映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« Hollywood Express #639◆2015.09.19(土) | トップページ | 『落とし穴』 »

2015.09.26

『執拗なサイコ』

この作品は、ウィリアム・ディターレ監督、チャールトン・ヘストン、リザベス・スコット主演のフィルム・ノワールのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1950年 Paramount Pictures アメリカ作品
ランニング・タイム◆98分
原題◆Dark City
プロット◆弟の仇だとサイコに追われる話しのようです。
音楽◆フランツ・ワックスマン

キャスト
チャールトン・ヘストン→ギャンブラーのダニー
リザベス・スコット→歌手のフラン
ヴィヴェカ・リンドフォース→ビクトリア夫人
ドン・デフォア→カモにされたアーサー
マイク・マズルキ→アーサーの兄シドニー
ディーン・ジャガー→ガービー警部
ジャック・ウェッブ→ギャンブラーのオーギー
エド・ベグリー→ギャンブラーのバーニー
ハリー・モーガン→元軍隊のソルジャー (as Henry Morgan)
ジェイ・モーレイ→ロサンゼルスのマクドナルド警部
ウォルター・サンデ→ラスベガスのスウェード

ウィリアム・ディターレ監督の演出はよいと思います。
全体的に普通のフィルム・ノワールになってます。

『執拗なサイコ』の邦題ですが、執拗でないサイコがいるのかと突っ込みを入れたくなります。執拗でないサイコ。松岡修造みたいなさわやかなサイコ。そんなのがいるのか?

チャールストン・ヘストンですが最初からスターの雰囲気全開でした。
これならセシル・B・デミル監督も気に入るわけです。

株式会社ブロードウェイ発売のDVDにて。
画質はまあまあ。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはスタンダード。左右に黒味あり。
音声はドルビーデジタル2.0ch

ブロードウェイのタイトル
著作権のアラート。

Paramount Pictures
祝復活祭でプレゼントを買う主人公のダニー。
Dark City
ハル・ウォリス・プロダクション
introducing
Charlton Heston
and starring
Lizabeth Scott
ディーン・ジャガーも出てる。

最初からパトカーが走る。競馬のノミ屋へ手入れです。
プレゼントを持ったダニーは中国人の店に避難する。

ノミ屋にて。
太ったオッサンはエド・ベグリーです。

ダニーはパトカーが引き上げたので中国人の店から出る。
子供のボビーにプレゼントをカフェのフランに届けてくれとと頼むダニー。

ノミ屋にて。
元軍隊のソルジャーが残ってます。ダニーが来て話しとなる。
選挙の点数稼ぎの手入れにはうんざりだと愚痴が出てるソルジャー。

ソルジャーからリボルバーを受け取るダニー。
電話してます。逮捕されたバーニーとオーギーの保釈金もよろしくと言うダニー。
わいろが効いてるのかと嫌味を言うのを忘れない。

そんなとこに警察が2人来ます。ディーン・ジャガー扮するガービー警部と部下。
リボルバーをさりげなくゴミ箱に隠すダニー。
ここはアッサリと帰る警察2人。

ダニーとソルジャー。
スウェードの話しで出てきます。ラスベガスに店を持ってるとのこと。

カフェにて。
歌ってるリザベス・スコット扮するフランが登場。
ダニーが来ます。知人のオッサンから手入れのことを言われてます。

ダニーとフラン。
プレゼントをありがとうとフラン。ウサギのぬいぐるみです。
手入ればっかりでこれからどうしましょうと言ってるフラン。
それでダニーの昔の女の話しもしてる。
フランの方がダニーに首ったけらしい。

またフランの歌がが入ります。

ノミ屋にて。
保釈されたバーニーにオーギー。それにダニーとソルジャー。
オーギーが穴の空いたコップでバーニーにいたずらをしてもめてます。

カフェにて。
フランが本番で歌ってます。
また新しいキャラが登場。男がカウンターで飲んでます。名前はアーサー。
ダニーが来てバーテンのジョージと話しになる。

ダニーとアーサー。
自分はアーサー・ワイナント、中尉だったと話すアーサー。
5000ドルの小切手を財布に入れてるアーサー。会社のカネです。
フランが来てロサンゼルスのワイナントさんですと紹介しています。

ダニーはアーサーをカード賭博に誘う。
アッサリと乗ってるアーサー。
心配そうに見ているフラン。

ノミ屋にて。
カード賭博になってます。
アーサーは兄シドニーの話しをする。たいした男らしい。
そんなとこにフランが来てます。テーブルのまわりを歩きカードを見てる。
アッサリと儲けてるアーサー。
またやろうと言われるが最初はやる気がないアーサー。帰ります。
残った連中はどうやって取り返すかの相談になってます。

街中にて。
ダニーとフラン。
ダニーは5000ドルの小切手が目当て最初はアーサーを勝たせていたらしい。
フランはその分け前でどこかに2人で行きましょうと言う。
口論になってます。私もカモなんだわと愚痴が出てるフラン。
溶暗になります。

ノミ屋にて。
またカード賭博になってます。
今回は負けているアーサー。昨日の分はすっからかんになって帰ろうとする。
さすがに小切手まで出そうとしない。
しかしシドニーの出迎えまで時間があるからとまたカード賭博をしてしまうアーサー。

時間が経過して・・・
万年筆で小切手裏に書き込みをしてるアーサー。
ようやくカモにされたとわかったようです。
ちょうどフランが来てます。ガックリして引き上げるアーサー。

オーギーに小細工をしたと責めるダニー。
そうなるとダニーはイカサマをやっていないのか?
溶暗になります。

公園にて。
ダニーとフラン。
フランからイカサマをやったの?と言われてるダニー。
ダニーは自分はやっていないと否定する。
新聞を買います。フランが驚く。
A・ワイナントがホテルで首吊り自殺。第1発見者は兄シドニー。
これは大変となってます。

ノミ屋にて。
3人で相談となってます。もめてます。
自殺騒ぎで小切手が換金出来なくなって恨みを買っただけとなってます。
電話です。ソルジャーが出てここの住所を言ってしまいまたもめてます。

ホテルにて。
ダニーがいます。フランが来ます。
次のステージまであと1時間だけど来てキスになってます。
いいとこで電話です。ようやく出るダニー。バーニーからです。
バーニーは心配で眠れない。死にそうだから来てくれと言ってます。
そんなこんなで電話を切るダニー。当然行かない。

バーニーの自宅アパートにて。
何だか変な物音が聞こえてるバーニー。
誰か来ます。これは近くの部屋のおばさんでした。
おばさんから酒を貰って自室に戻るバーニー。ドアにしっかり鍵をかける。
しかし窓が開いてます。風が吹き込んでる。ガラスを割れて破片が落ちてます。
いきてりカーテン越しに首を絞められるバーニー。相手の指輪が目立ちます。

警察にて。
ダニーとオーギー。呼ばれたらしい。
バーニーが首を吊った理由は?と始まる。
カービー警部はこれは自殺ではないと喝破してます。首を絞められている。それから首吊り自殺に見せかけられている・・・
元ボクサーの従業員ソルジャーは関係ないとしてます。

アリバイですが、
オーギーはクラップスをやっていた。
ダニーはフランが一緒だったと証言してる。

アーサーの話しをするガービー警部。
5000ドルの小切手に署名をしたことも調べてます。
アーサーとバーニーの首吊り自殺が続いたのは偶然ではないとしてる。
通報した兄シドニーは弟が詐欺にあったと主張していた。

ダニーはバーニーとアーサーの接点については話さない。
そんなとこにアーサー夫人が来たと知らせが入る。
ダニーとオーギーは出てっていいと言われる。

ワイナント夫人とすれ違うダニーとオーギー。
ここでダニーは自分の名前を呼ばないお巡りのじいさんにオレには名前があるんだと言うとじいさんは名前なんていくつもあるんだろと突っ込みを入れられてます。

肝心の兄シドニーはなかなか姿を現さない。

警察前にて。
アーサーの夫人を見つけるダニーとオーギー。
まずはスタンドバーで相談する。

スタンドバーにて。
オーギーが尾行しようと主張するがダニーは今は目立つと反対する。
大声で喋っている2人ですが奥のカウンター席には指輪の男がいたりします。これでは筒抜けです。
この指輪の形に使われ方はマンガ『ワイルド7』(1969年-1979年)で見たような気がする。

カフェにて。
また歌ってるフラン。
ダニーが見てます。後に男が付く。ダニーは移動してホールの端で壁を背にする。
まわりは怪しそうに見える連中ばかり。

外に出るダニー。フランも出てきます。
心配してるフラン。散歩になります。

埠頭にて。
ダニーとフラン。このへんはスクリーンプロセスで撮られてます。
警察にはアーサーの話しはしていないとダニー。言えばオレが犯人にされる。
ダニーは夫人に逃げられたのか?そんな話しになってます。
アーサーの兄シドニーが気になってるダニー。

ホテルにて。
ダニーがフロントに来ると誰か来たと聞いてビックリ。
さりげなく隣の部屋の鍵をリクエストしてゲットする。

まずはリボルバーを持って隣の部屋に入るダニー。
続き部屋の境のドアの鍵をいつでも開けるようにする。
爪楊枝を使って自分の部屋の呼び鈴を慣らしっぱなしにする。
それから隣の部屋に戻り境のドアを開けて踏み込むダニー。

これだけ小細工したのにいたのはオーギーでした。
オーギーはソルジャーがいなくなったと訴える。それで不安になって来たらしい。
そんなわけでやけに愛想がいいオーギー。
しかしダニーはオーギーを放り出す。
溶暗になります。

ホテル前にて。
アーサーの夫人がホテルから出てきます。これを張っているダニー。
しかしガービー警部がダニーにコンタクトしてくる。
犯人は現場に舞い戻ると嫌味のガービー警部。で、警察書に来てくれとなります。

警察にて。
ダニーとガービー警部。
陸軍航空隊の大尉だったダニー。規律に従わずという評判。
それで同じ部隊の将校を殺害していたダニー。
これは夫人が絡んだ痴話喧嘩だったらしい。
親友が夫人に手を出したか、夫人が親友に走ったか、どちらからしい。
夫人は英国人。離婚してそのまま。

ダニーも元々は英国人でいい大学まで出てる。
厳しい父のリクエストで軍隊に志願した・・・。

シドニーの話しになります。
兄のシドニーは弟のアーサーを支配していた・・・

囲いの中の羊の群れの話しをするガービー警部。羊が囲いから出たら・・・
シドニーに行方はわからん。残りは君とオーギーだ。
そんなわけでで散々説教してるガービー警部。それからシドニーが殺しにくるからこの街から出て行けと言われるダニー。

カフェにて。
指輪の男がタバコを吸ってます。まだ手しか見えていない。
フランの歌が入ります。
ダニーもいます。そんなとこにオーギーが来ます。
ソルジャーもシドニーもいないとダニーに知らせる。
相手の顔が見えないと愚痴が出るダニー。

それでロサンゼルスに行こうとなります。
別々の飛行機で移動して金曜の正午にユニオン駅で集合する。
それからワイナント家に行く。
バーテンに彼女にはこれがオレの思いやりだと伝えるダニー。
指輪の男は尾行する。

ロサンゼルス ユニオン駅にて。
待っているオーギー。タクシーでダニーが来ます。

移動中のタクシーにて。
ダニーとオーギー。
あまり成果はなかったオーギー。小切手をすぐに現金に変えようと主張する。
ダニーは1週間は調べる。小切手の現金化はそれからだとする。

街中にて。
自分でクルマを運転してるダニー。コンバーティブルです。
フォーセールと看板がある家があります。アーサーの自宅です。

アーサーの自宅にて。
保険セールスのブラントンを名乗って接近するダニー。
まずは息子のビリーに話しかけるダニー。
そんなとこにアーサーの夫人ビクトリアが帰宅する。

ダニーとビクトリア夫人。室内で話しになります。
保険の手続き上必要なのでとシドニーのことに触れるダニー。
行方不明なのでこまっています・・・
ビクトリア夫人は事情を知らないようです。そのうちに身分を疑われてるダニー。

気が変わった夫人は情報をくれる。
以前の家にはシドニーの写真があるそれでは明日正午にとなります。

夜にて。モーテルです。バレー・ビスタ・モーテル。
クルマのダニーが戻ります。
オーギーが待ってます。しかし酒を飲んでいる。酒ビンを放り投げるダニー。
小切手を換金するんだとリボルバーまで出すオーギー。簡単に制圧するダニー。
大騒ぎになってるで他の客からクレームが来てきます。

外に出たダニーに管理人が静かにしないなら出てってくれと警告する。
溶暗になります。

約束の正午です。以前の家に来てます。しかし留守で入れない。
ダニーとビクトリア夫人。
そんなわけで観光でもしましょうかとなります。
クルマに乗り込む2人。

遊園地にて。
ダニーとビクトリア夫人、それにビリー。

ビクトリア夫人の自宅にて。
クルマで送ってるダニー。
シドニーの写真は私が捜すと言ってるビクトリア夫人。
今夜食事にしましょうともなってます。

夜のドライブから
プラネタリウムに来ているダニーとビクトリア夫人。
ここは先ほどの話しに出ていたグリフィスパークのようです。
身の上話しになってるビクトリア夫人。英国人なのか?
溶暗になります。

ビクトリア夫人の自宅にて。
ダニーとビクトリア夫人。
写真を片っ端から調べています。しかしシドニーの写真は出てこない。
ビクトリア夫人ですがシドニーの写真は処分したと言います。
息子のビリーに悪影響を与えるので処分したとか。
ビリーを連れてヨーロッパに帰りたいと言ってます。

シドニーは異常だと言ってるビクトリア夫人。長年精神病院に入っていた。
アーサーの声がします。ビリーが伝言サービスの録音盤を聞いてました。

ダニーはビクトリア夫人に親切にしてる。
保険の名義変更が出来てシドニーがいなくても保険金が受け取れる。
そうすれば1万ドルが入る。ヨーロッパに帰れます。

キスになってるダニーとビクトリア夫人。
いいところで自分はブラントンではなくダニー・ヘイリーだと名乗ります。
アーサーの賭博相手の1人だとも言う。
これはビックリのビクトリア夫人。激怒する。出ていってと言う。
ダニーは帰ります。小切手を置いていく。

モーテルにて。
ここに戻るダニー。
オーギーを呼ぶが返事はない。ドアは開いてる。これは怪しい。
中に入るダニー。何やらコツコツと音がします。それは首を吊ったオーギーが揺れてどこかに触れていた音でした。
これはビックリのダニー。そんなとこに警察が来て逮捕されるダニー。
管理人がダニーをあの男ですと余計な証言をしてる。

警察にて。
留置所のダニーに面会です。ガービー警部が来ます。
君の番が迫ってくると相変わらず嫌味なガービー警部。留置所から出してはくれる。

殺人課のマクドナルド警部のオフィスにて。
ダニーはガービー警部が入る。
マクドナルド警部からこの街から出て行けとまた言われてるダニー。
ダニーはここに残ってシドニーをおびき出すと主張する。
そんなこんなでダニーはラスベガスに行くことにします。
ラスベガスはロサンゼルスから比較的近いはず。

ラスベガス、スウェードの店にて。カジノです。
ここに入りソルジャーとコンタクトするダニー。歓迎されてます。
そういえばノミ屋でそんな話しをしていた。昔のハリウッドは脚本がちゃんとしてる。
ソルジャーは自殺騒ぎから速攻でこっちに来ていたらしい。
オーギーもやられたと伝えるダニー。オーギーとは馬が合わなかったので全く気にしていないソルジャー。
ダニーはここで働かせてくれとソルジャーに頼みます。

カード配るディーラーをやってるダニー。
おばあさんの常連がいたりします。

スウェードのオフィスにて。
ダニーとスウェード。
前払いでカネをくれとお願いしてるダニー。払ってるスウェード。
オフィスの壁にはスウェードが昔ボクシングの試合で死なせた相手の写真があります。
その話しをするスウェード。
気にすることはないと話すダニー。しかしスウェードはそうではなかった。

カジノにて。
ディーラー仕事のダニー。
常連のおばあさんがいます。それでフランがいたりします。

外にて。
ダニーとフラン。
ソルジャーから聞いてやって来たフラン。
先ほどの話しと関連して許せるか?という話しになってます。
溶暗になります。

ビクトリア夫人の自宅にて。
息子のビリーだけがいます。そんなとこに指輪の男が来る。
成り行きでブラントンさんはラスベガスにいると喋ってしまうビリー。
3人で撮った写真を確認してるシドニー。ブラントンがダニーだ。これは大変。

スウェードの店にて。
フランの初仕事でこれから歌うというのにダニーはカジノに行ってしまう。

カジノにて。
ダニー・ヘイリーさんにお電話ですとアナウンスがある。
しかしダニーはクラップスをやり始める。どんどん勝ち続ける。

歌ってるフラン。
ソルジャーとスウェードが見ています。
歌い終わったとこでダニーへの長距離電話にフランが出ます。
相手はビクトリア夫人です。
シドニーがダニーの居場所を知って向かってる注意せよです。2時間ぐらい経ったとのこと。
これは大変となるフラン。

カジノにて。
大金をかけてるダニー。続ける許可を貰ってるディーラー。
9に賭けたけど今回は外れた。9の場所にチップを置く指輪の男。もういます。
フランが来ます。危険だと知らせる。しかしまだクラップスを続けるダニー。
そんなこんなで結構儲けたダニー。5700ドル。これをまた賭ける。
また儲けてここで換金します。11400ドル。大金です。

換金所にて。
ダニーとフラン。
朝になったらこのカネを小切手に替えて受取人をビクトリア夫人に渡してくれと頼むダニー。
きっと許してくれるわとフラン。
ダニーはフランを置いて出かけます。

ソルジャーから借りたクルマを出すダニー。
フランはソルジャーに旅客機のチケットを手配してもらう。

クルマで移動中のダニー。当然尾行が付きますが途中からいなくなる。
モーテルに入るダニー。

モーテルにて。
部屋に入るダニー。警戒してます。
フラッシュライトをドアに向けてリボルバーを用意する。
しかし違うドアが開いて指輪の手が見えたりします。
電話がかかってきます。フロントから長距離電話です・・・
そうなるとビクトリア夫人からです。電話に出るダニー。
そんなとこにいきなり襲ってくる指輪の男シドニー。格闘アクションになります。

ロープを用意してダニーの首を絞めにかかるシドニー。
ようやく警察が踏み込んできます。シドニーは撃たれて窓から脱出してる。
ガービー警部から葬儀屋でなく医者でよかったと言われてるダニー。
ダニーは電話をとる。ビクトリア夫人と話しをする。

空港にて。
旅客機に乗り込もうとするフラン。そんなとこにダニーが現われる。
フランにお前を愛してると告白するダニー。いきなりそうなってる。
それでダニーはスチュワーデスに別の予定が出来ました言って乗らない。
ダニーとフランは空港から出て行きます。いきなりハッピー・エンドになってる。
エンドとなります。


そんなわけで普通のフィルム・ノワールのよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« Hollywood Express #639◆2015.09.19(土) | トップページ | 『落とし穴』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/62358182

この記事へのトラックバック一覧です: 『執拗なサイコ』:

« Hollywood Express #639◆2015.09.19(土) | トップページ | 『落とし穴』 »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。