映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『デッド・ハンティング』 | トップページ | Hollywood Express #688◆2016.09.03(土) »

2016.09.04

『ブルー・リベンジ』

この作品は、ジェレミー・ソルニエ監督、メイコン・ブレア主演の仇討ちドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2013年 Memento films/Film Science/Neighborhood Watch アメリカ=フランス作品
ランニング・タイム◆91分
原題◆Blue Ruin
プロット◆素人の仇討ちが泥沼にハマる話しのようです。
音楽◆Brooke Blair、Will Blair

キャスト
メイコン・ブレア→仇討ちのドワイト
エイミー・ハーグリーヴス→ドワイトの姉サム
デヴィン・ラトレイ→ドワイトとは同窓のベン

サンディ・バーネット→釈放されたウェイド・クリーランド Jr.
ケヴィン・コラック→クリーランド一家の兄テディ
デヴィッド・トンプソン→何だかタイプが違う少年ウィリアム
ブレント・ウェーズナー→カール・クリーランド
イヴ・プラム→クリス・クリーランド (Sister)
ステーシー・ロック→ホープ・クリーランド (Cousin)

シドニー・アンダーソン→警官のエディ
アビゲイル・ホートン→ベビーシッター (as Abby Horton)

ジェレミー・ソルニエ監督の演出はよいと思います。
全体的に素人の主人公が無理してなかなか壮絶な感じになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録の
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧
音声は5.1chです。

Memento films
Film Science
Neighborhood Watch

Blue Ruin

住宅地の一軒家にて。
風呂に入ってるひげ面の男が登場。
ここの家族が帰宅すると男は窓からズラかってます。
どうやら勝手に風呂に入っていたらしい。

砂浜にて。
男は桟橋の下で座ってる。それから砂浜でビン等を拾ってる。

砂浜の自宅のクルマにて。ブルーシートが張ってあります。
→ 1990 Pontiac Bonneville LE
このクルマは動くのか?動かないように思える。
靴を履いて着替えて出かける男。

夜の遊園地にて。
男はごみ捨て場を漁って食い物と金目の物を探す。

自宅のクルマにて。
食事を作って食べてます。
明かりはあるようです。本を読んでる。

朝にて。
パトカーがやって来ます。これはまずい。
→ 2000 Ford Crown Victoria Police Interceptor [P71]
と思ったら知り合いらしい。お巡りはエディと名乗る。黒人女性です。
男をドワイトと呼んでます。知り合いです。
署に来ててくれといわれるドワイト。この自宅のことではないようです。
パトカーで移動となります。

警察にて。
ドワイトとエディ。
心配はいらないと言うエディ。
それで新聞の切り抜き記事を見せる。彼が釈放される・・・
どうやらエディが余計なとこをしないようにしばらくここにいた方がいいとなってる。

夜の街にて。
ドワイトは警察にはいない。何をしてる?

自宅のクルマにて。
魚を捌いてるドワイト。次は海水浴をしてる。あとが大変そう。
それから日々の暮らしの描写になってます。
ビンと缶を自動販売機に入れてクーポンをゲットする。
地図を買ってます。バージニアの地図。

自宅のクルマにて。
クルマにブルーシートをしまう。
ポリタンクからとっておきのガソリンをタンクに注ぎ込む。
これもとっておきのしまってあったバッテリーを接続する。
それでエンジンが始動してます。そうなの?
バージニア州の地図。
2人を殺した男性、1993年の司法取引で釈放・・・

GSにて。
クルマのタイヤにエアを入れてるドワイト。
いらない物をゴミ箱に捨てる。

銃砲店にて。
有り金はたいてハンドガンを買うと思ったら切手を買っただけでした。

クルマにて。
サム・エバンズへのハガキを書いて投函するエバンズ。
クルマで移動です。

夜、クルマをとめるドワイト。ここはカントリーバーか?
ドワイトは車上荒らしをやる。クルマの窓ガラスを割って何か盗んでます。
→ 1999 Chevrolet Silverado
→ 1998 Dodge Durango
アラートが鳴ったので速攻で逃げるドワイト。

クルマにて。
ケースに入ったリボルバーをゲットしたドワイト。
しかしこのリボルバーはトリガーロックがセットしてある。

山坂道の駐車場にて。
リボルバーをのトリガーロックをバールを使って外そうするドワイト。
しかし外れずにリボルバー自体が壊れてしまう。ゴミ箱に捨てる。
他のクルマが来たので速攻で逃げます。
→ 2006 Jeep Commander [XK]

アメリカにはトリガーロックなんてのがあるんだ。
一応セキュリティのつもりらしい。泥縄といった感じです。

クルマで移動のドワイト。霧の中を移動してる。

刑務所にて。
ここの前にクルマを止めて張ってるドワイト。
ペットボトルにした小便を道路に流す。妙にディテールに凝ってます。

白いリムジンが来ます。お目当ての仇が出所する。
→ 1988 Mercury Grand Marquis Stretched Limousine
リムジンを尾行するドワイト。ところで武器は何なんだ?

リムジンはどこかの店?に入ります。
ドワイト離れた場所にクルマをとめる。クルマのキーは首にかけてます。
クルマを出て店に向かうドワイト。

店にて。
裏口から入るドワイト。厨房に入る。ここなら包丁があるはず。
ドワイトはトイレに入り待ち伏せをする。小型ナイフをゲットしています。
集中してるドワイト。神頼みにも見える。

いよいよ仇のオッサンが入ってきます。
1人になったとこでナイフで切りつけるドワイト。
まずは首を切りつけるまだ元気なオッサンに首を絞められてる。
ようやく横から頭を貫通させています。これで死に至るオッサン。

意外と順調に敵討ちをやったドワイト。そのままズラかります。
何となく店内に入り裏口から外に出ています。

リムジンのタイヤにナイフを突き刺すドワイト。
しかしそのナイフで自分の手のひらを深く切ってしまう。素人は色々と大変です。

クルマにて。
エンジンを始動しようとするドワイト。首にかけたキーがない。
どうやらオッサンに首を絞められた時にとれたらしい。
それでどうする?

リムジンをハイジャックして脱出するドワイト。
しかしナイフはタイヤに刺さったままだ。
例によってスペアキーはサンバイザーにありました。

しばらく走ったとこで後席に誰かいます。
慌ててリムジンをとめるドワイト。少年が乗っていました。
少年はウェイドを殺した?と聞く。それは濡れ衣だと言う。
少年はそのまま走って逃げる。ぼう然してるとドワイト。

森にて。徒歩で移動中のドワイト。血だらけです。

それから住宅地の近くに隠れてるドワイト。
新聞がたくさんたまってる家があります。

そんなわけでその家に入り込むドワイト。
また風呂に入ったりしてます。今度はヒゲを剃ってきれいにしてます。
右手のキズにはペーパータオルを巻いてる。
服もだまって借りているドワイト。
それからTVニュースを見ますが仇討ちは事件にはなっていない。

翌日に荷物を持って徒歩で移動するドワイト。
証拠品はゴミ箱に捨てる。

いきなりシーン転換でママが子供2人の面倒を見てる。
あとでわかりますがここはドワイトの姉サムの自宅です。
ベビーシッターに子供を預けてクルマで出かけるサム。
しかしクルマのバックミラーにドワイトを見る。

ダイナーにて。
ドワイトとサム。
ハガキは?と聞くとまだ届いてないとのこと。
サムにも釈放の通知と接触禁止令が来た。

何で来たの?と本筋に入るサム。
ニュースになると思ったと話すドワイト。昨日ウェイドを殺したと言う。
あまり驚いてないサム。ちゃんと苦しめた?なんて聞いてる。
まだウェイドの家族がいるわよなって言ってるサム。

ここで突然お礼参りが心配になるドワイトとサム。
奴らが通報していないということは・・・
サムの自宅と携帯電話もつながらないし。
速攻で帰宅する。クルマはスバルのステーションワゴンです。
→ 2004 Subaru Forester 2.5X [SG]

サムの自宅にて。
えらい勢いでサムと知らない男が帰宅したので面食らってるベビーシッター。
とりあえず子供2人は無事でした。

それでどうするとなるドワイトとサム。ここは危険だ。
口論となって締め出されたりしてるドワイト。
ピッツバーグから通報しろとか言ってます。何だかわからん。
ドワイトが残したクルマの登録はここです。絶対にやって来るはず。

そんなわけでサム一家はクルマで避難してます。
ドワイトはここに立てこもり待ち伏せをする。

夜にて。待っているドワイト。まだ来ません。
中を調べたりして卒業アルバムを見たりする。
そんなとこでクルマの音がします。外には自分のクルマがあったりする。これはビックリ。
ドワイトの武器は農機具のフォークです。これでは分が悪い。
まずはベッドで寝ているように偽装して水道水を出しっぱなしにする。灯も点ける。

いよいよガラスを割ってドアを開けています。
どうやら3人来ているようです。
ケヴィン・コラック クリーランド一家の兄テディ
デヴィッド・トンプソン 何だかタイプが違う少年ウィリアム
ブレント・ウェーズナー カール・クリーランド

ドワイトはクルマのスペアキーを出してます。隠れてやり過ごす。
外に出たドワイトはクルマを目指す。
クロスボウで撃たれたりするが外れる。
クルマを発進したとこでショットガンの男を思い切り轢くドワイト。
降りて男を尋問するドワイト。そんなとこをまたクロスボウ攻撃をされる。
男のショットガンを持って逆に追うドワイト。クロスボウの男は逃げたようです。

クルマに戻って轢いた男を後席にようやく入れる。
クロスボウの男にまた撃たれるドワイト。今度は足に命中する。これは大変。
とりあえずそのままクルマで逃げるドワイト。

森付近のクルマにて。
ドワイトは男から金目の物と携帯電話をとる。男はトランクにようやく入れる。
まだクロスボウの矢が刺さったままです。早く抜いた方がいいと思える。
矢をドアに挟んで固定して糸ノコギリで切ってます。まだ矢の先は足に刺さってます。これが痛そう。

ドラッグストアにて。
とりあえず使えそうの物を買込むドワイト。
血のついた紙幣はうやむやでごまかす。

森付近のクルマにて。
後席で自分で矢を抜こうするドワイト。
消毒液をかけてペンチで抜こうする。これが痛そう。結局抜けない。

病院にて。
しょうがないのでここに来たドワイト。受付で昏倒する。

病室にて。
入院してるドワイト。どうやら矢を摘出されて傷口は縫ってあります。
そんなわけで速攻で脱走するドワイト。

その辺に止めたクルマに戻るドワイト。
トランクに耳を当てる。中から男の声が聞こえます。死んでなかったらしい。

衣類何とかボックスにて。救世軍関係みたい。
ここで服を調達するドワイト。何しろ手術用の服だったのです。

サムの自宅にて。
ここに戻るドワイト。水道が出しっぱなしので止める。
物入れの箱を持ち出してゴミ箱に捨てる。卒業アルバムだけは残す。
ドアの割れたガラスのとこを適当に板とダクトテープで塞ぐ。
玄関ドアのロックを外から締めてドアポストからキーを入れてる。こうなるともうドワイトはここに戻らないつもりらしい。

森付近にて。
またクルマでここに来てるドワイト。卒業アルバムを見ている。
携帯電話が鳴ってます。トランクの男の携帯電話です。
メッセージは『Cは戻ったどこにいる?』となってる。

ガフニーさんの自宅にて。
ここを訪ねるドワイト。同窓生のベンの実家です。
ベンの母親と話しをするドワイト。ベンの居場所を聞きます。
ベンの職場と自宅の住所を書いてもらいお茶を飲むドワイト。

クルマで移動です。
ベンは音楽仕事をしてるとのこと。そんなわけで職場はバーみたい。

バーにて。
パンクな女の子にバンドのベンは?と聞くドワイト。
ベンはバンド仕事ではないみたい。

外でベンを待っているドワイト。
ベンが出てきます。ヘッドホンをしてるので呼んでも気が付かない。
ようやくコンタクトするドワイト。
どうやらドワイトは失踪したようでベンは捜索ポスターを貼ってたらしい。
ベンに頼みごとをするドワイト。
クルマ2台で移動となります。
→ 1986 Dodge Ram ベンのトラックです。

ベンの自宅にて。
ドワイトとベン。
銃を借りたいとドワイト。射撃に使うと言ってるが違います。
ベンはどれにしようかなとなってます。何しろロッカーに大量に入ってます。
ボルトアクションの小銃。モシンナガン。
結局ミニ14がいいと言われます。小型M14で30カービン実包使用か?。セミオート、20連マガジン。
ここでTVシリーズ『特攻野郎Aチーム』The A-Team (1983–1987) ネタが入る。わけわからん。

で、ベンはもう始まってるのか?と聞く。
射撃の特訓をしてやるとも言うがドワイトは断ってる。場所だけ教えてくれとなる。

森の中にて。ベンから聞いた場所です。
射撃の練習のドワイト。
クルマのトランクを開けてます。グローブボックスから電動スイッチで開けてる。

男と対峙するドワイト。
男の名前はテディ。少年の名前はよくわからん。
少年が言ってたウェイドは濡れ衣の意味を聞くドワイト。
ミニ14を撃ってるドワイト。これはビックリのテディ。
俺じゃない、ウェイドでもない。殺したのはオヤジ ビッグウェイドだと言ってる。

テディに携帯電話を使わさせるドワイト。オッカナビックリで渡す。
話し合いをしたいと電話させてる。
ウェイド家が出ないので勝手に自宅に掛けてるテディ。
もっともらしく会話してます。姉に掛けた。うるさい姉とのこと。

携帯電話を取り返そうとして逆にミニ14を奪われてしまうドワイト。
これは大変。もうダメです。
お前が殺したウェイドは犯人ではない。ビッグウェイドは安らかに死んだ。

絶体絶命なとこで何やら音がする。いきなり頭を吹っ飛ばされるテディ。
どうやらベンがドワイトを尾行してチャンスを伺っていたようです。
命拾いしたドワイト。ベンは奴が銃を向けるのを待っていた。これで表沙汰になっても正当防衛が主張出来ると言ってます。

テディの死体をトランクに入れてます。
飛び散った頭の肉片はコヨーテが処理するとのこと。何故か手慣れているベン。

テディはウェイドの兄貴。
そのウェイドは死んだ。殺したと言うドワイト。
ドワイトはもうダメだと弱音を吐く。

ベンは銃はショットガンにした方がいいと提案する。
自動式ショットガンの練習になります。12番ゲージではないが威力は十分。
ドワイトは何だかぼう然としてる。
ベンは相手に話すなと助言する。ただ銃を向け撃つんだ。

テディが言ってたけど銃をを向けた方が正義になる。
そんなわけで銃を向けての話し合いなんて出来るわけがない。

ベンから食料をもらってクルマで移動となるドワイト。
卒業アルバムをベンに見せるドワイト。
ストリッパーの写真の話題も入る。写真が残っていたら焼いてくれと頼むドワイト。
卒業アルバムはベンにプレゼントしてます。
ドワイトのことを見直したと言ってるベン。お別れとなります。

クルマで移動するドワイトと自宅のベンがカットバックされます。
ベンのトラックのバッテリーがないの?
そのバッテリーはドワイトのクルマにあるみたい。
写真を燃やしてるベン。
ダイナーの食事が悪かったのが吐いてるドワイト。

また森の中をクルマで移動のドワイト。
道から外れたとこにクルマを止め木の枝を被せてる。キーは入れたまま。
自動式ショットガンを持って徒歩で移動となるドワイト。

いよいよ門を通ってウェイド家に入るドワイト。
ブルーシートを被った白いリムジンがあります。ドアを蹴破って入るドワイト。

どうやら誰もいないようです。
銃置場があります。山ほど銃がある。他にもある。
留守番電話を聞くドワイト。テディの伝言もあります。そうなるとテディは小細工をしていたようです。
銃をまとめて池に捨ててるドワイト。これでもう銃はないはず。
ビッグウェイドの墓を見つける。ビッグウェイド・クリーランド。1999年没。
銃を池に捨ててから墓に小便をかけてるドワイト。

それから家の中で待ち伏せをするドワイト。
ドアに小銭が入ったビンを立て掛ける。

夜になってます。
いきなり電灯が点く。寝ていたドワイトはビックリ。しかし誰もいない。
コンセントにタイマーがセットしてあります。これで自動点灯にしてるようです。

何気なくアルバムを出して見るドワイト。
このアルバムからドワイトは何かを確信したらしい。
そのまま寝てしまう。

朝になってます。
自動点灯の電灯が消えます。外に出るドワイト。
死体を引きずってます。これはテディらしい。車のトランクに入っていました。
埋めます。

電話が鳴ってます。速攻で戻るドワイト。
出ると『クリーランド家か、やることはわかるな?』と言ってる。
携帯電話で何やらやってるドワイト。
また外に出て埋めたところにテディのプレートを置く。

家に戻り待ち伏せとなるドワイト。
夜になっていよいよクルマがやって来ます。ちょうど自動で電灯が点く。
携帯電話は鳴ってる。返事はどうする。

3人入ってきます。男1人と女2人。
固定電話の伝言を聞く。『ウェイドは死んだ、テディも死んだ。全部聞いた』
ドワイトは自動式ショットガンを向けてるが撃たない。

ドワイトは3人と対峙となります。
ピッツバーグに行くと口走るおばさんもいる。ピッツバーグには姉のサム一家がいる。
男を撃つドワイト。そんなとこに少年は外から接近してる。
少年がショットガンでドワイトを撃つ。しかしもう1発は外して残弾ゼロになる。
負傷したドワイト。致命傷で長くはない。

少年を逃がすドワイト。この少年はドワイトと親戚関係らしい。
オヤジの子供だと言ってるドワイト。腹違いの兄弟なのか?

頭に来たおばさんがソファの下に隠してあったマシンガンを乱射する。
反撃するドワイト。
そんなわけで両者共倒れになったようです。死体が4つ。
少年は森を移動してドワイトのクルマを目指す。
瀕死のドワイトはキーはクルマの中だと呟く。
森は雷雨になってます。

シーンは変わって街中です。昼間です。
落雷で木が倒れていてテープで囲ってあります。

サムの自宅にて。
郵便が届きます。その中にドワイトがサム宛てに出したハガキがある。
エンドとなります。

後タイトル。
A Film Science
and
Neighborhood Watch production

(in association with)
Paradise City
The Lab of Madness

スタッフの紹介

Macon Blair
Devin Ratray
Amy Hargreaves
Kevin Kolack
Eve Plumb
David W. Thompson

Brent Werzner
Stacy Rock
Sidné Anderson

スタッフの紹介。
カントリーソングが入る。


そんなわけで低予算でも結構壮絶なよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。励みになるのでクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『デッド・ハンティング』 | トップページ | Hollywood Express #688◆2016.09.03(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/64157134

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブルー・リベンジ』:

« 『デッド・ハンティング』 | トップページ | Hollywood Express #688◆2016.09.03(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。