映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『パニック・マーケット』 | トップページ | Hollywood Express #692◆2016.10.01(土) »

2016.10.02

『ディープ・ブルー』

この作品は、レニー・ハーリン監督、トーマス・ジェーン他主演の謎のサメ映画のようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1999年 Alan Riche -Tony Ludwig /Akiva Goldsman Productions/Village Roadshow Pictures -Groucho III Film Partnership/Warner Bros. アメリカ作品
ランニング・タイム◆105分
原題◆Deep Blue
プロット◆謎のサメに悪戦苦闘する話しのようです。
音楽◆トレヴァー・ラビン

キャスト
トーマス・ジェーン→現場担当のカーター・ブレイク

サフロン・バロウズ→遺伝子操作のスーザン・マカリスター博士
ジャクリーン・マッケンジー→海洋生物学者のジャニス・ヒギンズ(ジャン)
ステラン・スカルスガルド→ジム・ウィットロック博士

LL・クール・J→コックのシャーマン・ダドリー(プリーチャー)
マイケル・ラパポート→現場担当のトム・スコギンズ(スコッグズ)
アイダ・タートゥーロ→管制室のブレンダ

サミュエル・L・ジャクソン→ラッセル・フランクリン社長

ダニエル・レイ→ヘリコプターのパイロット
ブレント・ローム→ヘリコプターのウィンチ担当

レニー・ハーリン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のサメ映画になってまます。

ワーナー発売のBlu-rayにて。
画質は普通によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声はDTS−HD MSTR multi

読み込み中
著作権のアラート。わざわざ2面も出る。
ワーナー・ホーム・ビデオのタイトル。
読み込み中
メニュー画面。音声はデフォルトだと日本語吹き替えになってます。
ここは英語音声、日本語字幕にします。
Blu-rayソフトを随分は読み込みは早くなってる。

スタジオが波打つWarner Bros.のタイトル。
Village Roadshow Picturesのタイトル。

プロローグ
Warner Bros. (presents)

(in association with)
Village Roadshow Pictures -
Groucho III Film Partnership

Deep Blue Sea

海にて。
ヨットで若者のカップル2組がいい感じになってます。
このヨットはセットです。何だか『マタンゴ』(1963年)みたい。
赤ワインが海にこぼれてます。そんなとこに不気味な音がする。
いくらサメでも赤ワインと血は間違えないと思うがそこはハリウッドだから・・
ヨットの底を何かが叩いてます。これは大変。
いきなりジョーズが出てきます。海中に転落するカップル2組。
アッサリとやられるのとか思った別の船の男がジョーズに銛を撃ち込む。
これで助かってます。
男を演じてるのがトーマス・ジェーンです。なかなかカッコいい登場の仕方。

ヘリコプターが飛んでます。
そのまま大都市のビルの屋上に着陸する。
降りてきたのでサフロン・バロウズ扮するスーザン・マカリスター博士。

オフィスにて。
スーザン博士が偉そうなオッサン2人に色々と説明する。
実験サメが逃げたとUSAトゥデイの見出しになってます。
オッサンはサミュエル・L・ジャクソン扮するラッセル・フランクリン社長ともう1人はわからん。
この研究はアルツハイマーに効くと力説するスーザン博士。
そんなこんなであと48時間で結果が出ないとこの研究所は解散だとなってます。TVシリーズ『帰ってきたウルトラマン』(1971年)のMATみたいな設定です。

水上飛行機が飛んでます。
フランクリン社長とスーザン博士。
海軍が戦時中に潜水艦の補給基地にしていたのを改造して研究所にしたと説明が入る。

アクアティカ研究所にて。
捕獲したサメを生け簀に移動させてます。
人員は何だか大勢いる。
ジャン海洋生物学者が登場。金髪の女性です。

サメが潜ってる男に接近してます。フランクリン社長は大丈夫か?と心配になる。
ここは別に大丈夫でしたとなります。
サメはナンバープレートをくわえていた。よくわからんネタです。
トーマス・ジェーンの役名はカーター。現場担当。

フランクリンは製薬会社の社長。ジャンが実験サメの説明をする。
何だか回りには大勢の人がいます。
ステラン・スカルスガルド扮するジム・ウィットロック博士が登場。
カーターが同僚のスコッグスに何でサメが逃げたんだと責める。

フランクリン社長はジャンからまた説明を聞く。
日本語字幕ではやっぱり生け簀と出ています。水槽ではない。

映画でモニターといえばソニー製が出るのが当たり前でした。
しかしもうそれはなくなってます。
優れた独自規格のトリニトロンブラウン管から普通の下請け製な液晶になった時点でソニーのモニターは映画に出なくなったわけです。もう永遠にない。

スーザン博士はコンピューターで調べてます。

フランクリン社長はカーターから話を聞く。あまり会話が弾まない。
カーターは仮釈放中であまり目立ちたくないらしい。

厨房にて。
コックとペットの鳥。
鳥はコックの悪口を言う。それでも餌付けはしてるコック。

サメの餌付けになってます。何故かサメにサメを食わせてます。

管制室のオバサンがスーザン博士を呼び出す。
スーザン博士が外に出るといきなりサプライズ誕生パーティになってます。

パーティにて。
人数は少ない。そうなるとあとはこの人数しか登場しないみたい。
あちこちでとりとめのない会話になる。
ウィットロック博士が特別なサメの話しをする。
それから遺伝子操作は禁止されてる話題になってます。

スーザン博士とカーター。
カーターはこのサメを危険だと警告する。
スーザン博士は早く実験をやりたがる。

このへんの天気が悪くなってます。
そのせいで研究所の燃料ポンプがオフになってます。

実験室にて。
フランクリン社長が案内されてます。
ダイビングしてるカーターに連絡してます。

水中通路内のカーターに無線連絡しています。何をするんだ?
サメが2匹います。
監視カメラが次々と故障してます。それはサメが壊してるからです。
水中通路から出たカーターにサメが迫る。
いきなり噛みつこうするがカーターは銛を撃つ。

実験室にて。
サメが捕獲されて上げられてます。
カーターはサメの捕獲に行ってたとようやくわかった。

サメに何やらやってます。
まずは状況をスキャンする。このサメは2世だと言ってるが意味がわからん。
スーザン博士がサメの頭部に3点アームをセットする。この時にサメが動いてビックリのシーンがあります。
何をしてるのかと思ったら3点計測をして座標を決め、そこに針を打ち込むようです。
打ち込んだとこからサメの脳から液体を抽出してます。

この液体が大事なお宝のようです。
アルツハイマーに効くか実験となります。で、テストでいい結果が出ました。
お祝いモードになってます。これで研究所が解散してなくてもよくなったみたい。
そこにフランクリン社長が量産のメドは?とまた難題を出してきます。

唐突にサメが暴れてウィットロック博士の腕を食って大騒ぎになります。
カーターがサメを処分しようとするがスーザン博士が非常ボタンを押して逃がしてしまう。そんなわけでもめてます。

無線連絡を受けて救援ヘリコプターが接近してます。
何しろ悪天候なので大変そう。

ウィットロック博士を担架に乗せてヘリポートに向かう。
管制室のブレンダがヘリポートと連絡をとってます。
ヘリポートからワイヤーを降ろして担架ごと吊り上げる段取り。

吊り上げたとこでワイヤー巻き取りに不具合が出る。スタックしてます。
そんなわけで担架を生け簀の中に落としてしまいます。
水中に沈んだ担架が何かに引っ張れてヘリコプターが危険な状況になってます。

そのままヘリコプターは管制室を含む建物に激突して丸ごと炎上する
これが研究所の建物に甚大な被害を与えてます。
研究所の建物から被害が広がって水上飛行機も失ってます。これで移動手段がなくなった。

実験室にて。
ジャンが生け簀に落ちてます。これは大変ですが無事に救出される。
そんなこんなで残りは5人となってます。あとはコックが1人。

あれは何だとガラス越しの水中を指さすフランクリン社長。
それはサメが担架をくわえて接近してるんです。そのまま担架をガラスに投げてます
ガラスにひび割れが出来広がってます。早く避難しようとなります。
防水ドアを開けてるとこでガラスが割れて水が押し寄せてきます。これは大変。

カーターが逃げ遅れたが何とか防水ドアまで来る。
必死こいて防水ドアを開けて脱出する5人。
ようやく外に出るが浸水で防水ドアを締めるのがまた大変です。

通路にて。
コックは非常電話を使うが連絡がとれない。

5人は袋小路に出て上には上がれなくなってます。
コックと位置関係は全くわからん。

通路にて。
コックのとこに水が流れてきます。浸水してるようです。ここはレベルAです。

5人は相談中。
壁の研究所内見取り図を見ながらどうすると相談してる。どうすれば上に行ける?

通路にて。
普通に階段を登るコック。しかし一気に浸水してきます。
逃げるというかそのまま水に流されてるコック。

5人にて。
防水ドアの向こうから叩く音がしてます。ドアが破られそうで浸水してる。
慌てて逃げる5人。違う防水ドアを開けようと悪戦苦闘してます。
ようやく防水ドアが開いてます。逃げる5人。

まだ1人のコック。ペットの鳥を探してます。

5人にて。
フランクリン社長がカーターにサメはドアを破れるのか?と聞く。
先ほどの防水ドアを叩く音のことです。

次にフランクリン社長はスーザン博士にサメに何をしたと聞く。
スーザン博士は違法の遺伝子操作をしたとこを認める。サメは利口になった。
ジャンがスーザン博士に何てことをしたのとなじる。
で、カーターとスーザン博士ももめてます。
フランクリン社長は4トンのアオザメがいるんだ。これからどうすると話しをまとめる。

コックは水浸しの通路を移動中。そんなとこをサメが迫る。
そんなわけでコックは厨房に逃げ込みます。結局元の職場に戻ってしまった。

5人は移動中。
相談になってます。潜水艇で脱出しよう。そんな話しも出る。
潜水艇のところに来たら肝心の潜水艇が傾いて使用不能。これはではダメじゃん。

厨房にて。
コックは非常用小型トマホークを持ってます。
棚によじ登って手を伸ばしペットの鳥を捕まえようとする。
水に浮かんだ鍋に止まってる鳥をを捕まえようと手を伸ばすコック。
いきなりサメが飛び出して鳥を食ってしまう。わざわざ小さい鳥を食うとは嫌味なサメです。
コックが乗ってた棚も倒れて水中に放り出されるコック。
必死こいてオーブン・レンジに逃げ込むコック。

傾いた潜水艇にて。
どうして傾いたとまたもめてます。フランクリン社長がカーターに聞く。
そんなこんなでウェットスーツを着てここから泳いで出ようと主張するフランクリン社長。

厨房にて。
オーブンレンジのガラスドアに突撃してくるサメ。
そんなとこでスイッチがオンになってガスが充満してきます。これは大変。
コックは小型トマホークで天板に穴を開けている。
ようやく上に逃げたコック。突撃してガラスドアを破るサメ。
入れ違いで脱出するコック。
コックは点火したジッポライターを投げてガス爆発させます。
間一髪で外に逃げるコック。
もしかしてこれで1匹が片づいたのか?

爆発の振動が5人のとこにも伝わってます。何事?となってます。
それはともかく全員ウェットスーツを着てます。泳いで脱出となるようです。
ここでフランクリン社長に水の側は危険ですよと警告してるカーター。
そんなことにはお構いなしで演説を始めるフランクリン社長。

ここでスコッグスが非常ばしごの縦穴を登れば海上に行けると提案する。
縦穴が浸水していたらこの防水ドアを開けたとたんに水が噴き出してくる。
口論になっています。
そんなとこをフランクリン社長がまた演説でとめる。
登山では雪と氷で大変だった・・・
そんなとこををいきなりサメにやられるフランクリン社長。

何だか無意味に頼りになりそうだったフランクリン社長が退場となります。
そうなるとカーターがリーダー格になるようです。
この建物は7トン以上の力がかかると支柱が折れると説明するスコッグス。

まずはフランクリン社長がやられたのもあって非常ばしごで行くようです。
非常ばしご縦穴の防水ドアを開けます。結果はどうなる。
思い切って防水ドアを開けたけど大丈夫みたい。水は出てこない。
そのかわりに出口側の生け簀から水が大量に吹き出てきます。縦穴の方の気圧が低いのでそうなってるようです。

そんなわけでまずは縦穴に入り防水ドアを締めようとする4人。
水の勢いが強くなかなか防水ドアが締まらない。
女性2人は先にハシゴを登る。男性2人が防水ドアを締めようと悪戦苦闘する。
水に潜ってまだ防水ドアと悪戦苦闘してようやく締めてます。

縦穴の頭上では火事になってて燃えかすが落ちてきます。
そんなとこを非常ばしごを登る4人。

サメは閉めた防水ドアを破ろうとしてる。アッサリと突破してる。
そうなると水が縦穴に流れ込んで水位が上がる。

カーターは縦穴の途中のドアを開けて水を排出させて水位が上がらないようにしようとする。
ようやくドアを開けているカーター。また非常ばしごを登る。
それはいいけど建物全体も沈没しつつある。

非常ばしごが倒れて水平で何とか止まる。これでジャンが水中に落ちる。
何とかカーターが助けようとする。しかし沈んでしまうジャン。
しばらくしてサメに食われたままジャンは姿を現す。食ったところをわざわざ見せています。嫌味なサメだ。

非常ばしごが壊れて登れず残り3人はどうすると相談になる。
そんなとこに少し上のドアが叩かれる音がします。サメか?水はないはず。
ドアをブチ破ってコックが登場。まだ生きていました。
そんなわけで3人は助かった。

通路に出てこれからどうするとなる4人。防水ドアは忘れずに閉める。
レベル1から階段を登れるはずとなるがコックからそこは浸水してると訂正が入る。
ここから海面まで18メートルあるとのこと。水中でも何とか上がれるはず。

カーターから聞かれたスコッグスが実験室から発電機を回せば階段の水が排水出来ると答える。それで行こうとなります。

ジャンの個室に来てます。家捜しして使える物を何でも探す。
バイブの電池も使おうする下ネタが入る。

コックは相対的理論の話しをする。時間が短く感じる時と長く感じる時・・・
カーターに謝罪してるスーザン博士。

カーターとスコッグスが実験室に行きます。
残りはスーザン博士はコック。

カーターとスコッグスは実験室に接近する。

スーザン博士はデータをとりに自室に行くと言う。
コックはまだデータかと不満な感じ。

カーターとスコッグスは実験室に到着してます。
浸水してるのでカーターだけが潜って行く。
いきなりブレンダの死体が出てビックリのカーター。息継ぎに水面に出る。

待っているスコッグスにはサメが迫る。これは大変。
そんなとこにカーターが戻ってくる。サメはもういない。
今度はスコッグスの助けがいると2人で潜ります。

コックはビデオカメラを自撮りしてビデオ遺書を撮る。

実験室にて。
カーターとスコッグスは配電盤に接近してる。
スイッチを入れてます。水中でも大丈夫なのか?映画だから。
そんなとこにサメが迫ります。アッサリとスコッグスがやられます。

カーターは必死こいて逃げる。
防水ドアを開けるとこにサメが来る。何とか防水ドアから逃げてるカーター。
浸水が凄くて防水ドアを閉めるのが大変。

スーザン博士の自室にて。
浸水してる部屋に入るスーザン博士。

通路にて。
撮ったビデオテープをビニール袋に入れてるコック。
そんなとこにカーターが逃げてきます。これは偶然か?
カーターがスーザン博士のことを聞きすぐに行く。

スーザン博士の自室にて。
カギのかかった棚からディスクをとり出します。
ディスクは一応ビニール袋に入ってる。
そんなとこにサメが襲ってきます。これは大変と思ったら模型でした。

今度は本物のサメが襲ってきます。マジでこれは大変。
大事なデータのディスクを落としてしまうスーザン博士。拾おうと手を伸ばすとサメが齧ろうとする。

スーザン博士は戸棚の上に乗って配電盤から電源ケーブルを引き抜く。
それからウェットスーツを脱いでビキニ姿になる。ウェットスーツは感電防止のために使うエクスキューズになってます。
そんなこんなでサメの口に電源ケーブルを突っ込むスーザン博士。
これでサメは片づいたようです。やるじゃん。
感心のデータディスクはビニール袋が破れてダメになってるみたい。

ようやくまた3人が合流してます。
スーザン博士はもうウェットスーツを着ている。
早いとこ逃げようとなります。

消火器に救命胴衣を付けて囮に使う。サメは光り物を追うらしい。
この部屋に注水して上のハッチを開けて海面に脱出する。そんな段取り。
18メートルを上昇して海面に出る。

まずは注水する。
3人で手をつないでコックがお祈りをする。
コックの話しだと2匹殺してあと1匹いるとなってます。初めて知った。そうなの?

それはともかくハッチを開けて脱出します。
最初は女性のスーザン博士、次は素人のコック、最後にベテランのカーターとなってます。ちゃんとしてます。こういう順番は結構重要だと思える。
囮の消火器を作動させてます。これに噛みついてるサメ。

海面にて。
スーザン博士はカーターがたどり着く。もう昼間です。
早く水から上がらないと危険です。

コックはサメに齧られてます。普通はもうダメだと思える。
最後の力を振り絞って十字架でサメを刺してます。目を刺したのが効いてる。
そんなわけでコックは放してるサメ。救出されるコック。助かってます。

何とか3人は助かったようです。
コックのキズを応急処置してるスーザン博士。

カーターは4トンのアオザメの考えがわかったと言う。
外側の障壁の造りは海面下が合金で海面上は普通の鉄製。この建物全体を沈めれば破りやすい鉄製から外に出られる。
とにかくそうなってます。

それでサメを外に出してはダメだ。絶対に殺さないといけないとなります。
スーザン博士もカーターの意見には賛成する。

サメの方は鉄製の網に体当たりして破ろうとしてます。

カーターは銛に照明弾の火薬を仕込んで狙う。
スーザン博士にサメに銛が刺さったらケーブルをバッテリーの赤端子に接触させろと命じる。

カーターがサメを狙うがもう射程距離から遠い。
ここでスーザン博士が自分の手を切って血を流し海に入り囮になる。

ようやくスーザン博士に気がついたサメが迫ってきます。
銛担当のカーターはスーザン博士を助けに行ってしまう。それじゃダメじゃん。
上手く脱出するはずでしたが手すりがもろくて壊れてしまいスーザン博士はサメに食われてしまう。

カーターはサメの口撃をかわし背びれに掴まる。とりあえず食われない。
そのまま高速で泳ぐサメ。必死こいて掴まってるカーター。

今度はコックが銛を持ってサメを狙う。とにかくそうなってます。
銛を発射するコック。狙いがよすぎてカーターの足を貫通しています。とにかくサメには命中してる。

サメをカーターと共に金網を破ろうする。無理やり金網から外海にでています。
これでカーターは金網に引っ掛かって助かる。

早くケーブルをバッテリーにつなげと叫ぶカーター。
バッテリーにつなぐコック。サメは大爆発して粉々になる。

生き残ったカーターとコック。
サメを3匹だけか?と聞くコック。カーターはそうだと言ってるみたい。
そんなとこに救援ではなく交代人員の船が接近してきます。
俯瞰になってエンドとなります。

後タイトル
スタッフの紹介

Saffron Burrows
Thomas Jane
LL Cool J
Jacqueline McKenzie
Michael Rapaport
Stellan Skarsgård
Aida Turturro
and
Samuel L. Jackson

Alan Riche -Tony Ludwig /Akiva Goldsman Productions

スタッフの紹介
スクロールする後タイトル


そんなわけであまり謎ではなく普通のサメ映画のよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『パニック・マーケット』 | トップページ | Hollywood Express #692◆2016.10.01(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/64289567

この記事へのトラックバック一覧です: 『ディープ・ブルー』:

« 『パニック・マーケット』 | トップページ | Hollywood Express #692◆2016.10.01(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。