってるマレストラザ。
君が私を殺すのだとなってます。卑しい自殺はしない。

そんなこんなでマレストラザを思い切りめった刺しにしてるサム。
何だか他に色々な声も聞こえているサム。

マレストラザは墓穴にちょうどよく倒れ込む。
セメントが流れ込みます。セメントに沈むマレストラザ。
沈む前にサムにお礼を言ってるマレストラザ。ちゃんとサマンサと呼んでます。

外にて。
おばあさんのデニースが警官に連行されてます。まだいたらしい。
管理人とジミーは爆破作業を見守る。
いよいよ爆破3分前になってます。

サムはまだ地下にいます。
壊れた無線機を握りしめてジミーを呼んでるサム。

外にて。
ジミーは気が変わって爆破を中止してくれと言って建物に向かって走る。
サムの名前も出してるので父親の社長が爆破を中止させる。
管理人はこれでお終いだと号泣してる。

屋上にて。
上の戸を開けるジミー。
下ではサムが倒れて半分セメントに浸かってます。
そんなところに社長一行が来てます。社長はジミーを責める。
発作的にジミーは地下にダイブする。飛び降り自殺したようです。

地下にて。
サムの隣りに落ちたジミー。
血まみれで愛してるとサムに言う瀕死のジミー。
黒味になります。

地下から引き上げられて救急車に収容されるサム。
どうやらサムは助かったようです。
パトカーの後席には管理人がいます。

ナレーションが入ります。
マレストラザの27の建物は全て現存してる。
中でもこの建物は傑作だ。現在解体予定はない・・・
エンドとなります。


そんなわけで何だかわからんけどよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #707◆2017.01.21(土) | トップページ | 『パッセンジャーズ』(2008年) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/64820969

この記事へのトラックバック一覧です: 『ザ・ウォール』:

« Hollywood Express #707◆2017.01.21(土) | トップページ | 『パッセンジャーズ』(2008年) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。