映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『マンドレイク 人喰い植物のえじき』 | トップページ | Hollywood Express #695◆2016.10.22(土) »

2016.10.23

『デビル・リベンジャー 復讐の殺人鬼』

この作品は、デヴィッド・ウィニング監督、ニコラス・ライト、シンディ・サンプソン、ブルース・ダーン主演の植物系B級ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2008年 Muse Entertainment production カナダ作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆Swamp Devil
プロット◆謎の怪物殺人鬼を追ったり追われたりする話しのようです。
音楽◆ジェームズ・ゲルファンド

キャスト
ニコラス・ライト→謎のジミー

シンディ・サンプソン→父親探しのメラニー
ブルース・ダーン→メラニーの父親ハワード

ジェームズ・キドニー→ネルソン保安官
アリソン・グレアム→ジョリーン保安官

ロバート・ヒグデン→娘を殺されたジョーンズ 白人
クワシ・ソングイ→助っ人のビッグス 黒人

ブロンウェン・マンテル→ダイナーのシェリーおばさん

デヴィッド・ウィニング監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級ホラーになってます。CGはまあまあ。

スカイパーフェクTV318FOXMOVIESにて。
画質はまあまあ。
DVD-RAM録画をHDMI接続するとスクイーズ収録のフル表示では黒枠になるのでTV側でHDスーパーライブにします。
そうすると画面サイズはワイド上下に黒味あり。
音声はドルビーデジタル2.0ch

・・・オリジナルのまま放送していますのアラート

A Muse Entertainment production

Bruce Dern ... Howard Blaime

17年前バーモント州ギビントン
沼地にて。
女の子が何かを見て驚いてます。怖がってます。

Swamp Devil

present day=現在
また女の子が助けてと叫んでます。今度はティーンの女の子。
リサと呼ばれてます。捜索隊は出ています。リサ・ジョーンズ。
女の子は何かと遭遇して驚愕する。そのまま沼に引きずり込まれる。
リサ・ジョーンズは死亡した状態で発見されます。

Cindy Sampson ... Melanie Blaime
Allison Graham ... Deputy Jolene Harris
James Kidnie ... Sheriff Nelson Bois
Robert Higden ... Jones
Kwasi Songui ... Bigg
and
Nicolas Wright
as
Jimmy Fuller
スタッフの紹介

メラニーの自宅にて。
女の子のメラニーがおばさんに起こされてます。
片頭痛がしてるメラニー。薬を飲む。
電話です。ジミー・フラーと名乗る。誰?となってるメラニー。
父親の頼みで電話したと言ってるジミー。父親の具合が悪いので来てくれ・・・

ギビントンの町にて。
保安官がオッサン2人に注意をしてる。やたら撃つなと言ってる。
黒人のビッグスと娘のリサを殺されたジョーンズは白人。

メラニーはクルマで移動中。
→ 1997 Chevrolet Malibu LS
ギビントン町の境界線の標識に接近する。そこにジミーが待っていました。
メラニーと挨拶するがジミーはすっかりと忘れ去られています。しかしこれはこれでそうなっていたわけです。

道案内をするから待っていたと言うジミー。
もう少しクルマを前に出して町の境界線内に入ってくれと招き寄せる。これがジャンパーのポケットに手を突っ込んだままやってる。何だかおかしい。

2人でクルマで移動中となります。
メラニーとジミー。
この町は寂れていると言うジミー。しかしこの町がいいとなってる。
ようやく父親の話しになるが具合が悪いのは出任せだとわかる。
クルマをとめてジミーを外に出すメラニー。

ジミーは父親に殺人容疑がかかってる。早く探し出そうと主張する。
17歳の女の子が殺された。これがプロローグのことです。
町中からメラニーの父親は追われてると話すジミー。
そんなわけでまたクルマに乗って移動となります。

森にて。
捜索してるビッグスとジョーンズ。
早く撃ちたそうな感じです。危なっかしい。

この作品は結構カットバックが激しい。
クルマで移動中の2人。
メラニーの片頭痛を知ってるジミー。これはダッシュボード上に薬が置いてあるのでわかったらしい。

ダイナーにて。シェリーのダイナー。
シェリーおばさんがやってる店です。
客の忘れ物の腕時計で飾ってあります。シェリーおばさんが直したとのこと。
成り行きでメラニーの片頭痛を直しましょうとなるシェリーおばさん。何だかしらないけど効果があったらしい。
メラニーは壁の写真が気になります。オッサン達が映ってます。父親もいるらしい。
で、シェリーおばさんはジミーのママらしい。

またクルマで移動する2人。
今度はジミーが運転してます。

森にて。
まだ捜索中のビッグスとジョーンズ。

クルマで移動中の2人。
ジミーの手が汚れてます。これは伏線だった。

メラニーの実家にて。森の中です。
ここにクルマは到着します。
メラニーの父親は沼に逃げたと話すジミー。
母親が死んだ話しはやめてと言ってるメラニー。
ジミーはとりあえず帰宅すると言う。クルマはいらない歩いて帰ると言ってます。

森にて。
単独行動になってるビッグスとジョーンズ。
ビッグスが何かを見つけて撃つ。それから怪物と遭遇して驚愕する。
弦の触手に捕まって引きずられてるビッグス。怪物の鋭い触手に貫かれる。
これで退場となるビッグス。

実家にて。
メラニーだけがいます。誰かが外から覗いてるようです。
ところで電気は来ているようです。水道も出る。
いきなり女保安官がハンドガンを突きつける。これはビックリのメラニー。
女保安官の名前はジョリーン。オッサンの保安官もいます。名前はネルソン・ボイス。
ネルソン保安官は撃ちたそうなジョリーン保安官をとめてます。

父親の居場所を聞かれて当然知らないと答えるメラニー。
今度はジョーンズが来てメラニーにショットガンを突きつける。ネルソン保安官がとめてます。

ネルソン保安官とメラニー。
説明というか事情聴取みたいになってます。
父親と最後に会ったのは1993年と答えるメラニー。ビックリしてるネルソン保安官。
ネルソン保安官は父親とは会ったことがある。
父親は沼地には怪物がいると言ってた。妻を殺したのは怪物だ・・・
そんなわけで父親はイカれていたと言ってるネルソン保安官。怪物なんていないんだ。

メラニーがジミーの話しをするとネルソン保安官はジミー、それは誰?と聞く。
ジミーのことを知らないネルソン保安官。
メラニーがジミーのママはシェリーなのと言う。
ネルソン保安官はシェリーには子供はいないと言う。シェリーも変わってるけど。

そんなこんなで何かあったら連絡をしてくれ。町を出る時は知らせてくれと言う。
ごく普通の保安官です。悪意はない。

また1人きりになるメラニー。
いきなりジミーが出てきます。ビックリのメラニー。
それで先ほどの話しをするメラニー。
あなたのことを保安官は知らないわよと言うメラニー。
ジミーは適当なことを言う。人付き合いが苦手でね・・・

父親が怪物の話しをしていたと話すメラニー。
それは単なる伝説だと言うジミー。
それでも怪物はいると言ってます。真の怪物は町にいる。人間だと言ってる。

ジミーは寝ずの番をすると暖炉の前に座る。
そんなわけで寝るメラニー。

森にて。
ブルース・ダーンが登場。これがメラニーの父親です。
たき火をして食事になってます。キャンプみたい。

朝にて。
目を覚ますメラニー。ジミーはいない。
昨日ジミーが持ってきた花がもう枯れています。これは怪しい。
ドアの外には何やら泥の足跡があったりします。

そんなところに保安官2人が来ます。
コーヒーを持ってきたと言って入ってきます。

森にて。
ジョーンズが捜索中。

実家にて。
メラニーと保安官2人。
ジミーの話しになるがネルソン保安官は見ていない。
会話からジョリーン保安官はここを見張ってたらしい。

森にて。
ジョーンズの近くに触手がいます。

実家にて。
ネルソン保安官はパトカーで出かけていない。
メラニーとジョリーン保安官。
ジョリーン保安官もジミーのことは聞いたことがない。
壁のオッサン達の写真を見てみんな死んだと言うジョリーン保安官。
ジョリーン保安官の父親もいたようです。

町にて。
パトカーで移動中のネルソン保安官。
→ 2000 Ford Crown Victoria Police Interceptor [P71]
クラシック音楽を聴いてたりします。こういう人は実際にいたりします。

ジミーが歩いてます。コンタクトするネルソン保安官。
無難な会話になってます。しかしジミーの手が汚れていたりします。
そんなこんなで会話を終わり別れます。
で、バックミラーに映るジミーは視線を外したら一瞬で消えたらしい。

実家にて。
メラニーとジョリーン保安官。
ジョリーン保安官が子供の頃に父親も首を吊って死んだとのこと。
これは違うと信じてるジョリーン保安官。
生き残りはメラニーの父親だけとのこと。
母親が死んだメラニーはおばさんに預けられた・・・
そんな感じの身の上話しになってます。

森にて。
ネルソン保安官のパトカーが触手を通過して前輪両方がパンクする。結構普通だ。
そんなわけでどうにも動けなくなってしまう。
いきなり触手が襲ってきてネルソン保安官から引きずられてしまう。必死こいてハンドガンを撃ってます。

実家にて。
銃声を聞いたジョリーン保安官はメラニーのクルマを借してくれと言う。
嫌そうだけどキーを渡してるメラニー。

森にて。
ネルソン保安官はそのまま沼に引き込まれてます。
怪物の腕で出て沼に沈めています。これで退場となったようです。

実家にて。
ジョリーン保安官はメラニーのクルマで出かけます。
泥の足跡は家の中にもあったりします。
足跡を拭きとるメラニーは床下に物入れがあるのに気がつく。床を外します。
中には新聞のスクラップ記事があります。

調べようとしたらいきなりジミーがいたりします。ビックリのメラニー。
ジミーはすぐに父親を探しに行こうと言ってメラニーを連れ出す。
スクラップ記事には殺人容疑の男が行方不明とジミーに似た似顔絵が載ってる。

沼にて。
父親が棒を持って何やらやってます。

森にて。
メラニーとジミー。
森を歩いていれば父親が見つけくれるとお気楽なジミー。
マジで父親が姿を表してます。ジミーを怪しんでる父親。
そんなところにジョーンズまで来て父親にショットガンを突きつける。
父親はジミーが犯人だと主張する。

何故かジミーは自信満々。それはジミーが怪物だったからです。変身する。
CG製の人型の植物の怪物です。あまり新鮮味はない。まあいいけど。
これはビックリの3人。そんなわけで逃げます。

パンクしたパトカーにて。
ここにメラニーのクルマでジョリーン保安官が到着する。

森にて。
3人は逃げています。父親が案内して隠れ家の穴に入る。これで怪物をやり過ごす。
ジョーンズは森にはネルソン保安官にジョリーン保安官、それにビッグスがいると言ってます。

沼にて。
ジョリーン保安官はネルソン保安官の死体を発見する。これはビックリ。

実家にて。
ここに戻る3人。父親、メラニー、ジョーンズ。
メラニーはまず父親に事情説明してくれと言う。

沼にて。
ジョリーン保安官はネルソン保安官の死体を何とか沼から出そうと悪戦苦闘してます。
ようやく沼から引っぱり上げてクルマの後席に乗せてる。普通は無理です。映画だから。
クルマのエンジンがかからん。そんなところに怪物が迫る。
いきなり怪物が窓ガラスを割ってる。ハンドガンを撃ちまくるジョリーン保安官。

実家にて。
父親は説明をする。ジミーは偽名。20年前・・・
女の子が殺された事件。ダーラの娘。12歳。
父親は女の子殺しの犯人を捜し続けた。

それで友人を集め沼地に奴を呼び寄せた。壁の写真の連中のことです。
自白させリンチにして死体は沼に沈めた。
そのあとでメラニーの母親が沼で死んでいた。復讐されたわけです。
父親宛てに『お前が最後だ』のメモが残されたいた。
5人は次々と怪物に復讐され死んでいった。残ったメラニーの父親は怪物を探し続けている。

ジョーンズが怪物を倒す方法は?と父親に聞く。
倒す方法はわからないとのことです。それじゃダメじゃん。

で、メラニーが地図を見てこの怪物は町の境界線を越えられないのでは?と言う。
それは凄い発見だとなってます。
そういえばメラニーを待っていたジミーは町の境界線の標識の内側にいた。そしてクルマを境界線内に入れてから乗り込んでいた。

いきなり怪物が窓を破る。これはビックリとなってます。
それから屋根を破ったりしてる怪物。ショットガンで撃つジョーンズ。あまり効果はない。
今度を壁をブチ破られてメラニーがさらわれてしまう。これは大変。

森にて。
父親とジョーンズが怪物を追ってます。
そんなところにジョリーン保安官が合流してくる。クルマから何かと逃げたらしい。怪物を見たので父親に謝罪してる。
父親はジョーンズに町に実包をとりに行ってくれと頼む。町に向かうジョーンズ。

町にて。
ライトトラックで戻ったジョーンズはシェリーのダイナーに入る。大丈夫なのか?
→ 1988 Chevrolet C-1500
とりあえず事情説明をしながら実包は確保するジョーンズ。ツケにしてくれと妙に描写が細かい。

沼にて。
ジミーはメラニーを拘束して囮にしています。色々と喋るジミー。

森にて。
父親とジョリーン保安官。ジョーンズも戻ってます。移動中。
奴を見つけた沼に行くと言う父親。
いきなり何かがぶら下がる。黒人のビッグスの死体です。これはビックリ。

沼にて。
ジミーとメラニー。
そもそもジミーは何故メラニーに電話した?。そりゃ復讐のためか。

ここを伺ってる父親一行の3人。
ジョリーンにナイフでメラニーの拘束を切ってくれと頼む父親。

陽動でいきなり撃つジョーンズ。ジミーはまだ余裕です。
父親とジミーが対峙する。
ジミーはメラニーに父親からどんな話しを聞かされた?と聞く。
そうなるとまだ違う話しがあるのか?

いきなりジミーをどつく父親。ジミーは変身する。
ようやく拘束をとかれたメラニーはジョリーン保安官とジョーンズと逃げる。
父親も別に逃げてます。

ジョーンズが触手に捕まる。もうここに怪物が来てます。
必死こいてショットガンを撃ちまくるジョーンズ。結局撃つしかないのか?

石があります。これが町の境界線の標識です。
ここを越えればいいと必死こいて這うジョーンズですがやられて退場となります。

この隙に境界線を越えてる父親とメラニーとジョリーン保安官。
父親はメラニーとジョリーン保安官を町に行かせる。自分は怪物を倒す。
そうなると残る残らないでもめてる父親とメラニー。ようやくお別れになってます。

怪物はジミーの姿に戻り父親を呼んでる。
父親の方は隠れ家の穴にいます。接近するジミー。

メラニーとジョリーン保安官はジョーンズのライトトラックで脱出しようとする。
しかしエンジンがかからん。メラニーは父親から10数えてからまたセルモーターを回せと教えられたと言う。これはエンジンの点火プラグを乾かすための結構正しいやり方だったりします。
そんなわけでやっとエンジンかかかります。

逃げるライトトラックに怪物が迫る。
荷台に怪物が乗ってメラニーを引っ張リ出す。
ジョリーン保安官はハンドルを切ってライトトラックを振り回す。
メラニーは早く町の境界線を越えてと盛り上げる。
怪物が荷台から落ちてメラニーは無事でようやく境界線を越えます。

ライトトラックを反転させるジョリーン保安官。
別のクルマが反対側から接近してます。メラニーのクルマを運転してる父親です。
そんなわけで怪物を挟み撃ちにするようです。ライトトラックが囮になる。

ライトトラックは衝突する寸前で避けてます。
父親のクルマは怪物に思い切り衝突させる。怪物はバラバラに粉砕される。

ライトトラックは転覆してます。
父親が来て早く脱出しろ爆発するぞと言う。これは映画だから。
ようやく脱出したメラニーとジョリーン保安官。ライトトラックが大爆発する。

怪物は木の枝や根っこに土になってます。
これで片づいたらしい。

沼にて。
シェリーおばさんがいます。沼から怪物の手が出てきます。
その怪物の手を握るシェリーおばさん。怪物は復活したらしい。
エンドとなります。


そんなわけで普通のB級SFのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『マンドレイク 人喰い植物のえじき』 | トップページ | Hollywood Express #695◆2016.10.22(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/64389333

この記事へのトラックバック一覧です: 『デビル・リベンジャー 復讐の殺人鬼』:

« 『マンドレイク 人喰い植物のえじき』 | トップページ | Hollywood Express #695◆2016.10.22(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。