映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『ディアトロフ・インシデント』 | トップページ | Hollywood Express #647◆2015.11.14(土) »

2015.11.15

『スキンウォーカー・プロジェクト』

この作品は、デヴィン・マッギン監督、デヴィン・マッギン、エリン・ケイヒル他主演の偽ドキュメンタリーB級ホラーのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

2013年 A DeepStudios production アメリカ作品
ランニング・タイム◆81分
原題◆Skinwalker Ranch
プロット◆悪霊を相手に悪戦苦闘する話のようです。
音楽◆J Bateman

キャスト
デヴィン・マッギン→キャメロン・マーフィ、LAのジャーナリスト
エリン・ケイヒル→リサ・モロー、獣医助手
スティーヴ・バーグ→サム・グリーン 社会文化人類学 MDEの現地調査員 ヒゲ
カイル・デイヴィス→レイ・リード、元軍人、警備担当
マイケル・ブラック→ブリテン・スローン、ビデオカメラマン
マシュー・ロチェルオー→マット・ジョンソン、MDEの現地調査員。メガネのオタクタイプ
ジョン・グライス→ホイト・ミラー、4年前に牧場を買った息子が失踪した父親
ナッシュ・ルーカス→息子のコディ
不明→祈祷師のおじいさん
テイラー・ベイトマン→1967年のレベッカ

デヴィン・マッギン監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のB級ホラーになってます。

BS193 WOWOWにて。
画質は非常によいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下左右黒味無し。フルスクリーン。
音声はAAC 2.0ch 普通のステレオ。

番組一覧。
音声は5.1chではない。普通のステレオみたい。

前説字幕
2010年のユタ州の牧場で不可解な現象が続発した。
特に牧場主の8歳の息子の失踪はマスコミを騒がさせた。
MDEは記録と調査のため専門家からなるチームを現地に派遣した。

MDEの撮影した映像は何者かからジャーナリストのJ・ランデルスが入手。
2013年1月18日にランデルスは姿を消す。

警告
本作品は不快に感じる映像を含みます。

そんな感じにハッタリを効かせて始まってます。
いきなりビデオ映像が流れる。
2010年11月11(日)
牧場にて。
息子のコディに野球のグローブを買ってやる父親。
そんなとこで息子のコディが何だかおかしなことになる。

2011年08月01日にMDEの調査が始まった。
これまでのビデオ映像から普通のきれいな映像になってます。

色々な人達のインタビューが入ります。
息子が失踪しか父親の牧場主について。
オッサン、じいさん、バイカーのオッサン等々。

2011年08月02日
登場人物は・・・
サム・グリーン、シカゴ大で社会文化人類学を専攻。MDEの現地調査員。ヒゲ。
キャメロン・マーフィ、LAのジャーナリスト。
ブリテン・スローン、ビデオカメラマン。
ホイト・ミラー、4年前に牧場を買った息子が失踪した父親。
リサ・モロー、獣医助手。家畜の変死に詳しい。
マット・ジョンソン、MDEの現地調査員。メガネのオタクタイプ。雑用係。
レイ・リード、元軍人、警備担当。
そんな感じで偽ドキュメンタリーなのでキャラ紹介はちゃんとやってる。

クルマで移動してます。バギーです。
動物の死体を確認に行く。
クルマ内で話しこんでます。
このへんは超常現象が多いとこだ。先住民さえ来ない・・・

現場にて。
鹿が死んでます。
リサが調べると普通の病死とのこと。空振りとなる。
すぐに帰ります。

バギーが行って帰るのとこで方向が同じです。
アクションの方向性が映画的ではない。
映画ではなく偽ドキュメンタリーなのでしょうがないとなるかも。

あちこちに監視カメラがあると描写が入ります。
家の外や各部屋にもあります。
外のカメラの反応センサーは大型動物クラスにだけ反応するように設定してある。

それから監視カメラのテストになります。
牧場主のホイトがいきなりカメラテストで人が入ってきてビックリとなってます。
そんな感じでこの牧場はカメラとセンサーが張り巡らされています。

主人公タイプが2人います。
ヒゲのリーダー格 サム・グリーン。
相棒のLAのジャーナリスト キャメロン・マーフィ。

キャメロンとリサ。自撮りして記録を撮ってるキャメロンと話すリサ。

08月03日の夜中、午前中です。
全員が寝てるとこにいきなり低音が響いて目を覚ます面々。
騒ぎが一段落して今のは何だ?となります。
何だか屋根の上で音がしてます。何だかわからん。
ホイトはショットガンを持ってます。警備担当のレイはハンドガンを持ってる。

外を見回ります。
屋根を調べるとコウモリが大量に死んでます。これはビックリ。

リサがコウモリの死骸を調べます。
あの音で落ちたと推測してるリサ。

昼にて。
精神科病院のデビッド医師から電話が入るが出ないホイト。
留守番電話にしてます。奥様の回復状況について・・・

外にて。
キャメロンとリサ。
コウモリの死骸の掃除をしてます。

食事になってます。
そんなとこでMDEのではないクルマが遠くに止まってます。SUVタイプ。
これは怪しいとなる面々。しかしクルマは行ってしまう。

キャンピングカーにて。
ここには色々な機材が詰め込まれてラボになってます。
あの音について説明してるマット。
色々は話し込んでいる面々。

夜にて。
クルマが接近してます。トラックです。
ここで待ってるだけではなく行動に出ようとなってます。

たき火です。先住民のおじいさんが来てます。
そうなると祈祷でもするのか?となる。

そんな感じでマジで祈祷になってます。
ここを早く離れた方がいいと警告するおじいさん。
何だか様子がおかしくなってるおじいさん。
そんなわけでもう打つ手はないと帰るおじいさん。
MDEの面々に早く帰れと繰り返し警告する。

08月4日の夜です。午前1時頃。
キャメロンが自撮りをする。そんなとこを呼ばれます。
レイが監視カメラで何か見つけたとか。

そんななわけで外に行きます。
また死骸があります。犬みたい。体中の血を抜かれてます。これは普通ではない。

08月11日。夜です。
クルマが来ます。例のSUV。
台所にいるリサの後を何やら影が走ります。例の8歳の息子らしい。

08月12日。昼です。
リサはここに来て鼻血が出ているとか。
監視カメラを確認するとリサの後に何かが走ってるのが目に入る。子供だ。
で、よく確認すると毎日同じ時間に走ってるとわかる。

それでもういつもの時間なので見に行きます。
何だかんだで大騒ぎになってます。とにかくカメラで撮るつもり
ホイトがショットガンを持ち出してもめている。
いよいよカウントダウンになります。
しかし時間になっても肝心の子供が走らない。大勢いるとダメらしい。
と思ったらマジで子供が走る。これはビックリの面々。
ホイトがコディと呼んで追いかけて外に行ってしまった。

外にて。
ホイトは開かずの納屋にコディが入ったのを見る。
オノがドアを破壊して開けてます。鍵はないのか?

開かずの納屋にて。
ホイトが入るが誰もいない。
何やら足跡があります。リサが足型をとる。

8月12日。
監視カメラの映像でダイニングで誰か座ってる。
足型の方は犬科の動物だと推測しています。

開かずの納屋では金属の箱を見つけてます。
緊急用と表示がある。中味は空っぽでした。
しかし外側にはMDEの表示があります。これはビックリ。
ここにいる面々が知らないことです。

調べるとMDEは1967年にここに来ていたわかります。
ホイトがどういうことだMDEが何かやったんだろうとぶち切れてもめてます。

8月13日。午前1時頃にて。
箱は2つ見つかった。で、別の箱にはビデオカセットが入っていた。
1960年代後半のビデオフォーマットのビデオカセットです。当然まだVHSはない。

キャメロンの自撮りです。
1960年代にMDEがここに来ていた。それから謎の息子が走る。
そんなことを自撮りしてます。

8月14日。午前1時頃にて。
クルマが来ます。そうでもはなくヘッドライトが別々になった。人魂です。
アメリカでは人魂は何て言うんだ?

監視カメラでリサが寝てるとこに息子がいたりします。これは大変。

カメラマンが起きてそのへんを撮ってます。
何やら窓の外が光ってます。それで窓ガラスが割れてビックリ。

監視カメラに動物みたいなのが映ってます。
このビデオを見てこれは何だ?となってます。

そんなわけで外に繰り出します。
ホイトはライフル銃を持ち出す。アメリカなので銃器には不自由していない。
リサは狼だと言ってるが200kgはあるらしい。そんな大きい狼はいない。
ホイトがライフル銃で撃つ。

それから動物を追う。クルマで追います。それから歩く。
いました。マジで巨大な狼もどきです。またライフル銃で撃つがいなくなる。

今度は洞窟があります。そこから光りが発したらしい。
洞窟に入る面々。後先考えずもうどうにも止まらないといった感じ。

洞窟内にて。
奥に入るとは壁画があります。先住民の壁画なのか?
側には壁画を書いた人物らしい白骨があります。
そんなとこで何かがいる。これはビックリの面々は逃げます。
ハンドガンを撃ってるレイ。

自撮りです。
8月13日深夜に狼のようなのが現われた。
何だかビデオの映りが悪くなってます。

ダイニングにて。
全員集合してビデオ映像を分析します。
壁画の画像は撮ってあった。宇宙船?そんな感じになってます。
サムがこれは凄い発見だ。行方不明の息子なんてどうでもいいと口走る。
ホイトはここから出ていく。

外にて。
ホイトと話すサムとキャメロン。
一応ホイトに謝罪してるサム。話し合いになってます。

今度は納屋の中が光ってます。
そこに向かうホイト、サム、キャメロンの3人。あとカメラマンもいる。

納屋にて。
何か音が聞こえてきます。
いきなり鳥が出てきてキャメロンがのけ反る。それだけでした。

8月16日。午前1時頃。
納屋で寝ていた犬が起きるが何かに襲われてる。持ち上げられている。
ビデオ映像の映りも悪くなってます。

牧場の監視カメラが故障したのでチェックとなります。
マットが見に行くといきなりマットが何かにはじき飛ばされる。

昼にて。
マットは死んではいない。ケガはしたらしい。
犬は死んだみたいでホイトが埋葬してます。

ケガしたマットがもう出ていくともめてます。
そんなこんなでマットは白いワンボックスカーで出ていってしまう。
クルマはまだあるとサム。

キャンピングカーのラボにて。
古いビデオカセットの話になります。データ抽出は出来た。
そんなわけでビデオファイルを見ればわかると話すレイ。

ビデオファイルにて。
防護服を着てる男がクルマを運転してる。他に2人いる。
外には女の子がいます。普通の服装で立ち尽くす。
レベッカと呼びかけて救出してます。
クルマで戻ります。

ベースにて。テントが並んでる。
ここに戻るクルマ。
レベッカをテントに入れて調べるらしい。
防護服の男は念入りに消毒している。

女医さんがいますがいきなり自分で自分に注射して倒れる。
大騒ぎになってます。女医さんをミシェルと呼んでます。
それから何だかんだと超常現象が起こって全員やられたようです。
救出された女のレベッカだけは残っている。
そのレベッカも何だかおかしくなってます。人間ではなくなっている。
それから何やらクリーチャーが出てくる。
これでビデオファイルは終わります。

自撮りにて。
ビデオファイルによるとここには何かいる。未知の者が調査員を皆殺しにした。
そんなわけでここを出ようとなります。

ホイトのトラックで今夜出ると言ってるキャメロン。
そんなとこに例の狼もどきが出現する。
慌ててトラックに立てこもるキャメロンとリサとレイ。
ハンドガンを撃つがあまり効果はない。

狼もどきはトラックの回りをウロウロして体当たりする。
そうなるとトラックが揺れ動く。それくらい大きい。
突然リサが錯乱してキャメロンに殴りかかる。ボコボコにされてるキャメロン。

昼。ダイニングにて。
リサは全く覚えていないと言ってます。
サムはまだやる気満々ですが他のメンバーはもう帰りたがる。

8月17日。午前12時20頃。
外では息子が歩いて来ます。ちょうどホイトがいます。
ホイトを手招きする息子。追いかけてしまうホイト。

キャメロンとリサとホイト。
トラックで脱出しようとなってます。
外に出ると肝心のトラックが見事に潰れています。これが激安CGの描写なんですが一応驚愕する3人。
カメラマンも残っていたので4人でした。

明日には迎えが来る。そんな話しになってます。
色々と話し込んでます。

レイがおかしいとリサがキャメロンに知らせる。
台所にいるレイはハンドガンを抜く。これは大変と思ったらハンドガンを口に突っ込み自殺してしまう。これはビックリ。

今度は外が光ってます。これは大変。
何だか中にはクリーチャーが入り込んでます。
サム、キャメロン、リサ、カメラマンは逃げます。
部屋に閉じこもるとクリーチャーはドアを押してます。結構普通だ。

そんなこんなでキャメロンがリサを探して外に出る。
成り行きでサムを捜しに家畜小屋に行くキャメロン。

バギーのとこでいきなりすっ飛ばされるキャメロン。
誰かかバギーに乗ったらクリーチャーにやられてます。誰だかわからん。
溶暗となります。

8月18日。昼にて。
外には遠くに少年が佇んでます。
ビデオ映像の早送りで昼から夜になっても少年はそのままです。
夜中になってもそのままの少年。
そんなとこにUFOが登場して少年の頭上に止まる。
溶暗となりエンドとなります。

後タイトルと字幕です。
牧場で怪奇現象が続発。UFOの目撃証言。奇妙な物音。
そんな感じの見出しがキャスト紹介とカットバックされる。
結局はUFOネタでした。

Skinwalker Ranch

A DeepStudios production
普通にスクロールするキャスト、スタッフ。


そんなわけで普通の偽ドキュメンタリーホラーのまあまあな作品でした。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『ディアトロフ・インシデント』 | トップページ | Hollywood Express #647◆2015.11.14(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/62683932

この記事へのトラックバック一覧です: 『スキンウォーカー・プロジェクト』:

« 『ディアトロフ・インシデント』 | トップページ | Hollywood Express #647◆2015.11.14(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。