映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #692◆2016.10.01(土) | トップページ | 『暴力の街』 »

2016.10.08

『マカオ』

この作品は、ジョセフ・フォン・スタンバーグ、ニコラス・レイ監督、ロバート・ミッチャム、ジェーン・ラッセル主演のマカオが舞台のフィルム・ノワールのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1952年 RKO Radio Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆81分
原題◆Macao
プロット◆マカオで色々とある話しのようです。
音楽◆アンソニー・コリンズ

キャスト
ロバート・ミッチャム→元軍人のコクラン
ジェーン・ラッセル→歌手のジュリー
ウィリアム・ベンディックス→セールスマンのトランブル

ブラッド・デクスター→マカオのボス ハロラン
グロリア・グレアム→情婦のマギー
トーマス・ゴメス→セバスチャン警部補
ドン・ゼラヤ→ピアノ弾きのギンピー

エドワード・アシュレイ→香港のスチュアート
フィリップ・アーン→Itzumi
ウラジミール・ソコロフ→Kwan Sum Tang

ジョセフ・フォン・スタンバーグ、ニコラス・レイ監督の演出はまあまあだと思います。
全体的にグダグダに出来ています。

一応ロケをして、あとはスクリーンプロセスとセットで撮ってるようです。
マカオロケの風景はいい映像資料といった感じです。

グロリア・グレアムは誰かに似ていると思ってました。
それは若くしたヘレン・ミレンです。マジでそうだと思える。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル2.0ch

ブロードウェイのタイトル。
著作権のアラート。

An RKO Radio Picture
タイトル
RKO Radio Pictures inc presents

Robert Mitchum ... Nick Cochran
Jane Russell ... Julie Benson
William Bendix ... Lawrence C. Trumble
in

Macao

with
Thomas Gomez ... Police Lt. Sebastian
Gloria Grahame ... Margie
Brad Dexter ... Vincent Halloran
Edward Ashley ... Martin Stewart
Philip Ahn ... Itzumi
Vladimir Sokoloff ... Kwan Sum Tang
スタッフの紹介。
監督はジョセフ・フォン・スタンバーグのみ表示。
ニコラス・レイ監督がホトンドを撮り直ししたらしい。

前説が入ります。
ここはマカオ。小さくて魅惑あふれる場所・・・
東洋のモンテカルロと呼ばれている・・・
大量の黄金とダイヤが取引される・・・
マカオは逃亡者の天国・・・

マカオにて。夜です。
男が追われてます。ナイフを投げられて背中にブスリと刺さり退場となります。
何だかわからん。

国際警察=インターポール、マカオ支部にて。
死んだ男の遺品はバッジと指輪のみ。どうやら潜入刑事だったようです。
ここの局長が香港国際警察のスチュアート局長にあなたに悪い知らせがと電話してる。

船にて。
ジェーン・ラッセル扮するジュリーが登場。船室でオッサンと一緒です。
オッサンとダンスのジュリー。そのうちにやらせろと迫るオッサン。
ハイヒールを投げたら外を歩くロバート・ミッチャム扮するコクランに当たる。

そんなわけで船室に入るコクラン。オッサンをノックアウトする。
いきなりジュリーとキスになってます。話しは早い。
しかしジュリーはすぐに出ていってしまう。

デッキにて。
ジュリーはコクランからすった財布からカネを抜いて財布は海に捨てる。
そういう商売なのか?
そんなところに違うオッサンがコンタクトしてくる。これがウィリアム・ベンディックス扮する自称セールスマンのトランブル。

トランブルからもらったストッキングをその場で履いてるジュリー。さすが映画だ。
脱いだストッキングを捨てます。下にいたコクランが受け取ったりする。

ジュリーがいなくなって残ったのがコクランとトランブル。
ここで財布がすられてことに気がつくコクラン。

マカオにて。
船が到着します。お客達が降りています。

税関にて。
やたら写真を撮るじいさんがいたりします。
まずはジュリーから手続きに入る。
次はトランブル。普通のセールスマンとなってます。

で、コクランは財布を紛失してパスポートはないと申告する。
セバスチャン警部補が手続きの説明をする。
コクランはアメリカ軍通信隊中尉の証明書を出すがダメ出しされる。

このへんの印象ですがどうでもいいような会話が多い。
要するにこの作品のコンセプトは『ジェーン・ラッセルとロバート・ミッチャムが喋って動くだけでいい』のはずですがそうなっていない。

タクシーにて。
コクランとトランブル。
運転手がビンセント・ハロランの話しをする。マカオのボスです。

カジノにて。
ボスのハロランが登場。グロリア・グレアム扮する情婦がいます。
先ほどのセバスチャン警部補が来ます。
刑事が来てますとご注進です。じいさんが撮ってた写真を見せる。
コクランをニューヨークの刑事だと決め込んでます。
それでジュリーの写真を見て興味津々なハロラン。

ホテルにて。
コクランはボーイから書き込みがあるお札を見せられる。
これはコクランのお札です。それでどうする。

ジュリーの部屋にて。
ここに乗り込むコクラン。
書き込みのあるお札は自分のお守り代わりだと説明する。財布を返せともめてます。
そんなところにセバスチャン警部補が来ます。コクランは出ていく。
セバスチャン警部補はジュリーに仕事の斡旋をする。カジノで歌仕事がある。

トランブルは床屋に行ってます。

街にて。
人力車で移動中のジュリー。カジノに到着する。

カジノにて。
ジュリーは情婦にオフィスの場所を聞く。

オフィスにて。
ハロランとコンタクトするジュリー。
そんなとこんなで週100ドルで雇われるジュリー。
ピアノ弾きのギンピーを紹介されます。

ジュリーがオフィスから出るとコクランがいたりします。
コクランは入れ替わりでハロランとコンタクトする。

このへんの印象ですがレイモンド・バーが出ていないと気がついた。
何しろこの頃のフィルム・ノワールにはよく出ていてロバート・ミッチャムとの共演作も多いし。

オフィスにて。
コクランとハロラン。
仕事探しのコクラン。ハロランは香港に戻れと言う。

カジノにて。
ジュリーの歌が入ります。ジェーン・ラッセル本人が歌ってるかは不明。
何故かコクランとセバスチャン警部補が一緒にいたりする。適当な感じがいい。

コクランはトランブルにコンタクトする。
そんなところにハロランが来てコクランに賭博をやらせる。
サイコロ3つを投げて数を当てる賭博です。
今夜の君はついている・・・、これでカネを調達させるわけです。

ハロランの言う通りに掛けるコクラン。
元手がすぐに350ドルになります。続けて1万2250ドル。
これはビックリのトランブル。普通はイカサマだともめます。
今度は外してすっからかんになるコクラン。サイコロをお土産にもらう。

オフィスにて。
コクランとハロラン。
香港に帰るカネはどうする?という話しになる。
6000ドルやるから明日のフェリーで香港に帰れと言うハロラン。
承知するコクラン。

このへんの印象は『カサブランカ』(1942年)の焼き直しなのか?です。

カジノ前にて。
コクランとジュリー。人力車に乗ります。

人力車から小舟に乗ってるコクランとジュリー。
とりとめのない会話になってます。
ジュリーは占いもやっていた。テンプレートな答えを言うとだいたい合っていた。
コクランは農園の話しをする。一緒に来ないかと誘う。
で、キスになってます。
明日出発する。1ヶ月ぐらいで君を呼ぶとコクラン。
溶暗になります。

ホテルにて。
コクランの部屋にトランブルが来ます。
ドアの前にはジュリーからの花が届けられています。
香港に行けば6000ドルの話しをするコクラン。

トランブルは一緒に事業をやらないかと持ちかける。
宝石の取引の話しです。

カジノにて。
ピアノ弾きと情婦。コクランが来ます。
情婦に宝石を見せてハロランに取り次いでもらう。

オフィスにて
コクランとハロラン。
香港で宝石の取引をしようと持ちかけるコクラン。
今夜9:30に港を出るとなります。

ホテルにて。
コクランとトランブル。
リボルバーをコクランに渡すトランブル。香港ではスチュアートを訪ねろと言う。

コクランとジュリー。
あんたは月並みな男だとこき下ろすジュリー。気が変わったのか。
今夜香港に行ってすぐ戻ると言うコクラン。

ホテル前には盲目のオッサンがいます。何か意味があるのか?

海にて。
警察ボートが航行中。マカオ領海を出ています。
オールのボートで釣りをしてるトランブルとコンタクトする。

トランブルは警察ボートに乗り込む。
実はトランブルはニューヨーク市警のブライアン刑事でした。そうなの?
そんなわけで打ち合わせになってます。

夜の港にて。
コクランは船を待っています。ようやくハロランが来ます。
そんなとこで後からハロランの手下に殴打されるコクラン。昏倒する。
宝石を奪うハロラン。これは俺のだ。こいつは刑事だとなる。

オフィスにて。
ハロランとジュリー。
ジュリーに酒を飲まそうとするハロラン。
コクランの正体はニューヨークの刑事だと話すハロラン。
これはビックリのジュリー。
ジュリーに惚れてるハロランはそれでどうする。

港にて。
トランブルが来てます。コクランを探す。
盲目のオッサンにボートの音を聞かなかったか?と聞く。
花が落ちているのに気がつくトランブル。このへんにコクランはいた。

ハロランのボートに忍び込むトランブル。
無線を使ってます。モールス信号を送る。

警察ボートにて。
モールス信号を受信してます。作戦は失敗。
溶暗になります。

オフィスにて
ハロランとセバスチャン警部補。
セバスチャン警部補が書類を持ってくる。
『アメリカ人コクラン氏が昨夜から行方不明。捜索に協力するように要請する。香港アメリカ領事より』
コクランが見つからないと自分の首が危ないと愚痴が出るセバスチャン警部補。
そんなわけで誰かがここから電報を打ったのか電話して調べる。
結果は誰も打っていない。そうなるとどうなる。

どこかの部屋にて。
コクランは閉じこめられています。
盲目のオッサンが外にいる。指笛を吹いて呼ぶコクラン。反応はない。
そんなところに情婦が朝食を持ってきます。

ホテルにて。
ジュリーはホテル前でコクランを待っているが当然来ない。
そんなところに盲目のオッサンがコンタクトしてくる。
アメリカ人のお友達がトラブルです・・・。

盲目のオッサンに案内されるジュリー。

コクランがいる家にて。
ここに案内されるジュリー。
中に入ると情婦がいたりする。そこの部屋よと教えてくれる。
ここで情婦の名前がマギーだとようやくわかる。

コクランとジュリー。
ジュリーはコクランが無事なのがわかったらすぐに出て行きます。
マギーがいたのが気にくわないらしい。
盲目のオッサンにはお礼は言う。

コクランは手下2人に銃を突きつけられていた。
そんなわけでジュリーを追い返すことにしていたようです。

カジノにて。
またジュリーの歌が1曲入ります。

オフィスにて。
ハロランとセバスチャン警部補。
コクランと手を組んでるのは誰だ?となってます。セバスチャン警部補に調べさせる。
宝石は全部元々ハロランの物らしい。それが勝手に取引されてるので頭に来てるハロラン。
セバスチャン警部補はあなたの船の無線が使われたと知らせる。
ハロランは今夜香港に行くと言ってます。マカオ領海から出ないのでは?

コクランの部屋にて。
マギーが来て何故か逃がしてくれる。ジュリーを連れて逃げてと言う。
外に出るコクラン。すぐに激怒した手下2人が追ってきます。

町中を逃げるコクラン。追う手下2人。
屋根伝い逃げるコクラン。屋根から落ちるが上手いこと日よけに着地してまた逃げる。
途中に黒猫がいたりします。宅急便ではない。
トランブルがコクランを見つけたようです。それでどうする。
コクランにナイフを投げられるが外れた。トランブルは何もしてない。

港にて。
ここでも必死こいて逃げてるコクラン。
いきなりハンドガンでホールドアップされるコクラン。これはトランブルでハンドガンを渡しただけです。
そんなところにまたナイフが投げつけられてトランブルの背中に刺さる。

実はハロランをマカオ領海からおびき出すために君を利用したと話すトランブル。
このままでは君も殺される。帰国しろと言ってます。
ニューヨーク警察とは話しをつけた。コクランはトラブルを起こしてアメリカから逃げていたんです。
これで退場となるトランブル。
そうなるとあとはコクランの自力でマカオから脱出しないといけないわけです。
ジュリーもいるし。色々と大変そう。

ホテルにて。
コクランはジュリーの部屋に入る。
ご機嫌斜めのジュリーを物を投げつける。扇風機で枕を割いて羽が飛んだりする。
ジュリーを押さえつけてようやく説得するコクラン。
トランブルが殺された・・・

アンタは刑事でしょと言うジュリー。しかしコクランは元軍人の素人でした。
刑事はトランブルだと訂正するコクラン。
で、サイゴンに行こうと言うコクラン。コネがあるとか。

どうやってここを出る相談になります。
ジュリーはハロランとボートで香港に行く予定がある。
そんな感じでそのままジュリーを行かせる。コクランはどうする。

港にて。
ジュリーとハロランはボートに乗り込む。
それからマギーが来てます。手下が来て何でここにいるとなる。
刑事は俺が始末したと言ってる手下。
そんなところにコクランが手下を襲って片づけます。

ボートにて。
ブリッジにはいつのまにかコクランがいて操船してます。出来るの?
コクランは海軍出身なのか?まあいいけど。

ハロランとジュリー。
マカオ領海は越えたと話すハロラン。何で追われてるの?と聞くジュリー。
何だか外からサーチライトが当てられています。これは怪しいとなるハロラン。

ブリッジにて。
ハロランが来ると当然コクランがいて格闘アクションになります。
結構マジでやってます。あまりスタントが入ってないみたいで俳優2人が大変そうです。
ハロランは海に堕ちる。コクランも飛び込む。

そんなとこに警察ボートが来ます。
ハロランを引き渡すコクラン。
国際警察香港支部のスチュアートがいます。ブライアン警部補は?と聞く。
トランブルは殺されたと伝えるコクラン。

ハロランのボートにて。
ようやく戻ってるコクラン。ジュリーとキスになる。
エンドとなります。


そんなわけでグダグダですがまあまあな作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #692◆2016.10.01(土) | トップページ | 『暴力の街』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/64317365

この記事へのトラックバック一覧です: 『マカオ』:

« Hollywood Express #692◆2016.10.01(土) | トップページ | 『暴力の街』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。