映画感想の加筆改訂のお知らせ

にほんブログ村

« 『殺しの烙印』 | トップページ | Hollywood Express #636◆2015.08.29(土) »

2015.08.30

『野獣の青春』

この作品は、鈴木清順監督、宍戸錠主演の普通の日活アクションのようです。
なおこの文はネタバレ全開となっています。

1963年 日活 日本作品
ランニング・タイム◆92分
原題◆やじゅうのせいしゅん
プロット◆ヤクザ相手に色々とある話しのようです。
音楽◆奥村一

キャスト
宍戸錠→元刑事の水野錠次

渡辺美佐子→刑事の未亡人 竹下久美子
香月美奈子→野本社長の情婦 三浦佐和子

小林昭二→野本興業社長 野本幸夫
川地民夫→売春組織をしきる野本秀夫
金子信雄→野本興業専務 小沢惣一
江角英明→野本興業のチンピラ 三波五郎

信欣三→三光組の社長 小野寺信介
郷英治→三光組の用心棒 武智茂

鈴木瑞穂→広川刑事
木島一郎→無理心中の竹下公一刑事

清水将夫→麻薬王の石山洋介
平田大三郎→白いコートの麻薬商柴田

鈴木清順監督の演出はよいと思います。
全体的にアバンギャルドに出来てます。部分的にいいシーンは多い。

キャラ紹介が非常にわかりにくく、話しもわかりにくい。
この監督の見る時は必ず予習が必要です。キャストと話しを暗記しないと見れない。
自分も結構映画を見てるつもりだけどそれでも未見だとわからん。

小林昭二は変態のインテリヤクザを大熱演してます。
どんな役でも演じきるようにしているようです。偉い。そんなわけでTVシリーズ『ウルトラマン』(1966年)での科学特捜隊の隊長を演じることなんて何てことはなかったようです。

BS193 WOWOWにて。
画質は非常よいです。
スクイーズ収録のフル表示。
画面サイズはワイド。上下に黒味あり。
音声は AAC 1.0ch

無事に読み込んで番組一覧
当然5.1chではありません。

日活のタイトル ここはカラー。
『野獣の青春』
原作は大藪春彦の『人狩り』これは未読。
脚本の人はあまり聞いたことがない。
モノクロにグリーンの文字が美しい。センスがいい。

本編が始まるとモノクロです。
パートカラーでモノクロに花がカラー。下手くそな合成がこまったものです。
安ホテルの無理心中となります。竹下公一巡査と売春婦。

いきなりカラーになります。街中にて。
ケンカ騒ぎがあります。
クルマですがマツダ・キャロル2ドアセダンが通りがかる。
他にはトヨタ・パブリカも見えます。昔の映画はいいな。
街中でケンカしてパチンコ屋でももめてキャバレーで豪遊する男が登場。
宍戸錠扮する水野錠次のキャラ紹介のようです。

キャバレーにて。
豪遊する水野錠次をマジックミラー越しに見ている野本興行の幹部達。
金子信雄がいる。あとはわからん。女がいるけど誰だかわからん。
ここは半地下のようです。天井までマジックミラーになってます。

ホステスの背中に氷を入れてる水野錠次。これが豪遊なのか?
それから豪遊はしたけどカネはないと開き直る。
そうなると半地下に連れ込まれる水野錠次。
ここはヌードダンスとカットバックになってます。

このへんの印象ですがセリフが聞き取りにくい。
作品紹介によると『用心棒』(1961年)と同じ設定らしい。

半地下の事務所にて。
何だかんだでハンドガンを奪って優位に立つ水野錠次。
そんなわけで自分を用心棒にと売り込みます。契約金100万。月給20万と吹っかける。

野本の屋敷にて。
ここに呼ばれる水野錠次。
小林昭二は猫を抱いてナイフを投げて登場してます。野本幸夫社長。
金子信男は野本興行専務。
茶色の背広のチンピラが江角英明扮する三波。
日比谷ホテルに泊まってると称する水野錠次。

日比谷ホテルにて。
チンピラの三波がフロントで調べてます。ちゃんと泊まっていたようです。
水野錠次とここを出ます。タクシーで移動する。

高級アパートにて。トモエマンション。
部屋に入る水野錠次と三波。
水野錠次のバカでかいトランクを開けるとまたトランクがある。
中には分解したライフル銃があります。感心してる三波。
ライフル銃を三波にやる水野錠次。非常に喜んでる三波。ついて行きますと言ってる。

街中にて。
日活の映画館があります。ここが野本興行のライバル三光組のアジトです。
信欣三扮する小野寺信介親分が登場。

三光組系の不動産屋にて。
水野錠次がスプレーにライターで火をつけてカネを出せと脅かす。
そんなとこに三光組のチンピラ達が押し寄せる。
バリケードを築く水野錠次。窓から三光組の用心棒の武智がハンドガンを突きつける。
しかし水野錠次からもらったライフル銃で武智を制圧する三波。
そんな感じで目まぐるしく状況が変わります。

野本の屋敷にて。
ヤク中の女がヤクをねだる。
ゲイっぽい口調の男が女をじらす。階段から落ちたりする女。
川地民夫扮する野本秀夫が登場。なかなか顔を見せずにようやく顔を見せてます。
デート喫茶を装った売春組織をし切ってるのが野本秀夫。これが見ていてなかなかわからん。

そんなとこにタクシーで水野錠次が来ます。
野本英夫はいなくなる。
入れ違いの水野錠次は野本幸夫社長から契約金100万を受け取る。

またタクシーで移動する水野錠次。

竹下あみもの教室にて。
ここは無理心中の竹下刑事の四十九日で警察の同僚達が来てビールを飲んでます。
ここに入る水野錠次。未亡人の竹下久美子にあいさつをする。
未亡人には黄色いセーターがどうのこうのと電話が入る。すぐに帰る水野錠次。

外に出たとこで水野錠次を知ってる広川刑事が来る。
水野錠次は行ってします。

街中にて。
駐車してるクルマに挟んであるデートクラブのチラシを調べてる水野錠次。
この頃からこんなことをやっていたのかと興味深い。

ホテルにて。
デート嬢を呼んで情報だけとってカネを払ってる水野錠次。

水野錠次の自宅アパートにて。
新聞記事を見ている水野錠次。竹下刑事と松本たみ子。
シャワーを浴びてリビングに戻るとキャバレーのマダムがいます。
最初は誰かと思った。キャラ紹介が非常にわかりにくく誰が誰なのかなかなかわからん。結構を映画を見ているつもりだけどそれでもわからん。
マダムは社長の6番目の女を殺してと水野錠次に依頼する。
コールガールの元締めが6番目の女。誰も見たことがない・・・。

デートクラブに電話してる水野錠次。
08:00に日比谷ホテルでとなって出かける水野錠次。

外に出たとこで三光組のチンピラ達に絡まれる水野錠次。
用心棒の武智もいます。
組まで来いと言われるがへそ曲がりの水野錠次なのでもめてます。
隠し持っていたショットガンで制圧して自分から三光組に行くことにする水野錠次。

映画館の三光組にて。
用心棒と子分を追い出して信欣三親分と直接交渉する水野錠次。
用心棒はハンドガンで水野錠次を撃とうとする。しかし銃声は映画でしたとオチがつく。
上映されてる映画ですがスティーブ・マックィーン主演の『ガールハント』(1961年)です。となるとこの映画館は洋画の名画座らしい。
そんなこんなで三波が救援に来て逃走する水野錠次。

自宅アパートにて。
水野錠次と三波。
小野寺と名前が出る。誰?→信欣三親分の名前が小野寺です。
野本幸夫社長の弟のオカマは野本秀夫。
そんな感じでキャラ紹介が下手くそなので誰が誰なのかわからん。

デートクラブ。紫クラブにて。
水野錠次が若い男と話しをしてる。誰だかわからん。

野本秀夫が電話してる。そんなとこに水野錠次が絡む。
お前のオフクロは黒人兵専門のパンパンだろうと罵倒する水野錠次。
そうなると野本秀夫は条件反射でカミソリを出す。これで顔を切り刻むはず。
カミソリを奪い野本秀夫を拷問する水野錠次。
そんなとこに野本幸夫社長が来て止める。

野本の屋敷にて。
拘束されて痛めつけられてる水野錠次。
マダムは野本幸夫社長に鞭打ちされてます。
水野錠次がマダムから依頼されたと喋ったからです。
それから外に出てセックスになってます。そういうプレイらしい。
何故かは外は砂嵐になってます。黄砂が凄い。ここはどこなんだ?

映画館の三光組にて。
信欣三親分に電話です。水野錠次が会おうと連絡する。

競馬場にて。
コンタクトする水野錠次と信欣三親分。
近くに用心棒の武智をいます。非常に目立ってます。
野本興行の麻薬取引現場を襲撃してカネだけ奪う。そうなると野本興行は麻薬取引が出来なくなり野本興行が傾く。そんな感じに打ち合わせをする。
現金で1000万円が三光組に入る。そのうち400万を要求してる水野錠次

水野錠次と武智。
襲撃を打ち合わせをやってます。クルマのクラクションを1回鳴らしたら・・・

それから広川刑事が水野錠次にコンタクトする。
バスに無理やり乗り込んでる広川刑事。

バスにて。
水野錠次と広川刑事。
会話から水野錠次の回想になります。
竹下刑事と水野錠次。
水野錠次は公金横領までして捜査をしていた。で、公金横領を竹下刑事におめこぼしされて恩義を感じていた。
結局公金横領等で刑務所送りになった水野錠次ですが死んだ夫人の面倒をみてくれたのが竹下刑事だった。

そんなわけで恩義を感じていた竹下刑事が無理心中するわけがない。必ずを犯人を見つけ出すと意気込む水野錠次。

タクシーに乗る水野錠次。
また無理やりタクシーに乗り込んでる広川刑事。
話しが続きます。タクシー初乗りは80円の時代。
麻薬王石山の話しが出ています。

野本の屋敷にて。
水野錠次の自宅アパートに電話してるが当然いない。それでどうする。

その頃水野錠次はまだタクシーに乗っていた。当然携帯電話はない。広川刑事も乗ってるし。
ようやくタクシーから降りる水野錠次。しかし広川刑事も降りる。
それはいいけど水野錠次はちゃんと仕事の場所に来ているの?
拳銃不法所持で逮捕をしようとする広川刑事をノックアウトして逃げる水野錠次。

三光組のクルマにて。
武智と子分達が待ちくたびれてます。
ようやく水野錠次は間に合ったらしい。野本興行のクルマを運転してます。
クルマはトヨタ・クラウンの4ドアセダンだと思う。フロントグリルがソックリ。しかしこの時代はまだなかったはず。

矢切の渡しにて。マジでそうなってる。
ここが取引場所です。
白いコートの男がいます。麻薬取引の相手です。

このへんで土手を斜めに撮ったいいシーンがあります。
土手の上には三波。土手中段奥には三光組のクルマ。

白いコートの男から見覚えがあると言われる水野錠次。これは大変。
それから間違えたふりをしてクラクションを鳴らす水野錠次。
クラクションを聞いた三光組のクルマが突撃する。

水野錠次と他2名は矢切の渡しで移動してます。

三光組のクルマはカネを積んだ麻薬側をのクルマに接近する。
ストッキングを被ってハンドガンを突きつけカネを奪う三光組。
それからダイナマイトを投げ込んでます。

麻薬側はクルマを捨てて必死こいて逃げる。
しかしダイナマイトではなく発煙筒でしたとオチがつきます。

面目丸つぶれの麻薬側。
ご満悦の三光組の面々。

野本の屋敷にて。
麻薬王の石山が直々で乗り込んできます。カネを払わないならもう取引はしない・・
ここで白いコートの男が水野錠次は刑事だと思い出す。これは大変。

映画館の三光組にて。
水野錠次は信欣三親分と相談中です。まずは報酬を頂く。
信欣三親分はいくらなんでも危ないだろとうと水野錠次の心配をしてくれる。

街中にて。
貸ロッカーにて。
電話してる水野錠次。女を呼び出してる。
それから貸ロッカーにカネをしまってます。

ホテルにて。
女と落ち合う水野錠次。
この女が誰なのかわからん。ホントにキャラ紹介が謎だ。

水野錠次の自宅アパートにて。
女と帰宅する水野錠次。しかしもう待ち伏せがいた。

また痛めつけられてる水野錠次。
オレは元刑事だが刑務所送りになったと主張する水野錠次。
それでこうなったのは三光組のせいだと主張する。

街中にて。
三光組のチンピラを拉致する水野錠次と三波。

野本の屋敷にて。
三光組のチンピラを拷問する。チンピラは武智から聞いたと吐く。
チンピラは地下室に監禁するらしい。
水野錠次は三光組と一戦をやらかそうと焚きつける。
しかし金子信男専務はそうしない。まずは武智をとっつかまえろと命じる。
416-1920、この電話番号がよく出てきます。結局なんなのかはわからん。

クルマで移動中です。
水野錠次、三波、名前不明の野本興行の幹部。

武智の自宅アパートにて。
非常口から侵入します。まずは武智の女房がいる自宅アパートに入る。
室内は飛行機の模型が大量に吊り下げられてます。そういう趣味らしい。
武智が帰宅するまで交代で見張って待ち伏せします。
何故か三波は武智の女房に一目ぼれして見張りもやらない。飲めない酒も飲んでます。しかしこの描写は本筋と関係なかったりします。

ようやく武智が帰宅する。
水野錠次はベランダから警告メモを書いたマッチ箱を落とす。
これに気がついた武智はズラかります。

しかしいきなりドアから入ってきた武智。
至近距離での撃ち合いになります。
これで幹部が死亡。三波も撃たれる。そんなこんなで三波と武智が同士打ちになる。
水野錠次は幹部を銃を握らせて小細工をする。
まだ死んでない三波を担いでここからズラかります。
お巡りが非常口から来るが隠れて入れ替わって外に出ます。

クルマで逃走するがパトカーが集まって来る。
クルマを捨ててアパートの塀の影に隠れる水野錠次と三波。
偶然に近所の竹下あみもの教室の広告があります。

竹下あみもの教室にて。
三波を担いで無理やりここに入る水野錠次。未亡人に匿ってくれとお願いする。
ガスコンロで熱した包丁で手術する水野錠次。痛そう。

水野錠次と久美子未亡人。
竹下刑事の話しをする水野錠次。
それから野本の屋敷に救援要請の電話をかける水野錠次。三光組が殴り込みをすると焚きつけるのを忘れない。
それから信欣三親分にも電話する水野錠次。武智が殺され野本興行が殴り込みをすると同じように焚きつける。
この電話を別の電話機で盗み聞きしてる久美子未亡人。当時で2台も電話があるとは珍しい家だ。

野本興行のクルマが来ます。
野本幸夫社長直々で来てます。これはビックリの水野錠次。
久美子未亡人も連れて行くつもりの水野錠次ですが野本幸夫社長はここに残して野本秀夫を見張りに残すとする。

野本の屋敷にて。
金子信男専務が飲みすぎなのか自殺なのかはよくわからんが倒れる。
このシーンはも意味不明。あの金子信男が自殺するわけないじゃんと思えるし。

映画館の三光組にて。
信欣三親分をダイナマイトを準備してます。
そんな感じで勢ぞろいしてクルマで出かけます。

野本の屋敷にて。
こっちも大勢集めて出かけます。
しかし野本幸夫社長は水野錠次を残す。それは水野錠次の正体がバレたからです。
お前は高みの見物をするつもりだろうと野本幸夫社長。
どうやら三波が何やら喋ったらしい。そんなに事情を知っていたっけ?
拘束される水野錠次。

野本の屋敷付近の河原にて。
ここに来ている信欣三親分一行。どうやら河原で戦争するらしい。
野本興行のクルマも到着して戦争となります。
肝心の戦争は河原をクルマで走って撃ち合いをしてるけどグダグダな感じ。こまったものです。

野本の屋敷にて。
河原の撃ち合いの銃声が聞こえます。

河原にて。
突っ込めと命じる信欣三親分ですが子分達は腰が引けています。
で、信欣三親分が振り返ると誰もいない。
しょうがないのでダイナマイト爆弾を抱えてクルマで特攻する信欣三親分。

野本の屋敷にて。
信欣三親分のクルマが特攻してきます。さすがにここはミニチュアです。
大爆発します。これで信欣三親分は退場になったらしい。

水野錠次はまだ拘束中で足からぶら下がってます。
何とかテーブルのハンドガンをとろうとする。
そんなこんなでぶら下がったまま野本幸夫社長と格闘アクションになってます。
何とかハンドガンでロープを切断している水野錠次。

ようやく野本幸夫社長を制圧してハンドガンが指を撃って拷問する水野錠次。
6番目の女は誰だ?しかし喋らない野本幸夫社長。
そんなとこに瀕死の三波が野本幸夫社長を撃って死に至る。
残された水野錠次。それでどうする。

竹下あみもの教室にて。
久美子未亡人と野本秀夫。
これがいい感じになってます。秀坊と呼んでる久美子未亡人。
食事を作りにいなくなる久美子未亡人。
そんなとこを外から見ている水野錠次。

まずは野本秀夫を締め上げる水野錠次。
竹下刑事を殺したのは誰だ?
で、録音機をセットして野本秀夫に喋らせてます。

久美子未亡人が食事を持ってきます。
水野錠次がいてビックリとなる。竹下殺しは誰と久美子未亡人に聞く水野錠次。

久美子未亡人は野本幸夫社長に命じられたと主張する。
竹下と結婚したのも野本幸夫社長の命令だった。
そんな感じで全部野本幸夫社長のせいにしてる久美子未亡人。
私は被害者なのよとなってます。で、上手いこと水野錠次を丸め込んだみたい。

水野錠次が部屋から出る。
これで上手くいったと感じの久美子未亡人。
水野錠次が戻ってきます。それで久美子未亡人に野本秀夫の母親の話しをさせる。
母親は黒ンボ相手のパンパンなのよと口走る久美子未亡人。

外に出てドアを閉める水野錠次。中には久美子未亡人と野本秀夫だけ。
そうなるともう気がついていた野本秀夫はカミソリをとり出す。
見えないけど久美子未亡人は顔をカミソリですだれにされたらしい。

広川刑事に電話をする水野錠次。
終わった。事件は片づいた・・・

録音機を聞く水野錠次。
野本秀夫は竹下久美子の単独犯だと喋っていました。

モノクロ画面に赤い花。これがまた下手な合成。
エンドとなります。


そんなわけでアバンギャルドは抑え目なよい作品でした。


にほんブログ村に参加しています。気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

« 『殺しの烙印』 | トップページ | Hollywood Express #636◆2015.08.29(土) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75473/62186228

この記事へのトラックバック一覧です: 『野獣の青春』:

« 『殺しの烙印』 | トップページ | Hollywood Express #636◆2015.08.29(土) »

月齢

無料ブログはココログ
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バイクフォト

  • ヤマハ トリッカー XG250
    私が買ったバイクです。ヤマハばかり。