映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #698◆2016.11.12(土) | トップページ | 『蜂女の恐怖』 »

2016.11.19

『X線の眼を持つ男』

この作品は、ロジャー・コーマン監督、レイ・ミランド主演のマッドサイエンティスト物B級SFのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1963年 American International Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆80分
原題◆X-the Man with X-Ray Eyes
プロット◆視力を向上させて色々とある話しのようです。
音楽◆レス・バクスター

キャスト
レイ・ミランド→問題のジェームズ・エグザビア博士
ダイアナ・ヴァン・ダー・ヴリス→協力者のダイアン・フェアファックス博士
ハロルド・J・ストーン→協力者のサム・ブラント博士
ジョン・ホイト→病院のベンソン先生
ドン・リックルズ→呼び込みのクレーン

ディック・ミラー→Heckler (uncredited)
ジョン・ディーケス→神父 (uncredited)

ロジャー・コーマン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級SFになってます。

レイ・ミランドは落ちぶれてもスターでいるだけで存在感があります。
そんなわけでレイ・ミランドが出てることでこの作品を他のB級映画と一線を画してます。1963年ではまだレイ・ミランドは落ちぶれてないのか?

これ以降レイ・ミランドはしばしばB級作品に出てます。
どうしてレイ・ミランドはB級に行ってしまったんだろう?、キャリアのラストもB級だっただし→『双頭の男』(1972年)
ホントに食えなくなったのか単に映画に出るのが好きだったのか?

神父の人は何処かで見たような。→『遊星よりの物体X』(1951年)に出ていた科学者の1人でピーター・オトゥールに似てる人です。→ジョン・ディーケス。

有限会社ケー・アイ・コーポレーション発売のDVDにて。
画質はそれなりに悪い。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声はドルビーデジタル5.1ch

画質が悪いと著作権のアラート
ケー・アイ・コーポレーションのタイトル
レトロフリックスのタイトル

タイトル
目玉のクローズアップが長々と入る。何だかわからん。
ビーカーに目玉が浮いてます。
それからイラストで渦が回ります。
American International Pictures (AIP)

James H. Nicholson
and
Samuel Z. Arkoff
present

Ray Milland
Diana Van der Vlis
Harold J. Stone
John Hoyt
and
Don Rickles
in
“X”
タイトル名はこれだけです。

Produce and Directed by
Roger Corman

ジェームズ・エグザビア博士が視力検査をしてます。
サム・ブラント医師が検査をする。
ジェームズはもっと視力をよくしたい力説する。今は光りの1割しか見えていない。

シーンは変わって、レントゲン写真を診ているジェームズ。
女性がいます。財団から来たダイアン・フェアファックス博士。
ジェームズが財団の予算を何に使ったか調べに来たダイアン。
レントゲンなんて影絵みたいなものだ、何がわかるとこき下ろすジェームズ。
そんな感じでやたら視力を向上させたがるジェームズ。

ジェームズの研究室にて。
ジェームズとダイアン。
実験台のサルに目薬をさす。そうなるとサルは重ねて見えないはずの板の色がわかる。
白も青も赤のランプも点灯させます。大成功かと思ったらサルの具合が悪くなる。
ダイアンはサルは違う何か見たのでは?と言ってます。

シーンが飛んで研究の続きになる。時間が経過してる。
ジェームズとダイアン。
サルは心不全で死んだ。あまり気にしていないジェームズ。
コーヒーを飲もうとなります。

廊下の自動販売機にて。
紙コップのコーヒーを飲むジェームズとダイアン。
財団の話しになります。ジェームズの研究の資金はどうなる?
明後日までにレポートを出さないといけないと言うダイアン。

ジェームズとサム。
そんなわけで速攻で実験をやると意気込むジェームズ。
当然反対してるサム。もめてます。
で、ようやく引き受けるサム。実験名は“X”

ジェームズに点眼するサム。
でかいテープレコーダーに音声メモするジェームズ。
点眼される主観ショットがあります。面白い。
その効果は?何だかさっそくあるようです。光の洪水だと話すジェームズ。
机に置いてある書類が透視出来るジェームズ。これはビックリのサム。
それで成功だとなってます。

ジェームズはもっと点眼しろとまたもめてます。
それで自分で点眼するジェームズ。サムは用無しなのか。

また効果が出ているジェームズ。
何だかまぶし過ぎになってるようで大変な状態です。

財団のオフィスにて。
ダイアンとサムが来てます。ジェームズは大変な状態なので欠席。
まずダイアンが説明します。しかし財団役員への受けは悪い。
サムもサポートの説明をするが結局資金打ち切りになります。

病室にて
ジェームズとダイアン。
眼に包帯のジェームズに資金打ち切りを伝えるダイアン。
包帯をしてるのを忘れたと言ってるジェームズ。見えるようです。

研究室にて。
ジェームズとベンソン医師。
もう何もない空き室状態。ここを畳んでベンソン医師の病院に勤めるようです。

病室にて。
患者のスタントンを診るジェームズ。スタントンは女の子です。
透視してこれは違う症状だとわかるジェームズ。
ベンソンが来ます。誤診なので手術に反対するジェームズ。もちろんベンソンは本気にしない。
そんなところにナースがジェームズに来客ですと知らせる。

来客はダイアンでした。
まだ薬を使ってるの?と言われるジェームズ。
で、いい所に連れて行くわとダイアン。

ダンスパーティにて。
ジェームズとダイアンが来てます。
当時流行っていたダンスになってます。何だかわからん。
女の子に声をかけられるジェームズ。ダンスになります。
そのうちにここにいる全員が裸に見えてくるジェームズ。わかりやすい。
裸といっても1960年代の作品なので下着までです。
ダイアンの方は物分かりがいい。自分のヌードが見えてもそんなに気にしない。

研究室にて。
何もない。ジェームズは例の薬を点眼してる。

手術の準備室にて。
ベンソンの隣りいるジェームズ。
裸のベンソンを見ているジェームズ。ゲイ向けのサービスシーンなのか?。

手術室にて。
スタントンの手術です。
手術はベンソンが担当。助手がジェームズ。
サムとダイアンが見学してます。ジェームズが薬を使ってる話しをしてます。

ジェームズはベンソンからメスを取り上げて自分で手術しようとする。
それでも止まらないベンソンの手をメスで切りつけてるジェームズ。
そんなわけでジェームズが手術をしてます。ここが悪いのだと違う手術をする。
手術は無事に成功したようです。しかしジェームズは無事にはいられない。
ベンソンはジェームズは重大な職務違反だと非難する。

視力検査のジェームズ。
サムが担当してます。ダイアンもいる。
何でも透視するので視力検査の2枚目を文字を読んでるジェームズ。

副作用があるからと治療を強く勧めるサム。拒否するジェームズ。
麻酔注射をしようとするサムをジェームズが押したら窓から転落してしまいます。
そんなわけで死に至るサム。
ダイアンは早く逃げてと言う。ジェームズはもう異常だと思われている・・・

そんなわけで速攻で逃げてるジェームズ。
ダイアンが窓から振り返るともうジェームズはいません。

非常階段を下りるジェームズに新聞の見出しをオーバーラップする。
医師転落死、殺害される、殺人犯は逃亡・・・

遊園地にて。当然見せ物の興行もある。
呼び込みのオッサンが本物の透視だと大声を出す。
このオッサンを演じるのがドン・リックルズで嫌味なキャラを熱演してます。

脅威の男メンタロ。これがジェームズの芸名です。
呼び込みのオッサンの名はクレーン。

透視の実演です。
クレーンが紹介して目隠しをしたジェームズが出てきます。
マジで透視が出来るのでお客が書いたメモを普通に読んでるジェームズ。
若い男2人が言いがかりをつけてくる。
アンタの名前はジョン・トラックスで社会保険番号からラブレターまで言い当てるジェームズ。
大恥かいて逃げるジョン・トラックス。これがディック・ミラーなのか?

楽屋にて。
クレーンはジェームズにどんな仕掛けなのかとしつこく聞く。
不機嫌になって出てってくれと追っ払うジェームズ。

小型のテープレコーダーで音声メモするジェームズ。
薬はなくなった。累積効果はある。研究したいがカネも資材もない。
ここをクレーンが覗いていたりする。

芸人の連中4人がジェームズの噂話をしてる。
彼はいつもサングラスをしている・・・。

そんなところにジェームズが来る。
芸人のオッサンが強請をやった方が儲かるぜと言う。
お姉さんは争いになるネタを全部ぶちまけてしまえばなんて言う。
結局イカサマ呼ばわりされてるジェームズ。

ジェームズとクレーン。
クレーンは俺は信用してると言う。まずカネが必要だとジェームズ。

シーンが飛びます。
遊園地にて。
いつもの呼び込みをするクレーン。
そんなとこで女性がケガをして倒れている。駆けつけたジェームズが透視して骨折だと応急処置をする。
当然何故わかる?と言われてるジェームズ。
救急車が来たとこでここを離れるジェームズとクレーン。

クレーンはジェームズにもっと儲かる話しをする。
街の部屋を借りて儲けようと持ちかける。病気が治る・・・

街のアパートにて。
部屋を借りてるジェームズとクレーン。商売を始めます。
そんなわけでまた点眼してるジェームズ。薬の在庫はあいまいになってます。
ベッドに寝て目を閉じる。天井を透視して何を見る。光の洪水になってます。
悲鳴を上げて溶暗になります。

光りを完全に塞ぐサングラスをかけるジェームズ。
クレーンが最初のお客のおばあさんを案内する。
背中に痛みがあるおばあさん。透視したジェームズは心配いりません。老齢による疲労ですと安心させる。今の病院では老齢のことを加齢ともいう。
ジェームズは医者なので診断は出来るわけです。

感謝したおばあさんは帰ります。
しかしジェームズはもう手遅れだったのを安心させただけでした。
それでも評判にはなると言ってるクレーン。1週間で客が押し寄せると自信満々。

薬の効果は予測不能と音声メモしてるジェームズ。
透視は出来たり出来なかったり・・・
カネが入ったので色々と薬はそろえてある。
そんなとこにクレーンが来る。客が来たと呼ぶ。

マジで大勢の客が押し寄せてます。
そんなわけで商売は繁盛してるようです。料金はとらないけど寄付は受け付ける。

クルマが来ます。ダイアンです。
友人だと客の順番を飛ばしジェームズに面会するダイアン。

ジェームズとダイアン。
ダイアンにどこも悪くないよと診断してるジェームズ。顔が見えないのか?
財団をやめたダイアンは医者に戻り患者達の評判を聞いてやって来たとのこと。
症状は進んでると悲観的になってるジェームズ。目を閉じても見えてしまう。

クレーンが来て儲けてる時に余計なお世話といった感じになる。
で、あんたはジェームズ・エグザビア博士と本名を知っていたりする。
頭に来たジェームズはここを出ようとする。クレーンは止める。

ダイアンのクルマで脱出するジェームズ。
クレーンは大騒ぎをして通報したようです。

クルマで移動中のジェームズとダイアン。
ジェームズはまわりの風景が普通には見えない。
ビルが骨組みだけに見える。他もそんな感じ。
研究出来るところに連れていってくれとお願いするジェームズ。
そんなこんなで砂漠の近くに大金が落ちてると言ってるジェームズ。そこへ向かう。

ラスベガスまで54マイルの標識を通過するクルマ。
大金が落ちているところはラスベガスらしい。

ラスベガスにて。
クルマで移動するとネオンが普通にではなく見えてるジェームズ。
このシーンが延々と続く。

カジノにて。
砂漠で金が落ちてるとはカジノで稼ぐことだとようやくわかった。
ジェームズとダイアン。
まずは点眼するジェームズ。
スロットマシンで稼ぐジェームズ。オッサンと変わってもらう。あと2回で大当たりになると透視でわかるらしい。
そんなわけでスロットマシンで大儲けします。

儲けてカネをカードゲーム『ブラックジャック』に注ぎ込みます。
ところがルールがわからんので見てて何が面白いかわからん。
そんなことにはお構いなしでジェームズは儲け続ける。
あまり儲けるとトラブルのネタになると思えるが止まらないジェームズ。
最初のテーブルは閉められます。次のテーブルに向かうジェームズ。

もう2万ドルになったから換金して出ましょうと言うダイアン。
それでも止まらないジェームズ。
カードを次々と言い当ててます。これはビックリの回りの面々。

ようやく換金に行くジェームズとダイアン。
そうなるとマネージャーと警備員が来てイカサマだと絡んできます。
もめた弾みでサングラスが外れるジェームズ。眼がおかしい。
そんなわけで大騒ぎになります。ジェームズはせっかく儲けたカネをばらまいて混乱に乗じて脱出する。
クルマを奪って逃げるジェームズ。ダイアンは置き去りにしてます。

クルマで逃走中のジェームズ。
相変わらず回りの風景は妙な感じに見えています。
そんな感じで危ない運転で砂漠の道路を移動する。トラックと衝突しそうになる。

ヘリコプターが追跡してきます。カリフォルニア州警察です。
止まりなさいと警告されるが止まらないジェームズ。

トンネルを通過するジェームズのクルマ。
これでヘリコプターの追跡をまいたらしい。

崖から転落するジェームズのクルマ。
転覆したクルマからようやく出るジェームズ。まだ死んではいない。

徒歩で移動するジェームズ。
線路を横断する。次は鉄条網を越える。それから廃車置場を通る。
またヘリコプターが来ます。

テントの教会にて。
神父が説教して大勢で盛り上がってます。そんなとこにジェームズが来る。
いよいよ神にすがる展開になるのか。
この神父を演じる俳優が『遊星よりの物体X』(1951年)に出てました。

神父とジェームズ。
見たことを伝えに来た。深い闇だとジェームズ。
そんなとこにようやく警察やダイアンが到着する。
宇宙の中心には眼がある。あらゆることが見える・・・

眼が汝を堕落させるならえぐり出して捨てろと聖書を引用する神父。
サングラスを外して変わり果てた眼を見せるジェームズ。
それから自分で眼をえぐり出す。
エンドとなります。

後タイトル
American International Pictures
スタッフの紹介。妙に長い。


そんなわけで普通のB級SFのよい作品でした。
隋分と昔に見てるけど内容はあまり覚えていませんでした。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #698◆2016.11.12(土) | トップページ | 『蜂女の恐怖』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/64515281

この記事へのトラックバック一覧です: 『X線の眼を持つ男』:

« Hollywood Express #698◆2016.11.12(土) | トップページ | 『蜂女の恐怖』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。