映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』 | トップページ | 『女囚の掟』 »

2016.08.01

Hollywood Express #683◆2016.07.30(土)

映画紹介番組のHollywood Expressの感想です。BS193 WOWOWにて。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

◆news flash
◆サンディエゴ・コミコンでの映画予告編特集。
◆ The Justice League Part One (2017) 果たしてワーナーのDCアメコミは上手くいくのか?と興味深い。
◆ Wonder Woman (2017) ワーナーのDCアメコミ。ガル・ガドット主演、クリス・パインが相手役。これも大丈夫なのかと思える。そう考えるとTVシリーズのリンダ・カーターは低予算や撮影のローテクなんて女優の魅力だけでどこかへ行っちゃうくらいよかったんだと思える。
◆『スーサイド・スクワッド』 Suicide Squad (2016) ワーナーのDCアメコミで、これは前評判が高い。果たして出来はどうなんだ?
◆ King Arthur: Legend of the Sword (2017) これはアメコミではないアーサー王伝説のコスチュームプレイのアクションらしい。チャーリー・ハナム主演。
◆ Doctor Strange (2016) こっちはユニバーサルのマーベルアメコミです。ベネディクト・カンバーバッチ主演。映像が凄くて『インセプション』(2010年)をパワーアップしたような感じらしい。
◆マーベルアメコミ作品の Captain Marvel (2019) のキャプテン・マーベル役がブリー・ラーソンに正式に決まった話題。
◆『スター・トレック BEYOND』 Star Trek Beyond (2016) もう4作目 Untitled Star Trek Sequel の製作が決まってるとのこと。ジョージ・カーク役のクリス・ヘムズワースが再登場するそうです。
◆元々は『七人の侍』(1954年)で正式にリメイクされた『荒野の七人』 The Magnificent Seven (1960) の再リメイクである『マグニフィセント・セブン』The Magnificent Seven (2016) の話題。これは監督キャストが悪くないので出来はよさそう。

◆red carpet
◆ロンドンでのスターウォーズセレブレーションで『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』 Rogue One: A Star Wars Story (2016) のキャストが勢ぞろいした風景。悪役のベン・メルデルソン、何だか痩せたフォレスト・ウィテカー、ホントに出てるドニー・イェン、主役のフェリシティ・ジョーンズのインタビューがあります。

◆inside look
◆『スター・トレック BEYOND』 Star Trek Beyond (2016) のメイキング。バイクが出てきます。これは何だ?→オフロードタイプですがわからん。サイモン・ペッグとカール・アーバン、ザッカリー・クイントとクリス・パインのインタビューがあります。悪役がイドリス・エルバ。アントン・イェルチェンとレナード・ニモイに捧げる作品だそうです。ザッカリー・クイントはイーライ・ロス監督に似てる。
◆『ライト/オフ』Lights Out (2016) のメイキング。親子かと思ったら姉弟なのか。テリーサ・パーマーが私はまだ母親ではないのよとゴネたのかも?。その母親はマリア・ベロで、その母親の知人がダイアナということらしい。姉の知人ではない。何だかわからん。テリーサ・パーマー、マリア・ベロのインタビューがあります。

◆Hollywood gossip
◆『ゴーストバスターズ』 Ghostbusters (2016) の黒人女優レスリー・ジョーンズがTwitterで黒人と女性の人種差別と女性差別の2本立ての嫌がらせを受けた話題。色々とあるものです。

◆new releases
◆専用の編集をされた予告編を見ても出来はわからん。しかし本編ハイライトシーンを10秒も見れば出来はわかります。
◆ Bad Moms (2016) ジョン・ルーカス、スコット・ムーア監督、ミラ・クニス、クリステン・ベル主演のPTAコメディらしい。大忙しのママに色々とある話しらしい。何だか微妙な感じで大丈夫なのかと思える。私のゴーストですが出来はまあまあだと囁いてます。
◆『ジェイソン・ボーン』 Jason Bourne (2016) ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン、アリシア・ビキャンデル主演の『ジェイソン・ボーン』シリーズ最新作。バイクが出てきます。これは何だ?→モタードタイプですがわからん。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。
◆カタカナ表記ですがアリシア・ヴィキャンデル、アリシア・ビキャンデル、アリシア・ヴィキャンダーと色々とありますがカタカナ表記に正解はないのでどれでもいいんでしょう。微妙に語感が悪いヴィキャンダーの方を出すのはハリウッドに対するサボタージュの一環だと思える。それにアイドルタイプの白人女優さんには妙に厳しい扱いの日本映画界です。アマンダ・セイフライドが財布のフタのサイフリッドになってるぐらい扱いが悪いんです。
◆ Nerve (2016) ヘンリー・ジョースト、アリエル・シュルマン監督、エマ・ロバーツ、デイヴ・フランコ主演のオタクのロマンティック・コメディ。成り行きで王様ゲームをやらされる話しらしい。TVシリーズなのかと思ってたが映画でした。バイクが出ています。これはトライアンフのようです。→ Triumph Scrambler 。私のゴーストですが出来は普通だと囁いてます。

◆weekend boxoffice top10
◆10位が The Infiltrator (2016) ブラッド・ファーマン監督、ブライアン・クランストン、ジョン・レグイザモ主演の麻薬組織潜入捜査サスペンスのようです。女優さんはダイアン・クルーガー。ジョン・レグイザモはまだチンピラ役なのかと思ったら出世して捜査官役になっていた。興行収益totalは1220万ドル。やっぱり期待外れな興行になってます。
◆9位が Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party (2016) ディネシュ・ドゥソウザ、ブルース・スクリー監督の政治ドキュメンタリーのようです。興行収益totalは400万ドル。ヒラリー・クリントンは食わせ物のロクデナシです。どうせ大統領になると思うけど。ヒラリーとトランプ、どちらかの最悪を選べというひどい状況です。◆8位が Mike and Dave Need Wedding Dates (2016) ジェイク・シマンスキ監督、ザック・エフロン、アナ・ケンドリック主演のロマンティック・コメディのようです。それぞれの相棒役はアダム・ディヴァインとオーブリー・プラザ。男兄弟2人が募集した恋人2人がアレで色々とある話しのようです。ロマンティック・コメディらしい無茶な設定がいいんです。興行収益totalは4030万ドル。何だかヒットしてます。
◆7位が『ターザン: REBORN』 The Legend of Tarzan (2016) デイヴィッド・イエーツ監督、アレクサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビー主演のターザン映画。興行収益totalは1億1590万ドル。サミュエル・L・ジャクソンが例によって説教してます。これだけで入場料の元が取れるといった感じ。
◆6位が『ファインディング・ドリー』 Finding Dory (2016) アンドリュー・スタントン、アンガス・マクレーン監督、エレン・デジェネレス、アルバート・ブルックスCVのシリーズ続編の3D CGアニメ。健忘症のドリーが家族を探す話しらしい。Pixar Animation Studios/Walt Disney Studios Motion Pictures製作配給。興行収益totalは4億6020万ドル。大ヒット作品のパターンでゆるやかにランクを落としてます。
◆5位が『ゴーストバスターズ』 Ghostbusters (2016) ポール・フェイグ監督、クリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー主演の『ゴーストバスターズ』 Ghostbusters (1984) のリメイク。キャストは女性に一新されてます。前評判はかなり悪い。興行収益totalは8620万ドル。そんなにランクは落ちていないし普通にヒットしてるしどうやら失敗作ではなかったようです。
◆4位が Ice Age: Collision Course (2016) マイク・サーメアー、ギャレン・T・チュウ監督、レイ・ロマーノ、デニス・リアリーCVの『アイス・エイジ』シリーズの最新作。Blue Sky Studios/Twentieth Century Fox Animation/Twentieth Century Fox Film Corporatio製作配給。興行収益totalは2130万ドル。あまり興行はよろしくないようです。
◆3位が『ライト/オフ』Lights Out (2016) デヴィッド・F・サンドバーグ監督、テリーサ・パーマー、ガブリエル・ベイトマン主演のホラー。実家に亡霊が出て悪戦苦闘する話しのようです。弟が亡霊を見てそれが母親の昔の友達だった設定になってます。テリーサ・パーマーは姉、マリア・ベロが母親。興行収益totalは2160万ドル。低予算なのでいい興行になったりします。
◆2位が『ペット』 The Secret Life of Pets (2016) ヤロー・チェイニー、クリス・ルノー監督、ルイスC.K.、エリック・ストーンストリートVCの3D CGアニメ。飼い主がいない時のペット達は何をする?という話しのようです。Dentsu/Fuji Television Network/Illumination Entertainment/Universal Pictures製作配給。興行収益totalは2億6090万ドル。下水には捨てられたワニが成長しているという伝説通りにワニが登場してます。
◆1位が『スター・トレック BEYOND』 Star Trek Beyond (2016) ジャスティン・リン監督、クリス・パイン、ザッカリー・クイント主演の『スタートレック』シリーズ最新作。女優さんはゾーイ・サルダナ他。興行収益totalは5920万ドル。興行は前作よりは低めですがヒットしてるそうです。

◆ending
◆Ryan Gosling's “ City of Stars ” from “ La La Land (2016) ”
◆ミュージカルだそうです。エマ・ストーンは声が低いから歌の方は大丈夫なのか?と色々と心配事が多い。

にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』 | トップページ | 『女囚の掟』 »

Hollywood Express」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/63995863

この記事へのトラックバック一覧です: Hollywood Express #683◆2016.07.30(土):

« 『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』 | トップページ | 『女囚の掟』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。