映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『プリデスティネーション』 | トップページ | Hollywood Express #664◆2016.03.20(日) »

2016.03.20

『タイム・チェイサー』

この作品は、リッチー・メータ監督、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ルーファス・シーウェル主演のタイムトラベルSFドラマのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2013年 A Resolute Films and Entertainment production/Entertainment One/Breakthrough Entertainment アメリカ作品
ランニング・タイム◆93分
原題◆I'll Follow You Down
プロット◆タイムトラベルして色々とある話しのようです。
音楽◆アンドリュー・ロッキングトン

キャスト
ハーレイ・ジョエル・オスメント→息子のエロル
ジリアン・アンダーソン→母親のマリカ
ルーファス・シーウェル→父親のガブリエル
ヴィクター・ガーバー→サル教授→
スザンナ・フォニアー→恋人のグレイス

リッチー・メータ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のタイムトラベルSFになってます。

キャストで、
やはり演技ではルーファス・シーウェルが抜けてます。
さすが英国の舞台出身なのに色々なSF作品に出てるだけはあります。
『ダークシティ』(1998年)
『人喰い人魚伝説』(2001年)

BS193 WOWOWにて。
画質はよいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 5.1ch

番組一覧。
音声は5.1chです。

Breakthrough Entertainment
タイトル
Entertainment One
A Resolute Films and Entertainment production

プロローグ
自宅にて。
いきなりルーファス・シーウェルが出ています。父親です。
息子のエロルにチェスを教えてる。

空港にて。
父親のガブリエル。
母親はマリカ。ジリアン・アンダーソンが演じている。
ガブリエルは行ってしまう。見送る母親とエロル。

I'll Follow You Down

まだ子供時代が続きます。
自宅にて。
幼なじみのグレイスが来て一緒にバス通学するエロル。
旦那に留守電を入れてる母親。

スクールバスにて。
エロルとグレイス。
自慢のレゴブロックを見せているエロル。

空港にて。
この空港はトロントらしい。
父親を出迎えに来ている母親とエロル。
いくら待っても父親を来ない。まだそんなに慌ててはいない。

色々と問い合わせをしてる母親。
出張先のホテルに問い合わせたらまだ宿泊中とのこと。これは怪しい。
お客様は不在で荷物はある。これは大変。

母親は父親のサルに電話する。父親と会ってるはず。
父親とは会って別れたと伝えるサル。
そんなわけでサルに調べに行ってもらう。

行方不明なので警察に電話してる母親。
サルは古いコンピュータを調べてます。マックOS9とは古い。マックOSはX=10になってようやくまともになった。
息子のエロルを預けて旦那を捜す母親。

サルと母親。父親が借りた研究室を調べます。
机の引き出しから財布と携帯電話を発見する母親。これは大変。
あちこちで聞き込みをしています。旦那はいなくなって3日経ってるようです。
母親に大丈夫だと言ってるサル。

ダイナーにて。
ここに来た母親は主人に父親を見なかった?と尋ねる。
見なかったと答える顔見知りの主人。
溶暗になります。時間が経過してるはず。

スクールバスにて。
エロルとグレイス。
いきなり反対側の席に父親がいたりします。これはビックリのエロル。
12年間不在?、そんな話しになってます。

シーンが変わります。
現在にて。
エロルは子役から元子役のハーレイ・ジョエル・オスメントになってます。
変な夢を見たと隣りのグレイスに言う。
母親に留守電を入れたりするエロル。

飛行機にて。
母親はまだ健在です。そりゃそうだ。

自宅にて。
帰宅する母親。そんなとこにエロルがいます。同居してるらしい。
母親は何やら治療を受けてるらしい。

大学にて。
母親のパパ サル教授が研究中。

サル教授が講義中。
そんなとこに遅れてエロルが来ます。

講義が終わって話しになるエロルとサル教授。
グレイスの論文を手伝ったと言ってるエロル。
エロルは授業には出ないがテストは優秀。そんな設定になってます。

研究室にて。
見せたい物があるとサル教授に連れて来られるエロル。
サル教授はタイムトラベルの話しを始める。面食らうエロル。
箱の中に入っていた加速器の話しになります。サル教授にはわからん代物。

そんなこんなで父親は1946年にタイムトラベルしていた話しになります。
熱心にこのタイムトラベルのマシンを作らないか?と勧誘するサル教授。
2000年に失踪した父親はアインシュタインに会いに行ったらしい。
それから12年経った。

父親を連れ戻せば元に戻れると主張するサル教授。
最初から腰が引けてるエロルはやる気はなく断ってます。

カフェにて。
エロルとグレイス。

自宅にて。
母親に教え子のカップル。それにサル教授。
画家になっていた母親。大学で講義を持ってるらしい。
そんなところにエロルが帰宅する。
この写真のは誰ですかといなくなった父親のことで余計なこと言ったカップルは帰ります。

エロルとサル教授。
タイムマシンを造ろうとまた勧誘するサル教授。
サル教授は帰ります。何か言いたそう。

エロルと母親。
いなくなった父親のことで話し込む。
なれ初めの話しをする母親。
もう父親は死んだとしてるエロル。

グレイスが来て玄関外で話し込むエロル。
母親を置いてボストンに行けないとか話すが母親に丸聞こえしてます。
それから思い出のレゴブロックをグレイスに見せています。

自宅に戻るエロル。母親はもう寝ています。
それから夜中に母親は目を覚まして空港でエロルが持っていたパパと書いた段ボールを見たりしています。

翌日にて。
目を覚ますエロル。
母親を起こしに行くと睡眠薬を飲んだ母親は死んでいました。
救急車を呼ぶが当然間に合わない。

病院にて。
関係者が集まってます。
エロルとグレイス。サル教授ともう1人。

墓地にて。
母親の葬式になってます。
サル教授と話すエロル。タイムマシンの研究をやるつもりです。

研究室にて。
エロルとサル教授。
タイムマシンの研究室のモンタージュになってます。
このことは内密にするようにと話すサル教授。

グレイスは研究成果の講演をやってます。見ているエロル。
どうやら上手くいったみたい。

キャンパスにて。
エロルはグレイスはワームホール理論の研究をしてると話す。

研究室にて。
エロルとサル教授。
父親は何故アインシュタインに会いに行った?と話し込む。

グレイスはエロルがいないので手持ちぶさた。

図書館にて。
古い新聞を調べてるエロル。
殺人事件の死体の写真のそばに落ちている懐中時計に見覚えがあるエロル。
この死体は父親だとなります。

グレイスはワームホール理論を調べています。
と思ったらトイレで吐いたりしてます。

研究室にて。
グレイスが来ます。外に出たエロルと話しになる。
ワームホールを通って過去に行くの?とストレートに聞くグレイス。

キャンパスにて。
エロルとグレイス。
詳しく説明するエロル。1946年に行かなくてはとなってます。
まだトイレで吐いたことは言ってないグレイス。

エロルとサル教授。
何故母親にタイムマシンのことを言わなかったと詰問するエロル。
サル教授はへんな期待を持たせたくなかったと言う。
エロルはエロルでグレイスにはこのことを言ってないと称する。

自宅にて。
エロルとグレイス。
本格的にタイムマシンの話しになってます。
もしエロルの両親が健在だったらどうなる?と聞くグレイス。
グレイスはきっと状況が変わってしまうわと心配する。
エロルはグレイスに最初からガキの頃から惚れていたと言う。

それからセックスとなりますがエロルがチェス盤の配置を気にする。
これが気に入らないグレイスと口論になります。
それで妊娠のことを口走るグレイス。それでどうなる。

地下室にて。
ここに来て壁に家族に関する年表を書くエロル。詳しく書いてます。

朝にて。
一晩中年表を書いてたようです。グレイスが見に来る。

研究室にて。
エロルとサル教授。
タイムトラベルしても大丈夫なのかと聞くエロル。

病院にて。
診察を受けてるグレイス。妊娠8週目ですと言われる。

研究室にて。
エロルとサル教授。
何だか研究は行き詰まってるようです。
サル教授の秘書のおばさんは誰が演じてる。どこかで見たような人です。
秘書はサル教授に好意的です。

墓地にて。
お墓の前のエロル。

大学にて。
サル教授がグレイスに電話してる。グレイスは色々と知ってる。

自宅にて。
地下室で作業中のエロル。何やら上で音がするので見に行きます。
それはグレイスが荷造りしてここを出ていくからです。

2人はまた口論になってます。
研究をやるやらないともめてます。

大学にて。
エロルとサル教授。
母親が自殺した話しになってます。あれが最初ではなかった。
それでエロルはどうする。グレイスのために研究は辞めるみたい。

新居捜しのエロルとグレイス。
自宅も売りに出してます。

研究室にて。
サル教授は1人で研究してます。

カットバックでエロルとグレイスがチェスをしてるシーンが入る。
で、体調が悪くなり入院するグレイス。

病院にて。
エロルとグレイスの両親が来てます。グレイスは非常にまずい症状で流産した感じ。
これでエロルはまた研究を再開するみたい。

研究室にて。
研究を再開するエロル。しかし上手くいかない。
そんなところにサル教授が来ます。まずグレイスについて残念だと話す。
エロルは父親も母親もガールフレンドも上手くいかない。もう過去に行くしかないとなってます。

で、肝心の研究の行き詰まりについて話しあってます。
地球の公転と自転。地殻変動も、自転がカギになるのでは?はなってます。
2年前に日本でおこった大地震で自転に影響があった・・・
そんなこんなで問題点は解決したらしい。

次は過去に行ってどうすればいいかで話しあってます。
彼が飛行機から降りたとこでコンタクトすれば?
どっちが過去に行くかで口論になってます。

まずは訓練になってます。射撃場に通うエロル。何故かそうなる。

病院にて。
グレイスに自分がタイムトラベルに行くと言ってます。
悲劇が二度と起きないようにすると意気込むエロル。
次に会う時は上手く行っている・・・

研究室にて。
タイムマシンに乗り込むエロル。サル教授が立ち合う。
3日過ぎても何もなかったらあとはお願いしますとエロル。
タイムトラベルが始まってます。画面が白く飛ぶ。

空港にて。
父親が母親にお別れのキスをしています。それから母親とエロルの見送りを受ける。

飛行機で移動している父親。

目的地でサル教授とコンタクトする父親。
父親が借りた研究室に荷物を運び込んでます。
サル教授が帰ります。父親はタイムトラベルにかかる。
奥さんに電話してから机の引き出しに財布と携帯電話をしまう。
いよいよタイムトラベルにかかります。画面が白く飛ぶ。

父親は無事にタイムトラベルしたようです。
場所は同じみたい。時間は1946年。
帽子を被って出かける父親。タイムマシンは分解して箱詰めしたらしい。
隠れていたエロルが現われ父親を尾行する。

外にて。
父親を尾行するエロル。

アインシュタインの自宅にて。
ここを訪ねる父親。しかし隣りのおばさんからアインシュタインは散歩中だと聞く。

エロルは父親を尾行してます。

ダイナーにて。
ここの主人の名前はジョニー。父親に続いてここに入るエロル。

エロルは父親にコンタクトする。まずは世間話しから入る。
同じ研究をしていますと核心に入るエロル。
自分の名前エロルも出しています。そうなると父親も何だか気がつく。

さかんに家族の話しをするエロル。
父親は死んでない。空港で別れた。仕事でプリンストンへ行った。
それからこれまでやったとこを事細かく説明しています。
父親とは12年ぶりにあったとここの現在にたどり着く。
息子なのか?と気がつく父親。

研究室にて。
エロルと父親。
エロルは何故アインシュタインに会いに行ったと聞く。
それから今夜強盗に襲われて殺されると警告もする。
iPadで新聞記事を見せています。
それで壁に書いた12年間の年表も見せてます。

エロルは父親に研究か家族がどちらかを選べと迫る。
そりゃ家族だと答える父親。しかし今夜はまだ帰らない大丈夫だと主張する。
数日中には戻ると父親。
何故かアインシュタインは原爆に反対だったという話しになってます。

エロルは熱心に父親を説得にかかる。
安全装置。そんな話しになってます。それはレゴブロックらしい。
ここだけ子供に戻ってます。意味がわからん。

いきなりハンドガンを出して自分の頭を打つエロル。
こうすれば父親がすぐ戻ると思ったのか。
これはビックリの父親。
で、年表の最後にこのことが書いてありました。最初から予定の行動だった。

エピローグ。
自宅にて。
無事に帰宅する帰宅する父親。迎える母親と子供のエロル。
子供のグレイスも来てプロローグに戻ってます。
エンドとなります。

I'll Follow You Down

starring
Haley Joel Osment
Gillian Anderson
Rufus Sewell
John Paul Ruttan
Susanna Fournier
Sherry Miller
and
Victor Garber

あとは普通の後タイトル


そんなわけでわけがわからないけどよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『プリデスティネーション』 | トップページ | Hollywood Express #664◆2016.03.20(日) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/63372259

この記事へのトラックバック一覧です: 『タイム・チェイサー』:

« 『プリデスティネーション』 | トップページ | Hollywood Express #664◆2016.03.20(日) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。